FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2018年(毎週更新)

トルコリラ、南アランド、メキシコペソ派必見!新サービスLight FX登場

FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

FXマイナススワップポイント比較2018年11月 | 売り向きのFX業者は?

2018年11月18日 18:54

売り用口座





今回は、高金利通貨を売り建てしたい場合に、おすすめの投資方法と、マイナススワップが少なく、ショート口座としておすすめのFX業者を比較したうえで紹介します。





高金利通貨は、以下のような時に売り建てをしたくなると思います。


  • 思っていた以上に相場がリスクオンになり、レートが高くなっている

  • 今後下がるかもしれないので、買いポジションと両建てにしてサヤ取りをしたい






  • しかし、高金利通貨を売りたい場合、マイナススワップポイントという問題があります。これは、高金利通貨を買った場合にスワップポイントが貰えるのと全く裏表の話で、逆に売りの場合には、マイナスでスワップポイントが発生する(=コストになる)というものです。





    マイナススワップポイントは、決して馬鹿にならない金額で、例えば南アフリカランドを10万通貨売る場合、高い会社では1日650円のマイナススワップが発生します。これは、仮に1年間持てば、23万7,250円にもなります。なかなかとてつもない金額ですね。





    そこで、今回は、このマイナススワップポイントを避けるための対策と、それでもマイナススワップポイントを発生させざるを得ない場合にどこで取引すればマイナススワップポイントが抑えられるかということを紹介したいと思います。





    以下の順番で書いていきます。


    マイナススワップポイントを回避するための対策

    FX高金利通貨売りおすすめ業者2018年11月

    FX高金利通貨マイナススワップ比較一覧表

    通貨ペア別マイナススワップポイント比較ランキング

     米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売り)比較

     豪ドル マイナススワップポイント(売り)比較

     NZドル マイナススワップポイント(売り)比較

     南アフリカランド マイナススワップポイント(売り)比較

     トルコリラ マイナススワップポイント(売り)比較

     メキシコペソ マイナススワップポイント(売り)比較





    マイナススワップポイントを回避するための対策







    まず、マイナススワップポイントを回避するための対策から説明します。結論から言うと、デイトレード等、一日のうちにトレードを完結させれば、マイナススワップは発生しません





    これは、スワップポイントもマイナススワップポイントも、日をまたいだ時点(ロールオーバーと言われます)で発生するものであるため、そこをまたがないと発生しないためです(厳密に言えば、ロールオーバー対象となる早朝の時間帯なのですが、基本的には発生しないという認識で問題ないと思います)





    そのため、一番簡単なマイナススワップポイント対策は、デイトレードやスキャルピング等短期トレードにすることです。





    しかし、必ずしも1日の中でトレードを完結させられるわけではなく、数日単位で持ちたいときもあると思います。また、両建ての場合だと、数年単位で両建てを考えることもあり、そうした場合、マイナススワップポイントを回避することはできません。





    そこで、次にマイナススワップポイントが少ないFX業者を紹介したいと思います。また、売りの場合、多くはそこまで長い期間を想定しないトレードであったり、あるいは両建てのように「最初のスプレッド分をいつまでに回収するか」というように、スプレッドも重要だと考えられるため、スプレッドについても記載しております。





    FX高金利通貨売りおすすめ業者2018年11月







    では、今月の高金利通貨売りでのおすすめFX業者を紹介したいと思います。下で見てもらうと分かるように、取引したい通貨ペアであったり、取引単位(万単位か千単位か等)によってもどこが良いかは変わってきますし、マイナススワップポイントは日々変動して、今日はここがトップであったものの、明日は違うところ、ということも往々にしてあります。





    そのため、下であげた口座は、とりあえず持っておいて、使いたくなった時に使うというのがおすすめです。FXでは、口座開設手数料、口座維持手数料は無料で、口座開設をすること自体は特にデメリットはないので、とにかく色々な会社の口座を持つだけ持ってみて、その上で使い比べてみるのがおすすめです(例えば当サイト管理人は20社以上FX口座を持っており、中には最近全く使ってない口座もあります(笑))







    セントラルミラートレーダー

    1,000通貨単位で売るならここ!

  • 多くの通貨のマイナススワップがトップレベルに少ない
  • 1,000通貨単位取引可能
  • スプレッドも4月に改善されて今はトップレベルになっている
  • スプレッド提示率は驚異の99.69%
  • 当サイト限定FX投資戦略マニュアル+5,000円追加キャッシュバックがもらえる

  • DMMFX

    米ドル、NZドル売りならここ!

  • 米ドルとNZドルでマイナススワップポイントが一番少ない(執筆時点)
  • 他の通貨も全体的にトップクラスで、売りに向いている
  • スプレッドはどの通貨も最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※)。とにかく人気の口座
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 当サイトから申し込み限定でオリジナル節税レポート+4,000円の特別キャッシュバックがもらえる
  • はっちゅう君

    南アフリカランドの売りならここ!

  • 南アフリカランドのマイナススワップポイントが一番安い(執筆時点)
  • 他の通貨も全体的にトップクラスで、売りに向いている
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • FX年間取引高6年連続世界1位
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    豪ドル、NZドルの売りにおすすめ

  • 豪ドル、NZドルのマイナススワップが少ない(他の通貨はそうでもない)
  • スプレッドはほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • スプレッド提示率約99%と高い提示率
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、マイナススワップ等の条件がみんなのFXと同じ
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXと用途を分けて使い分けしたい

  • FXプライムbyGMO

    トルコリラ売りならここ!

  • トルコリラ売りスワップ最安値
  • トルコリラ売りスワップが安定している
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • トルコリラ以外の売りスワップはそこまででもない
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    メキシコペソの売りならここ!

  • メキシコペソのマイナススワップが一番少ない(他はそうでもない)
  • メキシコペソのスプレッドは、変動ながら平均0.71銭と業界最狭水準

  • ※2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)




    セントラル短資FXのマイナススワップ評価







    セントラル短資FXは、あとで一覧のスワップポイント比較を見ていただくと分かりますが、どの通貨ペアもDMM FX、GMOクリック証券とマイナススワップポイントの少なさでトップを争うところです。





    スプレッドについても、4月にスプレッド縮小を行ってからどの通貨もトップレベルになり、また、セントラル短資FXは、スプレッド提示率(原則固定スプレッドで、実際にそのスプレッドが提示された期間の実績)も非常に高く、ドル円だと99.69%となっております。この辺りは、元々100年以上の歴史を持つ金融機関のグループらしい信頼性だと思います。





    また、セントラル短資FXにあってDMM FX、GMOクリック証券にない強みとして、セントラル短資FXは1,000通貨単位での取引も可能という点があります(他2社は1万通貨単位)





    そのため、売りで使いやすい口座として、まずはセントラル短資FXを紹介しました。





    また、当サイト限定・11月までの期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    このマニュアルはショートとは真逆で「高金利通貨への安全な投資」というテーマのものなのですが(笑)、それでも投資の基本を復習するには良いものだと思うので、この機会に是非もらってください!





    口座開設は


    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス


    からできます。




    DMM FXのマイナススワップ評価







    DMM FXも、マイナススワップポイントはほぼ全ての通貨でトップレベルに安く、その中でも特に、ドル円とNZドルについては、執筆時点で最安値となっておりました。





    この会社は、スプレッドは全ての通貨でトップレベルに狭いことから人気が高く、DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※)となっております。

    ※2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)





    また、DMM FXでは、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能で、何か困ったことがあったときにすぐ問い合わせられるということも、人気の秘訣となっております。





    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトからの申し込み限定でオリジナルの節税レポート+4,000円の特別キャッシュバックも貰えるので、DMM FXで口座開設を考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。





    FXをやっていると、非常に大きな利益を出したり、あるいは最終的に損失になってしまうこともあるかと思いますが、そのレポートでは、「どうやって確定申告をするのか」だけでなく、

  • 損失が出た場合に翌年以降に税金を安くする方法

  • それ以外にも合法的な節税の方法

  • そもそもどうやって税務署は利益が出ている人を把握しているのか

  • 経費を計上するときの注意点


  • 等、今後もかなり使える情報をぎっしりと詰め込んでおり、やりようによっては数十万円単位での節税にもなりうるので、非常におすすめです。





    口座開設は



    DMM FX
    DMMFX



    からできます。





    GMOクリック証券のマイナススワップの評価







    GMOクリック証券も、どの通貨もマイナススワップがトップクラスでセントラル短資FX、DMM FXと争っており、執筆時点では、南アフリカランドのマイナススワップが最安値でした。





    また、スプレッドについても全ての通貨ペアでトップレベルで、その結果2012年以来6年連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位と、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。





    正直、セントラル短資FX、DMM FX、GMoクリック証券の3社については、スプレッドは同レベルで、通貨ごとのマイナススワップの最安値も割ところころと変わるくらい接戦なので、3つとも持っておいて、その取引したい時に一番マイナススワップが安いところを選ぶというので良いと思います。





    口座開設は


    GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券



    からできます。





    みんなのFXのマイナススワップの評価







    これまでの3社が、「どの通貨もトップレベル」であったのに対し、みんなのFXは、豪ドルとNZドルのみトップレベルのマイナススワップで、それ以外はそうでもないというところです。実際に、執筆時点では、豪ドルのマイナススワップが最安値でした。





    みんなのFXは、新興国高金利通貨については、むしろ買いスワップが高いことで有名な会社なので、正直意外だったのですが、豪ドルとNZドルについては、下の比較表で見てもらっても分かるように、トップレベルなので、かなりニッチな使い方ですが、そうした通貨ペアを売るときにも使いやすそうです。





    また、みんなのFXは現在スプレッド最狭宣言をしており、実際にほとんどの通貨で業界最狭水準のスプレッドとなっております。このスプレッドについては、提示率も非常に高く、ドル円について、99.38%の提示率を誇ります。「原則固定」と表記するために必要な提示率が95%で、多くのFX業者が96~98%台であることを考えると、これはかなり高めの水準であり、シンプルに狭いスプレッドを求める場合、みんなのFXがおすすめです。





    口座開設は、



    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]



    からできます。





    Light FXのマイナススワップの評価







    Light FXは10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。





    ここは、みんなのFXとスプレッド、スワップ、1,000通貨単位で取引できることが全部同じで、つまり、ここも豪ドルとNZドルのマイナススワップが最安値水準で、スプレッドも最狭水準、1,000通貨単位で取引も可能となります。





    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、みんなのFXは、色々とハイスペックすぎて、例えば様々な通貨ペアでスプレッドがトップレベルなだけではなく、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソといった新興国の高金利通貨について買いスワップもトップとなっております。





    そのため、1つの口座で色々とやりたくなってしまうものですが、高金利通貨にしても、短期トレードにしても、他の取引と混ぜると「何かに巻き込まれてロスカットがかかる」というようなことになりやすく、可能な限り分けるべきというのがFXの鉄則となります。





    しかし、元々みんなのFXは一社だけで色々な役割を持ててしまい、結果として分けづらかったのですが、今回Light FXが出たことによって、例えばみんなのFXは高金利通貨用、Light FXは短期トレード用といったような使い分けが可能になります。





    こうすれば、高金利通貨のポジションがロスカットされても短期トレードには関係ありませんし、逆に短期トレードで損を出しても、高金利通貨のポジションがロスカットされることを心配する必要がなくなります。まさに、「卵は一つのカゴに盛るな」ですね。




    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、今だと新サービスリリースでの大盤振る舞いなのか、



  • 口座開設+スマホアプリで1取引しただけで1,000円という非常に簡単に貰えるキャッシュバック

  • 取引量に応じて最大50,000円のキャッシュバック

  • 総額1,000万円山分けキャンペーン




  • などもやっているので、みんなのFX口座で取引している人は、ここもあわせて口座開設をすることをおすすめします。





    口座開設は、



    LIGHT FX
    トレイダーズ証券【LIGHT FX】


    からできます。





    FXプライムbyGMOのマイナススワップの評価







    FXプライムbyGMOのマイナススワップは、基本的にはそこまで安くはないのですが、トルコリラについては、マイナススワップが非常に安定しており、また、執筆時現在最安値となっております。





    ここのトルコリラのマイナススワップは、10月中旬から1日100円が続いており、安さも安定感も抜群のところです(数日間分になるときは100円じゃない時もありますが、むしろ日割りすると100円より安くなっている時の方が多いくらいです)。また、1,000通貨単位での取引も可能なので、トルコリラを売るのであれば、ここがおすすめです。





    さらに、FXプライムbyGMOについては、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は



    FXプライムbyGMO
    人気のFX取引!GMOグループのFX会社・FXプライムbyGMO



    からできます。





    外為オンライン(くりっく365)のマイナススワップの評価







    外為オンライン(くりっく365)については、メキシコペソのマイナススワップポイントが最安値となっております。





    くりっく365というと、高金利通貨の高いスワップと、プラススワップ=マイナススワップとなることが特徴で、メキシコペソのスワップも悪くないので、正直意外だったのですが、他のFX会社が基本的にプラススワップ<マイナススワップとしており、その結果としてくりっく365のメキシコペソのマイナススワップが最安値となりました。





    また、スプレッドも変動スプレッドですが、その平均約定スプレッドは0.64銭と業界最狭レベルになっているので、メキシコペソを売る場合、ここがおすすめです。





    口座開設は、



    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込



    からできます(口座開設でくりっく365の方から進んでください。)





    FX高金利通貨マイナススワップ比較一覧表







    各社の執筆時点のマイナススワップの比較を一覧表にまとめましたので、ご覧ください。





    会社米ドル豪ドルNZドルランドリラペソ取引単位
    セントラル短資FX-72-39-33-200-112なし
    DMM FX-70-32-27-120なしなし
    GMOクリック証券【FXネオ】-73-39-41-100-105なし
    みんなのFX-99-30-30-160-120-150
    LIGHT FX-99-30-30-160-120-150
    FXプライムbyGMO-90-40-50-260-100-250
    外為オンライン(くりっく365)-83-41-44-131-128-123
    SBIFXトレード-83-40-42-130-123なし1
    外為オンライン(くりっく365)-95-65-60-300-170-140
    インヴァスト証券-81-47-32-190-107なし
    サクソバンク証券-100-65-69-140-151-207
    インヴァスト証券(シストレ24)-115-75-70-400なしなし
    ヒロセ通商-130-105-99-650-205-320
    JFX株式会社-130-105-101-650なしなし






    通貨ペア別マイナススワップポイント比較ランキング







    また、次にスプレッドも含めて、通貨ペア別に、マイナススワップポイントを比較した表を見てみましょう。自分の取引したい通貨ペアのところを見てもらうと良いと思います。





    米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売り)比較







    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    DMM FX-700.3
    セントラル短資FX-720.3
    GMOクリック証券【FXネオ】-730.3
    インヴァスト証券-810.3
    外為オンライン(くりっく365)-83変動
    SBIFXトレード-830.271
    FXプライムbyGMO-900.6
    外為オンライン(店頭)-951
    みんなのFX-990.3
    Light FX-990.3
    サクソバンク証券-100変動
    インヴァスト証券(シストレ24)-115変動
    ヒロセ通商-1300.3
    JFX株式会社-1300.3






    豪ドル マイナススワップポイント(売り)比較







    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    みんなのFX-300.6
    LIGHT FX-300.6
    DMM FX-320.7
    セントラル短資FX-390.8
    GMOクリック証券【FXネオ】-390.7
    SBIFXトレード-400.59
    0.69
    1
    FXプライムbyGMO-401.3
    外為オンライン(くりっく365)-41変動(1銭程度)
    インヴァスト証券(トライオート)-470.6
    サクソバンク証券-65変動
    外為オンライン(店頭)-653銭
    インヴァスト証券(シストレ24)-75変動
    ヒロセ通商-1050.7
    JFX株式会社-1050.7






    NZドル マイナススワップポイント(売り)比較







    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    DMM FX-271.2
    みんなのFX-301
    LIGHT FX-301
    インヴァスト証券-321.7
    セントラル短資FX-332
    GMOクリック証券【FXネオ】-411.2
    SBIFXトレード-420.99
    1.19
    1
    外為オンライン(くりっく365)-44変動
    FXプライムbyGMO-502
    外為オンライン(店頭)-606
    サクソバンク証券-69変動
    インヴァスト証券(シストレ24)-70変動
    ヒロセ通商-991
    JFX株式会社-1011






    南アフリカランド マイナススワップポイント(売り)比較







    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    GMOクリック証券【FXネオ】-1001
    DMM FX-1201
    SBIFXトレード-1300.991
    外為オンライン(くりっく365)-131変動10万
    サクソバンク証券-140変動5万
    みんなのFX-1601.8
    Light FX-1601.8
    インヴァスト証券(トライオート)-1901.8
    セントラル短資FX-2001.2
    FXプライムbyGMO-2603
    外為オンライン(店頭)-30015
    インヴァスト証券(シストレ24)-400変動
    ヒロセ通商-6501
    JFX株式会社-6501






    トルコリラ マイナススワップポイント(売り)比較







    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    FXプライムbyGMO-1004.8~
    GMOクリック証券【FXネオ】-1051.9※
    インヴァスト証券-1075.5
    セントラル短資FX-112変動
    みんなのFX-1201.8
    LIGHT FX-1201.8
    SBIFXトレード-1234.81
    外為オンライン(くりっく365)-128変動
    サクソバンク証券-151変動5000
    外為オンライン(店頭)-1706
    ヒロセ通商-205変動
    JFX株式会社なしなし
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなし






    メキシコペソ マイナススワップポイント(売り)比較







    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-123平均0.6410万
    外為オンライン(くりっく365)-14061万
    みんなのFX-1501.8
    LIGHT FX-1501.8
    サクソバンク証券-207平均0.231万
    FXプライムbyGMO-2501.9
    ヒロセ通商-3200.4
    セントラル短資FXなしなしなし
    SBIFXトレードなしなしなし
    GMOクリック証券【FXネオ】なしなしなし
    JFX株式会社なしなしなし
    インヴァスト証券(トライオート)なしなしなし
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし






    以上です。口座開設は、




    【全てのマイナススワップトップレベル+1,000通貨取引可能+当サイト限定キャンペーンあり】

    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス





    【全てのマイナススワップトップレベル+当サイト限定キャンペーンあり】

    DMM FX
    DMMFX





    【全てのマイナススワップトップレベル】

    GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券





    【豪ドルとNZドルのマイナススワップトップレベル+1,000通貨単位取引可能】

    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]





    【みんなのFXと合わせて持って用途によって使い分けたい】

    LIGHT FX
    トレイダーズ証券【LIGHT FX】




    【トルコリラマイナススワップトップ+当サイト限定キャンペーンあり】

    FXプライムbyGMO
    人気のFX取引!GMOグループのFX会社・FXプライムbyGMO





    【メキシコペソマイナススワップトップ】

    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込



    からできます。




    FXスワップポイント比較最新ランキング2018年11月17日(毎週更新)

    2018年11月18日 00:04

    スワップ1






    FXのスワップポイント金額や収益率の目安







    FXで高金利通貨は昔から常に人気が高く、米ドル、豪ドル、NZドルといった先進国の中での高金利通貨だけではなく、新興国通貨である南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ等も非常に人気となっております。





    何故スワップポイントがこんなにFXトレーダーを魅了しているかというと、スワップポイントというのは、銀行預金で言うところの利息に相当するものであり、FXで高金利通貨をただ持っているだけで何もしなくても毎日貰うことができるためです。





    そのため、スワップポイントによる収入は不労所得として人気が高く、高金利通貨をスワップ狙いで投資するのは、忙しい人向けのFX投資法と言われております。





    では、スワップポイントによる収益率がどのくらいかというとこについて、人気の高い高金利通貨を持っていることで貰えるスワップポイントの金額と収益率を書いていくと、例えば南アランドなら1日160円貰えるので、年間58,400円(収益率7.2%)、トルコリラだと1日126円で45,990円(収益率21.7%)、メキシコペソだと1日150円で年間54,750円(収益率9.8%)と、非常に高い収益率となります。

    (※ 収益率は、スワップポイント年額÷執筆時現在のポジションの金額(レバレッジ1倍)で計算)





    もし、こうした新興国通貨ではなく、先進国通貨が良い場合にはもう少し収益率が落ちますが、例えばドル円だと、一番スワップポイントが高いところで1万通貨持っていれば、1日82円スワップポイントをもらうことができるので、年換算すると、82円×365日で年間29,930円(収益率2.7%)となります。





    FXでは、先進国通貨への長期投資ではレバレッジ3倍程度までと言われておりますが、仮にレバレッジ3倍で米ドル円の買いポジションを持つと、スワップ年換算利回り8.0%となります。これはかなり魅力的ですね。





    このように、スワップポイントというのは、何もしなくても毎日貰えるもので、その収益率もかなり高くなっているのですが、上のスワップ金額の例示でもわざわざ「一番高いところ」と書いたように、スワップポイントが高いFX業者もあれば、低いFX業者もあり、高いところと低いところの1単位でのスワップポイントの年間での差額は、以下のように数万円単位での差になります。





    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソ
    高い会社825044160126150
    低い会社205006060
    差額6245441606690
    年額22,63016,42516,06058,40024,09032,850






    FXでは、「何を取引するか」と同じくらい「どこのFX業者で取引するか」が重要だとはよく言われますが、これはスワップポイント投資であっても例外ではなく、FX業者が違えば、数万円、数十万円単位で損することもあります。





    そこで今回は、高金利通貨に長期投資する場合のおすすめのFX業者について、2018年11月17日時点の最新情報に基づいて、スワップポイントの比較も行って、どこが良いのか解説します。(毎週更新)





    今既にFXでスワップポイント投資をしている人でも、FX業者を間違えたせいで何万円も損していたというケースもよくあるので、今自分が使っているFX会社は実際どうなんだろう?という点も含めて、この記事を読んでもらえればと思います。





    それでは、以下の順番で書いていきます。


  • スワップポイント投資でFX業者を比較する時の3つのポイント

  • FXスワップポイント投資おすすめ業者(毎週更新)

  • FXスワップポイント比較の最新ランキング(毎週更新)

  • FXスワップポイン比較ランキングの根拠





  • スワップ投資でFX業者を比較する時の3つのポイント







    まず最初に、スワップポイントでFX業者を選ぶ場合、どのようなポイントで比較すればいいのかという点から説明します。結論から言うと、以下3つのポイントが重要です。



  • スワップポイントの高さ

  • 取引単位

  • 自動売買の有無






  • それぞれ何故重要なのか説明していきます。





    FX業者比較ポイント1 スワップポイントの高さ







    まず、1つ目のスワップポイントの高さは、上で書いた通りで、FX業者が違えば数万円、数十万円の違いになるため重要です。これについては、もう上でさんざん書いたので(笑)、それ以外の、2つについて、何故重要なのかを書いていきたいと思います。





    FX業者比較ポイント2 取引単位







    次に重要なのは、取引単位です。





    FXでは、例えば1万通貨単位取引の会社では、ドルを買うのに、1万ドル買う、2万ドル買うといった選択肢しかなく、1000ドル買うという選択肢はありません。それに対して、1,000通貨単位取引の会社であれば、1,000ドル買う、2,000ドル買うということも可能で、さらに1通貨単位で取引可能な会社であれば、5ドルだけ買う(500円分くらいのポジション)とかも可能です。





    これは、例えば南アフリカランド(ここ数年7-9円程度)やメキシコペソ(ここ数年5-6.5円程度)などの少額の通貨であれば、1,000通貨単位取引が可能であれば、1万円なくても投資可能ということで、まずは少額から様子を見たいという場合に、非常に重要な要因となります。





    また、ある程度大きなポジションで取引するようになった後も、FXでは、はじめにポジションをこう持つと決めても、その後の値動きで、「もっと買いたい」「一部売りたい」等出てくることは、FXトレーダーなら誰でも経験したことがあるものです。





    その中で、例えば1万通貨持っているとして、1万通貨単位でしか取引できないとなると、一部売りたいと思ってもオールオアナッシングであったり、あるいは少しだけ買い足したいと思っても、今のポジションをいきなり2倍にしないといけないというようなことになりかねません。





    それに対して、ある程度細かく取引できる場合、そうしたときには「とりあえず半分だけ売る」「まずは1,000通貨だけ追加で買う」といったことも可能になります。





    スワップポイント狙いの長期投資の場合、そこまで頻繁に取引することは想定しない一方で、保有する期間を長くするのが前提なので、途中でポジションを一部修正するということが必要になることが多く出てきます。





    そのため、取引単位というのも、重要なポイントとなります。





    FX業者選びのポイント3 自動売買の有無







    これは、「自動売買は絶対にやりたくない」という人にとっては全く気にしなくていい論点なのですが、広い意味で「何もしなくても利益が出るのが良い」と思っている人にとっては、いざやりたくなった時にいつでも使えるように、とりあえず自動売買ができるFX業者の口座も持っておいた方がいいと思います。





    何故自動売買ができるところも持っておいた方がいいのかというと、自動売買は非常に大きな不労所得を生む可能性のある取引手法だからです。その理由をもう少し詳しく説明します。





    まず、FXで、相場が一番大きく動くのは、ニューヨーク時間(日本では夜中)だといわれております。これは、世界最大の経済大国であるアメリカで活発に行われる時間なので、ある意味当たり前のことです。





    しかし、このニューヨーク時間というのが、日本では夜中から明け方までの時間帯なので、日本人にとって、非常に取引しづらい時間帯となっております。





    そんな中で、自動売買を設定しておけば、あとは寝ていても、他の仕事やプライベートを楽しんでいても、何をしていようとも、自動的にどんな時間でも取引して利益をあげてくれます。この重要性について、数字を使って考えてみましょう。





    例えば1万通貨で50銭の値幅で取引する場合、1回5,000円の利確になり、これを見逃すというのは、実質的に5,000円損しているのと同じことであり、これが10回積み重なれば5万円、50回積み重なれば25万円・・・・・・となります。





    この金額は、ちょっとしたスワップポイントの違いよりもはるかに重要と言えるのは、なんとなく分かってもらえるかと思います。このように、日本のFXトレーダーにとって、一番取引しづらいニューヨーク時間も含めて、24時間自動で利益を積み重ねてくれるというのが、自動売買の重要な点です。





    もちろん、自動売買にも想定レンジより大きく値動きするとロスカットされる危険があるなど、デメリットもあるのですが、それでもより大きな不労所得を稼げる可能性もあるので、少しでも興味があれば、まず小さい金額からはじめてみるのも一つの手だと思います。





    以上のように、高金利通貨に長期投資する場合、「スワップポイントの高さ」「取引単位」「自動売買の有無」が重要です。





    では、こうしたことを踏まえたうえで、どこの会社がおすすめなのについて紹介したいと思います。





    FXスワップポイント投資おすすめ業者2018年11月(毎週更新)







    それでは、今月のスワップや自動売買の有無、さらには取引単位等を比較した上で、スワップ目的の長期投資に向いたFX業者を紹介していきたいと思います。





    スワップポイントは、上位の会社はあまり変わらない印象がありますが、それでも日々変動し、「今はこっちの会社の方が高くても、どこかのタイミングで逆転するかもしれない」というのはあるので、上位の会社で持っていない口座は、とりあえず開設するのをおすすめします。





    FX口座を持つこと自体は、一切手数料等もかからず、ただ口座を持っているだけではデメリットはありません。実際、管理人は20社以上FX口座を持っており、その中には使っていない口座もあります(笑





    また、見てもらえれば分かりますが、会社によって「この通貨では強いがこの通貨ではそうでもない」「自動売買ができるかどうか」という点が異なるので、そうした特長もあわせて確認してもらえればと思います。





    トレイダーズ証券[みんなのFX]

    南アフリカランド、メキシコペソならここ!

