FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

暴落しているNYダウは今後どうなる?NYダウの見通し予想2018年

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

ウォール街でもAI(人工知能)が主役に!FXトレーダーはどうなる?

トライオートETFは本当に何もしなくて儲かるのか?自動売買の運用成績公開!

日経平均は今後どうなる?日経平均見通し予想2018年

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2017 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

「意外かもしれませんが、うちがスプレッド最狭です」 | マネックスFX取材記

2018年01月31日 00:27

ドル円スプレッド原則固定0.2銭等、業界最狭スプレッドの通貨ペアが多数あるマネックスFXに取材に行ってきました。






monex.jpg

※会議室の名前がUSD、EUR等、通貨の名前となっており、取材を行ったのはAUDの部屋でした。






そこで、マネックスFXの安藤様より、マネックスFXの低スプレッドの秘密や、スプレッド以外のマネックスFXの魅力、FXトレーダーへのアドバイスも聞くことができたので、今回はその取材記録を公開したいと思います。






以下の順番で書いていきます。



  • マネックスFXの低スプレッドの秘密とは?

  • マネックスFXではスキャルピングもOK!

  • FXトレーダーへの取引手法のアドバイス

  • 今後のマネックスFXの方針について







  • マネックスFXの低スプレッドの秘密とは?








    ―本日はどうぞよろしくお願いいたします。早速ですが、まず、マネックスFXではドル円スプレッドが原則固定で0.2銭等、多くの通貨ペアで「最狭水準」ではなく「最狭」のスプレッドを提供されておりますが、このように「低スプレッド」を志向されている理由を教えていただけますでしょうか。






    安藤様「まず前提として、当社では、多くのお客様のニーズにこたえられるように、「高価格・高品質」を志向したFXプラスと、「シンプルに低スプレッド」を志向したマネックスFXと、コンセプトが真逆の2種類の口座を用意しております。






    FXプラスでは、例えばドル円のスプレッドが2.0銭と高めの水準となっておりますが、その代わりに自動で注文を繰り返してくれるオートレール注文、AIにお客様の建玉や取引履歴を読み込ませてどうやったら取引がうまくいくかをアドバイスするトレードカルテ、マネックス証券グループとしての充実した情報提供等、「コストは高いかもしれないけど、その分充実した高級志向のサービス」を提供しております。






    一方で、マネックスFXは、逆にそういったサービスを省く代わりに、とにかくスプレッドを下げられるところまで徹底して下げることで、初心者からスキャルピングをされる中上級者の方まで、広いお客様にシンプルに取引してもらえる口座を志向しております。






    このように、2種類の口座があり、マネックスFXの方では低スプレッドを追及しているのですが、お客様からは当社に低スプレッドというイメージがないようで、当社が「業界最狭スプレッド」と言うと意外がられることが多いです(苦笑)」






    ―確かに、マネックス証券というと、ゴールドマンサックスやソニー等の大企業のルーツも持った会社で、「低スプレッド」というより、どちらかというと「高価格・高品質」なイメージがあったので、私もはじめてマネックスFXの低スプレッドを見た時は驚きました。






    安藤様「そうなんですよ。だから、「意外かもしれませんが、うちが業界最狭スプレッドです」みたいな感じで書いておいてください(笑)」






    ―了解しました(笑)
    この業界最狭スプレッドについて、今FX会社の間ではスプレッド競争が激しくなっており、その中でもトップの水準にするのはかなり難しいかと思うのですが、何故このように狭いスプレッドを提供できているのでしょうか?






    安藤様「先ほどご説明した「とにかく機能をシンプルにして、コストを省いた」というのが大きな要因だと考えております。






    当社の場合、高級化を志向したFXプラスで開発した取引システムや、また証券会社としてのマネックス証券の情報等があるため、他と共有できる部分が多くあり、「シンプルながらも使いやすいシステム」や「豊富な情報提供」といった点については、コストを省いてもユーザーにとって使いやすい機能を提供できます。






    その上で、そこからさらにコストがかかる部分はできるだけ省いてシェイプアップしていくことで、狭いスプレッドを継続的に提供できるのだと考えております。」






    ―なるほど。コストを削減することで、スプレッドを狭くしても大丈夫なようにされていたんですね。






    安藤様「もちろん、「安かれ悪かれ」になっては意味がなく、例えばスプレッドについては原則固定と言いつつも広がったりしたら元も子もないので、大口取引であったり、あるいは指標発表時でもできるだけ広がらないようにする等、細心の注意を払っており、実際にユーザーの方から「マネックスFXは指標発表時もスプレッドがほとんど広がらない」「100万通貨取引をしてもきちんと約定される」等のお声を頂いております。






    また、取引システムや情報提供等、FXプラスと共有できる部分については共有しており、そうした面でもできるだけ良いものを提供できるようにしており、例えば現在は、新規口座開設キャンペーンとして、2018年2月までの期間限定で、5名の著名な講師陣による、当社オリジナルのFXトレード手法解説レポートも提供しております。」






    マネックスFXではスキャルピングもOK!








