FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

暴落しているNYダウは今後どうなる?NYダウの見通し予想2018年

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

ウォール街でもAI(人工知能)が主役に!FXトレーダーはどうなる?

トライオートETFは本当に何もしなくて儲かるのか?自動売買の運用成績公開!

日経平均は今後どうなる?日経平均見通し予想2018年

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2017 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

イスラム国人質事件等、中東リスクの石油(原油)、株価、為替への影響

2015年01月30日 00:10

今回は、最近人質事件を起こして世界的に再び注目を集めているイスラム国について、どういう集団かということと、そうした事件が原油価格、株価、為替にどのような影響を与えるのかということについて解説します。



「地政学リスクが」とか「中東リスクが」といっても、じゃあ具体的にそれがどういうものなのか?ということをしっかり分かっているのといないのでは、ニュースに対してどう反応すべきかということが全然違ってきますので、今回はそれらを分かりやすく解説します。




・ イスラム国って何?





イスラム国というと、単なるテロ組織・・・・というイメージがあり、実際に人質をとったり、多くの人を処刑したりと非道の限りを尽くしている集団ですが、実際は少し違うので、まずそこから解説します。




まず、彼らはイスラム法を厳守した国を作ることを理念としており、実際に独立宣言をしています。




彼らの指導的立場にあるのが、昔のイラクのサダム・フセイン政権(湾岸戦争やイラク戦争の時のあの人です)で中枢にいた軍人や政治家で、シリアやイラクの一部の地域を占拠し、「国家」としてやっていこうとしています。




そこで占拠された地域の住民への弾圧が激しく、たとえばキリスト教徒は改宗もしくは公開処刑、女性であれば強姦や売春の強要など、「これは本当に現代の話なのか?」と思うような行為を行っています。




イスラム国のたちが悪いのは、中心になっているのがレベルの高い教育を受けた軍人、政治家であり、そのため占拠する際の行動も非常に戦略的に行われています。




例えば、首都バグダッドに進軍して、落とせないとなると今度は北部のクルド人地域を攻撃し、その過程で油田や製油所、ダムといった、国家にとってのライフライン、収入源になる施設をしっかり押さえるなど、イスラム国が「ただのテロ組織ではなく、高い教育を受けた戦略的な組織である」と考えられる行動は非常に多くあります。




現在の勢力としては、面積として3万2000㎢、人口800万人程度が囚われているとみられています。これは、面積としてはオランダが3万7000㎢、台湾で3万6000㎢、であり、人口ではスイスが766万人、オーストリアが839万人ということを考えると、文字通り国家レベルの勢力ということになります。




・ イスラム国に対してどういう対応をしているの?






イスラム国に対して、アメリカは空爆などを行いましたが、実際に兵を送って制圧することについては、かなり慎重になっています。これは、オバマ政権がイラクからの撤兵を公約としていたこと、また、アメリカ国民の間で、米軍を動かして米軍が犠牲になるのが嫌だ、という反戦感情などもあり、政治的に極めて難しい課題だからです。





そこでアメリカはイスラム国と戦う勢力に対して武器を与えたり、軍事訓練を行ったりしていますが、周辺のイラクやシリア自体がそこだけに武力を割くわけにもいかず、また、戦力的にもイスラム国も強いことから、苦戦を強いられているというのが現状です。




アメリカの国防長官自身も、イスラム国の殲滅は数年単位でかかることを認めており、こうした問題が長期化するリスクは高いです。




・ イスラム国が石油(原油)価格に与える影響は?






イスラム国の勢力が拡大することは、市場参加者にとって「石油確保のリスクが高まる」と連想されるため、一般的には石油価格の上昇要因となります。




ですが、実体経済としては、そこまで大きな影響は現時点ではないというのが今の通説です。



というのも、イスラム国はイラクの北部を占拠しているのですが、イラク北部にある石油施設はイラク全体の約1割であり、かつ2014年4月からイラク北部の石油施設からの原油輸出量はゼロであり、イラク南部まで進行しない限り、大きな影響にならないからです。




そして、イラク南部にはそれこそ死ぬ気で石油施設を守るイラク石油警察や、アメリカの空爆などもあり、そう簡単に選挙できないだろうというのが一般的な見方です。




ただし、現在人質交渉で死刑囚を釈放させたり、あるいはそうしたことで各国の現状の体制に不満を持つ若者を戦闘員として集めたりして、勢力を拡大しているので、仮にそうした事態が現実的になってきた場合、原油のリスクは一気に上がり、その結果、原油価格は暴騰すると考えられます。





なので、原油価格に大きな影響を与えるトリガーとしては、イラク南部を占拠する可能性が現実的になってきたということであります(そんなことにはなってほしくないですが・・・・・)




石油への投資については、2015年、原油価格暴落の理由と原油取扱いCFD業者スプレッド比較で記事を書いているので、よろしければそちらもどうぞ。




・ イスラム国が株価に与える影響は?






