ピックアップ記事

DMMFX


どこで取引するかで利益が数十万円違う!?FX業者選びの重要性と、毎月更新のFX業者ランキング
FXおすすめ業者総合ランキング2016年 | 総合力で比較
FXスキャルピングおすすめ業者2016年 | 最新のFXスプレッド比較


スキャルピングで口座凍結!?それを避けるためには?
スキャルピングが嫌がられる理由と、スキャル歓迎業者2016年


くりっく365、全17社すべてを比較し、どこがおすすめか検証しています!
くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較


FXで節税するには?確定申告から、合法的な節税方法まで徹底解説!(平成28年度申告対応!)
FXの税金対策2016年版 | 節税から確定申告のやり方まで解説するレポート


半年で600万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法


テクニカル指標の売買シグナルが一覧で見れる!?みらいチャートがさらに進化しました
みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加


自動売買で年収益率260%超のものも!?
フルオートの使い方・設定方法 | 自動売買で年間収益率260%超!?


くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介
4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!NYダウ今後の見通しとおすすめ業者2016年
配当年間約3万円!日経平均株価(日経225)の今後の見通し予想とおすすめ業者2016年
7か月で元本が2倍に!?くりっく株365の日経225×トラリピで運用 | おすすめ設定と取引方法


人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!おすすめの投資法やFX業者の紹介もしてます!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想2016年と、FXおすすめ業者
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り7%!
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2016年 | スワップ利回り9.5%!
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2016年 | スワップ利回り9.7%!
中国株価(上海総合指数)・経済の今後の見通し2016年-暴落はまた起こるのか?-


外貨の為替変動リスクを抑えて高金利通貨に投資する裏技とは!?
リスクオフに備える!高金利通貨(豪ドル・NZドル)の為替変動リスクを減らして買う方法


業界最安値水準のスプレッドで裁量トレード、収益率150%超の全自動売買が両方できる!?
トライオートFXの使い方と設定方法 | 裁量トレードと自動売買のやり方


限定キャンペーンのお知らせ!
セントラル短資FX、当サイト限定追加で7,000円のキャッシュバック!
JFX、当サイト限定追加で2,000円のキャッシュバック!
FXプライムbyGMO、当サイト限定追加で3,000円のキャッシュバック!
DMM FX、節税・確定申告についての限定レポート!


管理人がFX各社に取材訪問に行ってきました!その取材記録を公開します
岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!
岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!
外為オンラインに突撃取材!FX初心者におすすめの理由と取引方法
セントラル短資FXに取材訪問!強みとおすすめ取引方法(前編)
セントラルミラートレーダーはここが凄い!セントラル短資FX取材記事(後編)


FX初心者におすすめの業者は?FXをはじめるなら、まずはここでやってみましょう!
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 取引単位を小さく少額ではじめる
FX初心者向けおすすめ業者2016年 | 短期売買、長期のスワップ投資、自動売買まで色々試せる会社


スマホ取引おすすめFX業者を紹介します!
スマホ対応FX業者を選ぶポイントとおすすめ業者2016


ツールを使って自動で簡単に為替予想!その使い方と、精度を検証!
みらいチャートの使い方と精度を解説!


スキャルピングに最適なチャートを紹介します
Uチャートはスキャルピングに最適!FXスキャルピングおすすめチャート
スキャルピング用チャートの決定版、Uチャートが大幅に進化しました!


はじめに支払ったオプション料以上は絶対に損失が出ない注文方法を紹介します!
オフセット注文の使い方~損失リスクをオプション料に限定!~


無料でリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!


Pチャート(取引チャート)とみらいチャート(為替相場予想ツール)をレビュー!
Pチャート、みらいチャートの便利な使い方を解説します!


FXファンダメンタルズ基礎~消費税増税と為替の関係 その1~

2012年04月06日 22:53

昨今話題になっている消費税増税問題ですが、実はこれ、為替にも大きな影響を与えうることなので、今回書かせていだきます。なお、この記事は消費税増税に賛成する趣旨でも反対する趣旨でもなく、「どういうことが起こりうるか」ということを第三者的な視点からオーバービューするものですので、その点はご了承ください。




関連記事



くりっく365、10月1日に取引手数料を無料化したFX業者現る!

金融緩和で円安になる理由

無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!






