ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


EUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その1

2011年01月30日 08:23

前回の予告通り、今回からは私の今年の具体的な投資戦略について説明します。私の今年の間しばらくやろうと思っているのは、タイトルのとおりEUR/USDの売りナンピンです。





最近EUR/USDはどんどん値上がりが続いており、この前の金曜日はいきなり下がったものの、全体的に上げのトレンドにありそうに見えます。




ですが、私は、今後はまた反発して、1.3割れどころか、1.2すらいつ割ってもおかしくないと思っております。





今日から4回にわけて、その理由を説明したいと思います。予告編としては、



第一回:ユーロ安の原因と、今後についてファンダメンタルズ分析

第二回:あるファンダメンタルズの指数からみる、EUR/USDの分析

第三回:テクニカル指標からみるEUR/USDの分析

第四回:その上でいかに取引すべきかの考察


と予定しております。





それではまず第一回として、ユーロ安の原因と、今後についてファンダメンタルズ分析を行いたいと思います。





そもそも去年何故ユーロがあれだけ下がったか、その理由を聞くと多くの人は「PIIGSに代表されるヨーロッパ諸国のソフリンリスク」と答えるでしょう。それは、そのとおりです。では、それが具体的にどういう問題であるのか、そこまで分かっている人はどれくらいいるでしょうか?今回はまずそのおさらいから行います。






まず、よく聞く疑問で、「なんでギリシャとかそういう小国がちょっとダメになっただけでユーロ全体に影響するの?」という疑問があります。これについては、「では仮にギリシャが財政破綻してしまったらどうなるか」ということを考えればわかります。





そうなるとまず、ギリシャ国債が紙くずになります。すると、EUの国同士で多くの国債をもちあっているため、特にドイツやフランス等のEUの経済のリーダーとも言えるような国の銀行が大打撃を受けます。「ギリシャ一国でそこまでダメージあるの?」と思われるかもしれません。




ですが、例えばリーマンや日本では山一證券などは、一つの会社が潰れただけであれだけ色々な業界に大打撃を与えたことを思い出してください。そう考えれば、1国が潰れるというのがどれだけの打撃かは想像を絶するというのがなんとなく感覚的に分かってもらえると思います。





そして、さらに問題はギリシャだけではなく、実はどうもPIIGSと呼ばれるように、多くの国がかなり危険な状態にあったということが判明しました。これはさあ大変だということになったのが、去年のできごとを非常にざっくりと単純化した説明です。





では、今色々とストレステストを行ったり国債の発行が上手くいったりという材料がありユーロが反転していますが、本当に問題が解決したんでしょうか?





結論から言うと、全く解決せず、ただ問題を先送りにしているだけです





要は毎年赤字ばかりで潰れそうな会社があり、そこが借金できたから倒産まぬがれたというレベルの話で、一番大切な収入の改善や費用の削減等は全くできておらず、できる目処も立ってないという状態です。日本を見てもわかるとおり、財政の健全化というのは非常に難しいです。ですから、私は今後もこうした状態は続くだろうと思っております。





「ドイツやフランスにとっても潰れられたら困るから、最後の最後では助けるだろう」という見方も多くありますが、確かに最後にいざ本当にダメとなれば援助はするでしょうが、かといって特に財政の健全化も進んでいない中、いきなり大々的な支援をすることは国民感情を考えるとかなり困難です。自分たちが頑張って稼いで払った税金が、他国がさぼってつくった借金の返済に使われたら誰でも怒りますよね、そりゃ。






というわけで、今後もユーロは「潰れはしないだろうが、悪材料が出ればすぐにまた暴落する」と予想しています。




相手通貨としてドルを選んだ理由は、ユーロの価値を一番ダイレクトに反映してくれるのがやはり基軸通貨であるドルであり、また、アメリカは経済状況が若干不透明で読みづらく、どちらかというと上がりそうな匂いがあり、クロス円にした場合円安のせいで思ったより利益が少ないということになりかねないと考えたためです。





以上、これが私がEUR/USDで売り取引をする理由の1つです。次回以降もよろしくお願いします。









ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

私のFX戦略 2011

2011年01月20日 22:10

去年は仕事が忙しくて、後半ほとんどFXやブログの更新が途絶えてしまいました。その間も来ていただいた皆様は、本当にありがとうございました。




今年もやはりある程度忙しそうなのですが、やはり相場は少しでも離れると急にカンが鈍りますし(実際今はカンを取り戻すため久し振りにデモ口座を使っていますw)、また、こうやって書いて情報を発信することで見えてくることもあるので、今年は出来る限り途絶えないようにしようと思っております。




しかし、やはり忙しそうではありますので、今までのような短期のデイトレ、スキャルでやっていくのは厳しそうです。デイトレ・スキャルは相場に張り付いてチャンスを待つ必要がある上、当たり外れの波も激しく精神、体力、時間に余裕が必要なため、忙しい時にはあまり向かないんですね。





