FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【実績利回り27%】ズロチユーロサヤ取りのやり方と、私の実績【エントリー・利確のタイミングも解説】

FXマイナススワップポイント比較(売りスワップ) | おすすめ3選2020年

2020年05月31日 14:49

売りでおすすめのFX口座



今回は、高金利通貨を売り建てしたい場合に、おすすめの投資方法と、マイナススワップが少なく、ショート口座としておすすめのFX業者を比較したうえで紹介します。



2020年は、新型コロナウィルスと、そこからの世界経済の後退見通しで株価や新興国通貨が大きく下げており、また、各国が軒並み利下げをしたことで、売りの方が利益をあげやすい環境になっております。



また、こういう相場が円高に傾きそうなときは、既に高金利通貨の買いポジションを持っている場合には、「売りも入れて両建てにすることで、為替リスクをヘッジする」といったこともできる場合があり、既に高金利通貨を持っていて、含み損が怖い場合にも売りは使えます



しかし、FXで売りポジションを持つ場合、マイナススワップポイントという問題があります。これは、高金利通貨を買った場合にスワップポイントが貰えるのと全く裏表の話で、逆に売りの場合には、マイナスでスワップポイントが発生する(=コストになる)というものです。



マイナススワップポイントは、決して馬鹿にならない金額で、例えば南アフリカランドを10万通貨売る場合、高い会社では1日600円のマイナススワップが発生します。これは、仮に1年間持てば、21万9,000円にもなります。なかなかとてつもない金額ですね。



そこで、今回は、このマイナススワップポイントを避けるための対策と、それでもマイナススワップポイントを発生させざるを得ない場合にどこで取引すればマイナススワップポイントが抑えられるかということを紹介したいと思います。



以下の順番で書いていきます。


マイナススワップポイントを回避するための対策

FX高金利通貨売りおすすめ業者2020年5月

FX高金利通貨マイナススワップ(売りスワップ)比較一覧表

通貨ペア別マイナススワップポイント(売りスワップ)比較ランキング

 米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 豪ドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 NZドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 南アフリカランド マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 トルコリラ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 メキシコペソ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較



マイナススワップポイントを回避するための対策





まず、マイナススワップポイントを回避するための対策から説明します。結論から言うと、デイトレード等、一日のうちにトレードを完結させれば、マイナススワップは発生しません



これは、スワップポイントもマイナススワップポイントも、日をまたいだ時点(ロールオーバーと言われます)で発生するものであるため、そこをまたがないと発生しないためです(厳密に言えば、ロールオーバー対象となる早朝の時間帯なのですが、基本的には発生しないという認識で問題ないと思います)



そのため、一番簡単なマイナススワップポイント対策は、デイトレードやスキャルピング等短期トレードにすることです。



しかし、必ずしも1日の中でトレードを完結させられるわけではなく、数日単位で持ちたいときもあると思います。また、両建ての場合だと、数年単位で両建てを考えることもあり、そうした場合、マイナススワップポイントを回避することはできません。



そこで、次にマイナススワップポイントが少ないFX業者を紹介したいと思います。また、売りの場合、多くはそこまで長い期間を想定しないトレードであったり、あるいは両建てのように「最初のスプレッド分をいつまでに回収するか」というように、スプレッドも重要だと考えられるため、スプレッドについても記載しております。



FX高金利通貨売りおすすめ業者2020年5月





では、今月の高金利通貨売りでのおすすめFX業者を紹介したいと思います。下で見てもらうと分かるように、取引したい通貨ペアであったり、取引単位(万単位か千単位か等)によってもどこが良いかは変わってきますし、マイナススワップポイントは日々変動して、今日はここがトップであったものの、明日は違うところ、ということも往々にしてあります。



そのため、下であげた口座は、とりあえず持っておいて、使いたくなった時に使うというのがおすすめです。FXでは、口座開設手数料、口座維持手数料は無料で、口座開設をすること自体は特にデメリットはないので、とにかく色々な会社の口座を持つだけ持ってみて、その上で使い比べてみるのがおすすめです(例えば当サイト管理人は20社以上FX口座を持っており、中には最近全く使ってない口座もあります(笑))




トレイダーズ証券[みんなのFX]

買いスワップ=売りスワップで安心!

  • 全体的にマイナススワップがトップクラスに安い
  • スプレッドはほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • スプレッド提示率約99%と高い提示率
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定FX戦略レポートが貰える
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • マイナススワップはほとんどみんなのFXと同じ(一部違う通貨あり)
  • スプレッドはみんなのFXと同じでほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXと用途を分けて使い分けしたい
  • 当サイト限定FX戦略レポートが貰える
  • DMMFX

    豪ドル、NZドル売りならここ!

  • 豪ドル、NZドルでマイナススワップポイントが少ない
  • 他の通貨も全体的にトップクラスで、売りに向いている
  • スプレッドはどの通貨も最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※1)。とにかく人気の口座
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 当サイトから申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックがもらえる


  • ※1 2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)
    ※2 ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
    ※3 矢野経済研究所が実施した、主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストによる



    みんなのFXのマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    みんなのFXといえば、高金利通貨の買いで使われることが多い会社ですが、最近はドルやトルコリラ、メキシコペソについては、売りスワップが最安値水準となっており、他の通貨のマイナススワップもトップクラスになっております。



    この背景には、みんなのFXは、買いスワップと売りスワップを同額で設定しているということがあり、かつ、最近そこまでスワップポイントが高くないこともあって、マイナススワップで見ると非常に安い水準となっております。



    また、ほぼ全ての通貨でスプレッドも業界最狭水準であり、1,000通貨取引も可能なため、みんなのFXがおすすめです。



    また、当サイトから口座開設をすると、「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    これは私が350万元本でそこまで無理をせず4か月で62万円稼いだ豪ドル/NZドルや、スワップ、為替差益の両方を狙えるズロチユーロという通貨ペアについて徹底的に解説したレポートであり、その通貨ペアがそもそもどういうものなのかから、私の投資戦略まで、徹底的に書いております。



    当サイトからしか貰えない完全オリジナルレポートなので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    Light FXは2018年10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。



    ここは、みんなのFXと会社が同じなので、取扱通貨ペア、スプレッド、取引単位は全てみんなのFXと同じで、スワップポイントも、ごく一部の「LIGHT FX限定キャンペーンをやっている通貨」を除けば基本的に同じという会社です。



    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、この2社は、

  • スプレッド・スプレッド提示率がトップクラスなので、短期トレードに向く

  • 豪ドル/NZドルや、ズロチユーロと言った通貨ペアで条件が良い

  • 上でも書いたように、売り口座としても使いやすい


  • というように、様々な用途で使える会社なので、どちらも持っておくことがおすすめです。



    例えば、「売りでの保有と、短期トレードを同じ口座でやっていたら、片方に巻き込まれて全部一気にロスカットされた」というリスクもあるように、口座を用途によって分けておくのは、リスク管理の面からも、自分の投資の収益性管理の面からも、非常に重要です。



    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。



    Light FXも、当サイトからの申し込み限定でみんなのFXのものとほぼ同じ内容のオリジナルレポートも貰うことができるので、このレポートに興味があって、みんなのFXの口座は既に持っている人などにもおすすめです。



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    DMM FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    DMM FXも、マイナススワップポイントはほぼ全ての通貨でトップレベルに安く、これまでも特に、豪ドルとNZドルについては、多くの時に最安値となっておりました。



    この会社は、スプレッドは全ての通貨でトップレベルに狭いことから人気が高く、DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※)となっております。

    ※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)



    また、DMM FXでは、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能で、何か困ったことがあったときにすぐ問い合わせられるということも、人気の秘訣となっております。



    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトからの申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックも貰えるので、DMM FXで口座開設を考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。



    口座開設は


    DMM FX
    button2.png


    からできます。



    セントラル短資FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    セントラル短資FXは、少し前までは売りだと一番おすすめの口座で、DMM FXやGMOクリック証券とトップ争いを繰り広げておりました。



    スプレッドについても、2018年4月にスプレッド縮小を行ってからどの通貨もトップレベルになり、また、セントラル短資FXは、スプレッド提示率(原則固定スプレッドで、実際にそのスプレッドが提示された期間の実績)も非常に高く、ドル円だと99%となっております。この辺りは、元々100年以上の歴史を持つ金融機関のグループらしい信頼性だと思います。



    最近は少しマイナススワップの条件が悪化しておりますが、この会社は元々こういう「相場が混乱した時」にはインターバンク市場の条件悪化を素直に反映する傾向のある会社なので、今後相場が落ち着いてきたらまたトップクラスに戻るのかなと期待しております。



    また、当サイト限定・期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このマニュアルはショートとは真逆で「高金利通貨への安全な投資」というテーマのものなのですが(笑)、それでも投資の基本を復習するには良いものだと思うので、この機会に是非もらってください!



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    GMOクリック証券のマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    GMOクリック証券も、どの通貨もマイナススワップがトップクラスでセントラル短資FX、DMM FXと争っており、これまで多くの時期で南アフリカランドやトルコリラのマイナススワップが最安値でした。



    また、スプレッドについても全ての通貨ペアでトップレベルで、その結果2012年以来7年連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位と、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)



    ただ、コロナショック後はどちらかといえば「プラススワップが有利な会社」にシフトチェンジしている感じもあり、最近は売り口座としての魅力は少し落ちているのかなという印象です。



    口座開設は


    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。



    くりっく365の売りスワップ(マイナススワップポイント)での評価





    くりっく365は、買いスワップ=売りスワップとなっており、そのため相対的にマイナススワップが低い時も多いです。



    ただし、ここのスワップポイントは実はかなり不安定で、びっくりするくらいスワップが高い(=マイナススワップが高くなる)こともある一方で、低い時もあるというように、なかなか安定しないという点で、少しおすすめしづらいかなと思います。



    また、スプレッドが変動スプレッドで、取引単位も万単位(新興国通貨は10万通貨単)という点もやりづらく、スワップ比較だけ見ると一見条件が良さそうに見えることもありますが、個人的には別の会社にしておいた方が良いかなと思ってます。



    FX高金利通貨マイナススワップ(売りスワップ)最新の比較一覧表2020年5月





    各社の執筆時点のマイナススワップの比較を一覧表にまとめましたので、ご覧ください。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソ取引単位
    みんなのFX-6-3-4-51-3-60
    LIGHT FX-6-3-4-51-3-110
    DMM FX-10-6-6-80なしなし
    セントラル短資FX-52-30-15-160-35-170
    GMOクリック証券【FXネオ】-13-8-4-80-3-90
    マネーパートナーズ-36-22-17-1609-170
    外為オンライン(くりっく365)-130-2-58-11-69
    FXプライムbyGMO-32-15-15-180-15-170
    IG証券-27-22-22-110-10-100
    アイネット証券-33-21-34-150-70-200
    外為オンライン(店頭)-35-35-35-150-102-200
    インヴァスト証券-36-56-56-120-65なし
    インヴァスト証券(シストレ24)-50-50-50-600なしなし
    ヒロセ通商-83-60-60-160-31-110
    JFX株式会社-83-60-60-160-31-110
    フィリップ証券-21-15-15-180-71なし




    通貨ペア別マイナススワップポイント最新比較ランキング2020年5月





    また、次にスプレッドも含めて、通貨ペア別に、マイナススワップポイントを比較した表を見てみましょう。自分の取引したい通貨ペアのところを見てもらうと良いと思います。スプレッドについては、「変動」「平均」「※」等の記載がないものは全て原則固定スプレッドで、単位は銭です(FXプライムbyGMOは例外あり、1回の取引で50万通貨以下の場合)



    米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    みんなのFX-60.2
    LIGHT FX-60.2
    GMOクリック証券【FXネオ】-70.2
    DMM FX-100.2
    外為オンライン(くりっく365)-11変動
    サクソバンク証券-26変動
    FXプライムbyGMO-330.3
    アイネット証券-330.7-1.0
    インヴァスト証券(トライオート)-360.3
    マネーパートナーズ-360.3
    外為オンライン(店頭)-401
    インヴァスト証券(シストレ24)-50変動
    セントラル短資FX-620.2
    ヒロセ通商-830.3
    JFX株式会社-830.3




    豪ドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)0変動(1銭程度)
    みんなのFX-30.4
    LIGHT FX-30.4
    DMM FX-60.7
    GMOクリック証券【FXネオ】-80.7
    FXプライムbyGMO-151.3
    アイネット証券-211.5-4.0
    マネーパートナーズ-220.6
    セントラル短資FX-300.5
    サクソバンク証券-30変動
    外為オンライン(店頭)-353銭
    インヴァスト証券(シストレ24)-50変動
    インヴァスト証券(トライオート)-560.6
    ヒロセ通商-600.7
    JFX株式会社-600.7




    NZドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-2変動
    みんなのFX-41
    LIGHT FX-41
    GMOクリック証券【FXネオ】-41.2
    DMM FX-61.2
    セントラル短資FX-152
    FXプライムbyGMO-152
    マネーパートナーズ-171.2
    サクソバンク証券-26変動
    アイネット証券-342.0-6.5
    外為オンライン(店頭)-356
    インヴァスト証券(シストレ24)-50変動
    インヴァスト証券(トライオート)-561.7
    ヒロセ通商-601
    JFX株式会社-601




    南アフリカランド マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    みんなのFX-511.8
    LIGHT FX-511.8
    外為オンライン(くりっく365)-58変動10万
    GMOクリック証券【FXネオ】-801
    DMM FX-801
    サクソバンク証券-83変動5万
    インヴァスト証券(トライオート)-1201.8
    外為オンライン(店頭)-15015
    アイネット証券-15015
    セントラル短資FX-1600.9
    ヒロセ通商-1600.9
    JFX株式会社-1600.9
    マネーパートナーズ-1601
    FXプライムbyGMO-1803
    インヴァスト証券(シストレ24)-600変動




    トルコリラ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    マネーパートナーズ91.9
    みんなのFX-31.7
    LIGHT FX-31.7
    GMOクリック証券【FXネオ】-31.7
    外為オンライン(くりっく365)-11変動
    FXプライムbyGMO-154.8
    サクソバンク証券-24変動5000
    ヒロセ通商-311.7
    JFX株式会社-311.7
    セントラル短資FX-351.7
    インヴァスト証券(トライオート)-655.5
    アイネット証券-707
    外為オンライン(店頭)-1026
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし




    メキシコペソ マイナススワップポイント(売り)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    みんなのFX-600.3
    外為オンライン(くりっく365)-69平均0.6410万
    GMOクリック証券【FXネオ】-900.310万
    サクソバンク証券-104平均0.231万
    ヒロセ通商-1100.3
    LIGHT FX-1100.3
    JFX株式会社-1100.3
    セントラル短資FX-1700.3
    FXプライムbyGMO-1701.9
    マネーパートナーズ-1700.3
    外為オンライン(店頭)-20061万
    アイネット証券-2007
    インヴァスト証券(トライオート)なしなしなし
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし




    以上です。口座開設は、



    【全てのマイナススワップトップレベル+1,000通貨取引可能+当サイト限定レポートあり】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと合わせて持っておきたい+当サイト限定レポートあり】

    LIGHT FX
    button2.png



    【全てのマイナススワップトップレベル+当サイト限定キャンペーンあり】

    DMM FX
    button2.png



    【相場が落ち着いた時の最強口座+当サイト限定レポートあり】

    セントラル短資FX
    button2.png



    からできます。


    FXスワップポイント比較最新ランキング5選 2020年(毎週更新)

    2020年05月30日 16:41

    スワップ1



    FXで高金利通貨を買うと、何もしなくても年利10%以上のスワップポイント(金利)収入が貰える!?



