FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラはどこまで下がる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2018年(毎週更新)

トルコリラ、南アランド、メキシコペソ派必見!新サービスLight FX登場

FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2018年 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2018年 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

NYダウ投資のはじめ方 | 利回り、資金目安、利益計算も分かりやすく解説

2018年10月20日 22:40

NYダウのはじめ方





最近暴落したり上昇したりを繰り返しており、投資チャンスの多いNYダウですが、「NYダウって何かいまいち分からない」「ダウは難しそう」「やってみたいけどよく分からなかった」という声も多くあったので、今回は初心者の方向けに、NYダウ投資のはじめ方について解説していきます。





NYダウに投資するというのは、アメリカの超優良企業30社に分散投資するのと同じで、ある程度安全性を見ても10万円くらいから投資可能で、過去30年間で平均年間伸び率10.2%というように、非常に良い銘柄なので、興味があれば是非はじめてみてください。





【この記事で分かること】

  • NYダウとはどういうものか(そもそも何かということや、ダウ構成銘柄、これまでの推移など)

  • NYダウ投資のはじめ方

  • NYダウに投資する場合の資金目安、平均利回り、ダウが値動きした時の利益計算の方法






  • NYダウって何?構成銘柄や過去10年間や30年間の推移も解説







    まずNYダウとはどういうものか、構成銘柄は何かということについては、別記事で詳しく解説しているので、それを引用します。





    NYダウとは、アメリカの経済情報を配信しているダウ・ジョーンズ社が、アメリカの中でも代表的な優良企業30社を選び、それらの株価を指数としたもので、要は日経平均のアメリカ版と思ってもらえれば大丈夫です。





    とはいえ、このNYダウに含まれている30社は、誰もが知ってる凄い会社ばかりで、現在の構成銘柄30社のリストをご覧ください。





    会社名 簡単な説明
    アップル MAC、iphone等
    3M 世界的化学・電気素材メーカー
    ユナイテッド・テクノロジーズ 航空エンジン、宇宙産業等。月面着陸したアポロ11号でも使われる
    JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー アメリカ最大の資産を持つ銀行を含んだホールディングス
    ゴールドマン・サックス・グループ 世界最大級の投資銀行。社員の平均ボーナス6,500万円相当の時も
    ウォルト・ディズニー ディズニー
    ナイキ 世界的なスポーツブランド
    IBM 世界的なソフトウェアやパソコン
    シェブロン 石油関連産業のスーパーメジャー(全世界6社)の1つ
    メルク 世界的な製薬会社
    ホーム・デポ アメリカ最大の住宅リフォーム小売チェーン
    エクソンモービル 民間石油会社として世界最大の会社。スーパーメジャーの1つ
    マイクロソフト WindowsやOffice等
    ボーイング アメリカで唯一の大型旅客機メーカー(大手はここ以外に世界で1つ)
    プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー P&Gとしてなじみの深い、世界最大の一般消費財メーカー
    ベライゾン・コミュニケーションズ アメリカの大手電気通信事業者
    マクドナルド マクドナルドのアメリカ本社
    ビザ クレジットカードのVISA
    コカ・コーラ コカコーラのアメリカ本社
    ユナイテッドヘルス・グループ アメリカのヘルスケアシステムの大手
    キャタピラー 創設以来、建設機械シェアが常に世界1位。戦車等のキャタピラも同社の商標
    ファイザー 医薬品売上高世界1位の会社
    トラベラーズ・カンパニーズ 時価総額でアメリカ最大の保険会社
    ウォルマート・ストアーズ 売上額世界最大のスーパーマーケットチェーン
    インテル CPU等で有名な半導体素子メーカー
    デュポン 世界的な化学製品製造会社。時価総額で世界9位
    ゼネラル・エレクトリック ダウ平均で算出開始以来唯一残っている企業。重工業、軍需産業、機械等、幅広い業種
    ジョンソン・エンド・ジョンソン 製薬・ヘルスケア売上高世界2位の会社(1位は上記ファイザー)。バンドエイドやコンタクトのアキュビュー等
    アメリカン・エキスプレス クレジットカードのアメックス
    シスコシステムズ シスコとして有名な世界最大のコンピューターネットワーク機器開発会社






