ピックアップ記事

どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2017年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2017年


ドル円スプレッドが実質無料!?凄いキャンペーンをしているFX会社が出ました!
【期間限定】米ドル円スプレッド実質無料キャンペーンのあるFX会社とは?


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2017年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


金融緩和で円安になる理由

2012年03月11日 00:43

知人と話していて、FXをやっている人でも、「何故金融緩和で円安がすすみ、引き締めでレートが上がるのか」というのをわかっていない人が多いんだなあと思い、急遽この記事を書くことにしました。というわけで、今回は、「緩和したら通貨安になるのは知ってるけど、なんで?」という人、もしくは「そもそも金融緩和って通貨安になるの?」という人向けに、FXの基礎知識をお伝えします。




・ そもそも金融緩和って何をすること?





まず、そもそも金融緩和とは何か、ということを考えたいと思います。字面通り解釈すれば「金融を緩和する」という、なんとなく「財布の紐を緩める」に近い印象ではないでしょうか。




実はその印象が大正解で、やることは「市場にお金をまわすために、日銀から銀行とかに貸し出す金利を下げる政策」をとるということです。





金利というと一般的に「銀行に預けてもらう金利」というイメージや、「ローンの金利」というイメージかも知れませんが、市場では基本的に「借りる時にかかる金利」と考えておくといいと思います。つまり、イメージとしては「ローンの金利」という感じですね。





この金利が下がれば、当然お金を借りやすくなるので、銀行は日銀からお金を借りる=市場にお金が回ることになります。そして、銀行もお金が多くあればそれをただ持っておくだけでは変わらないので、お金を企業に貸すことで金利を得ようとしますが、お金が余っている以上、金利を低くしてでも貸し出したくなります。




そこで企業としてはお金を借りやすくなります。すると、企業としてもお金をただ持っているだけでは意味が無いので例えば新しく人を雇ったり、新しい設備に投資したりと、お金を使うようになり、結果景気がよくなります。





ここまで書くと「経済にいいことじゃないか」と思われるでしょう。実際に、日本において必要なのは、間違いなく金融の緩和です。では、それなのに何故円安が進むのでしょうか?





・ 金融緩和で何故円安になる?







皆さん、何故円安になるかわかったでしょうか?





答えは、「金利の低下」です。





あれ?さっき金利が低下したほうが経済にいい影響を与えるって言わなかったっけ?と思うかもしれません。ですが、今度は逆の目線で見てください。先ほどの「預金利息」と「ローンの金利」でいうと、預金利息の方ですね。





当然ながら、「そこの通貨を持つ」という視点で見れば金利が高いほうがいいに決まっています。ですが、金融緩和というのは金利を下げる行為です。したがって、金利が下がれば「その通貨を持つ意味」は下がり、その結果その通貨の価値は下がります。




また、経済学的な視点で言うと、金融緩和というのは「通貨量を増やす」ということなので、逆に言えば「その通貨の価値を下げる」ということになります(今まではレアだったものが出まわって希少性がなくなることをイメージしてもらえばわかりやすいかと思います)





こうした理由から、金融緩和は通貨安を起こします。





だからこそ、ドルにとって金融緩和(=QE3)が色々な争点になり、また、円でもインフレ率1%まで金融緩和をしまくるという姿勢が円安を引き起こしたりするんですね。








また、無料の情報だけで金融政策が行われたとき、どうやってそれを知ればいいのでしょうか?これについては、例えば、翌日の新聞とかあるいはYahooのトップを見ればわかります。ただし、新聞にしろYahooにしろ、どちらも「速報性」がなく、自分が知った時にはもう皆知っていて、「あ、もう円安になった後だった」ということで、何も利益を得られない状態になってしまいます。






では、そういう情報を、どうやって素早く適切に集めるのでしょうか?それについては、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で詳しく書いてありますので、こちらもあわせてご参考にしてください。







もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加