ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

ファンダメンタルズ超基礎~良いインフレと悪いインフレ~

2011年01月10日 17:29

前回の予告通り、金利も上がり貨幣価値も上がる状態のインフレについて説明したいと思います。よろしければ前回のファンダメンタルズ超基礎~インフレ・デフレの為替に与える影響~もお読みください。





まず、そもそもFXで通貨の値段が上がったり下がったりするのは、何故でしょうか?





それは、その通貨が多くの人から欲しがられるからです。通貨というのは相対取引ですから、買われれば買われるほど値段も上がりますし、逆に売られれば売られるほど値段も下がります。





では、どういうときにその通貨をほしいと思うでしょうか?それはおそらく皆同じで、

1 その通貨を買えば高い金利がもらえる
2 その国の経済が安定していて、今後も成長を続けそう



という状況ではないでしょうか?





もちろんテクニカル的な要因も売買に影響を与えてきますが長期的に為替に大きなインパクトをもたらすのは、テクニカルではなくファンダメンタルズ的な要因となります。それについてはユーロが安くなったのもテクニカルではなくEU経済への不安視ですし、ドルが安くなったのもリーマン・ショックに始まる米経済の停滞です。また、短期的にも米国の経済指標がテクニカル以上に価格変動要因になることからもわかると思います。





つまり、長期的に安定して成長しそうで、かつ金利が高いとその通貨の値段はどんどん上がっていくということですね。




では、それとインフレ・デフレに何の関係があるのか。




まず、基本的に、インフレについては「緩やかなインフレ」というのが、実は一番望ましいとされます。というのも、緩やかなインフレというのは、「少しずつものの値段が上がっていくと思うから、圧倒的ではないけど皆適度に物を買うことについて刺激を受けている」という状態であり、みんな物を買えば企業が儲かる→倒産やリストラが減って雇用安定→消費安定という好循環ができるからです。





前回「適正なインフレの数値は国によって違う」と書きましたが、少なくともインフレ目標地をマイナスにしているところは私は知りませんし、おそらくないと思います。このように、適度なインフレというのが一番望ましい状態なんです。そして、そういう時であれば「高い金利と高い成長率」を両立することができ、スワップポイントも通貨価値も両方上昇するという、まさに「買えば儲かる」という状態になっているわけです。







ただ、これもいきすぎると問題になってきます。というのも、

皆今後も色々物の値段が上がると思う→今のうちに買おうと思う→需要と供給の原則で、需要が多いものは当然値上がりする→皆さらに物の値段が上がると思う→みんなさらに今のうちに買おうと思う→無限ループ


という、いわゆるインフレスパイラルになるからです。




これの問題点は具体的には2つあり、



1 物の値段はあがっても、それにあわせて賃金は基本的には上がらず、そのまま据え置かれることが多い。また、年金受給者なども同様に、物の値段があがってるのに、もらえるお金はそのままという状態になる。そのため、生活が苦しくなる。極端な例だと、第二次世界大戦前のドイツのハイパーインフレみたいに、カートいっぱいの札束がないと買い物にいけず、国民の生活が苦しくなったというのがあります



2 1の効果で実質的に生活が苦しくなる→消費を控えるという実需の側面や、あるいはそもそも値上がりが永遠に続くなんて誰も思い続けないので、いずれインフレは終わります。が、その時の暴落がハンパなく、大変なことになります。日本の不動産バブルの崩壊とかを考えてもらえればわかるんですが、こうなるとかなりしゃれにならない暴落が起こります。そして当たり前ですがそのダメージは、インフレで過剰評価された分が大きければ大きいほどダメージもでかくなります。





このように、インフレが高くなりすぎても経済が悪化してしまいます。ですから、「適度なインフレ率を超えたインフレ」というのはたとえ金利が高くても経済の成長に限界が見えるので、むしろ売られやすく、それによって通貨価値も下がっていくということです。





ちなみに参考までに、デフレの問題は上と全く逆で、


物が値下がりするとおもう→じゃあもうちょっとまとうと思って買い控える→需要と供給の関係で、売れないものは値下がりする→さらに物が値下がりすると思う→無限ループ


というように、いわゆるデフレスパイラルで、物がどんどん売れなくなって企業が倒産します。





こうなってくると、「この国は長期的にも経済がだめになる」と思われて、むしろその国の通貨は売られますし、2000年初頭の「ゼロ金利政策」というのを思い出してもらえればわかるように、金利も下がります。





そして、一般的にデフレでは企業倒産や人々の所得の減少の方が値下がり以上に大きな影響をもたらすため、「物の値段が下がったからだから買おう」という反発が起こりづらく、これがデフレを脱却しにくい理由になります。






一方インフレの場合、中央銀行による徹底的な利上げにより、インフレ自体を収めることはできますが、その場合反動で大きなデフレになってしまいやすく、そのためあまり激しい政策をとりにくいということもあります。







こんなところでしょうか。






最近しばらくファンダメンタルズ的な話が続いたので、次回はテクニカル的な話をしたいと思います。次回もよろしくお願いします。







ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る