ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

くりっく365業者比較~スプレッド、スワップ、取引手数料、同じ?違う?~

2013年08月09日 15:36

今回はくりっく365のFX業者について、そもそもどういうものか概要を説明したあとで、次にスプレッド、スワップポイント、取引手数料で何が同じで何が違うのか?といことについて答えつつ、その上でどこがおすすめかを紹介します。





関連記事

FXスプレッド比較2013年7月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

FXおすすめ業者2013~MT4スキャルピングEA対応~

FXスワップおすすめ業者2013~豪ドル、NZドル、ランド比較~




1 くりっく365とは何?くりっく365の概要






くりっく365は東京証券取引所が運営するFXです。東京証券取引所は、あの東証1部上場とか東証2部とか言われているあれです。





ここでポイントなのは、「色々な会社がくりっく365のサービスを提供しているけど、最終的な取引相手は東証」ということです。これはどういうことかというと、FX会社はあくまで中間に入って仲介しているだけに過ぎず、取引相手ではないということです。




なので、たとえその取引しているFX会社が倒産したりしても、証拠金は東証があずかっているため、会社の倒産とは関係なく証拠金は保護されます。





普通のFX業者では取引相手はあくまで一つのFX業者なので、いくら信託保全されているとはいえ倒産した場合の影響はあります。それに対してくりっく365では会社はあくまで仲介する存在に過ぎないので、その会社の存続に関係なく、東証という圧倒的な信頼性を持つ中立な組織と取引できるという安心感があり、そこがくりっく365で取引する多くの人が指摘するポイントです。





2 スプレッド、スワップ、取引手数料・・・くりっく365業者間で何が同じで何が違う?






このように最終取引相手が東証なので、実は業者間によって差がある部分はそれほど多くありません。とはいえ、取引の回数が増えてくると数万円から数十万円の差になることもあるので、しっかりと見ていく必要があります。





では、くりっく365の業者間で同じものと違うものをまとめてみましょう。




共通点
・ スプレッド
・ スワップポイント
・ 取扱通貨ペア
・ 通貨ペアごとの取引単位(1万通貨単位か10万通貨単位かという話)
・ 倒産リスク(会社が倒産しても取引相手が東証なので関係ない)


違う点
・ 取引手数料
・ 取引ツール





結局FX会社が仲介に過ぎずに取引相手が東証なので、スプレッド、スワップ、取扱通貨ペア、取引単位、倒産リスクなどはどこの会社を選んでも同じです。一方で、会社の利益になる取引手数料がいくらなのかということや、その会社が提供する取引ツールは会社ごとによって異なります。




それでは、これがどれくらいの差になるのか、取引手数料で考えてみましょう。実は、高いところでは1万通貨取引当たり210円の手数料がかかりますが、安い所では80円です(キャンペーンで一時的に安くなっているのを除く)




その差は1万通貨で130円ですが、これはスプレッドで換算すると1.3銭ぶんもの差になります。金額で考えると例えばこれでデイトレなどをして1日5万通貨取引するとすると、650円の差になります。1日650円というのがいかに大きいかというと、1ヶ月20日取引できるとすると月1万3000円、年間で15万6000円もの差ということになります。





「さすがにそこまで大きな単位で取引しないよ」とおもわれるかもしれません。確かにデイトレをしなければここまで大きな差にはなりませんが、例えばこの5分の1の取引量であってすら年間3万円もの差になるわけですから、やはり大きな差になります。





また、金額以上に、「同じ事やっているのに何故高いお金を払わなければいけないのか」というように、精神的な問題も大きくあります。FXはメンタル勝負なところがあるので(ここで利確する、損切りするというのに、強い意志が必要)、そういうところで変な気を使わなくていいように、手数料が安い所で取引するのがいいでしょう。





ちなみに、手数料についてボリュームディスカウント(大きな取引単位で安くする)というのをやっているところもありますが、そういうところはどこを見ても「大きすぎる」ので、参考にしなくていいです(累積5,000万通貨取引とか普通の人はやらないし、かりにやったとしてもそこまでの間についた取引手数料の差は埋められないので。例えば1万通貨20円違えば、5,0000万通貨累積するまでに10万円もの差が出ているわけです)





また他にも「口座開設後1ヶ月だけ~円」というのも、結局その期間がすぎれば元に戻ってしまうので、やはり安定的に安いところがおすすめです。





またもう一つが、取引ツールです。これもやはり各社が用意するものなので、会社によって異なります。私が特に重要だと思っているのは特に1 スマートフォン対応 2 スマートフォンでもチャートが見やすいというところで、これは最近はちょっとしたニュースで大きく相場が動くことから、外にいても取引できるようにスマホ対応が不可欠で、かつ、チャートが見やすくなければ外でエントリーポイントがわからないというためです。





3 くりっく365、比較した結果おすすめFX業者はどこ?







先程も上げたように、1 手数料が安い 2 スマホ対応 3 スマホでもチャートがわかりやすい という3点が大きなポイントになります。




そのうえで、それら全てを満たす会社はどこでしょうか?




それは、GMOクリック証券です。




ここは手数料は80円と、他の会社がほとんど210円であることを考えると、非常に安いと言えます(2013年8月9日時点で手数料は一番良いです)。





また、スマホ対応アプリもあり、いつでもどこでも取引ができ、かつ、そこのチャートもパソコンで見るのと同水準の非常にレベルの高いチャートです。





ここはくりっく365ではない普通のFX口座でもスプレッド、スワップ、チャート全ての点からおすすめしているように、そういう会社の運営するくりっく365のサービスなので、やはりここがおすすめになります。





口座開設は

GMOクリック証券





からできます。





【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る