ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想

Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート

2016年04月04日 19:32

このサイトでは管理人がFXでは短期取引を中心にやっているため、今までも2016年のFXスキャルピングおすすめ業者~スプレッド比較~スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者2016など、スキャルピングをやる際のおすすめ業者を紹介してきましたが、今回は、スキャルピングに最適のおすすめチャートを紹介したいと思います。





・ スキャルピングの際のチャートへの不満







さて、これからはスキャルピングをやる人にとっては「あるある」ネタになるかと思いますが(笑)、私も含め、多くの人が不満に思っているであろうことを書いていきたいと思います。




私が今までスキャルピングをやっていた時に不満だったのは大きく2点で、



1 値動きだけでは「どこでどういう取引があったか」がわからない
2 1分足より短い時間足がない



ということでした。




まず1つ目の話についてですが、スキャルピングでは超短期で決済することを前提とするので、テクニカル指標や値動きも大事ですが、それ以上に「今市場でどういう取引が多いのか」という情報が大事になります。





というのも、長いスパンで見ればテクニカルなりファンダメンタルズなりの要素に従って値動きする確率は高くても、超短期間では必ずしもそうならず、むしろ「今この瞬間どういう取引が行われているか」の方が重要だからです。




しかし、FXのチャートでは、当たり前ですが、為替レートの動きやそれを基にしたテクニカル分析はできても、「市場参加者がどういう取引を行っているか」という情報を見ることはできません。





なので、次善の策として、ファンダメンタルズ的に見て上げか下げか判断して、テクニカル指標を見てエントリーポイントを決めるという、よくも悪くも「普通」のやり方をしていましたが、もし「他の投資家がどういう取引をしたか」が見えれば、かなりやりやすいだろうなあと思っていました。





もう一つの一分足より短い足がないということですが、これはそのままで、スキャルピングでは数分どころか数秒で決済することもありますが、その中では一分足は「長すぎる」と感じている人は、私だけではないと思っています(笑)





しかし、一方でTickチャートにしてしまうと、「陰線なのか陽線なのか」「ひげはどのくらい長いのか」といった、テクニカル的に非常に意味のある情報がなくなってしまうので、やはり一分足より短い「足」でチャートを見たいなあと思っておりました。





このように、スキャルピングをやる人にとって、今までのチャートでは「情報が足りない」ところが正直多かったのですが、最近こうした不満を解消してくれる画期的なチャートがリリースされました。そのチャートこそが、タイトルにも書いたセントラル短資FXのUチャートです。この記事の最後にセントラル短資FXの口座開設へのリンクを貼ってありますが、当サイトから申し込むと、当サイト限定キャンペーンで7,000円のキャッシュバックもあるので、ぜひ最後まで読んでください。





・ セントラル短資FXのUチャートはスキャルピング用チャートとして最適







このUチャートというのは最近セントラル短資FXからリリースされたチャートでセントラル短資FXのウルトラFXの口座を持っていれば、初回起動から翌月末までは無条件で使うことができます(それ以降は前月の取引高が1,000万通貨以上の場合使えるという条件です)





そもそもこのセントラル短資FXのウルトラFXというものが、スキャルピング等の短期取引を前提にした短期取引専門の口座で、そのコンセプトは、スプレッドの限界に挑戦というものです。





ここはセントラル短資FXがカバー先の銀行から受けたレートをそのままトレーダーに提供してくれて、そのため、マイナススプレッドやスプレッド0.1銭といったことも頻繁に起こります。





また、変動スプレッドなので、普通なら「約定したら意図せず高いスプレッドになってしまった」ということもありますが、この会社ではスプレッドチェッカーという機能を使えば、「スプレッドは○銭以下の時のみ約定、それ以外は約定しない」という設定もできるので、やろうと思えば「マイナススプレッドの時のみ約定」というような設定も可能です。





さらに、こういう「インターバンク直結のスプレッド」を提供してくれるところだと、ほとんどすべての業者で「その代わりに手数料を取る」ということをやっているのですが、このウルトラFXは手数料も無料でインターバンク直結スプレッドを提供してくれるというのも特徴です。会社側の利益としてはマークアップとして、スプレッドに+0.1か0.2pips加算しているだけで、しかも今はマークアップ縮小キャンペーンとして、ポンド円、豪ドル円、スイスフラン円など様々な通貨で、本来0.2pipsのマークアップを0.1pipsに縮小しており、マイナススプレッドが出やすくなっています。





このように、元々短期取引に専念した口座だったのですが、最近スキャルピングなどの短期取引をする人にとってかゆいところに手の届く、非常に良いチャートを提供してくれるようになりました。それがUチャートです。





まず1つ目の不満である「どういう取引が行われているかわからない」ということですが、このUチャートでは、自分がどこでどういう取引をしたかだけでなく、他の投資家がどこでどういう取引をしたのかというのや、銀行がどういうレートで提示しているのかというのも、一目でわかります。





Uチャート





この画像でもあるように、「他の投資家がどのタイミングでどういう取引をしたか」「マイナススプレッドがどこで出たか」「どういうレンジで銀行はレートを提示しているのか」というのも、一目でわかります。





なので、「今はかなり他の投資家も買いを入れているから、ここで追従して買いを入れよう」とか、「逆にそろそろ利確のタイミングだから、ここで反発するだろう」とか、そういった判断も可能です。






また、一分足より短い単位で足を表示することもできます



Custom足という機能を使って、1ticksから100ticksの間で自由に足を設定できます。




uc_p2.png




1tickにしてしまえば足も何もありませんが(笑)、数ticksで足を作れば、数秒単位の足の表示もできるということです。





また、こうしたチャート画面から直接取引注文も可能なので、「今ここで買う」となった時に、即座に取引することもできます。スキャルピングで「よし買おう」と思って取引画面を開いていたらその間に値上がりして・・・・というのは、だれもが一度は経験することだと思いますが、そうしたこともこのUチャートでは起こらなくなります。




このように、スキャルピングをする人にとってかゆいところに手の届く、まさに「スキャルピングをする人のために作ったんじゃないか」と思えるチャートがこのUチャートです。





このUチャートについては、セントラル短資FXに口座開設をすれば、初回起動から翌月末までは無料で自由に使えます。




また、今セントラル短資FXに口座開設をするか考えている人には朗報ですが、当サイトから口座開設を申し込んで、ウルトラFXでUチャートを使って一度でも取引すれば、当サイト限定のキャンペーンとして7,000円のキャッシュバックがもらえます。




口座開設は



セントラル短資FX
FXダイレクトプラス





からできます。




【関連記事】

2015年のFXスキャルピングおすすめ業者~スプレッド比較~

スキャルピング禁止業者!?口座凍結対策とスキャル可能な業者2015

トルコリラ為替見通しと、スワップでのFXおすすめ業者2015年

スワップ利回り6%!南アフリカランド経済・為替の今後の見通しとおすすめFX業者2015年8月







もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加