ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


米国雇用統計等の指標発表時にもスリッページの少ないFX業者2013

2013年09月30日 20:33

政府閉鎖もあって若干やるかやらないか不透明では有りますが、今週末に迫った米国の雇用統計の発表に向けて、指標発表時でもスリッページがほとんどなく、約定力も強いFX業者を紹介します。





・ 米国雇用統計等の重要指標発表時に起こること





ちょっと待って、97円で買ったはずなのに、97.5円で買ったことになってるの!?




上のような悲鳴は、重要指標発表時ならよくあることです。これだと50銭ずれているので、例えば10万通貨で取引していたら、なんと5万円もの損失を約定した瞬間にかかえることになってしまいます。




この50銭ずれたという話、当時とはレートが違うのですが、作り話ではなく、私が実際に初心者時代、泣きそうになった実話です(笑




当時は100円台で、具体的な金額は憶えていないのですが、雇用統計発表時に狙った金額から54銭ずれたことは、今でも覚えています。






何故こんなことが起こるのでしょうか?





米国雇用統計等の重要指標の発表時は、当たり前ですが世界中でトレーダーが待ち構えています。




特に最近のように、アメリカが金融緩和をやめる時期はいつか、そのためのトリガーとなる雇用の改善はどうなっているかと、市場関係者が大きく注目している時は、特に大きく動くことが考えられます。





しかし、このように注文が殺到すると、一つ問題が発生します。





それは、「自分が狙っていた金額と、大きくズレる金額で約定されてしまった」ということです。重要指標発表時であれば、10pips(円をかませるなら10銭)くらい簡単に動きますし、一番最初に書いたように、数十銭単位でずれる(スリッページといいます)こともざらにあります。これだけずれてしまえば、例えばスプレッドが0.5銭とかでも、自分が狙ったのと10.5銭もずれてしまうことになります。




相場が急に動くと、業者の側も取引を処理しきれず、結果、狙ったのと違うレートで約定されてしまうのです。




そして、意外と知らない人が多いことなんですが、「逆指値注文」では、このスリッページが発生して、自分が狙ったのと違う金額で約定されることがあるということです。





これがどういうことかというと、自分の損切り額を適切に設定していても、重要指標発表時などのように注文が殺到すれば、自分が思っていた以上の損失を受けるリスクがあるということです。損切りの重要性については、損切りについてという記事でもさんざん書きましたが、投資家にとっての命綱であり、つまりそれがスリッページでずれてしまうということは、命綱が予想より長くなってしまって、地面にたたきつけられるリスクがあるということです。





このようにスリッページというのは恐ろしいものなのですが、これを回避するためにはどうすればいいのでしょうか。






答えは簡単、スリッページの少ない口座を開けばいいのです。





・ 米国雇用統計発表時でもスリッページの少ないFX業者は?







さて、それでは、そのスリッページの少ないFX業者はどこでしょうか?




それは、FXプライムbyGMOです。





ここは2013年3月に矢野経済研究所という、色々な業界のレポートを出している外部団体がFX業者を調査した結果、スリッページ完全に0%、約定率100%となった、凄いところです。




また、親会社が上場しているネット証券会社、GMO証券なだけあって、サーバーも非常に強力です。

FXプライムbyGMO


の画像からもわかるように、雇用統計発表時でもほとんど変わらない反応速度をほこります。





なお、ここについては、今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介しますという記事で、この会社独特の取引ツールについて紹介しているので、よろしければそちらもご覧ください。




口座開設は、


FXプライムbyGMO
FXプライムbyGMO



からできます。




【関連記事】

FXスプレッド比較2013年9月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

MT4、EAを使って24時間自動売買する方法とおすすめ業者

FXでブラジルレアル為替投資~経済見通しと取扱FX業者2013~

FXでメキシコペソ為替投資!推移チャートと取扱FX業者






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ







トップに戻る

TPP参加が日経平均株価、為替に与える影響は?

2013年09月28日 19:11

先日友人と話していて、「TPPの交渉が最近色々報道されてるけど、あれって株価や為替に影響あるの?」という質問を受けて、面白い視点だなあと思ったので、ここで考察したいと思います。




・ そもそもTPPって何?





TPPは正式には環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)というもので、要は「参加国の経済、貿易を自由にできるようにしましょう」というものです。





一般的には「関税をなくす」というのが有名なところですが、そこが一番インパクトとしても大きいです。




というのも、例えば日本では、お米について、非常に高い関税(778%!)をかけており、そうやって関税をかけて外国のお米を高くすることによって、日本産の米の方が外国産の米より安かったり、少なくとも高すぎない水準になることで、日本産の米が買われるようにしています。





それがなくなった場合どうなるかというと、外国産の米にかかっていた関税がなくなり、非常に安い価格で外国の米が入ってくるようになるため、消費者も安い方を選んで、日本の農家が衰退すると言われています。





ちなみに、TPPは別に関税だけではなく、例えば原産地規則、貿易救済措置、衛生植物検疫措置、貿易の技術的障害、知的財産・・・・などなどを含む、自由貿易協定のすべての主要な項目をカバーする包括的な協定となってます。




いずれにしても、イメージとしては「自由に輸出・輸入ができるので、自由競争が促進される」というもので大丈夫です。



ただし、「どの品目を対象とし、どの品目を対象外とするか」というような「部分的自由化」が現在の主流で、例えばアメリカは車などを対象外としたいとしており、日本は米などを対象外としたいと言っており、今後の交渉の中で、それらがどうなっていくか、ということについては、決まっておらず、誰もどうなるかは予想出来ていない状況です。




・ TPPの日経平均株価に与える影響は?