    FXで高金利通貨は昔から常に人気が高く、米ドル、豪ドル、NZドルといった先進国の中での高金利通貨だけではなく、新興国通貨である南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ、さらにはポーランドズロチ等も非常に人気となっております。



    何故スワップポイントがこんなにFXトレーダーを魅了しているかというと、スワップポイントというのは、銀行預金で言うところの利息に相当するものであり、FXで高金利通貨をただ持っているだけで何もしなくても毎日貰うことができるためです。



    そのため、スワップポイントによる収入は不労所得として人気が高く、高金利通貨をスワップ狙いで投資するのは、忙しい人向けのFX投資法と言われております。



    しかし、このスワップポイントは、通貨やFX業者によってどのくらい貰えるかが、年間数万円、数十万円単位で異なってくるので、今回は、通貨別に、どこのFX会社がおすすめで、そこで持っていると年間どのくらいスワップポイントを貰えるのかということを説明していきます。



    結論から言うと、スワップポイント投資をする場合、以下の会社がおすすめです。






    アイネット証券

    高金利通貨自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ズロチユーロでおすすめ

  • ズロチ買い、ユーロ売りで為替リスクを抑えてスワップを貰う最近人気急上昇中の手法
  • EUR/PLNという通貨ペアの売りで、それができる
  • そのズロチユーロのスワップポイントが一番高い
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • FXプライムbyGMO

    今メキシコペソ、南アランドのスペックがNo1の口座

  • メキシコペソスワップポイントは2020年通算でトップ
  • 南アフリカランドのスワップポイントもぶっちぎりトップ
  • 1,000通貨単位取引も可能
  • 口座があれば有料級のセミナー動画105本見放題!
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • セントラルミラートレーダー

    メキシコペソの安定感を重視するなら

  • メキシコペソのスワップポイントトップクラスで安定
  • スプレッドも原則固定でトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定で5,000円キャッシュバック+特別レポートあり
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    ズロチユーロを1,000通貨でやりたいなら

  • スプレッドはどの通貨ペアもトップクラス
  • ズロチユーロについて1,000通貨単位で取引できる中でスワップが一番高い
  • 現在期間限定で南アランドのスワップが増額中
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    ドル円のスワップ投資ならここ!

  • 米ドル円スワップが安定してトップクラス
  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • 1万通貨でしか取引できないのが難点





  • 以下の順番で書いていきます。


  • FXのスワップポイント金額や収益率の目安

  • スワップポイント投資でFX業者を比較する時の3つのポイント

  • FXスワップポイント投資おすすめ業者2020年5月(毎週更新)

  • FXスワップポイント比較の最新ランキング2020年5月(毎週更新)

  • FXスワップポイン比較ランキングの根拠




  • FXのスワップポイント金額や収益率の目安





    スワップポイントによる収益率がどのくらいかというとこについて、人気の高い高金利通貨を持っていることで貰えるスワップポイントの金額と収益率を書いていくと、例えば南アフリカランドなら1日80円貰えるので、年間29,200円(収益率4.7%)、メキシコペソだと1日100円で年間年間36,500円(収益率8%)と、非常に高い収益率となります。

    (※ 収益率は、スワップポイント年額÷執筆時現在のポジションの金額(レバレッジ1倍)で計算。)



    実は、少し前まではドル円で1日60円くらい貰えたように、先進国通貨でもスワップはそれなりに貰えたのですが、最近はコロナショックによる大幅金融緩和でドル、豪ドル、NZドルといったあたりのスワップポイントは、正直「おまけ」くらいまで落ちてきており、また、トルコリラについても市場があまりに不安定すぎるせいでスワップポイントも大きく下がっております・・・・・



    このように、スワップポイントというのは、何もしなくても毎日貰えるもので、高金利通貨であればその収益率もかなり高くなっているのですが、上のスワップ金額の例示でもわざわざ「一番高いところ」と書いたように、スワップポイントが高いFX業者もあれば、低いFX業者もあり、高いところと低いところの1単位でのスワップポイントの年間での差額は、以下のように数万円単位での差になります。



    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ
    ユーロ
    高い会社1355801111016
    低い会社-40-40-40-10-1920-2.6
    差額53454590309018.6
    年額19,34516,42516,42532,85010,95032,8506,789




    FXでは、「何を取引するか」と同じくらい「どこのFX業者で取引するか」が重要だとはよく言われますが、これはスワップポイント投資であっても例外ではなく、FX業者が違えば、数万円、数十万円単位で損することもあります。



    そこで今回は、高金利通貨に長期投資する場合のおすすめのFX業者について、2020年5月時点の最新情報に基づいて、スワップポイントの比較も行って、どこが良いのか解説します。(毎週更新)



    今既にFXでスワップポイント投資をしている人でも、FX業者を間違えたせいで何万円も損していたというケースもよくあるので、今自分が使っているFX会社は実際どうなんだろう?という点も含めて、この記事を読んでもらえればと思います。



    スワップポイント投資でFX業者を比較する時の3つのポイント





    まず最初に、スワップポイントでFX業者を選ぶ場合、どのようなポイントで比較すればいいのかという点から説明します。結論から言うと、以下3つのポイントが重要です。

  • スワップポイントの高さ

  • 取引単位

  • 自動売買の有無



  • それぞれ何故重要なのか説明していきます。



    FX業者比較ポイント1 スワップポイントの高さ





    まず、1つ目のスワップポイントの高さは、上で書いた通りで、FX業者が違えば数万円、数十万円の違いになるため重要です。これについては、もう上でさんざん書いたので(笑)、それ以外の、2つについて、何故重要なのかを書いていきたいと思います。



    FX業者比較ポイント2 取引単位





    次に重要なのは、取引単位です。



    FXでは、例えば1万通貨単位取引の会社では、ドルを買うのに、1万ドル買う、2万ドル買うといった選択肢しかなく、1000ドル買うという選択肢はありません。それに対して、1,000通貨単位取引の会社であれば、1,000ドル買う、2,000ドル買うということも可能です。



    これは、例えば南アフリカランド(ここ数年7-9円程度)やメキシコペソ(ここ数年5-6.5円程度)などの少額の通貨であれば、1,000通貨単位取引が可能であれば、1万円なくても投資可能ということで、まずは少額から様子を見たいという場合に、非常に重要な要因となります。



    また、ある程度大きなポジションで取引するようになった後も、FXでは、はじめにポジションをこう持つと決めても、その後の値動きで、「もっと買いたい」「一部売りたい」等出てくることは、FXトレーダーなら誰でも経験したことがあるものです。



    その中で、例えば1万通貨持っているとして、1万通貨単位でしか取引できないとなると、一部売りたいと思ってもオールオアナッシングであったり、あるいは少しだけ買い足したいと思っても、今のポジションをいきなり2倍にしないといけないというようなことになりかねません。



    それに対して、ある程度細かく取引できる場合、そうしたときには「とりあえず半分だけ売る」「まずは1,000通貨だけ追加で買う」といったことも可能になります。



    スワップポイント狙いの長期投資の場合、そこまで頻繁に取引することは想定しない一方で、保有する期間を長くするのが前提なので、途中でポジションを一部修正するということが必要になることが多く出てきます。



    そのため、取引単位というのも、重要なポイントとなります。



    FX業者選びのポイント3 自動売買の有無





    これは、「自動売買は絶対にやりたくない」という人にとっては全く気にしなくていい論点なのですが、広い意味で「何もしなくても利益が出るのが良い」と思っている人にとっては、いざやりたくなった時にいつでも使えるように、とりあえず自動売買ができるFX業者の口座も持っておいた方がいいと思います。



    何故自動売買ができるところも持っておいた方がいいのかというと、自動売買は非常に大きな不労所得を生む可能性のある取引手法だからです。その理由をもう少し詳しく説明します。



    まず、FXで、相場が一番大きく動くのは、ニューヨーク時間(日本では夜中)だといわれております。これは、世界最大の経済大国であるアメリカで活発に行われる時間なので、ある意味当たり前のことです。



    しかし、このニューヨーク時間というのが、日本では夜中から明け方までの時間帯なので、日本人にとって、非常に取引しづらい時間帯となっております。



    そんな中で、自動売買を設定しておけば、あとは寝ていても、他の仕事やプライベートを楽しんでいても、何をしていようとも、自動的にどんな時間でも取引して利益をあげてくれます。この重要性について、数字を使って考えてみましょう。



    例えば1万通貨で50銭の値幅で取引する場合、1回5,000円の利確になり、これを見逃すというのは、実質的に5,000円損しているのと同じことであり、これが10回積み重なれば5万円、50回積み重なれば25万円・・・・・・となります。



    この金額は、ちょっとしたスワップポイントの違いよりもはるかに重要と言えるのは、なんとなく分かってもらえるかと思います。このように、日本のFXトレーダーにとって、一番取引しづらいニューヨーク時間も含めて、24時間自動で利益を積み重ねてくれるというのが、自動売買の重要な点です。



    もちろん、自動売買にも想定レンジより大きく値動きするとロスカットされる危険があるなど、デメリットもあるのですが、それでもより大きな不労所得を稼げる可能性もあるので、少しでも興味があれば、まず小さい金額からはじめてみるのも一つの手だと思います。



    以上のように、高金利通貨に長期投資する場合、「スワップポイントの高さ」「取引単位」「自動売買の有無」が重要です。



    では、こうしたことを踏まえたうえで、どこの会社がおすすめなのについて紹介したいと思います。



    FXスワップポイント投資おすすめ業者2020年5月(毎週更新)





    それでは、今月のスワップや自動売買の有無、さらには取引単位等を比較した上で、スワップ目的の長期投資に向いたFX業者を紹介していきたいと思います。



    スワップポイントは、上位の会社はあまり変わらない印象がありますが、それでも日々変動し、「今はこっちの会社の方が高くても、どこかのタイミングで逆転するかもしれない」というのはあるので、上位の会社で持っていない口座は、とりあえず開設するのをおすすめします。



    FX口座を持つこと自体は、一切手数料等もかからず、ただ口座を持っているだけではデメリットはありません。実際、管理人は20社以上FX口座を持っており、その中には使っていない口座もあります(笑



    また、見てもらえれば分かりますが、会社によって「この通貨では強いがこの通貨ではそうでもない」「自動売買ができるかどうか」という点が異なるので、そうした特長もあわせて確認してもらえればと思います。






    アイネット証券

    高金利通貨自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ズロチユーロでおすすめ

  • ズロチ買い、ユーロ売りで為替リスクを抑えてスワップを貰う最近人気急上昇中の手法
  • EUR/PLNという通貨ペアの売りで、それができる
  • そのズロチユーロのスワップポイントが一番高い
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • FXプライムbyGMO

    今メキシコペソ、南アランドのスペックがNo1の口座

  • メキシコペソスワップポイントは2020年通算でトップ
  • 南アフリカランドのスワップポイントもぶっちぎりトップ
  • 1,000通貨単位取引も可能
  • 口座があれば有料級のセミナー動画105本見放題!
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • セントラルミラートレーダー

    メキシコペソの安定感を重視するなら

  • メキシコペソのスワップポイントトップクラスで安定
  • スプレッドも原則固定でトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定で5,000円キャッシュバック+特別レポートあり
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    ズロチユーロを1,000通貨でやりたいなら

  • スプレッドはどの通貨ペアもトップクラス
  • ズロチユーロについて1,000通貨単位で取引できる中でスワップが一番高い
  • 現在期間限定で南アランドのスワップが増額中
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    ドル円のスワップ投資ならここ!

  • 米ドル円スワップが安定してトップクラス
  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • 1万通貨でしか取引できないのが難点





  • アイネット証券





    アイネット証券は、ループイフダンという自動売買が手数料無料で使えて、かつ、高金利通貨のスワップが非常に高い点がおすすめです。



    下で一覧を見てもらうと分かりますが、スワップポイントについて、基本的にトップクラスで、さらにこの高いスワップポイントを、手数料無料の自動売買(ループイフダン)で運用できます。



    ループイフダンというのは、はじめに通貨ペアと売買の方向と通貨量、値幅、最大本数を設定したら後は全部自動で売買してくれるという自動売買で、取引のイメージとしては以下のような感じです。



    loop.png



    このように、ループイフダンというのは、かなり簡単にできる自動売買で、初心者からも人気の高いものです。



    また、初心者でも簡単にできるという以外にも、

  • 自動売買なのに手数料無料スプレッドも最安値水準と、コストが安い

  • 高金利通貨のスワップポイントは、自動売買じゃないところを含めても最高レベル

  • 1,000通貨単位の取引も手数料無料でできる



  • といったことから、使い勝手が良く、実際に管理人も、今時点で400万円公開運用しております。

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧



    私の公開ポジションは、トルコリラとメキシコペソのループイフダンを除くと、豪ドル/NZドルという、あまりスワップが関係ないものが多いのですが(笑)、高金利通貨で自動売買したい場合にも、アイネット証券はおすすめです。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、もれなく3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    IG証券





    IG証券は、ズロチユーロサヤ取りという手法で投資する場合、スワップ目的で長期保有であれば一番おすすめの会社です。



    ズロチユーロサヤ取りというのは、

  • ズロチとユーロは非常に値動きが似ている(相関係数0.9以上)

  • ズロチは高金利

  • ユーロは低金利


  • という特徴を利用して、ズロチを買って、ユーロを売ることで、為替リスクを抑えてスワップを貰うという、最近初心者から上級者まで幅広く人気の手法です。



    この「ズロチ買い、ユーロ売り」というのは、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りでやってもいいのですが、それ以上にEUR/PLNという、「ユーロを売ってズロチを買う」という通貨ペアを売りにすれば、「ズロチを買ってユーロを売る」という状態になるので、このEUR/PLNという通貨ペアを売ることでも取引することでもできます。



    そして、このズロチ円買い・ユーロ円売りか、もしくはEUR/PLNでの売りの中でスワップポイントを比較すると、IG証券が一番条件が良く、また、EUR/PLNという通貨ペアでやることで、

  • 指値注文でエントリー・決済ができる(ズロチ円、ユーロ円に分けると、EUR/PLNがここに来た時に、みたいな指値の入れ方ができない)

  • 通貨ペアとしてもEUR/PLNという1通貨の分の証拠金だけでよい(ズロチ円とユーロ円に分けると、両方の証拠金が必要)ので、ロスカットされにくい


  • という特徴も出てくるので、その点でもおすすめです。



    また、IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で、さらにCFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円と、非常に簡単に1.5万円を貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着150名なので、なくなってたらすみません・・・・)



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)



    IG証券 キャンペーンページ



    FXプライムbyGMO





    FXプライムbyGMOは、最近南アランドやメキシコペソのスワップポイントにかなり力を入れている会社で、南アフリカランドはぶっちぎりトップ、メキシコペソでも2020年通算でスワップNo1の会社です。



    南アフリカランドは、「昔ながらの高金利通貨」という通貨で、メキシコペソは「最近人気が高まっている、高金利通貨の優等生」というような通貨で、スワップポイント投資家にとって馴染みの深い通貨ペアですが、その2通貨ペアについて非常に力を入れているのが、このFXプライムbyGMOです。



    また、この会社は、「セミナー動画」が抜群に良いことも有名で、全105本もの有料級のセミナー動画を、口座を持っていれば全て無料で見ることができます。



    セミナーの内容は、


  • ファンダメンタルズ面からの相場の解説(相場全体の解説から、松崎美子さんによる欧州情勢の解説まで)

