ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想

FXで円高、円安等の為替リスクをヘッジする方法

2013年01月30日 22:21

今回はFX口座を使って為替リスクをヘッジする方法を說明します。タイトルにもある「リスクヘッジ」というのは、金融の世界でよく使われる言葉で、要は「なんらかのリスクに対して、そのリスクを減らすための方法」という意味です。今回の話では、「円高になって自分の持っているドル建ての国債や社債の価値が下がってしまうかもしれない」というのや、「円安になってドルでクレジット払いしたものが高額にならないか不安」という人におすすめの方法です。





まずは円高になるかもしれないという不安から。これは、例えば海外の高利回りの国債、社債や投資信託を持っている人が考えるべきものです。数字を使って說明します。





例えば、1ドル90円の時に、年利5%で1万ドル分の社債を買うとしましょう。「金利高くない?」とおもわれるかもしれませんが、実は海外通貨建てだと割りとそれくらいはザラにあったりします。なので、この方法を知っておけば、為替リスクを抑えた上で、そういう高利回り商品にも投資ができるということなので、是非今回の話を見ていってくださいね。




さて、話を戻しますと、その場合、1ドル90円で1万ドルなので90万円支払い、ドルのレートが変わらなければ1年後には1万500ドルで、94.5万円になります。かなりお得な商品ですね。




ですが、例えば円高に戻って、1ドル80円になってしまうと、ドルベースでは1万500ドルで変わらないんですが、円に戻すと84万円と6万円も損することになってしまいます。




これはドルベースでは確かに金利分増えたのに、円高になったせいで戻ってくるときにはその為替の分だけ損してしまうということです。




こういう商品は「短くても1年間、長いものだと10年くらい」のスパンですので、それだけ先の為替リスクは、正直読めないというのが本当のところで、そうなると予想外に損失を食らってしまう、しかも解約は違約金がかかるのでできないといったことにもなりかねません。では、こういうリスクをなくすにはどうすればいいのでしょうか?





答えは簡単で、FX口座で同じだけの通貨を売り建てればいいのです。




さっきの数字例に戻りましょう。1ドル80円になったとき、買った金融商品の価値は84万円になりますが、一方で1万通貨売りを入れているFX口座では1万通貨×10円ぶんで10万円の利益が出ており、合計すると94万円で、4万円の利益となります。




一方で、逆に円安になって1ドル100円になると、買った金融商品の価値は1万500ドルなので105万円に、一方でFX口座では1万通貨売っているため-10万円となり、合計で95万円で、5万円の利益となります。





このように円高、円安どっちに動いても為替リスクをかなり抑えることができます。




もちろんFX会社のレートとその金融商品を買ったところのレートは必ずしも一致しないですが(どちらも相対取引なので、レートは業者が決めるというのが原則です。だから外貨両替とか外貨預金とかはFXより不利なレートを出されるのです)、「値動き」自体は市場レートを反映するのでほとんど変わらず、結果として為替リスクを抑えることができます。




実は、FXの本来の使い方はこういうもので、元々は「為替リスクを抑えたい」人が使う金融商品だったりします(笑




では、今度は逆に、例えば「クレジットでドルで払って月末のレートで換算されるけど、その時円安になって予想外に高い値段請求されたら嫌だなあ」というような場合は、どうすればいいでしょうか?





今度はさっきとは逆で、同じ金額だけドルを買い建てればいいのです




たとえば100ドルクレジット支払いで、今90円だとすると、今のレートなら9000円ですが、月末に95円になっていたりすると、支払いは9500円になります。




一方で100ドル買い立てていれば、月末に95円になったときには500円の利益になるので、相殺されて9000円で支払うことができます。




逆に1ドル85円に下がった場合、クレジットで請求される額が8500円で、FX口座が500円の損失になるので、結局相殺されて9000円になります。




さっきの金融商品に投資した場合との違いは、金融商品では金利分の為替レート分は動くのに対し、こういう利息がかからないものでは完全にヘッジできるということです。なので、逆にさっきの金融商品でも、金利考慮後の1万500通貨売っていれば金利分も含めてリスクヘッジをすることができます。




このように、FX口座を使えば為替リスクを回避した上で高利回りの投資商品を買ったり、あるいはドル建ての支払いができたりします。





では、こういう「リスクヘッジ目的」でFXを使う場合、どこの会社の口座を使うのがおすすめなのでしょうか?




それはSBI FXTRADEです。




ここはFX会社で唯一1通貨単位から取引可能なので、自分の買った投資商品や、支払う金額とぴったり一致する取引単位で売買して為替リスクを抑えることができます。




また、ここはスプレッドも一番狭く、そういう点でも費用が少なく済むのでおすすめです(スプレッド比較はFXデイトレおすすめ業者~2013年スプレッド徹底比較!~で詳しく行なっているので、そちらもご参照下さい)




もしまだここの口座を作っていないなら、是非持っておくべきです。口座開設は


 SBI FXTRADE
【クローズド】SBI FXTARDE


からできます。









ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 




トップに戻る