ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


最近の相場に思うところ

2010年08月08日 21:56

最近仕事が忙しくて、トレーディングどころかブログの更新もできなかったYukiです。ようやく仕事も一段落してきたので、これからはトレーディングも更新も再開していきたいと思いますので、よろしくお願いします。





それで、最近はちらっと相場を見たりニュースをチェックしたりするくらいしかしていなかったんですが、正直、最近の相場はかなり異常な相場だなあと思っています。アメリカの経済指標はかなり悪いですが、それでもこれだけ「ドルのみ安くなる」という状態は、異常といえると思います。





多くの場合、ドルが安くなると円高が進行して、クロス円ではある程度どの通貨も落ちるんですが(今年の5月とかを思い出していただければわかりやすいと思います)、今回はドルのみ落ちている、しかもどこまで落ちるか底も全く見えないという状態です。






こういうときは、ドルが反発したら「異常な落ち込みを見せていたので、揺り戻すのは当然」となるでしょうし、逆にこのまま落ちても「あのような異常な落ち込みこそが前兆であった」となるでしょうし、どちらに転んでも「まあ、そうか」という感じで、はっきりいって予想は非常に難しいです。





また、こういう時はテクニカル分析はあまり意味をもちませんというのも、テクニカル分析が有用な理由というのは、

① 過去の傾向を分析することで、相場の「ある程度こう動くだろう」という癖をつかむ

② また、仮にそのような傾向が単なる統計上の綾であっても、少なくとも多くの人が「こう動くだろう」と信じることで、予言の自己実現的に相場が動く。相場というのは需要と供給で決まるため、多くの人が上がると思えば上がり、下がると思えば下がるものなので、こういった予言の自己実現効果も馬鹿になりません。



という2つですが、①については過去の正常な状態を前提としたものであるため、異常な状態にはあてはまりませんし、また、②についても、短期的な動きについては確かにあてはまるでしょうが、長期的にはむしろ「これからファンダメンタルズ的な要素でどうなるか」という方に投資家の注目が集まるため、あまり注目されず意味をもたないというのがその理由です。






ですから、こういうときは、ファンダメンタルズ分析が不可欠になってきます。





「私は短期トレーディングしかしないから関係ない」と思う人もいるかもしれませんが、今年の5月のダウ平均の異常な値下げでドルが暴落したときのことを思い出していただきたいのですが、短期トレーディングでもファンダメンタルズ情報は不可欠です。あの時は、ダウ平均が暴落してからしばらく落ちていましたので、早く気づいていれば気づいているだけ、大きな利益を手に入れることができました。





さらにいうと、短期トレーディングでも、長期的な視野がなければ勝つのはかなり難しいです。というのも、たとえば「長期で上げのトレンド」というのさえわかっていれば、当然上がるときの方が下がる時より多いので、極端な話、適当に買いのポジションを持つだけでも50%以上の勝率となるからです。






ですから、こういった時に大事なのは、

① 長期的な視野を持つ

② タイムリーに為替に影響する情報を手に入れる


という2点です。




では、どうやって長期的な視野を持ち、かつ、タイムリーに情報を手に入れればいいのか。




私がおすすめするのは、様々な専門家のレポートを読み、さらに、多くのニュース情報を適時に集めるということです。具体的な方法は、過去の記事で書いたので、


長期分析の仕方は、私のFX投資戦略と使っているツールを公開します その1

タイムリーに為替情報を集める方法は私のFX投資戦略と使っているツールを公開します その3


をご参照ください。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る

FX戦略研究に戻る


コメント

  1. WIN | URL | -

    今日の記事は非常に同感です
    テクニカルなど関係ない相場もありますので、手を出さないことも大事ですよね^^

  2. Yuki | URL | A1/W7/qI

    そう、休むも相場なんですよね、大事なのは。
    ただ、こういう時って、案外簡単に儲かるチャンスもあるので、難しいところではありますよねw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kawase-fx-lab.com/tb.php/62-64978a64
この記事へのトラックバック