FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2017年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2017年

FX初心者おすすめ業者比較2017年 | 初心者向けFX会社とは?

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

NYダウは30年以上右肩上がり!?その秘密と、年間5万円もの配当をもらえる投資方法とは?

1万円から不動産投資で利回り5%~6%!?その投資方法を紹介します

世界の優良企業にまとめて分散投資できて、年間5万円の配当までもらえるくりっく株365とは?

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較
FX初心者おすすめ業者比較2017/10 | 初心者向けFX会社とは?
FXおすすめ業者比較2017年 | FX会社を総合力で比較

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは30年以上右肩上がり!その理由と今後の見通しは?
NYダウ今後の見通しと、年間5万円も配当がもらえるおすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2017年

FXで中国投資!~人民元取扱のFXおすすめ業者~

2013年01月28日 22:43

今回は、為替切上げの可能性が常に噂され、また最近鈍化したとはいえ、それでも年間経済成長率が7%を超え続け、まだまだ成長余地のある中国人民元にFXで投資する場合の注意点とおすすめ業者を紹介します。





・ 人民元ってどんな通貨?





人民元とはみなさんご存知のとおり中国の通貨です。ですから、中国の置かれている経済状態や政治状態によって大きな影響を受けます。では、今中国の経済状態はどんなかんじでしょうか?まずは下の表を見て下さい。


実質経済成長率の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳



一番下で底をついたように見えても、それでも年間4%は成長しているということで、当たり前のように7%以上の経済成長を保っています。





そんなに成長しているのですが、割と有名な話ですが、実は中国人民元は今は厳格な為替制度の下で管理され意図的に元安にしています。




これは元安の方が輸出に有利というのが大きな理由なのですが、こうした一方的な為替政策に対しては当然ながらアメリカやヨーロッパをはじめとする諸外国から「為替の自由化」によって不自然な元安を是正するように求められており、中国社会が国際化する中、いずれ為替の自由化は不可避と考えられています。




また、中国が経済成長していくと、外国に安いものを売るだけではなく、今度は外国から物を輸入して中国国内で「色々なものを安く買える」という状態にしたいというようになり、そうなると中国側としても為替の自由化をして元安を解消するメリットが出てくるので、いずれ成長が続く中こうした切上げ政策はとられるだろうと考えられております。




つまり政策的に元安に誘導されている今こそ買っておく大チャンスということです。




また、人民元はこうした高い経済成長率から基本的に高金利通貨で、持っておけばスワップポイントが付く可能性が高いというのもポイントで、今ポジションを持っておいて長期保有するとスワップポイントも為替差益もどっちも狙える可能性が高いと言えます。





・ 人民元をFXで取引する上での注意点は?





人民元についてはそもそも取扱業者が少ないというのが事実なんですが、その中で選ぶ場合にも大きく3つ注意点があります。その注意点とは、


1 取引単位
2 スプレッド
3 スワップ

です。なんか南アフリカランドの時と全く同じ並びなんですが(笑)、新興国通貨の場合得てしてそこがポイントになるんですよね・・・・・



まず1の取引単位から説明していきます。



人民元のレートって、今でも大体14円程度です。なので、ほとんどの業者で10万通貨単位からしかやっていません




これがどういうことかというと、例えばスプレッドや手数料がいくら低くてたとえば3銭だったとしても、1単位買った時点でいきなり3000円の含み損ということです。




なので、大きいポジションを持っていたい場合を除けば、取引単位は重要になります。




ただし、そうはいっても人民元は現在安く、10万ポジション持っても140万円くらいのポジション、つまり英ポンドを1万通貨持ってるのと同じくらいのポジション量なので、そういうのが気にならない人であれば次のスプレッドやスワップが大事になってきます。



2 スプレッド


人民元は厳格に管理されていて流通量が多くないので、取扱い業者もかなり少なく、また、そうした業者でもスプレッドをかなり広くすることで利益を得ようとするところも多いです(10銭以上とかザラにあります)



例えば5万元(大体70万円分くらい。レバレッジ10倍なら7万円で持てるレベル)持つとして、10銭ですとその時点で5000円の含み損になります。



なので、スプレッドが狭いところで取引する必要があります。また、表示しているスプレッドが狭くても、「原則固定」であればともかく、そうでない会社ですとその提示されているスプレッドは最低ラインで、ほとんどの場合表示されているより高いスプレッドになるので、そこも注意ポイントです。



3 スワップポイント


スワップポイントは業者によって全然違うのですが(実際の金利差とスワップポイントの差分が会社の利益になるため、そこで稼ごうとするところもあります)、人民元は珍しいので買っても売ってもマイナススワップになるところもあり、ちゃんと高めのスワップをくれる信頼できる会社を選ぶ必要があります。




さて、以上が注意点ですが、その上でおすすめできるFX業者は一体どこでしょうか?