こうしたリスクが高まった場合、一般的に株価はリスクを嫌って下落します。




ただし、ここも「何がリスクか」というのを突き詰めていくと、「石油価格があがってコスト高になる」「消費マインドが冷え込んで売上が落ちる」「中東でビジネス展開がしづらくなり売り上げが落ちる」ということであり、これらは一瞬は材料として落ちる要素とはなるでしょうが、石油のところでも書いたように、本格的にまずいのは「南部が制圧される」ということであり、それがない場合は、基本的に一過性のものと見てよいでしょう。




個別企業については、商社や原油の仕入れが重要な製造業などはマイナス要素になるでしょうが、そうしたところにとっても結局他の要素(売上の動向など)の方が影響が大きいですし、それ以外の企業にとってはあまり大きな影響を与えず、「どの銘柄が上がる(下がるか)」より、それ以上に、日経平均など、全体としての株価に与える影響の方がわかりやすいと考えられます。




こうした日経平均への投資については、CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~で書いております。




・ イスラム国が為替に与える影響は?






為替に与える影響として、まず簡単なのは、トルコリラにとっては大きなマイナス要素になるということがあります。




というのも、トルコはイスラム国が活動しているシリアのすぐ南にあり、イスラム国の勢力が拡大すると、トルコの治安悪化観測→消費の冷え込み→経済悪化というシナリオが、直接的に影響を受けるためです。




それ以外については、短期的な影響として、リスク回避の円買い、もしくはスイスフラン買いが起こりやすいと考えられますが、これらの影響は、やはり実際に大問題となるイラク南部占拠に至らなければ、そこまで長期的なものにはならないと考えられます。





以上がイスラム国の原油価格、株価、為替に与える影響です。このように、短期的に影響を与える事項、本格的にまずい事項があり、それらを情報として集めつつ、本当に大事な情報が何か、と考えるのが大切になってきます。




こうした情報を無料で集め、何が本当に影響を与えたか、を見極める方法について、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で書いているので、よかったらそちらもご覧ください。




【関連記事】

2015年、原油価格暴落の理由と原油取扱いCFD業者スプレッド比較

CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 






トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る

FXでメキシコペソ投資!為替推移見通しと取扱FX業者比較2015年版

2015年01月25日 22:53

メキシコペソの今後の見通しをメキシコ経済の見通しと為替推移チャートを使って說明し、最後に取扱FX業者を紹介します(2015年更新)






1 メキシコペソの見通しは?~経済見通しと為替推移チャートで分析~






メキシコペソは名前の通りメキシコの通貨で、政策金利が3%の高金利通貨です。




そして、メキシコは地理的に近いアメリカとの経済の結びつきが非常に強いです。




FTA(自由貿易協定)をアメリカと結んでいるので、アメリカの安価なシェールガスの利用もできて(ヨーロッパや日本で使っている天然ガス価格のなんと3分の1!!)、人件費もアメリカより安いため、アメリカ向けの輸出製品の工場として経済が成り立っています。




というのも、アメリカとメキシコはすぐ隣なので輸送費も安く、また、先程も述べたように自由貿易協定があるため、輸出が非常にしやすい環境にあるからです。実際にメキシコの輸出の8割はアメリカ向けであり、その中でも特に自動車を多く輸出しております(自動車輸出量は世界5位。ちなみに1位から4位はフランス、ドイツ、日本、韓国の順番です)






そのため、アメリカ経済が回復基調にあり、今後金融緩和の解除も視野に入っていることを考えると、今後メキシコ経済は成長する可能性が高いと言えるでしょう。実際に2014年7-9月のGDP成長率は+2.2%、10-12月が+2.6%と、順調に成長しています。