  • テクニカル分析のやり方(移動平均線・ロウソク足・トレンドラインと言った超基本事項の解説から、一目均衡表、エリオット波動、チャートリーディング、GMMA、スパンモデル・スーパーボリンジャーまで色々とありました)

  • 実際の勝ち組トレーダーの方にトレードのやり方をインタビューする企画



  • まで、様々な内容があり、そのため、


  • FXを始めたばかりで、ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析などの基本を知りたい

  • プロのコロナ後の相場見通しを知りたい

  • FXをやっているけどなかなか勝てなくて、勝っているトレーダーがどうしているか知りたい


  • といった人には非常におすすめです。



    また1,000通貨単位の取引も可能で、つまり、メキシコペソについて、1万円以内からの少額投資も可能ということなので、メキシコペソをはじめて取引するという人には、まずここがおすすめです。



    FXプライムbyGMOは、当サイト限定キャッシュバックとして、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FX





    ここは、

  • ズロチユーロで、1,000通貨単位で取引したい

  • 不定期にあるスワップポイント増額キャンペーンでかなりお得になることが多い



  • という点で会社です。



    ズロチユーロについては、上で書いたIG証券は、1万通貨単位での取引となりますが、LIGHT FXでは、スワップはほぼ同水準で、1,000通貨単位で取引が可能です。



    ただ、この会社の場合、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りに分ける必要があるので、IG証券のように、指値注文を入れてあとは放置・・・・みたいなことはできないという点は注意が必要です。



    また、この会社は定期的にスワップ増額キャンペーンもやっており、スプレッドは常にトップクラスなので、「今はこの通貨ペアなら圧倒的にLIGHT FXが強い」みたいな状況が定期的に生まれる、なかなか面白い会社です。



    また、LIGHT FXと当サイトはタイアップを開始し、当サイトからの口座開設限定で「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア(豪ドル/NZドルも含む)」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。




    セントラル短資FX





    ここは、

  • 個人的には今高金利通貨の中で一番おすすめだと思っているメキシコペソについて、安定して条件が良い

  • トルコリラの売りでの条件が非常に良く、両建てサヤ取りの売り口座として最適


  • という点でおすすめの会社です。



    メキシコペソという通貨は、


  • 政策金利7%と高金利

  • その割に失業率、債務残高、インフレ率といった新興国ではよくある問題がない

  • メキシコは世界最強の国であるアメリカの隣国であり、アメリカの成長に伴って成長が期待される

  • メキシコ自体も今後人口の増加が予想されており、経済成長も期待されている

  • メキシコは産油量世界6位、銀生産量世界2位等、世界有数の資源大国



  • というように、政策金利に比べて安定感のある、高金利通貨の中で優等生と言われる通貨です。



    そのメキシコペソについて、セントラル短資FXは、

  • スワップポイントがトップクラス

  • メキシコペソも1,000通貨単位で取引可能で、メキシコペソが6円以内なので、6,000円でもレバレッジ1倍で投資可能

  • スプレッドもトップ(セントラル短資FXが原則固定0.2銭)


  • というように三拍子そろっております。



    スワップについては、最近では、FXプライムbyGMOもなかなかすさまじい数字を出しており、そのせいでセントラル短資FXのスワップがトップの座から陥落したこともありましたが、その間もずっと安定してトップクラスの水準を維持し、最近はまた再逆転したという点で、安定感を重視する方にはおすすめです。



    また、もう一つのトルコリラの売りでおすすめという点については、これは、「トルコリラについて、スワップポイントが高い会社で買い、売りスワップが安いところで売ることで、為替リスクをほぼ0にしてスワップ差額を毎日貰う」という、いわゆる両建てサヤ取り戦略をする場合に非常に重要なポイントとなります。



    この戦略で私も今実際に200万円運用しているのですが、実際に為替リスクをほぼ0にしながら年利5%くらいで運用出来ているというように、かなりおすすめです。

    トルコリラのスワップポイントサヤ取り実績と設定をブログで公開!リスク、利回りは?



    この戦略をする上では、トルコリラの買いスワップが高い会社に加えて、マイナススワップが安くてスプレッドも狭い会社も必要になるのですが、セントラル短資FXのトルコリラの売りスワップは安定して安く、スプレッドも一番狭いので、売り口座として最適です。



    また、セントラル短資FXには当サイトからの口座開設限定のキャンペーンもあり、期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです。



    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    外為オンライン(くりっく365)





    外為オンライン(くりっく365)は、名前の通り外為オンラインのくりっく365口座です。くりっく365口座というのは、普通のFX会社は、そのFX会社が管理、運営している「店頭FX」なのですが、くりっく365は、東京金融取引所が監理・運営するFXで、公的機関である取引所が運営するため信頼性が高く、例えば倒産リスクがほぼない、スリッページ・約定拒否がない等のメリットがあります。(くりっく365についての詳しい話はくりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いております)



    そして、くりっく365はそうした「信頼性の高さ」だけではなく、高金利通貨についてスワップポイントが高いという点でも評価が高く、その中でも特に、米ドル円のスワップについてはトップ、他の通貨でもスワップポイントがトップレベルの水準となっております。



    また、南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソについても単独トップではないものの、それでもトップレベルの高水準となっており、その結果、くりっく365全体でFXの南アフリカランド取引のうち40%、メキシコペソ取引のう60%が行われております



    このように、長期投資に必要な「長期にわたってお金を預けていられる信頼性」「高いスワップポイント」という両方を兼ね揃えているため、くりっく365は長期投資に非常に向いています。ただし、一つ欠点としては、1万通貨単位でしか取引できないという点があり、細かい単位で取引したい場合は、別の会社がおすすめとなります(南アフリカランドやメキシコペソは10万通貨単位)



    なお、くりっく365をやっている会社間では、スプレッド、スワップ、取引単位はすべて同じで、その一方、手数料や取引ツールなどに違いがあります。



    では、くりっく365対応FX業者の中でどこがいいかについては、基本的に私がおすすめしているのは外為オンラインGMOクリック証券【くりっく365】 ですが、高金利通貨を長期的に取引する場合には、外為オンラインでの取引をよりおすすめします。



    その理由としては、外為オンラインについては、基本的に取引手数料は無料、ツールも使いやすく、スマホや携帯にも対応ということに加え、何よりくりっく365でiサイクル注文という自動売買ができる唯一の会社のがあります。



    このiサイクル注文と言うのは、「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。



    そして、このiサイクル注文については、「値動きの激しい高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。



    これは、iサイクル注文で買いを入れた場合、レンジ相場であれば、値動きが激しいため、基本的に上げ下げしており何度も約定して利益が出ることになります。また、その間でも日をまたいで買いポジションがあれば、スワップも当然もらえます。



    また、上がっている時も、一本調子にあがることはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます



    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確する・・・・・・という夢のような状態になります。



    このように、レンジ相場が多くて値動きの激しい高金利通貨とiサイクル注文という組み合わせを、信頼性、スプレッド、スワップ共にトップの条件でできるというのが、ここをおすすめした理由です。



    口座開設は


    外為オンライン(くりっく365)
    申込ボタン


    からできます。



    みんなのFX





    みんなのFXは、豪ドル、トルコリラに投資するなら、まずここを持っておくべきというところです。



    ここは、豪ドルについて大体トップのスワップポイントで、また、ドルやトルコリラについてもトップクラスの水準にあります。



    また、1,000通貨単位での取引も可能なので、少額から投資したり、細かくポジションを増減させることもできます。



    高金利通貨は、スワップポイントが高いところで、安くなったら少しずつ買っていくというのが王道ですが、そうした取引方法にぴったりなのが、このみんなのFXです。



    また、他にも、ズロチ・ユーロサヤ取りという、為替リスクを抑えながら、年利9%近いスワップ利益を受け取る手法でも使えて、IG証券は1万通貨取引なのにたいして、ここは千通貨でも取引できるのがポイントです。



    さらに、みんなのFXでは、スワップポイントにかかる税金が、決済やスワップポイントを確定しない限り課税されないという特徴もあります。そのため、何年も長期投資する場合には、おすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの口座開設限定で「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア(豪ドル/NZドルも含む)」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!(LIGHT FXのものとほぼ同じですが、細部が異なります)



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    ヒロセ通商





    ここは、豪ドルとNZドルのスワップポイントが高いところです。



    ヒロセ通商は、この2つの通貨については、スワップポイントが安定してトップで、スプレッドもトップクラス、取引単位も1,000通貨単位で取引できるというように、最も条件の良い会社となっております。



    そのため、豪ドルかNZドルに投資する場合はヒロセ通商がおすすめです。



    また、ヒロセ通商には、当サイトから口座開設を申し込み、1万通貨以上取引すると、当サイト限定で通常のキャッシュバックにプラスして2,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからするのがおすすめです。



    口座開設は


    ヒロセ通商
    button2.png


    からできます。



    FXスワップポイント比較の最新ランキング2020年5月(毎週更新)





    最後に、上で紹介しなかった会社も含め、主要なFX業者のスワップ、自動売買の有無、取引単位について一覧表にまとめます。以下の表はすべて執筆時現在の情報で、単位はすべて円で、1万通貨あたりのスワップを表示し(南アフリカランドとメキシコペソのみ10万通貨)、その中で一番条件が良いところを赤くしております。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソズロチユーロ自動売買取引単位
    アイネット証券734505100なし
    IG証券-6-2-340-75016×
    セントラル短資FX20010-570なし×
    LIGHT FX63451311011.6×
    外為オンライン(くりっく365)1302581169-2.6
    FXプライムbyGMO200805704.3×
    みんなのFX6345136011.6×
    ヒロセ通商255601600×
    JFX株式会社25560160なし×
    GMOクリック証券【FXネオ】105150060なし×
    インヴァスト証券622205なしなし
    マネーパートナーズ12210-1020なし
    DMM FX73350なしなしなし×
    インヴァスト証券(シストレ24)-40-40-400なしなしなし
    フィリップ証券4-2-4-10-2なしなし×




    最近はコロナショックでどこの国も徹底して利下げをしているので、去年と比べると大きくスワップポイントが落ちたなあという印象です。



    特に先進国通貨は、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドともにほぼゼロ金利に近いレベルまで落としていることから、金利という面での旨味がほとんどなくなったかなと見ております。



    また、トルコリラも最近は相場が非常に混乱しており、その結果スワップポイントも一番高い会社で10円と、なかなか悲惨な状況になっております(今週はIG証券やくりっく365が高かったですが、安定感はない感じです・・・・)



    コロナが落ち着いて来ればまた金利が戻っていく局面も出てくるとは思いますが、当面はこれらの通貨については、「スワップポイントはあくまでおまけ」くらいの気持ちで見ていた方がいいかもしれません。



    ただ、ドルはともかく、それ以外の通貨は今とてつもなく売られて最安値圏内にいるので、もし興味があれば、今から投資をはじめることを検討すると面白いと思います。



    口座開設は



    【スワップ最高レベル+手数料無料の自動売買+当サイト限定で3,000円のAmazonギフト券】

    アイネット証券
    button2.png



    【ズロチユーロでおすすめ+簡単に1.5万円もらえる先着150名限定の新規口座開設キャンペーン】

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    【南アランド、メキシコペソ、セミナー動画でおすすめ+3,000円キャッシュバックあり】

    FXプライムbyGMO
    button2.png



    【ズロチユーロを1,000通貨でやるor限定スワップ増額キャンペーンでおすすめ+当サイト限定レポートあり】

    LIGHT FX
    button2.png



    【メキシコペソ買いorトルコリラ売りでおすすめ+当サイト限定レポート+特別キャッシュバック5,000円】

    セントラル短資FX
    button2.png




    【米ドルスワップトップ+他の通貨ペアもトップクラス+自動売買可能】

    外為オンライン





    【南アフリカランド、NZドルでおすすめ+当サイト限定キャッシュバック2,000円】

    ヒロセ通商
    button2.png



    【豪ドル、トルコリラでトップクラス+ズロチユーロでもおすすめ+当サイト限定レポートあり】

    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    FXスワップポイント比較ランキングの根拠





    以下の優先順位でランク付けを行っております。

  • 今回の記事で取り上げた通貨ペアのうち、スワップポイントがトップの通貨の数

  • 自動売買の有無、取引単位等から、上記おすすめ業者で紹介したFX業者

  • 上記のポイントが同一である場合、当サイトからの口座開設の実績




  • 【関連記事】

    メキシコペソスワップポイント比較2020年 | おすすめ投資法とFX会社

    トルコリラスワップポイント生活は可能? | 必要資金、利回り・リスク2020年(毎週更新)

    【配当相当額あり】IG証券の個別株式のテーマ別銘柄(米国株、中国株)

    2020年05月18日 21:03

    IG証券の個別株式の テーマ別おすすめ銘柄-min



    以前「何故IG証券は最近人気が爆発的に高まっているのか」について取材した中で、「約12,000銘柄の個別銘柄もCFD取引が可能で、それが人気の要因の一つである」というお答えを頂きました。



    関連記事:IG証券の人気が爆発して口座開設に時間がかかる!?噂の真相を直撃取材



    私自身は個別銘柄に対してはあまり投資せず、「どういうのが良いのかなあ」と思っていたのですが、最近になって、IG証券の公式サイトで、テーマ別に色々な銘柄が紹介されていることに気づきました。



    ig thema-min
    リンク:株式CFDテーマ別投資



    そこで、今回はこれを見ながら、どういう銘柄があるのかというのを見ていきたいと思います。



    なお、IG証券は、

  • 米国株や中国株等も含めて、12,000銘柄以上の取引ができる

  • CFDなので、レバレッジ5倍までかけて取引したり、売りから入ることもできる

  • CFDではあるが、配当相当額を貰うこともできる


  • という点で、個別株式に投資をする上でも持っているとかなり便利な口座なので、もしまだ口座を持っていない人は、是非どうぞ。



    IG証券は今期間限定でとてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンがあります。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着順&今少し口座開設に時間がかかるようなので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。


    IG証券テーマ別個別銘柄1 巣ごもり需要

    IG証券テーマ別個別銘柄2 テレワーク

    IG証券テーマ別個別銘柄3 5G

    IG証券テーマ別個別銘柄4 モバイル決済・キャッシュレス

    IG証券テーマ別個別銘柄5 新型コロナ治療薬関連企業

    IG証券テーマ別個別銘柄6 急成長&人気中国株

    IG証券の個別株式投資(米国株・中国株)の魅力とは?



