FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

暴落しているNYダウは今後どうなる?NYダウの見通し予想2018年

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

政策金利7.5%!低リスクといわれるメキシコペソの今後の見通しは?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

日経平均は今後どうなる?日経平均見通し予想2018年

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

FX高金利通貨スワップおすすめ業者比較2018 | FX会社選び3つのポイント

2018年06月06日 19:29

スワップ1






FXで高金利通貨は昔から常に人気が高く、米ドル、豪ドル、NZドルといった先進国の中での高金利通貨だけではなく、南アフリカランド、トルコリラ、最近ではそれらに加えてメキシコペソ等も非常に人気となっております。






そんな中で、「高金利通貨といえば、スワップポイントでFX会社を比較すればそれで十分」というような風潮が強まっておりますが、実際のところ、高金利通貨でスワップ狙いで取引する場合でも、スワップポイントだけではなく、様々な要素を考慮する必要があります。






そこで、今回は、高金利通貨にスワップポイント狙いで投資する場合に考慮すべき3つのポイントを解説し、その比較基準にたって、どこがいいのか、多くのFX業者を比較した上で、おすすめのFX業者を5パターン紹介したいと思います。






FXでは「どのように投資するか」と同じくらいに、「どこの会社で取引するか」によって利益に差が出るとはよく言われますが、高金利通貨の長期投資でも、会社が違えば年間数万円、数十万円単位で利益が異なることもあるので、最後まで是非読んでいってください!






それでは、以下の順番で書いていきます。


  • FX会社の違いでどのくらいの差が出る?

  • 高金利通貨長期投資でFX会社を選ぶ場合に注目すべき3つのポイント

  • FX高金利通貨の長期投資おすすめ業者 2018年6月版

  • 高金利通貨のスワップ比較一覧表








  • FX会社の違いでどのくらいの差が出る?








    短期投資ではスプレッドが0.1銭違うだけで年間数万円、数十万円の違いになり、どこで取引するかが非常に重要だと言われますが、長期投資でも同様かそれ以上に、どこの会社で取引するかによって大きな差が出ます。







    FXの長期投資では、多くの場合日々の収入はスワップによるものとなりますが、このスワップは会社によって金額は大きく異なり、ます。例えば、今回紹介する米ドル、豪ドル、NZドル、南アフリカランド、トルコリラでは、スワップが高い会社と低い会社でこれくらいの差があります。






    通貨ペア高い業者低い業者差額(1日)年間差額
    米ドル円63174616,790円
    豪ドル円5054516,425円
    NZドル円4353813,870円
    南アランド円150015054,750円
    トルコリラ円102366624,090円
    メキシコペソ円150708029,200円







    このように、スワップポイントはFX会社間で大きな違いがあるため、1年間積もるだけでも大きな差が出てきます(南アフリカランドとメキシコペソ以外は1万通貨、南アフリカランドとメキシコペソは10万通貨単位から取引できる会社が多いので、これだけ10万通貨単位で表現しました)






    このように、FX会社選びを間違えると、1単位買うだけでも1年間で数万円の違いになります






    そのため、高金利通貨の長期投資という場合でも、FX会社選びは非常に重要ですが、だからといって、スワップポイントだけで比較すればいいかというと、必ずしもそうではありません。






    その理由と、ではどういう観点で高金利通貨の長期投資の際のFX会社選びを行えばいいかという、3つのポイントを次で書いていきます。





    高金利通貨長期投資でFX会社を選ぶ場合に注目すべき3つのポイント








    では、どのようなポイントでFX会社を選べばよいか、ポイントを3つあげたいと思います。


  • スワップポイントの高さ

  • 自動売買の有無

  • 取引単位






  • まず、1つ目のスワップポイントの高さは、これは上でも数万円の差になるということを書きましたし、皆さんもこれが非常に重要だということは百も承知だと思うので、これ以上は書かず、それ以外の、2つについて、何故重要なのかを書いていきたいと思います。






    中上級者ほど軽視しがちながら実は非常に重要なポイントとして、自動売買の有無という点があります。






    FXで、相場が一番大きく動くのは、ニューヨーク時間だといわれております。これは、世界最大の経済大国であるアメリカで活発に行われる時間なので、ある意味当たり前のことです。






    しかし、このニューヨーク時間というのが、日本では夜中から明け方までの時間帯なので、日本人にとって、非常に取引しづらい時間帯となっております。






    そんな中で、自動売買を設定しておけば、あとは寝ていても、他の仕事やプライベートを楽しんでいても、何をしていようとも、自動的にどんな時間でも取引して利益をあげてくれます。この重要性について、数字を使って考えてみましょう。






    例えば1万通貨で50銭の値幅で取引する場合、1回5,000円の利確になり、これを見逃すというのは、実質的に5,000円損しているのと同じことであり、これが10回積み重なれば5万円、50回積み重なれば25万円・・・・・・と、自動売買ができるかどうかは、ちょっとしたスワップポイントやスプレッドの違いよりも重要とも言えます。