一方で、現在の為替推移としては、長いトレンドで見ると上がり目であるものの、直近では下がり気味です。




メキシコペソ

出典:世界経済のネタ帳




これは何故かというと、メキシコは国の収入の1/3を原油に頼る産油国なのですが、ご存知のように現在の原油安があり売られたことが原因です。



とはいえ、短期的にもメキシコペソについては、ある程度強い見方ができると考えています。というのも、原油安は今に始まったことではないにも関わらず、10-12月で?+2.2%から2.6%と伸ばしたこと、アメリカの経済が堅調であること、さらにメキシコは為替の自動介入メカニズムによる通貨防衛政策(要は一定程度下がると買うことで買い支えするということ)もあることから、ある程度積極的な買いはあるだろうと考えられるからです。




また、長期的に考えると、メキシコの経済成長については非常に強い見方がされています。というのも、





例えば2050年のGDP予測で、ゴールドマンサックスはメキシコのGDPを世界5位と予想(1位から4位は中国、アメリカ、インド、ブラジル、メキシコ)、HSBCは世界8位と予想しています(中国、アメリカ、インド、日本、ドイツ、イギリス、ブラジル、メキシコ)。現在のメキシコのGPDが世界で42位であることを考えると、どれだけ成長すると考えられているかわかるのではないでしょうか。




以上のように、メキシコペソはアメリカ経済と結びつきの非常に強い高金利通貨で、今後伸びる可能性が高いと考えられます。





2 メキシコペソ取扱FX業者は?






メキシコペソ円を取り扱っている業者は3つありますが、実は比較してみると、ここがおすすめというのが決まります。




それはどこでしょうか?





それは、ヒロセ通商です。





というのも、以下の表を見てください。



 スプレッドスワップ(1万通貨)取引単位
ヒロセ通商3~3.2銭2円10,000
サクソバンク5銭2円5,000
SBI証券5銭2円100,000






このように、他社と比べて2銭もスプレッドが安く、スワップも同じで、取引単位はサクソバンクの方が小さいものの、そこまで大きな差にはなっていないという状態です。




ですから、メキシコペソ円を取引する場合、まずここが一番おすすめです。




口座開設は

ヒロセ通商
FX取引ならヒロセ通商へ



からできます。




【関連記事】

FXスプレッド比較2015年1月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

2015年、豪ドル為替レートの見通しと、FX豪ドル取引おすすめ業者

FXでブラジルレアル投資!為替推移の見通し予想2015年版

FXロシアルーブル投資!為替暴落・乱高下の理由と2015年見通し





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 






トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る

上限撤廃でスイスフラン高の理由と、スイスフラン取扱おすすめFX業者の比較

2015年01月15日 23:42

今日はスイスフランが凄い値動きをしました。今回は、その理由と、こうした動きがある中、スイスフランに投資してみたいと思う人のためにおすすめ業者を紹介します。




・ 何故スイスフランは大幅に上昇したのか?






まず、今日のスイスフランの値動きを見てみましょう。




スイスフラン



116円だったのがいきなり161円に上がり、23:00現在135円あたりで推移しています。これを見ると、どれだけとんでもない値動きだったのかが分かってもらえます。




では、何故こんな急激な動きをしたのでしょうか?




それはタイトルにも書いた通り、スイス中銀によるスイスフラン/ユーロの上限撤廃がその理由です。そもそもこの上限撤廃というのが何だったのかということをまず簡単に説明します。




これは、欧州危機の時、安全通貨とされる円やスイスフランが買われました。あの当時のドルが70円台だったという円高を思い出していただければわかるように、あの当時は、リスクが低い通貨がとにかく買われ、日本と同様安全通貨とされているスイスフランも非常に買われ、スイスフラン高が起こりました。




ですが、こうしたスイスフラン高で非常に困った人がいました。それが、スイス中銀です。




何故かというと、スイスフラン高になると、スイスは輸出がしづらくなり、経済にダメージだからです。これは円高の時に日本の輸出が低下するのを想像していただければわかりやすいのですが、例えば1ドル120円(円安)と1ドル100円(円高)を比べると、日本で1,200円のものを売るとき、円安の時では10$で売ればいいのに対し、円高の時なら12$で売らないといけなくなります。




アメリカの人からすると、別に物の価値自体があがるわけではなく、為替レートの差だけで10$から12$に上がるわけですから、当然そんな高いものを買いたくない、となり、つまり日本からすると物が売れなくなった(=輸出で不利益になった)ということになります。




これはどの通貨でも同じで、通貨高になると輸出に不利、輸入に有利となり、どちらがいいというわけではないですが、どちらかに偏りすぎると困ったことになるんですね(逆に円安になりすぎると、今度は外国から物を輸入できなくなり、これはこれで困ったことになるので、ほどほどが一番、ということです)