このTPP参加、日本経済への影響は色々な説があります。賛成論者は、「日本の輸出が増えることでメリットがある」、「参加しないとアメリカからの圧力で、例えばトヨタのリコールのような事態を起こされるので、もう参加するしかない」と言い、一方反対論者は「農業などに大打撃を与える」、「他にも衣類などの輸入が増えたりして結局輸入が増えてしまうので赤字になる」、あるいは「海外で作って日本に売っても関税がかからないなら、ますます企業の海外流出が増える」など、賛否両論あります。





これについては、正直なところ、「どの品目が対象でどの品目が対象外になるか」というのも関係しますし、また、実際のところ、「やってみないとわからない」面もあり、予想は極めて困難です。




ただし、日経平均株価については、割りと容易に方向性の想像はつきます。




それは、TPP参加は、高確率で株高要因になるだろうということです。




というのも、日経平均225に参加している企業は上場している中でも特に多く取引されている大企業なので、輸出企業が多く、TPP参加は少なくとも「輸出」という面に関しては、プラスに作用するだろうというのがある程度共通した見方だからです。



また、食品を扱う企業についても、実はTPPはメリットがあり、それは「材料の仕入れ値が安くなる」というものです。例えばカレーライスを作るのを考えてもらいたいのですが、カレーを作る人にとっては、米の値段が安くなるのはむしろ良いことですよね?なので、TPP参加で輸入が増えることは、個別企業にとってはメリットになるのです。




なので、TPPが多くの品目を対象とし、日本が参加するとなった場合、株高要因であり、一方逆に対象品目が相当程度限定されたり、あるいは日本の不参加が決定したりすると株安要因になります。




この日経平均株価に投資したい場合のやり方とおすすめ業者についてはCFDおすすめ業者2013~日経平均225スプレッド比較~で取引の仕方を含めて書いているので、こちらもご覧ください。






・ TPPの為替に与える影響は?






さて、今度は為替に与える影響はどうでしょうか?実は、これについては、正直わからないというのが正解だと思っています。





というのも、先程も述べたように、TPPは経済にとって良いのか悪いのかについてはわかりませんし、さらに日本経済に好影響だとして、それが「円買い」になる時もあれば、「円売り」になる時もあり、2段階で予想が困難だからです。





円高になるという説としては「貿易の輸出>輸入になり、貿易黒字要因だから円高になる」というのや、「TPPに参加しないとなると、安倍政権の指導力について疑問が出て、結果アベノミクスによる円安効果が減じられる」というものがある一方、円安になるものとしては「貿易の輸出<輸入となり、貿易赤字要因だから円安になる」というのや、「参加しない場合アメリカから圧力をかけられ、円高にさせられるから、TPP参加はそうした円高要因を消す」というのや、「株高になるから円安になる(筆者はこれを信じていませんが。円安だから株高はあっても、株高だから円安というのは、因果関係を取り違えています)」などがあります。






ただし、これだけのイベントが為替市場に何の影響も及ぼさないというのは考えづらいので、いずれにしてもどちらかの円高なり、円安なり、どちらかの動きはあるでしょう。





つまり、為替については、今後の動向やその時の市場の反応を見てどうなるかを分析し、それで次似たような事が起こった時にはその方向に投資しましょうというのが、私の意見です。






このニュースの結果どういう風に為替が反応したかというのや、そもそもそういったニュースをどうやっていち早く手に入れるか、ということについては、無料で為替ニュースを集める方法を紹介しますで書いておりますので、こちらも参照ください。






また、こうしたファンダメンタルズ的な要因について、プロがどのように投資しているのかを知りたければ、有料ですが宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)のようなセミナーで体系的に学ぶのも一つの手だと思います。セミナーは相場が20~30万円のところが、42,800円なので、価格的にも安く、そこで相場の世界で30年以上いきてきたプロの授業を受けられます。






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

2013年09月28日 18:19

今回は、今後の為替推移の見通しを自動で予想してくれるツール、みらいチャートについてレビューします。





みらいチャートって何?どうやって為替推移を自動で予想するの?






