ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FX長期投資おすすめ業者2017 | 高金利通貨スワップ比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

トルコリラFX取引、おすすめ投資方法とFX業者2017 | トルコリラFX比較

2017年09月05日 16:20

今回は政策金利が8%と、高金利通貨としてFXでも人気のトルコリラについて、FXでのおすすめ投資方法を紹介し、トルコリラのスプレッド、スワップ、自動売買の有無等を比較して、トルコリラ取引の際のおすすめFX業者を紹介します。以下のような順番で書いていきたいと思います。





  • トルコリラおすすめ投資方法その1

  • トルコリラおすすめ投資方法その2

  • トルコリラ投資のおすすめFX業者

  • 主要なFX業者のNZドルのスプレッド、スワップ、取引単位、自動売買の有無の比較表






  • なお、トルコリラの今後の見通しについては、トルコリラ為替・経済今後の見通し予想2017(毎月更新)で書いておりますので、こちらもどうぞ。






    トルコリラおすすめ投資方法その1







    トルコリラという通貨自体の特徴としては、その非常に高い金利があげられ、政策金利はなんと8.0%にもなっております。






    他の高金利通貨では、南アフリカランドで6.75%、NZドルで1.75%、豪ドルで1.5%であることを考えると、非常に高い水準であることがわかります。






    そのためスワップポイントも非常に高く、高いところでは1万通貨持っていれば1日110円というところもあります。これはこの水準が続けば年間で40,150円にも相当し、今31円程度なので、この水準が続くと、レバレッジ1倍でも収益率で換算して約12.9%にもなります。また、他の考え方をすると、スワップで年間40,150円ということは、トルコリラが1年後4円下がっても収支はプラスということで、為替がよほどの落ち方をしない限り、プラス収支をとれるという点がトルコリラの最大のメリットとなります。






    このように、トルコリラはスワップが非常に高くて魅力的であること、及び、トルコリラは多くの会社で1万通貨から取引できて、今31円程度で、1万通貨買ってもポジションとしては31万円、レバレッジ10倍なら4万円から買える通貨ということもあり、やはり長期保有を前提に買うか、もしくはもう少しリスクを取りたいならナンピンで買ってスワップをもらうというのが基本的なトレード方針となります。






    数字を使って考えましょう。例えば30円で1万通貨、29円で1万通貨、28円で1万通貨・・・・と買って、過去10年間の最低ラインを大きく下回る25円まで落ちたとしましょう。






    この時、含み損の合計は、10,000+20,000+・・・+50,000=150,000円になります。結構な金額の損失になりますが、この時平均スワップもたとえ40円も落ちて70円になったとしても(通貨の価格が下がると、その利息であるスワップも下がる可能性があります。また、金利が下がれば、スワップも下がる可能性があります)、6万通貨持っているので、一日75円×6=450円のスワップで、150,000(損失)÷450(1日スワップ)=333日、つまり1年も経たないうちにスワップだけで穴埋めできるということです。






    そして、そのあと価格が少し前までの水準である35円まで戻ったら、今度は含み益が逆に45万円になり、しかもスワップもそれ以上になっている、2016年年始の水準である40円まで戻せば含み益75万円、しかもスワップも毎日ついている・・・・という夢のような状況です。






    このように、高金利通貨は多少通貨安になってもスワップだけで穴埋めができるというのが特徴で、そのため長期保有を前提に買い持ちするか、もう少しリスクをとるなら、安くなった時にナンピンで買って価格が戻ったら売ることで一気に大儲け、というのが基本となります。






    トルコリラおすすめ投資方法その2







    上で書いたように、「王道」はナンピンで長期保有するということなのですが、次に今度は「収益率は落ちるが、為替リスクをかなり抑えたうえで、スワップだけ受け取る」という、少し「裏技」的な方法を紹介したいと思います。






