ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~

2015年01月11日 17:13

今回はオリンピックによる効果やアベノミクスなどから値上がりが期待される日経平均225のCFDについて、おすすめ業者を紹介します。





日経平均225ってそもそも何?






日経平均225とは、東証1部に上場している企業の内、特に活発に取引されている(=人気の高い)銘柄について日経新聞社が225社選び、その平均株価のことです。




ですから、個別の株に投資するのではなく、日本の株式が全体的に上がるかどうかで買うことができます。また、投資の世界では「卵を1つのかごに入れるな」ということわざがあり、分散投資が推奨されますが、225社は様々な業種から選ばれているため、日経平均を買っておくと「分散投資」という点でも自動的になされることになります。




「株だと1社ずつ調べないといけないから面倒」とか、「どうやってポートフォリオを組めばいいかわからない」という人には、日経平均の取引がおすすめです。





日経平均225の取引の仕方は?






大きく2つあり、先物取引か、CFDで取引するかです。ですが、私は個人的にはCFD一択だと思っています。





というのも、一番大きいのが、取引単位の違いです。日経平均では1,000単位、miniでも100単位からしか買えないのですが、今の日経平均は13,860円なので、1,000単位なら1386万円、100単位でも138万円分ものポジションを持たないといけないためです。




miniの100単位なら大丈夫かもと思うかもしれませんが、買い増そうとすると138万円ずつポジションが増えていくわけで、取引単位のコントロールが難しいです。





それに対してCFDでは1単位から取引可能なので、いくらでもポジションをコントロールすることができます。




また、取引手数料も先物はかかるのに対し、CFDは無料であるという点もあります。ですから、日経平均を取引するならCFDがおすすめです。






日経平均225CFD、業者の選び方は?






実は今のCFDでは各社差別化要素が多くなく、例えば取引手数料はどこも無料ですし、信託保全も義務化されているため会社ごとのリスクはあまりなく、クイック入金はどこもできるという状況です。




ただし、差別化ポイントが一つあります。それはスプレッドです。




CFDのスプレッド、高いところでは12円くらいしますが、安いところでは7円と、2倍近くの差があります。





そしてこの差が割りと馬鹿にならず、例えば100単位での売買を10回すると、12円のところと7円のところでは、それだけで5,000円の差になります。




ですから、業者選びのポイントはスプレッドが一番大きいと言えます。




日経平均225CFD、スプレッドを考えた上でのおすすめ業者は?






では、2015年1月時点で、一番安いスプレッドを提供しているのはどこでしょうか?




それは、DMM CFDです。




ここは全ての業者の日経平均225のスプレッドを比較して、7円と最も安いところでした。ここはFXでもスプレッドの狭さで有名なところで、実際FXスキャルピングおすすめ業者2015年!最新のスプレッド比較でも2位となっているところです(1位のGMOクリック証券は9.0円と、日経平均225についてはDMM CFDの方が安いです。ちなみにGMOクリック証券が2位でした)





とにかくスプレッドの狭さには定評のあるところなので、おすすめです。





口座開設は、



DMM CFD




からできます。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

CFDデイトレ・スキャルピングおすすめ業者~NY金、銀~

2013年06月26日 00:39

今回はCFDの中でも特に人気のある、金と銀について、私が知る範囲で20社くらいあるCFD業者全を比較した上で、もっともおすすめのところを紹介します。



また、商品CFDはドルクロスなので(金を買ってドルを売るというように、円ではなくドル単位で取引することになります)、そこがわかりづらいという人のために、「実質的にクロス円で取引するための裏ワザ」を紹介したいと思います。







・ CFDで金・ 銀をデイトレ・スキャルピングするおすすめ業者は?







