ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


FXでオーストラリアドル為替投資!経済見通しとおすすめ業者2013

2013年09月15日 20:50

今回はオーストラリア経済の見通しと、スプレッド、スワップ、取引単位から見たおすすめ業者について、2013年9月の最新情報を元に紹介していきます。




・ オーストラリア経済の基本情報





まず、オーストラリアについては、公的債務残高が小さく、非常に安定した投資先として見られています。例えば、ムーディーズの格付けは最高のAaaで(ちなみに日本がAa3なので、日本より3段階上の格付けです)、S&Pの格付けもやはり最高位のAAA(日本はAA-なので、やはり日本より3段階上)というように、破綻リスクは極めて低く見積もられているという特徴があります。




また、オーストラリアは、資源大国であり、経済の大きな支えとなっております。



例えば、輸出量に占める割合は、1位が鉄鉱石19.9%、2位が石炭で15.2%、3位が金で5.7%というように、輸出のベスト3全てを資源で占めております。





また、輸出の相手先では、1位が中国26.1%、日本が16.8%で2位、3位が韓国で7.5%というように、中国経済の影響を受けやすいです。




実際に中国の景気後退懸念が強まると豪ドルが売られるというように、相手先として大きな割合を占めるオーストラリアも中国経済の影響を受けやすい環境にあります。



最近では最新の中国の貿易統計や鉱工業生産統計が回復基調にあり、中国の景気後退懸念は薄れてきているため、豪ドルも値上げしていますが、中国経済の状況についてはモニタリングが必要です。(どうやってモニタリングすればいいかについては最後に関連記事を紹介します)




・ オーストラリアドルの特徴





先程も述べたように中国経済の影響を受けやすいという特徴があるのですが、それにくわえて、オーストラリアドルに投資する一番の魅力といえば、先進国トップの金利といえます。




オーストラリアの政策金利は2.50%で、大幅に下落したとは言え、先進国の中ではトップです。そして、この2.50%というのは、「過去最低」なので、雇用が回復した場合、元に戻る可能性も高いです(元々は4.75%でした)




これはFXのスワップポイントにも反映されており、一番高い業者で1万通貨で1日67円、つまり約年間2万4000円のスワップがつき、例えば取引資金が15万円なら、レバレッジ6.1倍程度でスワップだけで利回り16.3%にもなります。




現状の最低の金利水準でもこれなのですから、戻った場合はこんなものではないというのはおわかりいただけると思います。




ちなみに、そもそも何故ここまで金利が下落したかというと、それは中国の景気後退、前ラット政権の政策のミス(炭素税の導入による企業負担の増加や電気料金の値上げ等様々な経済に悪影響を与える政策をしてしまい、それによってどんどん民意が離れ、6年ぶりに政権の座から引きずり降ろされています)といったようなことから、失業率が増加したためです。では、何故失業率が増加すると金利が下がるのでしょうか?





それは、一言で言うと、金利を下げたほうが市場にお金がまわって、雇用や投資をしやすくなるからです。




失業率が増加した場合、企業が労働者を雇ったり新しい投資をしたりしてもらう必要があるため、政策金利(=中央銀行からの貸出金利)を引き下げることで、お金を借りやすい環境を作ろうとするのです。そして、失業率は政府の評価に非常に大きく影響するので、失業率が高まった場合、政治から中央銀行に対して利下げの圧力が強まり、結果、金利が下がるということです。




話を戻しますと、中国景気の悪化や政府の政策ミスで失業率が高まったことが、金利が下がった原因です。




なので、今後のポイントとしては、中国経済などがどうなるか、さらには、先週の9/7に政権交代したアボット政権で、どのように経済が立ち直っていくか、ということがポイントになります。




ただし、中国経済は回復基調にあり、ダメだった政権も交代したことから、今後は雇用も安定して金利も元のような水準に戻る可能性が高いと思います。そうなった場合、利息を目的とした投資が多い通貨ですから、再び豪ドルは値上げしていき、為替差益も狙うことができます





・ オーストラリアドル為替取引のおすすめFX業者は?





これからは50社以上の会社をすべて比較した上でどこがおすすめなのかということについて書いていきます。実は、今回は「ここが単独トップ」というのはありませんでした。というのも、1万通貨以上で取引するならスプレッド、スワップもトップのところがある一方、それ以下なら別の会社がおすすめになるためです。




では、まず1万通貨以上で取引するならおすすめはどこでしょうか?




それは、GMOクリック証券【FXネオ】です。




ここはスワップポイントが1日67円で、50社以上を比較した中で1位であり、スプレッドも、原則固定で1.0銭と、やはり1万通貨より大きい単位では1位です。





また、チャート機能も非常に優れています。iPhoneで取引できるのは当然として、それ以外に、米国の国債やダウ平均、他の国の為替と為替の影響を見比べたり、それだけでなく要人発言を含めたニュースの発表時を為替のチャートに反映させられるためどのようなニュースや経済指標の動きが為替市場に影響を与えたのかということも事後的に確認ができるチャートを持つ会社です。





市場が何に注目して、何が起これば為替は動くのかを知っていれば、「今後何が起こればどうなるか」というのを予想できるので、こうした点からも非常におすすめです。




口座開設は

GMOクリック証券【FXネオ】
GMOクリック証券

からできます。





では、次に、1万通貨未満で取引する場合のおすすめ業者はどこでしょうか?




それは、SBI FX TRADEです。




ここは1通貨単位で取引できる唯一のFX業者です。なので、豪ドルを1ドルだけ買うというのもありです。




スワップはGMOクリック証券よりは低いのですが62円と高めの水準で、スプレッドは1万通貨以下では原則固定で0.99銭と、GMOクリック証券の1.0銭原則固定より0.01銭安く、1万通貨以下では1位になっています。




なので、1万通貨より小さい単位で取引したい場合は、こちらがおすすめになります。




口座開設は


SBI FX TRADE
SBI FXTRADE


からできます。




ちなみに、もし1万通貨ちょうどで取引する場合、スプレッドの差0.01銭は、スワップの差によって2日で追いつくので、デイトレ以外であればGMOクリック証券【FXネオ】、そうでないならSBI FX TRADEという感じになります。




また、上の方で書いた「中国経済等の情報のモニタリングの仕方」については、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で書いてありますので、あわせて参照ください。




【関連記事】

FXスプレッド比較2013年9月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

MT4、EAを使って24時間自動売買する方法とおすすめ業者

FXでブラジルレアル為替投資~経済見通しと取扱FX業者2013~

FXでメキシコペソ為替投資!推移チャートと取扱FX業者





【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/165-5887ba7c
    この記事へのトラックバック