    それはどうするかというと、プラススワップの条件が良い会社で買いポジション、マイナススワップが安い会社で売りポジションを持つことで、上がっても下がっても為替損益は相殺される一方、スワップの差額分がプラス収支になるという方法です。






    下の比較表でも書きますが、トルコリラについては、プラススワップの条件の良いところでは110円、マイナススワップの安いところでは-94円というように、この水準が続くとその差額は1日16円、365日なら5,840円になります。





    このように、収益率は落ちますが、ほぼ為替リスクを相殺した上でスワップをもらうという方法もあります。






    もちろん、スワップは日々変動するので「これで確実に儲かる」というわけではありませんが、プラススワップと-スワップが逆転しない限りは毎日コツコツ利益が出て、かつ、後で書くように「プラススワップがある程度安定的に出る」「マイナススワップがそこまで大きくならない会社」の両方ともあるので、こうした投資方法も一つの裏ワザとして紹介したいと思います。






    トルコリラ、スワップ投資のおすすめFX業者







    では、こうした取引をおこなうにあたって、おすすめのFX業者はどこでしょうか。3つ紹介したいと思います。






    まず1つめは、スプレッド、スワップともに長い間トップレベルで、取引先としても約定拒否やスリッページが無い信頼できるところで、さらには自動売買も可能である結果、トルコリラのFXでの売買のシェアの40%を取っているというところです。それはどこでしょうか?





    それは、くりっく365です。





    くりっく365については、 くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で詳しく説明し、業者間の違いも比較しているのですが、簡単に言うと、くりっく365とは東京金融取引所が運営するFXであり、スプレッドやスワップは東京金融取引所が公平に決めております。そのためくりっく365の業者間ではスワップの条件は全て同じです。






    ここは、取引所とのやりとりで信頼性があるということや、スリッページや約定拒否がありえないということに加え、トルコリラについてはスプレッド、スワップともにトップレベルの条件であることから、トルコリラの取引の40%がくりっく365で行われているというように、トルコリラを取引する場合にはまずおすすめできるところです。







    また、くりっく365の特徴の一つに、「プラススワップ=マイナススワップ」というものがあり、例えば買いスワップが100円なら、売りのマイナススワップは必ず-100円になるというような関係になっており、後で比較表でもまとめますが、売り建てる際にもおすすめとなります。







    ちなみに、くりっく365で取引ができるFX業者は色々ありますが、その中でどこがいいか、ということについては、トルコリラ取引については、外為オンラインでの取引をよりおすすめします。






    その理由としては、 くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で詳しく解説していますが、業者ごとに違うのは取引ツールと手数料くらいで、外為オンラインについては、基本的に手数料無料、チャートも使いやすい、スマホや携帯にも対応しているというように、全て条件が良いことに加えて、iサイクル注文という自動売買がくりっく365でもできるというのがあげられます。






    このiサイクル注文と言うのは、半年で600万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法で詳しく書いてあるのですが、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。






    そして、このiサイクル注文については、「値動きの激しい高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。






    これは、iサイクル注文で買いを入れた場合、レンジ相場であれば、値動きが激しいため、基本的に上げ下げしており何度も約定して利益が出るということになります。また、その間でも日をまたいで買いポジションがあれば、スワップも当然もらえます。






    また、上がっている時も、一本調子にあがるということはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます。







    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確する・・・・・・という夢のような状態になります。







    おすすめの取引方法について、「下がった時に買って、上がった時に売る」というのを書きましたが、これを24時間完全に自動でやってくれて、その間の値動きでも利益を出せるというのがこのiサイクル注文です。






    このように、値動きの激しい高金利通貨とiサイクル注文という組み合わせを、スプレッド、スワップ共にトップクラスの条件でできるというのが、ここをまず一番におすすめした理由です。





    口座開設は


    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込




    からできます。






    次にもう一つ。ここは、9/5現在スプレッド、スワップともにトップレベルの会社で、9月現在にスペックで選ぶならここという会社です。それはどこでしょうか?