  • 南アランド、メキシコペソスワップトップ
  • トルコリラのスワップもトップクラスで安定
  • スプレッドもトップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまり南アフリカランド、メキシコペソでスワップトップ
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    自動売買+最高レベルのスワップならここ!

  • 米ドル円スワップがここ数ヶ月トップ
  • それ以外のスワップもトップレベル
  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • くりっく365全体で南アランド取引のシェア約40%、メキシコペソ取引のシェア約60%
  • 1万通貨でしか取引できないのが難点

  • サクソバンク証券

    トルコリラならここ!

  • トルコリラのスワップトップクラス
  • USD/TRY、USD/ZAR、USD/MXN等のチャートが見れる
  • AI(人工知能)を使った相場予想ツールであるオートチャーティスト機能
  • 1,000通貨単位で取引可能(トルコリラは5,000通貨)
  • ヒロセ通商

    豪ドル、NZドル取引ならここ!

  • FX会社で珍しい原則固定スワップで豪ドルトップレベル
  • NZドルはスワップトップ
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • SBIFXトレード

    1通貨単位から引可能

  • 1000円からでも投資が可能
  • 1通貨単位で取引可能!
  • スワップも全体的に高水準






  • みんなのFX







    みんなのFXは、新興国の高金利通貨(南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ)ならまずここを持っておくべきというところです。





    ここは、南アフリカランド、メキシコペソについて執筆時現在トップのスワップポイントで、かつ、こうした新興国通貨でも、1,000通貨単位での取引が手数料無料でできます。





    南アフリカランドが今8円くらい、メキシコペソが5.6円くらいなので、1000通貨であれば、それぞれ8,000円、5,600円分のポジションと、投資資金が1万円なくても取引できるということで、少額から、少しずつ取引することができます。





    高金利通貨は、スワップポイントが高いところで、安くなったら少しずつ買っていくというのが王道ですが、そうした取引方法にぴったりなのが、このみんなのFXです。





    また、トルコリラについても長い間単独トップをとっていた会社で、今も120円と非常に高い水準であるため、新興国の高金利通貨に投資したい場合はまず持っておくべき口座です。(逆に、米ドルや豪ドル、NZドルといった先進国の高金利通貨のスワップ周りはあまりよくありません)





    口座開設は、


    みんなのFX
    申込ボタン


    からできます。





    LIGHT FX







    Light FXは、10月末にリリースされたばかりの新しいFX口座で、上でも紹介したみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているサービスです。





    Light FXのスワップは、運営会社がみんなのFXと同じだからなのか、スプレッド、スワップともにみんなのFXと同じで、取引単についてもみんなのFXと同様1,000通貨単位から取引可能です。





    「それならみんなのFXで良いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、それは全く違い、「どちらも持って、通貨や取引スタイルで使い分ける」というのがベストです。(通貨というのは、例えば南アフリカランドはみんなのFX、メキシコペソはLight FXという感じで、取引スタイルというのは、長期スワップ運用はみんなのFX、短期トレードはLight FX等です)





    何故使い分けをすべきなのかというと、南アフリカランドもメキシコペソもみんなのFXでやっていると、例えば南アフリカランドが今後何かの理由で急落した場合、メキシコペソがそこまで落ちなくても、一つの口座である以上、まとめて全てロスカットされることになるためです。





    例えば、今年の8月にトルコリラが22円から15円まで急落するいわゆる「トルコショック」がありましたが、この時私の持っていたみんなのFXのポジションは、トルコリラにつられて南アフリカランドや、メキシコペソも一気にロスカットされてしまいました・・・・・(苦笑





    また、仮にトルコリラがなかったとしても、南アフリカランドは2018年のお盆に8円から7円まで一日で急落し、その後すぐ戻したというようなこともあり、その時にメキシコペソはほとんど動いていなかったので、新興国通貨のポジションをまとめてしまうと、一つだけ急落した時につられてロスカットというリスクは、かなり大きいと考えられます。





    それに対して、もしみんなのFXとLight FXで通貨をわけていれば、こうした「一つの通貨が落ちた時にまとめてロスカットされる」といったリスクを下げる>ことができます。これは、かなり大きな安心材料になります。





    また、複数の通貨はやらず、例えばメキシコペソオンリーでトレードしている人にとっても、、「短期からスイングのトレードはLiht FX、長期のポジションはみんなのFX」といったような使い分けも可能になります。





    これまでも「分けないとなあ」と思っておりましたが、とはいえ新興国の高金利通貨のスペックは、みんなのFXが良すぎたせいで分けられなかったのですが、これで安心して口座を使い分けることができるようになりました。





    Light FXは、口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、今だと新サービスリリースでの大盤振る舞いなのか、



  • 口座開設+スマホアプリで1取引しただけで1,000円という非常に簡単に貰えるキャッシュバック

  • 取引量に応じて最大50,000円のキャッシュバック

  • 総額1,000万円山分けキャンペーン




  • などもやっているので、みんなのFX口座で取引している人は、ここもあわせて口座開設をすることをおすすめします。





    口座開設は、



    LIGHT FX
    申込ボタン




    からできます。





    外為オンライン(くりっく365)







    外為オンライン(くりっく365)は、名前の通り外為オンラインのくりっく365口座です。くりっく365口座というのは、普通のFX会社は、そのFX会社が管理、運営している「店頭FX」なのですが、くりっく365は、東京金融取引所が監理・運営するFXで、公的機関である取引所が運営するため信頼性が高く、例えば倒産リスクがほぼない、スリッページ・約定拒否がない等のメリットがあります。(くりっく365についての詳しい話はくりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いております)





    そして、くりっく365はそうした「信頼性の高さ」だけではなく、高金利通貨についてスワップポイントが高いという点でも評価が高く、その中でも特に、米ドル円のスワップについてはトップトルコリラも今週末時点でトップで、他の通貨でもスワップポイントがトップレベルの水準となっております。





    また、南アフリカランドやメキシコペソについてもみんなのFXには及ばないものの、それでもトップレベルの高水準となっており、その結果、くりっく365全体でFXの南アフリカランド取引のうち40%、メキシコペソ取引のう60%が行われております





    このように、長期投資に必要な「長期にわたってお金を預けていられる信頼性」「高いスワップポイント」という両方を兼ね揃えているため、くりっく365は長期投資に非常に向いています。ただし、一つ欠点としては、1万通貨単位でしか取引できないという点があり、細かい単位で取引したい場合は、別の会社がおすすめとなります(南アフリカランドやメキシコペソは10万通貨単位)





    なお、くりっく365をやっている会社間では、スプレッド、スワップ、取引単位はすべて同じで、その一方、手数料や取引ツールなどに違いがあります。





    では、くりっく365対応FX業者の中でどこがいいかについては、基本的に私がおすすめしているのは外為オンラインGMOクリック証券【くりっく365】 ですが、高金利通貨を長期的に取引する場合には、外為オンラインでの取引をよりおすすめします。





    その理由としては、外為オンラインについては、基本的に取引手数料は無料、ツールも使いやすく、スマホや携帯にも対応ということに加え、何よりくりっく365でiサイクル注文という自動売買ができる唯一の会社のがあります。





    このiサイクル注文と言うのは、年間500万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法で詳しく書いてあるのですが、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。





    そして、このiサイクル注文については、「値動きの激しい高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。





    これは、iサイクル注文で買いを入れた場合、レンジ相場であれば、値動きが激しいため、基本的に上げ下げしており何度も約定して利益が出ることになります。また、その間でも日をまたいで買いポジションがあれば、スワップも当然もらえます。





    また、上がっている時も、一本調子にあがることはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます(詳しくはiサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)





    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確する・・・・・・という夢のような状態になります。





    このように、レンジ相場が多くて値動きの激しい高金利通貨とiサイクル注文という組み合わせを、信頼性、スプレッド、スワップ共にトップの条件でできるというのが、ここをおすすめした理由です。





    口座開設は



    外為オンライン
    申込ボタン



    からできます。





    サクソバンク証券







    サクソバンク証券は、最近大きくスワップ条件が良くなっており、特にトルコリラについては、政策金利を24%に引き上げた後に大幅に良くなり、今週もスワップトップで、利上げ後の平均スワップで見てもトップとなりました。なので、トルコリラにスワップ投資する場合、ここがおすすめです。





    また、サクソバンク証券は、スワップポイントが高いという以外にも、


  • USD/TRY、USD/ZAR、USD/MXNのチャートを見ることができる

  • 米国雇用統計などの指標発表時にもスプレッドが広がりにくい

  • AI(人工知能)を使った相場予想ツールであるオートチャーティスト機能

  • FXだけでなくCFD取引も可能で、それらの値動きもチャートに一緒に表示できる

  • 月曜早朝3時からトレード可能で、他のトレーダーに先駆けて取引できる(普通は朝5時から)



  • 等、高金利通貨をトレードをする上でかなりメリットのある口座なので、高金利通貨への投資を考えていて、まだ口座を持っていない人は、この機会に是非どうぞ。





    特に、最近は、週末に大きな事件が起こって、週明けどうなるか、というところが注目されることも増えてきており、そんな中で、まだ他のトレーダーがトレードをはじめる前の午前3時より取引ができるというのは、かなり大きなメリットです。(実際に取引しないにしても、週明けレートの方向感を見るなどの使い方もあります)





    また、サクソバンク証券については、当サイト限定キャッシュバック3,000円ももらえるので、口座開設は、当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は、



    サクソバンク証券
    申込ボタン



    からできます。





    ヒロセ通商







    高金利通貨の中でも、経済が成長し続けており、債務残高も低い先進国として人気の高い豪ドルやNZドルに投資したい場合におすすめなのが、ヒロセ通商です。





    最後に一覧表としてまとめますが、豪ドルのスワップは原則固定で50円で長い期間トップ(現在は他の会社の方が高い場合もあります)、NZドルは今もトップとなっております。





    また、多くのFX業者でスワップポイントというのは毎日変動するものですが、このヒロセ通商では豪ドル50円、南アフリカランド150円で原則固定スワップとなっており、安定感を求める人にとってはおすすめです。




    ちなみに、ヒロセ通商も1,000通貨単位での取引も可能であり、取引単位という面でも強みがあります。



    口座開設は



    ヒロセ通商
    申込ボタン



    からできます。





    SBIFXトレード







    ここは「誰かのFXから、誰もが参加できるFXへ」というキャッチコピーの通り、誰でも少額から投資が可能なことが最大の特徴です。





    具体的には1通貨単位で取引可能で、その結果、通貨によっては100円あれば、レバレッジ1倍でも投資可能と、まさに「誰もが参加できる」FX業者です。





    また、スプレッドやスワップの条件も良く、スプレッド、スワップともに業界トップレベルの水準にあります。





    そのため、小さい単位で取引をしたい人にとっては、まずここがおすすめとなります。





    口座開設は



    SBIFXトレード
    申込ボタン



    からできます。





    FXスワップポイント比較の最新ランキング2018年11月17日(毎週更新)







    最後に、上で紹介しなかった会社も含め、主要なFX業者のスワップ、自動売買の有無、取引単位について一覧表にまとめます。以下の表はすべて執筆時現在の情報で、単位はすべて円で、1万通貨あたりのスワップを表示し(南アフリカランドとメキシコペソのみ10万通貨)、その中で一番条件が良いところを赤くしております。





    会社米ドル豪ドルNZドルランドリラペソ自動売買取引単位
    みんなのFX543030160120150×
    LIGHT FX543030160120150×
    外為オンライン(くりっく365)824144131119123
    ヒロセ通商205044150120120×
    JFX株式会社305044150なしなし×
    FXプライムbyGMO70253516085150×
    サクソバンク証券602329127126139×
    SBIFXトレード823840120117なし×1
    セントラル短資FX54302080100なし
    外為オンライン(くりっく365)653530507060
    GMOクリック証券【FXネオ】703838100105なし×
    インヴァスト証券70352010090なし
    DMM FX703227120なしなし×
    インヴァスト証券(シストレ24)45500なしなし
    フィリップ証券6534309060なし×






    口座開設は





    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]





    LIGHT FX
    トレイダーズ証券【LIGHT FX】





    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    サクソバンク証券
    サクソバンク証券





    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード




    からできます。




    【関連記事】

    FXおすすめ業者総合ランキング2018年 | 総合力で比較

    FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2018年

    くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較






    FXスワップポイント比較ランキングの根拠







    以下の優先順位でランク付けを行っております。

  • 今回の記事で取り上げた通貨ペアのうち、スワップポイントがトップの通貨の数

  • 自動売買の有無、取引単位等から、上記おすすめ業者で紹介したFX業者

  • 上記のポイントが同一である場合、当サイトからの口座開設の実績






  • メキシコペソFXスワップポイント比較2018/11 | おすすめ業者は?

    2018年11月08日 17:58

    メキシコペソFX業者スワップ比較





    メキシコペソは、政策金利7.75%の高金利通貨でありながら、南アフリカランドやトルコリラといった他の高金利通貨と比べると、


  • メキシコは世界最強の国であるアメリカの隣国であり、アメリカの成長に伴って成長が期待される

  • メキシコ自体も今後人口の増加が予想されており、経済成長も期待されている

  • 高い失業率、債務残高、インフレ率といった新興国ではよくある問題がない

  • メキシコは産油量世界6位、銀生産量世界2位等、世界有数の資源大国



  • と、高金利通貨の中では比較的リスクが低い通貨として知られており、実際に、格付会社による格付けも、他の高金利通貨の国と比べると一段階高くなっております。




    ムーディーズS&Pフィッチ
    メキシコA3BBB+BBB+
    南アBaa3BB+BB+
    トルコBa1BBBB+
    ブラジルBa2BB-BB-






    それにも関わらず、メキシコペソのスワップポイントは、高いところだと10万通貨で1日150円(みんなのFXのレート)、つまり年間54,750円もらえて、メキシコペソのレートが今大体5.7円くらいなので、利回り換算するとレバレッジ1倍でも年利回り9.6%近くにもなることから、FXトレーダーの間でも、高金利通貨の中では優等生な通貨としてどんどん人気が高まっております。





    そのため、最近では、メキシコペソの取り扱いを増やそうとしているFX会社も多く、例えば、


  • 10/29にトレイダーズ証券がメキシコペソの取り扱いのあるLight FXをリリース

  • 11/3よりアイネット証券のループイフダンでメキシコペソが追加

  • 11/5より外為オンラインでメキシコペソが追加

  • 11/19よりセントラル短資FXにもメキシコペソ追加が予定されている


  • と、メキシコペソの取引ができるFX業者はどんどん増えており、メキシコペソの人気の高さがよく分かります。





    とはいえ、メキシコペソの取り扱いのあるFX業者でも条件は千差万別で、例えばスワップポイントについて、高いところでは1日150円で貰えるのに対し、安い所では1日60円と、全く同じ取引をしても年間で32,850円もの利益の違いが出てきます。





    そこで、今回は、このメキシコペソに投資する場合のおすすめの投資方法(想定利回りや必要証拠金額、リスクとリターンのバランスのいいレバレッジのかけ方)を解説し、そのうえでメキシコペソをFXで取引する場合どこがおすすめかについて、スワップポイント、マイナススワップポイント、スプレッド、取引単位、自動売買の有無等、様々な観点から分析した上で、おすすめFX業者を紹介します。




    以下の順番で書いていきます。


  • メキシコペソFXのスワップポイント(金利)の想定利回りは?

  • メキシコペソFXの取引単位と必要な証拠金金額

  • メキシコペソFXのリスク管理 | レバレッジとロスカットになる金額

  • メキシコペソ取り扱いFX業者の中でおすすめの会社5選 2018年11月

  • メキシコペソFX業者、スワップ、スプレッド、取引単位、自動売買の比較一覧

  • メキシコペソのスワップポイント生活に必要な資金はいくら?

  • メキシコペソにFXで低レバレッジ積立・複利運用する方法

  • メキシコペソのスワップポイントサヤ取り手法と、想定利回り






  • メキシコペソFXのスワップポイント(金利)の想定利回りは?







    メキシコペソは、スワップポイントが一番高いみんなのFXであれば、10万円あたり1日150円で、つまり年間54,750円もらえて、メキシコペソのレートが今大体5.7円くらいなので、利回り換算するとレバレッジ1倍でも年利回り9.6%近くにもなります。





    また、FXでは、レバレッジをかけて取引をすることも可能で、このレバレッジは2倍ならスワップ利回りも2倍、3倍なら利回りも3倍となるもので、例えばレバレッジ3倍であれば、なんと年率28.8%もの利回りになります。





    上でも書いたように、メキシコペソは南アフリカランドやトルコリラ等の、他の高金利通貨と比べるとリスクが低いことを考えると、この利回りは破格と言っても過言ではないレベルです。





    ただし、下でロスカットリスクも踏まえて適正レバレッジを考えますが、メキシコペソについては、長期ポジションであればできればレバレッジ2倍以内、高くても3倍くらいまでにしておいた方が良いと考えられるため、スワップポイント利回りとしては、約19.2%~28.8%くらいと考えておくとよいと思います。





    もちろん、為替レートが下がれば為替差損が出るリスクは存在しますが、メキシコペソは史上最安値でも4.98円(2016年11月。メキシコの壁などの発言のあるトランプ大統領当選時)で、ここ3年間の最高値でも7.47円程度(2015年12月)と、高金利通貨にしては比較的為替レートの変動もおとなしく、かつ、今は比較的割安な位置にあるので、逆に為替差益を取れる可能性もあり、今はじめるには良い通貨だと思います。





    メキシコペソFXの取引単位と必要な証拠金の金額






    メキシコペソのFXでの取引単位は、スワップが一番高いみんなのFXでは、千通貨単位の取引も可能です。





    今メキシコペソのレートが5.7円程度なので、千通貨であれば、ポジションとしてもたったの5,700円分のポジションで、超少額からでもはじめることができます。





    1万通貨単位にしても、約5.7万円分のポジションなので、レバレッジ2倍なら3万円程度、3倍なら2万円程度からでもはじめることができます。





    このように、少額からでもはじめることができるので、もしメキシコペソに興味があれば、まずは小さな単位で試してみて、良さそうだと思えば少しずつ大きくしていくというのがおすすめです。





    メキシコペソFXのリスク管理 | レバレッジとロスカットになる金額







    FXではレバレッジを最大25倍までかけることができます。ただし、スキャルピング等の超短期取引でない限り、20倍以上にすることはほぼありえず、一般的には、

  • 年単位で保有する長期投資:1倍~3倍まで

  • 数日から数か月までの中期取引:3倍~8倍まで

  • 短期トレード:5倍以上


  • というのが目安と考えられます。





    メキシコペソについては、各レバレッジごとにロスカットとなる金額を算定すると、大体以下のようになります(現在5.7円)





    レバレッジ1倍2倍3倍4倍5倍10倍20倍
    ロスカット金額02.983.974.474.775.365.66





    メキシコペソの史上最安値が4.98円程度なので、レバレッジ5倍でも、史上最安値まで行っても一応耐えられる計算になります。





    ただし、リーマンショック時には1月で約20%下落し、直近5年で見ても、最高値から現在までの間に約35%の下落があることを考えると、長期ポジションとして考えるなら、最大40%くらいの下落には耐えられるようにしておいた方がよいと考えられ、現在の水準が5.7円なので、3.5円くらいまでは耐えられるようにと考えると、レバレッジ2倍~3倍くらいにしておくのが良いのではないかと考えられます。





    もちろん、それでもロスカットになるリスクは存在しますが、ただ、スワップポイントが年間5万4,750円貰えるため、スワップポイントだけで年間0.5円の下落までは穴埋めできて、仮に2円下がったとしても4年で回収できるということから、個人的には許容できるリスクだと思っております。(全財産をメキシコペソに入れるというような極端な投資方法ではなく、余裕資金の中で投資するのが大前提です)




    以上より、メキシコペソに長期投資する場合のレバレッジとしては、大体2倍から3倍くらいで考えて、スワップ利回りは20%~30%くらいと見ておくのが良いと思います。





    メキシコペソ取り扱いFX業者の中でおすすめの会社5選 2018年11月版







    それでは、次にメキシコペソにFXで投資する場合のおすすめ業者について、スワップポイントの高さ、スプレッドの狭さ、取引単位、自動売買の有無等から、総合的に考えて、おすすめの5社を紹介したいと思います。





    FXでは口座開設や維持手数料は全て無料で、また、人によって使いやすい口座、使いにくい口座というのがあったり、スワップポイント等の条件もは後変わる可能性もあるので、まずは色々と口座開設をして、いつでも使える状態にするのがおすすめです(実際に、管理人は30社近くFX口座を持っており、その中には使っていない口座もありますw)








    トレイダーズ証券[みんなのFX]

    長期投資ならここ!

  • メキシコペソスワップポイントが安定してトップ
  • 千通貨単位の取引も可能
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりメキシコペソでスワップトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    自動売買+最高レベルのスワップならここ!

  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • くりっく365全体でメキシコペソ取引のシェア約60%
  • 10万通貨でしか取引できないのが難点

  • サクソバンク証券

    手数料で選ぶならここ!

  • スプレッド最安値
  • USD/MXN等のチャートが見れる
  • AI(人工知能)を使った相場予想ツールであるオートチャーティスト機能
  • スキャルピングOK
  • ヒロセ通商

    原則固定スプレッド最安値ならここ!

