ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


失業率・雇用者数がGDP以上に為替に影響する理由

2013年11月30日 21:34

来週金曜日には今年最後の米国雇用統計が発表されます。今年最後の雇用は、果たしてどうなるでしょうか?




今回は、「そもそも何故雇用統計はそんなに注目されるの?」ということについて解説したいと思います。




「それは雇用がよくなる=経済がいいってことだから、通貨買われて当たり前じゃない?」と思われるでしょう。それは確かにその通りです。ですが、「実体経済」というのであれば、雇用以上に、GDPや景況感指標の方がぴったりくる指標じゃないでしょうか?それなのに、なんで雇用統計が一番注目されるのでしょうか?





実は答えは、「雇用統計が一番政策運営に影響するから」です。





GDPや景況感は、多少悪くなったところで、「人々への生活の影響」は、ダイレクトには起こりません。それに対して、雇用や失業の問題は、人々にとって大きな関心ごとになります。なので、「雇用」を維持することが政府に求められ、そのため雇用によって経済政策が変更することは、非常に多くあります。





現に世界で一番取引量の多いドルの国であるアメリカは、緩和政策について、「雇用が改善するまでやめない」ということを明記しています。このように、「実際の人々の生活への影響」から、雇用が政策上最優先されるからこそ、為替に影響を与えるのです。





ちなみに、雇用環境が悪化すれば、金融緩和を行い通貨安になる一方、雇用環境が良くなれば緩和を止めるため逆に通貨高になります。





この金融緩和と為替の関係については、金融緩和で円安になる理由というそのものずばりの記事を以前書いているので、そちらも興味のある方はどうぞご覧ください。






【関連記事】
米国雇用統計発表に向けて使うべき口座を紹介しています

無料でニュースを集め、その情報が為替に与えた影響を分析する方法を紹介します

スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者2013

FXスプレッド徹底比較2013年11月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します










【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 







トップに戻る

物価上昇(インフレ)で為替はどう動く?CPIと円高、円安の関係

2013年11月29日 19:22

本日、日本とドイツでCPI(物価上昇率)が発表されました。両国ともに市場予想を上回る物価上昇で、日本は0.3%上昇で5年ぶりに(!)プラスに転じ、ドイツでは1.3%の上昇となりました。ドイツの予想外の物価上昇で、ユーロ圏全体のCPIも0.8%上昇が予想されていましたが、0.9%になるのではないか、と予想されています。




一方で、為替では、ユーロはユーロ高になる一方、円は円安傾向を示しています。では何故インフレが起こった事実は同じで、起こったことは真逆なのでしょうか?





それは、「インフレ」という現象ではなく、「そのことが引き起こすであろう金融政策」への予想の違いです。





ヨーロッパでは、ドイツが第二次世界大戦前に超インフレを起こしたことや、長年インフレに苦しんできたことから、インフレへの警戒心が非常に強い文化があります。そのため、インフレが起こりそうになったら金融引き締めが起こる可能性が高まります。





金融引き締めというのは要は「利上げ」のことです。何故利上げするとインフレが収まるかというと、この金利というのは中央銀行が銀行に貸し出す時の金利のことなので、

利上げ→銀行がお金を借りにくくなる→銀行からお金を借りる企業も借りにくくなる→お金が少ないので投資や消費を抑える→物価が値下がりし、インフレから脱却

というロジックです。





一方で、通貨としての魅力は、当たり前ですが金利が高い方が魅力的です。そのため、金融引き締めは一般的に通貨高を招き、今回のケースで言うと、ユーロ物価上昇→ユーロ利上げ予想の増加→ユーロ高につながったということです。





一方で日本の場合、日銀は2%の物価上昇率まで金融緩和を続けると明言していることから、0.3%程度では全然利上げ観測は起こりません。むしろ、ようやくプラスに転じたということで、今後も2%を目指してさらに金融緩和を邁進していくと考えられることで、円安になります。




なお、この金融緩和とは何か?というのや、それでなぜ円安が起こるのか?ということについては、金融緩和で円安になる理由というそのものずばりの記事を以前書いているので、そちらも興味のある方はどうぞご覧ください。