CFDは、FXでいうスプレッド的な概念(買いと売りの金額差)はあるのですが、それを明示したり固定したりすることもないので、あまり比較されることはありません。しかし、そこは非常に重要です。





たとえば銀は大体19.6ドルくらいの水準なのですが、私が知るかぎり、売り買いの価格差は、一番少ない所で1単位0.015ドル、一番多い所で0.1ドルとなっています。




これはFXでいうとどれくらいかというと、安い所では19.6に対して0.015なので、割合でいうと0.08%、つまりドル円のFXで例えると、97円のドルに対してスプレッドが7銭なのに対し、高い所では0.1ドルなのでなんと50銭といことになります。





このように、FXであればありえないくらいの差がCFDでは当たり前のようにあったりするんですね。





ちなみに、「ドル円で7銭なら高くないか?」とおもわれるかもしれませんが、FXは取引量が圧倒的に多いからそういう安いスプレッドが出せるというのが実際の所です。たとえば外貨預金では手数料だけで1ドル1円くらいとられることを思い出していただければわかると思います。




話を戻しますと、このようにFXでいう「スプレッドの差」が非常に大きいので、どこの会社を使うのか、というのがCFDでも非常に大事です。





では、どこを選べばよいのでしょうか?




私が20社以上を比較した結果、金・銀ともに一位だったところを紹介します。ここは単独一位でしたので、今回はこの会社のみを紹介します。





それは、GMOクリック証券【CFD】です。




ここはスポット金について、2013/6/25時点で金が唯一0.3ドル、銀河0.015ドルのところです(金なら2位は0.4ドルで数社あり、銀なら0.02ドルで数社ありましたが、0.3、0.015はここだけでした)





GMOクリック証券といえばFXや証券取引でも、とにかく手数料やスプレッドが安いことで有名な証券会社で、それによって、大手証券会社が並み居る中、例えばFXで取引高世界一で、CFDでも売買代金国内1位で国内での取引のうちシェア60%を誇るというように、取引コストの安さについて市場から厚い信頼のある会社なので、CFDでも信頼出来る会社です。





口座開設は




GMOクリック証券【CFD】







からできます。






さて、実はCFDで金や銀を取引する場合、クロスドルになります。




クロスドルでの取引に慣れている人にとっては何の問題もないと思いますが、一方でやはり投資は「円」でやりたい、と言う人もいると思うので、ここで、こうしたCFDの取引を「実質的にクロス円と同じ」で取引する裏ワザを紹介したいと思います。






・ CFDで金銀をクロス円で取引するには?







まず結論から言うと、「クロス円」で直接取引できる業者は残念ながらありません






ですが、あることをすれば、実質的にクロス円でやっているのと同じに出来ます。





それは何かというと、CFDで買ポジションを持った分だけ、ドルを買うということです。




どういうことかというと、スポット金をUSDで買うということは、スポット金を買いポジションで持ち、ドルを売りポジションで持つということです。ですから、売りポジションで持ったのと同じだけのUSDをドル買い、円売りにすれば、スポット金を買ってドルを売る、同額のドルを買って円を売るというように、ドルの売買が相殺され、結果スポット金を円で買ったのと同じになります。




もちろん、CFDもFXも業者との相対取引なので100%完璧に値動きが一致するわけではないですが、大きくずれることはほとんどなく(というか、市場のレートと大きくずれたりしたら企業としての信頼を失ってしまいます)、かなりのレベルで相殺することが可能になります。





このようにFXでカバーする取引をしたいなら、おすすめはFX業者の中で唯一1単位から取引可能で、スプレッドも圧倒的に狭く、FXスキャルピングおすすめ業者~2013年3月スプレッド比較~でもダントツ1位を獲得した、SBI FXTRADEがおすすめです。





口座開設は




SBI FXTRADE

【クローズド】SBI FXTARDE





からできます。









ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 






CFD関係記事一覧

トップに戻る

CFDおすすめ業者2013~スポット金、スプレッド比較~

2013年03月21日 22:49

文字色今回はCFDの中でも特に人気のある、スポット金について、私が知る範囲で20社くらいあるCFD業者全てのスプレッドを比較した上で、もっともおすすめのところを紹介し、最後に「スポット金を実質的にクロス円で取引するための裏ワザ」を紹介したいと思います。



・ 何故今CFDでスポット金なのか?






