FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2017年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2017年

FX初心者おすすめ業者比較2017年 | 初心者向けFX会社とは?

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

NYダウは30年以上右肩上がり!?その秘密と、年間5万円もの配当をもらえる投資方法とは?

1万円から不動産投資で利回り5%~6%!?その投資方法を紹介します

世界の優良企業にまとめて分散投資できて、年間5万円の配当までもらえるくりっく株365とは?

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較
FX初心者おすすめ業者比較2017/10 | 初心者向けFX会社とは?
FXおすすめ業者比較2017年 | FX会社を総合力で比較

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは30年以上右肩上がり!その理由と今後の見通しは?
NYダウ今後の見通しと、年間5万円も配当がもらえるおすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2017年

ギリシャ支援は週内に合意?構造改革の新提案でデフォルトは回避か

2015年06月24日 22:35

昨日ギリシャは財政改革に対して新しい提案を行い、それに対してEUはおおむね好意的に受け止め、週内の支援合意を目指す旨を明言しました。




今回はこれについて簡単に解説し、「これでギリシャ危機は回避されたといえるのか」「今後どういう点に注目すべきか」ということを説明したいと思います





・ ギリシャの財政改革の新提案の内容は?






以前ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱の可能性とFX、為替への影響で書いたように、今までのギリシャは財政改革について非常に甘い目論見を持ち、「デフォルトになる前に助けてくれるさ」というスタンスをとっていることを説明しました。





しかし、いざそうやってみると、EUは誰も助けてくれず、このままではデフォルト、さて、ギリシャはその中折れるのか?ということに注目していたのですが、今回はギリシャが妥協する方向で決着がつきそうです。





具体的な内容としては、EU側の求めに対して「譲れない一線」として断固拒否の姿勢を貫いてきた年金改革や付加価値税(消費税)の増税にも踏み込むものといわれております。





年金については、男性63歳、女性59歳の支給開始年齢を、67歳まで段階的に引き上げることを明記し、また、付加価値税では、離島に適用する軽減税率の撤廃などを盛り込んだことが報道されております。





要するに、今まで嫌がっていた構造改革をやらざるをえなくなった、ということですね。




これについての私の感想としては、「やはりギリシャ側が折れるしかないよね」という印象でした。というのも、EU側は でも書いたように、すでにギリシャがデフォルトを起こし、ユーロを離脱した場合の備えまで行っており、また、これ以上ギリシャを甘やかすことができない政治的環境にもなってきたことから、折れるとしたらギリシャ側しかないと考えていたためです。





ただし、これはあくまで「案」にすぎず、これをどこまで具体的に政策に落とし込めるかという課題は今でも残っており、チプラス政権は「緊縮財政をしない」ということを公約に選挙に勝った経緯もあることから、実行していく中でいろいろと困難なことがあるだろうなあとは思っております。






・ ギリシャの新提案についてのEUの反応は?







こうしたギリシャの財政改革案について、EU側はおおむね好意的な反応を示しております。





ユンケル欧州委員は「週内に支援について合意を確信している」とコメントし、EUのトゥスク大統領は「遅くとも24日夜(日本時間25日未明)までに合意」を明言しております。





また、欧州各国の首脳も、ドイツのメルケル首相は「ギリシャの改革案について、さらなる協議のための良い土台になると評価した」、フランスのオランド大統領は「ユーロ圏首脳会議を経て、合意に向けて前進した」とコメントしており、好意的に受け止められていることがわかります。





ですから、少なくとも今月の返済分については支援実施という方向性はひとまず固まり、したがって、今月の返済でギリシャがデフォルトを起こす、という危険はひとまず回避されたとみてよいと思います。





・ ギリシャのデフォルトリスクはこれでなくなったか?






さて、短期的にはデフォルトの危険は回避されたと考えられますが、これは中長期的にはどうなのでしょうか?





これについては、全く問題は解決せず、ただ単に後回しにされただけ、ということが正しい評価でしょう。





というのも、返済は何も今月だけでなく、例えばもう来月にせまっている7月は 、その次の月である8月は というように、今後もかなり多額の返済は必要であり、かつ、それらについて支援が受けられなければデフォルトは不可避という状況は何も変わっていないからです。





さらに、この財政改革案についても、現在は「案として出したことを評価」という形で好感されておりますが、これについて実際に実行できなければ当然ながらまた「ギリシャに本当に支援するのか」という議題が出てくるわけで、そうなると今回のように何度もデフォルトリスクが騒がれることになります。






最近ではもはや「狼少年」状態となりつつありますが、とはいえ、ギリシャが「支援なしにはデフォルト以外ない」という状態にあり、「支援するかどうかについて、EU側が冷めた目になりつつある」というトレンドは確実にあるため、それがどのタイミングかまではわからないものの、確実にまたこうした危機は来るだろうと言えます。





ですから、今後も引き続きギリシャ情勢については注目し、その中で取引する必要があると考えられます。





こうした為替についての情報を集める方法として無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法に書いておりますので、こちらもよかったらご覧ください。






【関連記事】

無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法

ギリシャのデフォルト、ユーロ離脱の可能性とFX、為替への影響

2015年のスキャルピングおすすめ業者!FXスプレッド比較2015年~米ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、ユーロドル~







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る