FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2018年(毎週更新)

トルコリラ、南アランド、メキシコペソ派必見!新サービスLight FX登場

FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

【毎週更新】トルコリラでスワップポイント生活は可能?利回りとリスク

2018年11月03日 18:05

今からはじめる





トルコリラならスワップポイント月20万円くらい貰えるって本当?





最近トルコリラが急落して割安感が出たためか、トルコリラに興味を持つ人が一気に増え、その中で「これからトルコリラをはじめたいと思っているんですけど、どうしたらいいでしょうか?」というような質問を受けることも増えてきて、ちょうど今日、上のような質問を、FXを全くやっていない友人からされました。





その友人曰く、「月20万円貰えるなら、それだけで生活できるし、嫌な仕事からも解放されるかなあと思って」ということで聞いてきたようでした。





さすがにここまで直球な質問は珍しいですが(笑)、それでも色々な人が「トルコリラスワップポイント生活」のようなものに興味を持ち始めているのだなあと感じたので、今回は、これからトルコリラのスワップポイント投資をはじめたいという初心者の方向けに、この「トルコリラスワップポイント生活」のためにどのくらい投資額があればいいのか、リスクはあるのか、注意点は何なのかといったことを解説していきたいと思います。




結論としては、

  • 元手350万円あれば、スワップだけで月20万円は不可能ではないがリスクもある

  • トルコリラ投資をするなら、29万円の資金で毎月1万円の不労所得が期待できる、貰えるスワップ金利が業界トップのサクソバンク証券がおすすめ

  • リスクを抑えて運用したいなら、GMOクリック証券【FXネオ】で同額トルコリラ売り取引して、為替リスクをほぼ0にして年利回り6.0%くらいにするのがおすすめ



  • となっております(※11/3に最新のスワップ情報に基づいて更新)





    トルコリラの買い口座としては、昔はみんなのFXが一強だったのですが、9月にトルコで政策金利が利上げされてからサクソバンク証券のスワップポイントが非常に良くなっており、現在ではトルコリラのスワップ投資では、サクソバンク証券の方がよりおすすめとなっております。

    関連記事:サクソバンク証券のトルコリラスワップが急にトップレベルになった理由は?





    なお、このサクソバンク証券には、期間限定・当サイト限定で3,000円の特別キャッシュバックもあるので、口座開設は当サイトから申し込むとお得です。(もちろん、口座開設や口座維持に手数料は一切かかりません)





    口座開設は、



    サクソバンク証券(買いでおすすめ)
    application_orange_b_320_100.png






    GMOクリック証券【FXネオ】(売りでおすすめ)
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    以下の順番で書いていきます。

  • トルコリラのスワップポイントは非常に高い

  • トルコリラのスワップポイントだけで生活できるは本当か?利回り、リスクを検証

  • トルコリラ、スワップポイント投資の注意点

  • トルコリラスワップポイント投資裏技 為替リスクをおさえる方法






  • トルコリラのスワップポイントは非常に高い







    トルコリラは、FXでは高金利通貨として人気が高い通貨ですが、その政策金利は24%にもなっております。





    こうした政策金利の高さは、FXではスワップポイントを通じてメリットを受けることができます。





    スワップポイントというのは、FXでの金利相当額で、FXでトルコリラを持っていればそれだけで毎日貰えるもので、スワップポイントが一番高いサクソバンク証券では、1万通貨持っているだけで、1日121円貰うことができて、つまり年換算すると44,165円貰うことができます。(スワップポイントが少ないところでは1日60円)





    今トルコリラが大体20.8円くらいなので、1万通貨というと20.8万円分のポジションなので、スワップポイントの年間収益率としては21.2%と、非常に高いものとなっております。





    このスワップポイントは、ポジションを持っているだけで貰えるもので、細かくトレーディングをする必要もなく、ただはじめに買って持ってさえいれば貰えるので、スワップポイントは不労所得を求める人から非常に人気の高い通貨となっております。





    また、FXでは、レバレッジを効かせることも可能で、それによって、さらに収益率は何倍にもなります。レバレッジというのは、例えば自分が10万円入金したとすると、レバレッジ2倍なら20万円分まで、3倍なら30万円分まで、10倍なら100万円分までというように、自分の実際の入金額以上のポジションを持てるということです。(FXでは、レバレッジは25倍までできることが多いです)