    IG証券テーマ別個別銘柄1 巣ごもり需要





    IG証券であげられていたテーマの一つ目が、新型コロナの関係で非常に需要が高まっている「巣ごもり需要銘柄」です。



    具体的には、

  • ゲーム銘柄の任天堂、スクエニ

  • 動画銘柄のNetflix、東映アニメーション

  • ECのアマゾン

  • 宅配のドミノピザ、UBER


  • 等があがっております。



    個人的には、こうした銘柄が今後否応なく経済再開せざるをえない中で、どこまで需要を伸ばせるのかなという疑問もありますが、再ロックダウン等があった時には、再び大きく注目が集まる可能性も高いかなと見ております。



    IG証券テーマ別個別銘柄2 テレワーク





    これも新型コロナ関係で大きく需要が高まったテーマです。



    具体的には、

  • ZOOM、ブイキューブといったオンライン会議銘柄

  • Slack、サイボウズといったビジネスツール銘柄

  • 天下のマイクロソフト(Teamsというオンラインコミュニケーションツールもあり)

  • PC周辺機器のエレコム

  • セキュリティ系のトレンドマイクロ、フォーティーネット


  • 等があげられております。



    個人的には、テレワークの流れは、コロナ後も強まると考えており、というのも、雇用者側としてもテレワークは「オフィスや交通費の削減」、労働者側としても「通勤しないで済む」というように、一定のメリットが存在し、今後もテレワークの流れは続くと考えているためです。



    また、今回のコロナショックで「固定費こそがリスク」というのが経営層に刻み込まれ、今後オフィスなどの固定費はできるだけ下げたいと考える企業が増えてくると考えられるので、そうした点でも今後テレワークが進む可能性は高いと見ております。



    もちろん、「労務管理が難しい」とか、「やはり対面でないといけない」といった意見がありますが、テレワークで上手く行っているところはしっかりと機能しており、上で書いたように雇用者側にも労働者側にも一定のメリットがある以上、全部の企業が採用するとは全く思いませんが、今後テレワークという選択肢はどんどん増えていく可能性が高いと見ております。



    なので、こうした銘柄については、今後もしっかりチェックしていきたいと思っております。



    ★☆★期間限定で最大6万円の超破格のキャッシュバックあり! ★☆★





    IG証券テーマ別個別銘柄3 5G





    3つ目のテーマは、ついに日本でも始まった5Gの関連銘柄です。5Gというのは、通信速度・同意接続が大幅に増加した次世代型モバイル通信システムで、今の4G(LTE)に比べて10倍以上の速度になるものです。



    この5Gが進むことで、データ通信可能な容量が爆発的に増え、IoTでできることが大幅に増えたり、VR・ARの利用可能性が高まったり、それらを産業単位で利用することで、例えば遠隔医療であったり、自動運転サポート等を支えるインフラともなることが期待されております。



    日本でも携帯各社が5Gのサービスを開始しており、まだ普及率は今時点ではそこまで高くないですが、今後これが今のLTEレベルで普及して来れば、上で書いたように色々なことの土台となります。



    5G銘柄としては、

  • ベライゾン、AT&Tといった5Gを提供している通信会社

  • 村田製作所、NVIDIA、ザイリンクス、マーベル・テクノロジーといった電子部品・半導体メーカー

  • 電子計測器のアンリツ(携帯電話や基地局の開発・保守などで使われる計測器で世界的にも高シェアを持っている日本企業)


  • 等があげられております。



    個人的には、通信会社そのものよりは、電子部品、計測器と言った、「モノ」側の方が今後実需の伸びが期待できると考えておりますが、この辺りの機器の需要は5Gに限った話ではないので、会社のセグメント売上や事業計画、シェア等も見ながら、きちんと個別に見ていく必要があるかなと思っております。



    IG証券テーマ別個別銘柄4 モバイル決済・キャッシュレス





    最近大きく導入が進んでおり、私自身もヘビーユーザーとなっているモバイル決済・キャッシュレス銘柄が4つ目のテーマ銘柄です。



    この銘柄には、

  • アルファベット(要はGoogle。Google payがある。2015年にHD会社として設立された)

  • アップル(Apple Payがある)

  • Paypayのソフトバンク、メルペイのメルカリ、au PayのKDDI

  • VISA(クレジットカード)

  • フリートコア・テクノロジーズ(アメリカの決済サービス)、スクエア(お店で見かける小さいクレジットカード決済端末の会社)といった決済サービスの会社


  • といった企業が含まれております。



    個人的には、VISAや決済サービスはともかくとして、それ以外の会社はどちらかといえば本業が別にあって、その中の一部でキャッシュレスを提供しているという印象で、キャッシュレス系をイメージして投資するなら、後半のカード会社や決済サービスの方がイメージとして近いかなと思っております。



    IG証券テーマ別個別銘柄5 新型コロナ治療関連企業





    こちらは今世界的に一番熱いテーマである、新型コロナ治療薬関連企業です。



    具体的には、

  • アビガンの富士フイルムホールディングス

  • レムデシビルのギリアド社

  • 先日ワクチン報道のあったモデルナ社

  • 他にもワクチンや治療薬、抗体検査等を作っているロシュ(スイス)、武田薬品、タカラバイオ、サノフィ(フランス)、塩野義


  • 等々、様々な会社があげられております。



    新型コロナ治療については、今世界で一番注目されている分野であり、レムデシビルの有効性の報道があった直後にはギリアドが、ワクチン報道があった直後にはモデルナ社の株が急激に上がったように、大きなチャンスでもあります。



    どの企業のワクチン・治療薬が成功するかというのは、さすがに予想のしようがないので、ある程度分散することを前提にはするものの、今の時代の流れでは一番ホットな業界だと思われます。



    IG証券テーマ別個別銘柄6 急成長&人気中国企業





    コロナウィルスで中国には逆風が吹いておりますが、アメリカと覇権を争っており、分散投資の一つとしてはかなり面白いかなと思っているのが中国株で、この中国株がテーマ別銘柄の6つめであがっておりました。



    今後の世界の構図として、米中が覇権をめぐって対立関係を強めるのはほぼ間違いない中で、米国に全部を入れるのではなく、中国にも一部振り分けておくというのは、選択肢としてかなりありではないかと個人的にも思っております。



    また、IG証券の場合はCFD取引なので、「中国への逆風」を利用して売りで入るという選択肢も可能で、そういう意味で、この銘柄には注目する価値があると思っております。



    具体的な銘柄としては、

  • バイドゥ(検索)

  • アリババ(Eコマース)

  • テンセント(インターネットサービス)


  • といった日本人の間でも有名な企業から、

  • Meituan Dianping(美団点評)(レストラン口コミ・宿泊予約等)

  • Qutoutiao(趣头条)(ニュースアプリ

  • China Literature (閲文集団)(電子書籍の中国最大手)


  • といった、中国の人たちの生活に密接にかかわっているところまで、色々な銘柄が取引出来ます。



    中国は、良くも悪くも今後も注目を集める国であると考えられるので、こうした銘柄もチェックしておき、状況次第で買いや売りを入れていくのはかなり面白いかなと思います。



    IG証券の個別株式投資の魅力とは?





    IG証券は、日本株・米国株・中国株など合わせて12,000銘柄以上の個別銘柄を取引可能で、もちろんFXや株価指数、金・原油等の商品にも投資可能というように、正直「IG証券で取扱いがなければ、諦めた方がいいのでは」というレベルで品ぞろえの多い会社です。



    これらについては、一度口座開設をすれば、FXもCFDも個別銘柄も、まとめて全部取引できるようになるので、とりあえずここを持っておけばほとんど何でも取引できるという状態になります。



    FX、株価指数、商品などでは、

  • やはり品ぞろえが半端じゃなく多く、ほぼ何でも取引できる

  • ノックアウトオプションという、リスクを抑えて資金効率も大きくあげられる取引方法ができる

  • スプレッド等のコストも最安値クラ


  • というように、トレードする上で間違いのない会社と言えます。

    ※ノックアウトオプションについては、

    IG証券のノックアウトオプションとは?特徴(強み)と取引方法を解説

    で詳しく解説してます。



    また、株式の個別銘柄としては、

  • CFDなので、レバレッジ5倍までかけて取引したり、売りから入ることもできる

  • CFDではあるが、配当相当額を貰うこともできる


  • という点が他の会社と比べて魅力となるポイントです。



    特に外国株についても、売りからも入れるというのはかなり珍しいサービスで、「ほぼ全ての銘柄で、やりたいことがかなり自由にできる」という会社なので、まだ口座を持っていない人は、是非この機会にどうぞ。



    IG証券は今期間限定でとてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンもやってます。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着順&今少し口座開設に時間がかかるようなので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    FXおすすめ会社10選 | スプレッド、スワップポイント、自動売買比較2020年

    2020年05月18日 16:36

    30manyen.png



    FX会社をおすすめの会社に変えただけで30万円も利益が増えた!?




    FXでは「どのように取引するか」と同じかそれ以上に「どこで取引するか」が大事だと言われますが、実際に会社の選び方によって何十万円と利益に差が出ることはありえます。



    そこで今回は、何故そこまで大きな差が出るのかということと、FX会社の選び方のポイントを説明し、最後にFX業者を比較して、おすすめのFX業者を紹介します。



    筆者は、FX暦11年、現在9年連続でFX収益黒字達成中で、現在も700万円以上を公開運用している現役トレーダーですが、実際に使ってみた感想や、周りの専業トレーダーの意見なども踏まえて、本当におすすめできるFX会社を説明します。



    下では10社紹介しておりますが、その中でも、特にここは絶対に持っておくべきという4社はこちらです。





    セントラルミラートレーダー

    メキシコペソ買いと短期トレードで最強

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • 最狭水準のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • アイネット証券

    自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 管理人の公開運用設定でも、利回り40%以上の戦略もあり
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ノックアウト・オプション+ズロチユーロサヤ取り

  • ノックアウト・オプションという、この会社でしか扱いのない金融商品がとにかく凄い
  • ズロチユーロサヤ取りという最近人気の手法をするのに一番おすすめ
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 豪ドル/NZドル、ズロチユーロという管理人おすすめの通貨ペアで条件トップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定3,000円の特別キャッシュバック
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりスプレッドはどの通貨も最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック




  • それでは、まず大前提として、何故FX会社選びが非常に重要なのか、その理由を説明します。



    FX会社の選び方によって利益額が違うのは何故?





    FXの利益の出し方は、大きく


  • 買った時より高く売る(あるいは売った時より高く買う)ことによる為替差益

  • 通貨ペア同士の金利差に相当するスワップをもらうことによる利益



  • に分けられますが、このどちらのやり方を選ぶにしても、FX業者によって、全く同じ取引をしても数万、数十万円単位で利益に差が出ることがあります。



    それは何故かというと、「取引コスト(=手数料+スプレッド)」も「スワップポイント」も業者によって大きく異なってくるためです。具体的に数字を使いながら見ていきましょう。



    まず取引コストについて、FXでは、取引手数料は今は大体無料なんですが、それ以外に「スプレッド」というものがあります。これは買う時と売る時の差のことで例えばドルは100円で買えて、99円で売れるということです。この場合、買った直後に売ると、1円分損になります(1万通貨なら1万円の差)



    今どき1円もスプレッドのあるところなんてありませんが(笑)わかりやすい例としてこの数字であげました。今どきはスプレッドは少ないところで0.1銭程度で、多いところで2銭とかです。



    では、ここで具体的な数字を使って考えてみましょう。例えば、スプレッドが1銭(0.01円)違うとどうなるでしょうか?



    この場合、1万通貨取引を行えば100円の差に、10万通貨取引を行えば1,000円の差になります。この時点で既に高いお昼ごはん1回分の差になっているのですが、これが年間累積していくとどうなるでしょうか?



    1日1回、10万通貨で取引を行うというのでは、年間約240日取引可能な期間があるので、なんと1年で24万円もの差になります。



    そして、短期トレードでは基本的にレバレッジを高く設定し(=多くの通貨単位で行う)、かつ、何度の取引を行うため、実際にはこれ以上の差になる可能性も十分にあります。



    このように、たった1銭違うだけでも莫大な影響があるスプレッドですが、通貨ペアによっては10銭単位でスプレッドに差があることもざらであり、その場合スプレッドだけで何十万円と損することになります。



    また、仮に0.1銭の差でも、積もっていけば数万円、数十万円の差になっていくので、少しでもスプレッドの安いところを選ぶべきです。



    次に、スプレッドだけではなく、スワップの金額も、業者によって大きく異なります



    例えば、高金利通貨として人気の高い通貨ペアについていくつか例示すると、



    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ
    ユーロ
    高い会社6626231604412061.9
    低い会社10-30-10010700
    差額565633160345061.9
    年額20,44020,44012,04558,40012,41018,25022,594




    これを見てもらうと分かるように、大きな差が出てきます(南アフリカランドとメキシコペソは、1通貨10円以内と非常に少額で、10万通貨単位から取引できる会社が多いので、この2つだけ10万通貨単位で表現しました)



    このように、FX会社の選び方によって、為替差益を狙うにしても、スワップを狙った長期投資でも、どちらにしてもかなり大きく利益に差が出てきます。



    また、こうしたスプレッドやスワップ以外の大きな要素として、自動売買によって取引機会を逃さないということも考えられます。



    FXでは一瞬値が動いてすぐに戻すということはよくありますが、そこで例えば50銭ごとに自動で売買する設定を入れておけば、その間何をしていようとも5,000円の利益が入ってきて、これが年間10回あれば5万円、20回あれば10万円の利益の差になります。



    FXでは、一番値動きが激しいのはニューヨーク時間であり、それは日本では深夜から早朝というように、多くの人が寝ている時間なので、その間に値動きをしても、きちんと利益を上げてくれる、というのが自動売買の大きなメリットです。



    こうした自動売買についても、対応しているか、また対応していてもどういったものかというのも千差万別であり、そのため、FXでの業者選びというのは、色々な視点から検討する必要があります。



    FX会社の選び方について





    では、どのFX会社を選べばいいのかという、選び方について解説したいと思います。



    まず、「どんな取引の仕方でもベストな条件を提示してくれる会社」なんてものはありません



    会社によって、スプレッドが狭くて短期売買に強い会社もあれば、スワップが高い会社もあり、取引単位が非常に細かく決められる会社もあれば、自動売買に強い会社もあれば、ツールが使いやすい会社もあれば、サポートが手厚い会社もあるなど、色々な会社があります。



    また、取引ツールについても、「合う合わない」「見やすい見やすくない」は人によって好みが大きく異なる部分ですが、こういうちょっとした使いやすさによって、トレード成績は大きく変わってきます。



    なので、自分が「どういう点を重視したいのか」ということによって、本当に選ぶべき会社は異なってきます。



    当サイトでは、「この会社の強みは何か」というように、「どういう場合におすすめなのか」ということを書いていきます。なので、最後まで読んでいただいて、その中で「自分はこういう点を重視したい!」というような形で選んでもらえるといいのではないかと思っております。また、どこがあう、あわないは使ってみないと分からない部分が大きいので、色々な口座を開設した上で、使い比べてみるのがおすすめです(当サイトで紹介しているすべてのFX会社は、口座開設手数料は一切かからず、口座を持ってみるだけなら完全無料です)



    今回の記事では、50社以上の会社をすべて比較した上で、特におすすめの会社10社を紹介したいと思います。



    FXおすすめ業者比較2020年5月




    それでは、今月のおすすめ業者を紹介します。




    セントラルミラートレーダー

    メキシコペソ買いと短期トレードで最強

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • 最狭水準のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • アイネット証券

    自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 管理人の公開運用設定でも、利回り40%以上の戦略もあり
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ノックアウト・オプション+ズロチユーロサヤ取り

  • ノックアウト・オプションという、この会社でしか扱いのない金融商品がとにかく凄い
  • ズロチユーロサヤ取りという最近人気の手法をするのに一番おすすめ
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 豪ドル/NZドル、ズロチユーロという管理人おすすめの通貨ペアで条件トップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定3,000円の特別キャッシュバック
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりスプレッドはどの通貨も最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • DMM FXは初心者向け

    DMM.com証券全体で国内FX口座数No1

  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位!(※)
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 当サイト限定で4,000円特別キャッシュバックがもらえる!
  • FXプライムbyGMO

    億トレーダーも認めた本当に使える口座

  • スプレッドは、トップクラスではない
  • にも関わらず、億トレーダーが実際に多く使っている
  • その理由は、完全約定と、スリッページのなさ
  • 1,000通貨単位でも取引可能!
  • 当サイト限定3,000円のキャッシュバック
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    忙しいあなたにおすすめ

  • 800万円稼いだ戦略も!24時間全自動売買、iサイクル注文!
  • 満足度98%のセミナーで初心者にもおすすめ
  • 1,000通貨単位で取引可能!(店頭口座)
  • 現在50万口座達成キャンペーン実施中
  • 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

    業界最狭水準スプレッドで自動売買を!

