ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


ナンピン買いのメリット・デメリット

2010年05月16日 21:29

今回は、ナンピン買いと呼ばれる手法について解説を行いたいと思います。そもそもナンピン買いというのが何かということから説明すると、はじめに買った値段から値段が下がればさらに買い増しをしていくという手法です(売建なら逆になります)





具体例を出して説明すると、たとえばドルを92円で1万通貨買ったとして、その後91円まで下がったら、さらに1万通貨買い増すということです。




実は、巷でよく「勝率9割超の投資術!」とか書かれている方法の大体はこれです。何故なら、この方法というのは、「1回の取引で利益を得られる可能性」が高いからです。




為替と言うのは、ほとんどの場合、ある程度のレンジの中で値動きを繰り返します。つまり、値段が下がったものはまた上がる可能性が高いということです。ですから、このナンピン買いというのは、非常に勝率が高いんです。ここも具体例を出して説明しましょう。





先程の例ですが、92円で1万通貨買って、その後91円に下がったとしましょう。この場合、その後92円に戻しても、利益も損失もなく、プラスマイナス0です。ところが、91円でもう1万通貨買い増ししていればどうなるか。その場合、92円で買ったものはプラスマイナス0、一方で91円で買ったものが+1円分の値上がりをするので、1万円の利益が出ます。






そして、さらに90円に落ちた場合に、その上でまた1万通貨買い足しておけば、91円までしか値戻りしなくてもプラスマイナス0で、92円まで戻れば3万円の利益にもなります。そして、さらに89円、88円・・・・と言うふうに、レンジを広げれば広げるほど、それを超える可能性は低くなるため、広げれば広げるほど勝率は高まります。





では、逆にこの方法の問題はなんでしょうか。それは、1回あたりの勝ちの金額が小さいわりに、1回失敗した時の損が大きすぎるということです。





レンジ相場というのは、普通+2~3円程度ですから、大体1回あたりで得られる利益は、およそ2万程度です。





一方、負けたときはどうなるか。例えば、84円まで1円ごとに1万通貨買いたしというルールで、その予測がはずれて83円まで落ちてしまえば、なんとー36万円となります。





つまり、この方法では勝率9割では全然物足りないし(勝率9割なら期待値は-1.8万円です)、最低でも95%はないといけないんですね。






ですが、それほどの勝率があるかというと、それは非常に難しいです。何故なら、「レンジを狭くすればするほどレンジを出る可能性が高くなり、一方、レンジを広くすれば広くするほど、損失が大きくなり、かつ、トレンドとしても大きなものになっているため、損失がでるときはあっさりそれを超えてしまう」というのがあるからです。





たとえばそれこそ今の状態から84円(ここ10年の最安値でもそこまで安くなっていません)になるということは、異常な円高ドル安局面で、それくらい歴史的に異常なことが起こっているなら、そこからさらに暴落しても何もおかしくはないと言うのはおわかりいただけると思います。その場合、1円下がるごとに9万ずつ損していくわけですから、これがどれほどリスクが高いかわかるでしょう。






そして、このナンピン買いの中でも特に危険なのが、「自分の意図した方向と逆に行ったときにナンピン買いする」という方法です。これは自分の意図がはずれていて、その損失の金額が自分が「損切りしてもいい」と思える金額を超えている場合にやる人が多いです。「損切りしたいけど、でもここで切れば大損してしまう。だから、なんとか上がってくれ!」という祈りにも近い感情でやるんですね。






でも、これは多くの場合はずれます。これはなぜか。まず、取引を決めた段階である程度上がりそうだと思ったと言うことは、実際に上がるだけの要因もあったはずなんですね。でも、それなのに下がった。






つまりこのような状態ってどういう状態かと言うと、「なんらかの上がる要因があったにも関わらず、もっと強い下げ要因があり、市場のトレンドとしても下がる方向に行っている」ということなんですね。






それだけ強いトレンドがあるわけですから、当然可能性としては下がる可能性の方が高いに決まっています。ですから、損をする可能性の方が高い。しかも、先程も言ったように、ナンピンと言うのはやればやるほど負けたときに損する金額も大きくなり、かつトレンドも大きくなっているため、「損する危険が高く、かつその場合の損失金額も大きい」という、限りなく最悪に近い条件でトレードすることになるんです。






それがうまくいくかいかないか、そんなのは決まっていますよね。





ですから、「ナンピン買いは危険」と言われ、特に「自分の予想がはずれたときのナンピンは死んでもするな」といわれます。






それでもはじめの方にも書いたように、利益を得られる可能性自体は高い手法なので、初心者がこれをやって最終的に大損を出してしまうリスクが高いという、まさに禁断の果実のような手法です。






ちなみに、経験豊富なトレーダーの中にもこのナンピンをする人がいますが、そういう人がやる場合には、「レンジ相場になる」ということについてかなり強い状況証拠が揃っていて、かつ、仮に損がでても許容範囲内で収められるように取引をコントロールするというように、かなり慎重に計画された方法でやっているので、素人がやっても失敗するだけだと思います。






以上のように、ナンピン買いというのは、仮にやるとしても非常に高度な技術が必要だし、初心者には間違えてもおすすめできない方法だと思います。













ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング




トップに戻る

FX戦略研究に戻る