ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


何故為替は動くのか~ファンダメンタルズ分析~

2010年04月28日 22:05

前回の記事では、為替が動く理由を「投資家の通貨への需要」が原因であり、その中で為替の未来を予測する方法として「ファンダメンタルズ」と「テクニカル」の二つの分析方法があることを説明しました。





今回は、「ファンダメンタルズ分析」について説明をしたいと思います。





まず、ファンダメンタルズ分析というのは、非常に大雑把にいってしまえば、「この国の経済状況がこうだから、為替はもっと上がるはず(あるいは下がるはず)」と予測することです。例えば、「アメリカ経済はこれから持ち直すだろうからドルを買っておこう」とか、逆に「アメリカ経済はだめになるだろうからドルを売っておこう」という感じです。





この方法は、実体経済と言うしっかりと実体のあるものをバックに持つため、確実性のある予測をすることができます。ですが、この方法には、一つ大きな落とし穴があります。





それは、「じゃあ、経済って何?」ということです。





人によっては、「GDPの成長率だ」というでしょう。また別の人であれば「消費者の景況感だ」というでしょう。また、海外の高い金利を目的として投資をしている人は、「金利」という指標を重視するでしょう。このように、「ファンダメンタルズ」と一言で言っても、「どの指標が大事なのか」というのが分からないということです。





「じゃあファンダメンタルズって役に立たないの?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。大事なのは、「どの指標を見ればいいか」ということです。





で、ここで思い出していただきたいのが、前回の記事でも書いたように、「為替が動く理由は、投資家の期待だ」ということです。「投資家の期待」、つまり究極的にはこれが大事なんですね。ここから、ファンダメンタルズ分析を行う上で重要な、2つのことが分かります。





まず1つ目は、「どの指標を見るか」ということです。これはつまり、「その時の投資家が気にしているであろう指標」ということです。これではなんの答えにもならないように思われるでしょうが、例をあげて説明したいと思います。






例えば、今のアメリカ経済の「問題」というのは一般になんだと考えられているでしょうか?それは、サブプライムの破綻からはじまった金融商品や不動産への信頼の低下、さらにはそういった経済の停滞に伴なう大量失業というのが「一般的な」回答ではないでしょうか。





ということは、じゃあ「金融商品市場や不動産市況が活性化した」とか、「雇用が改善された」というニュースは、当然投資家も重要視するものとなるはずです。実際、ここ1年くらい、「非農業部門雇用者数」や「中古住宅販売件数」がドルレートに非常に大きな影響を与えております。一方で、オーストラリアドルや南アフリカランドなどは、高金利を狙った投資が多いと考えられるため、金利の低下などが起これば大幅に価値を下げる可能性もあります。






このように、「その国の経済状態で、今どこが注目されるだろうか」ということを考えて、そこで重要と考えられる指標を見るようにするというのが答えとなります。これは「どこの国か」というのや、「いつの時代か」というのが非常に重要になってきます。実際に、アメリカの貿易赤字が拡大していた頃には、貿易収支が一番重要な指標とされておりました。「今この国の経済ではここが注目されている」ということをきちんと考えるのが大事だというのが、1つ目のポイントです。





2つ目のポイントは、「大事なのは投資家の期待だ」ということで、つまり、実際に何かが発表される前でも、その国の指標について「マーケットの予想」が出た時点で、価格に反映されるということです。この「予想」には経済アナリストの分析もあれば、政治家の発言なども影響を与えます。






ですから、例えば「アメリカで非農業部門雇用が6万人の増加となった」ということが発表されたとしても、それ以前の予想で「20万人の増加」となっていれば、予想より低い結果となっているため、ドルの価値は下がる可能性が高いということです。





この市場の予想というのは、FX業者に口座を開いていれば、様々な情報をFX業者が提供してくれて、それである程度把握することができます。「ある程度」というのはこれはあくまで「予想」ですから、色々な見方があるのが当然で、そこの業者が出す情報というのは、あくまでその中の一つに過ぎないから「ある程度」としました。だからこそ、FXはできるだけ多くの業者に口座を持つべきなのですが、それについては後日詳しい記事を書きたいと思います。






とにかく、経済指標が発表されるときに大事なのはあくまで「予想と比べてどうか」ということであって、経済指標を単体で見てもあまり意味はないと言うことです。






以上のように、ファンダメンタルズ分析においては、「投資家がどの指標を重視していて、そして、それがどうなると予想されているか」というのが一番大切になってきます。そこを意識して投資するだけでも、結果はかなり変わってくると思います。








さて、次回は「テクニカル分析」について、その「意義」を書きたいと思います。「そもそもなんでチャート見ただけで未来の予想がつくはずがあるの?」という疑問にお答えしますので、お楽しみに。














ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ    ブログ為替レート    FXランキング




トップに戻る

FX戦略研究に戻る


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/8-87bc101b
    この記事へのトラックバック