  • 自動売買で取引コスト圧倒的最安値
  • 自動売買である連続予約注文も手数料無料
  • スプレッドも業界最狭水準
  • 100通貨単位で取引可能!
  • はっちゅう君

    FXトレーダーから1番人気

  • FX年間取引高8年連続国内1位※2
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 株口座、CFD口座に瞬時に資金移動が可能!

  • ※  2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ (2019年1月口座数調査報告書)
    ※2 ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)



    セントラル短資FX





    セントラル短資FXは、短資会社(金融機関同士の短期の貸借の仲介をする会社)として100年以上の歴史を誇る信頼性の高さで人気の一方、ちょっと前までは「そこまで突出した強みもなく、安定志向の人向け」の会社だったのですが、最近は、



  • 最近人気のメキシコペソで一番おすすめ

  • 短期トレード向けの通貨ペアでスプレッド最狭レベル

  • スプレッド提示率も圧倒的に高く、スキャルピングもOK

  • ドル円、トルコリラ、南アフリカランドのマイナススワップが一番安く、スプレッドも狭く、売りで使いやすい




  • というように、スペックも非常に高くなりました。



    ここのメキシコペソ円は、


  • スワップポイントがトップクラスに高い

  • 1,000通貨取引可能なため1万円以内からの少額投資もできる

  • スプレッドも原則固定の会社の中で一番狭い



  • と三拍子そろっており、メキシコペソでは一番おすすめです。



    また、スキャルピング向けの通貨でスプレッドがトップクラスであり、かつ、スプレッド提示率が99%超と比較対象会社の中で高く、レートの信頼性という点で評価できる会社です。また、ドル円以外の通貨ペアについても、ほとんどの通貨ペアで99%台後半の提示率となっており、まさに「原則固定」の名に恥じぬスプレッドと言えます。



    さらに、当サイト限定・期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)



    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    アイネット証券





    アイネット証券は、ループイフダンという自動売買が使える点がおすすめです。



    ループイフダンというのは、はじめに通貨ペアと売買の方向と通貨量、値幅、最大本数を設定したら後は全部自動で売買してくれるという自動売買で、取引のイメージとしては以下のような感じです。



    loop.png



    このように、ループイフダンというのは、かなり簡単にできる自動売買で、初心者からも人気の高いものです。



    また、初心者でも簡単にできるという以外にも、


  • 自動売買なのに手数料無料スプレッドも最安値水準と、コストが安い

  • 高金利通貨のスワップポイントは、自動売買じゃないところを含めても最高レベル

  • 1,000通貨単位の取引も手数料無料でできる

  • 豪ドル/NZドル、トルコリラといった、自動売買でやりやすい通貨ペアの条件が良い



  • といったことから、使い勝手が良く、実際に管理人も、今時点で300万円以上公開運用しております。

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧



    私の公開ポジションは、

  • 豪ドル/NZドルのハイリスク・ハイリターン狙い:利回り40%目標で、現在40%ペース

  • 豪ドル/NZドルのローリスク・ローリターン狙い:利回り10%目標で、現在10%ペース

  • トルコリラ11.66円まで耐える戦略:利回り20%目標で、現在20%ペース


  • と順調に運用出来ており、おすすめです。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、もれなく3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    IG証券





    IG証券は、ノックアウト・オプションという非常に面白い金融商品を取引可能な会社で、これが、スキャルピング等の短期トレードに最適であるという点も強みとしてあります。



    このノックアウト・オプションは、その名のとおりオプションのひとつなので、基本的にはFXとは違うものなのですが、

  • FXのように、為替の動きの上下で利益を取り、また、利確・損切のタイミングも自由であり、FXやCFDに近いイメージ、感覚で取引できる

  • FXと比べて資金効率が非常に良い(ドル円1万通貨購入に最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウト・オプションなら最低2,000円以下のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる)

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、FXでいうスリッページ、窓開けの影響は一切なく、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%


  • という特徴がある商品です。



    FXだと、大口で運用するためには、多額の資金が必要(例えば100万ドル運用するには、FXだと400万円以上必要)で、しかも相場が想定外に大きく動いてロスカットが間に合わなければ、とてつもない損失が出て、状況次第では追証というリスクもあります。



    それに対して、ノックアウト・オプションでは、100万ドル運用でも、オプション購入金額は20万円以内から可能で、リスクもそのオプション購入金額に限定され、絶対に追証がありえず、その点で、大口を短時間運用するスキャルピングにはぴったりの金融商品といえます。



    こうした特徴から、特に

  • 億トレーダーや専業トレーダーの方

  • リスクを抑えつつ、大口で運用したい人

  • 元々海外FXでハイレバレッジや、ゼロカットでトレードしていた人


  • を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウト・オプションで、そういう意味で、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買にも最適な金融商品です。



    この会社は、他にもズロチユーロサヤ取りという、

  • ズロチとユーロの値動きは非常に良く似ている

  • ズロチは高金利

  • ユーロは低金利


  • ということで、ズロチを買って、ユーロを売ると、為替リスクを抑えながらスワップポイントを貰える手法をやる上で一番おすすめの会社でもあります。



    この「ズロチ買い、ユーロ売り」というのは、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りか、EUR/PLNという通貨ペアの売りでできるのですが、IG証券は、かなり珍しい通貨ペアであるEUR/PLNの取扱いがあり、しかもそのスワップも、ズロチ円・ユーロ売りの会社と比べても高いという会社です。



    ズロチ円の買い、ユーロ円の売りと比べて、「EUR/PLNの売り」だと、

  • 指値注文でのエントリー、決済ができるので、条件が良い(EUR/PLNが高い)ところに指値注文を入れて、あとは放置できる

  • ズロチ円買い、ユーロ円売りだと2つの通貨ペア分の証拠金が必要なのに対し、EUR/PLNでは1つ分で済むため、同じ資金でもロスカットされにくい


  • というメリットもあるので、ズロチユーロサヤ取りだと、今はここが一番おすすめです。

    関連記事:【実績利回り27%】ズロチ・ユーロサヤ取り運用実績



    IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で、さらにCFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円と、非常に簡単に1.5万円を貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着150名なので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください

    IG証券 キャンペーンページ



    みんなのFX





    2018年からスプレッド業界最狭水準宣言を行い、スプレッドを狭くしたのがみんなのFXです。



    下で比較表をお見せしますが、みんなのFXは、宣言どおり、現在ほとんどの通貨で業界最狭水準のスプレッドとなっております。



    スプレッドについては、提示率も非常に高く、ドル円について、99%以上の提示率を誇ります。「原則固定」と表記するために必要な提示率が95%で、多くの会社が96~98%台であることを考えると、99.6%という数値は非常に凄い数字であり、シンプルに狭いスプレッドを求める場合、みんなのFXがおすすめです。



    また、みんなのFXは、管理人が今イチオシの通貨ペアである豪ドル/NZドルという通貨ペアでスプレッド、スワップポイントの条件が一番良く、その点でもおすすめです。



    さらに、みんなのFXは、1,000通貨単位での取引も可能であり、少な目の金額から取引したいという場合にもおすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。


    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FX





    Light FXは10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。



    ここは、みんなのFXとスプレッド、スワップ、1,000通貨単位で取引できることが全部同じで、つまり、スプレッドはみんなのFXと同様、ほとんどの通貨ペアで業界最狭水準となっており、スプレッド提示率も99%台と非常に高くなっております。



    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、それは違い、両方持っておくことをおすすめします。その理由を説明します。



    まず、みんなのFXとLight FXは、様々な通貨ペアでスプレッドがトップレベルなだけではなく、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソといった新興国の高金利通貨についてスワップもトップクラスという特徴があり、短期ポジションでも、長期のスワップ投資ポジションでも、どちらでも使いたい口座となっております。



    しかし、では1つの口座で、色々な高金利通貨や、短期トレードのポジションもまとめるとどうなるか、考えてみましょう。



    高金利通貨というのは、値動きのリスクが大きく、また、長期保有前提であれば基本的に「ロスカットされない」ことを前提に、スワップを多く貰えるように組むものですが、そこに短期トレードのポジションを混ぜてしまうと、どちらか片方が想定外に少し大きな損失が出た時に、まとめて全部ロスカットされてしまうという危険があります。



    そのため、こういう長期の高金利通貨のポジションと短期のポジションは分けた方がいいのですが、今回Light FXが出たことによって、例えばみんなのFXは高金利通貨用、Light FXは短期トレード用といったような使い分けが可能になります。



    こうすれば、高金利通貨のポジションがロスカットされても短期トレードには関係ありませんし、逆に短期トレードで損を出しても、高金利通貨のポジションがロスカットされることを心配する必要がなくなります。まさに、「卵は一つのカゴに盛るな」ですね。



    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、また、Light FXは、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設を考えられている方は、当サイトからの申し込みがお得です!



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    DMM FX





    ここは、どの通貨で取引するかまだ決まっていない人におすすめできる会社です。



    後で一覧で比較表をお見せますが、スプレッドについて、この会社は「どの通貨もバランスよくスプレッドが良い」という会社です。



    また、他にも、取引ツールという点でもおすすめです。PC版のチャートでは、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく経済指標の発表時に、どういう事前予想で、結果がどう、その結果がどれくらい値動きをしたかというのが一目でわかるという機能や、あらかじめ設定したレートに到達したときにアラートを鳴らすシステム等、かゆいところに手が届くシステムとなっております。



    過去の指標発表時とその動きが分かれば、今後「どのような指標に注目するべきか」「その事前予想はどうか」等、市場の大きな流れが分かります。こうした「市場の流れ」は短期で取引する場合でも、「大きな流れ」に沿って取引するのがやはり勝率も高いため、非常に重要となります。



    また、取引通信簿という機能もあり、自分の取引はどの通貨でやって、その損益はどうなっているか等を一目でグラフにして見せてくれる機能もあり、自分のトレードを見直す上でも非常に有用です。



    このように、取引ツールが優れているのが一つの強みですが、もう一つの強みは、「サポート体制」です。



    この会社は、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能になっております。



    何かあった時にすぐに気軽に問い合わせができるというのも、この会社の強みとなっており、その結果、DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位となっております。(2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書))



    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、4,000円の当サイト限定キャッシュバックが貰えるので、DMM FXで口座開設をすることを考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。



    口座開設は


    DMM FX
    button2.png


    からできます。



    FXプライムbyGMO





    FXプライムbyGMOは、かなり玄人好みの会社で、特にスキャルピングを中心にトレードする人から人気の会社です。



    スキャルピングについて、FXプライムbyGMOはスプレッドについては、ぱっと見で比べると、他の会社と比べてあまり良い方ではありません。



    しかし、ここはトッププロのFXトレーダーも使っている口座で、その理由としては、約定力とサーバーの強さがよくあげられます。



    例えば、


  • 4年間で2億円以上の利益をあげたジジさん

  • FXで年間1億円超を稼いでいる近藤さん

  • 数億円単位のトレードを繰り返すイケポンさん



  • 等、実際に億単位で運用されている専業トレーダーの方が実際にFXプライムbyGMOで多額のトレードされており、その理由としては、


  • きちんと約定される

  • スリッページがない

  • サーバーが強く、安心感がある



  • といった、単純にスプレッドだけではない強みを評価してのものでした。

    関連記事:勝ち組は何故FXプライムbyGMOを選んだのか?



    このように、FXプライムbyGMOは、「実際に使ってみると非常に良さが分かり、トッププロも使っている」というタイプの口座なので、まだ持っていない人は、是非使ってみてください。



    FXプライムbyGMOは、当サイト限定キャッシュバックとして、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。



    外為オンライン





    ここはiサイクル注文という非常に便利な自動売買ができるため、忙しい人におすすめの会社です。



    iサイクル注文というのは、下がったら買い、上がったら売る(あるいは逆に上がったら売る、下がったら買い)というのを、相場に追随して自動的に取引してくれる注文方法です。



    この注文では、想定している値幅内で値動きがあると、24時間自動で売買して利益を上げてくれるため、「想定幅を大きくとって、値動きの大きい高金利通貨で上がったら利確、下がってもスワップをもらう」というのが基本となります(詳しくは800万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)



    外為オンラインでは、店頭FXとくりっく365の二つの口座があり、どちらでもこのiサイクル注文が使えるのですが、それぞれの特徴を表にまとめると、このような感じです。


    店頭FX くりっく365
    スプレッド 狭くはない 南アフリカランド、トルコリラでトップクラス
    スワップ 若干高い トップレベルに高い
    取引単位
    iサイクル注文 できる できる




    まず店頭FXについては、千通貨単位でも取引できるというのが大きな強みになります。



    iサイクル注文の基本戦略である「想定幅を大きくとって」ということを実施するためには、取引単位が小さくないと必要資金額がかなり大きくなりますが、店頭FX口座では1,000通貨単位で取引ができるので、そういう点では店頭FXがおすすめとなります。



    一方で、くりっく365口座については、公的機関である東京金融取引所運営で信頼背が高く、また高金利通貨についてスワップポイントも高いことから、特に長期投資派の人から人気の口座となっております。



    ただし、くりっく365では1万通貨単位(南アフリカランドは10万通貨単位)でしか取引ができないため、取引単位を小さくしたい場合には、店頭FXがおすすめです。



    そのため、取引単位を小さくしてiサイクル注文で取引したい場合は店頭FX、取引単位を大きくしてもiサイクル注文で取引したい場合や、南アフリカランドやトルコリラを取引したい場合は、くりっく365がおすすめとなります。



    また、それ以外にも、FXとは何かということから、今後の為替の見通しまで、幅広いセミナーを行っており、セミナーの満足度も98%と非常に評判が良く、こうしたセミナーを無料で受講することができる、というのも、この会社の魅力です。



    口座開設は、店頭FX、くりっく365ともに


    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    マネーパートナーズ





    ここは若干玄人向けのツールなのですが、連続予約注文という、「半自動売買」とでも言うべきものが、非常に便利で強力なもので、最近管理人も非常に気に入ってきているところです。



    この連続予約注文というのは、同じ新規注文、決済注文を、最大20回まで繰り返せるというものです。



    nano_repeat_intro02_graph01.png



    このように、普通であれば

  • ①の買い注文+指値で利確注文を入れる

  • ①が決済されたら、②の指値注文+決済注文を入れる

  • ②が決済されたら、③の指値注文+決済注文を入れる


  • というように、何度も入れなおさなければいけないところを、はじめに①を入れる段階で、最大20回まで繰り返す設定にしておけば、

  • ①の連続予約注文を入れて、あとは放置


  • というだけで、①が決済されたら自動で②が、②が決済されたら自動で③が・・・というように、自動売買のように使うことができる注文です。



    ループイフダンやiサイクル注文などの自動売買と比べると、

  • 一つ一つの注文が独立しているので自由度が高く設定できる

  • 手数料が無料で、ドル円0.3銭原則固定など、取引コストが裁量を含めてもトップレベル



  • というメリットがある一方で、


  • 一つ一つ注文を入れないといけないので、手間がかかる

  • また繰り返しの上限が20回という制約があるので、20回になったら再度入れなおさないといけず、これも手間がかかる




  • というように、コストが安い代わりに、手間がかかるというのが、一番の特徴です。



    そのため、


  • とにかくスプレッド・手数料を安く自動売買がしたい(裁量も含めて業界最安値水準)