本当はこういう微妙に不透明な先行きの時は様子見かもしくは短期トレードがいいんですが、まあ、忙しい物は仕方ないと割りきってやりたいと思います。






そこで、今年の私の戦略は、iphoneを最大限活用する、ナンピンを中心としたスイングトレードで行きたいと思います。






実は今までナンピンのスイングトレードといえば、リーマン以前にいわゆる「ドル円キャリートレード」をして痛い目にあって以降久しくやっていないのですが、「あの時の自分とは違う!」という感じで頑張りたいと思います(笑





ちなみに、友達からも「Yukiってナンピン嫌いじゃなかったっけ?」と言われることもありますが、私が今までナンピンを厳に戒めていたのはあくまで私のスタイルが「デイトレ」であったからにすぎません。





デイトレやスキャルはレバレッジが高いため、ナンピンをして少しでも予想外の方に動けばあっさり大損となるので全くおすすめできないんですが、ある程度レバレッジを抑えて、計画的に中期以上のスパンで取引を行う分には非常に有効な戦略だと思っています。





具体的な手法については、また次回書きたいと思います。ただ、この手法は「何故そうするのか」という理論付け及び、自分が実際にやるということは決まっているものの、実践したことはないので、次回紹介する手法を使う際は、その理由を見て納得できたもののみについて、自己責任でお願いします。





では、次回もよろしくお願いします。










ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

ファンダメンタルズ超基礎~良いインフレと悪いインフレ~

2011年01月10日 17:29

前回の予告通り、金利も上がり貨幣価値も上がる状態のインフレについて説明したいと思います。よろしければ前回のファンダメンタルズ超基礎~インフレ・デフレの為替に与える影響~もお読みください。





まず、そもそもFXで通貨の値段が上がったり下がったりするのは、何故でしょうか?





それは、その通貨が多くの人から欲しがられるからです。通貨というのは相対取引ですから、買われれば買われるほど値段も上がりますし、逆に売られれば売られるほど値段も下がります。





では、どういうときにその通貨をほしいと思うでしょうか?それはおそらく皆同じで、

1 その通貨を買えば高い金利がもらえる
2 その国の経済が安定していて、今後も成長を続けそう



という状況ではないでしょうか?





もちろんテクニカル的な要因も売買に影響を与えてきますが長期的に為替に大きなインパクトをもたらすのは、テクニカルではなくファンダメンタルズ的な要因となります。それについてはユーロが安くなったのもテクニカルではなくEU経済への不安視ですし、ドルが安くなったのもリーマン・ショックに始まる米経済の停滞です。また、短期的にも米国の経済指標がテクニカル以上に価格変動要因になることからもわかると思います。





つまり、長期的に安定して成長しそうで、かつ金利が高いとその通貨の値段はどんどん上がっていくということですね。




では、それとインフレ・デフレに何の関係があるのか。




まず、基本的に、インフレについては「緩やかなインフレ」というのが、実は一番望ましいとされます。というのも、緩やかなインフレというのは、「少しずつものの値段が上がっていくと思うから、圧倒的ではないけど皆適度に物を買うことについて刺激を受けている」という状態であり、みんな物を買えば企業が儲かる→倒産やリストラが減って雇用安定→消費安定という好循環ができるからです。





前回「適正なインフレの数値は国によって違う」と書きましたが、少なくともインフレ目標地をマイナスにしているところは私は知りませんし、おそらくないと思います。このように、適度なインフレというのが一番望ましい状態なんです。そして、そういう時であれば「高い金利と高い成長率」を両立することができ、スワップポイントも通貨価値も両方上昇するという、まさに「買えば儲かる」という状態になっているわけです。







ただ、これもいきすぎると問題になってきます。というのも、

皆今後も色々物の値段が上がると思う→今のうちに買おうと思う→需要と供給の原則で、需要が多いものは当然値上がりする→皆さらに物の値段が上がると思う→みんなさらに今のうちに買おうと思う→無限ループ


という、いわゆるインフレスパイラルになるからです。




これの問題点は具体的には2つあり、



1 物の値段はあがっても、それにあわせて賃金は基本的には上がらず、そのまま据え置かれることが多い。また、年金受給者なども同様に、物の値段があがってるのに、もらえるお金はそのままという状態になる。そのため、生活が苦しくなる。極端な例だと、第二次世界大戦前のドイツのハイパーインフレみたいに、カートいっぱいの札束がないと買い物にいけず、国民の生活が苦しくなったというのがあります



2 1の効果で実質的に生活が苦しくなる→消費を控えるという実需の側面や、あるいはそもそも値上がりが永遠に続くなんて誰も思い続けないので、いずれインフレは終わります。が、その時の暴落がハンパなく、大変なことになります。日本の不動産バブルの崩壊とかを考えてもらえればわかるんですが、こうなるとかなりしゃれにならない暴落が起こります。そして当たり前ですがそのダメージは、インフレで過剰評価された分が大きければ大きいほどダメージもでかくなります。





このように、インフレが高くなりすぎても経済が悪化してしまいます。ですから、「適度なインフレ率を超えたインフレ」というのはたとえ金利が高くても経済の成長に限界が見えるので、むしろ売られやすく、それによって通貨価値も下がっていくということです。