まず何故スポット金かというと、それはこれが一番の安全資産だからです。





例えばFXでは円が安全資産と言われていますが、皆さんご存知のように日本は債務大国であり、そこが市場でクローズアップされれば、いきなり信頼がガクッと落ちて、リスク資産扱いされる可能性も全然あるわけです。




これは数年前まで「有事のドル買い」「ドルは安全資産」と言われていたのに、今や何か経済危機や戦争などの大事件が起こった時には、ドルはそこまで上がらないことからも、「通貨の安全資産」というのが、いかにもろいことかがわかります。





それに比べると、金は、有事の際には必ず値上がりし、究極の安全資産と言われています。




ですから、いつどこで経済危機が起こるかわからず、また、朝鮮半島での有事が起こる危険も高い昨今では、とりあえず金を買える環境を作るのが不可欠と言えます。




ですが現実に金塊を買うのは大変ですし(そう簡単に買うこともできませんし)、また、そういう取引ではレバレッジをかけることもできないので、CFDで取引するのがベストと言えます。




ではどこで取引するのかということですが、CFDでは取引単位も普通に「原資産1単位」で変わらず、FXのようにスワップ金利とかもないので、スプレッドで選ぶのがベストと言えます。




というのも、このスプレッド、安い所では0.何ドルとかなのに対し、高い所では6ドルとかのところもあり(CFDでスポット金はどこもクロスドルですが、クロス円でやりたい場合の裏技を最後に書きます)、どこを選ぶかによってスプレッドが何十倍も違ってきます





そこで、スポット金に限定してCFD業者を比較して、2013年3月時点でベストの口座を紹介したいと思います。




・ CFD、スポット金でおすすめ業者は?






スポット金のスプレッドで20社以上を比較した結果、一位だったところを紹介します。ここは単独一位でしたので、今回はこの会社のみを紹介します。




それは、GMOクリック証券【CFD】です。




ここはスポット金について、2013/3/21時点で唯一0.3ドルのスプレッドのところです(2位は0.4ドルで、数社ありましたが、0.3はここだけでした)





GMOクリック証券といえばFXや証券取引でも、とにかく手数料やスプレッドが安いことで有名な証券会社で、それによって、大手証券会社が並み居る中、例えばFXで取引高世界一で、CFDでも売買代金国内1位で国内での取引のうちシェア60%を誇るというように、取引コストの安さについて市場から厚い信頼のある会社です。





口座開設は




GMOクリック証券【CFD】







からできます。






さて、ここまで読んでいて気になる人は気になったと思うのですが、実はCFDでスポット金を取引する場合、クロスドルになります。




クロスドルでの取引に慣れている人にとっては何の問題もないと思いますが、一方でやはり投資は「円」でやりたい、と言う人もいると思うので、ここで、こうしたCFDの取引を「実質的にクロス円と同じ」で取引する裏ワザを紹介したいと思います。





・ CFD、スポット金をクロス円で取引するには?






まず結論から言うと、「クロス円」で直接取引できる業者は残念ながらありません






ですが、あることをすれば、実質的にクロス円でやっているのと同じに出来ます。





それは何かというと、CFDで買ポジションを持った分だけ、ドルを買うということです。




どういうことかというと、スポット金をUSDで買うということは、スポット金を買いポジションで持ち、ドルを売りポジションで持つということです。ですから、売りポジションで持ったのと同じだけのUSDをドル買い、円売りにすれば、スポット金を買ってドルを売る、同額のドルを買って円を売るというように、ドルの売買が相殺され、結果スポット金を円で買ったのと同じになります。




もちろん、CFDもFXも業者との相対取引なので100%完璧に値動きが一致するわけではないですが、大きくずれることはほとんどなく(というか、市場のレートと大きくずれたりしたら企業としての信頼を失ってしまいます)、かなりのレベルで相殺することが可能になります。





このようにFXでカバーする取引をしたいなら、おすすめはFX業者の中で唯一1単位から取引可能で、スプレッドも圧倒的に狭く、FXスキャルピングおすすめ業者~2013年3月スプレッド比較~でもダントツ1位を獲得した、SBI FXTRADEがおすすめです。





口座開設は




SBI FXTRADE

【クローズド】SBI FXTARDE





からできます。









ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 






CFD関係記事一覧

トップに戻る

CFD初心者向け入門記事~CFDと金利、配当、株主優待~

2013年03月14日 22:17

CFD初心者のための入門記事第二回として、CFDと金利についての関係と、個別株をCFDで買った時の配当金や株主優待との関係について解説したいと思います。




1 CFDと金利の関係は?





FXでスワップポイントがあるのと同様に、CFDでも金利は関係してきますが、実はCFDではFXと逆で、買建てればマイナス金利が、売建てればプラスの金利が発生します




これは何故かを解説します。CFDで例えば株を保有するというのは、株と通貨(日本なら円)を交換し、自分の側には株が入り、一方でお金は出て行くという関係です。つまり株と通貨の交換ですね。




