ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


恋と投資って似てるなあって思った日

2010年08月16日 20:40

今日友人の恋愛相談に乗っていたんですが、そうやって話しているときに、ふと「恋と投資って似てるなあ」って思いました。




好きな人ができたら、ダイエットしたり、色々な服を買ったり、コスメを選んだりと、色々な努力をします。そして、そうやって努力することで、自分が磨かれて、内面も外面も、少しずつですが確実に綺麗になっていきます。




ですが、それでも、ある特定の想い人に対しては、その努力が必ずしも意味を持つわけではありません。「頑張って!」とは言えても、「頑張れば絶対にうまくいく」なんて保証することは誰にもできません。




では、その努力には意味が無いのか。





それは、多くの人が「そんなことない」と思うでしょう。実際に、私も意味が無いとは思いません。





確かにどれだけ頑張ってもその1回については必ずうまくいくとは限りませんが、それでも努力すれば「うまくいく確率」は上がります。また、仮にその恋が失敗に終わっても、また次があり、その時うまくいく可能性はあがっています。




投資もそれと同じじゃないかと思いました。




どれだけ頑張っても、特定の1回の取引について「確実にうまくいくようにする」というのは、不可能です。ですが、努力して勉強を重ねれば、うまくいく可能性はどんどん高まっていきます。




私もFXの勉強はまだまだ途中ですが、これからも頑張ろうと思いました。あと、私も久しぶりに恋がしたくなりました(笑




ただいまブログランキングに参加しております。もしよければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング






トップに戻る

FXプライムと外為どっとコム口座の使い方

2010年08月15日 12:42

前回、今のような読みづらい相場の戦い方という記事で、こういう相場のときはニュースを集めておくのが大事といって、そのニュースを集めるための方法としてFXプライムと外為どっとコムの取引ツールを使うという方法を紹介しましたが、これらの口座は、実は、ニュース集め以外にも非常に便利な使い方があるので、その使い方について今回は紹介したいと思います。





まず外為どっとコムから紹介します。外為どっとコムは口座数が5年連続業界トップというFXを代表するリーディング企業ですが、その理由の最たるものが、圧倒的な情報量とスピードです。




まず外為情報ナビというサービスがあありますが、これは外為どっとコムに口座を持っている人は全て無料で様々な経済レポートやセミナーを見ることができるもので、経済レポートには竹中平蔵、野村雅道といった超一流のアナリストのものもあります。




このレポートにはファンダメンタルズだけではなく、テクニカル分析によるものもありますので、専門家のテクニカル分析を見るという使い方もできます。




9月以降は口座開設だけではなく、それ以降も30万の入金があるか、月に3回取引するという条件がつきますが、それくらいしてでも見る価値が十分ありますし、また、それが嫌でも外為どっとコムのニュース配信の速さや、セミナー情報はやはり重宝するでしょう。




「専門家はどのような点に着目しているのか」という視点は、「機関投資家がどのような点に着目しているのか」というのと近く、やはり機関投資家の動きこそが為替相場に一番大きな影響を与えますので、それを知っておくのはどんな時であれ、FXをやるものにとっては最重要です。





一方、正直に言って、実際に取引する口座としては、そこまでおすすめできません。というのも、実は私も一番最初はここの口座で取引していたんですが、今となって思えば、スプレッドはもっと狭いところがありますし、とくに約定力が強いわけでもないので、ここを使うくらいならスプレッド重視ならスプレッドの狭いところ、約定力重視なら約定力の強いところを選んだほうがいいと思います。





そして、その実際に取引する口座としておすすめなのが、FXプライムのほうです。





ここはスプレッドの狭さは普通ですが(ドル円に限っては広いですが、ランド円やポンドドルについては狭く、他の通貨ペアについては平均的という感じです)、とにかく成行注文での約定力の強さ(=スリッページのなさ)と、完全固定のスプレッドを考えると、こういう相場が暴れがちなときには、実質スプレッドで考えると、最高の口座といえるでしょう。





ここの固定スプレッドは、他の企業の「原則固定スプレッド」と異なり、911テロのときや、リーマンショックの時でも広がらなかったという伝説もあるレベル(911のときはFXやってなかったのであくまで伝聞ですが)です。




そして、私は今後もこういった完全固定スプレッドは続くと考えております。その根拠は、ここが伊藤忠商事の子会社であり、そして、親会社が伊藤忠であることを堂々と公言していることです。





「完全固定」を謳っている以上、下手にスプレッドを広げたりすると当然悪評が立ちます。そうなると、親会社の伊藤忠商事にまで悪評が広まりかねず、商社にとって「謳っていた情報と実際が違った」というのは致命的な風評被害になりかねません。ですから、完全固定を謳っている以上、意地でも完全固定を保持し、投資家の信頼を損ねないように努力すると考えられます。





