ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


くりっく365おすすめ業者2015!取扱全15社、取引手数料など徹底比較!

2015年01月28日 23:28

2015年1月現在、くりっく365取扱いのあるFX業者は、全部で15社あります(出典:くりっく365公式HP)



そこで、今回は、それらの会社ごとに何が同じで、何が違うのかということをまとめ、そのうえでどこがおすすめかということを紹介します。




・ くりっく365って何?





まずは簡単にくりっく365について説明します。くりっく365とは、東証(株で東証1部とかのあの東証です!)が運営するFXサービスです。普通のFXは店頭取引と言われ、FX業者との取引になるのですが、くりっく365では、業者はあくまで東証との間を仲介するだけにすぎず、取引は東証とやることになります。




そのため、たとえその取引しているFX会社が倒産したりしても、証拠金は東証があずかっているため、会社の倒産とは関係なく証拠金は保護されます。





さらに、最近はスプレッドも非常に良くなってきています。原則固定ではないので時によって変動しますが、多くの時間帯でドル円が0.3銭程度、ユーロ円が0.4銭程度と、スプレッドもトップレベルの企業とそん色ないレベルになっています。




そのため、くりっく365の口座数はどんどん拡大傾向にあり、2014/12時点で64万口座にもなっています(参考として、店頭FXで人気の高いGMOクリック証券で36万、DMM FXで40万口座くらいです)




・ くりっく365参加業者同士で何が同じで何が違う?





実は業者間によって差がある部分はそれほど多くありません。とはいえ、取引の回数が増えてくると数万円から数十万円の差になることもあるので、しっかりと見ていく必要があります。




共通点と相違点をまとめましたので、以下をご覧ください。



共通点
・ スプレッド
・ スワップポイント
・ 取扱通貨ペア
・ 通貨ペアごとの取引単位(1万通貨単位か10万通貨単位かという話)
・ 倒産リスク(会社が倒産しても取引相手が東証なので関係ない)


違う点
・ 取引手数料
・ 口座としての使い勝手
・ 取引ツール





取引相手が東証なので、スプレッド、スワップ、取扱通貨ペア、取引単位、倒産リスクなどはどこの会社を選んでも同じです。一方で、会社の利益になる取引手数料がいくらなのかということや、口座としての使い勝手(こう書くと分かりにくいので、あとで解説します)、その会社が提供する取引ツールは会社ごとによって異なります。




それでは、これがどれくらいの差になるのか、取引手数料で考えてみましょう。実は、高いところでは1万通貨取引当たり100円の手数料がかかる一方で、無料のところもあります。実は、これ、かなり大きな差になります。





例えば、デイトレすると、1日トータルで10万通貨くらい取引をすることがありますが、その場合、1日1,000円の差になります。




これが年間240日の取引となると、2.4万円もの差が、ただどこの業者を使ったかというだけで違ってくるわけです。




ですから、基本的には無料なところを選ぶと良いです。ただし、有料であっても、例えば専門のコンサルタントがついてアドバイスをくれるとか、そういったメリットがあるのであれば、それを理由に選ぶこともありです。





次に口座としての使い勝手ですが、くりっく365口座を開設すると、そこにお金を入れる必要があります。しかし、例えばやはり株で投資したいとか、逆に株からくりっく365に移したいとか、店頭FXと切り替えたいとか、そういう資金口座の振り替えは重要になります。




というのも、相場は日々動くもので、例えばある日は株の方が動きがわかりやすく、一方ある日はFXがわかりやすいなどあり、その時にすぐに資金を移動できればいいですが、いったん出金して(出金には通常1,2営業日かかります)、入れなおすとかやっていると、その時には投資チャンスがなくなっている、ということもありえるからです。




ですから、こうした口座としての使い勝手も重要になります。




最後に取引ツールですが、これもやはり各社が用意するものなので、会社によって異なります。私が特に重要だと思っているのは特に1 スマートフォン対応 2 スマートフォンでもチャートが見やすいというところで、これは最近はちょっとしたニュースで大きく相場が動くことから、外にいても取引できるようにスマホ対応が不可欠で、かつ、チャートが見やすくなければ外でエントリーポイントがわからないというためです。




また、先ほども説明したように、プロのコンサルタントからアドバイスを直接受けられるなどのサービスで勝負している会社もあるので、そうした点も比較材料となります。







・ くりっく365、比較した結果おすすめFX業者はどこ?






くりっく365対応業者を比較する場合、手数料、口座としての使い勝手、取引ツール・サービスが比較ポイントだと述べましたが、それらを総合的に比較しておすすめなのはどこでしょうか?





おおきく、取引手数料が無料で口座、取引ツールが良い会社と、サービス勝負の会社を紹介します。




まずは、取引手数料などでおすすめのところから。それはどこでしょうか?





それは、GMOクリック証券です。




ここは取引手数料が完全無料(なんとロスカットの時も無料!)、かつ、口座アカウントが株も店頭FXもCFDも全部1つで管理されるため、くりっく365と株やCFD口座での資金移動が24時間いつでもすぐにできるという使い勝手の良さ、さらに、取引ツールも非常にわかりやすく、モバイル対応もあるという会社で、普通に取引する場合には確実にここがおすすめといえるところです。





実際に、くりっく365の口座数全体で64万口座(全15社)なんですが、なんとそのうち25万口座はGMOクリック証券という圧倒的な人気で、まず持っていて間違いないところです。




口座開設は


GMOクリック証券





からできます。





次に、基本的に取引する場合は無料ですが、コンサルタントからアドバイスをもらえるようなコースも選べて、そこなら有料になるという、サービス重視で選ぶ場合のおすすめ会社を紹介します。それはどこでしょうか?





それは、為替ライフです。




ここはサポートコースを選ぶと、専門のアドバイザーがついて、プロの目線で助言をくれるというサービスをやっている会社です。




やはりしっかりとプロの意見をもらって投資したい、という人にはここがおすすめです。




口座開設は

為替ライフ




からできます。





・ くりっく365取扱い全業者、取引手数料等のスペック徹底比較






最後に、上のおすすめの根拠として、くりっく365取扱いのある全15業者のスペックの比較表を載せます。




取引手数料(円) その他ポイント
GMOクリック証券 無料 口座間の資金移動がすぐできる!
圧倒的人気
為替ライフ 無料(サポートコースは540円) コンサルタントによるアドバイスがもらえる
岩井コスモ証券 無料
FXトレーディングシステムズ 無料
岡三証券 無料
大和証券 無料
みずほ証券 無料
カブドットコム証券 13.5
住信SBI証券 50
野村證券 103
立花証券 108
カネツ証券 216
KOYO証券 315
インヴァスト証券 324
豊証券 945






【関連記事】

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

2015年、豪ドル為替レートの見通しと、FX豪ドル取引おすすめ業者

FXでブラジルレアル投資!為替推移の見通し予想2015年版

FXロシアルーブル投資!為替暴落・乱高下の理由と2015年見通し

FXでメキシコペソ投資!為替推移見通しと取扱FX業者比較2015年版





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 






トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/214-fb4c759a
    この記事へのトラックバック