そして、スイスにとっては、「これ以上スイスフラン高になると、自国の輸出が大変なことになる」ということになり、なので、「ユーロと比較して、1.2ユーロ以上の高さには絶対しません」と宣言し、そして口だけではないく、実際にそうなるように為替介入をしておりました。




このように、スイスフランは、本来高くなりそうなところを、上限規制によって無理矢理抑えていたのですが、今回その上限規制をやめたことによって、いわゆる「リミッターが外れた」状態になり、結果スイスフラン高が進んだわけです。






以上が、今日大幅にスイスフラン高になった理由の解説です。今後もスイス中銀の政策や、これに対する諸外国の反応などは市場に大きな影響を与えると考えられますので、今後も情報収集は非常に重要となります。情報を無料で集める方法については、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で書いておりますので、よろしければそちらもご参照ください。






・ スイスフラン取扱いFX業者を比較しておすすめの業者は?






さて、このように大幅に値上げしたスイスフランについて、取引したいと思ってこの記事を読んでいる人もいると思いますが、そうした人たちのために、スイスフランで取引する際のおすすめ業者を紹介します。




「どういう基準で比較すればいいの?」と思われるかもしれませんが、実は、比較ポイントはそんなに多くないんですね。



というのも、最近では

・信託保全は義務化されており、どこでも安全なのは変わらない
・高金利通貨ではないので、スワップポイントは関係ない
・どこの会社も即時入金やモバイルでの取引ができるのは当たり前


というように、あまり比較ポイントがなくなりつつあるからです。





しかし、これだけは未だに大きな違いになるというのが、2つあります。




それは、スプレッドと取引単位です。




まず、スプレッドですが、スイスフランについては、安いところで1.8銭、高いところで10銭以上と、大きな違いがあります。



さらに、同じ1.8銭でも、1.8銭というのは、あくまで「原則」であり、例えば今日のように、大幅な値動きがあるときは、その数字にはなりません。実際に、1.8銭原則固定の業者でも、今日は10銭超えているところもあれば、3~7銭程度で収めているところもあり、こういう「例外」の状況でこそ、違いが出てくるところもあります。




また、取引単位については、千通貨単位、一万通貨単位、など、明確にわかれるので、ここも違いになります。





さて、それを踏まえたうえで、おすすめの業者はどこでしょうか?50社以上比較し、さらに単なるスペックだけでなく、実際に今のレートも見てのおすすめを紹介します。なお、今のレートを見るのは、今日は大幅にスプレッドが動いているので、管理人の目で見た印象も含まれ、客観的な指標のみではないことはご了承ください。




それでは、まず、一つ目。1.8銭原則固定で、今日のスプレッドでも一番狭い水準だった会社です。それはどこでしょう?




それは、GMOクリック証券【FXネオ】です。




ここは、標準スプレッドである1.8銭原則固定が最安値の一つであることに加え、今日はほとんどの会社が9銭くらいになっているところ、3銭から7銭程度の範囲内で収めていた、非常にスプレッドの良いところです。




また、ここはスプレッド以外でも、チャート機能が非常に良いことでも有名で、チャートでは、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく世界中のニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースが為替市場に影響を与えたのかということも事後的に確認できたりします。





市場がどのような指標や発言に注目しているのかというのを知るのがファンダメンタルズ分析の一番の基礎で、特に今のように「市場が次の一手を注目している」時には、情報分析が不可欠なので、こうした点でもおすすめです。







口座開設は

GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券

からできます。





さて、次にもう一つ紹介します。ここは、スプレッドは同じく1.8銭原則固定ですが、さすがに今日はGMOクリック証券ほどは抑えきれず、5銭から8銭程度で推移しており、しかし、1,000通貨から取引できる会社です。それはどこでしょうか?



それは、トレイダーズ証券みんなのFXです。





ここは、GMOクリック証券ほど今日はスプレッドを抑えられませんでしたが、それでも他社に比べれば明らかに低い水準で、かつ、ここは1,000通貨から取引できるので、少ない単位で取引したい場合はこちらがおすすめとなります。





口座開設は



トレイダーズ証券みんなのFX
みんなのバイナリー



からできます。





【関連記事】

無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

FXスプレッド比較2015年1月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

FXでブラジルレアル投資!為替推移の見通し予想2015年版

FXロシアルーブル投資!為替暴落・乱高下の理由と2015年見通し





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

アベノミクスで円安、株高が進んだ理由と、2015年の見通し

2015年01月11日 23:00

今回は、アベノミクスで円安、株高が進んだ理由の解説と、2015年の見通しを解説します。




・ アベノミクスで円安・株高が進んだ理由は?