今後も指標発表や、突然の大きなニュースの際も変わらず安定的なスプレッドと強い約定力を提供してくれる信頼できる会社として、ここの口座は使えると思っています。





また、こういう異常な相場のときはあまり参考になりませんが、普段の正常な相場のときであれば、ぱっと見テクニカルという、現在のチャートの形を過去12年分のデータと比較して、形状がよく似ている上位3つを表示することで今後の動きを予想するという、ある意味究極のテクニカルとも言えるようなツールもあるので、あるといろいろと便利な口座です。




このぱっと見テクニカルについては、ぱっと見テクニカル等の相場先読みツールは初心者向けかという記事でさらに詳しく書いてあるので、こちらもご参照下さい。





まだ口座開設をしていない人はぜひこの機会にどうぞ(当たり前ですが、口座開設、口座維持にも費用はかかりません)




口座開設は



外為どっとコム





FXプライム


FXプライム




からできます。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング






トップに戻る

FX戦略研究に戻る

今のような読みづらい相場の戦い方

2010年08月13日 15:48

前回最近の相場に思うところという記事で、「最近の相場は異常だから読みづらい」と書きましたが、あれから約1週間が経過して、さらに読みにくい相場になってるなあという印象を受けます。



ニュースを見ても、いまひとつ相場を決定づけるような要因がなく、強いて言うならアメリカの経済指標やダウ平均あたりかなあという程度で、チャートを見てもいわゆる「抵抗線と支持線が狭くなってきて、ブレイクアウトの前兆っぽい」というだけで、「じゃあどちらに動くのか?」というのがまったく読めない状態です。




さらに、海外も含め、多くの企業が夏休みであることから、機関投資家の動きが少ない=取引量が普段と比べて圧倒的に少ないため、相場が暴れやすく、「ブレイクアウトだ!」と思ってエントリーしたはいいけど、やっぱりダマシだったということもおこりやすくなっております。




その一方で、ファンダメンタルズ的にはアメリカの動向や日銀の介入等で大きく動きうること、テクニカル的にはブレイクアウトの前兆のおとなしい相場が続いていることやクロス円での異常な値動きから考えるに、いずれブレイクアウトして大きく動き出すのは間違いないと思います。





このように、最近の相場は「はっきり言って全然読めないけど、動き出したら大きいし、当たれば大幅な利益が出る」という、非常に魅力的かつやりにくい、まさに悪魔のような相場です。





こういうとき、ギャンブル好きな人は自分が動くと思うほうに大きなポジションでエントリーするでしょう。一方、慎重な人は一切取引をせず、また今持っているポジションも決済するでしょう。




前者のやり方は「逆指値を浅めにいれておいて、損失が出る場合も少なめにできるように限定しておく」という方法をするならありな戦略ですし、また、後者についても、「とにかく損失を出さないで安定的に運用したい」というのであれば一番おすすめできるやり方です。「一切取引しない」というやり方については一般的には模範解答かもしれないくらいです。




ですが私はどちらのやり方もあまりおすすめしません




というのも、前者のやり方だと、損切りを浅くすれば値動きが荒いため簡単に引っかかってしまう危険があり、逆に損切りを入れなければ損失が出た場合のダメージが非常に大きくなってしまいますし、逆に後者のやり方だとせっかくのブレイクアウトで大きく稼げるチャンスをみすみす見逃すことになってしまうからです。




ですから、私は「損失を出さないようにしながら、それでもブレイクアウトには乗る」という戦略をおすすめします。




そんな方法あるのか?と思われるかもしれません。私の考えとしては、方法はあります。




私は、一切取引せず、勉強のつもりでニュースを集めておくという方法をおすすめします。




「え?一切やらないってのと何が違うの?」と思われるかもしれませんが、「まったく取引しない」と決めてしまうと、人間やはり集中力が落ちてしまい、本当に動くべきニュースが来てもそもそもそのニュースに気づかなかったり、また、気づいても反応できなかったりと、見逃してしまうリスクが高まります。





一方、やる気十分で構えていると、ちょっとした値動きも「ブレイクアウトだ!」と間違えて判断してしまい、結果そこで反転して大損ということになってしまいます。




ですから、こういうときは「当事者のトレーダー」の視点ではなく、「とくに責任のない第三者の予想」くらいの気持ちで見るのが、一番客観的かつ合理的な判断ができます。




そして、そうする場合何より大事なのが、情報をできるだけ迅速かつ確実に集めるということです。そのためにはどうすればいいのか。この方法は何度か紹介しましたが、やはり有効だと思うのでまた書かせていただきます。





それは、外為どっとコムの取引ツールとFXプライムの取引ツールを同時に起動させるという方法です






為替に関するニュース配信は、「ロイター」「ダウ・ジョーンズ」、「FX WAVE」「GI24」「Market Win24」の5つが主な配信元になります。為替ニュースでFX業者の比較を行っているサイトでも、この5つのうちどれがあってどれがないというように比較されているものです。