まず、みらいチャートと言うのは、セントラル短資FXで口座を持っていれば誰でも使えるツールで、過去の為替推移のデータの中から、現在の値動きに近いものを選び出して、今後の為替推移がどうなるかを自動で予想すると言う、すごいツールです。





百聞は一見にしかずというので、以下の画像をご覧ください。




mirai chart2





このように、過去の為替推移の中で近似しているベスト3まで見ることができるのです。





実は、このようなツールはプロの為替ディーラーなら大体誰でも使っています。





ただ、当たり前ですが、そこで使われているプログラムはプロにとって収益を稼ぎだすための最大の機密事項なので公開されておらず、一般の投資家は使うことができません。





それを無料で提供してくれるのが、このみらいチャートなのです。





また、最近では、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、RSIといった、ほとんどの人が見ているテクニカル指標について、一覧でその指標によれば今が買いなのか売りなのかが一目でわかるようになりました






mirai6.png






そして、こうした売買指標から、今売買が分かりやすい通貨はどれなのか、というのをランキング形式で発表してくれます。




mirai4.png





このように、本来であれば「どの指標を見るか」「それではどちらなのか」というのを、一つ一つ確認していかなければいけなかったのが、その結果が一目でわかるというように、非常に使いやすいツールです。






予想の信頼性についてのレビュー








私は、このみらいチャートというのは、究極のテクニカル指標だと考えています。






というのも、テクニカル分析の本質は、「過去の値動きから将来の値動きを予想する」というものであり、それを考えるためにローソク足なりボリンジャーバンドなりRSIなり、色々な切り口から「過去の動きからこう推移するはず」というのを予想するものです。






それに対し、みらいチャートは、そういった切り口の全てを勘案した上で、「過去の値動きからはこうなるはずだ」というのを実際のデータを用いて予想してくれるものなので、確実なデータに基づき、全ての切り口から見た、究極のテクニカルと言えるからです。







また、プロもこのようなツールを使って予想している以上、みらいチャートで上がると考えられる時は、プロの使うツールでも買いシグナルを出すはずで、その時点で買えば、プロの使う大きな資金の流れも読めるというメリットもあります。






このように、みらいチャートは、ある種究極のテクニカル指標ということができると思います。






ただし、当たり前ですが,100%当たるわけではありません。それはどんなテクニカル指標を使おうが、どんなファンダメンタルズ情報を持っていようが、100%こうなる、ということは言えないのと同様、過去の推移から予想するみらいチャートでもはずすことはあります。






また、第一近似から第三近似まで、バラバラの予想をすることもあります。そういう場合は、テクニカルで考えると「判断が難しい局面」なので、トレードするのはファンダメンタルズなどで自信のある時以外はおすすめしません。







一方で、第一近似から第三近似までが似た値動きを予想した場合、短期間の予想ではかなりの精度があると思います(体感的には7、8割当たってる気がします)






みらいチャートを使う時の注意点







実はこのみらいチャート、私は基本的には初心者の方にはあまりおすすめしません。





というのも、失敗した時に反省せず、ツールのせいにしかねないからです。





当たり前ですが、どんなテクニカル指標でも完璧なものなんてありません。このみらいチャートでも、はずれる時は当然はずれます。そのときに、「自分が悪かった。今度はこうしよう」ではなく、「なんでこのツールを使ったのにだめなんだよ!と怒ってしまうと、せっかくの失敗を反省もしないでみすみす無駄にしてしまうことになります。






確かに、怒る気持ちもなんとなくわかり、業者から提供された「相場を予想するツール」がはずれたのだから怒りたくなる気持ちも分かりますが、とはいえ、これはあくまでテクニカル分析の一つに過ぎない以上、はずれることもありますし、また、はずれたとしたら、その指標を信じた自分が悪いと考えないと、「次はうまくやる」ということが、できなくなってしまいます。





人間は失敗したら誰かのせいにしたくなるものです。それでも、その失敗を自分の責任だと反省し、そうやって反省していく中で成長していきます。これは、FX投資に限らずどんなものでも言えると思います。みらいチャートを見て失敗したから、今度は他の指標もあわせて見て、それで両方OKなら投資するようにしようとか、そうやって反省していくことで、自分なりの「FX投資法」ができていきます。





そのように、「あくまで一つの参考にするテクニカル指標」として使おうという方には、自信をもってこのみらいチャートはおすすめできます。





上で書いたように、こういうツールは、プロのディーラーには必須のツールとして使われています。それを無料でつかえるというのですから、本来なら使わないと明らかに損です。






このみらいチャートを使うには、セントラル短資FXの口座開設が必要です。





セントラル短資FXの口座開設では、当サイトから申し込んで、ここの短期売買用の口座であるウルトラFXでUチャートを使って取引すれば、当サイト限定キャンペーンとして7,000円の追加キャッシュバックもあるので、当サイトから申し込むのがおすすめです。口座開設は





セントラル短資FX
FXダイレクトプラス






からできます。





【関連記事】

トルコリラ為替見通しと、スワップでのFXおすすめ業者2015年

スワップ利回り6%!南アフリカランド経済・為替の今後の見通しとおすすめFX業者2015年8月

2016年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~







もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXでオーストラリアドル為替投資!経済見通しとおすすめ業者2013

2013年09月15日 20:50

今回はオーストラリア経済の見通しと、スプレッド、スワップ、取引単位から見たおすすめ業者について、2013年9月の最新情報を元に紹介していきます。




・ オーストラリア経済の基本情報





まず、オーストラリアについては、公的債務残高が小さく、非常に安定した投資先として見られています。例えば、ムーディーズの格付けは最高のAaaで(ちなみに日本がAa3なので、日本より3段階上の格付けです)、S&Pの格付けもやはり最高位のAAA(日本はAA-なので、やはり日本より3段階上)というように、破綻リスクは極めて低く見積もられているという特徴があります。