ちなみに参考までに、デフレの問題は上と全く逆で、


物が値下がりするとおもう→じゃあもうちょっとまとうと思って買い控える→需要と供給の関係で、売れないものは値下がりする→さらに物が値下がりすると思う→無限ループ


というように、いわゆるデフレスパイラルで、物がどんどん売れなくなって企業が倒産します。





こうなってくると、「この国は長期的にも経済がだめになる」と思われて、むしろその国の通貨は売られますし、2000年初頭の「ゼロ金利政策」というのを思い出してもらえればわかるように、金利も下がります。





そして、一般的にデフレでは企業倒産や人々の所得の減少の方が値下がり以上に大きな影響をもたらすため、「物の値段が下がったからだから買おう」という反発が起こりづらく、これがデフレを脱却しにくい理由になります。






一方インフレの場合、中央銀行による徹底的な利上げにより、インフレ自体を収めることはできますが、その場合反動で大きなデフレになってしまいやすく、そのためあまり激しい政策をとりにくいということもあります。







こんなところでしょうか。






最近しばらくファンダメンタルズ的な話が続いたので、次回はテクニカル的な話をしたいと思います。次回もよろしくお願いします。







ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

ファンダメンタルズ超基礎~インフレ・デフレの為替に与える影響~

2011年01月05日 22:31

今日は前回の予告通り、ファンダメンタルズの超基礎として、インフレ・デフレのメリット・デメリットについて説明したいと思います。




インフレとは物価が上がり続けることで、消費者物価指数(CPI)と呼ばれるものによって測定されます。国によって「適正なインフレ率」というのが異なるため一概には言えませんが(例えば日本なら0~2%を適正なインフレとしている一方、中国では3%以上が適切とされています)、基本的には1~3%がいいとされています。




FX投資に直接的な関係があることから書くと、




一般的にインフレが起こると

・金利が上昇(つまり、スワップポイントが増える)
・通貨価値は下落

と言われています。



デフレならその逆で、

・金利が下落(つまり、スワップポイントが減る)
・通貨価値は上昇


となります。



それぞれの理由を書くと、

① 金利の上昇

物の値段が上がるなら、今のうちに物(例えば金など)への投資が集まる→投資するためにはお金が必要だから金を借りる。これについて「自前のカネじゃないの?」と思われるかもしれませんが、普通の投資家でもレバレッジは使いますし、また、機関投資家は当然のように借入でお金をまかなおうとします。このように、金を借りる需要が高まる→そうなると銀行としては高い金利を設定してもうけられるので、金利をあげる



というのがその理由です。理由も含めて書いたので見難くなってますが、ようは

投資のために金が必要になる→そんなに金が欲しいならと銀行が高い金利で貸す
ってことです。





② 通貨価値の下落


例えば1ドル=100円=りんご1個としましょう。かなり極端な例ですが、日本でインフレがおこり、そのせいでりんご1個=200円になるというものです。このときドルに特に変動要因がなければ、りんご1個1ドルのままなので、1ドル=200円=りんご1個となります。つまり、日本でインフレが起こったことで1ドル=200円(=円安ドル高)になったということができます。ここでは円がインフレを起こして円が安くなっているように、インフレを起こした通貨の価値が下がるということですね。



デフレのときはこの逆です。






ただ、ここで注意していただきたいのが、これはあくまで「一面にすぎない」ということです。





例えばインフレ→金利上昇→金利目当てで投資が集まる→通貨高というロジックも全然ありえます。インフレが危険なものではなく、景気が好調だから起こっていると思われたときにはこうなることの方がむしろ多いです(ドルが大幅に下落するまでドルのキャリートレードが大流行していたのもこれが理由です)し、また、逆にデフレが原因で通貨安が起こることもあります。




ですから、そういう「良いインフレ」のときにはその通貨に投資すれば、金利でも売買差益でもどちらでも儲かるということです。




では、「危険なインフレ、危険でないインフレ」をどうやってみわけるのか?ということです。





それについては次回書きたいと思います。次回は1週間以内に更新する予定です。今後もよろしくお願いします。








ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

かなり久しぶりの更新

2011年01月02日 20:46

約3ヶ月半ぶりの更新です(汗




今見てくださっている人がどれほどいるかもわかりませんが、皆様、あけましておめでとうございます。昨年は当ブログを見ていただきありがとうございました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。




昨年の7月頃から少しずつ仕事が忙しくなり、そして更新しないとなんとなく更新しづらくなるというような悪循環も働き、かなり長い間放置してしまいました。その間も着てくださった方には、本当に感謝の言葉もございません。





今年もまたそれなりに忙しくなりそうですが、とりあえず「更新してないから更新しづらい気分になる」というのを防ぐため、今日更新しました。




月1は最低でも更新したいと思っております。また、FXも少しずつ再開していけたらと思っております。






とりあえず正月休みの間に、3ヵ月半前の更新予告で書いた「インフレ、デフレのメリット・デメリット」について書きたいと思います。本年もどうぞよろしくお願いいたします。










ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る