このうち「ロイター」と「ダウ・ジョーンズ」は金融全般に関する総合的な情報を、「FX WAVE」「GI24」「Market Win24」は為替に特化した情報を提供してくれるものです。





そして、FXプライムでは、、「FX WAVE」「Market Win24」の2つが、外為どっとコムでは「ロイター」と「ダウ・ジョーンズ」、「GI24」の3つが提供され2つあわせると5つのニュースがもれなくダブりなく配信されるということです。





そして、この2つの業者の取引ツールでは、ニュースが入ったときに、音が鳴るように設定できるため、情報を見落とすことがなく、まさに迅速かつ確実な情報収集が可能です





これらのツールは口座開設さえしていれば無料で使えるものですので、まだ口座開設をしていない人はぜひこの機会にどうぞ(当たり前ですが、口座開設、口座維持にも費用はかかりません)




口座開設は



外為どっとコム


外為どっとコム



a href="http://track.affiliate-b.com/visit.php?a=g839X-0116611&p=n106275f" target="_blank">FXプライム


FXプライム




からできます。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング






トップに戻る

FX戦略研究に戻る

最近の相場に思うところ

2010年08月08日 21:56

最近仕事が忙しくて、トレーディングどころかブログの更新もできなかったYukiです。ようやく仕事も一段落してきたので、これからはトレーディングも更新も再開していきたいと思いますので、よろしくお願いします。





それで、最近はちらっと相場を見たりニュースをチェックしたりするくらいしかしていなかったんですが、正直、最近の相場はかなり異常な相場だなあと思っています。アメリカの経済指標はかなり悪いですが、それでもこれだけ「ドルのみ安くなる」という状態は、異常といえると思います。





多くの場合、ドルが安くなると円高が進行して、クロス円ではある程度どの通貨も落ちるんですが(今年の5月とかを思い出していただければわかりやすいと思います)、今回はドルのみ落ちている、しかもどこまで落ちるか底も全く見えないという状態です。






こういうときは、ドルが反発したら「異常な落ち込みを見せていたので、揺り戻すのは当然」となるでしょうし、逆にこのまま落ちても「あのような異常な落ち込みこそが前兆であった」となるでしょうし、どちらに転んでも「まあ、そうか」という感じで、はっきりいって予想は非常に難しいです。





また、こういう時はテクニカル分析はあまり意味をもちませんというのも、テクニカル分析が有用な理由というのは、

① 過去の傾向を分析することで、相場の「ある程度こう動くだろう」という癖をつかむ

② また、仮にそのような傾向が単なる統計上の綾であっても、少なくとも多くの人が「こう動くだろう」と信じることで、予言の自己実現的に相場が動く。相場というのは需要と供給で決まるため、多くの人が上がると思えば上がり、下がると思えば下がるものなので、こういった予言の自己実現効果も馬鹿になりません。



という2つですが、①については過去の正常な状態を前提としたものであるため、異常な状態にはあてはまりませんし、また、②についても、短期的な動きについては確かにあてはまるでしょうが、長期的にはむしろ「これからファンダメンタルズ的な要素でどうなるか」という方に投資家の注目が集まるため、あまり注目されず意味をもたないというのがその理由です。






ですから、こういうときは、ファンダメンタルズ分析が不可欠になってきます。





「私は短期トレーディングしかしないから関係ない」と思う人もいるかもしれませんが、今年の5月のダウ平均の異常な値下げでドルが暴落したときのことを思い出していただきたいのですが、短期トレーディングでもファンダメンタルズ情報は不可欠です。あの時は、ダウ平均が暴落してからしばらく落ちていましたので、早く気づいていれば気づいているだけ、大きな利益を手に入れることができました。





さらにいうと、短期トレーディングでも、長期的な視野がなければ勝つのはかなり難しいです。というのも、たとえば「長期で上げのトレンド」というのさえわかっていれば、当然上がるときの方が下がる時より多いので、極端な話、適当に買いのポジションを持つだけでも50%以上の勝率となるからです。






ですから、こういった時に大事なのは、

① 長期的な視野を持つ

② タイムリーに為替に影響する情報を手に入れる


という2点です。




では、どうやって長期的な視野を持ち、かつ、タイムリーに情報を手に入れればいいのか。




私がおすすめするのは、様々な専門家のレポートを読み、さらに、多くのニュース情報を適時に集めるということです。具体的な方法は、過去の記事で書いたので、


長期分析の仕方は、私のFX投資戦略と使っているツールを公開します その1

タイムリーに為替情報を集める方法は私のFX投資戦略と使っているツールを公開します その3


をご参照ください。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

FX戦略研究に戻る