FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2018年(毎月更新)

【FXスワップポイント初心者向け】高金利通貨の特徴とおすすめを紹介

FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

ドル円113円突破なるか!?今夜のFOMCと日米首脳会談に注目

2018年09月26日 10:29

9/25のドル円は、かなり堅調に推移したものの、113円の上値は重く、そこを超えることができませんでした。





【ドル円 9/26 10時時点 15分足チャート】
USD JPY0926_15min





113円というのは、2018年に入ってから何度かチャレンジしてははじき返されている重い上値であり、そこを超えられるかが一つの大きなポイントとなっております。





【ドル円 2018年の日足チャート】
USD JPY0926




アメリカ経済がまさしく絶好調で、利上げも積極的に行われている中で、何故113円が重いかというと、大きく



  • 米中貿易戦争などの不安材料がある

  • トランプ大統領が円安ドル高を強く懸念しており、度々ドル高けん制発言をしている



  • といったことがあります。


    関連記事:米ドル円今後の見通し予想2018年9月 | 米ドル円レート予想





    このように、113円が一つの重い壁となっているのですが、本日、そこを超えるかもしれない二つの大きなイベントがあります。それが、タイトルにも書いた、FOMCと日米首脳会談(日本時間では明日27日)です。





    FOMCでは、政策金利の利上げはほぼ確実視されており、ここはあまり論点にはならず、注目ポイントとしては、今後利上げのペースはどうなるかの見通しについての声明です。





    利上げペースがしっかりしそうであればドル高、利上げに慎重になりはじめていたらドル安ということになります。





    ただし、今回は、これまでの利上げペースを加速するような理由も、逆に遅くする理由も現時点ではないと考えており、一時的な期待で上下することはあれど、そこまで大きな影響を与えないのではないかと考えております。





    次の日米首脳会談については、これまで行われていた日米貿易協議を踏まえて、細部を詰めて、新合意提出を目指してのものとなっておりますが、その日米貿易協議では、基本的に大きな方向性で一致しており、あとは日米首脳会談で細部を詰めるのみと報道されております。











    このツイートでも書いたように、基本的には合意はリスクオンの円安要因となると考えており、ここで113円突破も期待できるのではないかと考えております。





    もちろん、「セルザファクト」で売られる可能性や、あるいは合意の内容に円安をけん制するような条項が入っている(メキシコとの二国間合意には含まれていた)等あれば一時的に円高要因となる可能性もありますが、仮にそうなったとしても、基本的には米国経済の底堅さや、拡大していく日米の金利差から、いずれにしても今後円安・ドル高方向に進んでいくと考えられます





    その場合、まずは、2017年の多くの時期で重い上値として機能していた、114円というのが次のターゲットとなります。





    【ドル円 週足チャート】
    USD JPY week 0926





    いずれにしても、今夜のFOMCと、日米首脳会談には要注目です。





    なお、FXでドル円に投資する場合のおすすめの投資方法や、その投資方法を行うためにおすすめのFX業者については、FX米ドル円のおすすめ投資方法と、FX業者比較2018年9月で書いてますので、よかったらそちらもどうぞ。





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する
     





    【関連記事】
    米ドル円今後の見通し予想2018年9月 | 米ドル円レート予想

    FX米ドル円のおすすめ投資方法と、FX業者比較2018年9月

    これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?