ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


くりっく365、トルコリラのスプレッド、スワップ条件が非常に良かった

2015年05月13日 00:53

今週2015/5/11より取扱いのはじまったくりっく365のトルコリラ。どういう条件になるか楽しみにしていたのですが、昨日使ってみた感想を書きます。




結論から言うと、トルコリラを取引するならくりっく365が圧倒的におすすめ、と言えるくらいに良い条件でした。




どうおすすめなのかについて、具体的にスワップ、スプレッド、取引単位の順番に書いていきます。なお、くりっく365対応業者では、これらの条件は全て同じで、業者ごとの違いは手数料や取引ツールくらいです(これについては後で書きます)




・ くりっく365、トルコリラのスワップ






正直、これが圧倒的でした。




5/11の1日分のスワップ、なんと125円。このペースでは、年間45,625円で、レバレッジをきかせなくても年利回り10%超




これがどれくらい凄いかというと、今までは120円のサクソバンクが2位の110円に圧倒的な差をつけていたのですが、それを軽く上回る水準です。




たかが5円と思うかもしれませんが、スワップ狙いで長期で持つなら、例えば年間2,000円近い差になり、トルコリラなら10万通貨保有しても450万円分くらい(4万ドル弱、最低証拠金18万円)なので、10万通貨保有しようものなら年間2万円もの差になります。





こういう点から、トルコリラを長期で取引する場合、迷わずくりっく365がおすすめになります。





・ くりっく365、トルコリラのスプレッド






くりっく365は固定スプレッドではないのですが、だいたい「このくらい」というスプレッドはあります。




というのも、相場が大きく動く時以外は、基本的にそこまでスプレッドが動く要素がなく、大体一定程度のものになるためです。




トルコリラについてはどうだったかというと、大体5銭程度でした。





これは非常に良い条件で、今まで店頭取引でトップだったサクソバンクが5.0銭程度で、2位の7.0銭に大きく差をつけてトップという状態だったので、トップと同じ水準ということです。





「くりっく365なら手数料がかかるんじゃない?」というのは実は古く、もう手数料無料のところもありますので、取引コストという点でも、トルコリラについてはくりっく365がトップクラスだといえます。




 ・ くりっく365、トルコリラの取引単位







トルコリラの取引単位は、はじめ10万通貨とかになるんじゃないかと心配していましたが、無事1万通貨単位で取引できることになっていました。




トルコリラはおおよそ44.5円くらいなので、今の水準では44.5万円のポジションから持つことができ、証拠金は最低2万円くらいからでもできるということです。





以上のように、トルコリラを取引する場合、くりっく365は圧倒的といってもいいくらいの条件でした。





・くりっく365のおすすめ業者は?






このように、トルコリラを取引するならくりっく365がおすすめです。しかし、くりっく365といっても、取り扱っているのは1社ではなく、なんと現在15社もあり、その中でどこを選ぶか、というのがわからない人も多いと思います。





そこで、簡単にくりっく365の各業者の共通点と違いをまとめます。詳しくはくりっく365取扱会社徹底比較2015年版~税で比べるのはもう古い!?~に書いてあるので、そちらを参考にしてほしいのですが、簡単に書くと、


【共通点】
・取扱通貨
・スプレッド
・スワップ
・取引単位
・信用力(結局は東証の信用力)

【相違点】
・手数料
・取引ツール、サービス

となっています。





なので、手数料や取引ツール、サービスで比較するのが良いのですが、、それを踏まえておすすめはどこでしょうか?




まずは、GMOクリック証券です。




ここは取引手数料が完全無料(なんとロスカットの時も無料!)、かつ、口座アカウントが株も店頭FXもCFDも全部1つで管理されるため、くりっく365と株やCFD口座での資金移動が24時間いつでもすぐにできるという使い勝手の良さ、さらに、取引ツールも非常にわかりやすく、モバイル対応もあるという会社で、普通に取引する場合には確実にここがおすすめといえるところです。





実際に、くりっく365の口座数全体で64万口座(全15社)なんですが、なんとそのうち25万口座はGMOクリック証券という圧倒的な人気で、まず持っていて間違いないところです。





口座開設は


GMOクリック証券





からできます。





次に、基本的に取引する場合は無料ですが、コンサルタントからアドバイスをもらえるようなコースも選べて、そこなら有料になるという、サービス重視で選ぶ場合のおすすめ会社を紹介します。それはどこでしょうか?





それは、為替ライフです。




ここはサポートコースを選ぶと、専門のアドバイザーがついて、プロの目線で助言をくれるというサービスをやっている会社です。




やはりしっかりとプロの意見をもらって投資したい、という人にはここがおすすめです。




口座開設は

為替ライフ




からできます。








【関連記事】

くりっく365取扱会社徹底比較2015年~税で比べるのはもう古い!?~

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

ヒロセ通商のスワップはなぜ安定して高いのか?理由を聞いてみた






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る

2015年5月11日よりくりっく365でトルコリラが取引可能になります

2015年05月08日 22:22

タイトルの通り、来週よりいよいよくりっく365で高金利通貨で人気の高いトルコリラの取り扱いがはじまります。




東証が運営しているくりっく365のウェブでも、FXの解説者としておなじみの田代岳さん(YEN蔵さん)がトルコリラについて強い見通しを説明しています。





実際に使ってみないとスプレッドやスワップがどうなるかわからないのですが、非常に楽しみですね。(後日談:実際に使ってみたら非常に良い条件だったので、記事をアップしましたくりっく365、トルコリラのスプレッド、スワップ条件が非常に良かった)