  • メキシコペソのスプレッドが原則固定の中で最狭
  • スワップも比較的高め
  • 1,000通貨単位取引も可能






  • みんなのFXのメキシコペソ取引での評価







    みんなのFXは、南アフリカランド、トルコリラといった、新興国の高金利通貨のスワップポイントが安定して高いことで有名なFX会社ですが、メキシコペソについても、スワップが安定して一番高くなっております。





    また、千通貨単位の取引も可能なので、1万円なくてもメキシコペソに投資できるというのも、強みとしてあります。





    そのため、メキシコペソに長期投資したい場合まずここだと考えており、最初に紹介しました。





    口座開設は、


    みんなのFX
    申込ボタン


    からできます。





    Light FXのメキシコペソ取引での評価







    Light FXは、10月末にリリースされたばかりの新しいFX口座で、上でも紹介したみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているサービスです。





    Light FXのスワップは、運営会社がみんなのFXと同じだからなのか、スプレッド、スワップともにみんなのFXと同じで、取引単についてもみんなのFXと同様1,000通貨単位から取引可能です。





    「それならみんなのFXで良いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、それは全く違い、「どちらも持って、通貨や取引スタイルで使い分ける」というのがベストです。(通貨というのは、例えば南アフリカランドはみんなのFX、メキシコペソはLight FXという感じで、取引スタイルというのは、長期スワップ運用はみんなのFX、短期トレードはLight FX等です)





    何故使い分けをすべきなのかというと、南アフリカランドもメキシコペソもみんなのFXでやっていると、例えば南アフリカランドが今後何かの理由で急落した場合、メキシコペソがそこまで落ちなくても、一つの口座である以上、まとめて全てロスカットされることになるためです。





    例えば、今年の8月にトルコリラが22円から15円まで急落するいわゆる「トルコショック」がありましたが、この時私の持っていたみんなのFXのポジションは、トルコリラにつられて南アフリカランドや、メキシコペソも一気にロスカットされてしまいました・・・・・(苦笑





    また、仮にトルコリラがなかったとしても、南アフリカランドは2018年のお盆に8円から7円まで一日で急落し、その後すぐ戻したというようなこともあり、その時にメキシコペソはほとんど動いていなかったので、新興国通貨のポジションをまとめてしまうと、一つだけ急落した時につられてロスカットというリスクは、かなり大きいと考えられます。





    それに対して、もしみんなのFXとLight FXで通貨をわけていれば、こうした「一つの通貨が落ちた時にまとめてロスカットされる」といったリスクを下げる>ことができます。これは、かなり大きな安心材料になります。





    また、複数の通貨はやらず、例えばメキシコペソオンリーでトレードしている人にとっても、、「短期からスイングのトレードはLiht FX、長期のポジションはみんなのFX」といったような使い分けも可能になります。





    これまでも「分けないとなあ」と思っておりましたが、とはいえ新興国の高金利通貨のスペックは、みんなのFXが良すぎたせいで分けられなかったのですが、これで安心して口座を使い分けることができるようになりました。





    Light FXは、口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、今だと新サービスリリースでの大盤振る舞いなのか、



  • 口座開設+スマホアプリで1取引しただけで1,000円という非常に簡単に貰えるキャッシュバック

  • 取引量に応じて最大50,000円のキャッシュバック

  • 総額1,000万円山分けキャンペーン




  • などもやっているので、みんなのFX口座で取引している人は、ここもあわせて口座開設をすることをおすすめします。





    口座開設は、



    LIGHT FX
    申込ボタン




    からできます。





    外為オンライン(くりっく365)のメキシコペソ取引での評価







    スプレッド、スワップがバランスよく高水準で、取引相手も東京金融取引所であり、信頼性が高いということから、非常に人気が高いのがくりっく365で、その中でもiサイクル注文という自動売買も可能なのが、外為オンライン(くりっく365)です。





    くりっく365というのは、東京金融取引所が運営しているFXで、その信頼性や、高金利通貨のスプレッド、スワップの条件のよさなどからFX投資家から人気となっており、実際に、メキシコペソ円取引では、FX全体の取引の内、6割がくりっく365で行われているというように、FXトレーダーから一番人気のFXサービスです。





    click.png
    (出典:くりっく365公式ページ





    このくりっく365は、最終的には取引所が相手なのですが、その窓口として様々なFX業者がくりっく365に参加しており、現在参加業者は17社ありますが、そのどこで取引をするにしても、スプレッド、スワップ、信頼性(証拠金は全額取引所に預託されるため、どこのFX会社のくりっく365口座で取引しても、万一FX会社が倒産しても証拠金は保全されます)といった点は共通です。





    一方、取引手数料や取引ツール、自動売買等は各社様々であり、そこがくりっく365の会社間の違いとなっており、ここがくりっく365業者の中での比較ポイントとなります。





    そして、そのくりっく365の中でも、原則的に手数料は無料、取引ツールもわかりやすさに定評があり、スマホや携帯電話からの取引も可能であり、さらに、自動売買もできるのが、外為オンライン(くりっく365)です。





    ここは、くりっく365の高水準なスプレッド、スワップや、信頼性に加えて、iサイクル注文という、自動売買機能を使うことができるという点が、他のメキシコペソ取扱いFX会社との大きな違いとなります。





    このiサイクル注文と言うのは、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。





    そして、iサイクル注文は、「長期的に上昇すると考えられる高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。





    iサイクル注文は、下がれば買い、上がれば売りを繰り返す注文なので、短期的にレンジ相場から若干の下落相場となりやすい一方で、長期的には上がると考えられる新興国通貨とは、非常に相性が良いと考えられます。





    為替相場は、上がる時も、一本調子にあがるということはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます。





    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確される・・・・・・という夢のような状態になります。





    そして、メキシコペソは、長期的に上昇すると考えられる高金利通貨なので、iサイクル注文に合う通貨の条件をぴたりと満たしております





    このように通常取引は手数料無料、取引ツールも優れており、またiサイクル注文で自動売買できるという点で、外為オンラインをおすすめします。





    なお、このiサイクル注文は、口座開設から90日間は手数料無料で使え、かつ、それが過ぎても現在は期間限定キャンペーンで本来420円のところが210円の手数料で取引できるので、非常におすすめできます。





    口座開設は


    外為オンライン
    申込ボタン




    からできます。





    サクソバンク証券のメキシコペソ取引での評価







    これまでは「スワップポイント」という点を重視して紹介してきましたが、短期トレードの場合、手数料(スプレッド)も重要となってきますが、そのスプレッドという点からおすすめなのが、サクソバンク証券です。





    この会社はスプレッドはNDD方式でインターバンク直結の変動スプレッドなのですが、その平均スプレッドは0.23銭と、FX業者の中で一番狭いスプレッドとなっております。





    サクソバンク証券は、スキャルピングも歓迎している会社であるため、短期トレードをして口座凍結ということもありえず、そのため、メキシコペソで短期トレードをする場合、ここがおすすめです。





    また、短期トレード以外にも、


  • USD/MXNのチャートを見ることができる

  • 米国雇用統計などの指標発表時にもスプレッドが広がりにくい

  • AI(人工知能)を使った相場予想ツールであるオートチャーティスト機能

  • FXだけでなくCFD取引も可能で、それらの値動きもチャートに一緒に表示できる

  • 月曜早朝3時からトレード可能で、他のトレーダーに先駆けて取引できる(普通は朝5時から)



  • 等、とにかく玄人好みの会社なので、FX中上級者でまだ口座を持っていない人は、この機会に是非どうぞ。





    特に、最近は、週末に大きな事件が起こって、週明けどうなるか、というところが注目されることも増えてきており、そんな中で、まだ他のトレーダーがトレードをはじめる前の午前3時より取引ができるというのは、かなり大きなメリットです。(実際に取引しないにしても、週明けレートの方向感を見るなどの使い方もあります)





    また、サクソバンク証券については、当サイト限定キャッシュバック3,000円ももらえるので、口座開設は、当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は、



    サクソバンク証券
    申込ボタン



    からできます。





    ヒロセ通商のメキシコペソ取引での評価







    スプレッドという点では、上のサクソバンク証券が変動スプレッドであるのに対し、原則固定スプレッドの中で一番狭いのが、ヒロセ通商です。




    ここは、メキシコペソのスプレッドが、原則固定で0.4銭と、後で一覧を見ていただきますが、原則固定のFX業者の中で一番狭いスプレッドとなっております。




    また、スワップポイントもトップではないものの、トップレベルではあり、千通貨単位での取引も可能であるため、メキシコペソを数日から1か月程度までのスイングトレードでおすすめの会社です。





    ヒロセ通商については、当サイトからの申込限定で2,000円の特別キャッシュバックもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。





    口座開設は、



    ヒロセ通商
    申込ボタン




    からできます。





    FXプライムbyGMOのメキシコペソ取引での評価






    メキシコペソのスワップポイントが、みんなのFXと並んでトップで、千通貨単位での取引もできるという点で、FXプライムbyGMOもメキシコペソ取引では人気の高い会社です。




    ただし、スプレッドがみんなのFXと比べて少しだけ悪く、現在ではみんなのFXと全く同スペックであるLight FXも出たことから、今からメキシコペソ取引をすると考えた場合、惜しくも選外となっております。





    とはいえ、スプレッドの差もそこまで大きくはないので、もしみんなのFXやLight FXを既に使っていて、メキシコペソ用にもう一つ口座が欲しいというのであれば、FXプライムbyGMOも十分おすすめできる会社です。





    FXプライムbyGMOについては、当サイトからの申込限定で3,000円の特別キャッシュバックもあるので、申込は当サイトからがおすすめです。





    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    メキシコペソFX業者、スワップ、スプレッド、取引単位、自動売買の比較一覧







    各FX業者のメキシコペソについてのスワップポイント、スプレッド、取引単位、自動売買の有無を比較した一覧表にまとめます。





    会社名スワップマイナススワップスプレッド取引単位自動売買
    みんなのFX150-1501.8×
    LIGHT FX150-1501.8×
    外為オンライン(くりっく365)122-122平均0.6410万
    サクソバンク証券99-154平均0.231万×
    ヒロセ通商120-3600.4×
    FXプライムbyGMO150-2001.9×
    アイネット証券150-30071万
    外為オンライン(くりっく365)60-14061万
    マネックス証券110-1400.6×
    外為ドットコム120-2700.5×
    楽天FX120-1600.5×
    マネーパートナーズ130-1300.51万×
    SBI証券100-1503.810万×






    このように、一概にメキシコペソの取り扱いのあるFX業者と言っても、条件は千差万別で、「すべての取引に対して強い」という会社は今のところないので、重視したいポイントによって使い分けをするのが良いと思います。





    では、最後に、メキシコペソへの投資方法の中で、よく質問を受ける項目について書いていきたいと思います。


  • メキシコペソのスワップポイント生活に必要な資金はいくら?

  • メキシコペソにFXで低レバレッジで積立・複利運用する方法

  • メキシコペソのスワップポイントサヤ取り手法と、想定利回り





  • まずは、スワップ派にとって最大の夢である、「スワップポイント生活をするのに、メキシコペソだとどのくらいの金額が必要か?」ということから解説していきたいと思います。





    メキシコペソのスワップポイント生活に必要な資金はいくら?







    まず、メキシコペソでスワップポイント生活をするのにいくらくらい必要かということを計算したいと思います。ただし、メキシコペソのような新興国高金利通貨に一点投資するのはリスクが高すぎて全くおすすめできないので、あくまで数字上の計算と思っていただけると幸いです。とりあえず、月20万円あれば生活は可能として、そのためにいくら必要か計算します。





    メキシコペソのスワップポイントは、10万通貨で1日150円なので、1か月30日として、10万通貨で月4,500円となります。そのため、月20万円が必要なら、20万÷4,500=約45となり、メキシコペソを450万通貨持てば、月20万円分のスワップを貰うことができます。




    メキシコペソのレートが約5.7円なので、450万通貨というと約2,500万円分のポジションとなり、レバレッジ2倍なら元本1,250万円、3倍でも830万円必要となります。




    ・・・・やはりメキシコペソのスワップだけで生活するのは、そう簡単ではなさそうです(笑




    ただし、月5万で良ければ、元本200万円くらいから目指せるレベルで、1万くらいの副収入を目標とするのであれば、元本40万円くらいからでも目指せるレベルです。





    そのため、メキシコペソについては、「全力で買ってスワップポイント生活」というより、「余裕資金の範囲内で投資して、月数万円の不労所得」くらいを目指すのが良いのではないかと思います。




    ただし、次に説明する「積立・複利運用」方式を取れば、10年後くらいにはスワップポイント生活も夢ではないので、それについて、次で書きます。





    メキシコペソにFXで低レバレッジで積立・複利運用する方法







    次は「現実」路線として、メキシコペソの積立運用について解説したいと思います。





    積立であれば、メキシコペソの為替レートが下落しても、その時は買い下がって平均単価も下がる結果、ロスカットまでの余裕も大きくなるというメリットがあり、その結果、為替レートが下がった時にロスカットされるリスクが下がります。





    また、スワップポイントが溜まった分を再投資に回すことで、いわゆる複利運用も可能となります。そして、メキシコペソは、一番スワップポイントの高いみんなのFXが千通貨単位で取引できて、為替レートも5.7円と低いことから、積立・複利運用が非常にしやすいという特徴があります。





    積立・複利運用の方法として、例えば、以下のようなやり方が考えられます。




  • レバレッジを3倍で運用

  • はじめに元本20万円で買って、その後は毎月1万円ずつ投資

  • スワップポイントが2,000円溜まったら1,000通貨追加で買う





  • このルールで運用する場合、例えばメキシコペソのレートを今月5.7円、来月5.8円、再来月5.6円と仮定すると、

  • はじめの月は、20万円入金して、メキシコペソを20万×3÷5.7円(その時点のレート)=10万5,000通貨購入

  • 1か月でスワップポイントが1.05×150円(10万通貨あたり1日スワップ)×30日=4,725円貰える

  • 次の月は、1万円入金して、スワップ4,725円とあわせて14,725×3÷5.8=7,616通貨→7,000通貨購入(端数切捨て)

  • 次の月は、スワップポイントが1.12×150円×30日=5,040円貰える

  • 2か月後は、1万円入金して、スワップ5,040とあわせて15,040×3÷5.6=8,057通貨→8,000通貨購入


  • というようにやっていきます。こうすると、もしレートが一定だとすると、3年後には初めの20万円+1万円×36か月=合計56万円投資したのに対し、月スワップが22,995円も貰え、4年目には投資元本68万円に対し、年間で31万1,760円分のスワップが貰える、10年後にはなんと月20万円超のスワップを貰えるようになります。





    10年間でも投資元本は20万円+月1万円×120か月=140万円なので、それに対して驚異的なスワップを貰えることが分かり、いかに複利運用というのがすさまじいかが良く分かります。(年28%の複利運用とかいうとてつもないことをやっているので、当たり前と言えば当たり前なのですが・・・・)





    もちろん、ここまでうまくいく可能性は低いとは思いますが、とはいえ、レバレッジを2倍にしても10年後には月6万円以上のスワップとなり、15年後には20万円超えも達成できるというように、かなりロマンのあるやり方です。





    以上のように、メキシコペソについては、積立・複利運用というのが、非常におすすめの投資方法となります。





    なお、この積立複利運用をする場合、1,000通貨単位で取引できて、スワップポイントも高いみんなのFXかLight FXがおすすめです。積立のような長期投資は、他のポジションと混ざらない方が良いので(他のポジションが急変したときにロスカットに巻き込まれる恐れがあるため)、これからはじめるなら、今使っていない口座を使うことをおすすめします。




    口座開設は、



    みんなのFX
    申込ボタン






    LIGHT FX
    申込ボタン




    からできます。





    メキシコペソのスワップポイントサヤ取り手法と、想定利回り






    最後に、最近はやっている高金利通貨のサヤ取り運用をメキシコペソでやる場合の投資方法を紹介します。





    サヤ取りといっても全く難しいことはなく、



  • スワップポイントが高い口座で買いポジションを持つ

  • 売りスワップポイントが低い口座で同額売りポジションを持つ



  • ということで、為替が上がっても下がっても含み損益が相殺されるようにするだけです。





    メキシコペソでは、

  • スワップポイントが高い会社:150円(みんなのFX、Light FX、FXプライムbyGMO)

  • 売りスワップポイントが安い会社:-122円(くりっく365)



  • なので、1日28円の差額が貰えます。




    1日28円というと小さく聞こえるかもしれませんが、年間1万220円の差額が貰えて、レバレッジ3倍なら必要額が38万円程度なので、年利回り3%くらいでの運用は可能です。





    為替リスクをほぼ0にしてこれだけ貰えるなら、少なくとも銀行に預けておいたり、国債を買ったりするよりははるかに良い利回りだと思います。なので、メキシコペソについても、サヤ取り運用は一つの選択肢としてありえます。





    以上がメキシコペソについての投資方法のまとめです。





    今回おすすめした口座の口座開設は、


    【スワップポイントが高く、1,000通貨単位で取引可能】

    みんなのFX
    申込ボタン






    LIGHT FX
    申込ボタン





    【自動売買が可能で、スワップも悪くない、サヤ取りの場合は売り口座として使う】

    外為オンライン
    申込ボタン





    【スプレッド最狭、USD/TRYのチャート、スキャルピングOK等、玄人好みの口座】

    サクソバンク証券
    申込ボタン





    【原則固定スプレッドで最狭】

    ヒロセ通商
    申込ボタン



    からできます。








    この記事をツイッターで紹介する
     





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。





    FXおすすめ業者比較2018年11月 | FX会社を総合力で比較

    2018年11月07日 22:02

    FX会社を変えただけで30万円も利益が増えた!?





    驚く女性





    FXでは「どのように取引するか」と同じかそれ以上に「どこで取引するか」が大事だと言われますが、実際に会社の選び方によって何十万円と利益に差が出ることはありえます。





    そこで今回は、何故そこまで大きな差が出るのかということと、FX会社の選び方のポイントを説明し、最後にFX業者を比較して、おすすめのFX業者を紹介します。





    FX会社の選び方によって利益額が違うのは何故?







    FXの利益の出し方は、大きく「買った時より高く売る(あるいは売った時より高く買う)ことによる為替差益(基本的には短期売買)」「通貨ペア同士の金利差に相当するスワップをもらうことによる利益(基本的には中長期保有)」に分けられますが、このどちらのやり方を選ぶにしても、FX業者によって、全く同じ取引をしても数万、数十万円単位で利益に差が出ることがあります。





    それは何故かというと、「取引コスト(=手数料+スプレッド)」も「スワップポイント」も業者によって大きく異なってくるためです。具体的に数字を使いながら見ていきましょう。





    まず取引コストについて、FXでは、取引手数料は今は大体無料なんですが、それ以外に「スプレッド」というものがあります。これは買う時と売る時の差のことで例えばドルは100円で買えて、99円で売れるということです。この場合、買った直後に売ると、1円分損になります(1万通貨なら1万円の差)





    今どき1円もスプレッドのあるところなんてありませんが(笑)わかりやすい例としてこの数字であげました。今どきはスプレッドは少ないところで0.3銭程度で、多いところで2銭とかです。





    では、ここで具体的な数字を使って考えてみましょう。例えば、スプレッドが1銭(0.01円)違うとどうなるでしょうか?





    この場合、1万通貨取引を行えば100円の差に、10万通貨取引を行えば1,000円の差になります。この時点で既に高いお昼ごはん1回分の差になっているのですが、これが年間累積していくとどうなるでしょうか?





    1日1回、10万通貨で取引を行うというのでは、年間約240日取引可能な期間があるので、なんと1年で24万円もの差になります。





    そして、短期トレードでは基本的にレバレッジを高く設定し(=多くの通貨単位で行う)、かつ、何度の取引を行うため、実際にはこれ以上の差になる可能性も十分にあります。





    このように、たった1銭違うだけでも莫大な影響があるスプレッドですが、通貨ペアによっては10銭単位でスプレッドに差があることもざらであり、その場合スプレッドだけで何十万円と損することになります。





    また、仮に0.1銭の差でも、積もっていけば数万円、数十万円の差になっていくので、少しでもスプレッドの安いところを選ぶべきです。





    次に、スプレッドだけではなく、スワップの金額も、業者によって大きく異なります





    例えば、高金利通貨として人気の高い通貨ペアについていくつか例示すると、





    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソ
    高い会社775044170121150
    低い会社2015006096
    差額5735441706154
    年額20,80512,77516,06062,05022,26519,710






    これを見てもらうと分かるように、大きな差が出てきます(豪ドルとNZドルは1万通貨単位、南アフリカランドは、1通貨8円程度と非常に少額で、10万通貨単位から取引できる会社が多いので、これだけ10万通貨単位で表現しました)





    このように、FX会社の選び方によって、為替差益を狙った短期売買でも、スワップを狙った長期投資でも、どちらにしてもかなり大きく利益に差が出てきます。





    また、こうしたスプレッドやスワップ以外の大きな要素として、自動売買によって取引機会を逃さないということも考えられます。





    FXでは一瞬値が動いてすぐに戻すということはよくありますが、そこで例えば50銭ごとに自動で売買する設定を入れておけば、その間何をしていようとも5,000円の利益が入ってきて、これが年間10回あれば5万円、20回あれば10万円の利益の差になります。





    FXでは、一番値動きが激しいのはニューヨーク時間であり、それは日本では深夜から早朝というように、多くの人が寝ている時間なので、その間に値動きをしても、きちんと利益を上げてくれる、というのが自動売買の大きなメリットです。





    こうした自動売買についても、対応しているか、また対応していてもどういったものかというのも千差万別であり、そのため、FXでの業者選びというのは、色々な視点から検討する必要があります。





    FX会社の選び方について







    では、どのFX会社を選べばいいのかという、選び方について解説したいと思います。





    まず、「どんな取引の仕方でもベストな条件を提示してくれる会社」なんてものはありません





    会社によって、スプレッドが狭くて短期売買に強い会社もあれば、スワップが高い会社もあり、取引単位が非常に細かく決められる会社もあれば、自動売買に強い会社もあれば、ツールが使いやすい会社もあれば、サポートが手厚い会社もあるなど、色々な会社があります。





    なので、自分が「どういう点を重視したいのか」ということによって、本当に選ぶべき会社は異なってきます。





    当サイトでは、「この会社の強みは何か」というように、「どういう場合におすすめなのか」ということを書いていきます。なので、最後まで読んでいただいて、その中で「自分はこういう点を重視したい!」というような形で選んでもらえるといいのではないかと思っております。





    今回の記事では、50社以上の会社をすべて比較した上で、特におすすめの会社10社を紹介したいと思います。





    FXおすすめ業者比較2018年11月







    それでは、今月のおすすめ業者を紹介します。




    セントラルミラートレーダー

    ついにスプレッド競争に参戦した古豪

  • 4月からスプレッド業界最狭水準に
  • 相場急変時でも安定したレートを提示する信頼性
  • まるでAI(人工知能)!?自動で相場を予想するみらいチャート
  • 自動売買も手数料無料で可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    忙しいあなたにおすすめ

  • 800万円稼いだ戦略も!24時間全自動売買、iサイクル注文!
  • 南アランド、トルコリラの条件がトップレベル(くりっく365)
  • 満足度98%のセミナーで初心者にもおすすめ
  • 1,000通貨単位で取引可能!(店頭口座)
  • 現在50万口座達成キャンペーン実施中
  • サクソバンクFX

    知る人ぞ知る世界のプロ仕様のFX口座

  • 南アランド、トルコリラ等の高金利通貨にとにかく強い
  • スキャルピング歓迎を名言!
  • スプレッドはインターバンク直結型のNDD方式を採用し、透明性が高い
  • 指標発表時でも広がらないスプレッドと強い約定力
  • AI(人工知能)が取引シグナルを表示
  • 月曜早朝に他のFXトレーダーに先駆けてトレード可能
  • DMM FXは初心者向け

    DMM.com証券全体で国内FX口座数No1

  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位!(※)
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 当サイト限定の節税レポートがもらえる!
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 脅威のスプレッド提示実績99.6%
  • トルコリラ、メキシコペソスワップがトップ
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • はっちゅう君

    FXトレーダーから1番人気

  • FX年間取引高6年連続世界1位
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 株口座、CFD口座に瞬時に資金移動が可能!
  • SBIFXトレード

    ワンコインでも取引可能

  • 1通貨単位で取引可能!
  • スプレッド最狭水準
  • 全体的に高めのスワップ
  • JFX

    スキャルピングもスワップも、どっちもやりたい!

  • スキャルピングOK!
  • 豪ドルスワップが原則固定でトップクラス!
  • NZドル円でスプレッド最狭!
  • 1,000通貨単位で取引可能!
  • 当サイト限定2,000円の追加キャッシュバック!
  • 岡三オンライン証券

    取引所運営の信頼感!実は高金利通貨に強いんです

  • 南アランド、トルコリラの条件がトップレベル
  • く南アランド、トルコリラFX取引のシェア40%
  • スリッページ、約定拒否なし!
  • 他の投資家の取引情報も見ることができる
  • 「大循環指標」が使えるのはここだけ!
  • エクセルを使って全自動売買
  • ヒロセ通商

    世界が認めた約定速度!豪ドル、NZドルにも強い

  • 驚異の約定率99.9%(矢野経済研究所調べ)
  • 豪ドルのスワップが原則固定でトップクラス!
  • NZドル円スプレッド最狭!
  • 元祖グルメキャンペーン!
  • 1,000通貨単位で取引可能!
  • 当サイト限定2,000円の追加キャッシュバック!