    このように、日本のFXトレーダーにとって、一番取引しづらいニューヨーク時間も含めて、24時間自動で利益を積み重ねてくれるというのが、自動売買の重要な点です。






    次に、取引単位というのも重要になってきます。





    FXでは、はじめにポジションをこう持つと決めても、その後の値動きで、「もっと買いたい」「一部売りたい」等出てくることは、FXトレーダーなら誰でも経験したことがあるものです。






    その中で、例えば1万通貨持っているとして、1万通貨単位でしか取引できないとなると、一部売りたいと思ってもオールオアナッシングであったり、あるいは少しだけ買い足したいと思っても、今のポジションをいきなり2倍にしないといけないというようなことになりかねません。






    それに対して、ある程度細かく取引できる場合、そうしたときには「とりあえず半分だけ売る」「まずは1,000通貨だけ追加で買う」といったことも可能になります。






    長期投資の場合、スパンが長いがゆえに、途中でポジションを一部修正するということが必要になることが多く出てきます。






    そのため、取引単位というのも、重要なポイントとなります。






    では、こうしたことを踏まえたうえで、どこの会社がおすすめなのについて紹介したいと思います。






    FX長期投資おすすめ業者 2018年6月版








    それでは、今月のスワップや自動売買の有無、さらには取引単位等を比較した上で、スワップ目的の長期投資に向いたFX業者を紹介していきたいと思います。見てもらえれば分かりますが、会社によって「この通貨では強いがこの通貨ではそうでもない」「自動売買がこういう形でできる」という点が異なるので、最後まで見たうえで、自分に合ったFX業者を選んでもらえればと思います。





    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    最高水準のスワップで自動売買ができる

  • くりっく365全体で南アランド、トルコリラ取引のシェア約40%
  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 米ドル円、南アランド円でスワップトップ
  • それ以外のスワップもトップレベル
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • FXダイレクトプラス

    1,000通貨から手数料無料で自動売買可能

  • 1,000通貨単位で戦略を選ぶだけの自動売買可能
  • 自動売買も手数料無料
  • スワップも高水準
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    トルコリラ、メキシコペソならここがおすすめ

  • トルコリラ、メキシコペソスワップトップ
  • スプレッドもトップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • ヒロセ通商

    豪ドル、NZドル取引ならここ!

  • FX会社で珍しい原則固定スワップ
  • 豪ドル、NZドル、トルコリラでスワップトップレベル
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • SBIFXトレード

    1通貨単位から引可能

  • 100円からでも投資が可能
  • 1通貨単位で取引可能!
  • スワップも全体的に高水準







  • 外為オンライン(くりっく365)






    外為オンライン(くりっく365)は、名前の通り外為オンラインのくりっく365口座です。くりっく365口座というのは、普通のFX会社は、そのFX会社が管理、運営している「店頭FX」なのですが、くりっく365は、東京金融取引所が監理・運営するFXで、公的機関である取引所が運営するため信頼性が高く、例えば倒産リスクがほぼない、スリッページ・約定拒否がない等のメリットがあります。(くりっく365についての詳しい話はくりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いております)






    そして、くりっく365はそうした「信頼性の高さ」だけではなく、高金利通貨についてスワップポイントが高いという点でも評価が高く、その中でも特に、南アフリカランドやトルコリラについてはトップレベルの高水準となっており、その結果、くりっく365全体でFXの南アフリカランド・トルコリラ取引のうち40%行われているとなっております。






    このように、長期投資に必要な「長期にわたってお金を預けていられる信頼性」「高いスワップポイント」という両社を兼ね揃えているため、くりっく365は長期投資に非常に向いています。なお、くりっく365をやっている会社間では、スプレッド、スワップ、取引単位はすべて同じで、その一方、手数料や取引ツールなどに違いがあります。






    では、くりっく365対応FX業者の中でどこがいいかについては、基本的に私がおすすめしているのは外為オンラインGMOクリック証券【くりっく365】 ですが、高金利通貨を長期的に取引する場合には、外為オンラインでの取引をよりおすすめします。






    その理由としては、外為オンラインについては、基本的に取引手数料は無料、ツールも使いやすく、スマホや携帯にも対応ということに加え、何よりくりっく365でiサイクル注文という自動売買ができる唯一の会社のがその理由です。






    このiサイクル注文と言うのは、半年で600万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法で詳しく書いてあるのですが、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。






    そして、このiサイクル注文については、「値動きの激しい高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。






    これは、iサイクル注文で買いを入れた場合、レンジ相場であれば、値動きが激しいため、基本的に上げ下げしており何度も約定して利益が出ることになります。また、その間でも日をまたいで買いポジションがあれば、スワップも当然もらえます。






    また、上がっている時も、一本調子にあがることはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます(詳しくは半年で600万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)






    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確する・・・・・・という夢のような状態になります。






    このように、レンジ相場が多くて値動きの激しい高金利通貨とiサイクル注文という組み合わせを、信頼性、スプレッド、スワップ共にトップの条件でできるというのが、ここをまず一番におすすめした理由です。