    日本でもほぼ全員が知ってそうな会社を赤くしましたが、このように、世界1位等の言葉が当たり前のように出てくる会社で構成されております。





    そして、簡単な説明のところでも書いたように、IT、医療、石油、建設、住宅、軍需、航空宇宙、通信等、非常に様々な業種の世界的な会社で構成されているので、これを買えば、世界的な企業に自動的に分散投資ができるものです。





    投資の世界では、1社だけ持つのではなく、様々な業種で分散して持つのが基本ですが、NYダウに投資すれば、世界トップレベルの企業に自動的に分散投資できます。





    また、NYダウを構成する会社は、入れ替えが行われ、産業構造が変わった時には組入れられる会社が変わります





    実際にNYダウは、はじまってからずっと入っているのはゼネラル・エレクトリック社のみであり、産業構造や経済状態が変われば、柔軟にその時の時勢にあった企業が入るので、アメリカという国自体が大きく弱体化しない限りは、構造的に値上がりするものとなっております。(例えば2015年3月にはアップルがNYダウに組み込まれています)


    NYダウ見通し予想2018年 | ダウの長期推移から今後を予想





    このように、NYダウとは、世界最大の経済大国であるアメリカの、その中でもトップ中のトップの超優良企業30社を集めたものです。そのため、NYダウは、過去30年間で見ても、過去10年間で見ても、一時的に下落することはあっても、基本的に右肩上がりとなっております。





    【NYダウ 30年チャート】
    NYD 30year_1017





    【NYダウ 10年チャート】
    NYD 2008





    この30年チャートで下落しているのは、


  • 2000年から2002年のITバブル崩壊、911テロ等の影響でアメリカ経済が停滞していた時期

  • リーマンショックのあった2008年



  • となっており、それ以外はほぼ全てでプラスの成長となっております。





    何故こんなにプラス成長が続いているかというと、その背景には、アメリカが世界最強の経済大国であり、そうであるがゆえに優秀な人物が集まってさらに成長するというような好循環に入っていることがあります。(例えばシリコンバレーをイメージしてもらったり、もう少し個別にGoogleやAmazonやAppleに優秀な人が集まっているのを想像してもらうと分かりやすいと思います)





    実際に、アメリカ経済は世界一の経済大国ながら、現在進行形でGDP成長が続いており、他の国と圧倒的な差がつきはじめております




    GDP suii
    (出典:世界経済のネタ帳





    この強いアメリカの、その中でも上澄み中の上澄みとも言える企業がNYダウ構成銘柄の企業なので、その凄さが分かってもらえるかと思います。





    そのNYダウも、2018年に入ると、急に下落したり戻したりと、大きな値動きを繰り返しております。





    【NYダウ 2018年のチャート】
    NYD 2018





    これはアメリカ経済に何か大きな不安が出たというよりは、株価が上がりすぎたことに対しての調整の下落で、NYダウは、2017年に31.6%の値上がりと、凄い値上がりの仕方をしたので、さすがに上がりすぎたということで一時的に戻しております。





    ただ、そのことは逆に言うと、落ちている今が買うのに絶好の機会ともいえて、実際に管理人は、急落した直後にNYダウを買って、かなりの利益を出しております。(この記事の取引手法はそれなりに短期でのトレードを意識したものなので、基本的には中級者以上向けの方法です)

    関連記事:米国株急落時1日でNYダウ500pips抜いた投資方法と考え方を解説





    アメリカ経済は現在も成長を続けて他国との差を広げており、過去30年間で見てもよほどの大きなショックでもない限り基本的には右肩あがり(ショックがあっても割りとすぐ立て直す)ということから、やはり今のように下落している時は仕込みの絶好のチャンスとも考えられます。





