ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

ヒロセ通商のスワップはなぜ安定して高いのか?理由を聞いてみた

2015年05月05日 23:58

このサイトでも色々なFX会社を様々な観点で比較していますが、あるとき、面白いことに気づきました。




スワップポイントを比較する記事を作るとき、毎回その日のスワップポイントを50社くらい一つ一つ見て比較してランキングをつけるんですが、普通、前回ランキングを作った時と、その時ランキングを作った時でスワップポイントは異なります。




というか、スワップポイントというのは日々変動が当たり前で、例えば豪ドルやNZドルのような高金利通貨では、政策金利が動いてない時でも、1か月の間に1日あたり10円変わるのは当たり前、20円変わることもあったりします。たかだか10円や20円と思うかもしれませんが、例えば5万通貨持っていて10円違うと、1月500円、1年で6,000円もの差になります。




スワップ派は長期投資を基本とするので、こういう「日々のぶれ」は実は重要な要素で、そういうことがあるので、スワップポイントを集めてみたはいいものの、「なんかこの日たまたま高いだけだなあ。これを記事にしたら勘違いさせるよなあ」と思って、記事にしないことがかなり多かったです。





ですが、あるとき気づきました。





あれ、ヒロセ通商のスワップほとんど動いてなくない?





確かに、ドル円とかユーロ円とか、そういうそんなに金利が高くない通貨は動いてるし、正直そんなにスワップポイント自体も良くないです。






ですが、ちょっと前の豪ドルや、今のNZドルといった、先進国通貨の中でトップ金利を持つ通貨については、圧倒的に安定していて、そして水準としても非常に高いということに気づきました。






論より証拠として、実際のスワップデータとして、豪ドルが政策金利を下げるまでの2014/5/12から2015/2/2までの10か月間豪ドル85円でほぼ常に圧倒的トップ(2位は70円台がほとんどでした)、今先進国最高金利のNZドルについては、2014/12/1から現在進行形で半年以上90円ほとんどの時期にトップにいます。




こうした安定感というのは非常に重要で、というのも、スワップ投資というのはある程度の期間投資するものなので、「今日は高かったけど明日下がるかもしれない」では何の意味もなく、安定して高い水準のところでなければ安心してスワップ狙いの投資はできないからです。





ちなみに、このNZドルのスワップ水準については、今のNZドルのレートが90円程度で、1万通貨で90万円、1日90円×365日で年間利息は32,850円で、利回り3.65%と、NZドルの政策金利3.5%より高いことになります。





実はこれ、豪ドルのスワップが高かった頃も政策金利より高く、豪ドルが当時おおよそ95円程度、スワップ1日85ん×365日で31,025円で利回り3.2%と当時の政策金利2.5%より高かったという時期がありました。





一般的にスワップというのは、その通貨の金利相当分からFX会社の取り分を引いたものなので政策金利より低いのが当たり前なのですが、それが政策金利を上回っているという、常識的にありえない事態です。




あまりにも気になったので、ヒロセ通商さんの方にその理由を聞かせてもらいましたw




そこで質問したところ、「弊社としては、ユーザーの皆様に最高の条件を提供できるように日々努力しています。スワップポイントについては、高金利であるオセアニア通貨の人気が高いので、特にそこには力を入れて、スプレッドやスワップを良い条件で提示できるようにしています」ということでした。





そこでさらに上で書いた政策金利のことをつっこみつつ聞いてみたところ、「詳しいことは言えませんが、カバー先との交渉などで良い条件を提示できるようにしています。弊社はカバー先も多く、取引も多いので、カバー先との交渉力は強く、そうやってユーザーに利益を還元できるようにしています」とのことでした





※カバーというのは、FX会社は一般のトレーダーから例えばNZドル買いの注文が入った時、そのまま放っておけばNZドルが値上がりした時自社の損になるので、複数の銀行等に同じ買い注文を入れて、結果的に自社は仲介するだけの形にすることです。こうやって複数の銀行に注文を入れることで、一番良い条件を採用できる(例えばトレーダーから90円でNZドル買い注文が入った時、カバー先の提示条件が91円、90円、89円なら、89円を選べば1円分利益になります)ので、普通の銀行より良い条件でFX取引ができるのです




そこでさらにつっこんで「とはいえ正直そんなスワップを安定的に出して、ちゃんと利益出てますか?」と聞いたところ、「それはお答えできません」とのことでした。まあ、そりゃそうですね(笑





以上がインタビューの結果でした。いずれにしても、高金利通貨について安定して高い(政策金利より高いときも多い)水準でスワップをもらえるということから、スワップ狙いの長期投資をしたい場合圧倒的におすすめです。




また、ヒロセ通商はスキャルピングなどの短期トレードでもおすすめしている(2015年のFXスキャルピングおすすめ業者~スプレッド比較~で3位。NZドルのスプレッドは1位)ように、スワップ狙い以外でもおすすめです。





口座開設は



ヒロセ通商
FX取引ならヒロセ通商へ




からできます。




【関連記事】

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します

2015年、豪ドル為替レートの見通しと、FX豪ドル取引おすすめ業者

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

くりっく365取扱会社徹底比較2015年~税で比べるのはもう古い!?~







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る