    ―では、次に御社でトレードされている投資家の方は、どういった取引をされることが多いか教えてください。






    安藤様「当社は低スプレッドで、また、1,000通貨からの取引も可能なので、初心者の方が多く取引されております。






    また、逆に当社に新規で口座を開設された直後に100万通貨単位で取引されるなど、明らかに中上級者と思われる方で、スキャルピングをされる方も多くおります。」






    ―スキャルピングについては、最近では多くのFX会社で嫌がられ、会社によっては口座凍結の対象となることもあるようですが、御社ではスキャルピングも可能なのでしょうか?






    安藤様「はい、当社ではシステムダウンを狙った取引等、明らかに悪質なものを除けば、スキャルピングも歓迎しております。






    当社のスプレッドは1万通貨までドル円原則固定0.2銭で、100万通貨までは0.3銭で取引できて、また、指標発表時でもスプレッドが広がりにくいこともあって、スキャルピングをされているお客様も多くおられます。」






    ―100万通貨まで0.3銭原則固定でちゃんとレートを出せるというのは結構珍しいですよね。






    安藤様「そうかもしれませんね。ただ、「原則固定」と言いながらそうした大口の取引を約定拒否したり、スプレッドを広げてしまうようであれば、それは「原則固定」の意味がないので、当社ではそこはフェアに、スプレッドも段階性にして提示可能なレートを原則固定スプレッドとして提示しております」






    FXトレーダーへの取引手法のアドバイス








    ―では、次に御社でFX取引されている方を見て、何か「こうした方が良いのでは」というようなアドバイスがあれば、教えていただけますでしょうか。







    安藤様「まず、取引の際にストップロスを入れられない方が多いのは少し気になっており、基本的にはポジションを持つ場合、ストップロスは入れた方がいいのではないかと思っております。






    FXでは自分の予想と相場が逆に動くこともあり、その際にストップロスを入れておかないと、想定外の損失を出してしまうことになるので、ストップロスを入れないのは少し危ないのではないかなと思っております。






    ―確かにストップロスはFXにとっての「命綱」ですよね。他にも何かアドバイスがあれば教えてください。






    安藤様「取引通貨ペアについて、当社で取引されるお客様もドル円の取引される方が圧倒的に多いのですが、それ以外の通貨ペアにも目を向けてもいいのではないかと思っております。






    最近ではドル円の値動きが非常に小さく、その中で収益をあげるのが難しくなっておりますが、例えばユーロやポンドであれば、ある程度値動きしておりますし、投資する際の情報についても、ドルと同じくらいあります。






    また、ユーロやポンドに取引する際、円で取引するのもいいですが、ユーロドル、ポンドドルなど、ドルストレートで取引されるのも良いのではないかと思っております。






    ―ドルストレート取引、日本のトレーダーはあまりされないですよね。






    安藤様「そうですね。ただ、例えばユーロ円というのは、ユーロ/ドルとドル/円を掛け合わせた合成通貨ペアなので、テクニカル的にはユーロ円のチャートを分析するより、ユーロドルを分析した方がより意味のある分析になるので、もっと日本でもドルストレート取引が広がればいいと思っております。






    当社では、こうしたドルストレートの通貨ペアについても、低スプレッドを提供しておりますので、小さい取引単位からでも、まずは是非一度やってみてほしいと思っております。






    今後のマネックスFXの方針について








    ―ありがとうございます。そろそろお時間も来ましたので、最後に御社の今後の方針について、お聞かせください。






    安藤様「FX業界は、今まで以上に競争が激しくなり、その中で「高いけどサービスが充実している」「サービスは最低限だけどシンプルに低スプレッド」というように、二極化が進んでいくと考えております。






    当社では、前者の高級路線をFXプラスで、後者の低スプレッド路線をマネックスFXでというように、それぞれの方向性に特化した口座を提供していこうと考えております。






    マネックスFXについては、今後もさらに低スプレッドを提供できるようにし、また、指標発表時に広がらない、大口取引でも約定可能等、そうした「レートの品質」という面でもこだわっていき、「シンプルに低価格」なFX口座を提供していきたいと思っております。






    ―本日はありがとうございました!






    以上です。「とにかくシンプルに低スプレッド」を追求していくという、ある種の職人のような姿勢を感じるインタビューでした。






    上でも書きましたが、現在は新規口座開設キャンペーンとして、期間限定で5人の有名講師陣によるFXトレード手法のレポートがもらえるので、低スプレッドなFX会社での口座開設を考えているなら、今ここで口座開設を行うことをおすすめします。






    口座開設は


    マネックスFX
    FXは安定したシステムのマネックスFXで


    からできます。






    【関連記事】

    FXおすすめ業者総合ランキング | 総合力で比較

    FXスキャルピングおすすめ業者ランキング | 最新のスプレッド比較

    スキャルピングで口座凍結!?スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者






    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加