FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2018年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2018年

暴落しているNYダウは今後どうなる?NYダウの見通し予想2018年

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

ウォール街でもAI(人工知能)が主役に!FXトレーダーはどうなる?

トライオートETFは本当に何もしなくて儲かるのか?自動売買の運用成績公開!

日経平均は今後どうなる?日経平均見通し予想2018年

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2018年 | 最新のFXスプレッド比較
FXおすすめ業者比較2018年 | FX会社を総合力で比較
FXスワップおすすめ業者比較2017 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは何故最近暴落したのか?その理由と今後の見通し
NYダウ今後の見通しと、おすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2018年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2018年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2018年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2018年

何故為替は動くのか

2010年04月26日 23:07

FX投資をやる上で、絶対に避けては通れない論点として、「為替の動き」というものがあります。「自分はスワップ運用するだけだから関係ない」と思われる方もいるかもしれませんが、スワップ運用であったとしても、為替レートが下がれば含み損を抱えて決済するときには大損を出すことになりますし、下手をすると強制決済されてしまう可能性もあるからです。





このように、FX投資においては為替の動きというのはどういう形であれ非常に重要となってくるのですが、そもそも何故為替市場は動くのかご存知でしょうか?





為替が動く理由、それはその通貨に対する「需要と供給」によって決められます。つまり例えばみんながドルを欲しいと思えばドルは高くなるし、逆にドルはいらないと思えばドルは安くなるということですね。






「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、それでは、そう思った人に質問です。「じゃあ、その需要と供給ってどうやって決められるんですか?」





まず簡単な方として、供給については、その通貨を発行している国(あるいはEUのような連合)の中央銀行が発行する紙幣の量によって決まります。では需要はどうでしょう。






実は、この需要のほとんどは、貿易などの実際に通貨が必要な需要(実需と呼ばれます)ではなく、「投資による資金移動」であることをご存知でしょうか?







東京外国為替市場における年間取引量は、日本の貿易の年間輸出、輸入の合計額の50倍をも超える取引が行われております。






もちろん、その中には貿易に絡めたリスクヘッジとしての取引(例えば10日後に100ドル入ってくるとしたら、それまでの間にドルが値下がりして損を出すのを避けるために、ドルを売建しておくこと。こうすればドルがあがったら入ってくる100ドルの価値が上がる一方売建したドルに損が出ることで結局相殺され、逆にドルが下がっても入ってくる100ドルの価値は下がる一方売建したドルで利益が出て損益が相殺され、いずれにせよ損失が相殺される状態になります)などもあるため、一概に「すべてが投機的取引だ」とは言えませんが、実需以外の要因が如何に大きいかがわかると思います。





「実需じゃなくて投資需要が大きいと何か違うの?」と思われるかもしれませんが、これは非常に大きな違いです。






何故なら、需要を予測する際には、「実際にドルがどれほど必要になるか」を予想してもあまり大きな意味はなく、むしろ「みんなが資産としてのドルをどれくらい欲しいと思うか」と言う点を予想しなければならないということになるからです。





これは経済学的には「為替のアセット・アプローチ」と呼ばれるもので、現在学会でも主流となっている考え方です。つまり、為替の変動は「その通貨にどれだけ資産とししての価値(=投資対象としての魅力)を感じるか」によってきまるということです。





ですから、為替変動を予測するときには、なにより「これから投資家がどのように動くと考えられるか」という点を考えるのが大事ということになるのです。それでは、その投資家の動きを予想するにはどうすればいいのか。






それが前回の記事でもちらっと解説した、「ファンダメンタルズ」と「テクニカル」という手法になってくるわけです。






これらについての詳細な解説は次回にしますが、つまり、「ファンダメンタルズ」にしても「テクニカル」にしても、重要なのは「みんながどう考えるか」であるという点を心にとどめておいてください。「ファンダメンタルズ」と「テクニカル」というと相反する考え方のように思われることが多いですが、両者はいずれも「みんなが次に為替はどうなると考えそうか」というのを示す指標という点で、同じだということです。














ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング






トップに戻る

FX戦略研究に戻る