これは言い換えるなら、「株を買って、通貨を売る」ということができます。他の資産についても同じで、「何か資産(原油でも金でも株価指数でも)を買いポジションで持ち、通貨を売りポジションで持つ」ということです。




そしてそういう場合、FXでは「金利差」によってスワップポイントが発生しましたが(高金利通貨なら持っているだけで利息が多く入るので買っていれば利息が入りますし、逆に高金利通貨を売って日本円のような低金利通貨を持っていたらマイナススワップになりましたよね)、それがCFDではどうでしょうか?




まず、持っている株や金などの資産については、利息は当然ながら発生しません(配当と利息は別物で、配当については後で說明します)。その一方で通貨はどれだけ低金利のものでも一応利息がつきます。




なので、株を買って通貨を売るという、いわゆる買いポジションでは、買った株は利息が入らない一方、売った通貨には利息が発生するので、その売った分だけ利息を支払わないといけないということです。





逆に株を売って通貨を買う売建て取引では、利息が入ります。なので、高金利通貨との取引でかつ値下がりしそうなものがあれば、積極的に売建てれば利息が入って値下がりすれば利益にもなるという、いわゆるキャリー・トレードができます。





2 CFDと配当の関係は?





さて、先ほど買建てをすれば利息を支払うことになると書きましたが、株式であれば、配当というものがあります。これについてはどうなるでしょうか?




結論から言いますと、配当については配当調整額として利益になります。




ちなみにこの配当調整額が入るのはいわゆる「権利落ち日」で、これは何かというと、実際の株を持っている時に「この日まで持って入れば配当が入りますよ」というのの次の営業日です。




一方、逆に株を売り建てていた場合、当然ながらその配当の分だけマイナスになります。





3 CFDと株主優待の関係は?






株式投資の場合、配当や値上がり以外にも、株主優待というメリットがあります。これについてはCFDではどうでしょうか?




残念ながら、CFDでは株主優待は受けられません。また、株主総会に出席する権利や、そこでの議決権もCFDではありません。




一方で、逆に言えば売り建てていても株主優待分のマイナスが出るとかそういうこともありません。





実は、これを使って非常に便利なCFDの使い方があるのですが、それについては次回書きたいと思います。





今回の記事は以上です。CFDに興味をもたれた方は、今後の記事の更新もご期待いただければと思います。CFD初心者のための入門記事を連載しますがCFD関係の記事のトップになりますので、よろしければこちらからどうぞ。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 



CFD関係記事一覧

トップに戻る

CFD初心者向け入門記事~CFDとは何?その意味と特徴は?~

2013年03月13日 23:49

さて、今回はCFD初心者のための入門記事第一回として、そもそもCFDって何だろう?どういう特徴があるんだろう?ということについて書いていきたいと思います。




1 CFDって何のこと?





CFDというのは、Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引と呼ばれます。




「え、つまり何?」とおもわれるでしょうが、要は、「例えば金(Goldのことです)について買いポジションを持って、それで値上がりすればその値上がりした分だけ利益になり、逆に値下がりしたらその分だけ損になるというように、実際に売買はせずに、差額だけで精算します。ちなみにこの差額のことを差金と言っているので、要は、差額を決済する取引)ということです





一般に「金に投資」というと、金塊を買って金庫か何かに入れておくというイメージでしょうが、実際に金塊は手元には置かずに買いポジションだけ持って、値上がりしたらその差額だけ利益、値下がりしたら同様に差額だけ損失ということです。



実はこれってFXと基本的な仕組みは全く同じで、例えばFXでドルを買い建てても実際に100ドル札が目の前にあるわけではなく、それでもドルが値上がりすれば利益に、値下がりすれば損失になるのと同じです。




なので、FXの為替だけではなく色々なものに投資できるバージョンくらいのイメージで思ってもらえればいいと思います。では、その「色々なもの」とは具体的にどんなものがあるのか、次に見ていきましょう。






