FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2018年(毎月更新)

【FXスワップポイント初心者向け】高金利通貨の特徴とおすすめを紹介

FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

米国株急落、為替も円高!それでもコアレンジャーが安定の理由は?

2018年10月13日 15:02

triauto samune





先週はNYダウが1日で800ドル超下落する等、米国株が急落し、為替も全体的に円高となりました。





【NYダウ日足チャート】
NYD1013day.png





【ドル円日足チャート】
USD chart1810_day





このような中で、持っているポジションの含み損が拡大したり、人によっては強制ロスカットを食らった人もいるようで、色々なところから悲鳴が聞こえてくる一週間でした・・・・・





管理人が持っているポジションも含み損が拡大したものが多く、トライオートETFについては一部のポジションを手動でロスカットもしましたが、そんな中で、一つだけ異常な安定感を持っていたものがあり、それがタイトルでも書いた、トライオートFXのコアレンジャー豪ドル/NZドルでした。





そこで今回は、このコアレンジャー豪ドル/NZドルがどのくらい安定して利益を出していたかをお見せして、何故そうなったのかの理由を解説したいと思います。





結論から言うと、コアレンジャー豪ドル/NZドルは、既に外貨の買いポジションや、米国株、日本株等の、ちょうど今回下落したような資産を持っている人にこそおすすめの分散投資先と考えており、かつ、その収益率も2年弱で70%と、非常に良いパフォーマンスとなっております。





このコアレンジャー豪ドル/NZドルは、12万円くらいからはじめることも可能で、10月中の期間限定で、最大2万円のキャッシュバックキャンペーンもやっているので、もし興味があれば、是非この機会にはじめてみてください。





インヴァスト証券 口座開設申し込みページ
application_orange_b_320_100.png





以下の順番で書いていきます。



  • トライオートFXのコアレンジャー豪ドル/NZドルって何?

  • トライオートFX、コアレンジャー豪ドル/NZドルの現時点の運用実績(約2か月半経過)

  • 何故米国株や為替が暴落局面でもコアレンジャー豪ドル/NZドルは安定していたのか?

  • コアレンジャー豪ドル/NZドルをはじめる方法






  • トライオートFXのコアレンジャー豪ドル/NZドルって何?







    まず、このトライオートFXのコアレンジャー豪ドル/NZドルというのが何かということから説明します。




    これは、インヴァスト証券のトライオートFXで取引できる自動売買戦略で、


  • 過去5年弱の相場での値動きを想定レンジとして、その想定レンジの中で自動売買を繰り返す(コアレンジャー)

  • 豪ドル/NZドルという、レンジ通貨になりやすい通貨ペアを取引する

  • その結果、バックテストでは、2017年開始なら収益率72%、2016年開始なら154%、2015年開始なら263%、2014年開始なら329%と、凄まじい収益率(10/13確認)



  • というもので、つまり簡単に言うと、レンジ相場に強い戦略で、レンジ相場になりやすい通貨を全自動で取引することで、実際に大きな利益をあげている戦略です。





    このコアレンジャー豪ドル/NZドルの収益率の凄いところは、長くやっていればやっているほどプラスの度合いが大きくなっていることで、かなり長い期間安定して稼げている戦略だということが分かります。





    このコアレンジャー豪ドル/NZドルという戦略の中身について、もう少し詳しく解説します。





    コアレンジャーという戦略の解説







    まず、「コアレンジャー」という戦略については、下の図を見てもらうと、イメージとして分かりやすいかと思います。





    【コアレンジャーの概要】
    core ranger





    このように、コアとなるレンジを決めてその間では下がったら買い、上がったら売り、上がりすぎてサブレンジに入ったら売り、下がりすぎてサブレンジに入ったら買いという取引をするもので、要はレンジの中での値動きを何が何でも取っていくというスタイルの戦略です。





    「このコアレンジャーって、豪ドル/NZドルの買いエントリーなの?売りエントリーなの?」という疑問を持つかもしれませんが、結論から言うと、買いエントリーも売りエントリーもどちらも行う取引で、レンジの上のほうであれば売りエントリー、下のほうであれば買いエントリーと、どちらも行うことで、レンジ相場内での値動きを全て取りにいくというのが、コアレンジャーの特徴です。





    なお、このコアレンジとサブレンジは、以下のように決められています。





    【コアレンジとサブレンジ】
    core ranger2

    過去約4年半(2014年1月2日~2018年4月30日)のレンジを見た上で、
    コアレンジ:60~70%の期間をカバーできるレンジ
    サブレンジ:それ以外のレンジ