  • ※ 2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ (2018年1月口座数調査報告書)




    セントラル短資FX







    セントラル短資FXは、元々は「長期投資のダイレクトプラス」「自動売買のセントラルミラートレーダー」「短期売買のウルトラFX」と分かれていたのですが、4月からダイレクトプラスのスプレッドを大幅に縮小したことで、短期売買のウルトラFXがダイレクトプラスに統合される形になりました。






    ダイレクトプラスは、元々は「高価格・高品質」として有名で、高いスワップや、相場急変時でも安定した提示レート、過去のビッグデータから自動で相場の未来を予想するみらいチャートなど、高品質なサービスがある一方で、スプレッドは高いという口座でした。





    それが、高品質なサービスはそのままで、4月からスプレッドが大幅に縮小され、業界最狭水準のスプレッドになりました。





    central5.png






    このように、FXダイレクトプラスは、業界最高水準のスワップ、安定した提示レート、みらいチャートなどのツールはそのままで、スプレッドもトップレベルになって、非常に使いやすい口座となりました。






    また、もう一つのセントラルミラートレーダーでは、プロが作ったストラテジーの中から選ぶだけで全自動売買が可能で、こうした全自動売買口座には珍しく、1,000通貨単位取引可能で手数料も無料となっております。






    さらに、この会社は、どの口座を選んでも、口座を持っていると、それだけでクラブオフという、特別優待料金で各地のホテル・旅館やレストランなどを利用できるクラブの会員登録ができるよになり、そのクラブオフは、20,000店舗以上の店に対応し、国内1,500か所以上の宿泊施設が最大90%Offというように、かなり便利なサービスも受けられます。






    このクラブオフは、例えば車の保険だったり、ランクの高いクレジットカード等でついてくることはありますが、通常の口座開設だけで会員になれるということも、セントラル短資FXの特徴となっております。






    また、当サイト限定・11月までの期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)





    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。





    口座開設は


    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス


    からできます。





    外為オンライン







    ここはiサイクル注文という非常に便利な自動売買ができるため、忙しい人におすすめの会社です。






    iサイクル注文というのは、下がったら買い、上がったら売る(あるいは逆に上がったら売る、下がったら買い)というのを、相場に追随して自動的に取引してくれる注文方法です。






    この注文では、想定している値幅内で値動きがあると、24時間自動で売買して利益を上げてくれるため、「想定幅を大きくとって、値動きの大きい高金利通貨で上がったら利確、下がってもスワップをもらう」というのが基本となります(詳しくは800万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)






    外為オンラインでは、店頭FXとくりっく365の二つの口座があり、どちらでもこのiサイクル注文が使えるのですが、それぞれの特徴を表にまとめると、このような感じです。



    店頭FX くりっく365
    スプレッド 狭くはない 南アフリカランド、トルコリラでトップクラス
    スワップ 若干高い トップレベルに高い
    取引単位
    iサイクル注文 できる できる






    まず店頭FXについては、千通貨単位でも取引できるというのが大きな強みになります。






    iサイクル注文の基本戦略である「想定幅を大きくとって」ということを実施するためには、取引単位が小さくないと必要資金額がかなり大きくなりますが、店頭FX口座では1,000通貨単位で取引ができるので、そういう点では店頭FXがおすすめとなります。






    一方で、くりっく365口座については、トルコリラ、南アフリカランドについてスプレッド、スワップともにトップレベルで、他の通貨についても、スワップがトップレベルとなっており、その結果、FX全体での南アフリカランド円、トルコリラ円の取引のうち、40%をくりっく365が占めるに至り、高金利通貨について、非常に人気の口座となっております。






    こうした「南アフリカランドやトルコリラで条件が良い」というのはくりっく365対応業者全てで条件は同じなのですが、その中で唯一iサイクル注文ができるというのが外為オンライン(くりっく365)の特徴です。(くりっく365と店頭FXの違いや、その中で業者間の違いについては、 くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いてあるので、そちらもご覧ください)





    南アフリカランドやトルコリラは、まさに「値動きの大きい高金利通貨」という特徴に当てはまるもので、それを最高レベルの条件でiサイクル注文で取引できるというのは、大きなメリットです。





    その一方で、くりっく365では1万通貨単位(南アフリカランドは10万通貨単位)でしか取引ができないため、取引単位を小さくしたい場合には、店頭FXがおすすめです。





    そのため、取引単位を小さくしてiサイクル注文で取引したい場合は店頭FX、取引単位を大きくしてもiサイクル注文で取引したい場合や、南アフリカランドやトルコリラを取引したい場合は、くりっく365がおすすめとなります。





    また、それ以外にも、FXとは何かということから、今後の為替の見通しまで、幅広いセミナーを行っており、セミナーの満足度も98%と非常に評判が良く、こうしたセミナーを無料で受講することができる、というのも、この会社の魅力です。





    口座開設は、店頭FX、くりっく365ともに


    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込



    からできます。





    サクソバンク証券







    サクソバンク証券は、日本では知る人ぞ知る中上級者向けFX会社です。





    ここは、世界のプロトレーダーと同水準のFX取引をモットーにした会社で、スキャルピング歓迎を明言していることや、南アフリカランドやトルコリラといった、いわゆる「プロ向け通貨」に力を入れていること、指標発表時でもスプレッドが広がりにくい、月曜早朝から取引できる等、初心者にはメリットを感じづらい一方で、FXを本気でやりたい人にとっては強くおすすめできるところです。






    サクソバンク証券のスプレッドは、NDD直結型の変動スプレッドなのですが、例えば南アフリカランドでは先月の平均スプレッドが0.7銭と最狭であり、スワップについても14円でトップレベルの水準となっております。





    このNDD方式というのは、非常に簡単に説明すると、様々な銀行が提示してくるレートの中で、一番良いレート(銀行にとっての買い(こちらから見ると売り)はできるだけ高いレート、銀行にとっての売り(こちらから見ると買い)はできるだけ安いレート)を自動的に組み合わせるもので、その結果、インターバンク直結で公平性が高くなることに加え、マイナススプレッドや0スプレッドも発生することがあるというものです。





    NDD.png





    サクソバンク証券は、このNDD方式を採用しながら、世界中の様々な金融機関と提携することで、業界最狭水準のスプレッドも実現しております。このあたりは、元々が外資系であるサクソバンクの強みといえます。





    そして、このスプレッドは、指標発表時にも広がりにくいとことで有名だったのですが、最近、それが矢野経済研究所の調査によって実証されました。(出典:米国雇用統計発表前後の米ドル/円、ユーロ/米ドル取引で矢野経済研究所が調査)





    その一部を引用すると、相場に影響を与える重要な経済指標発表時等にインターバンクのスプレッドが拡大した場合は、原則固定を謳っている企業であっても、スプレッドが拡がる場合があります。





    今回の調査でも、通常0.3銭のスプレッドを提供している企業でも、米ドル/円においては最大14.9銭、ユーロ/米ドルにおいては最大19.8pipsというスプレッドが生じていました。変動制のサクソバンク証券は、平均スプレッドが、米ドル/円では1.1銭、ユーロ/米ドルでは1.2pipsと4社中最小という結果が出ました。また、約定率も調査時間を通じて100%でした。
    というものです。





    このように、指標時のスキャルピングでも、狭いスプレッドで取引可能です。





    また、最近追加されたオートチャーティストという機能は、AI(人工知能)が未来の値動きを予想した上で、狙うべきレンジや、予想の精度等も表示してくれるという優れものです。





    saxo1.png





    例えば、今南アランド円でシグナルが出ているので見ると、このようになっております。





    saxo2.png





    このように、AI(人工知能)が、精度がどのくらいかということも含めて、次にどうなるかを取引シグナルの形で見せてくれるという機能もあります。





    また、この話については、「知る人ぞ知る」論点なのですが、サクソバンク証券では月曜早朝3時から取引が可能です。





    おそらく「月曜朝何時から取引できるか」という点でFX会社を比較した人はあまりいないと思いますが、ほとんどのFX会社は、月曜は朝5時からの取引となっております。それに対して、サクソバンクFXでは朝3時から取引ができます。





    「それに何の意味があるの?」と思われるかもしれませんが、例えば、土日に何か大きな事件があった時を考えてみてください。





    当然土日は為替市場が閉まっているので、FXで取引はできませんが、その事件にあわせて月曜の為替は大きく動くことになります。





    そして、その「事件」は金曜には当然織り込んでいないので、月曜の朝「早い者勝ち」となります。





    そして、その際、サクソバンクであれば、朝3時に他のトレーダーに先駆けて取引ができるということです。





    このように、サクソバンク証券は、かなり玄人向けのFX会社と言えます。






    サクソバンク証券に口座開設を行いたい場合、当サイト限定・期間限定で4,000円のキャッシュバックもありますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。






    口座開設は



    サクソバンク証券
    サクソバンクFX



    からできます。





    DMM FX







    ここは、どの通貨で取引するかまだ決まっていない人におすすめできる会社です。





    後で一覧で比較表をお見せますが、スプレッドについて、この会社は「どの通貨もバランスよくスプレッドが良い」という会社です。





    また、他にも、取引ツールという点でもおすすめです。PC版のチャートでは、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく経済指標の発表時に、どういう事前予想で、結果がどう、その結果がどれくらい値動きをしたかというのが一目でわかるという機能や、あらかじめ設定したレートに到達したときにアラートを鳴らすシステム等、かゆいところに手が届くシステムとなっております。





    過去の指標発表時とその動きが分かれば、今後「どのような指標に注目するべきか」「その事前予想はどうか」等、市場の大きな流れが分かります。こうした「市場の流れ」は短期で取引する場合でも、「大きな流れ」に沿って取引するのがやはり勝率も高いため、非常に重要となります。





    また、取引通信簿という機能もあり、自分の取引はどの通貨でやって、その損益はどうなっているか等を一目でグラフにして見せてくれる機能もあり、自分のトレードを見直す上でも非常に有用です。





    このように、取引ツールが優れているのが一つの強みですが、もう一つの強みは、「サポート体制」です。





    この会社は、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能になっております。





    何かあった時にすぐに気軽に問い合わせができるというのも、この会社の強みとなっており、その結果、DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位となっております。(2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書))





    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトオリジナルの節税方法も含めた確定申告に係るレポートをもらえるので、DMM FXで口座開設をすることを考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。





    FXをやっていると、非常に大きな利益を出したり、あるいは最終的に損失になってしまうこともあるかと思いますが、そのレポートでは、「どうやって確定申告をするのか」だけでなく、

  • 損失が出た場合に翌年以降に税金を安くする方法

  • それ以外にも合法的な節税の方法

  • そもそもどうやって税務署は利益が出ている人を把握しているのか

  • 経費を計上するときの注意点


  • 等、今後もかなり使える情報をぎっしりと詰め込んでおり、やりようによっては数十万円単位での節税にもなりうるので、非常におすすめです。




    口座開設は



    DMM FX
    DMMFX



    からできます。





    みんなのFX







    5月からスプレッド業界最狭水準宣言を行い、スプレッドを狭くしたのがみんなのFXです。





    下で比較表をお見せしますが、みんなのFXは、宣言どおり、現在ほとんどの通貨で業界最狭水準のスプレッドとなっております。





    スプレッドについては、提示率も非常に高く、ドル円について、99.6%以上の提示率を誇ります。「原則固定」と表記するために必要な提示率が95%で、多くの会社が96~98%台であることを考えると、99.6%という数値は非常に凄い数字であり、シンプルに狭いスプレッドを求める場合、みんなのFXがおすすめです。





    また、スプレッドだけでなく、スワップについても、トルコリラやメキシコペソといった高金利通貨で業界最高のスワップとなっております。





    また、みんなのFXは、1,000通貨単位での取引も可能であり、少な目の金額から取引したいという場合にもおすすめです。





    口座開設は、



    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]



    からできます。






    GMOクリック証券【FXネオ】







    GMOクリック証券は、2012年以来6年連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位というように、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。





    GMOクリック証券とDMM.com証券は「取引高世界一位」「国内口座数日本一位」をそれぞれ争っているライバル関係にあり、そのため、スペックはDMM.com証券のDMM FXとほとんど同じで、スプレッドは多くの通貨でほぼトップレベル、高いレベルの取引ツールと24時間のサポート体制といったことに強みを持っています。





    その中で、GMOクリック証券にあってDMM FXにない特徴としては、ここの口座だと、株やCFD、先物なども一つのアカウントですべて管理できることがあります





    これは何がいいかというと、例えば今は為替より株の方が上がるかが分かりやすいから、株の方に投資したい、という状況があるとして、他の会社ではそもそも株を扱っていなかったり、扱っていても別アカウントでログインすることが必要な場合がほとんどです。





    そのため、株口座にお金を入れるためには、一旦銀行口座に出金してもらってから株口座に入れる、などが必要で、手間がかかる上に、出金や振り替えに数日かかったりする場合がほとんどで、「やりたいと思ってから数日待たないといけない」といったことが起こります。そうなると、その間に株が既に値上がりしてしまえば、「あの時買えていたら利益が出たのになあ」ということになりかねません。





    それに対して、GMOクリック証券では同じアカウントの中での振替なので、即時に振り替えが可能なので、手間がかからず、また、「3日前から値上げした値段で買わないといけない」とか、そういうことはなくてすみます。





    一方で、サポート体制は、DMM FXと違いLINEに対応しておらず、電話かメールでしかできないということが、DMM FXにあってGMOクリック証券にない点と言えます。また、取引ツールについては、個人によって差がある部分で、「GMOクリック証券の方が好き」「DMM FXの方が好き」という人のどちらもおり、甲乙つけがたいと考えております。





    なので、取引ツールについては実際に使ってみて、使いやすいと思うところで取引をするのが良いと思います。





    口座開設は


     GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券



    からできます。





    SBIFXトレード







    ここは何と言っても、1通貨単位で取引ができるというのが、何よりも大きな特徴となります。ほとんどの会社が1万通貨単位、あってせいぜい1,000通貨とかである中で、1通貨単位で自由に取引量を決められるというのが、ここの何よりの強みとなります。





    また、スプレッドやスワップの条件も良く、スプレッド、スワップともに業界トップレベルの水準にあります。





    なので、初心者が練習するために取引したい、という場合、まずここがおすすめです。





    一方で、この会社の弱点としては、取引量が増えるとスプレッドが高くなる、というのがあります。ただし、最近ではその大き目の取引量でもやはりトップレベルのスプレッドになってきているため、そのデメリットも小さくなっては来ております。





    口座開設は


    SBIFXトレード
    SBIFXトレード


    からできます。





    JFX株式会社







    ここはスプレッドに関しては、NZドル円でトップで、それ以外もほぼトップレベルで、スワップについても、豪ドルでは原則固定な上にトップとなっているように、スプレッド・スワップともに強みを持っています。また、ここは1,000通貨単位から取引が可能です。





    また、この会社の場合、短期売買をする、という時に強くお勧めできる理由が他にもあります。





    スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者でも書いたように、業者によっては「スキャルピングをすると口座凍結された」という話がある中で、ここはサクソバンク証券と同様明確にスキャルピングOKを打ち出していることがあげられます。





    サクソバンク証券は変動スプレッドなので、もし「安定している原則固定スプレッドが良い」、というのであれば、JFXがおすすめです。





    その一方で、欠点としては、豪ドルやNZドル以外のスワップは基本的に高くないというのがあげられます。なので、ある程度明確に取引の仕方が決まっている人におすすめできる会社となります。





    また、今期間限定で、当サイトから口座開設を申し込み、1万通貨以上取引すると、当サイト限定で通常のキャッシュバックにプラスして2,000円の限定キャッシュバックが追加されるというキャンペーンをやっているので、口座開設は当サイトからするのがおすすめです。





    口座開設は



    JFX株式会社
    JFX



    からできます。





    岡三オンライン証券(くりっく365)







    くりっく365については、上で外為オンラインをあげましたが、ここでもう一つくりっく365のおすすめ会社をあげたいと思います。





    くりっく365は、上で書いたようにトルコリラ、南アフリカランドのスプレッド、スワップともにトップであり、また、カバー先の金融機関に提示したレートで約定させることを義務付けているので、スリッページ・約定拒否がありえないという強みがあります。





    その中で、くりっく365参加企業の中では、取引手数料や取引ツールが違いになってくる( くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較もご覧ください)のですが、ここは、取引手数料は無料、取引ツールについても、非常に良いため、ここであげました。





    まず、ここのチャートでは、チャート上に出来高や売買比率を表示することが可能で、これによって、他の投資家が「どの通貨を」「どれくらい」「どのポイントで」「買っているか・売っているか」というのが、チャート上で一目で分かります。今後上がるか下がるかというのは、「他の投資家が買いたいのか売りたいのか」という、いわゆる需給によって決まってくるのですが、それを一目で見ることができるというのは、かなり有利に取引ができます。





    また、ここでは小次郎講師(※2,000人以上の門下生を抱えるテクニカル分析の達人の方。みんなの株式「みんコモコラムアワード2013,2014」2年連続大賞受賞等)が推奨している「大循環移動平均分析」と「大循環MACD」が無料で利用できます。この指標は、仕掛けのタイミングから手仕舞いまでを判断するのに有効なテクニカル分析で、ビジュアル的にもわかりやすいもので、この指標を使えるのは岡三オンライン証券のみとなっております。





    さらに、エクセルを利用してFX取引ができるアドインツールもあり、これについては、エクセル上にリアルレートを表示したり、自分でチャートを作ったり、さらには実際の売買まで可能です。そのため、マクロを組むことで、自動売買を行うことも可能です。





    こうした点から、くりっく365で取引する場合、外為オンラインと並んでおすすめしております。




    口座開設は



    岡三オンライン証券
    岡三オンライン証券



    からできます。




    ヒロセ通商







    ここはJFXの親会社で、スプレッド、スワップ、取引単位とも全てJFXと同じです。





    この会社にあってJFXにない強みとしては、取扱通貨数がJFX24通貨ペアに対して、ヒロセ通商は50通貨ペアというように、より多くの通貨ペアで取引できるということがあげられます。





    また、他にも、ヒロセ通商では、HP上で「IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する"分散データグリッド"をコアエンジンとして、投資家目線のビジネスロジックを配備したFXオンライントレードサービス」をうたっております。これだけ見ても意味が分からないと思いますが(笑)、要は、データを分散させて処理を速くしているということで、実際ここのスピードは使ってても「約定するまで速い」というのが、感覚としてもわかります。






    約定速度が速いと何がいいかというと、約定されないことや、成り行き注文を入れたときに約定金額がぶれる(いわゆるスリッページ)が少ないことです。スリッページでは0.1銭どころか1銭くらいずれることもざらにあるので、こうしたスリッページのリスクが低いという点からもおすすめです。






    口座開設は



    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ



    からできます。





    FX業者スプレッド比較2018年11月版







    最後に、スプレッドを表でまとめます。セントラル短資FXとくりっく365以外は全て原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロ米ドルのみpipsです。
    会社名ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円ユーロ
    米ドル
    セントラル短資FX0.30.51.20.821.22.50.4
    外為オンライン(くりっく365)変動変動変動変動変動変動変動変動
    サクソバンク証券平均0.3平均0.8平均1.2平均0.8平均1.2平均0.8平均1.4平均0.5
    DMM FX0.30.510.71.21.3×0.4
    みんなのFX0.30.40.90.6111.90.3
    GMOクリック証券【FXネオ】0.30.510.71.21.00.4
    SBIFXトレード0.27
    0.29
    0.39
    0.49
    0.89
    0.99
    0.59
    0.69
    0.99
    1.19
    0.99
    0.99
    4.80.48
    0.58
    JFX株式会社0.30.51.00.711×0.4
    ヒロセ通商0.30.51.00.7111.90.4
    岡三オンライン証券変動変動変動変動×××変動
    FXプライムbyGMO0.60.91.81.3234.80.6
    外為オンライン(店頭)1233615×1


    ※ GMOクリック証券のトルコリラスプレッドは基本的には原則固定1.9銭ですが、当面の間原則固定の適用対象外となっております。



    となります。




    赤字はスプレッドが一番狭いところで、マネックスFXは上の段が1万通貨以上の取引(キャッシュバックを含めての実質スプレッド)、下が1万通貨未満の取引でのスプレッドで、SBIFXトレードは上の段が1万通貨以下の取引、下の段が1万1通貨~50万通貨までのスプレッドです。





    FX業者スワップポイント・自動売買比較一覧2018年11月






    次に、スワップポイントと自動売買でFX業者を比較します。





    会社米ドル豪ドルNZドルランドリラペソ自動売買取引単位
    みんなのFX543030170115150×
    LIGHT FX543030170115150×
    ヒロセ通商205044150118120×
    サクソバンク証券54152512312196×
    外為オンライン(くりっく365)774238133118120
    FXプライムbyGMO65253016085150×
    SBIFXトレード713635120107なし×1
    セントラル短資FX60302010092なし
    外為オンライン(店頭)5030255なしなし
    GMOクリック証券【FXネオ】67353110098なし×
    JFX株式会社205040150なしなし×
    インヴァスト証券(トライオート)70352010090なし
    DMM FX703427120なしなし×
    インヴァスト証券(シストレ24)451500なしなし
    フィリップ証券6534309060なし×






    口座開設は



    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス





    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    サクソバンク証券
    サクソバンクFX





    DMM FX
    DMMFX





    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]





    GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード





    JFX株式会社
    JFX





    岡三オンライン証券
    岡三オンライン証券





    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ






    からできます。






    【関連記事】

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2018年

    トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替見通しと、スワップでのFXおすすめ業者2018年

    南アフリカランド為替の見通しとスプレッド、スワップを比較したおすすめFX業者2018年

    くりっく365取扱会社徹底比較2018年~税で比べるのはもう古い!?~






    FXスキャルピングおすすめ業者比較2018/11 | スプレッド以外で重要な点は?

    2018年11月04日 11:30

    30manyen.png





    なんで同じ取引をしたのに30万円も利益が違うの?!





    FXで業者選びを軽視していると、こういうことは実際によく起こります。





    FXでは「どのように取引するか」だけでなく、「どこで取引するか」で大きく利益が異なるとは言われますが、スキャルピングでは特に、FX業者の選び方による影響が大きく、使うFX業者を間違えると、何十万円、何百万円もの利益を失う可能性もあります。





    そこで、何故そんなに差が出るのか理由を説明した上で、FXでスキャルピングをする場合のおすすめ業者を紹介します(ほぼ毎月更新しています)。





    また、「FXでスキャルピングのおすすめ業者」というと、まずはスプレッド比較と考えがちですが、実はスプレッドと同じか、それ以上に重要な要素もあるので、FXでスキャルピングをやる上で、スプレッド以外にどういう点に気をつけて業者選びを行うべきかという点についても説明し、それも含めて、2018年11月の最新情報に基づいて、おすすめのFX業者を紹介していきたいと思います。





    スキャルピングするFX業者を間違えると大変なことに







    冒頭で言った「同じ取引をしたのに出る利益の差」は何が原因で起こるのでしょうか?





    それは、業者によって取引コスト(=手数料+スプレッド)が大きく異なるためです。





    最近では、FXの取引手数料は、くりっく365を含めても、大体無料になっています。一方でもう一つのスプレッの方は、業者によって千差万別で、そこが取引コストの差になります。





    このスプレッドというのは、買う時と売る時の差のことで、一般的にFX業者の出すレートは、買いのレートの方が売りのレートより高く、例えばドルは100円で買えて、99円で売れるというイメージです。この場合、買った瞬間に売ると、1円分損になります(1万通貨なら1万円の差)





    今どき1円もスプレッドのあるところなんてありませんが(笑)わかりやすい例としてこの数字であげました。最近のスプレッドではドル円では少ないところで0.3銭程度で、多いところで2銭とかです。





    では、ここで具体的な数字を使って考えてみましょう。例えば、スプレッドが1銭(0.01円)違うとどうなるでしょうか?





    例えば10万通貨取引を行えば、1銭違えば1,000円の差になります。この時点で普通に考えるとかなりの違いですが、それが年間累積するとどうなるか。





    例えば、1日1回、10万通貨で取引を行うのでは、年間約240日取引可能な期間があるので、1年では24万円もの差になります。





    そして、スキャルピングではレバレッジを高くし(=多くの通貨単位で行う)、かつ、何度も取引を行うため、実際にはこれ以上の差になる場合もあります。





    このように、たった1銭違うだけでも莫大な影響があるスプレッドですが、例えば0.1銭の差でも、積もっていけば数万円、数十万円の差になっていくので、少しでもスプレッドの安いところを選ぶべきなのです。





    そして、一口にスプレッドといっても、ドル円なら0.3銭、ユーロ円なら0.5銭、ポンド円なら1.0銭と、取引通貨ペアによって、スプレッドは違います。なので、「スプレッド○○銭原則固定」とか書いてある業者でも、「自分が取引したい通貨のスプレッドがいくらか」を注意してみないといけません。ちなみに、ほとんどの業者でスプレッドとして表に大きく出すのはドル円のスプレッドで、それは何故かというと理由は単純で、ドル円のスプレッドが一番狭いからです。





    ただし、ではFX業者から提示されているスプレッドを比べれば、それだけでいいのかというと、それは違います。





    何故スプレッドだけで選んではいけないかというと、スキャルピングを行うFX業者選びにおいて、スプレッドと同じくらいに重要な要素が他にもあるためです。そこで、次に「スプレッド比較以外で、どういうポイントに気をつけてFX業者を選ぶべきか」について説明します。





    FXスキャルピング業者選びで、スプレッド比較だけではダメな理由







    スキャルピング用のFX業者選びのポイントとして、スプレッド比較というのがまず大事なのは上でも書いたとおりですが、それと同じくらい重要な要素として、大きく



  • スプレッド提示率

  • スキャルピングOKか(スキャルピング禁止だと口座凍結されるリスクがある)

  • スキャルピング口座としての使いやすさ




  • があげられます。以下、それぞれ具体的に見て行きます。





    スキャルピング用FX業者選びではスプレッド提示率が超重要







    まず、はじめのスプレッド提示率というのは、要は「ちゃんと提示されたスプレッドで約定していますか?」という話です。





    「スプレッドが広がりやすい」「全然そのレートで約定しない」というようなことを聞いたことがあるかもしれませんが、このスプレッド提示率というのはまさにその点についての客観的指標です。何故「原則固定」のはずのスプレッドが広がったりするのかというと、これは「原則固定」という言葉にちょっとした罠があるためです。





    実は、スプレッドの「原則固定」というのは、そのスプレッドで提示している期間が全体の95%以上であれば良いというものであり、例えば0.3銭といっても、ずっと0.3銭なわけではありません。(原則固定の話については、スプレッド広告表示に関する自主規制ルールで定められており、出典はSBIFXトレードのWebサイトとなります)





    このスプレッド提示率が低ければ、相場が少し動いたときに「スプレッドは0.3銭だと思っていたけど、実際には0.5銭になっていた!」くらいのことならよくあることで、雇用統計の時やトルコの政策金利発表時等の注目指標の時にもなると、何十銭単位でズレるのも割とよくあることです。





    そのため、スプレッドが狭くても、提示率が低ければ意味がなく、実際にどのくらいそのスプレッドで提示されているかという、スプレッド提示率が重要となります。





    この「スプレッド提示率」については、あまり注目しているトレーダーが少ないのですが、「スプレッドが広がらないか」という話だと説明すると、「ああ、それって数字で見れるんだ!」みたいな反応をされることが多く、あまり知られていないように見受けられたので、今回少し詳しく取り上げました。





    スプレッド提示率は、95%ギリギリのところから、99%台後半のところまで、千差万別なので、その点についても注意してみる必要があります(後ろの比較表では、各社のスプレッド提示率も比較しております)





    スキャルピングOKか(スキャルピング禁止だと口座凍結されるリスクがある)







    次のスキャルピングの可否というのは、今多くのFX業者でスキャルピングは嫌われており、実際にスキャルピング禁止という規約があるFX業者がほとんどで、状況次第ではスキャルピングをしたら口座凍結の対象となることもありえます。

    関連記事:FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策





    そのため、スキャルピングを歓迎しているかという点も、比較ポイントとなります。





    ただし、上の記事でも書いたように、実際にはそこまで頻繁に口座凍結されるようなものではなく、また、仮に口座凍結されてもそのときは出金して、別のFX業者でやればいいので、そこまで神経質になる必要もないかと思いますが、「スキャルピングで口座凍結されるかもしれないと思いながらトレードするなんて嫌だ!」という方は、スキャルピングOKかどうかということについて重視した方がいいと思います。