    このレバレッジというのは、レバレッジ2倍にすれば収益率も2倍、3倍にすれば収益率も3倍、10倍にすれば収益率も10倍というように、上げれば上げる程、元々の資金に対しての収益率が上がる一方で、リスクも上がっていくというものです(レバレッジとリスクの関係については後で詳しく説明します)





    なので、スワップポイントの年間収益率は、例えばレバレッジ2倍なら40%、3倍なら60%と、非常に大きなものとなります。





    このように、FXでトルコリラを取引すれば、ただトルコリラを買い持ちしているだけで、年間収益率20%以上のスワップポイントをもらうことができて、レバレッジをかけることでその収益率を何倍にも高められるという特徴があります。





    トルコリラのスワップポイントだけで生活できるは本当か?数字を使って検証







    一番はじめに書いた友人の質問でもあった「トルコリラのスワップポイントだけで生活したい」というのは、トルコリラトレーダーの間でもよく話題になる論点なのですが、これが現実的かどうか、数字を使って具体的に検証したいと思います。今回は、月20万円あればスワップポイント生活ができるものと仮定して計算します。





    トルコリラのスワップポイントは、サクソバンク証券であれば1日121円、1か月30日とすると、1万通貨で月3,630円のスワップとなります。





    そのため、20万円分のスワップをもらうには、20万円÷3,630円=55万通貨必要という計算になります。





    55万通貨というと、トルコリラの相場が今約20.8円なので、約1,150万円分のポジションということになり、レバレッジ3倍でも350万円くらい必要ということになります。





    この350万円という数字、トルコリラをこれまでもずっとやっていたトレーダーからすると、「え、たったその程度で月20万円スワップ貰えるの!?」となる気がしますが(笑)、まだトルコリラをやったことない人がいきなりこれだけの額を入れるというのは、さすがに厳しいだろうと思います。





    また、下でも書きますが、一般的にはレバレッジ3倍というと、「安全に余裕を見た水準」と言われますが、今のトルコリラ相場でスワップでの不労所得を狙う場合、レバレッジは3倍でも正直高いくらいなので、トルコリラのスワップポイントだけで生活、というのは、少し難しいかもしれません。





    ただし、月20万円は無理にしても、月10万円ならレバレッジ2倍で290万円、月5万円ならレバレッジ2倍で145万円くらい、月1万円でよければ30万円からはじめることもできるので、「トルコリラでお小遣い稼ぎ」というくらいであれば、十分にできると思います。





    トルコリラ、スワップポイント投資の注意点







    それでは、次にトルコリラへのスワップポイント投資を行う場合の注意点を書いていきます。




    注意点は3つあり、


  • トルコリラスワップポイント投資なら、レバレッジは高くても3倍まで

  • それでもリスクがある

  • トルコリラのスワップポイントが高いサクソバンク証券で取引する



  • ということです。以下、具体的に見ていきましょう。





    トルコリラスワップポイント投資なら、レバレッジは高くても3倍まで







    スワップ投資では、一般的にレバレッジは3倍から高くても5倍以内と言われますが、トルコリラのスワップポイント投資なら、5倍は論外、3倍でも高い、できれば2倍以内というのが妥当な範囲です。





    トルコリラを今20.8円として、レバレッジ倍率ごとのロスカットの水準を計算すると、おおよそ以下の通りとなります。





    レバレッジ1倍2倍3倍4倍5倍10倍20倍
    ロスカット
    ライン
    -2.08-3.13-4.17-5.21-6.25-7.29-8.33






    トルコリラのこれまでの値動きや今後の見通しについては、端的に言うと、レバレッジ4倍の16円くらいなら過去最安値にいけば軽くロスカット、3倍の14.5円でも若干危なく(過去最安値よりちょっと低いくらい)、できれば10円くらいまでの一時的な下落は見ておきたいというくらいです。





    なので、上でも書いたように、高くてもレバレッジは2倍から高くても3倍以内にしておくべきだと思います。





    それでもリスクがある







    上のトルコリラの見通し記事でも書きましたが、トルコは地政学的に非常に重要な位置にあり、今後の成長も期待される国なので、トルコリラは中長期的には上昇する可能性が高い通貨です。





    ただ、それでも、現状のままエルドアン大統領が対外強硬策を続け、利下げ圧力をかけ続ける場合、最悪の場合トルコリラの価値が全く0になってしまう可能性も、否定はできません。