  • 100通貨単位で、非常に少額から取引したい

  • ループイフダンやトラッキングトレードより細かく設定をしたい

  • 若干手間がかかることを許容できる(操作自体は簡単なのですが、工数は普通の自動売買よりかかり、若干面倒です)


  • という人には、とにかくおすすめできるところです。



    この連続予約注文のメリット・デメリットや、使い方については、以下の記事で詳しく書いているので、興味があればこちらも是非ご覧ください。

    マネーパートナーズ連続予約注文とは?自動売買との違い、設定方法を解説



    この連続予約注文は、マネーパートナーズの口座を持っていれば、誰でも手数料無料で使うことができるものなので、興味があれば是非どうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)



    口座開設は、


    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    GMOクリック証券





    GMOクリック証券は、2012年以来年8年連続でFX年間取引高国内1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位というように、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)



    GMOクリック証券とDMM.com証券は「取引高国内一位」「国内口座数日本一位」をそれぞれ争っているライバル関係にあり、そのため、スペックはDMM.com証券のDMM FXとほとんど同じで、スプレッドは多くの通貨でほぼトップレベル、高いレベルの取引ツールと24時間のサポート体制といったことに強みを持っています。



    その中で、GMOクリック証券にあってDMM FXにない特徴としては、ここの口座だと、株やCFD、先物なども一つのアカウントですべて管理できることがあります



    これは何がいいかというと、例えば今は為替より株の方が上がるかが分かりやすいから、株の方に投資したい、という状況があるとして、他の会社ではそもそも株を扱っていなかったり、扱っていても別アカウントでログインすることが必要な場合がほとんどです。



    そのため、株口座にお金を入れるためには、一旦銀行口座に出金してもらってから株口座に入れる、などが必要で、手間がかかる上に、出金や振り替えに数日かかったりする場合がほとんどで、「やりたいと思ってから数日待たないといけない」といったことが起こります。そうなると、その間に株が既に値上がりしてしまえば、「あの時買えていたら利益が出たのになあ」ということになりかねません。



    それに対して、GMOクリック証券では同じアカウントの中での振替なので、即時に振り替えが可能なので、手間がかからず、また、「3日前から値上げした値段で買わないといけない」とか、そういうことはなくてすみます。



    一方で、サポート体制は、DMM FXと違いLINEに対応しておらず、電話かメールでしかできないということが、DMM FXにあってGMOクリック証券にない点と言えます。また、取引ツールについては、個人によって差がある部分で、「GMOクリック証券の方が好き」「DMM FXの方が好き」という人のどちらもおり、甲乙つけがたいと考えております。



    なので、取引ツールについては実際に使ってみて、使いやすいと思うところで取引をするのが良いと思います。



    口座開設は


     GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    FX業者スプレッドの最新比較2020年5月版





    最後に、スプレッドを表でまとめます。くりっく365以外は全て原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロ米ドルのみpipsです(FXプライムbyGMOは例外あり、1回の取引で50万通貨以下の場合)



    会社名スキャル
    歓迎宣言
    ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円メキシコペソ
    ユーロ
    米ドル
    セントラル短資FX0.20.40.90.50.90.91.70.20.3
    アイネット証券×235467772
    IG証券×0.20.510.7変動変動変動変動0.4
    IG証券0.61.121.334変動変動0.6
    みんなのFX×0.20.40.80.610.91.60.30.3
    LIGHT FX×0.20.40.80.610.91.60.30.3
    DMM FX×0.20.510.71.21××0.4
    FXプライムbyGMO0.30.61.10.91.60.94.80.90.6~12
    外為オンライン(店頭)×1233615661
    外為オンライン(くりっく365)×変動変動変動変動変動変動変動変動変動
    マネーパートナーズ×0.30.40.90.61.211.90.30.3
    GMOクリック証券【FXネオ】×0.20.510.71.211.70.30.4




    となります。



    FX業者スワップポイント・自動売買・取引単位の最新比較一覧2020年5月





    次に、スワップポイントと自動売買、取引単位でFX業者を比較します。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソズロチユーロ自動売買取引単位
    アイネット証券7245025100なし
    IG証券-7-5-450135016×
    FXプライムbyGMO2009020704.3×
    LIGHT FX62461219122.9×
    セントラル短資FX20010080なし×
    外為オンライン(くりっく365)14246342741.1
    みんなのFX62461217022.9×
    ヒロセ通商2356015700×
    JFX株式会社235601570なし×
    GMOクリック証券【FXネオ】634602070なし×
    インヴァスト証券6122020なしなし
    マネーパートナーズ11110530なし
    DMM FX51130なしなしなし×
    インヴァスト証券(シストレ24)-40-40-400なしなしなし
    フィリップ証券4-2-4-10-2なしなし×




    口座開設は


    【短期トレード+メキシコペソ買いでおすすめ、当サイト限定5,000円+レポート】

    セントラル短資FX
    button2.png



    【利回り40%超も出せる豪ドル/NZドルやトルコリラの自動売買でおすすめ+当サイト限定3,000円Amazonギフト券】

    アイネット証券
    button2.png



    ズロチユーロサヤ取り+ノックアウト・オプション+先着150名限定の超破格キャッシュバックでおすすめ

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    【スプレッド業界最狭水準+豪ドル/NZドルでおすすめ+3,000円の特別キャッシュバック】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと同じスペックで、トレードスタイルや通貨ペアで使い分けたい+3,000円の特別キャッシュバック】

    LIGHT FX
    button2.png



    【サポートが充実しており、どの通貨の条件も良く、初心者の方におすすめ+4,000円の特別キャッシュバック】

    DMM FX
    button2.png



    【超上級者が認めるスキャルピングでの約定力++3,000円の特別キャッシュバック】

    FXプライムbyGMO
    button2.png



    【iサイクル注文という自動売買+くりっく365の高スワップでおすすめ】

    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png



    【連続予約注文という取引コスト最強の自動売買でおすすめ】

    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    【使いやすいツール+どの通貨ペアもトップレベルの条件でおすすめ】

    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    【完全無料】FXプライムbyGMOのセミナー動画が凄かった

    2020年05月06日 21:59

    【完全無料】FXプライムbyGMOの セミナー動画が凄かった-min



    GW中にFXの勉強もしていて、その中で見ていたFXプライムbyGMOのセミナー動画が非常に良かったので、今回はそれを紹介したいと思います。



    FXプライムbyGMOのセミナー動画は、無料で見ることができるのですが、動画の種類も非常に多く、例えば

  • FXを始めたばかりで、ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析などの基本を知りたい

  • プロのコロナ後の相場見通しを知りたい

  • FXをやっているけどなかなか勝てなくて、勝っているトレーダーがどうしているか知りたい


  • といった人には非常におすすめです。



    実は元々「FXプライムbyGMOのセミナー動画は非常に良い」ということは聞いていたものの、何となく後回しにしていたのですが、GWで時間もできたので見てみたところ、「なんで今まで見ていなかったんだ」と思うレベルで良いものでした(笑



    なお、このセミナー動画は、FXプライムbyGMOの口座を持っていれば誰でも無料で見ることができるので、もしまだ口座を持っていない人はこの機会に是非どうぞ(もちろん口座開設手数料や口座維持手数料は一切無料です)



    また、当サイトからの口座開設申込+3万通貨の取引をすると、限定タイアップとして3,000円のキャッシュバックも貰うことができるので、口座開設は当サイトからして頂くと大変お得です(3万通貨取引なので、例えばドル円だと、買ってすぐ売ればスプレッド分の90円くらいで貰える計算になるので、大変お得です!)



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。



    FXプライムbyGMOのセミナー動画コンテンツが凄い!





    FXプライムbyGMOで過去に行ったセミナーが動画コンテンツとして見ることができて、以下のような動画が見ることができます。



    seminar1-min.png



    数えてみると、動画は104本もあり、Stay Homeで時間がある人には特におすすめです(倍速再生や1.5倍速にもできます)



    また、ジャンルも多様で、

  • ファンダメンタルズ面からの相場の解説(相場全体の解説から、松崎美子さんによる欧州情勢の解説まで)

  • テクニカル分析のやり方(移動平均線・ロウソク足・トレンドラインと言った超基本事項の解説から、一目均衡表、エリオット波動、チャートリーディング、GMMA、スパンモデル・スーパーボリンジャーまで色々とありました)

  • 実際の勝ち組トレーダーの方にトレードのやり方をインタビューする企画


  • 等々ありました。



    104本あるので私も全部見ることはできていないのですが、自分が見た中で特に良いと思ったのは、

  • 江守哲さんの2020年の金融マーケット展望(貴重なコロナショック後の展望動画です!色々なデータを使って分かりやすく相場見通しが解説されてます)

  • FXプライムbyGMOのお客様コンサルタントの小杉さんが「勝ち組トレーダーにインタビューした結果、どういうトレーダーが勝てるようになるのか」を解説した動画

  • FXの世界大会優勝者であるバカラ村さんのセミナー動画(全3回!)


  • が非常に良く、正直これだけのものを無料で見ていいのかという気持ちになりました(笑



    seminar2-min.png



    seminar3-min.png



    seminar4-min.png



    このあたりの動画は、個人的には「FXトレーダー全員見るべき」というレベルでおすすめなので、是非どうぞ!



    FXプライムbyGMOのセミナー動画を見る方法





    セミナー動画を見るためには、FXプライムbyGMOの口座が必要なので、まだ口座を持っていない人はまずは口座開設をしてください。



    FXプライムbyGMO
    button2.png



    当サイトから口座開設をすると、限定タイアップで3,000円のキャッシュバックも貰えるので、まだ持っていない人は是非この機会にどうぞ!



    そして、ログインすると以下のような画面になるので、マーケット情報のところをクリックしてください。



    seminar0-min.png



    すると、右上に過去セミナーの視聴はこちらというところがあるので、ここからセミナー動画一覧に飛ぶことができます!



    seminar5-min.png



    上でも書いたように、104本もの動画があり、ファンダメンタルズからテクニカル、勝ち組トレーダーの勝ち方まで、色々な種類のセミナーを無料で見ることができるので、この機会に是非どうぞ。



    私のおすすめは上でも書いたように、


  • 江守哲さんの2020年の金融マーケット展望

  • 小杉さんの「勝ち組トレーダーにインタビューした結果、どういうトレーダーが勝てるようになるのか」を解説した動画

  • FXの世界大会優勝者であるバカラ村さんのセミナー動画



  • ですので、是非ご覧ください!



    FXプライムbyGMOについては、当サイトからの口座開設申込+3万通貨の取引をすると、限定タイアップとして3,000円のキャッシュバックも貰うことができるので、口座開設は当サイトからして頂くと大変お得です(3万通貨取引なので、例えばドル円だと、買ってすぐ売ればスプレッド分の90円くらいで貰える計算になるので、大変お得です!)



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。

    スワップポイントと政策金利の関係や最近悪化した理由は?アイネット証券に取材

    2020年05月03日 20:23

    アイネット証券に 豪ドル_NZドル スワップを緊急取材-min



    アイネット証券で豪ドル/NZドルが導入されて以来、ずっとここで豪ドル/NZドルの自動売買しているのですが、最近気になることがありました。



    それは、「なんか最近豪ドル/NZドルのマイナススワップ、重くなってない?」ということでした。



    実際スワップポイントの推移を見ていると、3月中は-10円くらいまでだったのが、3月末から4月にかけて多い時は-60円というように、急激にマイナススワップポイントが増えていることが分かります。



    【3月の推移】
    audnzd3月-min



    【4月の推移】
    audnzd swap2-min



    このことは読者の方からも多く質問される点であり、自分でも気になっていたので、今回は以前も取材させて頂いたアイネット証券のカスタマーサポート部の照沼様にメールで取材を敢行したところ、ご回答を頂けたので、今回はそれについて記事を書きたいと思います。



    inet samune-min
    (写真は昨年取材に行った当時のもの)



    実は取材させて頂いたのが4/15で、この後進展があったので若干古くなってしまった所もありますが(笑)、今回の取材では、


  • FX会社がスワップポイントを提示できる仕組み

  • スワップポイントと政策金利の関係

  • 何故相場が荒れるとスワップポイントスプレッド(スワップの売りと買いの差額)が広がるのか?



  • といった、FX全般についても勉強になるようなお話や、


  • 今後のスワップポイントの見通し

  • コロナショックでループイフダンを運用している人はどうだったのか?


  • といった話も聞けたので、是非ご一読ください!



    以下の順番で書いていきます。

    最近アイネット証券で豪ドル/NZドルのマイナススワップが悪くなった理由は?

    今後スワップポイントはどうなるか?

    最近のコロナショック相場でループイフダンはどうか?



    最近アイネット証券で豪ドル/NZドルのマイナススワップが悪くなった理由は?





    -ご無沙汰しております。為替研究所のYukiです。今回お伺いさせて頂きたいのは、豪ドル/NZドルという通貨ペアのマイナススワップポイントについてです。最近(※取材日は4/15)買いのスワップが悪くなっておりますが、何故そうなっているのでしょうか?



    照沼様「豪ドル/NZドルのマイナススワップが悪化していることは当社も認識しており、投資家の皆様からも色々とご意見いただいており、そのお声についても全て確認させて頂いております。



    何故スワップポイントが悪化しているかについて言うと、端的に言えば短期金融市場の混乱が原因で、カバー先からのレートが悪化しているため、どうしてもお客様に提示できるスワップポイントのレートも悪化してしまうというのが原因です」



    -なるほど。やっぱりそうなんですね。実は、他社のディーラーさんからも、短期金融市場の混乱の話は伺っており、「豪ドルやNZドル、南アフリカランドですらマイナスで提示されることもある」というような話は聞いております。



    ただ、読者の方から「オーストラリアもニュージーランドも政策金利が同じになったのに、そんなに差が出ることなんてあるんですか?」という質問を受けることがあるのですが、政策金利とスワップの関係について、もう少し詳しく教えて頂いてもよろしいでしょうか?



    照沼様「はい。政策金利はスワップポイントにとっての「1つの目安」にはなりますが、スワップポイントの直接の参照先はそこではなく、実際にはFX会社からさらに先のカバー先金融機関が出してくるレートが、スワップポイントの源泉となっているので、その金融機関のレートが基準となります。



    これまでのような安定した相場であれば、金融機関の提示するレートも概ね政策金利に連動した形になっていたので、「政策金利とスワップポイントの関係」が分かりやすかったのですが、今のような相場環境だと、そこに乖離が出てきております。」



    -私の理解だと、スワップポイントの提示については、ざっくりと図解すると以下のようなものという認識でしたが、こんな感じでしょうか?



    swap sikumi-min



    このように、お客さんからの注文の買いと売りを相殺して、カバー先に流し、そのカバー先から提示されたスワップがトレーダーへのスワップの源資という認識でした。もちろん、カバー先は1社とかではなく、複数の金融機関で条件が良いところを選ばれているとは思いますが、基本的にはこのような認識でよろしいでしょうか?」



    照沼様「基本的にはご認識の通りで、カバー先からの提示レートがお客様に提示できるスワップポイントの源資であるというのは、おっしゃる通りです。



    そして、カバー先の金融機関も、同じように顧客からの注文の相殺(マリー)とその上で残った部分のカバーをそれこそ世界中の金融機関同士で行っていき、最終的には短期金利と近い水準のスワップに落ち着くのが一般的です。



    ただし、今のように金融市場が大きく混乱している時は、どこの金融機関にとっても「ポジションを持つこと自体のリスクが高い」ことになるため、そのリスクの代償として、スプレッドを広くしたり、スワップポイントの売り買いの差額(スワップポイントスプレッド)を広くしてリスクに見合ったリターンを要求されるようになり、その結果、こういう環境ではどうしても提示できるスワップポイントが悪くなってしまうというのは、どこのFX会社も共通の点かと思います。



    ただ、当社は、1点この図と違うところがあります」



    -それはどちらでしょうか?



