FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2017年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2017年

FX初心者おすすめ業者比較2017年 | 初心者向けFX会社とは?

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

NYダウは30年以上右肩上がり!?その秘密と、年間5万円もの配当をもらえる投資方法とは?

1万円から不動産投資で利回り5%~6%!?その投資方法を紹介します

世界の優良企業にまとめて分散投資できて、年間5万円の配当までもらえるくりっく株365とは?

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FXスワップおすすめ業者比較2017/11 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?
FXおすすめ業者比較2017年 | FX会社を総合力で比較

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは30年以上右肩上がり!その理由と今後の見通しは?
NYダウ今後の見通しと、年間5万円も配当がもらえるおすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2017年

為替に影響を与える長期金利(10年国債利回り)とは?何故動くの?

2013年12月05日 19:07

明日にはいよいよアメリカの雇用統計が発表されます。今年最後の大イベントを控え、為替はどう動くでしょうか?





さて、雇用統計については「出るまでわからない」ので、今回は別のお話をしたいと思います(笑





一応過去記事で雇用統計がらみのものとして、




失業率・雇用者数がGDP以上に為替に影響する理由や、

米国雇用統計等の指標発表時にもスリッページの少ないFX業者2013


で書いてあるので、そちらに興味のある方はどうぞ。






今回のテーマは、「長期金利」です。





今日の為替市場の一つのテーマに、「アメリカの長期金利の見通し」というものがありました。ただ、これについてこう思いませんでしたか?




「あれ?金利って、月1で国が決めるんじゃないの?なんでそれがそんなにちょくちょく動くの?」





この疑問は、初心者の多くが持つもので、私も始めたころは疑問でした。今回は「そもそも長期金利(10年国債利回り)って何で、どうして動くのか」を解説します。





実はその月1で決める金利は「政策金利」と呼ばれるもので、短期(1年)の金利なんです。これについては、月1で決めて、金融政策の変更でもない限り基本的に動かないので、あまりころころ変わりません。




それに対して、長期金利の決まり方は別です。なお、長期金利=10年国債利回りです。





これはどうやって決まるかというと、例えば国が国債を発行するとき、「10年後償還される国債を100円で発行します。利息は年2%つきます。誰か買いませんか?」とこうやります。ちなみに、100円というのは日本であって、アメリカなら当然ドルですし、イギリスならポンドです。このやり方自体は各国変わらないので、まあ、わかりやすく今回は円で例えました。






「あれ?じゃあ2%で確定じゃないの?」と思われるかもしれませんが、話はそう簡単ではありません。なぜなら、この国債は市場に出回るので、「99円で買う」という人もいれば、「101円で買う」という人もいて、需要と供給によって、その大前提の「100円」の部分が変わるからです。





実はこの国債価格が市場での売買によって変動することこそが、利回りがちょこちょこ動く理由なんです。





例えば、この国債を90円で買ったとしましょう。そうすると、10年間で利息は100円×2%で毎年2円ずつ10年もらえるので合計20円、一方90円で買った国債でも帰ってくるときは額面の100円なので、その値上がり益で10円得をし、合計30円の利益になります。




30円ということは90円の33%なので、1年だと利回り3.3%ということになります。





つまり、国債を額面より安く買えれば、もらえる利息より利回りはよくなります。




では逆に、110円で買っていたらどうでしょうか?




10年でもらえる利息は合計20円で変わらない一方、額面100円しか返ってこないのでここで-10円で、トータル10円の利益が得られます。




これは10年で110円の9%の利益なので、1年あたりの利回りは0.9%となります。




このように、国債を額面より高く買えば、利回りは下がります。





これが、「国債価格が下がれば長期金利が上がり、国債価格が上がれば長期金利が下がる」と言われる理由です。





ちなみに、今回の約束されていた2%の利息はクーポン利率といい、3.3%だったり0.9%だったりと国債価格が変わることでずれてきた利息のことを実質利回りと言い、長期金利と言われるのは、後者の実質利回りのことです。





以上のように、長期金利が変わるのは、国債の価格が市場の需要と供給で変わるからで、これは株やFXと同じように、一分一秒変化しています。





では長期金利が変わると為替にどう影響を与えるかというと、これは簡単で、「基本的に金利が上がれば通貨が買われる」という、いつも通りの認識で大丈夫です。ただし、「国債が紙切れになる」とかそういう大事件があって誰も国債を買ってくれないから暴落とかそういうのであれば、同じように通貨も紙切れになるリスクがあるので、そういう場合は通貨は売られます。







今回は以上です。何か質問等あればコメント欄にどうぞお気軽に書き込んでくださいね。






【おすすめ記事】

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

無料でニュースを集め、その情報が為替に与えた影響を分析する方法を紹介します

スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者2013

FXスプレッド徹底比較2013年11月~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~







【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 







トップに戻る