ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

休むも相場

2010年06月05日 00:07

アマチュアのトレーダーが、確実にプロよりいい条件と言えることとがひとつあります。




それはノルマがないということです。




プロの人は、「資金がこれだけあるから、これだけ稼がなければならない」というノルマがあり、それを達成できなければ、会社にいられなくなります(もちろん一回達成できないだけでクビということはないでしょうが)。また、専業トレーダーの人であれば、自分の生活費を稼がなければ生きていけないので、確実にある程度の利益を必要とします。




ですが、アマチュアはそうではありません。これは、実はとても大きなメリットなんです。





というのも、タイトルにも書いた、休むも相場ということができます。為替の世界では、「トレンドが続くのか、そろそろ反発するのか分からない」というシーンがよくあります(というか、ほとんどそういう状態ですね、実際のところ)





このとき、プロや専業の人であれば、それでもつっこまなければなりません。そして、つっこみながらも、失敗するリスクを下げるために、色々な情報を持ったり、あるいは莫大な資金力を使うことで、為替市場自体に影響を与えたりもします。ですが、こうやっても、失敗するときは当然失敗します。





ところが、アマチュアであれば、そこでわざわざつっこむ必要なんてありません。







もちろん、自信があったり、あるいはわからなくても利大損小でいける自信があるなら、エントリーしても全然構いません。ですが、何もしないで見ているという選択もできるわけです。これは実に大きなアドバンテージだと思います。





ところが、多くのトレーダーの人は、そのせっかくのメリットを享受していません。







「よくわからないけど、多分こっちに動きそうだからエントリーしてみたらダメだった。悔しいからさらに倍の金額でつっこんでみたらうまくいった。気を良くしてもういっかい同じ金額でやったら失敗した。なんか、最終的になんだかんだで損をした」






こんなことを言っている人は、いませんか?






はい、初心者時代の私がまさにそうでした(笑





自信がないときにエントリーしないというのは、立派なトレーディングスキルです。むしろ、ファンダメンタルズ分析とか、テクニカル分析とか、そんな小手先のテクニックより遥かに重要なスキルな気がします。





私も、「自信がないときはやらない」ということを意識するようになってから、急に利益率が上がりました。というか、それまではむしろ「損失率」でした。






実は、有名なテクニカル分析の一つで有る酒田五法には、「売り」「買い」以外にも、「休み」のシグナルも存在します。「休むも相場」。この言葉を意識して、今後のトレードをしてみてください。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

FX戦略研究に戻る

FXをはじめる前に戻る