    スキャルピング口座としての使いやすさ







    最後の口座の使いやすさというのは、スキャルピングは、一瞬の間に何万円、何十万円という金額が動くものなので、取引画面が自分の肌感覚にあうか、提供される情報やチャートはどうか、といった点も重要になります。





    これは、人によって好き嫌いが分かれるところで、実際に使ってみないと自分にとっての良し悪しは分からないのですが、今回の記事では、私が自分自身の使ってみた感想や、周りのFXトレーダーの意見も聞きながら、スキャルピングに最適と思われるおすすめのところを書いていきたいと思います(私の周りのFXトレーダーには、スキャルピングを中心としたFX専業トレーダーもおります)





    そのため、今回の記事で気になったFX業者は、まずいくつか口座開設をして使い比べてみることをおすすめします。専業トレーダーの方でも、意外と「ここのチャート以外でやると何か感覚が狂ってうまくいかない」というような人もおり(むしろ専業トレーダーほどこういう部分にこだわっている印象があります)、自分にとっての合う合わないは、使い比べてみないと分からないものなので、色々と試してみることが重要です。





    FXでは、口座開設手数料、口座維持手数料は無料で、口座開設をすること自体は特にデメリットはないので、とにかく色々な会社の口座を持つだけ持ってみて、その上で使い比べてみるのがおすすめです(例えば当サイト管理人は20社以上FX口座を持っており、中には最近全く使ってない口座もあります(笑))





    スキャルピングをするトレーダーにとって、FX業者のチャートや取引システムは、「商売道具」であり、「命綱」でもあるもので、自分にどれがあっているかを調べるためには色々と使ってみて合う合わないを試すしかないので、まずは色々とやってみてください。FXでは、そんなに大きな金額を入れずともトレードは可能で、少しやってみて合わなかったら別のところにするというのをやってもほとんどお金はかからないので、使い比べるのはおすすめです。





    以上のように、スキャルピングを行うFX業者を選ぶ上では、スプレッドをただ単に比較するだけでなく、スプレッド提示率や、スキャルピングOKかどうか、スキャルピング用の取引口座として使いやすいか等、総合的に判断する必要があります。





    今回の記事では、そうした要素も踏まえて、特に人気が高いであろう「ドル円」「ユーロ円」「ポンド円」「豪ドル円」「NZドル円」「南アランド円」「トルコリラ円」「ユーロドル」について、50社以上のFX業者をすべて比較した上で、特におすすめのFX業者10社を紹介したいと思います。





    最近では、ランキング形式にしていながら、あまりスプレッドの条件が良くないところを上位にしているいまいち根拠の分からないサイト(ユーザーからの口コミや開設実績が根拠といいながら、本当にそうなの?と思うようなところもあります)や、そもそも書いている情報が古いところもありますが、当サイトでは、最新スプレッドに基づいて、このFX業者はこの点では強い一方、この点では弱い、といったことも含めて、しっかり比較していきたいと思います。





    FXスキャルピングに最適のおすすめ業者2018年11月版(毎月更新)







    ここからは今月のおすすめ業者を紹介します。





    詳しい説明は後でもしますが、ここで紹介するFX業者はそれぞれに別の強みがあるところなので、最後まで見て、自分のやりたい取引方法や通貨ペアなどによって選んでいただければと思います。








    サクソバンクFX

    世界のプロ仕様の口座。スキャルピングも歓迎

  • FX中上級者から強い人気
  • スキャルピングで口座凍結はありえない!スキャル歓迎業者
  • スプレッドはインターバンク直結型のNDD方式で、業界最狭水準
  • 朝スキャ派から好評!月曜早朝に他のFXトレーダーに先駆けてトレード可能
  • 当サイトから申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックがもらえる
  • セントラルミラートレーダー

    安定した原則固定の低スプレッドで選ぶならここ

  • 100年以上の歴史を誇るセントラル短資グループで信頼性は抜群
  • スプレッド提示率は驚異の99.69%
  • 相場急落時もきちんとしたレートを提示することに定評あり
  • スプレッドも4月に改善されて今はトップレベルになっている
  • 1,000通貨単位取引も可能
  • 当サイト限定FX投資戦略マニュアル+5,000円追加キャッシュバックがもらえる

  • DMMFX

    DMM.com証券全体で国内FX口座数No1

  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※)
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 当サイトから申し込み限定でオリジナル節税レポート+4,000円の特別キャッシュバックがもらえる
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言!

  • スプレッドはほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • スプレッド提示率約99%と高い提示率
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッドはみんなのFXと同じでほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • スプレッド提示率約99%と高い提示率
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXと用途を分けて使い分けしたい

  • はっちゅう君

    FXトレーダーから1番人気

  • FX年間取引高6年連続世界1位
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 株口座、CFD口座に瞬時に資金移動が可能!
  • SBIFXトレード

    1,000円でも取引可能

  • 多くの通貨ペアでスプレッド最狭!
  • 1通貨単位で取引可能!
  • 実際に1,000円でも色々と取引できたので、色々試すには最適
  • JFX

    スキャルピング歓迎

  • スキャルピングOK!
  • NZドル円、ランド円でスプレッド最狭水準!
  • 1,000通貨単位で取引可能!
  • 当サイトからの申し込み限定で2,000円の追加キャッシュバックがもらえる
  • ヒロセ通商

    世界が認めた驚きの約定速度

  • 驚異の約定率99.3%(矢野経済研究所調べ)
  • ユーロ円、NZドル円でスプレッド最狭水準!
  • 美味しいことで有名なグルメキャンペーン!
  • 1,000通貨単位で取引可能!
  • 当サイトからの申し込み限定で2,000円の追加キャッシュバックがもらえる
  • FXプライムbyGMO

    本物の低スプレッドとは?

  • プロも認める完全約定
  • 1,000通貨単位で取引可能!
  • 当サイト限定3,000円のキャッシュバック

  • ※2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)






    サクソバンク証券







    サクソバンク証券は、知る人ぞ知る中上級者向けFX業者で、世界のプロ仕様の取引ができるFX業者と言われておりますが、スキャルピングをする上では最適の口座との声もよく聞きます。





    まず、多くのFX業者では、スキャルピングを嫌がり、FX業者によってはスキャルピングをすると口座凍結というところもある中で、サクソバンク証券は、スキャルピングOKを明言しております。(詳しくは、FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策をご覧ください)





    こうしたことから、まず安心してスキャルピングができるという点が、サクソバンク証券の良いところです。





    また、スプレッドも、ここは日本のFX業者では珍しく変動スプレッドを採用しているのですが、そのスプレッドは、NDD方式と呼ばれる、インターバンクに直結したレートで、透明性の高い、公平なレートとなっております。





    このNDD方式というのは、非常に簡単に説明すると、様々な銀行が提示してくるレートの中で、一番良いレート(銀行にとっての買い(こちらから見ると売り)はできるだけ高いレート、銀行にとっての売り(こちらから見ると買い)はできるだけ安いレート)を自動的に組み合わせるもので、その結果、インターバンク直結で公平性が高くなることに加え、マイナススプレッドや0スプレッドも発生することもあります。





    NDD.png






    実は、この変動スプレッドで取引をするというのは、日本では「原則固定スプレッド」というのが一般的なので珍しいのですが、プロトレーダーの世界では当たり前の環境で、上級者になるとこのスプレッドの動きも見ながら相場の流動性や、値動きの原因を探っていくこともあり、そういう点でも「プロ仕様」の口座と言えます。





    サクソバンク証券は、このNDD方式を採用しながら、世界中の様々な金融機関と提携することで、業界最狭水準のスプレッドも実現しております。このあたりは、元々が外資系であるサクソバンクの強みといえます。





    そして、このスプレッドは、指標発表時にも広がりにくいとことで有名だったのですが、最近、それが矢野経済研究所の調査によって実証されました。





    その一部を引用すると、



    相場に影響を与える重要な経済指標発表時等にインターバンクのスプレッドが拡大した場合は、原則固定を謳っている企業であっても、スプレッドが拡がる場合があります。



    今回の調査でも、通常0.3銭のスプレッドを提供している企業でも、米ドル/円においては最大14.9銭、ユーロ/米ドルにおいては最大19.8pipsというスプレッドが生じていました。変動制のサクソバンク証券は、平均スプレッドが、米ドル/円では1.1銭、ユーロ/米ドルでは1.2pipsと4社中最小という結果が出ました。また、約定率も調査時間を通じて100%でした。


    米国雇用統計発表前後の米ドル/円、ユーロ/米ドル取引で矢野経済研究所が調査



    というものです。





    このように、指標時のスキャルピングでも、狭いスプレッドで取引可能です。





    また、これも一部のトレーダーにしか刺さらない一方で、そういう人には強く刺さる論点なのですが、サクソバンク証券では月曜早朝3時から取引が可能です。





    おそらく「月曜朝何時から取引できるか」という点でFX業者を比較した人はあまりいないと思いますが、ほとんどのFX業者は、月曜は朝5時からの取引となっております。それに対して、サクソバンク証券では朝3時から取引ができます。





    「それに何の意味があるの?」と思われるかもしれませんが、例えば、土日に何か大きな事件があった時を考えてみてください。当然土日は為替市場が閉まっているので、FXで取引はできませんが、その事件にあわせて月曜の為替は大きく動くことになります。





    そして、その「事件」は金曜には当然織り込んでいないので、月曜の朝「早い者勝ち」となりますが、その際、サクソバンク証券であれば、朝3時に他のトレーダーに先駆けて取引ができるということです。





    スキャルピングは、一秒でも早く価格変動を取り込んで、他の人が動き出したら即決済する取引なので、こうした「抜け駆けができる」というのは、スキャルピングを行う上で非常に大きなメリットと言えます。





    また、日本時間の早朝3時というのは、海外の市場もほとんど開いておらず、極めて流動性が低い時間帯であり、そうした時間帯でスキャルピングをするのが得意という人も一定数いて、「朝スキャ(月曜早朝にスキャルピングをすること)」というトレーディングスタイルも存在し、私の周りでも実際にそれをやって利益をあげている人もいます。





    こうした点から、サクソバンク証券は、元々外資系の会社らしく、かなり独特ながら、一度使うと気に入る人は物凄く気に入るというところなので、まずおすすめしました。





    サクソバンク証券で口座開設を行う場合、当サイトからの申し込み限定で特別4,000円のキャッシュバックがもらえますので、口座開設を考えている場合、当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は



    サクソバンク証券
    サクソバンク証券



    からできます。




    セントラル短資FX







    最初に紹介したサクソバンク証券が変動スプレッドなので、次に原則固定の中でおすすめできる会社を紹介します。





    セントラル短資FXは、表示されているスプレッドは完全にトップというわけではないものの、それでもトップレベルの水準ではあり、かつ、スプレッド提示率が99.69%と比較対象会社の中で最も高く、レートの信頼性という点で評価できる会社です。また、ドル円以外の通貨ペアについても、ほとんどの通貨ペアで99%台後半の提示率となっており、まさに「原則固定」の名に恥じぬスプレッドと言えます。





    セントラル短資グループは、元々短資会社(金融機関の間での短期的なお金の貸し借りを仲介する会社)として100年以上の歴史のある会社で、このように歴史のある金融機関らしく、信頼性が非常に高いという点については、誰もが認めるポイントです。





    また、ここは、トルコリラ急落時の主要FX会社提示レート一覧でも書いたように、相場が暴騰、暴落した場合にも、きちんとした価格を提示してくれることで、トレーダーからの評判も良い会社です。





    スキャルピングで「スプレッド提示率」や「約定されるレート」が非常に重要で、ここが悪ければいくら提示されているスプレッド条件が良くてもそれは「絵に描いた餅」であって意味がないと言いましたが、その点で言うと、このセントラル短資FXは、きちんと約定される原則固定スプレッドの会社ということで、スキャルピングで使う上で、非常に安心して使える口座と言えて、実際に、私の知人のスキャルピングをやってる専業トレーダーでも、「信頼性」を理由にここを使っている人も複数います





    このように、「スプレッドがしっかりしている」という安心感と、トップレベルの原則固定スプレッドということから、人気が高いのがセントラル短資FXです。ここは1,000通貨単位取引もできるので、少額から取引したり、細かく値を刻んでいくというようなことも可能です。





    また、当サイト限定・11月までの期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    このマニュアルはスキャルピングとは真逆の初心者向けの「安全な投資」というテーマのものなのですが(笑)、それでも投資の基本を復習するには良いものだと思うので、この機会に是非もらってください!





    口座開設は


    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス


    からできます。





    DMM FX







    これまで「若干独特ながら気に入る人は徹底的に気に入る」というようなFX業者を紹介したので、逆に「多くの人から好まれる」タイプの会社として、DMM FXを紹介したいと思います。





    ここはローラのCMでおなじみの会社ですが、スプレッドが原則固定でどの通貨ペアでも最狭水準で、また、取引ツールやサポート体制も充実したFX業者です。





    スプレッドは、原則固定でドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭、豪ドル円0.7銭、NZドル円1.2銭、南アランド円1.0銭、ユーロ米ドル0.4pipsで、「どの通貨もバランスよくスプレッドが良い」FX業者です。





    なので、明確に「この通貨で取引したい」というのが決まっていない場合には、まずはここで取引することをおすすめします。このように、どの通貨で取引してもトップレベルのスプレッドということもありますが、それ以外にも、2つこのFX業者には強みがあります。





    まず一つは、取引ツールです。PC版のチャートでは、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく経済指標の発表時に、どういう事前予想で、結果がどう、その結果がどれくらい値動きをしたかが一目でわかるという機能や、あらかじめ設定したレートに到達したときにアラートを鳴らすシステム等、非常に気の利いたシステムとなっております。





    過去の指標発表時とその動きが分かれば、今後「どのような指標に注目するべきか」「その事前予想はどうか」等、市場の大きな流れが分かります。こうした「市場の流れ」は短期で取引する場合でも、「大きな流れ」に沿って取引するのがやはり勝率も高いため、非常に重要となります。





    また、取引通信簿という機能もあり、自分の取引はどの通貨でやって、その損益はどうなっているか等を一目でグラフにして見せてくれる機能もあり、自分のトレードを見直す上でも非常に有用です。





    このように、取引ツールが優れているのが一つの強みですが、もう一つの強みは、「サポート体制」です。





    この会社は、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能になっております。





    何かあった時にすぐに気軽に問い合わせができるというのも、このFX業者の強みとなっており、その結果、DMM.com証券は国内FX口座数第一位となっております。(2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書))





    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトからの申し込み限定でオリジナルの節税レポート+4,000円の特別キャッシュバックも貰えるので、DMM FXで口座開設を考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。





    スキャルピングをやっていると、非常に大きな利益を出したり、あるいは最終的に損失になってしまうこともあるかと思いますが、そのレポートでは、「どうやって確定申告をするのか」だけでなく、

  • 損失が出た場合に翌年以降に税金を安くする方法

  • それ以外にも合法的な節税の方法

  • そもそもどうやって税務署は利益が出ている人を把握しているのか

  • 経費を計上するときの注意点


  • 等、今後もかなり使える情報をぎっしりと詰め込んでおり、やりようによっては数十万円単位での節税にもなりうるので、非常におすすめです。





    口座開設は



    DMM FX
    DMMFX



    からできます。





    みんなのFX







    5月からスプレッド業界最狭水準宣言を行い、スプレッドを狭くしたのがみんなのFXです。





    下で比較表をお見せしますが、みんなのFXは、宣言どおり、現在ほとんどの通貨で業界最狭水準のスプレッドとなっております。





    また、スプレッドについては、提示率も非常に高く、ドル円について、99.38%の提示率を誇ります。「原則固定」と表記するために必要な提示率が95%で、多くのFX業者が96~98%台であることを考えると、これはかなり高めの水準であり、シンプルに狭いスプレッドを求める場合、みんなのFXがおすすめです。





    また、みんなのFXは、1,000通貨単位での取引も可能であり、少な目の金額から取引したいという場合にもおすすめです。





    口座開設は、



    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]



    からできます。





    LIGHT FX







    Light FXは10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。





    ここは、みんなのFXとスプレッド、スワップ、1,000通貨単位で取引できることが全部同じで、つまり、スプレッドはみんなのFXと同様、ほとんどの通貨ペアで業界最狭水準となっており、スプレッド提示率も99%台と非常に高くなっております。





    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、みんなのFXとLight FXは、様々な通貨ペアでスプレッドがトップレベルなだけではなく、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソといった新興国の高金利通貨についてスワップもトップという特徴があります。





    高金利通貨というのは、値動きのリスクが大きく、また、長期保有前提であれば基本的に「ロスカットされない」ことを前提に、スワップを多く貰えるように組むものですが、そこに短期トレードのポジションを混ぜてしまうと、どちらか片方が想定外に少し大きな損失が出た時に、まとめて全部ロスカットされてしまうという危険があります。





    そのため、こういう長期の高金利通貨のポジションと短期のポジションは分けた方がいいのですが、今回Light FXが出たことによって、例えばみんなのFXは高金利通貨用、Light FXは短期トレード用といったような使い分けが可能になります。





    こうすれば、高金利通貨のポジションがロスカットされても短期トレードには関係ありませんし、逆に短期トレードで損を出しても、高金利通貨のポジションがロスカットされることを心配する必要がなくなります。まさに、「卵は一つのカゴに盛るな」ですね。




    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、今だと新サービスリリースでの大盤振る舞いなのか、



  • 口座開設+スマホアプリで1取引しただけで1,000円という非常に簡単に貰えるキャッシュバック

  • 取引量に応じて最大50,000円のキャッシュバック

  • 総額1,000万円山分けキャンペーン




  • などもやっているので、みんなのFX口座で取引している人は、ここもあわせて口座開設をすることをおすすめします。





    口座開設は、



    LIGHT FX
    トレイダーズ証券【LIGHT FX】


    からできます。





    GMOクリック証券【FXネオ】







    ここは、2012年以来6年連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位と、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。





    スプレッドはDMM FXと同じく原則固定でドル円0.3銭、ユーロ円0.5銭、ポンド円1.0銭、豪ドル円0.7銭、NZドル円1.2銭、南アランド円1.0銭、ユーロ米ドル0.4pipsとなっております。





    また、ここについても、スプレッド以外にも2つ強みがあります。





    まず1つは、チャートや取引システムの良さです。





    例えば、スマホについて、FXスマホ対応おすすめ業者とアプリの使い方-外出先からも取引-で書いてあるように、ほぼPCと同じレベルの取引がスマホで可能であり、そのため、いつどこでもこの非常に狭いスプレッドで取引できます。





    また、PC版のチャートでは、DMM FXと同様、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく日本の要人発言を含めたニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースが為替市場に影響を与えたのかも事後的に確認できたりします。





    取引システムの使いやすさについては、個人の好みによって左右されるところで、ある意味で「使ってみないとわからない」ところがあり、DMM FXとどちらが優れているかというのは人によって意見が割れるところですが、まずは使ってみて、自分にとってやりやすい方で取引するといいと思います。





    また、ここのもう一つの強みは、ここの口座だと、株やCFD、先物なども一つのアカウントですべて管理できることです




    これは何がいいかというと、例えば今は為替より株の方が上がるかが分かりやすいから、株の方に投資したい、という状況があるとして、他の会社ではそもそも株を扱っていなかったり、扱っていても別アカウントでログインすることが必要な場合がほとんどです。





    そのため、株口座にお金を入れるためには、一旦銀行口座に出金してもらってから株口座に入れる、などが必要で、手間がかかる上に、出金や振り替えに数日かかったりする場合がほとんどで、「やりたいと思ってから数日待たないといけない」といったことが起こります。そうなると、その間に株が既に値上がりしてしまえば、「あの時買えていたら利益が出たのになあ」ということになりかねません。





    それに対して、GMOクリック証券では同じアカウントの中での振替なので、即時に振り替えが可能なので、手間がかからず、また、「出金依頼してからのタイムラグで値上げした値段で買わないといけない」等は起こらなくなります。





    口座開設は


     GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券



    からできます。





    SBIFXトレード







    ここは、1通貨単位から取引可能、つまり取引量を自由自在にコントロールでき、かつ1万通貨までならドル円0.27、ユーロ円0.39、ポンド円0.89、豪ドル円0.59、NZドル円0.99、南アランド円0.99、ユーロ米ドル0.48と、多くの通貨でスプレッドがトップとなっております





    このようにさまざまな通貨でスプレッドがトップであり、かつ、1通貨単位からの取引もできるため、オリコンのFX顧客満足度ランキングの、スプレッド・手数料部門で1位となっているなど、低スプレッドを重視する人に最も選ばれている口座でもあります。





    特に南アランドでも1通貨単位から取引できる点がおすすめで、多くの業者では南アランド円は10万通貨からなので、たとえスプレッドが1.0銭でもスプレッドだけで1,000円マイナスをいきなりくらうのに対し、ここでは1万通貨どころか1000通貨でも100通貨でも10通貨でも1通貨できるので、非常におすすめです。





    また、私も実際にやってみたのですが、ここは実際に1,000円からでも取引ができて、非常に少額からでも取引できるので、「まずスキャルピングを少し試してみたい」という人には、ここが非常におすすめです。

    関連記事:FX必要資金はいくらから?1通貨単位のSBIFXで千円で取引してみた





    ただし、ここは取引通貨量が大きくなるとスプレッドも大きくなるFX業者で、1万1通貨以上で取引する場合、ドル円0.29、ユーロ円0.49、ポンド円0.99、豪ドル円0.69、NZドル円1.19、ユーロ米ドル0.58となります。また、取引単位が大きくなるとスプレッド提示率が落ちるのも弱点としてあり、あまり大きな単位でのスキャルピングをやるのには向きません。





    このように、「細かい単位で取引をしたい」「スプレッドが狭いところがいい」という場合、まずここがおすすめとなります。





    口座開設は


    SBIFXトレード
    SBIFXトレード


    からできます。





    JFX株式会社







    ここは、ドル円0.3、ユーロ円0.5、ポンド円1.0、豪ドル円0.7、NZドル円1.0、南アランド円1.0、ユーロ米ドル0.4と、NZドル円でトップ、それ以外もほぼトップレベルです。また、ここも1,000通貨単位から取引が可能です。





    この会社については、スプレッド以外にもスキャルピングについては特におすすめできる理由があり、それは、スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者で詳しく書いているのですが、ここもサクソバンク証券と同様、明確にスキャルピングOKを打ち出していることも重要なポイントになります。





    サクソバンク証券は変動スプレッドなので、もし「スキャルピング歓迎の企業の中で、安定している原則固定スプレッドが良い」、というのであれば、JFXがおすすめです。





    また、JFXについては、当サイトから口座開設を申し込み、1万通貨以上取引すると、当サイト限定で通常のキャッシュバックにプラスして2,000円の特別キャッシュバックがもらえるので、口座開設は当サイトからするのがおすすめです。





    口座開設は



    JFX株式会社
    JFX




    からできます。





    ヒロセ通商







    ここはドル円0.3、ユーロ円0.5、ポンド円1.0、豪ドル円0.7、NZドル円1.0、南アランド円1.0、ユーロ米ドル0.4と、JFXと全く同じスプレッドです。また、こちらのFX業者でも1,000通貨単位から取引ができます。





    この会社は、HP上で「IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供する"分散データグリッド"をコアエンジンとして、投資家目線のビジネスロジックを配備したFXオンライントレードサービス」をうたっております。これだけ見ても意味が分からないと思いますが(笑)、要は、データを分散させて処理を速くしているということで、実際ここのスピードは使ってても「約定するまで速い」というのが、感覚としてもわかります。





    約定速度が速いと何がいいかというと、約定されないことや、成り行き注文を入れたときに約定金額がぶれる(いわゆるスリッページ)が少ないことです。スリッページでは0.1銭どころか1銭くらいずれることもざらにあるので、こうしたスリッページのリスクが低いという点から、スキャルピングをやる上で重要な要素となります。





    また、今なら新規口座開設し、ポンド円で15万通貨取引するだけで、5,000円のキャッシュバックもあるので、口座開設は今がおすすめです。さらに、それとは別にこの会社は「元祖グルメキャンペーン」の会社であり、今は丼づくしというキャンペーンをやっております。





    ここのグルメ商品はトレーダーの間でも非常に評価が高く、「ここの限定商品をもらうためだけで100万通貨くらい取引する価値は十分ある」と言い切る人も割といるくらいなので、是非今の機会に受け取ってください。





    さらに、当サイトから口座開設を申し込み、1万通貨以上取引すると、当サイト限定で通常のキャッシュバックにプラスして2,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからするのがおすすめです。





    口座開設は



    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ



    からできます。





    FXプライムbyGMO







    ここはスプレッドについては、原則固定でドル円0.6銭、ユーロ円0.9銭、ポンド円1.8銭、豪ドル円1.3銭、NZドル円2.0銭、南アフリカランド円3.0銭、ユーロドル0.6pipsと、他の会社と比べてそこまで良いわけではありません。




    しかし、ここはトッププロのFXトレーダーも使っている口座で、その理由としては、約定力とサーバーの強さがよくあげられます。






    詳しくはFXプライムbyGMOのページにも書いてあるのですが、表面的なスプレッドではなく、スリッページも含めた約定力とサーバーの強さにはトッププロからも高い評価があり、その結果として、実際にトッププロからも選ばれております。





    また、ここについては、当サイト限定キャッシュバックとして、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は



    FXプライムbyGMO
    人気のFX取引!GMOグループのFX会社・FXプライムbyGMO



    からできます。





    2018年11月版、最新のFXスプレッド比較表







    最後に表でまとめます。「平均」「変動」といった言葉がついていないところは全て原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロドルのみpipsです(セントラル短資FXは執筆時点で公表されている最新の月の平均約定スプレッドを記載)。また、変動スプレッドの平均がトップであった場合には、原則固定スプレッドでトップのスプレッドも赤くしております。





    会社名スキャル
    歓迎宣言
    ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円ユーロ
    米ドル
    提示率
    サクソバンク証券平均0.5平均0.7平均1平均0.8平均1.3平均0.7平均2.3平均0.5変動
    セントラル短資FX×0.30.51.20.821.2変動0.499.69
    DMM FX×0.30.510.71.21×0.496.92
    みんなのFX×0.30.40.90.611.81.80.399.38
    LIGHT FX×0.30.40.90.611.81.80.399.38
    GMOクリック証券【FXネオ】×0.30.510.71.211.9※0.4不明
    SBIFXトレード×0.27
    0.29
    0.39
    0.49
    0.89
    0.99
    0.59
    0.69
    0.99
    1.19
    0.99
    0.99
    4.80.48
    0.58
    97.31
    JFX株式会社0.30.510.711×0.4不明
    ヒロセ通商×0.30.510.711変動0.499.36
    FXプライムbyGMO×0.60.91.81.323変動0.6不明


    ※:GMOクリック証券は、現在トルコリラのスプレッドについて原則固定の対象外となっております。




    となります。





    赤字はスプレッドが一番狭いところで、マネックスFXは上の段が1万通貨未満、下の段が1万1通貨から100万通貨まで、SBIFXトレードは上の段が1万通貨以下の取引、下の段が1万1通貨~50万通貨までのスプレッドです。なお、SBIFXと0.01銭違いのところは、ほぼ同じであり、また、提示率がSBIFXが96%台とやや低めなことから、どちらもトップとしてカウントしております。





    口座開設は





    サクソバンク証券
    サクソバンク証券





    セントラル短資FX
    セントラルミラートレーダー





    DMM FX
    DMMFX





    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]





    LIGHT FX
    トレイダーズ証券【LIGHT FX】





    GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード





    JFX株式会社
    JFX





    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ





    FXプライムbyGMO
    人気のFX取引!GMOグループのFX会社・FXプライムbyGMO






    からできます。





    FX必要資金はいくらから?1通貨単位のSBIFXで千円で取引してみた

    2018年11月04日 00:54

    1,000yen




    FXをこれからはじめようとしている人から、「FXって必要資金はいくらからなんですか?」という質問を最近よく受けることに気づきました。





    確かに、いくらくらいの金額があれば投資をはじめられるのか、ということは、初心者の方にとってはまず気になるポイントだろうなあと思ったので、今回は、実際に管理人が1,000円でFXを取引することはできるか?ということをやってみました。





    結論から言うと、1,000円からでも手数料無料で入金&取引ができて、ドル、ユーロ、ポンド、カナダドル、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、トルコリラ等、様々な通貨を買うことができました





    sbi12.png






    もちろん、全然大した額は買えてませんが(笑)、ただ逆に言うと、これは初心者の方からすると、色々な通貨を試したり、そんなに大きな損失にもならないで色々な取引の仕方ができるということで、実はかなりのメリットなのではないかと思います。




    (11/3追記)
    含み益が160円出てました(笑





    SBI1103.jpg





    なかなか平和で面白いので、引き続き様子見します。






    SBIFXトレードでは、今は口座開設をして初回ログインを行えば、500円が入金されるキャンペーンもやっているので、はじめの少額トレード+このキャンペーンの500円で、色々と試してみることができるので、はじめてFXをやってみたいという場合には、かなりおすすめです。





    もちろん、口座開設や口座維持に手数料は一切かからず、口座を持つだけなら完全無料でできるので、興味があれば是非どうぞ。(口座開設の具体的なやり方や準備するものは、この記事の下で書いてます)





    SBIFXトレード公式ホームページ
    application_orange_b_320_100.png





    以下の順番で書いていきます。



  • そもそも何故SBIFXトレードで、1,000円でやってみることにしたのか?

