ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


テクニカル解説~ボリンジャーバンド~

2010年05月20日 22:38

今回は、テクニカル指標の一つであり、私が最も好んで使う指標の一つでもあるボリンジャーバンドについて説明したいと思います。これは、非常にざっくりいってしまうと、「統計学的に考えると、為替の変動は、大体この中に収まるはずですよ」という指標です。ただ、これではあまりにざっくりしすぎなので、もう少し詳しく解説します。





この指標の計算式は、移動平均線に標準偏差を何倍かしたものを足したのを上の線に、逆に引いたものを下の線にしてあらわします。この標準偏差というのは、なんとなく聞いたことはある言葉だけどなんかいまいちよく分からない言葉だという人が大半だと思いますので、少し解説します。





この標準偏差というのは、たとえばテストの点数が90点、80点、70点の三人がいたとします。この場合、平均点は80点です。そして、標準偏差というのは、ここでそれぞれの人の点数から平均点を引いた絶対値(-がついても、-を無視すること)を求めます。ここでは、90-80=10、80-80=0、70-80=-10で、絶対値をとるため、-10は10と考えます。





そして、この10、0、10という数値をすべて足して、20となり、これをまた人数である3で割ることで求めます。ここでは6.67が標準偏差となります。





つまり、ざっくりと言ってしまえば、「みんな平均からどれだけ離れてるの?」というのを数値化したもの、つまりばらつきの程度を数値化したものです。数学的な解説としては、wikiにも載っているので、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。ただ、この記事はそんなに難しいことがわかっていなくても全然大丈夫です。






それで、この標準偏差というのはばらつきを示すものなんですが、これのいいところは、統計学的に「何%の確率でこうなる」というのがわかると言うことです。ここで、標準偏差×1離れたところに線を引くようにすれば68.27%の確率で、標準偏差×2離れたところに線を引けば95.45%の確率で、統計学的にはその範囲内に収まると言われています。





厳密には、あくまでこの標準偏差の統計論は正規分布(平均が一番高くて、そこから離れるほどどんどん少なくなる、いわゆる山形のグラフ)を前提としたもののため完全にこの確率通りにはいかないのですが、それでも、標準偏差×2(2σ(シグマ)といいます)で線を引けば、ほとんどの場合この範囲内に収まります。





ちなみに、この平均と標準偏差を用いて計算するというやり方は、オプション取引でオプションの価値を算定するモデルとして最も有名なブラックショールズモデルでも用いられている考え方です。つまり、このようにボリンジャーバンドというものはかなり科学的な考え方に基づいたテクニカル指標なんです。






では、これをどのように使うかということについて、一般によく言われるものを3つ説明したいと思います。




① バンドの上に触って反転しているときに売る、あるいはバンドの下に触って反転したときに買うというように、反転狙いで逆張りする。



これがボリンジャーバンドを使う中で一番多い使われ方だと思いますし、実際に私もこれをよくやります。これは、オシレーター系の指標(後日解説しますが、簡単にいうと、「上がるか下がるか、どちらに振れそうか」を教えてくれる指標)とあわせてつかうと、より効果的になります。ただし、②で解説しますが、このボリンジャーバンドの線を超えて値段が上がったり下がったりすることはたまにあることで、そのときは大きく動く可能性が高いので、きちんと損切り注文も入れた上でやるようにしましょう。





② バンドの上を抜けたときに買う、あるいは逆に下に抜けたときに売るなど、超えたところでポジションを持つ




上で書いたように、たとえば2σの線を引いておけば、95%以上の確率でそこに収まるはずなんです。それが、そこに収まらずに上がっている、あるいは下がっていると言うことはどういうことか。つまり、異常な何かが起こっている可能性が高いということです。