    このように、レンジ相場を前提として、その中での値動きを可能な限り取ることで、レンジ内であれば収益をあげられるようにしたのが、コアレンジャーという戦略です。





    豪ドル/NZドルという通貨ペア







    豪ドル/NZドルという通貨ペアは、FXをかなりやっている人以外にはピンと来にくいかもしれませんが、要は「豪ドルを買って、その分をNZドル売りをする」という取引です。





    この豪ドル/NZドルのレートとしては、豪ドル円のレート÷NZドル円のレートで求めることができます。





    そして、豪ドルとNZドルというのは、

  • 地理的にかなり近い

  • どちらも先進国通貨の中で高金利である(豪ドル1.5%、NZドル1.75%)

  • どちらも中国経済からの影響が大きい

  • どちらも公的債務残高が小さく、財務リスクが低い国である

  • どちらも長期間安定した経済成長が続いている



  • と、非常に似たような特徴を持つため、値動きはかなり似ており、レンジ相場になりやすいという特徴があります。




    2014年以降の豪ドル/NZドルのチャートを見てみましょう。




    【豪ドル/NZドルチャート 2014年以降 週足】
    AUD NZD1013





    このように、豪ドルとNZドルは似たような値動きをするため、その割り算で求められる豪ドル/NZドルはレンジ相場になりやすい通貨ペアとなり、それとレンジ相場に強いコアレンジャーという戦略を組み合わせることで、2年もたたないうちに収益率70%も達成しているというのが、このコアレンジャー豪ドル/NZドルというものです。





    なお、この戦略についてより詳しいことは、以下の記事で書いておりますので、もっと深く知りたい人は、こちらの記事もどうぞ。

    関連記事:【トライオートFX】何故コアレンジャー豪ドル/NZドルが収益率No1なのか?





    トライオートFX、コアレンジャー豪ドル/NZドルの運用実績(約2か月半経過)







    私はこの戦略を、今年の7月下旬に100万円ではじめ、かなり良い戦略だと思ったので今月もう100万円追加して、合計200万円を入金して運用し、現在2か月半経過しております。





    その2か月半時点の収益は、確定収益で+10万3,000円、含み損を入れても+7万7,000円の利益となっております。





    core ranger 1013





    先月9月22日時点での収益が、確定収益は7万5,000円、含み損を入れても5万4,000円の利益だったので、そこから約3週間で確定利益+2万8,000円、含み損を入れても+2万3,000円と、安定して順調に利益を増やしていることが分かります。

    関連記事:【運用実績9月】トライオートFXは本当におすすめ?本音の口コミ評価




    先週は、上でも書いたように、米国株価が急落したことで、為替相場も下落し、全体的に不調となりやすい中で、この安定感は正直思った以上でした。





    そこで、次に何故このコアレンジャー豪ドル/NZドルが安定していたのかを説明します。





    何故米国株や為替が暴落局面でもコアレンジャー豪ドル/NZドルは安定していたのか?








    コアレンジャー豪ドル/NZドルが安定していた秘密は、この「豪ドル/NZドル」という部分にあります。





    これは、上でも書いたように、「豪ドルを買って、NZドルを売る」「レートとしては豪ドル円÷NZドル円」ということで、つまり、「円」が絡まないで取引できるというのが、最大の特徴です。





    日本人だと意識しづらいかもしれませんが、日本円というのは、実はかなり癖の強い通貨で、「何かリスクが起こった時に買われる」「それ以外の時は金利も低いので売られやすい」という、特徴があります。





    そのため、今回のように、米国株が急落などあれば、ほとんどの通貨に対して円高(=外貨安)となり、含み損が膨らみやすいという特徴があります。





    それに対して、豪ドル/NZドルについては、こういう株価急落などのショック時にも基本的に同じような反応をするため、豪ドル÷NZドルで計算される豪ドル/NZドルのレートにはほとんど影響を及ぼさず(例えば豪ドルが下がっても同じようにNZドルも下がれば、豪ドル/NZドルは値動きしません)、こうしたショックがあった時も、安定して利益を出すことができます。





    こうしたことから、様々な外貨や米国株、日本株などの資産を持っている場合、今回のような急落時に備えるという点も含めて、コアレンジャー豪ドル/NZドルも合わせて持ってくというのは、かなり有効な分散投資になると考えられます。





    このコアレンジャー豪ドル/NZドルは、12万円くらいからはじめることも可能で、10月中の期間限定で、最大2万円のキャッシュバックキャンペーンもやっているので、もし興味があれば、是非この機会にはじめてみてください。


