ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


2013年はスワップ狙いがおすすめ!

2013年01月05日 22:26

今回は今年の為替がどういう方向を持ち、そこでどういう投資をするべきかということを書きたいと思います。




まず、今年の最大のポイントは、なんといっても安部内閣による金融緩和政策です。自公合わせて衆議院の2/3の議席をとり、また以前から再三言っているように物価水準目標政策(インフレターゲット)の導入による金融緩和路線はほぼ確実となっております。





もともと自民党は経済界とのつながりが強く、昨年まで散々円高で苦しめられていたこともあって緩和路線への経済界からの要求は非常に強く、また実際に選挙でも大きく取り上げられ、その結果の大勝だったわけですから、その目玉である緩和路線への転換はほぼ確実と言えるでしょう。




そして、緩和を行う場合円安に進むというのは以前から再三言っていることですが、そういう場合、どのような投資が望ましいのでしょうか?まあ、もうタイトルにもある通りなのですぐ答えますが、それはスワップポイント狙いの投資です。





これは何故かというと、緩和が行われると、円安になると同時に、スワップポイントも増えるので、中長期のスパンで保有して、いわゆる「安くなったら買い足してスワップポイントをもらう、高くなったら売って売買益を出す」という、いわゆるキャリートレードがとてもやすいからです。





なんでスワップポイントが増えるかというと、そもそも金融緩和というのは何かというと、要は「金利を下げて銀行が日銀からお金を借りやすい状態にすることで、市場にお金を流す」という政策でしたね。




そして、スワップポイントって何かというと、「日本の円につく金利と、外貨につく金利で外貨につく金利の方が高いから、だから外貨を保有している(=FXで買いポジションで外貨を持っている)と、その差分の金利をもらえる」というものでした。




ですから、日本円の金利が下がることで、外貨の金利との差が相対的に大きくなるということで、スワップポイントも増えるというのがそのロジックです。





つまり、金融緩和が行われるということは、外貨を買っていた場合、円安によって売買益も出るし、持っていてもスワップポイントが手に入るというように、外貨を買うメリットが非常に大きくなるということで、FXトレーダーにとって大きなチャンスということができます。





ただし、スワップポイントは業者によって大きく異なり、たとえば豪ドルについて、現状のレートで高いところでは1万通貨に対して1日で76円つくのに対し、低いところでは50円台のところもあるというように、業者によって20%以上の差があるというように、業者間の差は非常に大きいです。





これは何故かというと、スワップポイントの源泉は金利差なんですが、その全部を投資家に渡してしまうとFX運営会社にとって利益がなくなりますから、どこまで投資家に還元するかというのが業者によって違うことが原因です。





では、そういう点でおすすめの業者はどこでしょうか?





それは、GMOクリック証券【FXネオ】です。





ここは1/4時点で高金利通貨である豪ドルについて、1万通貨に対して76円(他社は多くが60円台で、低いところは50円台のところも)、ニュージーランドドルについても1万通貨61円(他社は多くが40円台)、南アフリカランドで10万通貨で110円(ランドは10万通貨単位が普通です。他社は多くが10万通貨あたり70~90円と2ケタ)と、文字通り桁の違うスワップポイントです。




また、ここは実は2010年の記事でも圧倒的スワップポイントでおすすめしていたのですが、このように何年も高水準のスワップポイントを維持してきたというところもポイントです。






口座開設は


GMOクリック証券【FXネオ】
クリック証券




からできます。







なお、今回の記事で出ていた金融緩和で円安になるというのや、インフレターゲットで為替がどう動くかについては、

金融緩和で円安になる理由

物価水準目標(インフレターゲット)と為替の関係~円安?円高?どっちに動く?


で詳しく解説しているので、こちらもあわせてご覧ください。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 



トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/105-c5a7f665
    この記事へのトラックバック