ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~

2016年08月09日 16:35

外為オンラインのオフセット注文という方法について、どういう注文なのかということと、有効な使い方を3パターン紹介したいと思います。






この注文方法を使えば、例えばドルを買った時、どれだけ値下がりしても数千円以上の損失にならず、逆に値上がりした時の利益はその分もらえる状態になるので、ぜひ覚えていってください。






オフセット注文とは何のこと?







まずオフセット注文とは何かというと、これは外為オンラインが提供している注文方法で、簡単に言うと為替が自分の予想と逆方向に進んでも、損失を最初に支払ったオプション料の額までに必ず抑えられるという、優れた注文方法です。





そのオプション料は相場によって変化しますが、今現時点で米ドル円では7,350円、ユーロ円で10,240円、豪ドル円で8,100円となっております(2016/8/9現在)






例えば今ドル円が102円だとして、買いポジションを持つとします。この時、オフセット注文を入れると、まずオプション料として7,350円払うことになります。





しかし、この後円高になって、100円まで下がるとします。その時、普通に注文を入れていただけでは2万円の損失になりますが、オフセット注文だと、損失は7,350円に限定されます。これは95円まで下がろうが(普通なら7万円の損失)90円まで下がろうが(普通なら12万円の損失!)、どんなに為替がマイナスに動いても損失は7,350円に限定されます。





では、逆に相場が思った通りに動いたたらどうなるでしょうか?






この時は、利益はどこまでも伸ばせます!





例えば105円まで上がれば、3万円分の為替差益からオプション料の7,350円を引いて2万2,650円の利益になりますし、110円になれば7万2,650円の利益になります。





つまり、利益はどこまでも伸ばせるが、損失は一定額に限定されるという、夢のような注文なのです。





ちなみにこのオフセット注文は期限(1週間もしくは1か月)があり、この期限が来た時に自動的に決済されますが、それまでの間に決済して利確をすることも可能です。





これも数値を使って説明すると、例えば1か月後を決済日として、10日後に110円まで上がり、これ以上は上がらなさそうだ、と思ったら、その時に利確すれば7万2,650円の利益となります。一方で、1か月持ち続けることも可能で、例えば決済日に108円だとすると、5万2,650円の利益となります。






一方で、損失が出ていても同様です。10日後に100円まで下がっていて、もうポジションを決済しようと思ったら、その時決済しても損失は7,350円ですし、1か月後さらに90円まで下がっていても同様に損失は7,350円となります。なので、オプション料まで利益が達していない場合、途中で決済する意味はなく、その後回復する可能性にかけた方が得ですが、一応制度としては損失が出ていても途中で決済することは可能です。






以上をまとめると、為替が102円で1万通貨の取引、オプション料7,350円という前提であれば、その損益は以下のグラフの通りになります。






オフセット1







このように、オフセット注文とは、損失をオプション料に限定してそれ以上にならないようにする一方、利益はどこまでも伸ばせるという、画期的な注文方法です。







オフセット注文の使い方を3パターン紹介します








では、このオフセット注文の有効な使い方について、3パターン紹介します。





まず1つ目は、雇用統計や日銀発表など、重要指標の前にオフセット注文をするということです。





この場合、結果が想定通りであれば、利益は大きく伸ばせる一方、仮に予想と違っても、損失額はオプション料にとどめられます。





次に、「相場がいきすぎて、明らかに反発すると考えられるが、いつ反発するか読めないとき」というのもあります。





こういうとき、反発するときは一気に反発して大きく動いて利益が出るのですが、そのまま反発せずにトレンドが続いてどんどん損失が膨らむ・・・・というのは、FXトレーダーなら必ず一度は経験のあることだと思います(笑





こういう時にオフセット注文を入れておけば、最悪損失はオプション料に限定される一方、反発して利益が出れば一気に大儲けというようなことが可能になります。





また、逆に「このトレンドはまだ続くと考えられるが、いきなり反発するかもしれない」というようなときも、オフセット注文であれば、不意に反発したとしても、損失が限定されるので、こういう「トレンドのある時に、順張りにせよ逆張りにせよ、保険を持って臨みたい」というときには、まさにぴったりです。





最後に、「何か大きなイベントがあって、どっちにせよ必ず大きく動くことが予想されるが、それがどっちに動くかわからない」というときにも有効です。





こういう場合、「多分プラスになる」と踏んでオフセット注文で買いを入れる、もしくは「多分マイナスになる」と踏んで売りを入れるのも一つの手なのですが、他にも「両建てする」というのも一つの方法としてありです。






両建てだと、一番損をするのは全く動かなかった時のオプション料7,350万円×2の14,700円の損失ですが、下のグラフのように、大きく動きさえすれば、高くなっても安くなっても利益はどこまでも伸びるということになります。





オフセット2







このグラフのように、1.5円以上動けば、どっちに動いても必ずプラスというのは、FXだけでは難しいのですが、オフセット注文があれば、「どちらかわからないけど大きく動くのだけはわかる」という状態であっても大きく儲けることが可能ということです。





このように、FXの可能性を大きく広げるオフセット注文ですが、外為オンラインでしかできないので、まだ口座を持っていない方は




外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





からどうぞ。




【関連記事】

外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法

半年で600万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

2016年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2016年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~

くりっく365取扱会社徹底比較2016年版~税で比べるのはもう古い!?~

今後の為替推移を自動で予想するFXツールを紹介します




もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/220-c0d16074
    この記事へのトラックバック