  • SBIFXトレード1,000円検証準備 元々あった残高を出金

  • SBIFXトレードに1,000円を入金

  • 1,000円で本当に取引できるのか?実際位色々な通貨を買ってみた

  • SBIFXトレードの長所(手数料(スプレッド)、スワップ金利、500円入金キャンペーン等)

  • SBIFXトレードの短所(上級者になると一部物足りないかもしれない)

  • SBIFXトレード口座開設の方法を画像付きで分かりやすく解説






  • そもそも何故SBIFXトレードで、1,000円でやってみることにしたのか?






    では、まずそもそもこの企画の一番はじめのポイントである、何故SBIFXトレードで、何故1,000円という金額にしたのかについて説明します。その理由は、以下の通りです。



  • 一番小さい金額からはじめられるのは1通貨単位で取引できる(=1ドルだけ買うとかも可能)なSBIFXトレードであろう

  • そのSBIFXトレードでは、最低入金額はいくらからでもとあるが、とはいえ入金手数料無料なクイック入金が使えるのが1,000円からなので、それ以下だとさすがに手数料がもったいなさすぎる




  • ということで、SBIFXトレードで1,000円からやってみる、ということになりました。





    この1通貨単位で取引できるというのは、FX会社の中でも非常に珍しく、他の会社だと多くは千通貨単位で取引(ドルで言うと、1000ドル単位で売り買いする)することになり、例えば米ドルであれば、1000ドルでも10万円分くらいのポジションとなり、できれば3~5万円くらいからというのが目安となってしまいます。





    しかし、1通貨単位で取引できるSBIFXトレードなら、1万円なくても、何なら1,000円であってすら取引できるのではないか・・・・?と考えて、実際にできるか検証してみました。





    SBIFXトレード1,000円検証準備 元々あった残高を出金(翌日即出金されました)







    この検証をやる前から、私はSBIFXトレードの口座を持っており、一部ポジションも持っておりました。





    しかしそれがあると「本当に1,000円で始められるか?」が検証できないので、泣く泣くポジションを切って、残高を出金することとしました。





    出金申請は木曜の夜にやり、さすがに月曜くらいかなあと思っていたら、なんと金曜日の午前中には出金が終わっており、凄まじく速いなあと思いました。





    そして、出金後の残高がこれです





    sbi01.png





    ・・・・なんか端数が出てますが、あくまで端数なので気にしない方針で続けます(笑





    SBIFXトレードに1,000円を入金







    次にSBIFXトレードに1,000円入金します。入金は、PC画面だとここからできます。





    sbi1.png





    sbi2.png





    ここからクイック入金をしていき、1,000円を振り込みました。





    sbi3.png





    クイック入金だと手数料無料でしたが、1,000円でやっても手数料はかかりませんでした。どこかに小さく「ただし〇円以下の場合有料」とか書いていて、自分が知らなかっただけとかないかと心配でしたが、そんなことはなかったようで安心しました(笑





    1,000円で本当に取引できるのか?実際位色々な通貨を買ってみた






    1,000円入金までできたので、今度は取引できるかをやってみました。とりあずメジャーどころの通貨を買ってみようということで、まずドル円からいきました。





    sbi4.png





    このように、1,000円あれば、ドル円は最大223通貨まで買うことができます。





    実はこれを見てもらうと分かるように、何故かデフォルトが「新規売り」になっているので、その点はご注意ください。(私もスクショのタイミングが微妙でしたが、実際には買いを入れました)





    続いて豪ドル・・・・





    sbi5.png





    南アフリカランド・・・・





    sbi6.png





    トルコリラも・・・・





    sbi7.png




    と、こんな感じで色々と買っていきました。また、同じような画面をこれ以上並べてもあれなので、画像は省略しますが、他にも人気通貨のユーロ、ポンド、NZドル、カナダドル等も買いました。





    その結果、ポジションはこんな感じになりました。





    sbi12.png





    このように、結論としては、SBIFXトレードだと、1,000円からでも手数料無料で取引できるということが分かりました。





    SBIFXトレードの長所(手数料(スプレッド)、スワップ金利、500円入金キャンペーン等)







    SBIFXトレードは1,000円からでも様々な通貨のトレードができるのですが、それ以外にも初心者の方にとっては非常に使いやすい特徴があります。





  • 手数料(スプレッド)が安い

  • スワップポイント(金利)が高く、複利運用しやすい

  • 口座開設後ログインだけで500円入金キャンペーン





  • それぞれ説明していきます。





    SBIFXトレードは手数料(スプレッド)が安い







    FXではほとんどの会社で手数料は無料ですが、その変わり、買う時と売る時の差額(スプレッド)が実質的には手数料となります。これは、例えばドルを110円で買えるとすると、その瞬間は109円でしか売れないということで、この差分の1円の中に、FX会社にとっての手数料が含まれております。





    このスプレッドについて、SBIFXトレードは、小さい取引単位なら圧倒的に安いです。別記事でのスプレッド比較表を引用しますと、




    「平均」「変動」といった言葉がついていないところは全て原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロドルのみpipsです(セントラル短資FXは執筆時点で公表されている最新の月の平均約定スプレッドを記載)。また、変動スプレッドの平均がトップであった場合には、原則固定スプレッドでトップのスプレッドも赤くしております。





    会社名スキャル
    歓迎宣言
    ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円ユーロ
    米ドル
    提示率
    SBIFXトレード×0.27
    0.29
    0.39
    0.49
    0.89
    0.99
    0.59
    0.69
    0.99
    1.19
    0.99
    0.99
    4.80.48
    0.58
    95.93
    サクソバンク証券平均0.5平均0.7平均1.1平均0.8平均3.2平均0.7平均2.2平均0.5変動
    セントラル短資FX×0.30.51.20.821.2変動0.499.98
    DMM FX×0.30.510.71.21.3×0.497.11
    みんなのFX×0.30.40.90.611.81.80.398.95
    GMOクリック証券【FXネオ】×0.30.510.71.211.9※0.4不明
    JFX株式会社0.30.510.711×0.4不明
    ヒロセ通商×0.30.510.711変動0.499.66
    岡三オンライン証券変動変動変動変動×××変動変動
    FXプライムbyGMO×0.60.91.81.323変動0.6不明


    FXスキャルピング最適おすすめ業者比較2018/10 | スプレッド以外で重要な点は?





    というように、1万通貨以下で取引する場合、ほとんどの通貨ペアでスプレッドトップとなっております。





    このように、実質的な手数料であるスプレッドが安いというのが、SBIFXトレードの一つの魅力です。





    SBIFXトレードはスワップポイント(金利)が高く、複利運用しやすい)







    FXでは、高金利通貨の買いポジションを持っていれば、金利相当額として、何もしなくてもスワップポイントというものを毎日貰うことができます





    このスワップポイントも、FX業者によって金額が違うのですが、SBIFXトレードは、完全なトップではないものの、どの通貨もトップレベルと言えるスワップポイントがあります。これも別記事で比較しているので、そこを引用します。





    会社米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ自動売買取引単位
    SBIFXトレード885047130100×××1
    サクソバンク証券93664818015012416.7×
    みんなのFX543030200110160××
    外為オンライン(くりっく365)95544616511012812
    ヒロセ通商5050531501071200×
    JFX株式会社505053150××××
    FXプライムbyGMO8030351707816015×
    セントラル短資FX45302510070××
    外為オンライン(店頭)60304050×××
    GMOクリック証券【FXネオ】80514211088×××
    インヴァスト証券(トライオート)65353080100××
    DMM FX613128120××××
    インヴァスト証券(シストレ24)30000×××
    フィリップ証券5524209060×××


    ※セントラルミラートレードは取扱いなし、FXダイレクトプラスは70円







    また、SBIFXトレードは、1通貨単位で取引できるので、スワップが入った後の「複利運用」で買い増ししていく場合も、非常に細かい単位で増やしていくことが可能なので、スワップポイントの複利運用にも向いているという特徴もあります。





    SBIFXトレードは、現在口座開設+初回ログインだけで500円入金キャンペーンがある







    これは、見たままですが、そういうキャンペーンをやっております。他のFX会社だと、キャッシュバックの金額は一見大きくても、その条件を満たすための取引量が非常に大きいことも多いですが、ここの場合、口座開設して初回ログインまででOKです。





    また、SBIFXトレードは1,000円でもできると書きましたが、その半分の500円でももちろん色々なことはできるので、まずはちょっとだけ触ってみたいという場合には、かなりおすすめです。





    以上がSBIFXトレードの長所でした。このように、初心者の方がまず初めに使ってみるにはぴったりの口座なので、500円キャンペーン等もある今、是非どうぞ。





    もちろん、口座開設や口座維持は一切手数料はかからず、口座を持つだけなら完全に無料でできるので、口座開設はお気軽にどうぞ。





    SBIFXトレード公式ホームページ
    application_orange_b_320_100.png






    SBIFXトレードの短所






    SBIFXトレードの短所としては、中上級者になってくると、少し物足りなくなることはあります。





    その理由としては、上のスプレッド比較でも、1万通貨を超えて取引する場合、他のFX会社のスプレッドの方が条件が良いところが多かったり、スワップ比較でも「トップレベルではあるが、トップの通貨はない」というように、ある程度大きな金額を運用するようになってくると、別のFX会社の方が良いということも出てきます。





    ただ、ある程度経験を積んでも、また新しい通貨を試してみたいという時や、他にも「こういう取引手法思いついたけど、実際やってみてどうだろうか」などと思った時に、1通貨単位で細かく実験してみることができるというのはやはり強みとしてあり、持っておいて損のない口座であることは間違いないと思ってます。





    SBIFXトレード口座開設の方法を画像付きで分かりやすく解説






    それでは、最後にSBIFXトレード口座開設の方法を解説します。まず事前に準備するものとして、



  • マイナンバーが分かる書類

  • 本人確認書類



  • 両方を用意して、スキャナで取り込むか、あるいは携帯で写真をとる等してください。ちなみに、顔写真の入ったマイナンバーカードであれば、それ1つでどちらも条件を満たすので、もし持っている場合、それを使うのがおすすめです。





    マイナンバーが分かる書類は、


  • マイナンバーカード

  • マイナンバー通知カード

  • 住民票の写し(マイナンバーが書いてあるもので、6か月以内に発行したもの)


  • のうち、どれでもいいのでどれか1つをご用意ください。(もしどれもなければ、役所にいってマイナンバー付きの住民票の写しを貰うのが、当日すぐ手に入ります。マイナンバーの書いた資料は、今後税務申告、保険の手続き、銀行口座の開設等、色々な場面で必要になってくるので、もし今持っていなければ、この機会にとっておくと良いと思います)





    本人確認書類は、写真付きのものであれば1種類、写真がないものなら2種類必要になります。



    【写真付きの本人確認書類の例(1種類でOK)】

  • 運転免許

  • パスポート

  • 住民基本台帳カード

  • マイナンバーカード

  • 在留カード(外国籍の方)

  • 外国人登録証明書(外国籍の方)




  • 【写真なしの本人確認書類の例(2種類必要)】

  • 健康保険証

  • 住民票の写し

  • 印鑑証明




  • これらを用意して、スキャナで取り込むか、携帯で写真を撮れば、事前準備はOKです。





    そうしたら、まず、SBIFXトレード公式ホームページをクリックして公式ページへいってください。





    すると、こういう画面が出てきますが、気にせずにホームページに進んでください(他のサイトから公式サイトへの移転の際に、サイトが変わりましたよということをアナウンスすることが義務付けられているため出る画面です)





    sbifx1.png





    そこで、こういう画面が出てくるので、そこの口座開設ボタンをクリックします。





    sbifx2.png






    するとこういう画面が出てくるので、FX取引口座をクリックしてください(将来的に外貨積立に興味があれば、下の積立FX取引口座も同時に開設してください)





    sbifx3.png





    そうすると、しばらく規約が続くので、確認して承認していってください。すると、次に、マイナンバー書類や本人確認書類のアップロード画面が出ます。





    sbifx4.png





    ここでWebアップロードをした方が審査が速く、提出も楽なので、このタイミングで提出することをおすすめします。ここでは、先ほど用意したマイナンバー書類+本人確認書類の画像データをアップロードしてください。





    sbifx5.png





    私が口座開設するときは、運転免許書+マイナンバー付の住民票を携帯で撮ってそれをアップしてます(余談ですが、マイナンバー付の住民票は、マイナンバーカードを持っていない人にとってはかなり使いやすいです)





    あとは住所、氏名、勤務先、金融機関、投資経験などを書いていきます。





    sbifx6.png





    勤務先や年収について書くのに抵抗がある人もいるかもしれませんが、FX会社がこうした情報を求めている理由は、例えば競合会社に所属する人じゃないか等、審査で見る情報として欲しているだけで、勤務先に電話されたりとか、個人情報を変な使い方とかはされないので心配ありません(FX会社は金融庁の管轄化にあるので、そうした個人情報の取り扱いは非常に厳格で、またその中でも天下のSBIグループなので、その辺りはあまり心配しなくても大丈夫だと思います。)





    そうやって口座開設を申請すると、通常2営業日から1週間程度でID、PWを書いた紙が送られてくるので、それでログインすれば口座開設完了です!あとは色々な通貨を買ったり売ったりして試してみてください。





    口座開設は、


    SBIFXトレード公式ホームページ
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。(口座開設、口座維持に手数料は一切かかりません)




    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する
     



    トルコリラ、南アランド、メキシコペソ派必見!新サービスLight FX登場

    2018年10月31日 21:56

    ガッツポーズ





    トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソ等の、高金利通貨をトレードしている人に朗報です。





    みんなのFXでおなじみのトレイダーズ証券より、新FXサービスLIGHT FXがリリースされました。





    そして、運営会社が同じなためか、今のところこのLIGHT FXスプレッドやスワップ、取引単位はみんなのFXと全く同じとなっております。





    【みんなのFXスプレッド】
    minna spread





    【Light FXスプレッド】
    light spread





    【みんなのFXスワップ】
    minnnanofx.png





    【Light FXスワップ】
    Light fx





    「同じならみんなのFXで良いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、それは大きな間違いで、このLightFXの登場は、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソをトレードする人にとっては、非常に大きな意味を持つことです。その理由を説明します。





    まず、みんなのFXと言えば、トルコリラ、南アフリカランド、メキシコペソと言った新興国の高金利通貨について、とにかくスプレッドもスワップも条件が良く、さらに千通貨単位での取引も可能であるため、これらの通貨を取引する場合、非常におすすめの会社でした(特に南アフリカランドとメキシコペソについては、スワップは業界トップです)





    しかし、みんなのFXの条件が良すぎるために、「トルコリラも南アフリカランドもメキシコペソも全部みんなのFXでやっている」という人も多く、実際私もそういう状態になっておりました(トルコリラのスワップについては最近ではトップではない時も出てきましたが、みんなのFXよりスワップの高いサクソバンク証券を短期トレード用口座として使っていたことや、今年に入ってからはみんなのFXメインで取引していたことから、トルコリラでもみんなのFXを使っておりました)





    ただ、これは本来非常に危険なことで、何故なら、例えばトルコリラが今後何かの理由で急落した場合、メキシコペソや南アフリカランドがそこまで落ちなくても、一つの口座である以上、まとめて全てロスカットされることになるためです。





    新興国通貨は、ある時いきなり一つだけ大きく落ちるということがよくあるものなので、このように一瞬急落して、その時巻き込まれて全部ロスカットされるという危険はあり、「分けないといけないとは思いつつも、ただ他の口座よりみんなのFXの方がいいからなあ」と思いながら、これまではリスクを承知で一つの口座でやっておりました。





    ですが、このLight FXが出たことによって、通貨によって使う口座を分けることができるようになり、こうした「一つの通貨が落ちた時にまとめてロスカットされる」といったリスクを下げることができる>ようになりました。これは、かなり大きな安心材料になります。





    また、複数の通貨はやらず、例えばメキシコペソオンリーでトレードしている人にとっても、、「短期からスイングのトレードはLiht FX、長期のポジションはみんなのFX」といったような使い分けも可能になります。





    これまでも「分けないとなあ」と思っておりましたが、とはいえスペックがみんなのFXが良すぎたせいで分けられなかったのですが、これで安心して口座を使い分けることができるようになりました。





    口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、今だと新サービスリリースでの大盤振る舞いなのか、



  • 口座開設+スマホアプリで1取引しただけで1,000円という非常に簡単に貰えるキャッシュバック

  • 取引量に応じて最大50,000円のキャッシュバック

  • 総額1,000万円山分けキャンペーン




  • などもやっているので、みんなのFX口座で取引している人は、まずは口座開設をすることをおすすめします。





    口座開設は、



    LIGHT FX
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。以下、口座開設にあたって用意すべきものや、口座開設のやり方を画像付きで詳しく解説します(ほとんどのFX会社と同じようなやり方なので、慣れている人は読まなくても大丈夫です)





    Light FX口座開設にあたって用意すべきもの







    Light FXの口座を開設するには、以下のものが必要です。

  • 日本国内の銀行口座

  • 本人確認書類

  • マイナンバー確認書類






  • ポイントなのは、本人確認書類だけではなく、マイナンバーが分かる書類も必要、ということです。





    本人確認書類は、顔写真付のもの(運転免許所やパスポート等)であれば1点でOKですが、顔写真が付かないもの(健康保険証や住民票の写し等)では2点必要で、具体的には以下のようなものが認められます。





    【本人確認書類】
    minna honnin





    それに加えて、マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、マイナンバー付きの住民票の写しといった、マイナンバー確認書類も必要となります。





    【マイナンバー確認書類】
    minna mynumber





    ちなみに、管理人は、運転免許とマイナンバー付きの住民票の写しで本人確認とマイナンバーの確認を行っております。マイナンバーカードを持っていない人は、近くの役所に行けばマイナンバー付きの住民票はすぐに発行してもらえます。(今後マイナンバーは、税金の申告や、各種社会保険の手続き、銀行口座の開設などでも必要になってくるので、マイナンバー確認書類が今なければ、すぐにとっておくことをおすすめします)





    この本人確認書類やマイナンバー確認書類は、申込ページで直接アップロードすると非常に楽で、審査も早くなるので、スキャナで取り込むか、あるいは携帯で写真を撮る等して、それをアップロードするとスムーズに口座開設が行えます(本人確認書類は、携帯での撮影によるものでもOKです)





    以上が、Light FXの口座開設にあたって準備するものでした。次に、具体的な口座開設の手順を解説していきます。





    Light FXの口座開設のやり方(画像付き)







    LIGHT FX 口座開設ページに飛ぶと以下のような画面になります。





    light1.png





    なので、5秒待つか、こちらをクリックしてくださいのところをクリックしてください。すると、こういう画面になります。





    light2.png





    このようなポップアップが出てきますが、気にせず「サイトを見る」をクリックしてください(このポップアップはFX公式サイトに飛ぶ際には、こういう注意を出さないといけないという法律に基づくもので、気にしなくても大丈夫です)





    少し下にスクロールしてもらうと、口座開設のボタンが出てくるので、そこをクリックしてください。





    light3.png





    これで口座開設がはじまります。以下、

  • 規約や注意事項についての確認

  • 申込フォームの入力

  • 本人確認書類の提出


  • という順番で進めていきます。





    規約や注意事項についての確認







    口座開設をはじめると、まず、こういう画面になり、規約の確認が求められます。





    light4.png





    その後、FXについての注意点や、バイナリーオプションに対しての注意点の確認をし、問題なければ「はい」を選んでください(FXだけでバイナリーオプションをしない人でも、口座開設の際は確認が求められるので、そこは「はい」を選んでください)





    以上を承諾した場合、次に顧客情報として自分の情報を書いていきます。





    申込フォームの入力







    全て承認して下にスクロールしていくと、氏名等のお客様情報を入力するフォームに移ります。





    light5.png





    この個人情報の入力の際には、「勤務先」「年収」「資産額」など、あまり答えたくないような質問も来ますが、これらの質問は競合他社の社員じゃないか等をFX口座開設の審査の際に確認するためのもので、例えば勤務先に確認の電話が来るとか、個人情報を利用して何かをするとかはありえないので、そこはご安心ください(FX会社は法的には金融庁の管轄化にある金融機関なので、個人情報の管理は極めて厳格です)





    例えば投資未経験であったり、収入が少なかったりしても、FX会社の口座開設の審査で落ちることはほとんどないので、投資経験や年収は正直に書いてください。





    そして、下まで行くと、本人確認書類とマイナンバー確認書類の提出にいきます。





    本人確認書類の提出







    お客様情報を入力して、下まで行くと、このような画面になります。





    light6.png





    ここで、書類の提示については、「今すぐ送る」の方が、審査も早く終わって口座開設がすぐできるので、こちらを選択するのをおすすめします。ここで今すぐ送るをクリックすると、以下のように展開されます。





    light7.png





    そこで、先ほど取り込んでもらった本人確認書類とマイナンバー確認書類をアップロードしてもらえれば準備完了です。





    このように口座開設を申請すれば、審査終了次第口座が開設され、ID、PWが書いた紙が送られてくるので、それでログインすれば、あとはいつでも取引ができるようになります!





    以上がLight FXの口座開設の方法です。口座開設は、



    LIGHT FX
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    この記事をツイッターで紹介する
     





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    サクソバンク証券のトルコリラスワップが急にトップレベルになった理由は?

    2018年10月29日 17:44

    FXのスワップ比較記事を更新しようとして、面白いことに気づいたので、紹介します。





    トルコリラのスワップといえば、これまではみんなのFXの一強という感じで、今月もそうだろうなと思いながら比較表を作っていると、意外なことが分かりました。トルコリラのスワップの最新ランキングを見てみましょう。(10/29更新)





    会社トルコリラ
    サクソバンク証券118
    外為オンライン(くりっく365)118
    ヒロセ通商113
    みんなのFX112
    SBIFXトレード102
    GMOクリック証券【FXネオ】93
    インヴァスト証券(トライオート)90






    あれ?なんかサクソバンク証券がトップに来てる??