・ 人民元取扱のFXおすすめ業者





さて、おすすめ業者なんですが、実を言うと、絶対にここ!と1社だけ言える状態ではありません。というのも、上で取引単位、スプレッド、スワップと3つの条件をあげましたが、それぞれ全てトップ!というような会社はなく、どこを重視するかによっておすすめ業者が変わってくるからです。



ただし、「この点を重視というのであれば、他の条件を考えても絶対にここ!」という会社を紹介したいと思います。



これについては、「1の取引単位を重視する人」か、「2のスプレッドと3のスワップの2つを重視する」かによってわかれてきます。




それでは、それぞれどこがおすすめでしょうか?まず、1の取引単位重視から。





取引単位を最重視する場合のおすすめ業者は、上田ハーローFXです。





ここは人民元円でも1万通貨から取引可能、スプレッドも原則固定で3銭、スワップポイントも買いで1万通貨あたり1日で5円と、取引単位が少なくできる、スプレッドも原則固定で非常に低い、買いスワップもつくという、3つの条件をバランスよく満たしております。




1万通貨から取引できる会社の中では、特にこの「原則固定3銭」というのが他から抜きん出ており、会社としても大正時代から歴史のある信頼出来る老舗なので、私はここで人民元を取引しています。





口座開設は

上田ハーローFX




からできます。




さて、次はスプレッドとスワップなんですが、ここについては、実は普通のFX会社の場合、流通量が少ない人民元を取り扱うのはスプレッドかスワップで儲けないといけないので、市場レートより若干スプレッドは高く、スワップは低くせざるを得ません。




「じゃあどうすればいいの?」とおもわれるかもしれませんが、それなら、「普通のFX会社」ではないところが運営しているサービスを利用すればいいのです。




では、そのサービスが何かというと、それはくりっく365です。




くりっく365というのは東証が提供しているFXサービスで、そのためインターバンクに近い環境で取引が可能で、かつ、スワップポイントも買いと売りでプラスマイナス逆なだけで同額(普通の会社は買いで少なめ、売りで多めにすることで、その差分を会社の利益とします)、また、仮に運営している会社が潰れても、他の会社も含めて保証があるというものです。




それでこのくりっく365,色々な会社がそれに関わっているのですが(○○でくりっく365のFX取引ができます!というように、大元は同じですが、別の会社が運営しているという状態です)、実はどの会社でもスプレッドもスワップも同じ、信頼という点でも結局くりっく365全体で連帯保証のような制度のため、ほとんど会社ごとに差がありません。




ではどこで差があるかというと、それは取引の手数料や取引ツールです。ここは会社の利益になる部分だったり自社で提供するサービスなので、そこをどうするかは各社各用に異なります。




それでは、そのくりっく365でおすすめの会社はどこでしょうか?




それは、GMOクリック証券です。




ここはくりっく365共通のスプレッド、スワップで、多くの場合一般的なFX業者よりスプレッドは低く、スワップは高い状態で、かつ、手数料は80円と、他の会社がほとんど210円であることを考えると、非常に安いと言えます(私が知っている中では手数料は一番良いです)。また、スマホ対応アプリもあり、いつでもどこでも取引ができるという点もポイントです。




ちなみに、スプレッドやスワップについて「多くの場合」というのは、取引所が運営しているため非常に公平なサービスなんですが、逆に言うと「原則固定」などのように、多少会社が損をしてもその信頼を維持するために出血覚悟の大サービス!みたいなことも一切無く、そのため市場の動き次第ではスプレッドが高くなったりスワップが低くなる場合も稀ですがなくはないということです。とはいえ、そこまで大きく動く状況なら普通のFX会社でも「本来の市場の動き以上に」動く場合がほとんどですので、基本的にスプレッドは狭く、スワップは高い状態で取引可能です。





ここの弱点(というよりくりっく365の弱点)としては、取引単位が10万通貨からしかできないということです。ですので、そこを重視する人はさっきも言ったように上田ハーローをおすすめしますが、とはいえ、10万通貨でも140万円のポジションで、10倍なら14万円から持てる水準であることを考えると、あまりそういうことを気にせず低スプレッド、高スワップのくりっく365を使って10万通貨単位で買っておくというのもありかと思います。




詳しいくりっく365についての説明とその上で何故ここなのかという説明は、くりっく365取扱会社徹底比較~税で比べるのはもう古い!?~2013年更新!にもありますので、こちらもあわせてご参照下さい。





口座開設は

GMOクリック証券






からできます。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る