FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2018年(毎月更新)

【FXスワップポイント初心者向け】高金利通貨の特徴とおすすめを紹介

FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

1週間で不労所得1万円!30万円からのトライオートETF、実績報告

2018年04月16日 00:37

右肩上がり





前回トライオートETFで自動売買開始します | 概要と私の投資先で宣言したように、セミナーでこっそりと教えてもらったトライオートETFは本当に儲かるのか?ということを検証するため、30万円からトライオートETFでの運用を開始しました。






投資対象としては、

  • 米国株として、自動セレクトで収益率1位のNASDAQトリプルのスリーカード2口(約10万円の推奨証拠金)

  • 全世界株として、人気順でNASDAQの次に人気の高いMSCIワールド6口(約10万円の推奨証拠金)

  • 安全資産の金としてSPDRゴールド3口(約10万円の推奨証拠金


  • の3つを選び、ある程度リスクを抑えながら、それでも世界経済やアメリカ経済の成長を期待しての投資としました。






    そもそもこの企画の目的は、「トライオートETFは本当に儲かるのか?」ということを検証することだったので、これから毎週実績を公開し、良かった点と悪かった点を分析していきたいと思います。






    トライオートETF、4/9から4/13までの1週間の実績








    タイトルにも書いたように、1週目の実現利益は約1万円でした。






    1w tryauto 1






    30万円スタートで1週間で1万円なので、収益率でいうと、週利回り3%、このペースが続けば月利回り12%、年利回り156%というすさまじい数字になりますが、これはあくまで実現損益であって、実際にはポジションの含み損もあるため、さすがにそんな利回りはありません(笑






    では、含み損も含めるとどうだったかというと、含み損は9,937円のため、それを含めると685円の利益でした。






    これだけ書くと物凄くしょぼく見えますが(笑)、ただ、このペースが年間続けば、年収益は35,620円と、元本30万円に対して年利回り約12%となるので、悪くない結果だと考えてます。






    「不労所得」として人気のFXのスワップ投資でも、豪ドルやNZドルなどのローリスクなところを狙うと、年2~3%程度、ハイリスクな南アフリカランドやトルコリラでも10%はいかないことを考えると、年12%というのは、十分良い投資と言えます。(もちろんレバレッジをかけて短期トレードをすればもっと稼げることもありますが、それはリスクも大きいうえに、そもそも「不労所得」と言えるか怪しい面もあります)






    また、次の投資先別の実績分析でも書きますが、投資対象として、米国株、全世界株という基本的に成長することが期待できるものであることに加え、リスクヘッジとして金(Gold)にも投資していることから、それなりに安全性にも配慮した投資を行ってこの結果なので、「ハイリスク・ハイリターン」というわけでもなく、1週目としては良い実績だと思っております。






    トライオートETF






    投資先ごとの利益状態








    上でも書いたように、私の投資先は米国株(NASDAQトリプル)、世界株(MSCIワールド)、金(SPDRゴールド)の3つなのですが、次にこの3つのポジションのそれぞれの利益と含み損を見てみます。






    1w tryauto 2






    これを見ると、

  • NASDAQトリプルが圧倒的に利益を出している(含み損を入れても週3,000円の利益で、このポジションだけなら10万円からでも持てるので、週利回り3%で年利回り156%

  • 一方で、MSCIワールドとSPDRゴールドは含み損の方が大きく、特にSPDRゴールドのマイナスが大きい



  • ということが分かります。






    まず、NASDAQトリプルは、トライオートETFでも一番人気かつ、一番収益率も高いものなので、これはさすがの一言につきます。






    NASDAQトリプル自体が、好調なアメリカ経済を背景として、長年基本的に右肩上がりのものなので、もうこれにだけ投資していればいいんじゃないの?という人も多くおります。






    【NASDAQトリプルチャート】
    NASDAQ.png





    ただ、私としては、アメリカがいくら世界最強国とはいえ、先進国である以上、新興国ほどの成長は見込めず、新興国も含めた世界全体に投資したいというのと、現在は北朝鮮情勢、米中関係、米露関係、日米関係、日本の国内情勢等、様々な「リスク要因」があり、リスクオフの時に強い金もリスクヘッジの観点から投資したいというのがあり、MSCIワールドやSPDRゴールドにも投資を行っております。






    また、SPDRゴールドについては、NASDAQが好調な時は、安全資産である金から米国株に投資が流れるので、この状況でマイナスになっているのは、むしろ当然のことだと考えております。






    そのため、短期的には含み損になっていたとしても、それも含めてポートフォリオ全体で長期で利益が出るなら問題ないと考えており、その点で言うと、MSCIワールドやSPDRゴールドが現時点でマイナスなのは、想定内というかむしろ期待通りであり、現時点でポジションの変更は不要だと考えております。






    以上から、来週も引き続きこのポジションで様子を見ていこうと思います。






    なお、このトライオートETFは、別に30万円なくても、数万円からでも十分に投資をはじめられます(私の持っているNASDAQトリプルだけなら、10万円もなくても投資可能です)






    また、数万円どころか、元本0円からでも投資する方法もあります。(詳しくはマネーハッチをご覧ください)






    口座開設は、



    トライオートETF
    トライオートETF




    からできます。





    【この記事の続き】

    2週目実績 トライオートETFは本当に儲かるか検証 | 全自動売買実績報告2週目

    3週目実績 トライオートETF実績報告3週目 | ギリギリ強制ロスカットを回避した話

    4週目実績 トライオートETF実績報告4週目 | NASDAQが順調

    5週目実績 ナスダック100トリプルはやはりおすすめ!トライオートETF運用実績





    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加