ちなみに、普通のFX業者とくりっく365の違い、くりっく365の業者ごとの違いや、くりっく365参加企業でどこがおすすめなのかということを、くりっく365取扱会社徹底比較2015年版~税で比べるのはもう古い!?~で解説しているので、よろしければそちらもご覧ください。





【関連記事】

くりっく365取扱会社徹底比較2015年~税で比べるのはもう古い!?~

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る

ヒロセ通商のスワップはなぜ安定して高いのか?理由を聞いてみた

2015年05月05日 23:58

このサイトでも色々なFX会社を様々な観点で比較していますが、あるとき、面白いことに気づきました。




スワップポイントを比較する記事を作るとき、毎回その日のスワップポイントを50社くらい一つ一つ見て比較してランキングをつけるんですが、普通、前回ランキングを作った時と、その時ランキングを作った時でスワップポイントは異なります。




というか、スワップポイントというのは日々変動が当たり前で、例えば豪ドルやNZドルのような高金利通貨では、政策金利が動いてない時でも、1か月の間に1日あたり10円変わるのは当たり前、20円変わることもあったりします。たかだか10円や20円と思うかもしれませんが、例えば5万通貨持っていて10円違うと、1月500円、1年で6,000円もの差になります。




スワップ派は長期投資を基本とするので、こういう「日々のぶれ」は実は重要な要素で、そういうことがあるので、スワップポイントを集めてみたはいいものの、「なんかこの日たまたま高いだけだなあ。これを記事にしたら勘違いさせるよなあ」と思って、記事にしないことがかなり多かったです。





ですが、あるとき気づきました。





あれ、ヒロセ通商のスワップほとんど動いてなくない?





確かに、ドル円とかユーロ円とか、そういうそんなに金利が高くない通貨は動いてるし、正直そんなにスワップポイント自体も良くないです。






ですが、ちょっと前の豪ドルや、今のNZドルといった、先進国通貨の中でトップ金利を持つ通貨については、圧倒的に安定していて、そして水準としても非常に高いということに気づきました。






論より証拠として、実際のスワップデータとして、豪ドルが政策金利を下げるまでの2014/5/12から2015/2/2までの10か月間豪ドル85円でほぼ常に圧倒的トップ(2位は70円台がほとんどでした)、今先進国最高金利のNZドルについては、2014/12/1から現在進行形で半年以上90円ほとんどの時期にトップにいます。




こうした安定感というのは非常に重要で、というのも、スワップ投資というのはある程度の期間投資するものなので、「今日は高かったけど明日下がるかもしれない」では何の意味もなく、安定して高い水準のところでなければ安心してスワップ狙いの投資はできないからです。





ちなみに、このNZドルのスワップ水準については、今のNZドルのレートが90円程度で、1万通貨で90万円、1日90円×365日で年間利息は32,850円で、利回り3.65%と、NZドルの政策金利3.5%より高いことになります。





実はこれ、豪ドルのスワップが高かった頃も政策金利より高く、豪ドルが当時おおよそ95円程度、スワップ1日85ん×365日で31,025円で利回り3.2%と当時の政策金利2.5%より高かったという時期がありました。





一般的にスワップというのは、その通貨の金利相当分からFX会社の取り分を引いたものなので政策金利より低いのが当たり前なのですが、それが政策金利を上回っているという、常識的にありえない事態です。




あまりにも気になったので、ヒロセ通商さんの方にその理由を聞かせてもらいましたw




そこで質問したところ、「弊社としては、ユーザーの皆様に最高の条件を提供できるように日々努力しています。スワップポイントについては、高金利であるオセアニア通貨の人気が高いので、特にそこには力を入れて、スプレッドやスワップを良い条件で提示できるようにしています」ということでした。





そこでさらに上で書いた政策金利のことをつっこみつつ聞いてみたところ、「詳しいことは言えませんが、カバー先との交渉などで良い条件を提示できるようにしています。弊社はカバー先も多く、取引も多いので、カバー先との交渉力は強く、そうやってユーザーに利益を還元できるようにしています」とのことでした





※カバーというのは、FX会社は一般のトレーダーから例えばNZドル買いの注文が入った時、そのまま放っておけばNZドルが値上がりした時自社の損になるので、複数の銀行等に同じ買い注文を入れて、結果的に自社は仲介するだけの形にすることです。こうやって複数の銀行に注文を入れることで、一番良い条件を採用できる(例えばトレーダーから90円でNZドル買い注文が入った時、カバー先の提示条件が91円、90円、89円なら、89円を選べば1円分利益になります)ので、普通の銀行より良い条件でFX取引ができるのです




そこでさらにつっこんで「とはいえ正直そんなスワップを安定的に出して、ちゃんと利益出てますか?」と聞いたところ、「それはお答えできません」とのことでした。まあ、そりゃそうですね(笑





以上がインタビューの結果でした。いずれにしても、高金利通貨について安定して高い(政策金利より高いときも多い)水準でスワップをもらえるということから、スワップ狙いの長期投資をしたい場合圧倒的におすすめです。




また、ヒロセ通商はスキャルピングなどの短期トレードでもおすすめしている(2015年のFXスキャルピングおすすめ業者~スプレッド比較~で3位。NZドルのスプレッドは1位)ように、スワップ狙い以外でもおすすめです。





口座開設は



ヒロセ通商
FX取引ならヒロセ通商へ




からできます。




【関連記事】

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

2015年、豪ドル為替レートの見通しと、FX豪ドル取引おすすめ業者

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

くりっく365取扱会社徹底比較2015年~税で比べるのはもう古い!?~







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る