ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


EUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その3

2011年02月14日 23:05

さて、現在予想通りEUR/USDが下がり気味でちょっと嬉しい感じですが、今回が最後の理由である、「テクニカル分析的に見た下がる理由」です。まだ以前の回を見ていない方は、

EUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その1

EUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その2

からご覧ください。「下がった後でさも私は予想してましたと後付でいう」的な嘘ではないことが確認できると思いますw






「もうかなり下がってるし、今更・・・・・」と思われるかもしれませんが、ご安心ください。





私の予想では、さらに下がりますし、私もそれに備えてさらに売り建てております。






さらに下がると考える一つの根拠は、前回も書いた購買力平価の水準より比べてまだまだ高いというのが1つの理由なんですが、実は、テクニカル的にもまだ割高と考えられる要素があります。






というわけで、まずはチャートをご覧ください。ちなみに、チャートはマネーパートナーズで、ロウソク足ではなく平均足で表示していることにご留意ください(私はロウソク足より平均足の方がトレンドもわかりやすいので好んで使っております)






まずは日足から。





hiashi.jpg





これは300本表示(つまり、300日で、約1年分)なのですが、これを見ると、昨年はギリシャ危機等色々あったとはいえ、かなり安定的なボラティリティで、レンジ相場になっていることがわかると思います。そして、今の水準でも全体的に見ると割高感のあるレートでもあります(そこまで圧倒的に割高ではないですが)




ボリンジャーバンドではちょうど中間点であり、ここから下がるか上がるかによって今後のトレンドはわかれるかなあという感じです。とはいえ、平均足で陽線から陰線にかわり、かつ、トレンドラインで見ても下げのトレンドであることから、今後下がる可能性のほうが高いと思います。





次に週足を見ましょう。




shuuashi.jpg






ペイントの扱いが下手なため若干ずれてますが(苦笑)、白でトレンドラインを引いてみました。これを見ると、2008年以降全体的に下げのトレンドで、現状もそのトレンドラインを破ることなく下がっていて、まだまだ下がる余地があることがわかります。やはりボリンジャーバンドでは中間点でありわかりづらいですが、トレンドラインと現時点で陰線であることから、日足と同じ論理で今後は下がる可能性のほうが高いと思っております。






2008年7月までは上げのトレンドでしたが、それも完全にブレイクして、今は下げのトレンドラインと見るのが素直な見方かなあと思います。







そして、次に「買われすぎ、売られすぎ」の数値を示すRSIを見てみましょう。まず、日足で。






hiashiRSI.jpg






30,50,70が綺麗に反発ラインとなっていて、現状日足レベルでは反発するか、レンジブレイクして落ちるか微妙な感じに見えると思います。では、次に週足という、もう少し大きな単位で見るとどうなるか見てみましょう。






shuashiRSI.jpg






これもやはり50%付近で迷っている様子が見えます。






つまり、結論としてどうかというと現時点ではかなり相場が迷っているが、長期的には下がりそうだし、少なくとも下がることはいずれかならずあるという感じです。






テクニカルだけではなく、ファンダメンタルズ的にも特に上がる要因がないのに対し(最近の状況を見る限り利上げはなさそうですし、購買力平価で見てもまだまだ割高感があるレベルです)、マーケットの状況次第ではいつ下がってもおかしくないですし、まあ、そう見るのは特に致命的な問題にはならないかなあと。









私の過去の経験からすると、「短期的にもレンジを越えて下がる」というイメージを持っておりますが、論理的には上で述べたように、「今は相場が迷っているが、長期的には下がりそう」くらいのイメージを持っておくのが妥当だと思います。ですから、RSIが50%を綺麗に割ったり、ボリンジャーバンドが中間点を綺麗に割ったあたりで売りを入れるのが妥当かなあと思います。






繰り返しになりますが、私個人の意見としては今の時点で売っていいと思うんですが、普通に考えると上記のように「確実に売り相場」と思えるくらいまでまって、それでも割高感がある時に売るというやり方がいいと思います。





こう考えると、私自身の行動も必ずしもロジカルではないんだなあとちょっと反省しますが、まあ、破産するほどの金額を投資してるわけでもないですし、そういう「自分の信念に準じて行動する」みたいなのがちょっとくらいあってもいいかなあと思い、さらに売り浴びせをしております(笑





ちなみに、若干裏話的な話しになるんですが、私がEUR/USDで売りナンピンをすべき3つの理由、その1を書いていた時点ではテクニカル的に見ても明らかに売りの相場だったんですが、今結構下がってしまったがためにこういう「微妙な記事」になってしまってたりします(笑







そんな感じです。次回は、「ではどういう風にトレードをすべきか」というのを書きたいと思います。次回もよろしくお願いいたします。











ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング









トップに戻る