同じ現象でも、市場の見方が違うと為替に与える影響も違う、という、面白い例ですね。





【おすすめ記事】
スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者2013

FXスプレッド徹底比較2013年11月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

FXでブラジルレアル為替投資~経済見通しと取扱FX業者2013~







【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 







トップに戻る

FXデイトレードおすすめ口座~2013年11月スプレッド比較~

2013年11月19日 01:13

全く同じ取引をしたのに、片方はプラス10万円、片方はマイナス10万円





信じられないかもしれませんが、デイトレードやスキャルピングではありうる話です。デイトレでは、FX口座の選び方によって、何十万、何百万という金額の差になります。そこで、そんなに差が出る理由を説明した上で、2013年11月のおすすめランキングを紹介します(ほぼ毎月ランキングを更新しています)





・ FXデイトレードでは口座でここまで違う






最近では、FXの取引手数料は、くりっく365を含めても、大体無料になっています。ただし、それ以外に「スプレッド」というものがあります。これは買う時と売る時の差のことで例えばドルは100円で買えて、99円で売れるということです。この場合、買った直後に売ると、1円分損になります(1万通貨なら1万円の差)




今どき1円もスプレッドのあるところなんてありませんが(笑)わかりやすい例としてこの数字であげました。今どきはスプレッドはドル円では少ないところで0.3銭程度で、多いところで2銭とかです。






では、ここで具体的な数字を使って考えてみましょう。例えば、スプレッドが1銭(0.01円)違うとどうなるでしょうか?






例えば10万通貨取引を行えば、1銭違えば1000円の差になります。この時点で普通に考えるとかなりの違いですが、それが累積していくとどうなるでしょうか?





例えば、1日1回、10万通貨で取引を行うというのでは、年間約240日取引可能な期間があるので、1年では24万円もの差になります。






そして、デイトレードではレバレッジを高くし(=多くの通貨単位で行う)、かつ、何度も取引を行うため、実際にはこれ以上の差になることもあります。




このように、たった1銭違うだけでも莫大な影響があるスプレッドですが、例えば0.1銭の差でも、積もっていけば数万円、数十万円の差になっていくので、少しでもスプレッドの安いところを選ぶべきなのです。





そして、一口にスプレッドといっても、ドル円なら0.2銭、ユーロ円なら0.6銭、ポンド円なら1.2銭というように、取引通貨ペアによって、スプレッドは違います。なので、「スプレッド○○銭原則固定」とか書いてある業者でも、「自分が取引したい通貨のスプレッドがいくらか」ということを注意してみないといけないんですね。ちなみに、ほとんどの業者でスプレッドとして表に大きく出すのはドル円のスプレッドです。何故なら、ドル円のスプレッドが一番狭いからです。





ですから、今回の記事では、特に人気が高いであろう「ドル円」「ユーロ円」「ポンド円」「豪ドル円」「NZドル円」「南アランド円」「ユーロドル」について、50社以上の会社をすべて比較した上で、特におすすめの5社を紹介したいと思います。





・ 2013年11月、デイトレード向け口座は?







ここから今月のランキングに移ります。どこもスプレッドを狭めるキャンペーン等を頻繁に行い、そのキャンペーン次第で順番はいくらでも入れ替わりますが、とりあえず現時点ではこうなっています(10月から変更あります)





なお、単位は円クロスのものは銭で、ユーロドルのみpipsです。また、ここで紹介する会社は全て原則固定のスプレッドです。





第1位 SBI FX TRADE




ここはスキャルピングやデイトレをやるトレーダーにとっては圧倒的におすすめの口座です。というのも、1通貨単位から取引可能、つまり取引量を自由自在にコントロールでき、かつ1万通貨までならドル円0.27、ユーロ円0.69、ポンド円1.19、豪ドル円0.77、NZドル円1.79、南アランド円0.99、ユーロドル0.59と、後で表を見てもらえればわかるんですが、単独トップだからです。






ちなみに、1万通貨以上では、他の会社を選んだほうがいいこともあります(ここは珍しいことに、小さい単位で取引した方がスプレッドも狭ければ手数料も無料と、小さい単位で取引するほうがお得な口座です。5万通貨単位以内なら他の追随を許さないスプレッドの狭さです)