また、オーストラリアは、資源大国であり、経済の大きな支えとなっております。



例えば、輸出量に占める割合は、1位が鉄鉱石19.9%、2位が石炭で15.2%、3位が金で5.7%というように、輸出のベスト3全てを資源で占めております。





また、輸出の相手先では、1位が中国26.1%、日本が16.8%で2位、3位が韓国で7.5%というように、中国経済の影響を受けやすいです。




実際に中国の景気後退懸念が強まると豪ドルが売られるというように、相手先として大きな割合を占めるオーストラリアも中国経済の影響を受けやすい環境にあります。



最近では最新の中国の貿易統計や鉱工業生産統計が回復基調にあり、中国の景気後退懸念は薄れてきているため、豪ドルも値上げしていますが、中国経済の状況についてはモニタリングが必要です。(どうやってモニタリングすればいいかについては最後に関連記事を紹介します)




・ オーストラリアドルの特徴





先程も述べたように中国経済の影響を受けやすいという特徴があるのですが、それにくわえて、オーストラリアドルに投資する一番の魅力といえば、先進国トップの金利といえます。




オーストラリアの政策金利は2.50%で、大幅に下落したとは言え、先進国の中ではトップです。そして、この2.50%というのは、「過去最低」なので、雇用が回復した場合、元に戻る可能性も高いです(元々は4.75%でした)




これはFXのスワップポイントにも反映されており、一番高い業者で1万通貨で1日67円、つまり約年間2万4000円のスワップがつき、例えば取引資金が15万円なら、レバレッジ6.1倍程度でスワップだけで利回り16.3%にもなります。




現状の最低の金利水準でもこれなのですから、戻った場合はこんなものではないというのはおわかりいただけると思います。




ちなみに、そもそも何故ここまで金利が下落したかというと、それは中国の景気後退、前ラット政権の政策のミス(炭素税の導入による企業負担の増加や電気料金の値上げ等様々な経済に悪影響を与える政策をしてしまい、それによってどんどん民意が離れ、6年ぶりに政権の座から引きずり降ろされています)といったようなことから、失業率が増加したためです。では、何故失業率が増加すると金利が下がるのでしょうか?





それは、一言で言うと、金利を下げたほうが市場にお金がまわって、雇用や投資をしやすくなるからです。




失業率が増加した場合、企業が労働者を雇ったり新しい投資をしたりしてもらう必要があるため、政策金利(=中央銀行からの貸出金利)を引き下げることで、お金を借りやすい環境を作ろうとするのです。そして、失業率は政府の評価に非常に大きく影響するので、失業率が高まった場合、政治から中央銀行に対して利下げの圧力が強まり、結果、金利が下がるということです。




話を戻しますと、中国景気の悪化や政府の政策ミスで失業率が高まったことが、金利が下がった原因です。




なので、今後のポイントとしては、中国経済などがどうなるか、さらには、先週の9/7に政権交代したアボット政権で、どのように経済が立ち直っていくか、ということがポイントになります。




ただし、中国経済は回復基調にあり、ダメだった政権も交代したことから、今後は雇用も安定して金利も元のような水準に戻る可能性が高いと思います。そうなった場合、利息を目的とした投資が多い通貨ですから、再び豪ドルは値上げしていき、為替差益も狙うことができます





・ オーストラリアドル為替取引のおすすめFX業者は?





これからは50社以上の会社をすべて比較した上でどこがおすすめなのかということについて書いていきます。実は、今回は「ここが単独トップ」というのはありませんでした。というのも、1万通貨以上で取引するならスプレッド、スワップもトップのところがある一方、それ以下なら別の会社がおすすめになるためです。




では、まず1万通貨以上で取引するならおすすめはどこでしょうか?




それは、GMOクリック証券【FXネオ】です。




ここはスワップポイントが1日67円で、50社以上を比較した中で1位であり、スプレッドも、原則固定で1.0銭と、やはり1万通貨より大きい単位では1位です。





また、チャート機能も非常に優れています。iPhoneで取引できるのは当然として、それ以外に、米国の国債やダウ平均、他の国の為替と為替の影響を見比べたり、それだけでなく要人発言を含めたニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースや経済指標の動きが為替市場に影響を与えたのかということも事後的に確認ができるチャートを持つ会社です。





市場が何に注目して、何が起これば為替は動くのかを知っていれば、「今後何が起こればどうなるか」というのを予想できるので、こうした点からも非常におすすめです。




口座開設は

GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券

からできます。





では、次に、1万通貨未満で取引する場合のおすすめ業者はどこでしょうか?




