ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


イスラム国人質事件等、中東リスクの石油(原油)、株価、為替への影響

2015年01月30日 00:10

今回は、最近人質事件を起こして世界的に再び注目を集めているイスラム国について、どういう集団かということと、そうした事件が原油価格、株価、為替にどのような影響を与えるのかということについて解説します。



「地政学リスクが」とか「中東リスクが」といっても、じゃあ具体的にそれがどういうものなのか?ということをしっかり分かっているのといないのでは、ニュースに対してどう反応すべきかということが全然違ってきますので、今回はそれらを分かりやすく解説します。




・ イスラム国って何?





イスラム国というと、単なるテロ組織・・・・というイメージがあり、実際に人質をとったり、多くの人を処刑したりと非道の限りを尽くしている集団ですが、実際は少し違うので、まずそこから解説します。




まず、彼らはイスラム法を厳守した国を作ることを理念としており、実際に独立宣言をしています。




彼らの指導的立場にあるのが、昔のイラクのサダム・フセイン政権(湾岸戦争やイラク戦争の時のあの人です)で中枢にいた軍人や政治家で、シリアやイラクの一部の地域を占拠し、「国家」としてやっていこうとしています。




そこで占拠された地域の住民への弾圧が激しく、たとえばキリスト教徒は改宗もしくは公開処刑、女性であれば強姦や売春の強要など、「これは本当に現代の話なのか?」と思うような行為を行っています。




イスラム国のたちが悪いのは、中心になっているのがレベルの高い教育を受けた軍人、政治家であり、そのため占拠する際の行動も非常に戦略的に行われています。




例えば、首都バグダッドに進軍して、落とせないとなると今度は北部のクルド人地域を攻撃し、その過程で油田や製油所、ダムといった、国家にとってのライフライン、収入源になる施設をしっかり押さえるなど、イスラム国が「ただのテロ組織ではなく、高い教育を受けた戦略的な組織である」と考えられる行動は非常に多くあります。




現在の勢力としては、面積として3万2000㎢、人口800万人程度が囚われているとみられています。これは、面積としてはオランダが3万7000㎢、台湾で3万6000㎢、であり、人口ではスイスが766万人、オーストリアが839万人ということを考えると、文字通り国家レベルの勢力ということになります。




・ イスラム国に対してどういう対応をしているの?






イスラム国に対して、アメリカは空爆などを行いましたが、実際に兵を送って制圧することについては、かなり慎重になっています。これは、オバマ政権がイラクからの撤兵を公約としていたこと、また、アメリカ国民の間で、米軍を動かして米軍が犠牲になるのが嫌だ、という反戦感情などもあり、政治的に極めて難しい課題だからです。





そこでアメリカはイスラム国と戦う勢力に対して武器を与えたり、軍事訓練を行ったりしていますが、周辺のイラクやシリア自体がそこだけに武力を割くわけにもいかず、また、戦力的にもイスラム国も強いことから、苦戦を強いられているというのが現状です。




アメリカの国防長官自身も、イスラム国の殲滅は数年単位でかかることを認めており、こうした問題が長期化するリスクは高いです。




・ イスラム国が石油(原油)価格に与える影響は?






イスラム国の勢力が拡大することは、市場参加者にとって「石油確保のリスクが高まる」と連想されるため、一般的には石油価格の上昇要因となります。




ですが、実体経済としては、そこまで大きな影響は現時点ではないというのが今の通説です。



というのも、イスラム国はイラクの北部を占拠しているのですが、イラク北部にある石油施設はイラク全体の約1割であり、かつ2014年4月からイラク北部の石油施設からの原油輸出量はゼロであり、イラク南部まで進行しない限り、大きな影響にならないからです。




そして、イラク南部にはそれこそ死ぬ気で石油施設を守るイラク石油警察や、アメリカの空爆などもあり、そう簡単に選挙できないだろうというのが一般的な見方です。




ただし、現在人質交渉で死刑囚を釈放させたり、あるいはそうしたことで各国の現状の体制に不満を持つ若者を戦闘員として集めたりして、勢力を拡大しているので、仮にそうした事態が現実的になってきた場合、原油のリスクは一気に上がり、その結果、原油価格は暴騰すると考えられます。





なので、原油価格に大きな影響を与えるトリガーとしては、イラク南部を占拠する可能性が現実的になってきたということであります(そんなことにはなってほしくないですが・・・・・)




石油への投資については、2015年、原油価格暴落の理由と原油取扱いCFD業者スプレッド比較で記事を書いているので、よろしければそちらもどうぞ。




・ イスラム国が株価に与える影響は?






こうしたリスクが高まった場合、一般的に株価はリスクを嫌って下落します。




ただし、ここも「何がリスクか」というのを突き詰めていくと、「石油価格があがってコスト高になる」「消費マインドが冷え込んで売上が落ちる」「中東でビジネス展開がしづらくなり売り上げが落ちる」ということであり、これらは一瞬は材料として落ちる要素とはなるでしょうが、石油のところでも書いたように、本格的にまずいのは「南部が制圧される」ということであり、それがない場合は、基本的に一過性のものと見てよいでしょう。




個別企業については、商社や原油の仕入れが重要な製造業などはマイナス要素になるでしょうが、そうしたところにとっても結局他の要素(売上の動向など)の方が影響が大きいですし、それ以外の企業にとってはあまり大きな影響を与えず、「どの銘柄が上がる(下がるか)」より、それ以上に、日経平均など、全体としての株価に与える影響の方がわかりやすいと考えられます。




こうした日経平均への投資については、CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~で書いております。




・ イスラム国が為替に与える影響は?






為替に与える影響として、まず簡単なのは、トルコリラにとっては大きなマイナス要素になるということがあります。




というのも、トルコはイスラム国が活動しているシリアのすぐ南にあり、イスラム国の勢力が拡大すると、トルコの治安悪化観測→消費の冷え込み→経済悪化というシナリオが、直接的に影響を受けるためです。




それ以外については、短期的な影響として、リスク回避の円買い、もしくはスイスフラン買いが起こりやすいと考えられますが、これらの影響は、やはり実際に大問題となるイラク南部占拠に至らなければ、そこまで長期的なものにはならないと考えられます。





以上がイスラム国の原油価格、株価、為替に与える影響です。このように、短期的に影響を与える事項、本格的にまずい事項があり、それらを情報として集めつつ、本当に大事な情報が何か、と考えるのが大切になってきます。




こうした情報を無料で集め、何が本当に影響を与えたか、を見極める方法について、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で書いているので、よかったらそちらもご覧ください。




【関連記事】

2015年、原油価格暴落の理由と原油取扱いCFD業者スプレッド比較

CFDおすすめ業者2015~日経平均225スプレッド比較~

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します





ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 






トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/215-fb4a1283
    この記事へのトラックバック