ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


ギリシャ支援は週内に合意?構造改革の新提案でデフォルトは回避か

2015年06月24日 22:35

昨日ギリシャは財政改革に対して新しい提案を行い、それに対してEUはおおむね好意的に受け止め、週内の支援合意を目指す旨を明言しました。




今回はこれについて簡単に解説し、「これでギリシャ危機は回避されたといえるのか」「今後どういう点に注目すべきか」ということを説明したいと思います





・ ギリシャの財政改革の新提案の内容は?






以前ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱の可能性とFX、為替への影響で書いたように、今までのギリシャは財政改革について非常に甘い目論見を持ち、「デフォルトになる前に助けてくれるさ」というスタンスをとっていることを説明しました。





しかし、いざそうやってみると、EUは誰も助けてくれず、このままではデフォルト、さて、ギリシャはその中折れるのか?ということに注目していたのですが、今回はギリシャが妥協する方向で決着がつきそうです。





具体的な内容としては、EU側の求めに対して「譲れない一線」として断固拒否の姿勢を貫いてきた年金改革や付加価値税(消費税)の増税にも踏み込むものといわれております。





年金については、男性63歳、女性59歳の支給開始年齢を、67歳まで段階的に引き上げることを明記し、また、付加価値税では、離島に適用する軽減税率の撤廃などを盛り込んだことが報道されております。





要するに、今まで嫌がっていた構造改革をやらざるをえなくなった、ということですね。




これについての私の感想としては、「やはりギリシャ側が折れるしかないよね」という印象でした。というのも、EU側は でも書いたように、すでにギリシャがデフォルトを起こし、ユーロを離脱した場合の備えまで行っており、また、これ以上ギリシャを甘やかすことができない政治的環境にもなってきたことから、折れるとしたらギリシャ側しかないと考えていたためです。





ただし、これはあくまで「案」にすぎず、これをどこまで具体的に政策に落とし込めるかという課題は今でも残っており、チプラス政権は「緊縮財政をしない」ということを公約に選挙に勝った経緯もあることから、実行していく中でいろいろと困難なことがあるだろうなあとは思っております。






・ ギリシャの新提案についてのEUの反応は?







こうしたギリシャの財政改革案について、EU側はおおむね好意的な反応を示しております。





ユンケル欧州委員は「週内に支援について合意を確信している」とコメントし、EUのトゥスク大統領は「遅くとも24日夜(日本時間25日未明)までに合意」を明言しております。





また、欧州各国の首脳も、ドイツのメルケル首相は「ギリシャの改革案について、さらなる協議のための良い土台になると評価した」、フランスのオランド大統領は「ユーロ圏首脳会議を経て、合意に向けて前進した」とコメントしており、好意的に受け止められていることがわかります。





ですから、少なくとも今月の返済分については支援実施という方向性はひとまず固まり、したがって、今月の返済でギリシャがデフォルトを起こす、という危険はひとまず回避されたとみてよいと思います。





・ ギリシャのデフォルトリスクはこれでなくなったか?






さて、短期的にはデフォルトの危険は回避されたと考えられますが、これは中長期的にはどうなのでしょうか?





これについては、全く問題は解決せず、ただ単に後回しにされただけ、ということが正しい評価でしょう。





というのも、返済は何も今月だけでなく、例えばもう来月にせまっている7月は 、その次の月である8月は というように、今後もかなり多額の返済は必要であり、かつ、それらについて支援が受けられなければデフォルトは不可避という状況は何も変わっていないからです。





さらに、この財政改革案についても、現在は「案として出したことを評価」という形で好感されておりますが、これについて実際に実行できなければ当然ながらまた「ギリシャに本当に支援するのか」という議題が出てくるわけで、そうなると今回のように何度もデフォルトリスクが騒がれることになります。






最近ではもはや「狼少年」状態となりつつありますが、とはいえ、ギリシャが「支援なしにはデフォルト以外ない」という状態にあり、「支援するかどうかについて、EU側が冷めた目になりつつある」というトレンドは確実にあるため、それがどのタイミングかまではわからないものの、確実にまたこうした危機は来るだろうと言えます。





ですから、今後も引き続きギリシャ情勢については注目し、その中で取引する必要があると考えられます。





こうした為替についての情報を集める方法として無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法に書いておりますので、こちらもよかったらご覧ください。






【関連記事】

無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法

ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱の可能性とFX、為替への影響

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/226-bab18a40
    この記事へのトラックバック