ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較

スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年

くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年

はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~

無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

2012年、大きな流れの予想

2012年01月22日 23:17

本当は先週更新の予定だったのですが、遅れてしまいすみませんでした。




ちょっともう今更感も若干ありますが、自分が予想していることは先週からまだ何も起こっていないので、ここで予想として書かせていただきたいと思います。





今回はまず、昨年の大きな出来事と、それが今年為替に与える影響をみたいと思います。





まず、昨年は何度も書いたように、様々なことが起こりました。前回もあげたことですが、また書きますと、



・アラブ諸国でのデモや暴動

・リビア内戦

・東日本大震災と原発事故

・日本の為替介入

・ビンラディンの死

・EUの危機

・金正日の死




などですね。このように、世界的な大事件が、続々と起こった年でした。




ですが、意外なことに為替の動きは実は例年と比べて小さいのです。





以下のチャートを見てください。なお、チャートはマネーパートナーズのものを使っております。ここは私の投資戦略及び取引ツールを公開します~その2~でも書いたように、私にとって実際にトレードで使っている、非常に使い勝手のいいお気に入りのところですw





ドル円の月足チャート


USD JPY





これを見ると、2011年はかなり動きの小さな年だったとわかります。






それでは、他の通貨ではどうでしょうか。他の代表的通貨ペアとして、ユーロ円、ユーロドル、英ポンド円の3つの月足チャートを表示します。





ユーロ円

EUR JPY




ユーロドル

EUR USD



英ポンド円


GBP JPY




ユーロはさすがにそれなりに動いておりますが、しかしそれでも例年と比べて特段大きいとは言えず、これだけの事件があった年にしては驚くほど小さい動きです。





では、これは何を意味するのでしょうか。





まずひとつは、これらの事件の多くが、何かを起こす最初の引き金にはなりえても、短期的な影響としてはそこまで大きくないものが多く、短期的にこれをする、というより、むしろ「こういうことも起こりえるためそれも考えつつトレードをする」という認識になるものだということです。





例えばひとつの例としてビンラディンの死という事象を取り上げると、これが「代表的なテロリストの死」というのは事実として間違い無いですが、だからといって「だからもうテロは起きない」ということも、「だからこそその復讐のためにテロが起こる」ということも、どちらも一概には言えず、将来そうなってみてはじめて「彼の死によって~となった」と言われる類の事象です。





このように、短期的にこうと言えない事象では、為替は一時的に軽く動いても、実際にことが起こるまではすぐに戻るのがほとんどなのです。





そしてもう一つ言えるのが、だからこそ昨年はエネルギーを貯めこむ段階で、動き出したら尋常じゃなく大きな動きとなりうるということです。





先ほどの例では、それこそアメリカで再び大きなテロが起きて、それによって対テロ戦争に世論が傾くということが起こったりすれば、大きな動きとなりうるでしょう。





そして、昨年あれほど色々な事件が起こり、「伏線」が様々な場所に張られたことを考えると、今年は極めて大きな動きが起こる可能性が高い年と言えます。





ですから、情報アンテナをしっかり張り巡らし、この事件が何を意味するのか、こういうことが起こったらどうなるのかということを常日頃考えながら、実際に起った時にいち早く行動することが大事になります。





なお、情報の集め方としてはファンダメンタルズ分析でのFX投資~為替ニュースのおすすめ業者~で詳しく説明しておりますので、そちらもご覧になっていただければと思います。





今回はここまでとします。次回は、「では具体的にどういったことが起こりうるのか」という、私が考えている可能性の中で大きめのものをいくつか紹介したいと思います。次回もよろしくお願いいたします。










ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 


トップに戻る