ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年


ドル円スプレッドが実質無料!?凄いキャンペーンをしているFX会社が出ました!
【期間限定】米ドル円スプレッド実質無料キャンペーンのあるFX会社とは?


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


FXおすすめ業者~短期スイングトレード編~

2010年05月14日 00:52

しばらくおすすめ口座の紹介がご無沙汰しておりましたが、再開したいと思います。今回は、スイングトレード編その1として、スイングトレードの中でも短期的な売買を行う場合のおすすめ口座を紹介したいと思います。





そもそもスイングトレードというのは、範囲が非常に広いため、「スイングトレードならこれ!」と一つで言い切れるものではなく、その中でもいくつかのパターンにわけなければなりません。何故なら、一般的にスイングトレードというのは2日~1週間、人によっては2日~数カ月と定義されますが、ということはつまり「ただ寝る前に決済しないだけの、実質デイトレードの延長のようなもの」から、「1週間程度のトレンドを読んで投資する」というもの、さらには「数ヶ月くらいのスパンで投資する」というものまで、実に様々な取引スタイルがあるからです。







今回は、2日からせいぜい4日程度の、ある程度短いスパンでの取引を念頭においておすすめ口座を紹介したいと思います。






まず、よく「スイングトレードではスプレッドはあまり考慮しなくていいけど、スワップポイントが大事」というのが言われますが、これは最低でも数週間持つか、あるいは高金利通貨(豪ドル、NZドル、南アランド等)を取引する場合のみにしか言えないことです。





何故なら、たとえばドル円であれば、スワップポイントが高いクリック証券【FX】などでも8円程度です。一方やすいところでも3円程度はあるため、その差は1日5円となります。ですから、たとえば4日持てば20円の差になりますが、これはスプレッドで言うと0.2銭程度の差です。






ですから、低スプレッドのもの同士を比べて、その最後の一押しとしては差になりますが、それよりもまず低スプレッドの業者を選んだ方がいいです。というわけで、まず低スプレッド、そしてそれよりは優先順位は低いけど、できれば高スワップというのがまず条件となります。







そしてもう一つ、あると非常に便利な機能に、「トレール注文」というのがあります。これはトレーリングストップとも呼ばれる逆指値注文のひとつのやり方で、たとえば買建であれば、値段があがれば、それについて逆指値もあがり、一方値段が下がった場合、逆指値はそのまま動かないというものです。





これだけでは全く意味が分からないでしょうから、具体例を上げて説明したいと思います。




例えば、今ドル円が90円だとします。そして、ドルをその値段で買建て、逆指値をトレール注文で、-50銭(このように、マイナスいくらというように指定します)としたとします。




そして、その後ドルが91円に上がったら、その時は-50銭ですから、逆指値は90.5円になっています。それで、その後ドルが89円に落ちるとしても、逆指値が90.5円なので(なお、下がったときには動きません。もし下がるときに動くなら、どれだけ下がっても逆指値に引っかからず損切りができませんので)、0.5円分の利益を得られるという注文方法です。




もしこれをやらないで、普通に-50銭で89.5円で逆指値注文をしていれば、0.5円分の損失を出すことになってしまいます。






ですから、このトレール注文と言うのは、利確と損切りを同時に行える便利な手法ということです。これは短期のスイングトレードでは特に重宝する機能で、というのも、寝ている間は当然相場を見ることができませんが、そのときに一旦あがったもののやはり下がったなんて事態になった場合には、上がった分だけ利益は伸び、下がったときにはちゃんと決済されるというように、見ていなくても利益を追いかけつつ損失を限定するということができるからです。





このように便利なトレール注文が可能で、かつスプレッドも低く、その上でスワップポイントも高いというような、そういう業者はどこか。






まずは外為オンラインがあげられます。






ここは先程紹介したトレール注文が可能な業者で、ドル円1銭、ユーロ円2銭、ポンド円3銭というように、業界でも低スプレッドで評判で、さらに以前スワップポイント狙いの場合のおすすめ業者でも紹介させていただいたように、非常に高スワップでもあるという、まさに今回の条件をすべて満たすバランス型の口座です。






実際取引高2年連続FX業界トップと言うように、多くの投資家からも支持されていることからもわかるように、スイングトレードを行う上で、もっておいて損はない口座です。





口座開設は




外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込




から行うことができます。







もう一つEMCOM証券みんなのFXもおすすめできる口座です。





ここもやはりトレール注文が可能な業者で、スプレッドに関してはポン円デイトレードのおすすめ口座でも紹介させていただいたように、ドル円0.7銭、ユーロ円1.3銭、ポンド円2.2銭と非常に低スプレッドというのがポイントです。





逆にあまりスワップポイントは高い業者ではないのですが、上でも書いたように、短期で取引をするなら、スワップポイントはそこまで重視しなくてもいいので、本当に短期のスイングトレードであれば、これだけ低スプレッドでかつトレール注文も可能という点でおすすめできる口座です。






口座開設は




みんなのFX





から行うことができます。






次回は、スイングトレードの中でももう少しスパンの長い取引の場合のおすすめ口座を紹介させていただきます。おそらく、多くの人がFXトレーディングといわれてまず想像するのがこれくらいのスパンだと思うので、ぜひお楽しみにしてください。











ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング