ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~

2015年01月11日 17:13

今回はオリンピックによる効果やアベノミクスなどから値上がりが期待される日経平均225のCFDについて、おすすめ業者を紹介します。





日経平均225ってそもそも何?






日経平均225とは、東証1部に上場している企業の内、特に活発に取引されている(=人気の高い)銘柄について日経新聞社が225社選び、その平均株価のことです。




ですから、個別の株に投資するのではなく、日本の株式が全体的に上がるかどうかで買うことができます。また、投資の世界では「卵を1つのかごに入れるな」ということわざがあり、分散投資が推奨されますが、225社は様々な業種から選ばれているため、日経平均を買っておくと「分散投資」という点でも自動的になされることになります。




「株だと1社ずつ調べないといけないから面倒」とか、「どうやってポートフォリオを組めばいいかわからない」という人には、日経平均の取引がおすすめです。





日経平均225の取引の仕方は?






大きく2つあり、先物取引か、CFDで取引するかです。ですが、私は個人的にはCFD一択だと思っています。





というのも、一番大きいのが、取引単位の違いです。日経平均では1,000単位、miniでも100単位からしか買えないのですが、今の日経平均は13,860円なので、1,000単位なら1386万円、100単位でも138万円分ものポジションを持たないといけないためです。




miniの100単位なら大丈夫かもと思うかもしれませんが、買い増そうとすると138万円ずつポジションが増えていくわけで、取引単位のコントロールが難しいです。





それに対してCFDでは1単位から取引可能なので、いくらでもポジションをコントロールすることができます。




また、取引手数料も先物はかかるのに対し、CFDは無料であるという点もあります。ですから、日経平均を取引するならCFDがおすすめです。






日経平均225CFD、業者の選び方は?






実は今のCFDでは各社差別化要素が多くなく、例えば取引手数料はどこも無料ですし、信託保全も義務化されているため会社ごとのリスクはあまりなく、クイック入金はどこもできるという状況です。




ただし、差別化ポイントが一つあります。それはスプレッドです。




CFDのスプレッド、高いところでは12円くらいしますが、安いところでは7円と、2倍近くの差があります。





そしてこの差が割りと馬鹿にならず、例えば100単位での売買を10回すると、12円のところと7円のところでは、それだけで5,000円の差になります。




ですから、業者選びのポイントはスプレッドが一番大きいと言えます。




日経平均225CFD、スプレッドを考えた上でのおすすめ業者は?






では、2015年1月時点で、一番安いスプレッドを提供しているのはどこでしょうか?




それは、DMM CFDです。




ここは全ての業者の日経平均225のスプレッドを比較して、7円と最も安いところでした。ここはFXでもスプレッドの狭さで有名なところで、実際FXスキャルピングおすすめ業者2015年!最新のスプレッド比較でも2位となっているところです(1位のGMOクリック証券は9.0円と、日経平均225についてはDMM CFDの方が安いです。ちなみにGMOクリック証券が2位でした)





とにかくスプレッドの狭さには定評のあるところなので、おすすめです。





口座開設は、



DMM CFD




からできます。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る