ただし、正直、私はこの方法はあまりおすすめしていません。というのも、もし本当に異常な何かが起こっていれば、きちんと為替情報を手に入れていれば、そもそもボリンジャーバンドなんて見ていなくても分かることですし、逆に何も起こってない状態でただの確率のぶれで起こったものなら、すぐに戻る可能性が極めて高いからです。経験的にも、短い時間の足をみている状態(5分足から1時間足程度)であれば、ボリンジャーをこえるということは割とよくある話で、その時特に何の理由もない状態であれば、ほとんどの場合すぐ戻っています。




ですから、私などは特に理由もなくボリンジャーバンドを超えたらむしろ逆張りとかやっているんですが、これはある相場観ができて、「これくらいまでならノイズでさらに上がるかも」というのを読めるようになってからやらないと損切りに簡単に引っかかるリスクもあるので、初心者の方にはおすすめできません。





③ ボリンジャーバンドの幅が狭くなったあとには、上がるか下がるか大きな動きが出る可能性が高く、その場合順張りをする。



これは心理学的にも非常に納得できることなので、個人的にとてもおすすめしているやり方です。特に、1時間足などの誰もが見ているようなところでこのように急に狭くなるところがあれば、そのあと大きく上がるか下がるかする可能性は経験的にも高いです。





これは何故こういう事が言えるかと言うと、みなさんも相場をみているときにはわかると思いますが、相場が動かないとなんとなくイライラしてくると思います。特に、絶対に短期間でもノルマを達成するために稼がなければならないプロトレーダーなどは相当フラストレーションがたまるらしく、外資系金融機関で為替ディーラーをやっている友人によると、相当空気が険悪になるらしいです。






それで、そんな中で上がる気配が見えたらどうするでしょうか。





一気に飛びつくんじゃないでしょうか?




このような心理が働くため、多くの場合、ボリンジャーバンドの幅が狭くなったあとには、大きく動く可能性が高いんですね。






そして、さらにもう一つ理由があります。それは、「ボリンジャーバンドが狭くなったあとは、大きく動く」というのがもはや常識となっているため、予言の自己実現的がおこるということです。




以前何故為替は動くのかという記事でも書いたように、為替と言うのは、皆が上がると思えば上がるし、下がると思えば下がるものなんですね。





ということは、皆が「一旦あがりはじめたら止まらない」とお持っていれば、実際にそうなってしまうわけです。このように、予言の自己実現的な効果もあるため、これは当たる可能性が非常に高いです。






ただし、ここで書いたように、これらの理由というのは、特にファンダメンタルズ的な裏付けがないものであれば、本当に「みんなが動いたから上がった」というだけで、いずれ冷静になった人が利確をしていくことで、急速に戻ることが多いので、利確のタイミングには注意してください。私はこの利確のタイミングとしては、オシレーター系の指標を参考にしてやっています。逆に、利確のタイミングをかなりの精度で読むことができれば、そこで逆に売ったりすることで利益をあげることもできます。







さて、今回はボリンジャーバンドというトレンド系の指標(名前の通り、こういうトレンドだよというのを示す指標)を紹介したので、次回は私がよく使うRSIというオシレーター系の指標について説明したいと思います。次回もよろしくお願いいたします。











ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング




トップに戻る

FX戦略研究に戻る


コメント

  1. あこ | URL | mQop/nM.

    こんばんは~^^

    こんばんはe-454

    ボリンジャーバンドも使って長いのですが、あらためて
    意味を勉強させて頂きました。

    なんとなく感覚で使っていて、だんだん本来の意味とズレ
    てる所もあったりと…e-440e-263

    そんなんじゃダメですねe-282

  2. Yuki | URL | A1/W7/qI

    コメントありがとうございます

    あこさん

    コメントありがとうございます。
    テクニカル指標って、「とにかくそういうもんだから」って感じで、割と理由もわからず使っている人って多いんですよね。確かに突き詰めていけば「値段の動きがこうだから」みたいな程度でしかないんですが、それを理解しているか否かで結構勝率って違うと思います。

    今後もよろしくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawase-fx-lab.com/tb.php/23-18d97351
この記事へのトラックバック