    照沼様「この図では、お客様からの買い注文と売り注文を相殺(マリー)し、残った部分を金融機関に流している(カバー)ことになっておりますが、当社はマリーを行わず、100%カバー取引を行うようにしているので、以下のようなイメージになります。



    inet swap2-min



    このように、当社は100%カバー注文に流すようにしております」



    -100%カバーだったんですね!それだと、確かに他のFX会社以上にカバー先からの提示レートの影響をもろに受けやすくなり、他社より悪くなってしまうこともありそうですね・・・・



    ただ、FX会社のビジネスモデルは、この「マリー」でスプレッド・スワップスプレッドを100%利益にできる部分が一番の利益の源泉という認識だったので、マリーもせずに100%カバーというのはかなり驚きでした。何故このようにされているのでしょうか?



    照沼様「それはとにかくお客様との利害相反を避けたいという思いが根底にあります。



    カバーの前にマリーを入れるようにすると、どうしてもそこの処理に人手やマシンパワーが割かれることになり、100%カバーというのが難しくなります。実際、他社さんだとマリーした後でも100%カバーではないところが多くあります。



    ただ、これをやると、お客様との間で反対のポジションを持つ、言い換えれば、お客様の損が当社の利益、当社の損がお客様の利益となる関係となってしまい、こういう事態は避けたいと考えてこのような仕組みにしております」



    -なるほど。マリーもしないで100%カバーに出すというのは徹底してますね!正直、個人的にこれが本日一番の驚きでした(笑



    今後アイネット証券の豪ドル/NZドルのスワップポイントはどうなるか?





    -スワップポイントの仕組みや、御社の方針がよく分かりました。では、今後のスワップポイントの見通しはいかがでしょうか・・・・・?



    照沼様「今回のマイナススワップについては、短期金融市場の混乱を原因として、カバー先からの提示レートが悪化したことが最大の要因なので、やはり市場の混乱がどうなるか、という点が一つポイントかと思います。



    状況が状況なので、具体的にいつといったお話はできませんが、過去の事象ですと、このようなスワップポイントの変動は一時的なもので、金融市場の安定とともにカバー先のスワップポイントも安定してくるかと考えており、その際には、またご満足いただけるスワップポイントの提供ができるかと思います。



    また、最近はこの豪ドル/NZドルについてのスワップポイントの要望も多く頂いていることから、当社としてもやはり少しでもお客様に満足いただけるようにするという方針のもと、できるだけマイナススワップを抑えようと考えており、4/15の火曜日から10円程マイナススワップ幅を少なくしました



    この新型コロナウィルスがどうなるか、いまだに見通しは見えづらいですが、そうした中でもできるだけ皆様にご満足いただけるように努力いたしますので、何かご要望等ありましたら、いつでもご連絡頂ければと思います」



    -あ、ほんとですね!これは大変ありがたいです!



    audnzd swap2_2-min



    取材後追記:記事を書くために見ると、さらにスワップは改善され、プラスに戻してました!



    inet swap3-min



    ★☆★当サイト限定でAmazonギフト券3,000円分が貰える! ★☆★
    アイネット証券



    最近のコロナショック相場でループイフダンはどうか?





    -ちなみに、今回のコロナショックで豪ドル/NZドルのマイナススワップについて不満の声も)聞きますが、その一方で自分のポジションを見ると、マイナススワップがあっても十分お釣りが来るくらいにループイフダンが働きまくって、正直かなり利益が出ているのですが、実際皆様はどんな感じなんでしょうか・・・・?



    照沼様「そうですね。今回のコロナショックはボラティリティも大きく、また、豪ドル/NZドルだと最近は少しずつ戻す方向で動いているので、このボラティリティを利用して大きく稼がれた方も少なからずおられます



    -やっぱりそうなんですね。ちなみに、豪ドル/NZドルという通貨ペアだとどうでしょうか?



    照沼様「実は、豪ドル/NZドルについて言うと、少し面白い傾向があり、2020年に入ってからは、スワップポイントの買いと売りでのプラスマイナスが逆転した影響もあってか、売りで入られる方や、さらには両建てされた方も増えておられました



    実際、スワップが逆転した2020年1月9日以前と、それ以降で、豪ドル/NZドルについては、

  • 買いのみ

  • 売りのみ

  • 両建て運用


  • の割合で言うと、以下のようになっております。



    inet shuzai2-min



    売りが増えたのは、

  • 下げトレンドの中でトレンドフォローとして売りで入った

  • スワップポイントが貰える方向性でトレードされる


  • といったことも考えられます。



    また、両建て取引をおすすめする事は出来ませんが、長期でレンジ形成しやすいという通貨ペアの特徴から、両建てによって「上がっても下がっても相場が動けば利益が出る」という状態にしたいという方も増えてきたのかもしれません」」



    -これは面白い傾向ですね!私も、豪ドル/NZドルについては、今年に入ってからは両建て自動売買+サポートでの裁量ポジションでやるグルトレという戦略をメインでやっており、まさに御社のループイフダンを両建て口座として使っておりました。



    照沼様「ありがとうございます(笑



    自動売買だと、こういう相場の動きが大きい時は、ロスカットされなければ確定利益は伸びるので、今のような相場をチャンスと捉えて、このように工夫されている方が多い印象です」



    -確かに、こういう相場は大きなチャンスでもあり、このコロナショックも一過性とは思えないので、まだ色々とチャンスはありそうですね!今回はお忙しい中ありがとうございました。



    以上が取材の内容でした。



    豪ドル/NZドルのスワップポイントが悪化したのは、短期金融市場の混乱が原因だったようで、その影響はやはり短期的で、今はプラスに戻しておりました。



    また、このコロナショックを利用して大きく稼いでいる人も多いという点も興味深く、今後も「経済再開がどうなるか」「コロナの第二波が来るのか」や、他にも「原油価格」「米大統領選」等、今年は相場が動きまくる材料が大量にあるので、自動売買で大きく稼ぐチャンスもかなりありそうです。



    私も豪ドル/NZドルについては、ハイリスク版とローリスク版、さらに少し前まではグルトレもやっておりますが、どの戦略もこのコロナショックで大きく利益を出してくれました

    【利回り40%】ループイフダン豪ドル/NZドルおすすめ設定と実績をブログで公開

    【安全設計で利回り10%】ループイフダンのおすすめ設定・実績と考え方を解説

    【新設定】豪ドル/NZドルの買いグルトレを公開運用【約30万円から可能】



    このように、自動売買の世界では「ピンチはチャンス」であり、コロナショックのような事態でも、逆に大きく利益をあげることも可能なので、興味があれば是非どうぞ。



    アイネット証券については、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、興味があれば是非この機会にどうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。

    IG証券の人気が爆発して口座開設に時間がかかる!?噂の真相を直撃取材

    2020年04月28日 20:08

    IG証券に口座開設が殺到中!? 人気の秘密を徹底取材-min



    先日、フォロワーさんから「IG証券の口座開設、なかなかできないんですが」という相談を受けました。



    だいぶ前の話ですが私が口座開設した時はそんなに時間がかかった印象がないので、「そうなんですか?」という答えしかできなかったのですが、最近IG証券のホームページに、ある記載を見つけて驚きました。



    ig1-min.png



    本当に時間かかるらしい!!



    そこで、今回はこの件でIG証券に直接聞いてみることにしました。



    今のご時世さすがに普段のように「突撃取材」というわけにもいかないので、今回はメールを何度かやりとりさせて頂いて、インタビューさせて頂きました。



    IG証券の口座開設に時間がかかるっていうのは本当?





    hatena-min.jpg



    -よろしくお願いいたします。最近口座開設に時間がかかっているという話をフォロワーさんから伺い、また、御社のリリースでも「時間がかかっている」という旨のものを見かけました。まずこの話について、教えて頂けないでしょうか。



    「そうですね。2月後半からのいわゆる「コロナショック」で相場が大きく動いており、その影響でかなり多くのお客様からお問い合わせやお申し込みを頂き、お手続きに時間がかかってしまっております



    通常はオンラインの本人確認サービスをご利用頂き、書類に不備がなければ2日程度でお取引を開始頂けるのですが、今はこの日数で完了するのがなかなか難しい状態になっております・・・・ 」



    -なるほど。他社さんですとコロナウィルスの関係で在宅ワークに移行することで混乱が起こっているという話も聞きますが、その辺りも関係あったりするのでしょうか・・・・?



    「当社もコロナウィルス感染拡大の状況下で、社会全体と社員の安全の両方の観点から、今は全社員リモートワークで対応しております。



    ただ、IGでは全世界で完全にモバイルワークができるIT環境が整備されておりますので、自宅にいながらも通常と変わらず業務を継続しており、これによって遅滞は起こらないようになっております。



    お時間 を頂いているのは、リモートワークが原因というより、純粋にお申し込みが殺到しているのが原因です。



    もちろん、当社としてもできるだけ早くお手続きできるよう最大限の努力をしておりますが、それ以上に口座開設申し込みが多くて、時間がかかってしまっているというのが現状です 」



    -そんなに口座開設申し込みが殺到してるんですね!ちなみに、差支えなければ、どのくらい口座開設が増えているか教えて頂けないでしょうか・・・・?



    「具体的な数字はちょっとお答えできないのですが、例えば3月は、前月比で約2倍程度となっております 」



    ★☆★期間限定で最大6万円の超破格のキャッシュバックあり! ★☆★





    IG証券は人気爆発中!その理由は?





    -前月比2倍ですか!?それは凄まじい・・・ゆっくりと時間をかけて増えていくなら人を増やすとかである程度対応もできそうですが、前月比2倍とかになったら、それはさすがに手が回りませんよね・・・・ただ、何故そこまで人気が爆発しているのでしょうか?



    「コロナショックで相場が大きく動いているため、多くのネット証券で口座開設が伸びているようですが、特にIG証券を選んで来て頂いているお客様の多くは、

  • 取引銘柄の豊富さ

  • ノックアウトオプション、FXやCFD取引、バイナリーオプションという取引手法の選択肢も多い


  • という点に魅力を感じて頂けているのだと思います 」



    IG証券は取扱銘柄が豊富。株価指数、金、原油、個別株(米国株、中国株、日本株)まで何でもある





    「現在の相場で特に大きな値動きがあるのは株式市場と、金や原油等も含めた商品市場です。FXを専業もしくは主力とする多くの競合企業とは異なり、IG証券ではほぼすべての資産クラスの取引が可能です。



    例えば、2020年2月後半以降のダウ平均の乱高下は凄まじいものがありますが、弊社ではこれをお客様のリスク許容度、資産、トレードスタイルに合わせてノックアウトオプション、CFD、バイナリーオプションの3種類でお取引頂けます。また、金や原油などの商品についても同様です。 」



    -確かに、今の相場で大きく動くものに、「下がると思って売りで入る」ということも含めて、色々なスタイルで投資できるのは良いですよね!



    私もダウや金、原油などでノックアウトオプション※をよく使っておりますが、今のように相場の動きが大きく、また週末窓開けリスクも高い相場には、ぴったりなのではないかと思ってます! 通貨でも、株価指数でも、商品でもノックアウトオプションでトレードできるのは本当にありがたいです



    ※ノックアウトオプションとは、IG証券が日本ではじめて取引できるようにしたオプション取引で、その特徴として

  • 為替や株価指数、商品価格等の動きで利益を取り、また、利確・損切のタイミングも自由というように、FXやCFDに近いイメージ、感覚で取引できる

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 少額の資金からでも高い効率で取引可能(ドル円1万通貨購入に際して最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウトオプションなら例えばノックアウトレベルを20pipsに設定した場合、2,000円のオプション料で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる

  • 損失額が初めに設定したオプション料に限定され、窓開けがあろうとも、相場に急変があろうと、何があろうと絶対にそれ以上の損失が出ない

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%


  • という点があるものです。詳細は

    IG証券のノックアウトオプションとは?特徴(強み)と取引方法を解説



    「当社では、為替市場、株式市場、商品市場の多様な銘柄を取引できるので、資産同士の相関・逆相関関係を利用して利益獲得のチャンスを広くとることもできます。



    また、他にも、当社では米国株、欧州株、中国株、日本株を含めて、個別株式銘柄についても、約12,000銘柄の取引をCFDで提供しており、コロナウイルス蔓延の環境下で需要の伸びている海外銘柄などにも1株から投資することもできます。



    現在のような特殊な市場環境下で、「様々な資産に、様々なトレードスタイルで投資できる」という点が改めて認知されはじめているというのが、最近の口座開設申込数の増加にも繋がっているのかなと考えております。」



    -個別銘柄はあまり触っていなかったのですが、御社で取扱いのある中には、ちょうど先日新型コロナウィルスの治療薬として有効なのではないかという報道もあったレムデシビルを作っているギリアド社、オンライン会議で使われるZoom社とかもあるんですね。



    探せば他にも色々と面白い銘柄もありそうで、「宝探し」みたいな感じでわくわくします(笑



    IG証券の今後の方針





    -ありがとうございました。最後に一言、今後の御社の方針などをお聞かせいただけないでしょうか。



    「コロナウィルスは社会全体の在り方を大きく変えてしまいました。金融市場に限って言えば急激な市場環境の変化により、長期的な資産形成を目的に投資を行ってきた一般の方々の多くが大きな損失を被ってしまったと思います。



    我々にできることは限られていますが、オンライン・トレーディングサービスを提供する企業として、短期の価格変動からも利益を取りつつ、適切なリスク管理もできるようなサービスを今後も提供していきたいと思います。 」



    -ありがとうございました!