まず、今何故増税をしようとしているかというと、少子高齢化の中、福祉にあてるお金が足りないからです。少子高齢化の中、医療、介護、年金などの費用についてどんどん不足して行っており、それを今までは国債を発行して埋めようとしてきたわけですが、それでも埋めきれない分は削減もされています。




例えば本来なら1兆円ずつ毎年増やしていかなければ従来の水準を保てないところを、8000億程度に抑えこんだり、あるいは社会保険料の値上なども行われています。




そこでそれに充てるために、今の閣議案では年金、医療、介護、少子化対策等の目的税として消費税を導入しようとしています。





「何故消費税なのか?」というと、消費税は生活必需品にもかかるため、かなり安定財源として確保できて、例えば不況になっていても安定的に1%あたり2兆円程度の税収になります。これに比べると法人税などは赤字だと払わなくてよいため、不況期にはがくっと落ちます。ですから、安定財源として消費税が狙われたわけです。




これが消費税増税をしようとするざっくりとした理由なのですが、では、この消費税増税が為替にどう影響するのでしょうか?




実は、海外では日本の消費税増税が望まれています。





例えばIMFも「消費税増税が不可欠(15%程度まで上げろ)」と言っていますし、また、格付け会社のムーディーズなども「消費税増税がなければ国債を格下げする」と言っています。




これは何故かというと、消費税を増税しないということは年々上がっていく社会保障費を国債でまかない続けるということを海外に印象付けてしまうからです。例えば、社会保障費削減といってもそこまでできないだろうと思われていますし、他の無駄な費用を削るといっても「本当にできるの?というかできるとしてもやるの?」と思われています。




現在日本は国債のほとんど全てを国内でまかなえていますが、消費税増税を行わない場合、国内保有率が60%程度になるのではないかという試算もあります。そうなった場合、GDP比でとてつもない債務残高を抱えている日本が「債務危機」となる危険もあるというのがその認識のベースとなるものです。




そうなってしまった場合、日本国債の金利が上がり(危ない通貨に投資するには、それに見合うだけのリターンが欲しいと思いますよね?)、重すぎる金利を負担しきれず日本が財政破綻、というシナリオもないとはいえません。




特にここで重要なのは、債務危機というのは「実際に危険だ」というより、「周囲から危険だと思われる」といことです。というのも、金利はあくまで市場参加者が「危険そうだから、これくらい利率が必要」という水準になるわけで、ここで考慮されるのは「本当に危険か」ではなく「危険そうか」だからです。




ちなみに、日本が債務危機に陥った場合、当たり前ですが円安になります。ですから、仮に消費税増税が覆った場合、円安方向に進むのは間違いないと思います。ただし、それは「良い円安」ではなく、「日本債務危ないんじゃないか?」という、あまりありがたくない円安です。






このように、消費税がどうなるかによって為替に大きな影響を与えます。ですから、そのニュースが出た瞬間に取引ができれば利益をあげることができるのですが、では、どうやってそういう情報をいち早く入手できるのでしょうか?例えば、翌日の新聞とかあるいはYahooのトップを見ればわかります。ただし、新聞にしろYahooにしろ、どちらも「速報性」がなく、自分が知った時にはもう皆知っていて、「あ、もう円安になった後だった」ということで、何も利益を得られない状態になってしまいます。






では、そういう情報を、どうやって素早く適切に集めるのでしょうか?それについては、無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!で詳しく書いてありますので、こちらもあわせてご参考にしてください。





また、ファンダメンタルズを中心とした知識を体系的に学びたければ、宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)のように、ちゃんとした有料なセミナーに参加するのも一つの手です。





・・・・さて、長くなったので今回はここまでにします。




ここまでは「消費税を増税しないと危ないよ」みたいなことを言っていますが、「じゃあ増税したら大丈夫なのか?」というのや、「そもそも本当に消費税増税というのが正しい選択なのか?」という話や、さらにいうと「債務危機になったとして、果たしていっきにデフォルトみたいなことが起こりうるのか」みたいな話も実はあるので、それを次回以降に書きたいと思います。



更新しました
FXファンダメンタルズ基礎~消費税増税は弱者に厳しい?~




【関連記事】


くりっく365、10月1日に取引手数料を無料化したFX業者現る!

金融緩和で円安になる理由

無料で為替ニュースを集める方法を紹介します!




【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。





ただいまブログランキングに参加しております。もしよろしければ、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kawase-fx-lab.com/tb.php/95-98daa87f
    この記事へのトラックバック