    インヴァスト証券 口座開設申し込みページ





    コアレンジャー豪ドル/NZドルをはじめる方法







    最後に、コアレンジャー豪ドル/NZドルの始め方を解説します。これについては、【トライオートFX】何故コアレンジャー豪ドル/NZドルが収益率No1なのか?で詳しく解説しているので、その該当部分を引用します。





    まず事前に準備するものとして、



  • マイナンバーが分かる書類

  • 本人確認書類



  • 両方を用意して、スキャナで取り込むか、あるいは携帯で写真をとる等してください。ちなみに、顔写真の入ったマイナンバーカードであれば、それ1つでどちらも条件を満たすので、もし持っている場合、それを使うのがおすすめです。





    マイナンバーが分かる書類は、


  • マイナンバーカード

  • マイナンバー通知カード

  • 住民票の写し(マイナンバーが書いてあるもので、6か月以内に発行したもの)


  • のうち、どれでもいいのでどれか1つをご用意ください。(もしどれもなければ、役所にいってマイナンバー付きの住民票の写しを貰うのが、当日すぐ手に入ります。マイナンバーの書いた資料は、今後税務申告、保険の手続き、銀行口座の開設等、色々な場面で必要になってくるので、もし今持っていなければ、この機会にとっておくと良いと思います)





    本人確認書類は、写真付きのものであれば1種類、写真がないものなら2種類必要になります。



    【写真付きの本人確認書類の例(1種類でOK)】

  • 運転免許

  • パスポート

  • 住民基本台帳カード

  • マイナンバーカード

  • 在留カード(外国籍の方)

  • 外国人登録証明書(外国籍の方)




  • 【写真なしの本人確認書類の例(2種類必要)】

  • 健康保険証

  • 住民票の写し

  • 年金手帳




  • これらを用意して、スキャナで取り込むか、携帯で写真を撮れば、事前準備はOKです。





    そうしたら、まず、以下のボタンをクリックして公式ページへいってください。





    application_orange_b_320_100.png





    すると、こういう画面が出てきますが、気にせずにホームページに進んでください(他のサイトから公式サイトへの移転の際に、サイトが変わりましたよということをアナウンスすることが義務付けられているため出る画面です)





    【インヴァスト証券のページ画像】
    tri1.png





    そこで、こういう画面が出てくるので、そこの口座開設ボタンをクリックします。




    【インヴァスト証券のページ画像2】
    tri2.png





    するとこういう画面が出てくるので、規約を読んで同意してください。





    【インヴァスト証券のページ画像3】
    tri3.png





    あとは住所、氏名、勤務先、金融機関、投資経験などを書いていきます。





    【インヴァスト証券のページ画像4】
    tri4.png






    勤務先や年収について書くのに抵抗がある人は多いですが、FX会社がこうした情報を求めている理由は、例えば競合会社に所属する人じゃないか等、審査で見る情報として欲しているだけで、勤務先に電話されたりとか、個人情報を変な使い方とかはされないので心配ありません(FX会社は金融庁の管轄化にあるので、そうした個人情報の取り扱いは非常に厳格です)





    記載を終えると、本人確認のための書類とマイナンバーが分かる資料の提出を求められます。





    私は運転免許書+マイナンバー付の住民票を携帯で撮ってそれをアップしました(余談ですが、マイナンバー付の住民票は、マイナンバーカードを持っていない人にとってはかなり使いやすいです)





    そうやって口座開設を申請すると、通常2営業日から1週間程度でID、PWを書いた紙が送られてくるので、それでログインしてください。すると、こういう画面になります。





    【インヴァスト証券のログイン画面】
    tri5.png





    ここのトライオートFXをクリックすると、このような画面が出ます。





    【トライオートFXの画面】
    tri6.png





    ここで、左上の自動売買セレクトをクリック。するとこのような画面が出ます。上でも何度かお見せしたリターン順に並んだものがまず出てくるので、そこでコアレンジャー豪ドル/NZドルを選んでカートに入れます。





    【自動売買セレクトカート画面】
    tri7.png






    すると、こういう画面が出てきます。





    【自動売買セレクト注文確定画面】
    tri8.png





    そこで、推奨証拠金も見ながら、注文数を決めた上で、注文を確定するボタンを押せば、あとは全て自動で取引してくれます!






    以上です。トライオートFXの口座開設については、口座開設、維持などの手数料は一切無料なので、興味があれば是非この機会にはじめてみてください。





    口座開設は、


    インヴァスト証券 口座開設申し込みページ
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する