それは、SBI FX TRADEです。




ここは1通貨単位で取引できる唯一のFX業者です。なので、豪ドルを1ドルだけ買うというのもありです。




スワップはGMOクリック証券よりは低いのですが62円と高めの水準で、スプレッドは1万通貨以下では原則固定で0.99銭と、GMOクリック証券の1.0銭原則固定より0.01銭安く、1万通貨以下では1位になっています。




なので、1万通貨より小さい単位で取引したい場合は、こちらがおすすめになります。




口座開設は


SBI FX TRADE
SBI FXTRADE


からできます。




ちなみに、もし1万通貨ちょうどで取引する場合、スプレッドの差0.01銭は、スワップの差によって2日で追いつくので、デイトレ以外であればGMOクリック証券【FXネオ】、そうでないならSBI FX TRADEという感じになります。




また、上の方で書いた「中国経済等の情報のモニタリングの仕方」については、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で書いてありますので、あわせて参照ください。




【関連記事】

FXスプレッド比較2013年9月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

MT4、EAを使って24時間自動売買する方法とおすすめ業者

FXでブラジルレアル為替投資~経済見通しと取扱FX業者2013~

FXでメキシコペソ為替投資!推移チャートと取扱FX業者





【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXでニュージーランドドル為替投資!経済見通しとおすすめ業者2013

2013年09月14日 23:17

今回はのニュージーランド経済の見通しと、スプレッド、スワップ、取引単位から見たおすすめ業者について、2013年9月の最新情報を元に紹介していきます。




・ ニュージーランド経済の基本情報





ニュージーランドは、先進国の中では珍しく、酪農業と林業を中心とした、いわゆる第一次産業中心の経済をしています。




例えば、輸出量に占める割合は、1位が乳製品で24.8%、2位が食肉で11.2%、3位が木材で6.9%というように、経済の大部分を酪農業と林業でまかなっています。





また、輸出の相手先では、1位がオーストラリアが21.4%、中国が14.9%で2位、3位がアメリカで9.2%というように、中国経済の影響を受けやすいです。





というのも、1位のオーストラリアも対中依存度は非常に大きく、貿易の26.1%が中国で、実際に中国の景気後退懸念が強まると豪ドルが売られるというように、相手先として大きな割合を占めるオーストラリアも中国経済の影響を受けやすく、ダイレクトな影響としても2位が中国なので、非常に中国経済の影響を受けやすいといえるからです。




最近では中国の景気後退懸念は薄れてきているため、豪ドル、NZドルもともに値上げしていますが、中国経済の状況についてはモニタリングが必要です。(どうやってモニタリングすればいいかについては最後に関連記事を紹介します)




・ ニュージーランドドルの特徴





先程も述べたように中国経済の影響を受けやすいという特徴があるのですが、それにくわえて、NZドルに投資する一番の魅力といえば、やはり先進国トップの金利といえます。




NZドルの政策金利は2.50%で、先進国の中ではトップです。



同率首位にオーストラリアも2.50%ですが、ニュージーランドドルについては、ニュージーランドの中央銀行であるRBNZは近いうちの利上げの可能性を示唆しているというように、今後単独トップになる可能性もあります。




これはFXのスワップポイントにも反映されており、一番高い業者で1万通貨で1日58円、つまり年間2万1000円のスワップがつき、例えば取引資金が15万円なら、レバレッジ5.3倍程度でスワップだけで利回り14.1%にもなります。




そして、NZドルの場合、利息狙いの投機取引が中心となるので、利上げした場合為替差益も得られる可能性も高いと言えます。




一方で、逆に為替が下がる可能性としては、RBNZ(ニュージーランドの中央銀行)が売り介入を宣言しているというのがあげられます。というのも、NZドル高になると、はじめに書いた国内経済の大きなウェイトを占める酪農業や林業にとって輸出がしづらくなって大打撃となるためです。なので、売り介入してでもNZドル高を防ぎたいという意向があります。




ただし、今までの介入も相場への影響は一時的かつ限定的でしたし、そもそもNZの様な小さい国の介入ではあまり大きな額を動かせないので、影響は限定的との見方もあります。




これについては、確かに日本が民主党時代に何回か円高是正介入をやっても、一瞬で元に戻ったことを考えると、日本の経済規模でもそうなのだから、ニュージーランドでは確かに介入によってある程度の期間の為替に影響させるのは難しいだろうなあというのはわかります。




・ ニュージーランドドル為替取引のおすすめFX業者は?





これからは50社以上の会社をすべて比較した上でどこがおすすめなのかということについて書いていきます。実は、今回は「ここが単独トップ」というところはなく、考え方次第でどちらを選ぶか、という2択になりました。というのも、1万通貨以上で取引するならスプレッド、スワップもトップのところがある一方、それ以下なら別の会社がおすすめになるためです。




では、まず1万通貨以上で取引するならおすすめはどこでしょうか?




それは、GMOクリック証券【FXネオ】です。




ここはスワップポイントが1日58円で、50社以上を比較した中で1位であり、スプレッドも、原則固定で1.8銭と、やはり1万通貨より大きい単位では1位です。




また、チャート機能も非常に優れていて、米国の国債やダウ平均、他の国の為替と為替の影響を見比べたり、それだけでなく要人発言を含めたニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースや経済指標の動きが為替市場に影響を与えたのかということも事後的に確認ができるチャートを持つ会社です。





市場がどのような指標や発言に注目しているのかというのを一目瞭然にできれば、「今後何が起こればどうなるか」というのを予想しやすくなるので、こうした点からも非常におすすめです。



口座開設は

GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券

からできます。





では、次に、1万通貨未満で取引する場合のおすすめ業者はどこでしょうか?