2 CFDで投資できる対象は?






色々なものに投資できると言いましたが、本当に「色々」投資できます(笑




日経平均、NYダウ、上海総合指数などの株価指数から、先ほど例であげた金や原油、大豆などのコモディティから、業者によっては東証上場の日本企業や、googleなどの世界企業等の、世界中の個別の株式にも投資可能です。





FXでも取引通貨ペアが業者によって違うのと同じように、業者によって取引できる対象が違えばスプレッド等も違ってくるのですが、それについてはそれぞれの商品ごとにおすすめ業者を随時紹介していきたいと思います。






3 CFDの特徴は?






それでは、普通の株を持ったり純金を買ったりすることとの違いは一体なんなのでしょうか?「レバレッジ」「売り建てが可能」「実物をもたずに済む」というように、大きく3つあげたいと思います。





・ レバレッジがかけられる






CFDはFXと同じで、レバレッジをかけることができます。なので、例えば「実際に純金を買うだけのお金はないけど金に投資したい」とか、「株を単位株で買うだけのお金がない(1万株単位でしか売ってなくて、それだと何十万もするというのは、かなりよくある話です・・・・・)」という場合でも投資可能です。



ですので、「少額のお金で大きな利益を上げる」というのが可能になります。ここら辺はFXのレバレッジと全く同じです。



もちろん、レバレッジを高くすればするだけ損をするときも大きくなるので、むやみやたらと高レバレッジにするのはおすすめできないのは言うまでもありません。






・ 売り建てが可能






普通純金を「売る」なんていうのはそもそも現物をもってないとできないことですが、CFDではFXと同じように、今後値下がりすると思えば売り建てることで利益を上げることも可能です。




常に値上がりし続けるものなんてこの世には存在せず、「絶対これ過大評価されている」というものは往々にしてあるので、そういう場合は売り建てることで、利益を上げることができます。






・ 現物を持たなくていい






CFDの性質上当たり前なんですが、現物を持つ必要がありません。これが何故いいかというと、例えば「原油を輸入して、それで値上がりしたら売る」なんて考えたとして、実際に原油を輸入できるパイプがあって、しかもそれを売れる人なんてどれだけいるでしょうか?ほとんどの人は無理だと思います。また、純金を実際に現物で買うとなると、相当重いし保管も大変です。




このように、商品系のものについては、こうやって現物をもたずに済むというのが大きな特徴です。また、現物ではないため実際に市場を通さなくていいため、営業時間も長くなります。これについてはFXも深夜でも取引できるのと同じで、CFDも夜でも取引可能だというのが、普通の先物や株との違いになります。






以上がCFDの説明になります。興味をもたれた方は、今後の記事の更新もご期待いただければと思います。CFD初心者のための入門記事を連載しますがCFD関係の記事のトップになりますので、よろしければこちらからどうぞ。




また、第二回 CFD初心者向け入門記事~CFDと金利、配当、株主優待~をアップしたので、こちらもよろしければどうぞ。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 



CFD関係記事一覧

トップに戻る

CFD初心者のための入門記事を連載します

2013年03月13日 23:07

最近はCFDについてもある程度安定して利益をあげられるようになってきたのと、また最近のNYダウ最高値が更新されまくり、日経平均もかなり戻ってきた今またチャンスも増えてくるだろうと考えてたので、これからしばらくFXだけでなくCFDについても記事を更新していきます。



第一回 CFD初心者向け入門記事~CFDとは何?その意味と特徴は?~

第二回 CFD初心者向け入門記事~CFDと金利、配当、株主優待~

第三回 FX、CFD、BO、税の確定申告~分離課税、損益通算、損失繰越~

第四回 CFDおすすめ業者2013~スポット金、スプレッド比較~

第五回 CFDデイトレ・スキャルピングおすすめ業者~NY金、銀~

更新する度にこのページに順次リンクを貼っていくので、とりあえず今はこのページをお気に入り登録して、たまに見に来ていただければと思います(3月中に10回は記事を更新したいと考えています)










をクリックして、今後お楽しみにしていただければ大変嬉しいです。




今回は予告までです(笑





ただいまブログランキングに参加しております。今後のCFD記事に期待していただけるなら、



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 




をクリックして応援していただけると大変ありがたいです。


トップに戻る