ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想

FXで勝つための考え方

2010年05月01日 16:07

今回の記事では、確率論も使いつつ、「FXで勝つためにはどのように考えればいいのか」ということを説明します。「こうこうこうすれば儲かる」というような、個別の方法論の説明ではなく、もっと大きな、「そもそもどう考えて投資すべきか」という点を説明します。




これがわかっていなければ、いくら勝率の高い方法を知っていたとしても、最終的に大損を出して、「やっぱりFXなんて儲からないんだ」と言ってFXをやめるしかなくなります。





実際に、「FXをはじめたばかりの頃は割と勝ててたし、儲かってたんだけど、そんな時に暴落が起きて大損出してしまった。もうFXは怖いしやりたくないよ」と言ってやめていく人は、かなり多くいますし、私の知人にも何人かいます。この人達は、何故そんな「勝率の高い方法」を知っていたはずなのに、やめることになってしまったのか。それについて、今回の記事では解説したいと思います。






まず、最初に少し確率論も交えて、FXでの稼ぎを数式化してみます。「数式化?!」と言って構える人もいるかもしれませんが、全然難しいことは書かないつもりですし、もしわからなければ気軽にコメントとかに書いていただければさらに解説させていただきますので、あまり緊張せず、楽に見てください。




FXで稼げる金額というのは、簡単な数式で書くと、



自分の予想が当たる確率×当たった時に得られる金額-自分の予想がはずれる確率×外れたときに損する金額-スプレッド(スプレッドの意味については、FX”超”基礎用語集の③をご参照ください)



で表すことができます。相場がとまっているなんてことはほとんどないので、実際にはほとんどの場合利益を得るか損するかどちらかになります。





この式を見れば、FXで勝つために必要なのは、

① 自分の予想が当たる可能性を高くする

② 利益を出すときに大きく出す

③ 損失をできるだけ小さくする

④ スプレッドは安いところがいい(なお、スプレッドだけでなく取引手数料(今時は大体無料ですが)や、意外と重要なものとして「約定力」というものがありますが、今回はそれについては触れません)


ということだとわかると思います。①については色々な人が「FX必勝法」とかを検索することから、多くの人が意識していると思いますが、それ以外についてはどうでしょうか。先程の「はじめは勝ってたけど、一回大損してもう嫌になった」という知人などは、まさに②と③をきちんと意識していないがために大損を出して、トータルでマイナスになってやめてしまいました。



ですが、損をする金額というのは、最大でも損切りラインのところ(この設定方法については損切りについてを参照ください)となり、スプレッドは業者を選んだときにわかることですので、マイナスされる金額というのは、予測がある程度可能です。




ここで重要なのは、先程も紹介した損切りについてという記事でも書いたように「絶対に損切りラインを下に動かさない」ということです。失敗した知人全員に共通することは、「損切りラインをそもそも設定していなかった」というのや、「設定したけど、下げてしまった」というように、損切りを失敗しているということがあります。





損切りラインをきちんと設定していれば、損失の金額はコントロールが可能です。ただし、それを「ここからもしかしたら取り戻せるかもしれない」という思いから下げてしまえば、その損失の金額はどんどん大きくなっていくわけです。





しかも、その「損切りラインを下に動かしたい」と思っている状態というのは、パニック状態であり、かつトレンドとしても自分の損する方向に動いているということなので、それがうまく持ち直してくれる可能性が、どれだけ低いかわかっていただけると思います。ですから、前回も書いたように、「損切りラインを下に動かすのは絶対にだめ」ということです。これはリスク管理という意味だけではなく、「長期的にちゃんと勝つため」にも絶対に必要な心構えです。






それともう一つ重要なのが、「利益を出すときにはとことん伸ばす」ということです。






人間、一度プラスになってみると、「またマイナスに戻したらどうしよう」という心理が働き、「利益は小さいけど、もう確定しちゃおう」となります。これはノーベル経済学賞を受賞したカーネマンらが立てた、「プロスペクト理論」からもわかります。この理論を非常にざっくりと説明すると、「目の前の利益が失くなるのを恐れる一方、リスクがあっても、損失は完全になくしたがる」という投資家心理を表したものです。






しかし、このように「利益が小さくても確定」ということを繰り返していても、最終的にあまり大きな儲けにならず、一回の大きな負けで吹っ飛んでしまう程度となってしまいます。これでは、どれだけ予想が当たる確率が高くても、儲かるわけがありません。





その一方、逆に言えば、損切りラインを正しく設定して、損をするときは小さく、利益を上げるときは大きくということを意識してさえいれば、何回負けようが、一回予想があたるだけでその損を吹き飛ばして、利益を得ることができるわけです。利益を大きくというのは、忘れられがちなことですが、長期的に儲けるためには絶対に必要な考え方です。





このように、「損失を確定させる恐怖」や「利益を失う恐怖」などの、「自分の中の恐怖心」を抑えて、損失は小さく、利益は大きくということをきちんと意識できるようになれば、勝率が低くても、トータルで儲けることは全然可能ですし、その逆であれば、私の知人のように、大損を出すことになってしまいます。





さて、ここまでの記事でFXをやる上での最低限の知識や心構えについては説明しましたので、次回は、「実際にFX口座を開設する際の留意点」を説明したいと思います。はじめは損をしましょう事でも書いたように、FXでは、実際に自分のお金を運用してみて、その中で方法論を学んでいくことが一番重要です。そして、運用を行うためには、まず口座開設が必要になります。






その口座開設を行う前に、「そもそもどのように口座開設を行っていくべきか」という点を次回説明し、それ以降の回で、様々なケースにおいて、私のおすすめ口座はここだということを紹介していきます。そのおすすめ口座は、実際に私が使っているものの中から厳選したものですので、お楽しみに。














ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング




トップに戻る

FX戦略研究に戻る

FXをはじめる前に戻る