    ただ、さすがにこれは高すぎで、今日たまたま高かっただけじゃないか?とも思って、過去の推移も見てみました。すると、面白いことが分かりました。





    【サクソバンク証券 トルコリラスワップポイント履歴】
    try saxo





    10/29追記。10月分を見てもやはりサクソバンク証券のスワップポイントは安定して高い状態を維持しております。
    saxo try1029 1



    saxo try1029 2






    これを見ると分かるように、9月の政策金利利上げ後にスワップポイントも大きく増えており、利上げにともなってスワップが増加していたということが分かります。





    この四角で囲った期間の1日平均スワップポイントは114.72円であり、これまでトップを死守してきたみんなのFXの112円よりも高い水準であることが分かります。





    1日平均114.72円ということは、365日だと41,875円となり、今のトルコリラの相場が18.5円程度なので、レバレッジ1倍でもスワップ年利回り22.6%と、非常に高い利回りとなります。





    (10/2 サクソバンク証券に電話インタビューして追記)
    ここまでスワップポイントが高くなっていると、何故こんなにスワップが高くなったのか気になったので、サクソバンク証券に電話で問い合わせてみました。





    管理人「最近御社のトルコリラのスワップが非常に良くなっており、9/30時点の数値で見ると、FX会社の中でトップでした。何故このように高いスワップとなったのか、その理由を教えていただけないでしょうか?」





    ご担当者様「ありがとうございます。当社のスワップポイントは、スプレッドと同様に、カバー先の金融機関から出てきた数値の中で、一番条件の良いものを自動的に組み合わせてレートを出しております。なので、スワップポイントが増えたのは、利上げによって金融機関から提示されたレートが良くなったことをそのまま反映していることによる影響だと思います」





    管理人「なるほど。特に御社で何かされたというわけではなく、市場のレートが良くなったのを、そのまま素直に反映したらこうなったということでしょうか?」





    ご担当者様「そうですね。カバー先からレートが来たら後は自動でスワップに反映するというロジックは変えておらず、当社で特に数字はいじっていないので、やはり利上げによって金融機関から提示されたレートが良くなったことが原因だと思います」





    管理人「分かりました。ありがとうございます。今後もこうした高いスワップは続きそうでしょうか?」





    ご担当者様「そうですね。当社としては、できるだけお客様に喜んでいただけるようなスプレッドやスワップを提示できるよう日々努力しております。もちろん、カバー先からのレートによって、日々スワップポイントも変動しますが、その中でも一番良い条件を組み合わせることで、今後もできる限りよい条件を提示していきます!」





    管理人「ありがとうございました!」





    このように、サクソバンク証券のトルコリラのスワップが高いのは、中抜きを増やしたりせず、金融機関からのレートをそのまま素直に反映したということが理由のようでした。このあたりは、スプレッドもNDD方式(金融機関から提示されたレートをそのまま出す仕組み)を採用し、透明性や公平性にこだわるサクソバンク証券ならではだと感じました。





    サクソバンク証券は、トルコリラのスワップが高いという以外にも、


  • USD/TRYのチャートを見ることができる

  • 米国雇用統計などの指標発表時にも広がりにくいスプレッド

  • AI(人工知能)を使った相場予想ツールであるオートチャーティスト機能

  • FXだけでなくCFD取引も可能で、それらの値動きもチャートに一緒に表示できる

  • 月曜早朝3時からトレード可能で、他のトレーダーに先駆けて取引できる(普通は朝5時から)



  • 等、トルコリラトレードをする上でかなりメリットのある口座なので、トルコリラ投資を考えていて、まだ口座を持っていない人は、この機会に是非どうぞ。





    特に、最近トルコリラ周りでは、週末に大きな事件が起こって、週明けどうなるか、というところが注目されることも増えてきており、そんな中で、まだ他のトレーダーがトレードをはじめる前の午前3時より取引ができるというのは、かなり大きなメリットです。(実際に取引しないにしても、週明けレートの方向感を見るなどの使い方もあります)





    また、サクソバンク証券については、当サイト限定キャッシュバック3,000円ももらえるので、口座開設は、当サイトから行うのがおすすめです。





    口座開設は、



    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。








    この記事をツイッターで紹介する
     






    FX米ドル円のおすすめ投資方法と、FX業者比較2018年11月

    2018年10月14日 18:34

    FX米ドル円





    米ドル円というのはFXにおいて基本中の基本であり、FXをはじめたときに、多くの人が一番初めに取引する通貨ペアでもあります。





    そこで今回は、この米ドル円にFXで投資する場合のおすすめの投資方法と、FX業者選びのポイントを解説し、最後にそれを踏まえておすすめのFX業者を紹介します。





    結論としては、


  • 中長期で上昇が期待され、高金利通貨でスワップポイントも高いので、基本的には買い推奨

  • 投資資金が40万円以上あるなら、外為オンライン(くりっく365)、それ以下なら1ドル単位で買えるSBIFXトレードがおすすめ

  • 自動売買をしたいなら、外為オンラインがおすすめで、1万通貨単位ならくりっく365、1,000通貨単位がよければ店頭FX(どちらでもiサイクル注文は使えます)

  • 買いと売りを両建てしてサヤ取りしたいなら、売り口座はセントラル短資FXがおすすめ



  • となっております。





    FXでは「どのように取引するか」と同じくらいに「どこで取引するか」ということが重要だとよく言われ、ドル円についても、取引する会社が違えば数万円、数十万円単位で利益が違ってくることもあるので、どこで取引するかについては、しっかりと検討する必要があります。





    最近では、米ドル円も高金利通貨に戻ってきており、スワップポイントが高いFX業者で取引すれば、1万通貨持っているだけで何もしなくてもスワップポイントが年間3万1,755円も入るようになっており、レバレッジ1倍でもスワップ年収益率2.8%となっております。(スワップポイントは、執筆時現在一番高い外為オンラインのくりっく365のレートで計算。基本的に米ドル円のスワップでは、くりっく365が一番高いです)





    そこで、こうした高いスワップを貰うということを基本線にしながら、おすすめの取引方法をまずは紹介していきます。





    米ドル円取引のおすすめの投資方法を3つ紹介







    先ほど書いたように、米ドル円は、今や高金利通貨であり、1万通貨持っているだけでも年間3万1,755円くらいのスワップが入ります。また、米ドルは通貨としても、アメリカという世界最強の経済大国の通貨で、貿易の世界でも基軸通貨として使われているようなもので、さらにそのアメリカ経済は安定して成長を続けているため、デイトレやスキャルピング以外では、基本的には買いで入るのがおすすめです(米ドル円の見通しについては、米ドル円今後の見通し予想2018年 | 米ドル円レート予想で詳しく書いております)





    その上で、米ドル円の取引については、以下の3つの方法がおすすめです。



  • 手動で下がった時に買いを入れていき、高くなったら売るか、長期で持ち続ける

  • 広いレンジで自動売買をする

  • スワップが高いFX業者と、マイナススワップの安いFX業者を合わせて、スワップの差額を貰う






  • それぞれ具体的に説明していきます。





    手動で下がった時に買いを入れていき、基本的に持ち続ける






    まずは自動売買を使わずに、手動で売買する手法から解説します。この手法の場合は、



  • FX初心者の方は、まずは長期で持ち続けるのを前提で取引する

  • ある程度相場を読める中上級者は高くなったら売る、安くなったら買うで取引する




  • というのがおすすめです。





    そもそも、日本という国は少子高齢化で今後経済は縮小していき、また、円で持っていてもほとんど利息が付かない中で、日本円だけ持っているというのは、自分の資産を全額円に投資しているのと同じ状態であり、危険な状態です。





    そこで、「資産の分散」という観点から、米ドルに長期で投資してスワップも貰い続けるというのは、自分の資産を守るという観点からもおすすめです。





    その場合、目安としては、自分の貯金のうち、3か月~半年分の生活費は残して、それ以外をレバレッジ2倍から3倍程度で投資するのがおすすめです。





    例えば、今貯金が100万円あって、生活費が月15万、3か月分を残すとすると、100万-15万×3か月=55万円なので、レバレッジ2倍だとちょうど1万通貨くらいを買うというのがおすすめです。(1万通貨だと、ドル円が大体110円なので、110万円分のポジションで、ちょうどレバレッジ2倍となります)





    これでも、上で書いたようにくりっく365のスワップで運用していると、年間3万円超のスワップが貰えて、スワップ収益率は年間約5.5%となり、さらに資産としても分散されるので、かなり有望な投資と言えます。(利回り5%というのは、安全な資産運用としてはかなり高い利回りです)




    レバレッジ2倍であれば、ドル円が60円まで下がってもロスカットされない水準で、ドルの史上最安値が75円であることを考えると、安全性も高い投資といえます。





    もちろん、一時的に為替が含み損になることはあると思いますが、下の記事でも書いているように、アメリカ経済の圧倒的な強さや、アメリカで利上げが続いており、日本との金利格差が広がっていくことを考えると、ドル円は中長期で上昇が予想されるので、一時的な含み損はそこまで気にする必要がないと思っております。

    関連記事:ドル円予想2018年 | 米ドル円見通しと今後のレート予想




    逆に、投資資金が40万円以下であれば、1ドル単位で買うことができるSBIFXトレードがおすすめです。





    ここでは、1通貨単位で購入を決めることができるので、例えば投資資金が10万円であれば、10万円×レバレッジ3倍÷112円=2,678ドルだけ買うというようなに、細かく買う単位を決めることができます。





    もし1万円しかなかったとしても、その10分の1で267ドルだけ買うといったことも可能ですし、なんならレバレッジ1倍で1万円÷1ドル112円=89ドルだけ買うという、外貨預金のような取引の仕方も可能です。





    ちなみに、この「資産を守るためにFXを活用する方法」については、今セントラル短資FXと期間限定でタイアップしているレポート(当サイトから口座開設して条件を満たせば誰でも無料でもらえるものです!)で詳細に書いておりますので、興味があればそちらもどうぞ。




    ウルトラFX

    口座開設のやり方は、【当サイト限定特典あり】セントラル短資FX口座開設方法の画像付き解説で書いてます。




    一方で、ある程度相場を読めるようになってきたら、相場は上下するものであるため、ある程度上げたら利確、下がってきたらまた買う、というような取引がおすすめですが、それを全自動でやるのが、次に書いた「自動売買」という戦略です。





    広いレンジで自動売買をする






    米ドル円今後の見通し予想2018年 | 米ドル円レート予想でも書いているように、米ドルは長期的には成長すると考えられる一方で、しばらくはレンジ相場が続く可能性が高いです。





    そこで、買い方向で自動売買(下がったら買い、上がったら売る注文を全部自動で入れてくれる取引)を行うと、何もしなくても自動で取引されるうえに、上がっても下がっても利益につながることになります。





    自動売買については、外為オンラインのiサイクル注文であれば、簡単な設定だけであとは全自動で取引してくれるようになるのですが、そこの過去3か月の利益で見ると、買いで入れていれば、ほとんどのやり方で利益が出ております。(iサイクル注文についての詳細な説明や使い方は、年間500万円の不労所得も!?初心者にもおすすめのiサイクル注文を徹底解説!をご覧ください)











    自動売買では、想定レンジの中での下落はポジションが溜まってむしろ利益に繋がるため望ましいのですが、その一方で想定レンジを超えて下落してしまうとロスカットになってしまうので、基本的には広めにレンジを取っておくことがおすすめです。





    なお、このiサイクル注文では、どのくらいレンジ幅を取ればいいかというのも自動でおすすめしてくれる機能もあるため、分からなければその設定でやるのもありです。





    また、後で詳しく書きますが、このiサイクル注文が使える外為オンラインは、米ドル円のスワップ条件が一番良いくりっく365にも対応しており、ドル円を取引する場合には、まずおすすめできます。

    外為オンラインの公式ページで詳細を見る)





    このように、広いレンジを取って自動売買するというのが、米ドル円の取引と方法としてかなりおすすめです。





    スワップが高いFX業者と、マイナススワップの安いFX業者を合わせて、スワップの差額を貰う







    これは若干邪道な方法ではあるのですが、裏技として、ドル円のスワップを為替リスクを低く抑えて受け取る方法を紹介します。





    ドル円は、今では高いところでは1日87円、年間3万1,000円くらいのスワップが貰えるように、高金利通貨としてなってきております。





    そこで、「スワップは欲しいが、あまり為替は値動きして欲しくない」という声が増えてきましたが、その場合、一つの方法を紹介します。





    それは、スワップが高いFX業者で買いポジションを持って、同じだけのポジションをマイナススワップがを安いFX業者で売るという方法です。






    この方法を使えば、値上がりすれば買いポジションは利益になる一方、売りポジションが損失になり、結果トントン、逆に下がっても買いポジションがマイナスとなる一方売りポジションが利益を出して結果トントンというように、為替の変動では利益が左右されず、スワップの差額分だけもらうことができます。




    執筆時現在では、

  • スワップが一番高いFX業者:外為オンラインのくりっく365の87円

  • マイナススワップが一番安いFX業者:セントラル短資FXの-50円


  • となっているので、その2社で1万通貨ずつ持つと、差額37円もらうことができて、この水準が続けば何もしなくても年間1万3,505円のスワップ差額を貰うことができます。





    もちろん、この方法でもFX業者間で微妙に提示レートが違うことや、また、ロスカットなどにあった時に片方だけポジションが決済されてしまうリスク、また、スワップが変動してプラスマイナスが逆転してしまう等、リスクはありますが、それでも為替リスクをかなり抑えた上で何もせずともスワップが毎日入るという魅力から、こうした両建て手法を中心にやっている人もいます。





    以上が米ドル円のおすすめの投資方法でした。では、次にこういた取引方法を実行するうえで、FX業者選びのポイントと、おすすめのFX業者について見ていきたいと思います。





    米ドル円を取引するFX業者選びのポイント






    FX業者を選ぶポイントは大きく4つあり、

  • スプレッド

  • スワップ

  • 自動売買の有無

  • 取引単位


  • があり、FX業者選びを間違えると、数万円単位で損する可能性もあります。




    まず、FXでは、スプレッド(買いと売りの際の差額。実質的には手数料)はFX業者によって大きく異なります。





    例えば、ドル円では、スプレッドについて高いところでは2銭、安いところでは0.3銭と、1.7銭の違いがありますが、これは1回1万通貨取引で170円の差となります。





    「たった170円」と思われるかもしれませんが、FXは何回もトレードするもので、平均して1日1回トレードすると、年間260日くらいはトレード可能なので、年44,200円もの差になり、仮に頻度がその3分の1でも年間1.5万円くらいの差になります。






    毎日1万通貨を1回の取引でもこれなのですから、デイトレやスキャルピングのような取引をした場合、年間では何十万円単位の利益の違いとなってくることになります。






    また、金利相当のスワップについても、高いところは1万通貨あたり87円に対し、安いところでは40円と、1日42円の差があり、これも年間換算すると2万円超の差になります。






    このように、スプレッド、スワップが業者によって大きく異なることから、FX業者の選び方で数万円単位の利益の違いとなってくることもざらにあります。





    また、上で書いた「自動売買」という方法で取引したい場合、当たり前ですが自動売買の対応の有無は最重要となります。





    ドル円が一番動くのはニューヨーク時間ですが、ニューヨーク時間というのは日本では深夜の時間帯なので、相場に張り付いて取引を重ねていくというのは、かなり難しいものとなります。ですが、ここで「取引をしない」というのは実はかなりの損をしており、例えば1万通貨で50銭の値幅で取引する場合、1回5,000円の利確になり、これを見逃すというのはイコール5,000円損したことと同じです。





    24時間相場に張り付いているわけにはいかないので、見逃す回数も1回や2回ではなく何十回となると思われますが、そうなると年間数十万円の差になります。





    このように、スプレッド、スワップ、自動売買の有無というのが、利益をあげる観点からは重要となります。





    一方で、今回の記事で比較する最後の「取引単位」というのは、「利益をあげる」という攻めの姿勢ではなく、「損失を抑える」という守りの姿勢では重要となります。





    多くのFX会社ではドル円は1万通貨単位での取引ですが、これは1ドル110円とすると約110万円分のポジションとなり、増やすときも減らすときも1万通貨単位での増減となるので、「ちょっと増やしたと思ったらポジションが大きくなりすぎていた」ということがありえます。





    それに対して、たとえば1通貨単位から取引できるのであれば、「レバレッジ1倍で数万円から数十万円分のポジションを持っておく」というような安全性の高い投資も可能です。





    では、以上の4つの観点からFX業者を比較した場合におすすめのFX会社はどこなのでしょうか?





    後で一覧表にもまとめますが、「どの条件で見ても全てでトップ」というような会社はないため、「こういう取引をしたいならここ」というような形で紹介していきたいと思います。





    米ドル円取引の際のおすすめFX業者







    米ドル円をFXで取引する場合、以下の会社がおすすめです。






    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    最高のスワップで自動売買をしたい人におすすめ!

  • 自動売買可能!(期間限定で手数料無料)
  • スワップもトップ
  • 金融取引所FXのため信頼性が高い
  • SBIFXトレード

    取引通貨単位が1通貨から選べる

  • 1通貨単位で取引可能
  • スプレッド・スワップもトップクラス
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン

    1,000通貨単位で自動売買をしたい人におすすめ!

  • 自動売買可能!(期間限定で手数料無料!)
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • セントラルミラートレーダー

    売り建てたい人におすすめ!

  • マイナススワップがトップレベル!
  • スプレッドもトップクラス
  • 当サイト限定のFX投資戦略レポート+5,000円のキャッシュバックあり






  • 上にあげた「スプレッド」「スワップ」「自動売買」「取引通貨単位」という4つの観点のうち、「自動売買」「スワップ」という点でトップになるのが外為オンライン(くりっく365)です。





    くりっく365というのは金融取引所が運営するFXで、「スワップが高水準」「信頼性が高い」「約定拒否・スリッページがない」といった点で人気が高いところです。これについては、 くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で詳しく書いてあるのですが、くりっく365の会社間では、スプレッド、スワップ、取引単位はすべて同じで、その一方、手数料や取引ツールなどに違いがあります。





    くりっく365の米ドルのスワップは、後で一覧表でもまとめますが、2018年2月8日の執筆時現在業界でトップであり、また、長期投資で重要な「信頼性」という観点も、公的機関である東京金融取引所が運営するものなので、スワップ狙いという観点からは一番おすすめです。





    その一方で、くりっく365は1万通貨単位での取引しか対応していないという欠点があり、そこが気になるけど自動売買をしたい人は後で紹介する外為オンライン(店頭)、自動売買は対応しなくていいという人は、SBIFXトレードがおすすめです。





    くりっく365で取引ができるFX業者は色々ありますが、その中でどこがいいか、ということについては、外為オンライン、岡三オンライン証券、GMOクリック証券等、様々あるのですが、米ドル円取引については、外為オンラインでの取引をおすすめします。





    ここはiサイクル注文と言う注文の仕方ができるところで、これはどういうものかというと、ほったらかしで年間500万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文の使い方と設定方法で詳しく書いてあるのですが、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを24時間自動売買してくれるものです。






    このように、「長期投資で必要なスワップの高さ」「信頼性」がトップであることに加え、自動売買も可能であることから、まずここをおすすめしました。





    口座開設は


    外為オンライン(くりっく365)
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込




    からできます。





    次に、「スプレッド」、「取引単位」という観点からのおすすめなFX業者として、SBIFXトレードがあります。





    ここは、1通貨単位から取引可能、つまり取引量を自由自在にコントロールできるという点が最大の魅力です。





    また、スプレッド、スワップについてもトップレベルで、1万通貨までならドル円スプレッド0.27銭(1万通貨以上で0.29銭)、スワップも1日78円というように、トップレベルとなっております。





    このようにスプレッドがトップレベルであり、かつ、1通貨単位からの取引もできるため、オリコンのFX顧客満足度ランキングの、スプレッド・手数料部門で1位となっているなど、低スプレッドを重視する人に最も選ばれている口座でもあります。





    「細かい単位で取引をしたい」「スプレッド・スワップも高い水準がいい」という場合、ここがおすすめとなります。





    口座開設は


    SBIFXトレード
    SBIFXトレード


    からできます。





    次に、1,000通貨単位で自動売買をしたい人におすすめなのが、外為オンライン(店頭)です。




    ここは先ほど紹介した外為オンラインの店頭FXバージョンで、こちらでもiサイクル注文は使えますが、下で見るとわかるように、くりっく365と比べると、スプレッドやスワップにおいては、くりっく365と比較して、条件が少し悪くなります。





    ただし、その一方で、1,000通貨単位での取引ができるというメリットがあるため、「まずは少ない取引単位でやりたい」という人には、店頭FXの方をおすすめします。





    自動売買の場合、基本的には裁量トレードより手数料が高く、スワップも低いものですが、下で見てもらうと分かるように、外為オンラインのiサイクル注文は、そこまで悪い条件ではなく、また、1回取引機会を逃す方が、スプレッドやスワップの差よりもインパクトが大きいので、1万通貨だと自動売買で厳しい場合、外為オンラインの店頭FXがおすすめです。





    口座開設は



    外為オンライン((店頭)
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込




    からできます。





    最後に、スワップはスワップでも、売り建てる場合のマイナススワップが安いところとして、セントラル短資FXをあげます。





    ここは、売り建てるときのマイナススワップが1日-50円と、最後に一覧表で見てもらうと分かるように、かなり少なくなっております。





    スプレッドについても、原則固定で0.3銭とトップレベルの水準ではあるので、売り建てる場合はここがおすすめです。





    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円の特別キャッシュバックを貰えるので、セントラル短資FXで口座開設をすることを考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。





    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)





    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。





    口座開設は


    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス


    からできます。




    米ドル円FX会社、スプレッド、スワップ、自動売買、取引単位を一覧で比較 2018年







    最後に、上で紹介しなかった会社も含めて、米ドル円のスプレッド、スワップ、自動売買、取引単位の一覧表をまとめます。なお、スプレッドの単位はすべて銭で、変動以外のスプレッドはすべて原則固定スプレッドであり、スワップはすべて記事作成時点の1日あたりのスワップ金額(単位は円)です。



    会社名スプレッドスワップマイナススワップ取引単位自動売買
    外為オンライン(くりっく365)変動87-87
    SBIFXトレード0.2778-791×
    外為オンライン(くりっく365)170-100
    セントラル短資FX0.340-50×
    DMM FX0.368-68×
    GMOクリック証券【FXネオ】0.373-76×
    ヒロセ通商0.340-120×
    JFX株式会社0.340-120×
    サクソバンクFX変動58-100×
    みんなのFX0.364-110×
    FXプライムbyGMO0.670-90×
    ひまわり証券270-100×
    インヴァスト証券4.3※70-81






    口座開設は





    外為オンライン(くりっく365)
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード





    外為オンライン(店頭)
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス





    からできます。





    【関連記事】

    ほったらかしで年間500万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文の使い方と設定方法

    NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2018年

    豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しとFXおすすめ業者2018年(毎月更新!)

    NZドル為替見通しと、FXおすすめ業者2018年(毎月更新!)

    トルコリラ為替見通しと、FXおすすめ業者2018年(毎月更新!)

    南アフリカランド経済・為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年(毎月更新!)

    業者が違えば利益が数十万円変わる!?FXスキャルピングおすすめ業者2018

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2018年





    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    トルコリラFX、おすすめ投資方法とFX業者比較2018年10月

    2018年10月10日 13:59

    トルコ





    今回は政策金利が24%と、高金利通貨としてFXでも人気ながら、最近暴落していることもあり、一体どうしたらいいのか、と多くの人が困惑しているトルコリラについて、今後おすすめの投資方法を書いていきます。(今流行りつつあり、先日の暴落局面で何十万円と稼いだ人もいるような、トルコリラ売りの方法についても書いております)





    また、その投資方法をやるうえでどこで取引したらいいかということについて、トルコリラのスプレッド、スワップ、自動売買の有無等を比較して、おすすめFX業者を紹介します。





    トルコリラは、取引するFX業者が違えば、数万円から数十万円単位で利益に差が出ることもあるので、どのように投資をするかというのと同じくらい、どこで投資するかということも重要なので、ぜひ最後まで読んでください。





    以下のような順番で書いていきたいと思います。





  • トルコリラおすすめ投資方法その1 安い時に買い増す

  • トルコリラおすすめ投資方法その2 短期的に売り建てる

  • トルコリラおすすめ投資方法その3 両建てでポジションを持つ

  • トルコリラのFX投資で、FX業者が違えば何十万円単位で利益が違ってくる理由とは?