それは、SBI FX TRADEです。




ここは1通貨単位で取引できる唯一のFX業者です。なので、NZドルを1ドルだけ買うというのもありです。




スワップはGMOクリック証券よりは低いのですが56円と高めの水準で、スプレッドは1万通貨以下では原則固定で1.79銭と、GMOクリック証券の1.8銭原則固定より0.01銭安く、1万通貨以下の1位になっています。




なので、1万通貨より小さい単位で取引したい場合は、こちらがおすすめになります。




口座開設は


SBI FX TRADE
SBI FXTRADE


からできます。




ちなみに、もし1万通貨ちょうどで取引する場合、スプレッドの差0.01銭は、スワップの差によって10日で追いつくので、10日以上保有するつもりがあるならGMOクリック証券【FXネオ】、そうでないならSBI FX TRADEという感じになります。




また、上の方で書いた「中国経済等の情報のモニタリングの仕方」については、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で書いてありますので、あわせて参照ください。




【関連記事】

FXスプレッド比較2013年9月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

MT4、EAを使って24時間自動売買する方法とおすすめ業者

FXでブラジルレアル為替投資~経済見通しと取扱FX業者2013~

FXでメキシコペソ為替投資!推移チャートと取扱FX業者






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】


このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

東京オリンピックの株価、為替に与える影響

2013年09月08日 17:17

今回は本日決定した、東京オリンピックが株価や為替に与える影響を考察します。






東京オリンピックが株価に与える影響




まず株価ですが、これはほぼ間違いなく株高の方向に進むでしょう。





これは実体経済的な影響に加え、いわゆるご祝儀相場というような、期待感から来る投資の活発化も起きると考えられるので、ほぼ間違いありません。




なお、東京都の試算では経済効果は3兆円と、GDPの0.5%程度と控えめなものですが、これは「直接的な投資にかかる効果」にすぎず、例えば波及して起こるインフラの整備や、スポーツ用品の売上、さらには観光地としての日本の価値向上にともなう効果などは含まれておらず、実体経済への影響はもっと大きいという考えが主流です。





東京都が何故少なめの試算を出したかというと、オリンピックのテーマが「エコ(あまりお金をかけずに開催できる)」であること、及び、財政負担を懸念する声に配慮したものと考えられています。というのも、直接的なインフラ整備=東京都のお金でやる公共事業なので、税金がかかるというのを懸念する声もあるためです。





東京オリンピックが為替に与える影響





一方、為替については、円安になる可能性が高いと考えています。




これは、大規模公共事業等が必要になる→実質的に金融緩和のような状態になるということに加え、海外投資家の動向としても、日本にポジティブ・サプライズがあれば円売り、ネガティブサプライズがあれば円買いという行動を取る傾向が強く、例えば東日本大震災の直後に大幅な円高(つまり円買)があったことを思い出してもらえればわかると思います。





そして、株価にしても、為替にしても、こういう実体経済の影響を伴ったものは長期にわたってプラスの影響を与えます。





ですから、これを期に投資を始めてみるのもいいかもしれません。






投資を始める場合、まずは宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)のようなちゃんとした有料セミナーで、しっかり習うというのも一つの手だと思います。




また、そういうのはやらずにいきなり投資したいというのであれば、私のブログで無料で


日経平均に投資したいなら、
CFDおすすめ業者2013~日経平均225スプレッド比較~


ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円などの主要通貨でFXをやりたいなら
FX会社の選び方~デイトレードおすすめランキング2013年9月~



が関連記事となりますので、そちらもご覧ください。






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

シリア攻撃、中東戦争の可能性と為替・原油、金への影響

2013年09月07日 01:44

今回は今混乱が続いているシリア情勢を分析し、シリア攻撃の可能性とそれが中東戦争につながるか、そして、そうなった時に為替や金、原油価格にどういう影響をあたえるかを考察します。


順番としては、
1 シリア攻撃が検討される背景と現在の国際世論
2 シリア攻撃の可能性
3 中東全体への波及の可能性
4 為替、原油価格、金価格への影響
という順に書いていきます。





1 シリア攻撃が検討される背景と現在の国際世論





現在アメリカがシリア攻撃のために議会で審議しており、また、様々な国に支持を求めて動いております。




何故アメリカがシリアを攻撃しようとしているかというと、それはシリアが反体制派に対して化学兵器を使って攻撃し、そうした化学兵器を使った攻撃を禁止する国際法に違反するためです。ですから、そうした国に制裁をするということによって、他の国も化学兵器を使ったら攻撃される、とすることによって、化学兵器使用禁止というルールを守らせようというのがその理由です。





ただし、その「化学兵器を使ったか」、「攻撃をすべきか」ということについての各国の認識は一致していません。




例えばロシアは「化学兵器使用の証拠がない」ということから、シリア攻撃に反対の姿勢をとっており、また、他の先進国では、日本もイギリスもフランスも明確に賛成、反対の姿勢を取っておらず、直近のG20でも意見がまとまらず、何か決定することについては見送りとなっています。





ですから、現状ではアメリカがシリア攻撃を強硬に主張していて、国際世論は立場を決めかねている、という状態です。




2 シリア攻撃の可能性





それではシリア攻撃の可能性はどうかというと、私は攻撃自体はほぼ不可避ではないかと考えております。




というのも、アメリカとしては化学兵器使用の証拠があると強く主張していること、そして化学兵器使用をした場合には「制裁」をするということによって軍事バランスを保っていることから、もう「退くことができない」状態になっているためです。