    口座開設は



    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込



    からできます。






    セントラル短資FX






    ここは、動売買が可能なセントラルミラートレーダー、今後の為替の動きを自動で予想するツールなどが特徴のFXダイレクトと2つの口座を選ぶことができますが、スワップ目的であれば、セントラルミラートレーダーがおすすめです。






    セントラルミラートレーダーの特徴としては、ひとつ前で紹介したくりっく365は取引単位が1万通貨(南アフリカランドは10万通貨)からの取引であるのに対し、ここは1,000通貨単位で自動売買ができるというのが特徴です。






    また、iサイクル注文は「いくら下がったら買う、それを何本」等というように設定するのに対し、セントラルミラートレーダーの自動売買は、プロが作ったストラテジーを選ぶだけでできるのも特徴です。






    一方で、スワップ条件としてはくりっく365の方が基本的に高いので、スワップの高さや自分で投資戦略を決めたいという点を重視するならくりっく365が、1,000通貨での取引や選ぶだけの自動売買というのを重視したいならセントラルミラートレーダーがおすすめです。






    また、ここのFXダイレクトプラスでは、みらいチャートという今後の為替の動きを自動で予想するツールを無料で使え、また、セントラルミラートレーダーでは取り扱っていないトルコリラの取扱いもあるので、そうした点からもおすすめです(みらいチャートについては、みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加で詳しく書いております)







    口座開設は



    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス



    からできます。






    みんなのFX






    みんなのFXは、スプレッドが狭いことで有名で、最近ではスプレッド業界最狭水準宣言を出したりもしておりましたが、スワップ面でも、最近特に人気が高まっているトルコリラとメキシコペソについては、非常に良い条件を出す会社です。






    ここは、下の一覧表を見てもらうと分かるように、トルコリラとメキシコペソでスワップがトップとなっております。







    そのため、高金利通貨の中でも、この2つの通貨ペアでの取引を考えている場合、みんなのFXがおすすめとなります。






    また、ここは1,000通貨単位での取引も可能なので、取引単位という点でも強みがあります。そのため、トルコリラやメキシコペソを手動で取引する場合には、ここがおすすめです。






    口座開設は、


    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]


    からできます。





    ヒロセ通商






    次に、「安定感」を求める人にとっておすすめの会社として、ヒロセ通商を紹介します。






    くりっく365はスプレッド、スワップともに変動ですが、このヒロセ通商では豪ドル50円、南アフリカランド15円で原則固定スワップとなっております。






    最後に一覧表としてまとめますが、米ドル円を除く高金利通貨ではほぼ全てトップレベルの水準のスワップ、特に豪ドル、NZドルについてはトップとなっており、また、豪ドル、南アフリカランドについては原則固定スワップとなっており、安定感があるため、ここをおすすめします。






    口座開設は



    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ



    からできます。






    SBIFXトレード






    ここは「誰かのFXから、誰もが参加できるFXへ」というキャッチコピーの通り、誰でも少額から投資が可能なことが最大の特徴です。






    具体的には1通貨単位で取引可能で、その結果、通貨によっては100円あれば、レバレッジ1倍でも投資可能と、まさに「誰もが参加できる」FX業者です。






    また、スプレッドやスワップの条件も良く、スプレッド、スワップともに業界トップレベルの水準にあります。






    そのため、小さい単位で取引をしたい人にとっては、まずここがおすすめとなります。






    口座開設は



    SBIFXトレード
    SBIFXトレード



    からできます。





    高金利通貨のスワップ比較一覧表








    最後に、上で紹介しなかった会社も含め、主要なFX業者のスワップ、自動売買の有無、取引単位について一覧表にまとめます。以下の表はすべて10/25時点の情報で、単位はすべて円で、1万通貨あたりのスワップを表示し(南アフリカランドのみ10万通貨)、その中で一番条件が良いところを赤くしております。




    会社米ドル豪ドルNZドルランドリラペソ自動売買取引単位
    外為オンライン(くりっく365)63383715099107
    セントラル短資FX30323010084(※)×
    みんなのFX302530100102150×
    ヒロセ通商17504315099110×
    SBIFXトレード52343413086××1
    サクソバンク証券4118231409394×
    外為オンライン(くりっく365)40202550××
    GMOクリック証券【FXネオ】51323111080××
    JFX株式会社17504315099110×
    インヴァスト証券40302010085×
    マネックスFX3634341209570×
    FXプライムbyGMO40252510082150×
    DMM FX343136130×××
    インヴァスト証券(シストレ24)20550××
    フィリップ証券3524209036××


    ※セントラルミラートレードは取扱いなし、FXダイレクトプラスは84円






    口座開設は




    外為オンライン
    外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込





    セントラル短資FX
    FXダイレクトプラス





    みんなのFX
    トレイダーズ証券[みんなのFX]





    ヒロセ通商
    FX取引ならヒロセ通商へ





    SBIFXトレード
    SBIFXトレード




    からできます。






    【関連記事】

    FXおすすめ業者総合ランキング2018年 | 総合力で比較

    FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2018年

    くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較