  • トルコリラ投資のおすすめFX業者

  • 主要なFX業者のトルコリラのスプレッド、スワップ、取引単位、自動売買の有無の比較表






  • なお、トルコリラの今後の見通しについては、トルコリラ為替・経済今後の見通し予想2018年(毎月更新)で書いておりますので、こちらもどうぞ。





    トルコリラおすすめ投資方法その1 安い時に買い増す







    「安い時に買い増す」というのは、高金利通貨への投資法としては王道の方法です。





    これは、将来上がった時に最高に気持ちの良い投資法でもあるので、ウォーレンバフェットのように、「私は自分の保有している株式が下がっても全く気にしない」というような人におすすめの投資法です。例えば、他の通貨ではこういうことがありました。





    リーマンショックの前、米ドル円は120円くらいだったのですが、リーマンショックからの民主党政権でドル円はじりじりと下げ続け、米ドル円は一時的に70円台半ばまで落ちました。この時、管理人は、FXをはじめてそこまで間もない時代だったので、かなり混乱しておりました(当時はまだレバレッジ規制もなく、管理人のポジションは95円くらいのところで強制ロスカットどころか、一部追証すら食らいました。)





    あの時は「FXなんてもう二度とやるか」と思い、一時FXから離れましたが、80円台に落ちてきた米ドルを見て、「アメリカはそろそろ立ち直りつつあるのに、さすがに売られすぎというか、円が買われすぎでは」と思い、少しずつ落ちれば買いという取引を繰り返しました。





    それでも東日本大震災があったり、その後も謎に円高傾向が続き、何度かストップロスも食らいながら、3年くらいの間苦しい思いを続けました。(当時為替介入をして一瞬ドル円が上がって、またすぐ戻す・・・・・というような、一瞬期待させて落とすという、精神が一番砕かれるやつを何回も食らいました)





    今では「3年間」とたったの3文字で書くことができますが、当時の自分にとってその「3年間」は非常に長く感じられ、その時は長期ポジションの口座は怖くて見られず、短期トレードばかりやっておりました。そうやってぐだぐだした相場を見ながら半ば諦めていたころに、流れが変わりました。





    自民党に政権交代して、いわゆる「アベノミクス」がはじまってからドル円は大きく伸びて、その結果、リーマンショックで失ったとき以上の利益を手にしました。(ただ、98円の時にほとんどのポジションを売ってしまったのはご愛敬なのですが・・・・・(笑))





    他にも、南アフリカランドでやった時には、一時史上最安値の6.3円まで落ちたこともあったものの、最終的にはズマ大統領が退任したことで大きく回復し、大幅な含み損から一気に大幅な含み益、しかもスワップも大量に累積しているとなった時は、本当に最高でした。





    この方法の弱点は、上でも書いたように、下落相場では、かなり「我慢」が必要だということがあり、トルコリラホルダーの多くは、これまでかなりの我慢を重ねてきて、その上で、8/10や13のいわゆる「トルコリラショック」の時には耐えきれず、ロスカットとなった人もおります(管理人も、割と大きな額を自分で設定したストップロスで持っていかれてしまいました・・・・・)





    とはいえ、今後はどうかというと、トルコリラの場合、確かにこのまま暴落というリスクもありますが、最近では暴落の原因であった利上げできないということや、アメリカとの関係について改善が見られ、トルコリラのレートも少しずつ戻してきており、今後上がる可能性は高まりつつあります。


    関連記事:トルコリラ今後の見通し2018年 | トルコリラはどこまで下がる?





    また、トルコリラの場合、そうしたリスクに見合っただけの巨大なリターンもあるので、まずこの方法から書きました。以下、具体的な数字を使ってみていきましょう。





    まず、トルコリラという通貨自体の特徴としては、その非常に高い金利があげられ、政策金利はなんと24%にもなっております。他の高金利通貨では、南アフリカランドで6.5%、NZドルで1.75%、豪ドルで1.5%であることを考えると、非常に高い水準であることがわかります。





    そのためスワップポイントも非常に高く、高いところでは1万通貨持っていれば1日118円というところもあります。これはこの水準が続けば年間で4万3,070円にも相当し、今19円程度なので、この水準が続くと、レバレッジ1倍でも収益率で換算して約22.7%にもなります。(執筆時現時点でスワップが一番高いサクソバンク証券のレートで計算)





    また、他の考え方をすると、スワップで年間4万3,070円ということは、トルコリラが1年後4円下がっても収支はトントンということで、為替がよほどの落ち方をしない限り、プラス収支をとれるという点がトルコリラの最大のメリットとなります。(そのよほどの落ち方をしているのが困りものでもあるのですが・・・・・)





    このように、トルコリラはスワップが非常に高くて魅力的であること、及び、トルコリラは多くの会社で1万通貨から取引できて、今19円程度で、1万通貨買ってもポジションとしては19万円、レバレッジ2倍でも10万円から買える通貨ということもあり、やはり長期保有を前提に買うか、もしくはもう少しリスクを取りたいならナンピンで買ってスワップをもらうというのが基本的なトレード方針となります。





    数字を使って考えましょう。例えば18円で1万通貨、17円で1万通貨、16円で1万通貨・・・・と買って、そこからさらに大暴落して10円まで落ちたとしましょう。






    この時、含み損の合計は、10,000+20,000+30,000+40,000+50,000+60,000+70,000+80,000=360,000円(36万円)になります。結構な金額の損失になりますが、この時平均スワップもたとえ90円になったとしても、9万通貨持っているので、一日90円×9=810円のスワップで、360,000(損失)÷810(1日スワップ)=444日、つまり1年ちょっとでスワップだけで穴埋めできるということです。





    そして、そのあと価格が少し前までの水準である20円まで戻ったら、今度は含み益が逆に55万円になり、しかもスワップもそれ以上になっている、2016年年始の水準である40円まで戻せば含み益235万円、しかもスワップも毎日ついている・・・・という夢のような状況です。





    このように、高金利通貨は多少通貨安になってもスワップだけで穴埋めができるというのが特徴で、そのため長期保有を前提に買い持ちするか、もう少しリスクをとるなら、安くなった時にナンピンで買って価格が戻ったら売ることで一気に大儲け、というのが基本となります。(急激な為替変動のリスクはあり、その場合には損失が出るリスクもあります)





    最近では、トルコリラ急落によって含み損が膨らみ、「もうだめだ」とあきらめる人も多くなっておりますが、先ほども書いたバフェットの言葉にも、「辛抱強さや冷静さは、知能指数より重要」というものがあるように、こういう下落相場でこそ、買い増しして上がるのを待つ、というのが、高金利通貨の投資の基本です。





    ただし、その一方で、「いつ上がるか」までは見通せず、また、トルコリラ安が実体経済にも響いてさらに大暴落というリスクもあるのが現状なので、「資金を追加投入してどこまでもついていく」というのは絶対にやめておくべきなので、その点はご留意ください。





    この方法を使う場合の留意点は、やはり「スワップが高いところを選ぶ」「できれば取引単位も小さいところを選ぶ」ということが重要で、そうなると、

  • 1日118円のスワップがもらえて5,000通貨単位で取引できるサクソバンク証券


  • スワップは102円になるものの、1通貨単位で取引できるSBIFXトレード


  • での取引がおすすめです。(下でも書きますが、スワップが少ないところでは1日60円となっており、スワップの差はFX業者によって非常に大きなものとなっております)





    このように、「下がった時に買い増す」というのが、トルコリラの基本的な取引方法なのですが、とはいえ、この方法は上でも書いたように、今はかなり「辛抱強さ」が必要な時期なので、そういうのはちょっと・・・・・と思う人には、次の投資方法をおすすめします。





    トルコリラおすすめ投資方法その2 短期的に売り建てる






    トルコは現在も、高いインフレ率、エルドアン大統領の暴走リスク、対外債務の返済期限など、様々な問題を抱えており、短期的に下落する可能性もあります。(詳しくはトルコリラ為替・経済今後の見通し予想2018年(毎月更新)で書いております。管理人としては、基本的に短期的には上昇を予想しますが、下落する可能性もあります)





    そこで、トルコリラについて、短期的に売り建てるということも考えられます。





    ここで「短期的に」と書いたのは、高金利通貨であるため、長期になるとマイナススワップの影響が大きくなってくること、また、中長期的にはトルコはアジアとヨーロッパをつなぐ位置にあり、地政学的な要所であり、労働力人口の増加などもあってトルコが成長することが考えられることから、売る場合短期でのポジションにとどめておくのがよいかと思われるためです。





    高金利通貨で売り建てというと抵抗感を持つ人もおりますが、デイトレでは日付をまたがなければマイナススワップが発生しないため、下落相場の時にデイトレで売り建てるというのが最近では利益を上げやすい方法となっており、実際に専業トレーダーの友人やFX会社の友人に聞くと、それで利益を上げている人も多いようです。(当サイトのアドバイザーの一人である専業トレーダーは、トルコリラ売りで8/10の暴落相場で60万円利益を出したらしいです・・・・管理人はこういう荒い相場の時のトレードが苦手なので、ただ含み損が増えるのを呆然と見ておりました(苦笑))





    この方法で注意すべきなのは、大きく2つあり、

  • トルコリラのスプレッドが狭い会社で取引する

  • ロスカットは必ず入れる


  • ということがあげられます。





    まず1つめのトルコリラのスプレッドについては、狭いところと高いところで10銭以上の差があります。10銭違えば、1万通貨取引しただけでいきなり1,000円の差になるので、この違いはかなり大きいです。





    次のロスカットについては、トルコリラは最近は明らかに下がりすぎであり、例えばUSD/TRYは、これまで15年間で見ると、2016年の1.0が一番大きい動きだったのが、2018年に入って最大3.0以上上昇しており、過去15年間で圧倒的に最大の下落幅となっております。





    また、短期的にはアメリカとの関係改善や、対外債務による売り圧力を超える買いが入る可能性もあり、その場合トルコリラが急にあげる可能性もあります。





    このように、スプレッドが狭いところで取引するということと、ロスカットをきちんと入れるということが、売り建てる場合非常に重要になります。





    なお、売り建てをする場合、スプレッドが一番狭いみんなのFXか、短期トレードに特化するという点でスキャルピングOKでUSD/TRYチャートも見れて、スプレッドも狭いサクソバンク証券あたりがおすすめです。





    短期トレードであれば、節目の金額などをUSD/TRYで考えるべきですが、サクソバンク証券はUSD/TRYも取り扱っており、チャートも見ることができます。また、サクソバンク証券については、当サイトからの申し込み限定で特別3,000円のキャッシュバックがもらえますので、口座開設を考えている場合、当サイトから行うのがおすすめです。





    以上のように、トルコリラは「長期で買い増す」「短期で売り建てる」というのが基本なのですが、最後に裏技として、「両建てすることでスワップの差額を抜く」という、いわゆる「アービトラージ」について解説します。





    トルコリラおすすめ投資方法その3 両建てでポジションを持つ







    これは、買いポジションを持ちながら、同じだけのポジションを売りポジションで持って両建てすることで、為替の動きを相殺するという投資法です。





    「それだと上がっても利益が出ないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ここには一つカラクリがあり、FX業者間での買いスワップと売りスワップの違いを利用することで、その差額のスワップだけ貰うという投資法です。





    これで具体的にどのくらいの利益が出るかというと、今買いスワップが一番高いところで1日118円、売りスワップが一番少ないところで-92円なので、その差額は1日26円で、この水準が1年続けば、9,490円の利益になります。これはトルコリラの値段が19円なので、年収益率で換算すると、レバレッジ3倍で運用すれば7.5%とそれなりの数字(※)になります。




    ※ 以下の2社の執筆時現在の1日のスワップ額で算定

    買い会社:スワップが執筆時点で一番高いサクソバンク証券

    売り会社:マイナススワップが執筆時点で一番安いGMOクリック証券【FXネオ】





    この手法の注意点は主に2点あり、

  • 買いスワップと売りスワップの関係が逆転したら損になる

  • 相場急変時には、一方だけロスカットされてしまうリスクがある


  • ということがあります。





    1つめについては、ある程度定期的にスワップポイントを確認して、きちんとプラスになっているかということを確認することで、「まずくなったら一度ポジションを全決済」とすることで、それまでの利益を得ることができます。





    もう一つのロスカットについては、例えばレバレッジ3倍とかであれば、そこまでロスカットは近くないので、「最近動いたなあ」と思ったときにチェックして、ロスカットが近づいてきたら上と同じで一度ポジションを全決済すればOKです。(例えば、8万円でトルコリラを1万通貨であれば、おおよそ7円くらい動いたときにロスカットになります。これはトルコリラでいうと、買いが15円でロスカット、売りが29円でロスカットくらいの水準です)





    そのため、この投資法を使う場合、ある程度定期的にスワップの状況や、口座のロスカットまでの金額等をモニタリングする必要はありますが、かなりリスクを抑えた上で、スワップの差分を丸々利益として得ることができます。





    以上がトルコリラについてのおすすめの投資方法でした。次に、こうした投資方法をする場合、どこのFX業者で取引するのがおすすめなのか見ていきます。





    まずは、何故FX業者選びが重要なのかについて、具体的な数字も使って説明します。





    FX業者が違えば数万円、数十万円利益に違いが出る理由







    FXでは、「どうやって取引するか」と同じくらい「どこで取引するか」が重要と言われますが、それはトルコリラについても当てはまり、スプレッドでも、スワップでも、FX業者が違えば年間数万円から数十万円の違いになります。





    具体的な数字をあげて考えましょう。




    スプレッドでは、安いところでは原則固定で1.8銭であるのに対し、高いところでは15銭となっており、その差は13.2銭あり、これは、1万通貨持てばその時点で1,130円の違いになります。





    1回だけでも高いランチくらいの差になりますが、トルコリラの場合、1万通貨で30万円にもならないので、10万通貨で取引することもあるかと思いますが、それをやると1回で1万円以上利益に差が出るということになります。





    これが10回積み重なれば13万円と、年間で考えると大きな差になります。





    また、スワップについても高いところでは118円に対し、安いところは60円と58円の差があり、これも1万通貨を1年間持つだけで2.1万円もの差になります。





    このように、スプレッド、スワップの違いが大きいため、FX会社が違えば同じ取引をしても数万円から数十万円の利益の差が出ることがあります。





    また、ほかにも自動売買の有無という点も大きな違いになります。





    トルコリラは、大きく動いたが結局元に戻るみたいな動きをすることも多く、そこで取引をできていれば大きな差になります。





    例えば、50銭で売買するストラテジーであれば、1回その取引機会を見逃すだけで5,000円の差になります。





    為替相場は日本では深夜のニューヨーク時間に動くことが多く、また、ほとんどの人にとってFX以外にもやることがあり、相場に1日中ずっと張り付いているわけにはいかないことからも、自動売買の有無というのは、実は大きな違いとなります。





    以上のように、FX会社によって同じようにトルコリラを取引する場合でも大きな違いとなるのですが、では、そのうえでどこで取引をするのが良いのかを次に見ていきましょう。





    トルコリラ、スワップ投資のおすすめFX業者







    それでは、トルコリラの取引条件について、スプレッド、スワップ、自動売買の有無等を含めて、トルコリラ取引のおすすめFX業者を紹介したいと思います。




    FXでは、口座開設や口座維持の手数料は一切無料で、口座を持っていることのデメリットはないので、持っていない口座があれば、「いざ使いたくなった時に使える」という状態にするためにも、とりあえず持っておくとよいと思います。(実際管理人は20社以上FX口座を持っており、その中には使ってない口座もありますw)





    また特にスワップは、今は下でも書くようにサクソバンク証券がトップですが、これまでずっとトップであったみんなのFXが再び逆転することも大いに考えられるため、その時のためにもとりあえず口座は持っておくとよいと思います。





    それでは、具体的にトルコリラをFXで取引する場合のおすすめ業者を紹介していきます。






    サクソバンクFX

    世界のプロ仕様のFX口座

  • トルコリラのスワップがトップ
  • USD/TRYのチャートを見ることができる
  • スキャルピング歓迎を明言
  • 月曜早朝に他のFXトレーダーに先駆けてトレード可能
  • 当サイトから申し込み限定で3,000円の特別キャッシュバックあり
  • はっちゅう君

    長期で売りポジションをもつならここ

  • マイナススワップが一番少なく、両建ての売り口座におすすめ
  • FX年間取引高6年連続世界1位
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッドで選ぶならここ

  • 原則固定の中でスプレッドもトップ
  • スワップも安定してトップレベル
  • 1,000通貨単位取引可能
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    忙しいあなたにおすすめ

  • iサイクル注文で自動売買可能
  • スワップ・マイナススワップもトップレベル
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • FXダイレクトプラス

    急落時にも安心!信頼性で選ぶならここ

  • 急落時にも安定した価格を提示してくれる
  • 100年以上短資会社として運営している金融機関との信頼関係
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定FX投資レポート+5,000円の特別キャッシュバックあり
  • SBIFXトレード

    ワンコインでも取引可能

  • ワンコインでも投資が可能
  • 1通貨単位で取引可能!
  • スプレッド・スワップも高水準






  • サクソバンク証券(高いスワップ、USD/TRYチャート、スキャルピング等、まず持っておきたい口座)







    サクソバンク証券は、日本では知る人ぞ知る中上級者向けFX会社というイメージの会社ですが、トルコリラを取引するうえでまず持っておきたい口座です。





    ここは、世界のプロトレーダーと同水準のFX取引をモットーにした会社で、南アフリカランドやトルコリラといった、いわゆる「プロ向け通貨」に力を入れており、また、スキャルピングも歓迎している会社です。





    そのため、スワップは9月の利上げ後FX業者の中でトップとなり、10月現在もその高い水準が続いております(これまではみんなのFXの方がスワップが高かったのですが、最近逆転しました)





    また、USD/TRYのチャートも見ることができるので、「トルコリラ円」ではなく、対ドルでどうなっているのかということを見る場合には、ここのチャートを非常に重宝します。





    さらに、この会社を「知る人ぞ知る」としている要素の一つに、月曜早朝3時から取引が可能という点があります。





    おそらく「月曜朝何時から取引できるか」という点でFX会社を比較した人はあまりいないと思いますが、ほとんどのFX会社は、月曜は朝5時からの取引となっております。それに対して、サクソバンク証券では朝3時から取引ができます。





    「それに何の意味があるの?」と思われるかもしれませんが、例えば、土日に何か大きな事件があった時を考えてみてください。





    当然土日は為替市場が閉まっているので、FXで取引はできませんが、その事件にあわせて月曜の為替は大きく動くことになります。そして、その「事件」は金曜には当然織り込んでいないので、月曜の朝「早い者勝ち」となります。





    そして、その際、サクソバンクであれば、朝3時に他のトレーダーに先駆けて取引ができるということです。




    トルコリラ周りでは、最近金曜の夜から土日に大きなことが起こって、月曜日に窓開けすることも多くなっているので(トルコショックの後などまさにそんな感じでした)、こうしたサクソバンク証券ならではの特徴は、トルコリラをトレードする上で大きなメリットとなります。





    なお、当サイトからサクソバンク証券の口座開設を申し込むと、3,000円の特別キャッシュバックもあるので、サクソバンク証券への口座開設を考えている場合、当サイトから申し込むのがおすすめです。





    口座開設は



    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





     GMOクリック証券【FXネオ】(長期で売りポジションを持つのにおすすめ)







    ここは、下で一覧にまとめますが、トルコリラ売りポジションのマイナススワップが一番少なくすむ会社です。





    そのため、おすすめの投資法3で書いた「買いと売りを両建て」という戦略をとる場合に、売る側のFX業者としては、ここがおすすめとなります。





    また、GMOクリック証券は、2012年以来6年連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位と、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれいる会社であり、まだ口座を持っていないのであれば、まずは持っておくのがおすすめの会社です。





    口座開設は


     GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    みんなのFX(スプレッドで選ぶ時におすすめ)






    みんなのFXは、スプレッドは原則固定の中でトップレベル、1,000通貨単位取引もできる、スワップもトップクラスというように、トルコリラを取引するうえでのスペックがどれもハイレベルという特徴があります。





    ここは、トルコリラの取扱いを今年の1月29日より開始したばかりなのですが、とにかく高スペックであり、原則固定スプレッドの中ではトップの1.8銭、スワップも1日110円とサクソバンク証券に抜かれるまではずっと一番高く、その上で1,000通貨単位でも取引できるというように、非常にレベルの高い会社です。





    スワップはサクソバンク証券に抜かれたとはいえ、スプレッドや取引単位ではみんなのFXの方が現時点でも強みがあり、また、スワップについても110円で安定して提供しているという点で、安定感という面からみんなのFXの方がいいという人も多くおります。





    口座開設は、



    みんなのFX
    application_orange_b_320_100.png




    からできます。(口座開設のやり方や、事前に準備しておくべきものについては、要望が多かったのでみんなのFX口座開設のやり方と用意すべきもの(画像付きで解説)で解説したので、そちらもご覧ください)





    外為オンライン(くりっく365)(忙しい人におすすめ)







    次にスプレッド、スワップともに長い間トップレベルで、取引先としても約定拒否やスリッページがありえないという信頼できるところで、さらには自動売買も可能である結果、くりっく365を紹介します。





    くりっく365については、 くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で詳しく説明し、業者間の違いも比較しているのですが、簡単に言うと、くりっく365とは東京金融取引所が運営するFXであり、スプレッドやスワップは東京金融取引所が公平に決めております。そのためくりっく365の業者間ではスワップの条件は全て同じです。





    ここは、取引所とのやりとりで信頼性があるということや、スリッページや約定拒否がありえないということに加え、トルコリラについてはスプレッド、スワップともにトップレベルの条件であることから、トルコリラ取引では人気が高いです。





    また、くりっく365の特徴の一つに、「プラススワップ=マイナススワップ」というものがあり、例えば買いスワップが100円なら、売りのマイナススワップは必ず-100円になるというような関係になっており、後で比較表でもまとめますが、売り建てる際にもおすすめとなります。





    ちなみに、くりっく365で取引ができるFX業者は色々ありますが、その中でどこがいいか、ということについては、トルコリラ取引については、外為オンラインでの取引をおすすめします。





    その理由としては、くりっく365では業者ごとに違うのは取引ツールと手数料くらいで、外為オンラインについては、基本的に手数料無料、チャートも使いやすい、スマホや携帯にも対応しているというように、全て条件が良いことに加えて、iサイクル注文という自動売買がくりっく365でもできるというのがあげられます。





    このiサイクル注文と言うのは、年間500万円の不労所得を稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法で詳しく書いてあるのですが、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。





    そして、このiサイクル注文については、「値動きの激しい高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。





    これは、iサイクル注文で買いを入れた場合、レンジ相場であれば、値動きが激しいため、基本的に上げ下げしており何度も約定して利益が出るということになります。また、その間でも日をまたいで買いポジションがあれば、スワップも当然もらえます。





    また、上がっている時も、一本調子にあがるということはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます。





    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確する・・・・・・という夢のような状態になります。





    おすすめの取引方法について、「下がった時に買って、上がった時に売る」というのを書きましたが、これを24時間完全に自動でやってくれて、その間の値動きでも利益を出せるというのがこのiサイクル注文です。





    このように、値動きの激しい高金利通貨とiサイクル注文という組み合わせを、スプレッド、スワップ共にトップクラスの条件でできるというのが、ここをまず一番におすすめした理由です。





    口座開設は


    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png




    からできます。





    セントラル短資FX(信頼性で選ぶならおすすめ)







    次に、「レートの信頼性」という点でおすすめなのが、セントラル短資FXです。





    セントラル短資FXは元々短資会社(金融機関の間での取引を仲介する会社)として100年以上金融機関との付き合いがある会社で、相場が大きく動いた時にも安定したレートを提示してくれることを重視する場合もここがおすすめです。





    実際に、例えばトルコリラ急落時の主要FX会社提示レート一覧で2017年にあったトルコリラ急落時の提示レートをまとめておりますが、セントラル短資FXでは急落時に他の会社がほとんど29円を割り、中には27円台まで落ちたところもある中で、29.65円と、適切なレートを提示し続けました。





    短期トレードでは、「いきなり大きく動いて、約定されない」というのが一番恐ろしいことですが、セントラル短資FXであれば、そういった心配をしなくてすみます。





    この会社も1,000通貨単位での取引も可能なので、「売り建てをやったことがないので、少しずつ試してみたい」という人にもおすすめできます。





    また、当サイト限定・11月までの期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)





    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。





    口座開設は


    セントラル短資FX
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。





    SBIFXトレード(少額からはじめたい人におすすめ)







    次に、ナンピンをするためには細かく小さい単位で取引を重ねたいという人もいると思いますが、そういう人にとってのおすすめ業者として、1通貨単位取引が可能(1トルコリラから売買可能)な会社が、SBIFXトレードです。





    ここは下でまとめますが、スプレッドやスワップも悪い条件ではなく、かつ、1単位で取引できる唯一のFX業者であることから、まずは小さい単位ではじめたいという人にはおすすめです。





    口座開設は




    SBIFXトレード
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。






    主要なFX業者のトルコリラのスプレッド、スワップ、取引単位、自動売買の有無の比較表








    最後に、上で紹介しなかった会社も含めて、主要なFX会社のトルコリラのスプレッド、スワップを一覧でまとめます。スプレッドについてはセントラル短資FXのものを除いて原則固定スプレッドで単位は銭、スワップについては執筆時点のもので単位は円となります。



    会社名スプレッドスワップマイナススワップその他
    サクソバンク証券平均2.5118-140・USD/TRYチャートが見れる
    ・スキャルピングOK
    GMOクリック証券【FXネオ】2.992-92・マイナススワップトップ
    みんなのFX1.8110-110・スワップトップ
    ・スプレッドもトップレベル
    外為オンライン(くりっく365)平均3.9109-109・金融取引所FX
    ・自動売買可能
    セントラル短資FX変動85-97トルコリラ急落時に一番提示レートが良く信頼性が高い
    SBIFXトレード4.8
    6.8
    102-1081通貨単位取引可能!
    ヒロセ通商1.9102-187
    FXプライムbyGMO885-100
    FXトレード・フィナンシャル1576-90
    フィリップ証券変動60-100


    ※ 変動スプレッドでもスプレッド実績を開示しているくりっく365とサクソバンク証券については、直近の平均提示スプレッドを採用
    ※2 GMOクリック証券のトルコリラスプレッドは基本的には原則固定1.9銭ですが、当面の間原則固定の適用対象外となっております。




    上でも書いたように、FXでは口座開設や口座維持に手数料は一切かからず、FX口座を持っていることにデメリットはないので、「いつか使うかもしれない」くらいでも、とりあえず持っておくのがおすすめです。




    口座開設は



    サクソバンク証券
    サクソバンクFX





    GMOクリック証券【FXネオ】
    GMOクリック証券





    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]





    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード



    からできます。





    【関連記事】
    トルコリラ為替・経済今後の見通し予想2018(毎月更新)

    FXおすすめ業者総合ランキング2018年 | 総合力で比較

    FXスキャルピングおすすめ業者ランキング2018年 | 最新のスプレッド比較

    年間500万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

    無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法

    みらいチャートにトルコリラ追加!みらいチャートの使い方を解説

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2018年

    くりっく365取扱会社徹底比較2018年版~税で比べるのはもう古い!?~