この記事を書こうと思ったの、実は知り合いからこの質問をされたのがきっかけで、意外と知らない人も多いんだなあと思ったので、簡単に解説します。




円安、株高が進んだのは、アベノミクスの三本の矢のうち、「金融政策」の部分によるところが多いです。これはどういう政策かというと、「デフレを脱却するまではお金を刷って刷って刷りまくって、貸出金利も下げて、とにかく市場にお金を流します!」という政策です。




これはインフレターゲットとも呼ばれる政策で、「インフレ率をこの目標の範囲内に収めます」というのを約束して、その目標値を目指してお金を刷ったり金利を調整したりするものです。




では、何故お金を刷ったり金利を下げると円安、株高になるのでしょうか?



まず、円安になる理由はわかりやすいと思います。要は、そんないっぱいお金が刷られたら、円の価値が下がるのです。物が増えたらその物の価格が下がるというのは経済の基本で、例えば、レアなものがレアでなくなったら価値が下がるというのを想像してもらえればわかると思います。




また、特にドルは、アメリカの経済が好調で、今までドル金利を低くしていたのをまた上げようとするなどもあり、円安だけでなくドル高の効果もあり、このように円安ドル高の状態になっています。





次に株高の理由ですが、まず1つの理由として、円安自体が株高を起こすというのがあります。というのも、株価にかかわってくる、いわゆる上場企業では、輸入と輸出だと輸出企業の方が多く、円安で輸出企業にとって有利になるからです。




また、他の理由として、市場にお金が出回れば、当然それを使うことになります。「預金するだけかもしれないじゃないか」と思われるかもしれませんが、実は、預金というのも銀行への「貸付」であって、銀行はその預金をもとに投資しているので、それこそ「金庫の中で寝かせておく」ということでもしない限り、なんらかの形で投資に使われているということになります。




そして、投資が増えると、その選択肢の中に当然株もあるので、株が買われやすくなり、それによって株価があがります。




以上が、簡単ですが、アベノミクスで円安、株高が進んだ理由となります。




パーソナルレコード





・ アベノミクスの2015年の見通しは?






去年の年末にあった選挙で、自民と公明があわせて2/3の議席を獲得した、というのはご存知だと思いますが、この2/3という数字が非常に重要で、これがあることで、今後もアベノミクスは強力に継続されると考えられます。




何故2/3が大事かというと、2/3議席があると、参議院が反対してもそれを強硬に採択できるので、野党が邪魔するのが非常に難しくなるからです。そして、公明党は集団的自衛権などでは慎重な姿勢を持っていますが、経済政策についてはそこまで自民党と違わないスタンスなので、経済政策については、積極的に行われると考えられます。





また、消費税の増税の影響もあり、現在デフレに戻っているのではないか、という声もあります。消費税増税が去年で、ここで経済に打撃があったら安倍政権にとっても大問題になるので、全力でデフレを防ぐために緩和をするものと考えられます。



ただし、自民党が圧勝した時点でアベノミクスが続くことについては市場は既に織り込み済みなので、金融政策が「予想以上に積極的だ」という評価にならないと、これ以上の円安、株高は起こらないということはご注意ください。




とはいえ、こうした金融政策が材料として注目されるのは間違いなく、その中で、上がるにせよ下がるにせよ、FXやCFDでは買いも売りもできるので、今年も為替も株価も大きく動くのは間違いなく、投資をはじめるのも面白いと思います。




また、こうした日本の政策は、当たり前ですが日本国内での配信が世界で一番早く、そして円にせよ日本株にせよ、海外投資家も投資するため、「いち早く情報を手に入れる」ことによって、海外投資家の先をいき、利益をあげるチャンスもあります。




そういう点からも、今年も情報集めをしっかりしながら投資をしていくのが良いと思います。関連記事で、こうした情報をいち早く無料で集める方法や、投資を始める場合のおすすめなどを紹介しますので、よかったらそちらもご覧ください。




【関連記事】

無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

FXスプレッド比較2015年1月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~

FXでブラジルレアル投資!為替推移の見通し予想2015年版

FXロシアルーブル投資!為替暴落・乱高下の理由と2015年見通し







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る