そして、仮に国際世論が支持しなかったとしても、イラク戦争等の様に、別にアメリカが攻撃することについて国際世論の合意は必ずしも必要ではないことに加えて、ほとんどの先進国がスタンスを曖昧にして特に強く反対をしていない(先進国では反対を明確にしているのはロシアくらいです)からも、やはり攻撃自体は避けられないと思います。




アメリカは基本的に軍事産業の圧力が強いため、戦争をしたがる傾向にあり、実際今までもこういう情勢になって攻撃しなかった例がないことを考えると、攻撃はほぼ不可避です。




ただし、攻撃の規模としてはそこまで大きくないことが考えられています。現状考えられている戦争にかかるコストは数千万ドル(つまり数十億円程度)とされており、イラク戦争の5,000億ドルから3兆ドルとも言われる費用と比べうと、実に1万分の1程度の見積もりです。




つまり、イラク戦争のように長期化したり、大量に人や物資を投入するような戦争は想定しておらず、短期的に短い空爆などの攻撃で終わらせようと考えているということです。



ただし、それで終わるのかは怪しいところで、それについては次の中東戦争への可能性についてでも書きます。





3 中東全体への波及の可能性






シリアのアサド大統領は、「アメリカの攻撃は中東戦争を招く」ということを言っています。その背景を說明します。




まず、アサド政権は大統領なので、基本的にイスラム教である国民の支持を背景にしたものです。なので、まずイスラム教という支持母体があり、アメリカに対してはいつもの「イスラム教への敵視」ということになります。




また、アサド氏の個人的なつながりとして、パレスチナのイスラム原理主義ハマスや、レバノンのイスラム原理主義のヒズボラといったイスラム教徒からの支持も厚い団体とのコネもあることから、「中東のイスラム教VSアメリカ」という情勢にしていると考えられます。





ですから、シリアへの攻撃が、こうした勢力への反米の高まりを受け、その結果中東全体に戦火が拡大したり、あるいはテロなどによって中東情勢が不安定化するリスクは高いと考えられます。





4 為替、原油価格、金価格への影響







このように戦火が拡大した場合、まず為替はどうなるでしょうか?





結論としては、「おそらく有事のドル買い、有事の円買となるだろうが、例えばドル円、ユーロドルといった、メジャー通貨どうしではどうなるかはわからない」といったものです。




というのも、イラク戦争や湾岸戦争で、ドルについては対円でドル安になっていますし、ユーロに対してもイラク戦争ではユーロ高ドル安となっており、最近のエジプト革命でもドル高はユーロに対しては一瞬起こったもののすぐ戻し、円に対しては円高になったためです。




そのため、メジャー国通貨ペアでやるのではなく、リスク回避で売られやすい新興国通貨とドルや円で取引するといいと思います。




それについては、一般的な通貨ペアの取引についてはメジャー通貨のおすすめ業者の最新版の記事を(NZドルや、南アフリカランドなどの新興国通貨もあります)、ブラジルレアル/ドルで取引できるところを紹介しているブラジルレアルの為替取引ができる業者の記事を参照ください。





ただし、それよりさらにわかりやすい投資先があります。それは原油や金です。




例えばドルについては、先ほど述べたようにドル安、ドル高どちらに進むかわからないのに対し、原油については、湾岸戦争、イラク戦争、エジプト革命全てで例外なく大きく上昇しています。




それは中東で危機が起こった場合、世界の石油の大部分を作っているため、原油に対しては非常に強いリスク・プレミアム(リスクがあることによって高くなること。オイルショックとかがまさにそれに該当します)がつき、結果値段があがるためです。




また、金についても「有事の金買」という言葉もあるように、最近のある程度世界的に知られるレベルでの戦争が起こった局面全てで値上がりしています。




なので、有事を予測するなら、金を買っておくというのもありです。





そこで、原油や金を売買するためにCFD口座の出番になるわけですが、原油や金で取引する際のおすすめできる業者はどこでしょうか?





それは、GMOクリック証券【CFD】です。





ここは実質的に取引手数料であるスプレッドが20社以上を比較した上で一番安く、原油で0.03ドル(ちなみに2位はDMM CFDの0.039ドル)、金は0.3ドル(2位は複数社ありますが、全部0.4ドル)となっております。




また、GMOクリック証券自体、CFDで売買代金国内1位で国内での取引のうちシェア77%を誇る(2013/1実績。なお2012年全体でも60%超)というように、ほとんどの人がCFDでは使うというレベルの業者です。




口座開設は
GMOクリック証券【CFD】





からできます。








ちなみに、例えばアメリカによる攻撃開始や、状況の進展などについては、正確な情報をできるだけ素早く入手する必要があります。こういうニュースの情報を素早く確実に入手する方法については、無料で為替ニュースを集める方法を紹介しますで書いておりますので、こちらも参照ください。







【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

MT4、EAを使って24時間自動売買する方法とおすすめ業者

2013年09月06日 17:47

色々他のサイトで「このEAが良い」とか「いやこっちのEAの方がいい」という記事はあれど、実は一番重要な、MT4のEAで24時間自動売買したければどうすればいいのか?ということが書かれていないので、今回それを取り上げてみました。




そもそもの土台となる、24時間自動売買状態にするために必要なやり方を紹介し、EAについては各自で実際に取引して検証下さいということで、どのEAがいいかについては言及しませんので、悪しからずご了承下さい。





・ MT4のEAで24時間自動売買はできるの?