    NYダウ投資のはじめ方






    NYダウに投資をする場合、いくつか方法がありますが、おすすめなのは、会社によっては0.1単位(今1単位が約25,800ドル=288万円で、0.1単位なら約29万円分)からでも投資可能で、レバレッジもかけられて、手数料も安く、決済期限もない店頭CFDでの投資です。





    項目くりっく株365店頭CFDETF(上場投資信託)先物取引(参考)現物株式
    手数料数百円程度、スプレッドは広め無料数百円程度1,000円前後数百円程度
    信託報酬なしなしありなしなし
    配当金相当額ありありほぼ全ての会社でなしなしあり
    金利相当額(マイナス要素)ありありほぼ全ての会社でなしなしなし
    レバレッジ約32倍※10倍程度3倍程度約32倍※なし
    通貨円建てドル建て銘柄によるドル建てドル建て
    取引時間8:30~翌6:008:30~翌6:009:00~11:30

    12:30~15:00+G2
    9:00~15:10

    16:30~翌3:00
    9:00~11:30

    12:30~15:00
    休業日土日・元旦土日・元旦土日祝日土日祝日土日祝日






    その店頭CFDの中で、0.1単位から投資ができて、かつ、手数料無料、スプレッドも狭くておすすめなのが、GMOクリック証券【CFD】DMM CFDです。





    店頭CFDやくりっく株365の取引条件の比較表を作成しましたので、こちらをご覧ください。





    会社取引単位手数料  スプレッド配当・金利調整
    (費用)
    GMOクリック証券【CFD】0.1無料3ドル(約330円)903円
    DMM CFD0.1無料3ドル(約330円)7312円
    サクソバンク証券1無料2.5ドル(約265円)非公開
    岡三オンライン証券1153円20ドル程度(2,200円)4972円
    マネックス証券1152円20ドル程度(2,200円)4972円


    ※ 金利・配当調整額は、GMOクリック証券と、DMM CFDはNYダウ1単位あたりの直近1年間実績、くりっく株365は配当相当額を直近1年間実績、金利相当額を直近9か月実績+9月実績×3で算定し、その差額を算定(くりっく株365で金利調整のマイナスが入るようになったのが2017年12月の途中からで、金利調整額の実績が1年分ないため)。サクソバンク証券は、窓口に電話で問い合わせたところ、「配当があればその分払っている」との回答を得ておりますが、昨年度の実績等は非公開とのことでした。





    このように、取引単位を小さくしたい場合は、GMOクリック証券かDMM CFDがおすすめです。





    この2社は、私も両方持っており、


  • 金利コストの安いGMOクリック証券を長期ポジション

  • チャートが見やすいDMM CFDを短期ポジション



  • で使い分けております(長期ポジションと短期ポジションは、どちらか一方で大きく含み損が出たときにもう一方が巻き込みでロスカットを食らわないように分ける方針でやっております。短期売買なら、金利相当のマイナス額はそんなに影響がないため、そこの違いは気にせずDMM CFDも使ってます)





    それぞれでのNYダウの買い方を解説します。





    GMOクリック証券(CFD)でのNYダウの買い方







    GMOクリック証券では、NYダウは米国30という名前の商品で取引可能です。取引画面に入って、上の「CFD」を選んで、スピード注文をクリックしてください。





    nyd gmo2





    ここで、米国30を選べば、あとは買いと売りのボタンが出てくるので、値上がりを予想するなら買いを、値下がりを予想するなら売りでOKです!





    nyd1.png





    ここの取引数量は、0.1単位での計算なので、例えば1とすると0.1単位分(上で書いたように日本円換算で約29万円分のポジション)を取引することになり、0.1単位であれば、NYダウが100上がれば大体1,000円ちょっとの利益となります。(逆に下がれば1,000円ちょっとの損失。詳しい計算方法は下で後で解説します)





    以上がGMOクリック証券でのNYダウの買い方です。GMOクリック証券で取引したい場合、口座開設は、




    GMOクリック証券【CFD】
    application_orange_b_320_100.png




    からできます。





    DMM CFDでのNYダウの取引の買い方







    次に、もう一つのDMM CFDでのNYダウの買い方を解説します。ここではNYダウはUSDJ30という名前で取引できます(商標権の関係で、各社NYダウとはいえないようですが、実質的にはNYダウです)





