ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策最新版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


トランプ相場で3週間で57万円稼いだ方法とは!?
3週間で57万円の利益!トランプ相場で大きな利益をあげた方法とは?


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定の節税レポート!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
岡三オンライン証券(くりっく株365)、限定キャッシュバックのお知らせ
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


3週間で57万円の利益!トランプ相場で大きな利益をあげた方法とは?

2016年12月17日 14:38

日本時間で11/9に行われたアメリカの大統領選挙で、トランプ氏が勝利を収めました。






選挙の最中は、トランプ氏優勢と報道が出るたびに円高に振れ、一時100円割れも懸念されましたが、トランプ氏が実際に勝利すると市場は反転し、当時105円程度だったドル円は、今や120円を目指して上がっております。






このように、アメリカの大統領選挙によって為替相場は大きく動きましたが、それによって、ドル円で投資していたらたったの3週間で57万円の利益、豪ドル円なら41万円の利益、ポンド円で投資していればなんと76万円の利益というように、大きな利益をあげられた方法があります。






そこで今回は、その投資方法について説明し、今後もそれが有効な方法なのかについて検証します。






トランプ相場で大きく稼いだ方法とは?







まず、そもそも「どういう方法だったのか」ということから説明します。






このトランプ相場で大きな利益をあげた方法というのは、マネースクウェア・ジャパンのトラリピというものです。






このトラリピとは何かということを簡単に説明すると、トラリピはマネースクウェア・ジャパンが提供している発注管理機能で、中身としては想定するレンジ内であらかじめ設定しておくことにより、下がったら買い、一定金額まで上がれば売り、というのを、一度指定すればあとは自動で注文することができ、そのレンジで動いている限り、自動的に利益を積み上げてくれるというシステムです。





言葉で説明すると分かりにくいかもしれませんが、図で表すとこういう感じです。





Trarep.png
(マネースクウェア・ジャパン公式ウェブサイトより引用)





このように、レンジ相場の中で、自動で24時間下がったら買い、上がったら売りというのを繰り返してくれる発注管理機能です。






トラリピでは下がったら買い、上がったら売るというのを自動でやってくれるので、トランプ相場のように相場が乱高下している時に特に強みを持ち、例えば大統領選挙の前後である11/7~11/23の実績で、完全に自動の発注機能でドル円で57万円の利益、豪ドル円なら41万円の利益、ポンド円で投資していればなんと76万円の利益というように、何もしない中でも大きな利益となります。






なお、上の実績は、ドル円なら、買いトラリピで1本あたり1万米ドル、1本あたりのねらう利益は1万円、100~115円のレンジという条件です。






こうした「相場に張り付かなくても自動で発注してくれる」という機能から、トラリピを提供しているマネースクウェア・ジャパンは、「上がるか下がるかの投機」ではなく、「時間はないけどお金を投資して資産運用したい」という人から人気が高く、実際に、顧客層も「お金はあるが時間がかけられない」人が多くなっております。






m2j.png
(出典:マネースクウェア・ジャパンウェブサイト)





このように、乱高下が予想されるときに、トラリピを仕掛けておけば、何もしなくても自動で大きな利益を上げられるチャンスがあります。





2017年以降の為替相場の見通しとトラリピの有効性








では、こうしたチャンスが今後あるのかということについては、結論から言えば、「むしろこれからが本番」ではないかと考えられ、これ以上に稼ぐチャンスがあるのではないかと考えております。





まず、トランプ氏は大統領選挙で勝利したとはいえ、大統領に就任するのは来年1月の話で、「実際に何をするか」「何ができるか」ということについて、全く未知数です。





トランプ氏の言っている政策としても、ドルを高くする政策(例えば法人税や所得税の減税、インフラ投資、海外での利益への課税等)も安くする政策(対外強硬策、移民受入制限等)もあり、そのどれが実現されそうかという予想によっても、大きな値動きの材料になると考えられます。





また、2017年にもアメリカの利上げというのは大きな論点となり、その見通しによって為替が上下することも考えられます。






さらに、アメリカ以外でも、「EUはどうなるか(離脱問題や債務問題)」「中国経済はどうなるか」「原油価格がどうなるか」等、様々な論点があり、来年も今年以上に相場が動く可能性も十分にあります。





上でも書いたように、こうした乱高下する相場において、24時間自動で発注してくれるトラリピは相性が良いため、「上がるか下がるかで売買する」というのではなく、「余裕資金を投資して運用したい」という場合にはおすすめです。





口座開設は




マネースクウェア・ジャパン
株式会社マネースクウェア・ジャパン





からできます。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/277-87fc8463
    この記事へのトラックバック