ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


EUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その2

2011年02月01日 21:51

さて、第二回です。前回を見ていない方は、EUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その1もご覧ください。



現在EUR/USDはこの記事を書き始めた時から比べてもかなり伸びてきていて、1.38に届くかというレベルまで上がりました。しかし、それでも私はやはり今後EUR/USDは反発し、下がるだろうと思っております。ちなみに、私の資金計画では、1.45まで上がらない限り大丈夫ですので、まあ、毎日少しずつマイナススワップ支払いながら頑張っております(笑





前回EUの財政問題は全く片がついていないという話をしましたが、では、これだけだと疑問を持った人もいると思います。





そう、「じゃあ結局適正価格っていくらで、今本当に過大計上されてるの?」ということです。






私はユーロが潰れて無価値になるとは全く思っていませんし(そんなことになったらおそらく第三次世界大戦クラスの大混乱が起こり、下手したら人類が滅亡しかねないくらいだと思っています。ドイツ一国がハイパーインフレになっただけで第二次世界大戦が起こったくらいですから)、ならここで大事になってくるのは「どこが適正水準か」です。






では、適正水準というのはどうやって考えるのでしょうか。






実は、為替の世界では「これだ!」と言えるようなものってないんですね。というのも、やはり為替というのは金利であったり成長率であったり将来性であったり各国の政治的思惑であったりと、とにかく色々な要素で変動するからです。だから、これを見れば大丈夫というものはありませんし、それが見つかったなら誰にも教えないでこっそりと取引する錬金術にすればいいというレベルのものですw







とはいえ、全くないわけでもありません。






実は、経済学の世界では昔からある伝統的な理論の一つで、かつ、適正水準が「いくらか」というのを明確に示せる指標があります。







それは、購買力平価です。








購買力平価というのは、簡単にいえば、「りんご1個の値段が日本では100円であり、アメリカでは1ドルなら、1ドル=100円だろう」という理論で、それを物価全体に広げたようなものです。






そのユーロドルの購買力平価は


http://www.iima.or.jp/pdf/PPP/euro_doll.pdf


で見ることができます。






ここであるように、ユーロ危機だと言われ続けながら、実際には相場は購買力平価よりかなり上に行っているのです。






そして、ユーロドルという通貨ペアがそういう性格を持つペアかといえば決してそういう事はなく、購買力平価を下回ることもありうる通貨だということもわかります。





今でも1.37くらいなので、つまり、現状においてすら購買力平価に比べてかなり高い評価をされているということです





もちろん購買力平価というのがあくまで頭の硬い伝統的理論にすぎず、実際にはこれと関係なく相場が動くこともよくあるということは理解しておりますが、それでも最も伝統的なファイナンス理論の一つでロジックもしっかりしたものの一つである購買力平価において、現時点においても高すぎる評価というのは、前述のユーロリスクが解消していないことも含めて考えれば、かなりマイナスになりうる材料だと思っております。







以上がファンダメンタルズ的視点でみたユーロドルの割高感の理由です。次回はテクニカル的に分析したいと思います。次回もよろしくお願いします。











ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/75-d7a28dcb
    この記事へのトラックバック