    それはヒロセ通商です。





    ここは、スプレッドが原則固定で1.9銭、スワップも1日110円と、あとで一覧表を見てもらうと分かりますが、9/5現在トルコリラ取扱業者の中でスプレッド、スワップともにトップレベルとなっております。





    そのため、シンプルに高スペックの会社で取引したい場合は、ここがおすすめです。





    なお、上で書いた「プラススワップが高いところとマイナススワップが安いところ」というのが、このヒロセ通商とくりっく365を想定しており、ヒロセ通商はトルコリラのスワップについてはこだわりのあるところで、高い水準で安定している一方、くりっく365はプラススワップ=マイナススワップとしている方針で、プラススワップもヒロセ通商ほどにはならないことから、プラスマイナスが逆転する可能性はそこまで高くない点でこの2つをおすすめします。






    口座開設は



    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ





    からできます。




    最後に、ナンピンをするためには細かく小さい単位で取引を重ねたいという人もいると思いますが、そういう人にとってのおすすめ業者として、1通貨単位取引が可能(1トルコリラから売買可能)な会社を紹介します。それはどこでしょうか?





    SBIFXトレードです。





    ここはスプレッドが原則固定で1万通貨以下であれば1.89銭(1万1通貨以上では2.89銭)、スワップが92円と、後でまとめますが、スプレッドは1万通貨以下であればトップ、スワップも比較的高い水準であり、かつ、こうした条件の会社の中で、唯一1通貨単位で取引できます。






    また、この会社はスプレッドについてはかなりこだわりを持っている会社で、トルコリラとは違いますが、南アフリカランドについて、2015年8月に1円以上大きく動いた時でも0.99銭という原則固定スプレッドを守ったということや、2016年1月の急変時があっても、その時もスプレッドを開かせなかったという実績もあります。他の会社でレートが提示されなかったり、2円以上のスプレッド(2銭ではなく2円です。1万通貨かったらその時点で2万円マイナスになります)になるところもあった中で、0.99銭のスプレッドを守ったという点で、非常に信頼もできる会社です。






    長期でポジションを持つ場合、「その会社を信用できるか」ということが重要になり、そういった点からもおすすめできます。





    口座開設は




    SBIFXトレード
    SBIFXトレード



    からできます。





    主要なFX業者のNZドルのスプレッド、スワップ、取引単位、自動売買の有無の比較表








    最後に、上で紹介しなかった会社も含めて、主要なFX会社のトルコリラのスプレッド、スワップを一覧でまとめます。スプレッドについてはセントラル短資FXのものを除いて原則固定スプレッドで単位は銭、スワップについては9/5時点のもので単位は円となります。






    会社名 スプレッド スワップ マイナススワップ その他
    外為オンライン(くりっく365) 3.8 94 -94 ・金融取引所FX
    ・自動売買可能
    ・シェア40%
    ヒロセ通商 1.9 110 -195 9/5現在トップのスペック!
    SBIFXトレード 1.89
    2.89
    92 -98 1通貨単位取引可能!
    セントラル短資FX 2.5※ 94 -101 安定したスワップ
    GMOクリック証券【FXネオ】 2.9 105 -115
    FXプライムbyGMO 8 105 -120


    ※2.5銭~6.0銭というスプレッド提示ですが、6月実績で95%以上2.5銭で提示されているため、2.5銭で記載。









    口座開設は



    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード




    からできます。





    【関連記事】
    トルコリラ為替・経済今後の見通し予想2017(毎月更新)

    FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較

    FXスキャルピングおすすめ業者ランキング2017年 | 最新のスプレッド比較

    半年で600万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

    無料でFX関係の為替ニュースをリアルタイムに集める方法

    みらいチャートにトルコリラ追加!みらいチャートの使い方を解説

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

    くりっく365取扱会社徹底比較2017年版~税で比べるのはもう古い!?~