MT4のEAは、MT4が起動している時であれば、自動で取引をしてくれます。つまり、逆に言うと、PCをつけていない時間帯は取引してくれないということです。




なので、そもそも24時間自動売買をして欲しければ、PCを1日中つけっぱなしにして、MT4を起動した上で、回線もそこにつなぎ続けていないといけないということです。




これは一般的な人にとっては難しいことだと思います。というのも、24時間つけっぱなしだと当然PCにもダメージがありますし(休みなく稼働し続けるわけですから)、電気代もかかりますし、音も出るので嫌がる人も多いのではないでしょうか。





また、相場急変時には当然処理が重くなりますが、それに耐えうるだけのPCスペックや回線の強さがないといわゆるスリッページが発生してしまい、そこで例えば1万通貨で20pipsずれると、それだけで2000円の損になります。そして、それくらいのスリッページなら雇用統計とかでも頻繁に起こることなので、毎月それ以上の損失を出すリスクがあります。





つまり、普通にやる分には、MT4でEAを使って24時間自動売買することは、実質的にかなり困難だし、損を出すリスクも高井と言えます。




・ その上でMT4のEAで24時間自動売買する方法は?






普通に自分の家でPCを置いて24時間自動売買するのは難しいということを說明しました。では、どうすればできるようになるでしょうか?




答えは簡単で、自宅以外で24時間稼働しているPCをレンタルするということです。





とはいえ、こういうサービスを自分で一から調べて、そこでMT4を入れて、その上でEAを設定するというのは、PCの上級者ならともかく、普通の人には難しいです。





ですが、FX業者の中にはこのサービスを他の業者と提携して、MT4口座を開設すればそうしたサービスを口座ページから申し込んで、簡単にできるようにしてくれる会社があります。






それはどこでしょうか?





・ MT4で自動売買する際のおすすめ業者は?








それは、楽天証券です。





ここはVPSサービスという、24時間稼働してくれるリモートPCをつけてくれるサービスをやっているため、自宅のPCを24時間つけていなくてもずっと自動で売買ができます。なので、EAさえいれておけば、あとは勝手に全てトレードしてくれるという状態になります。





また、ここの会社の場合、他にトレーダーにとって気になるポイントである、取引通貨単位、スプレッド、スキャルピングの可否などの点でも、問題がないどころか、むしろおすすめできる会社です。




まず、取引通貨単位については、1,000通貨からの取引も可能なので、少額で24時間稼働させてEAを色々と試してみる、ということができます。。





また、スプレッドもMT4口座の中では非常に狭い部類です。ここはNDDシステムという、簡単にいえばインターバンク直結レートを使用するので「固定スプレッド」とかではなく、また、普通にトレードするところよりは若干高くなりますが、MT4での業者の中ではトップクラスの狭さです(MT4の口座ではどこもスプレッドが高くなります)





また、スキャルピングEAを使いたい場合でも、公式ページで「スキャルピングEA歓迎」と書いてある、数少ない業者でもあります。普通の会社ではスキャルピングはサーバーに負荷がかかるので嫌われるのですが、ここではむしろそれを歓迎している、という点も、トレーダーにとっては大きなポイントだと思います。




口座開設は、



楽天証券

MT4 468x60




からできます。





【関連商品】

毎月安定した副収入を得るための「安心」「安全」資産運用型FX【NexusFX】~ネクサスFX~






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る

利回り10%超のブラジルレアル建債券に投資する方法

2013年09月05日 23:47

今回はFXではないですが、凄い債券を見つけたので紹介します。






利回り10%超のブラジルレアル建債券






はじめ見た時には驚きました。今のこのどこも低金利のご時世で、10%の利回りです。例えば日本国債や定期預金だと1%もないです。




そのような中10%というのがどれだけ高い水準かはお分かりいただけると思います。





さらにその発行元もあの欧州復興開発銀行で、リスクはかなり低いと考えられます。実際にS&Pの格付けもAAA(最高位)、moody'sの格付けもAaa(最高位)です。







私も見て、「これは良いなあ」とおもったので買いました。





この債券はGMOクリック証券で発売されているので、もし口座を持っていなければこちらから開設してください。証券口座を開かないと、債券の口座も開くことができません。






口座開設は

GMOクリック証券





からできます。






ちなみに、ブラジルレアル建債券なので、ブラジルレアルが値上がりすればその分為替差益が出ますし、逆に値下がりすれば為替差損が出ます。





ただし、為替差損を少なくするのは裏技があります。





それは、FXで買ったのと同じだけのポジションを売建てすればいいのです。そうすれば、値下がりした時債券では損が出ますが、一方FXの方で利益が出るので、損益が相殺されます。





そこでFXで唯一ブラジルレアルに投資できる会社と、今後のブラジルレアルの見通しについて私が考察した記事が

FXでブラジルレアル為替投資~経済見通しと取扱FX業者2013~

にあるので、あわせてご覧ください。






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る