FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2017年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2017年

FX初心者おすすめ業者比較2017年 | 初心者向けFX会社とは?

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

NYダウは30年以上右肩上がり!?その秘密と、年間5万円もの配当をもらえる投資方法とは?

1万円から不動産投資で利回り5%~6%!?その投資方法を紹介します

世界の優良企業にまとめて分散投資できて、年間5万円の配当までもらえるくりっく株365とは?

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FXスワップおすすめ業者比較2017/11 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?
FXおすすめ業者比較2017年 | FX会社を総合力で比較

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは30年以上右肩上がり!その理由と今後の見通しは?
NYダウ今後の見通しと、年間5万円も配当がもらえるおすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2017年

FXロシアルーブル投資!為替暴落・乱高下の理由と2015年見通し

2015年01月04日 00:40

今回は、昨年は暴落し、年末最後の最後で大暴れとしか言いようのない乱高下をしたロシアルーブルについて、2014年に何が理由で為替の暴落や乱高下が起こったのかを説明し、2015年はどうなるかの見通しの説明し、最後にFXでロシアルーブルに投資する方法を説明します。




・ 何故ロシアルーブルは2014年に暴落・乱高下をしたのか?





はじめに、まずそもそも去年に何が起こっていたのかを復習しましょう。2014年は、ロシアルーブルが暴落し、最後の最後で大暴れしました。



RUB.gif

出典:三井住友銀行




ちなみにこの一番下がっているのが12/15で、これを受けてロシアの中央銀行が政策金利を10.5%から17%まで引き上げるという荒業によって買い圧力も出て、そのせいで最後の方は大暴れという状態になっていました。




では、そもそも何故暴落していたのかというと、これにはおおきく二つの理由があげられます。


1 経済制裁
2 エネルギー資源の価格下落




まず経済制裁からですが、こちらはロシアのウクライナとの領土紛争に対してEUやアメリカなどが制裁を行っているものです。



具体的には、ロシアの銀行やエネルギー会社への融資や技術供与の制限などをしており、それによって現状いきなり大打撃、というものではありませんが、一方でロシアの石油最大手のロスネフチが政府に400億ドルの救済融資を申し入れたように、効果はあがっています。




また、ロシア側からもEUやアメリカに「逆制裁」として食糧などの輸入を制限していますが、このことが逆に国内の物価高を招き(安い外国のものを買えないと値段が上がるよね、ということです)、消費マインドを冷え込ませて経済に悪影響を与えるという、若干自爆気味の状態にもなっています。



さらに、そもそも制裁によって輸出入が減ることにより、通貨としてのロシアルーブルの需要も下がり(ロシアと取引しないならロシアルーブルなんていらないですよね)、それによって、「需要があるものは値上がりする(ほしい人が多ければ値上がりする)」という経済一般原則からしても、ロシアルーブルには下げ圧力がかかります。




このように、経済制裁によるロシアとの取引の減少や経済の冷え込みによって、ロシアルーブルへの下落圧力となります。



もう一つの理由が、エネルギー資源の価格下落です。あまり知られていない事実ですが、ロシアは資源大国です。例えば天然ガス生産量は世界1位、石油生産量もサウジアラビアに続き世界2位と、世界トップクラスのエネルギー大国で、輸出の7割は燃料・エネルギーで、原油は3割を占めているという状態です。




こうした国にとって、エネルギー資源の価格下落がいかに大ダメージになるかは想像がつきやすいと思います。




ちなみにこのエネルギー資源価格の下落の理由ですが、これには諸説があり、「明確にこれだ」と言えるものはありません。



一般的に言われているのは新興国でのエネルギー資源の需要減少によるものですが、他にもアメリカのシェールガスが市場で高く評価された結果相対的に他のエネルギー資源の価格が下がった(アメリカのシェールガスは天然ガスの1/3
の価格ともいわれます)というのや、若干陰謀論的なものとしては、サウジアラビアがイスラム情勢でアメリカを味方につけるため、原油価格が下がっても産油量を減らさないからだ、など、色々なものがあります。




エネルギー資源価格については、正直なところ「かなりいろいろな経済主体の思惑」が絡み合うもので、「これが原因だ」というのを特定するのは極めて困難なのですが、何はともあれ、エネルギー資源の価格が下がることが、資源大国のロシアの経済にダメージを与えている、ということ自体は間違いのない事実としてあげられます。



以上のように、経済制裁、エネルギー資源価格の下落といった理由で暴落したものの、最後の最後でロシア側が反撃として金利の大幅なアップをしたために、乱高下して今に至る、というのが現状です。




・ 2015年、ロシアルーブルの為替見通しは?