    ログインすると、FXとCFDを選ぶ画面が出てくるので、CFDのほうを選んでください。





    nyd dmm1






    すると、取引画面が出ますが、ここでUSDJ30をクリックすると、このように取引画面が出るので、あとはここで取引したい量を決めて注文すればOKです。





    nyd dmm2





    この会社の「1」はNYダウの0.1単位(つまり約29万円分)のポジションなので、0.1単位取引なら1を、1単位で取引したければ10を入力してください。利益金額はGMOクリック証券と同じで、0.1単位辺りでNYダウが100動けば1,000円ちょっとの損益になると覚えていただければ大丈夫です。




    口座開設は、



    DMM CFD
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    NYダウに投資する場合の資金目安、平均利回り、ダウが値動きした時の利益計算の方法







    最後に、NYダウに投資する場合の資金目安、平均利回り、ダウが値動きした時の利益計算の方法を解説していきます。





    NYダウに投資する場合の資金目安







    NYダウの0.1単位取引は約29万円分のポジションです。そして、レバレッジは10倍までかけられるので、理論上は3万円あれば投資可能です。





    ただし、3万円スタートだと、少し値動きしただけでもロスカットされてしまうので、もう少し資金はあった方がいいですが、ではどれくらいあればいいのでしょうか?





    私が考えている目安としては、資金が10万円あればレバレッジ3倍で取引できて、NYダウが20,000を割っても耐えられる水準なので、そのくらいを目安にすると良いのではないかと思っております。





    ちなみに、もう少し安全性を意識すると資金が15万円であればレバレッジ2倍となり、15,000を割っても大丈夫というように、さらに安全度は高まります。





    なので、NYダウにはじめて取引する場合は、大体10万円から15万円くらいを資金目安とすると良いと思います。





    NYダウの平均利回り







    NYダウの場合、リターンは基本的に株価の上昇という形で得られます。なので、どのくらいの値上がりが期待できるかというのがポイントになります。





    NYダウの場合、過去30年間の平均上昇率は10.2%であり、そのくらいを利回りとして期待しているのがいいと思います。





    【NYダウ過去30年の値上がり率の推移】
    NYD joushou





    このように、年によってばらつきはありますが、平均すると約10.2%の利回りが期待できるということになります。





    NYダウが値動きした時の利益計算の方法







    NYダウのCFDは、基本的にドル建てで損益が計算されますが、その損益の計算方法を最後に解説します。





    例えば、NYダウの価格を今25,800ドルとして、それが25,900ドルまで値上がりしたら、利益は100ドルとなります。(0.1単位で取引していたらその10分の1で10ドルとなります)





    これが投資家にはリターンとなるのですが、では100ドルはいくらかというと、ドル円のレートによって違ってきますが、今は112円なので、約11,200円の利益となります(0.1単位なら1,120円)。




    「ドル円のレートがぱっとは分からない」と思われるかもしれませんが、その場合、物凄くざっくりですが、「1ドルは100円よりはちょっと高い」くらいで覚えてもらって、0.1単位なら100動けば大体1,000円ちょっとの損益と思ってもらえると分かりやすいかと思います。





    もちろん、これは厳密な計算ではないのですが、とはいえその差分で投資判断が変わるかというと、そうそうは変わらないので、この覚え方でもそこまで大きな問題は出ないと思います。





    以上がNYダウに投資する方法についての解説でした。上でも書いたように、今はNYダウがいきなり下がったりすることもあって、買いを狙いやすい絶好のチャンスでもあるので、この機会に是非どうぞ。





    何か分からないことがあれば、Twitterや質問箱等でご質問いただければ、お答えしますので、もし質問があればいつでもどうぞ。





    なお、今回紹介したGMOクリック証券とDMM CFDについては、以下で口座開設ができるので、どうぞ。





    GMOクリック証券【CFD】
    application_orange_b_320_100.png






    DMM CFD
    application_orange_b_320_100.png






    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加