    トルコがそこまで壊滅的な状態になると、トルコへの債権を多額に保有し、また、難民問題でもシリア難民の防波堤になっているトルコがダメになれば、ヨーロッパに大量の難民が流れ込むリスクもある等、どこかのタイミングでヨーロッパ諸国を中心にトルコ救済が行われるとは予想しておりますが、それでもやはり現状のトルコがリスクを抱えた国であることは間違いなく、最悪の場合、価値が0になるリスクもあります。





    そうした下落リスクに備えたい場合には、利回りは若干下がりますが、下で書くように、買うのと同額の売りポジションを持つことで、為替差損益を相殺するのが一つの手としてあります(それでも年率6%くらいの利回りは期待できます。詳しくは下で書きます)





    トルコリラのスワップポイントが高いサクソバンク証券で取引する







    トルコリラを扱っているFX業者は色々とありますが、トルコリラのスワップポイント投資なら、まずサクソバンク証券がおすすめです。





    その理由としては、


  • 利上げ後スワップポイントが急増し、今は121円と業界トップ

  • 5,000通貨単位での取引も可能

  • スワップポイントだけの出金も可能



  • というのがあります。トルコリラのスプレッドやスワップポイントの条件をまとめた一覧表を見てみましょう。





    会社名スプレッドスワップマイナススワップ
    サクソバンク証券平均2.5121-146
    GMOクリック証券【FXネオ】2.998-98
    みんなのFX1.8115-115
    外為オンライン(くりっく365)平均3.9118-118
    セントラル短資FX変動92-104
    SBIFXトレード4.8
    6.8
    107-113
    ヒロセ通商1.9118-201
    FXプライムbyGMO885-100
    FXトレード・フィナンシャル1582-146
    フィリップ証券変動60-100


    ※ GMOクリック証券のトルコリラのスプレッドは、1.9銭(原則固定の適用対象外)となっております。





    サクソバンク証券は、トルコリラについて、スワップがFX業者の中でトップのところなのですが、それに加えて、トルコリラのスワップポイントで生活ないしお小遣いを作るというのが目的なので、4つめの「スワップポイントだけを出金できる」というのも重要ですが、その点についても対応しております。





    そのため、これからトルコリラのスワップポイント投資をはじめる場合、まずサクソバンク証券がおすすめです。





    なお、サクソバンク証券には、当サイトからの申し込み限定で、特別キャッシュバック3,000円もあるので、口座開設をする場合、当サイトからするのがおすすめです。





    口座開設は、




    サクソバンク証券
    application_orange_b_320_100.png





    からできます。





    トルコリラスワップポイント投資裏技 為替リスクをおさえる方法







    最後に、トルコリラの裏ワザとして、FX業者間のスワップポイントの違いを利用して、両建てによって為替リスクを抑えながらスワップポイントをもらう、いわゆるサヤ取りと呼ばれる手法を紹介します。





    やり方は非常に簡単で、サクソバンク証券でトルコリラを1万通貨買うなら、GMOクリック証券で1万通貨売るというだけで、後は何もしなくてもOKです。(FXをやっている人には当たり前かもしれませんが、FXで売るというのは、別に今トルコリラを持っていなくても大丈夫で、売りというボタンを押すだけで簡単にできるものです)





    こんなので本当に儲かるの?と思われるかもしれないので、具体的に数字を使ってどのくらいリターンが期待できるか計算してみましょう。





    上でも書いたように、今買いスワップが一番高いサクソバンク証券では1日121円、売りスワップが一番安いGMOクリック証券では-98円となっております。





    なので、サクソバンク証券で買いポジションを、GMOクリック証券で売りポジションを持っている場合、トルコリラが上がっても下がっても買いポジションと売りポジションで利益が相殺され、その一方で、スワップポイントの差分だけは毎日貰えるという状態になります。





    この差額は、11月3日の最新のスワップデータでは、23円であり、年間だと23円×365日で8,395円、レバレッジ3倍なら14万円くらいの資金で大丈夫なので、それでも年利回り6.0%と、かなりの高リターンが期待できます。





    なので、トルコリラの下落が心配な場合には、サクソバンク証券で買いポジションを持つだけではなく、GMOクリック証券で売りポジションも同額持つと良いと思います。





    口座開設は




    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png




    からできます。





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する
     





    【関連記事】

    トルコリラ今後の見通し2018年 | 急落中のトルコリラはどこまで下がる?





    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加