さて、ここからが今後の予想です。私の考えとしては玉虫色の回答ですが、「上がるか、ということまでは不明なものの、大きく下落することは心配する必要がなく、スワップ狙いで持っているのがいいのではないか」という感じです。




まず、経済制裁についてですが、こちらについては短期的に解決はしない一方で、本当にロシアに大打撃を与えるところまではやらないというのは、ほぼ確実に言えると考えられます。




というのも、ウクライナ情勢は特に変わる様子がなく、一度制裁というものが動き出してしまっている以上、簡単に引っ込めることも困難だからです。実際にプーチン大統領自身も「2年くらいは厳しい状況が続く」とコメントしているように、簡単には解決しないと考えられます。




その一方で、今後さらに追加の制裁をして大打撃を与えるかというと、それも考えづらい状態にあります。というのも、EUの国々とロシアの経済的な結びつきは強く、輸出停止ということは、逆に言えばEU企業にとっても利益を喪失することになるからです。



実際に、ドイツのシュタインマイヤー外相も、「制御不能となれば、われわれの利益にはならない」と制裁維持によるロシアの不安定化に強い懸念を示しており、また、アメリカも1998年のロシア通貨危機の時には金融機関に大混乱があったように、本当に大打撃を与えることは望んでいないからです。




他の要因としても、ロシアがエネルギーの供給をストップするとヨーロッパで深刻なエネルギー不足が起こるということや(そのため、一番効果的にも関わらずエネルギー資源の輸入自体は制限していないという状態にあります)、また、核保有国であるロシアが不安定化することは、テロリストに核がわたるリスクもあげて世界情勢に危機を与えることから、誰もロシアに「大打撃を与えることは望んでいない」と言えるからです。



ですから、経済制裁が原因でこれ以上下げる、ということは、一時的に何かイベントがあって下げることはあるかもしれないものの、長期的には考えづらいと言えます。




もう一つのエネルギー価格の下落ですが、こちらについては予想するのが困難ではありますが、それがあったとしても、ロシアの政策によってどうにかなる範囲と考えられます。



というのも、今回のルーブル暴落も、金利の上昇によって抑えたように、為替市場ではやはり金利の影響が大きく、こうしたことから、ロシア政府が適切な対策さえとれば大きく下がる心配はないと言えると思います。




そして、ロシア自体はルーブル安によるインフレで国民生活に打撃が出ており、これ以上のルーブル安を容認するつもりはないということからも、上がるか、ということまでは不明確なものの、大きく下がるということは考えづらいと思います。




さらに、「ルーブル安を抑えるための金利上昇」というのは今後も考えられるため、長期的にスワップ狙いで持っているのは面白いと思っており、実際に私もポジションを持っています(笑





・ ロシア・ルーブル対応FX業者は?





では、最後にロシアルーブルに投資するにはどうすればいいかを書きます。実はこのロシア・ルーブル、流通量が少ないので、取り扱っているFX業者がほとんどありません。



ですが、そんな中で、ロシアルーブルを扱っていて、スプレッド、スワップから見てもおすすめできる会社があります。それはどこでしょうか?






それはIG証券株式会社です。





ここはロシアルーブル以外でも非常に多くの通貨を取扱、かつ、珍しい通貨でもスプレッド、スワップともに条件が良いことで有名な会社です。例えば、ブラジルレアルとかはここが唯一の取り扱い会社だったりします(詳しくはFXでブラジルレアル投資!為替推移の見通し予想2015年版を参照ください)




ちなみにここでもロシア・ルーブル/円での取扱はなく、米ドル/ロシア・ルーブルでの取扱なのですが、実はこれ、裏技があって、実質的にロシア・ルーブル/円で取引する方法があります。




それはどうするかというと、そもそもUSD/RUBというのは、買いを入れると米ドルを買ってロシア・ルーブルを売ることになり、売りを入れるとロシア・ルーブルを買って米ドルを売ることになります。なので、ロシア・ルーブルを買いたければ、USD/RUBで売り取引をすればいいことになります。では、その後日本円にするにはどうすればいいでしょうか?




それは同額USD/JPYで、ドル買いを入れればいいのです。こうすればロシアルーブルを買ってドルを売る、ドルを買って円を売るというように、最終的にロシアルーブルを買って円を売るということになります。





口座開設は



IG証券株式会社






からできます。





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る