FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2017年

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

トルコリラは今後どうなる?トルコリラ為替の今後の見通し予想2017年

FX初心者おすすめ業者比較2017年 | 初心者向けFX会社とは?

これで新聞いらず!?無料で為替ニュースをもれなく集める方法とは?

NYダウは30年以上右肩上がり!?その秘密と、年間5万円もの配当をもらえる投資方法とは?

1万円から不動産投資で利回り5%~6%!?その投資方法を紹介します

世界の優良企業にまとめて分散投資できて、年間5万円の配当までもらえるくりっく株365とは?

ピックアップ記事

FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FX業者選びの重要性とおすすめFX業者
FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較
FXスワップおすすめ業者比較2017/11 | 高金利通貨の長期投資で比較
FX初心者おすすめ業者比較2017 | 初心者向けFX会社とは?
FXおすすめ業者比較2017年 | FX会社を総合力で比較

スキャルピングで口座凍結された!?それを避ける方法とは?
FXスキャルピングで口座凍結!?スキャル禁止の真偽と口座凍結対策

くりっく365って何?会社によって何が違うの?全17社比較した上で説明します
くりっく365おすすめ業者2017年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

全自動売買で年間800万円儲けている戦略も!?iサイクル注文の自動売買が凄い!
iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法

無料で漏れなくリアルタイムに為替ニュースを集めるには?
無料でリアルタイムの為替ニュースを集める方法を紹介します!

NYダウは30年以上右肩上がり!その理由と今後の見通しは?
NYダウ今後の見通しと、年間5万円も配当がもらえるおすすめの投資法

くりっく株365は年間数万円の配当をもらえることで話題沸騰中!くりっく株365を徹底解説
くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

過去のビッグデータから自動で為替予想するツールを紹介
みらいチャートの使い方と精度をレビュー

高配当を狙うなら、個別株とくりっく株365どっちがおすすめ?
株の高配当銘柄とくりっく株365、配当利回りはどちらが良いか比較

人気通貨・経済の見通しをほぼ毎月更新!
ドル円(米ドル)為替・アメリカ経済の今後の見通し予想と、FXおすすめ業者2017年
豪ドル(オーストラリアドル)為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
NZドル為替今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
南アフリカランド為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
トルコリラ為替の今後の見通しと、FXおすすめ業者2017年
ブラジルレアル為替の今後の見通しと、唯一の取扱いFX業者2017年
メキシコペソ為替・メキシコ経済今後の見通し予想2017年

指標発表時おすすめ口座

2012年05月01日 23:15

ご無沙汰しております。今年もいよいよGWに入りましたね。今年は例年に比べて祝日と土曜が重なりやすく、そのせいで休みが少ないですが、皆様はちゃんと休めてますでしょうか。




さて、日本ではGWとはいえ、為替の世界では全く関係なく平日扱いされ、日本では祝日の5/4に米国雇用統計という超重要指標が発表されます(笑





そこで、指標発表時にどこの口座を使えばいいか今回は説明します。





まず、重要指標の発表時と言うのは、やはり当然のことながら、注文が殺到します。というのも、その国の経済が予想より下がっていれば、誰が考えても為替は下がるため、みんな「一刻も早く売らないと」となりますし、逆に予想より上昇していれば「一刻も早く買わないと」となるためです。為替に一番の影響を与える「その国の経済」が発表されたわけですから、そのように注文が殺到するのも当然のことだと思います。






しかし、このように注文が殺到すると、一つ問題が発生します。





それは、「自分が狙っていた金額と、大きくズレる金額で約定されてしまった」ということです。重要指標発表時であれば、10pips(円をかませるなら10銭)くらい簡単に動きますし、一番最初に書いたように、数十銭単位でずれる(スリッページといいます)こともざらにあります。これだけずれてしまえば、例えばスプレッドが0.8銭とかでも、自分が狙ったのと10.8銭もずれてしまうことになります。





これだけずれると、例えば1lot(100万通貨単位)で取引していても、なんと1000円もの損になります。これは普通に取引をしている上では相当痛いことではないでしょうか。






そして、意外と知らない人が多いことなんですが、「逆指値注文」では、このスリッページが発生して、自分が狙ったのと違う金額で約定されることがあるということです。





これがどういうことかというと、自分の損切り額を適切に設定していても、重要指標発表時などのように注文が殺到すれば、自分が思っていた以上の損失を受けるリスクがあるということです。損切りの重要性については、損切りについてという記事でもさんざん書きましたが、投資家にとっての命綱であり、つまりそれがスリッページでずれてしまうということは、命綱が予想より長くなってしまって、地面にたたきつけられるリスクがあるということです。





このようにスリッページというのは恐ろしいものなのですが、これを回避するためにはどうすればいいのでしょうか。






答えは簡単、スリッページの少ない口座を開けばいいのです。そして、このスリッページが何故起こるかと言うと、それは「注文が多すぎてサーバーが処理しきれないため」ですから、十分に強いサーバーを持っている業者を選べばいいのです。




それでは、そのように強いサーバーを持つ口座はどこなのか。






まずは、マネーパートナーズがあげられます。








ここでは、スーパードームという世界最強とも呼ばれるサーバーを使用しており、ここの注文処理能力は1秒間に700件と、東証の1秒800件、大阪証券取引所の1秒550件と比べても遜色のない、非常に優秀なサーバーを誇ります。




また、FX業界では数少ない上場企業であり、さらにかつてサーバーが弱かった頃にサーバートラブルで注文にエラーが出た時も「顧客に有利な注文は成約したこととし、不利な注文はなかったことにした」というように、非常に会社としての信頼性が高いというのもポイントです。





ただ、このように非常に優秀なサービスがあるため、スプレッドは高め・・・だったのも今は昔、ドル円では0.5pips、ユーロ円でも1.5pipsと、平均的な水準になってきております。ちなみに、スプレッドの水準としては、スプレッド自慢の会社を比較したのが< a href="http://fxwhy.blog14.fc2.com/blog-entry-91.html">FXおすすめ業者~デイトレード編、スプレッド徹底比較~であります。




約定は確実にしてくれ、また、会社としての信頼性も非常に高いので、「ここぞ」というときの重要な取引の時に、信用できる口座として一つ持っておきたいところです。





口座開設や、さらに情報が欲しいときは


為替



からできます。







ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。