特に南アランドでも1通貨単位から取引できる点がおすすめで、多くの業者では南アランド円は10万通貨からなので、たとえスプレッドが1.0銭でもスプレッドだけで1000円マイナスをいきなりくらうということになるのに対し、ここでは1万通貨どころか1000通貨でも100通貨でもできるので、非常におすすめです。





第2位 DMM.com証券




ここはドル円0.3、ユーロ円0.7、ポンド円1.2、豪ドル円1.0、NZドル円1.8、B南アランド円1.9、ユーロドル0.6と、後で表を見てもらえばわかるんですが、1万通貨以上で取引する場合、ユーロ円と豪ドル円以外の通貨全てにおいて一番スプレッドが安いです。





また、昨年全体で見ると大体スプレッドが一番狭い会社で(スプレッドはキャンペーンとかで変わるため、常に比較するのが大事です)、昔から大体トップだったため、またキャンペーン等で一番の狭さを誇る可能性もあります。また、iPhoneアプリやAndroidアプリも対応しています。






第3位 GMOクリック証券【FXネオ】



ここはドル円0.4、ユーロ円0.7、ポンド円1.2、豪ドル円0.8、NZドル円1.8、B南アランド円1.9、ユーロドル0.6と、豪ドルの1万通貨以上での取引では単独トップで、かつ、ドル円以外は全部2位のDMM同様でトップであり、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく日本の要人発言を含めたニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースが為替市場に影響を与えたのかということも事後的に確認ができるチャートを持つ会社です。





市場がどのような指標や発言に注目しているのかというのを知るのがファンダメンタルズ分析の一番の基礎で、デイトレでも「市場がどういう方向性で動いているか」を知ることで、「上がるか下がるかどちらになりやすいか」を見るのは極めて重要ですが、そうしたことを知るための基本情報を手に入れるためにも持っておく価値のある口座です。





第4位 EMCOM証券みんなのFX



ここはドル円0.3、ユーロ円0.6(SBIよりも安いです!)、ポンド円1.6、豪ドル円1.9、NZドル円2.2、南アランド円3.0、ユーロドル0.9となっていて、1000通貨単位も手数料無料で取引出来ます。なので、ユーロ円で取引する場合、ここを使うべきです。




ユーロ円以外はそこまで圧倒的に安いというわけでもないのですが、ユーロ円はトップですし、また、ここもよくスプレッドを狭めるキャンペーンを実施する会社で、かつiPhoneやAndroidでも取引できる会社なのでおすすめです。





第5位 外為ジャパン FX



ここはドル円0.3、ユーロ円0.7、ポンド円1.2、豪ドル円1.2、NZドル円2.5、南アランド円3.0、ユーロドル0.6と、ドル円、ポンド円、ユーロドルについてSBIより1万通貨以上の時にスプレッドが安くなっています。




現在はこの順位にいますが、ちょっと前までドル円0.2銭でトップだったこともあるように、キャンペーン次第ではいつでも順位が変わりうるので、ここの口座も持っておくといいでしょう。






最後に表でまとめると、





 ドル円 ユーロ円 ポンド円豪ドル円NZドル円南アランド円ユーロドル
SBI FX TRADE0.27
0.45
0.69
0.99
1.19
1.59
0.77
0.88
1.79
2.19
0.99
1.90
0.59
0.99
DMM.com証券0.30.71.21.01.81.90.6
GMOクリック証券【FXネオ】0.40.71.20.81.81.90.6
EMCOM証券みんなのFX 0.3 0.6 1.61.92.23.00.9
外為ジャパン FX 0.30.7 1.21.22.53.00.6




となります。



赤字はスプレッドが一番狭いところで、SBIは上の段が1万通貨以下の取引、下の段が1万1~50万通貨までのスプレッドです。現時点では1万通貨以下であればユーロ円以外はSBIが一番狭いものの、それより大きくなってくると他の会社のほうが有利になるということです。




口座開設は

SBI FX TRADE
SBI FXTRADE



DMM.com証券
DMM.com証券




 GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券



EMCOM証券みんなのFX
みんなのバイナリー




外為ジャパン FX
FX






からできます。






【関連記事】

FXおすすめ業者2013~MT4スキャルピングEA対応~

くりっく365、10月1日に取引手数料を無料化したFX業者現る!

FXスワップおすすめ業者2013~豪ドル、NZドル、ランド比較~





【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 







トップに戻る

FXおすすめ業者に