    以上がIG証券に取材させて頂いた内容でした。



    今回のコロナショックで、改めて「様々な銘柄に取引できる」「ノックアウトオプション等、リスクを管理しながら高い資金効率で運用するといった取引手法も可能」と言った点の重要性が評価され、IG証券は3月の口座開設数が前月比約2倍というように、人気が爆発しているようです。



    市場が大きく動くということは、大きく損をする人がいる一方で、逆に言えば短期的な値動きで大きな利益を出せるチャンスでもありまた、今回のコロナ騒動によって大きく注目される会社が出てきたように、色々な「お宝」が眠っている可能性もあるということで、こういう環境下では、様々な銘柄に、様々な投資手法で取引できるIG証券のような会社が人気が出るのは、非常に納得がいきました。



    このIG証券は、今とてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンです。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着なので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    みんなのシストレを徹底解説!使い方・評判・デメリットのまとめ

    2020年04月14日 20:07

    リピート注文からAIまで! みんなのシストレを徹底解説-min



    最近、質問箱やメールでの質問などで、よく「みんなのシストレはどうでしょうか?」「いまいち使い方がよく分からないのですが、Yukiさんは使ってますか?」という質問を頂くようになりました。



    実は私も最近まで「なんか仕組みがよく分からないなあ」と思って敬遠していたのですが(笑)、ただ、スプレッドの条件はかなり良さそうなのと、リピート注文の選択肢を増やしたいとも思っていたので、色々と調べてみました。



    ただ単にネットで情報を集めるだけではなく、実際に運用して、さらに、サポートセンターの方にも電話で問い合わせをしまくった結果、ようやくこのみんなのシストレがどういうものなのか分かってきたので、今回はそれについて書きたいと思います。



    結論から言うと、みんなのシストレは、

  • 取引手数料無料、スプレッドもかなり狭く、自動売買で取引コストを重視する場合には非常におすすめ

  • スワップポイントは非公開(サポートセンター確認済み)ながら、豪ドル/NZドルについては悪くはなさそう

  • 取引単位は1,000通貨単位で可能


  • というように、基本スペックがかなり高いことに加えて、

  • リピート系注文も、AIを使った自動売買も、優秀なトレーダーのコピートレードも、全部できる


  • というように、何でもできることから非常に人気もあります。(特にAIを使った自動売買は、今だと実績にかなりムラもありますが、将来性の観点から注目している人も多いようです)



    その一方で、普通のリピート注文と比べるとかなり独特のシステムでもあり、具体的に言えば

  • 買い注文を入れた時に下がった時に買う、売り注文を入れた時に上がった時に売るは、基本的にやってくれる(リピート注文の最大の肝である「ナンピンで入る」という点は問題なし

  • その一方で、上がった時に買うか、または下がった時に売るかは、状況次第


  • という特徴があります(何故そういうことになるのか、どういう時に上がったら買い、下がったら売りが入るのかは後で詳しく解説します)



    このように、リピート注文と考えると癖はあるのですが、「下がった時に買う」「上がった時に売る」という機能はあるので、その点が気にならない人については、みんなのシストレは基本スペックが非常に高いので、おすすめです。



    また、リピート注文というより、「他のトレーダーのコピートレード」というイメージでシステムトレードというものをとらえている人にとっては、まさにイメージ通りのツールで、リピート系以外にも、「優秀なプログラムや個人トレーダーのトレードをそのまま真似する」「AIのトレードをそのままやる」という機能もあるので、こちらに興味がある方には、まずおすすめです。



    なお、当サイトから口座開設をすると、「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    このみんなのシストレで良い条件でリピート注文が可能で、私が一番得意な通貨ペアである、「豪ドル/NZドル」についてもかなり詳しく解説してます。



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は


    みんなのシストレ
    button2.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。

    みんなのシストレとは?特徴を解説

    みんなのシストレの取引手数料、スプレッド、スワップポイント、取引単位

     みんなのシストレの取引手数料

     みんなのシストレのスプレッド

     みんなのシストレのスワップポイント

     みんなのシストレの取扱い通貨ペア

     みんなのシストレの取引単位

    みんなのシストレのメリット

     みんなのシストレはスペックが高い

     みんなのシストレはランキングから選ぶだけで簡単にトップトレーダーのコピーができる

     みんなのシストレは選ぶだけで簡単にリピート注文も可能

    みんなのシストレのデメリット

     みんなのシストレはコピーであるため、普通のリピート注文とロジックが違い癖がある

     みんなのシストレは自分で止めない限りずっと同じトレードをし続ける

     みんなのシストレは儲からない時に「何故ダメだったのか」が分からない

    みんなのシストレの口コミ・評判・レビューまとめ

    みんなのシストレの使い方を画像付きで分かりやすく解説



    みんなのシストレとは?特徴を解説





    みんなのシストレは、トレイダーズ証券運用のみんなのFXで提供されている、選ぶだけで全自動売買が可能なFXのシステムトレードです。



    main_banner-min.jpg



    このシストレは、日本初のAIが為替ニュースをテキストマイニングして自動でトレードするテキストマイニングAIや、優秀な個人トレーダー、プログラムをフォローして同じトレードをする戦略、また、よくあるリピート系注文まで、様々な自動売買スタイルを、選ぶだけで簡単にできるものです。



    また、次に書くように、取引手数料は無料、スプレッドも非常に狭く、通貨ペアは多く、取引単位は1,000通貨単位も可能というように、単純にFX口座としてのスペックも自動売買系の中ではトップクラスに高いという点も特徴となっております。



    ★☆★限定FX戦略レポートが貰える大変お得なタイアップあり! ★☆★

    みんなのシストレ



    みんなのシストレの取引手数料、スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、取引単位





    次に、みんなのシストレのスペックをまとめたいと思います。ざっくりと書くと、以下の通りです。



    取引手数料無料
    スプレッドドル円:1.9銭
    豪ドル円:2.5銭
    トルコリラ円:4銭
    メキシコペソ円:1.9銭
    カナダドル円:3銭
    豪ドル/NZドル:4.0pips等
    スワップポイント非公開
    取扱い通貨ペア27通貨ペア
    取引単位1,000通貨




    このスペックは、自動売買系の中では非常に高く、また、スワップポイントも非公開ではありますが、少なくとも豪ドル/NZドルについて教えてもらえたレートはそこまで悪くないものでした(何故そんな通貨のレートを聞いたかというと、単純に自分が知りたかったのがそれだからでしたw)



    みんなのシストレの取引手数料





    みんなのシストレの取引手数料は、無料で、口座維持手数料等もかかりません。



    minsys1-min.png



    裁量FXでは今更当たり前のような条件ですが、自動売買だと手数料がかかるところも多いので、ここは一応確認しておきました。



    みんなのシストレのスプレッド





    みんなのシストレのスプレッドは、以下のようになっております。



    minsys2-min.png



    これは他の自動売買系と比べるとかなり良い条件で、1万通貨辺りの取引手数料+スプレッドで求めた取引コストを比較すると、以下のようになります。



    ドル豪ドルトルコリラメキシコペソ豪ドル/NZドル
    みんなのシストレ190250400190260
    ループイフダン200400700700390
    トラリピ200~300500~600400~500200~300なし
    トライオートFX230260350なし507
    iサイクル注文500700100010001050
    トラッキングトレード420460なしなし861




    トルコリラだけはトライオートFXがトップですが、これは期間限定キャンペーンでスプレッド縮小をしているためで、それ以外は全部みんなのシストレがトップということになっております。



    このように、取引コストで考えるのであれば、まずはみんなのシストレが一番おすすめです。



    みんなのシストレのスワップポイント





    みんなのシストレのスワップポイントはHPに記載はなく、取引してみても分からなかったのでサポートセンターに電話して確認しました。



    その回答としては、みんなのシストレのスワップポイントについては非公開で、評価損益の中に勝手に含まれているというものでした。



    ・・・・非公開なんかーい!!となりつつも、豪ドル/NZドルについて粘って聞いてみたところ、「4/3では買いは-30円、売りは0円」という回答を何とか貰えました。



    このレートについては、同日のみんなのFXのレート(かなり良い方)が「-21円、21円」であったことや、他社のレートも考えると、平均くらいのレートなのかなという印象です。



    ただ、話を聞いていても、当然ながら裁量前提のみんなのFX程ではないものの、別に特別悪くしているような印象はない(平均からやや良いくらいの印象)なので、「今後は公表して欲しい」ということを要望としてお伝えしておきました。



    みんなのシストレの取扱い通貨ペア





    みんなのシストレの取扱い通貨ペア数は27種類で、具体的には以下の通りです。



    minsys3-min.png



    このように、メジャー通貨ペアは一通りそろった上で、ポーランドズロチやシンガポールドル、人民元等のマイナー通貨や、豪ドル/NZドルやポンド/豪ドル、ユーロ/ポンドといった、見る人が見ればニヤリとするような玄人好みの通貨ペアまで、かなり揃っています。



    ★☆★限定FX戦略レポートが貰える大変お得なタイアップあり! ★☆★

    みんなのシストレ



    みんなのシストレの取引単位





    みんなのシストレの取引通貨単位は、1,000通貨単位です。



    ただ、注意点としては、1lotというのがデフォルトですが、これが1万通貨のことで、そこを0.1と選ぶことで1,000通貨単位になるので、この点はご注意ください。



    みんなのシストレのメリット





    では、その上でみんなのシストレのメリットとデメリットを解説していきます。まずはメリットの方から見ていきましょう。



    メリットは大きく3つあり、

  • 単純にスペックが高い

  • ランキングから選ぶだけで簡単にAIやトップトレーダーのコピートレードができる

  • リピート注文も可能


  • という点です。



    みんなのシストレはスペックが高い





    上でも書いたように、みんなのシストレは、

  • スプレッド+取引手数料の取引コストが、自動売買系の中でトップクラスに安い

  • 27通貨ペアの取引ができる

  • スワップポイントも非公開だが悪くはない

  • 1,000通貨単位の取引も可能



  • というように、シンプルにFX口座としてのスペックが高いです。



    そのため、コストやスペックを重視したい場合はおすすめです。



    みんなのシストレは運用結果ランキングから選ぶだけで簡単に自動売買ができる





    みんなのシストレは、これまでの運用結果がランキングになっており、それを選ぶだけでAIやトップトレーダーのコピートレードが可能です。



    minsys4-min.png



    このように、選ぶだけで簡単に自動売買ができるという点は、初心者にとっても使いやすいポイントかと思います。



    みんなのシストレは選ぶだけで簡単にリピート注文も可能





    上のランキングは全ての戦略(AIやプログラム、個人トレーダーの取引のコピーも含む)ですが、リピート系注文に絞って見ることもできます。



    minsys5-min.png



    例えば、私が自動売買系で一番お気に入りの通貨ペアである豪ドル/NZドルもあり、その戦略は、20pips買い下がり(売り上がり)、30pipsで利確という戦略です。



    みんなのシストレはスペックが良いので、リピート系注文を高スペックのところでできるという点もメリットになります。



    以上がみんなのシストレのメリットでした。なお、当サイトから口座開設をすると、「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    このみんなのシストレで良い条件でリピート注文が可能で、私が一番得意な通貨ペアである、「豪ドル/NZドル」についてもかなり詳しく解説してます。



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は


    みんなのシストレ
    button2.png


    からできます。



    では、逆にどういうデメリットがあるのか次に説明します。



    みんなのシストレのデメリット





    デメリットは大きく2つあり、

  • (リピート系だと)普通のリピート注文とロジックが違う

  • (リピート系だと)はじめに設定レンジを決められず、自分で止めない限り止まらない

  • (プログラムや個人のコピーだと)儲からなかった時に何故ダメだったのかが分からない


  • という点があります。



    みんなのシストレはコピーであるため、普通のリピート注文とロジックが違い癖がある





    まずリピート系注文として使う場合の最大の注意点は、「普通のリピート系注文とロジックが違う」ということです。



    みんなのシストレは、「大本となるプログラムのコピートレード」なので、大本のプログラムで既に持っているポジションについては新規で約定されないという点があります。



    具体的に数値を使って説明します。



    1円刻みで買い下がり、1円上がれば約定というルールでリピート系注文を行った場合、以下のような注文の仕方になります(上がった時も買い上がりありの場合)



    minsys7-min.png



    普通のリピート系注文であれば、スタート時点で買い、下がるごとに買い、上がるごとに売るということで、上のような注文の仕方になります。



    これはみんなのシストレも同じなのですが、何が違うかというと、「自分のスタート時点より前に、大本のプログラムで既にポジションがあった場合」です。



    例えば、上のチャートの4時点(一回目の底の109円の時)にスタートした場合、普通のリピート系注文であれば、以下のような取引になります。



    minsys8-min.png



    しかし、みんなのシストレでは、はじめの110円や111円の上昇時の買いについては、それ以前に既にポジションがあるため、持つことはなく、以下のようなトレードになります。



    【みんなのシストレでのトレード】
    minsys9-min.png



    【参考 大本のプログラムのトレード】
    minsys7-min.png



    このように、何故か1回目の110円の買いを逃したかと思えば、上がってから落ちてきた時の110円は買う、さらに新高値の112円もポジションを持たないというように、普通のリピート系注文であればあるはずの約定が見当たらないということになります。



    ただし、これは「買いで言うと上方向、売りで言うと下方向でついて行くかどうかが、それ以前のポジションの保有状況次第」ということで、買いの下方向、売りの上方向という、いわゆる「ナンピン」になる方向であれば、基本的にはそれ以前のポジションはほとんどないはず(利確済みのはず)なので、あまり関係ないことになります。



    「あまり関係ない」とか「基本的には」と書いたのは、厳密に言えば、新規の間隔と利幅の違いや、スプレッドの関係で、下値でも「既に持っている」ポジションがある可能性がありますが、大きな方向性としては基本的には少ないため、「ナンピン方向であればちゃんとついて行く」くらいの認識で大きくは間違いはないかと思います。



    このような点で、普通のリピート系注文とロジックが違うという点は、デメリットというか、注意が必要な点です。



    みんなのシストレは自分で止めない限りずっと同じトレードをし続ける





    みんなのシストレが「大本のシステムのコピー」であるため、例えば「ドル円で100円まではついていくけど、そこから下は付いていきたくない」と思っていたとしても、プログラムがそこから下でも買い下がる場合、勝手について行くことになります。



    もちろん下でも書くように、手動で「新規取引を止める」ということはできるので、そうすれば良いと言えばいいのですが、逆に言えばあらかじめ止める条件を設定できないということでもあるので、全部をプログラムに任せていると危ないという点は、注意が必要です。



    みんなのシストレは儲からない時に「何故ダメだったのか」が分からない





    これはリピート系注文というより、AIやプログラム、個人トレーダーのコピートレードをした場合の話ですが、コピートレードである以上、結局「何故そういうトレードをしたのか」までは分からないので、「どう失敗したのか」というのが分からず、「ただ単に損をした」ということになりかねない点があります。



    FXでは、失敗したら、自分がどう失敗したのかを反省し、それで改善していくというのが必須ですが、他人のコピーである以上、そのやっている本人やプログラムの設計者は反省するにしても、そのコピーをしたトレーダーには何が悪くて、次はどうすれば良いのかがさっぱり分かりません。



    個人的には、このデメリットは大きいと思うので、他人やAIのストラテジーのコピーはせず、リピート系でしか使わない予定です。



    以上がみんなのシストレのメリット、デメリットでした。次に、実際にみんなのシストレを使っている人の声をまとめてみます。



    みんなのシストレの口コミ・評判・レビューまとめ





    みんなのシストレについては、特にテキストマイニング(AI)についての声が多く、身も蓋もないですが、儲かっている時は高評価、儲かってない時は低評価の声が多いです。



















    個人的にはリピート注文としての声が欲しかったのですが、やはりテキストマイニングAIの方が人気が高いようで、そちらの周りの口コミが多かったです(笑



    ウォール街でもAIがトレーダーやディーラーにとって代わって、実際人間よりパフォーマンスも良いという話もよく聞くようになりましたが、今時点では完璧なものではないにせよ、AIを使った自動売買ができるという点について注目している人が多いようです。



    ★☆★限定FX戦略レポートが貰える大変お得なタイアップあり! ★☆★

    みんなのシストレ



    みんなのシストレの使い方を画像付きで分かりやすく解説





    最後にみんなのシストレの使い方を解説します。



    みんなのFXにログインすると、上の方にシストレというタブがあるので、そこをクリックします。



    minsys10-min.png



    すると、左下の方に「ストラテジーランキング」というのがあるので、ここで「すべて」「リピート注文」「テキストマイニング」から選んでください(ここから先はすべてのランキング1位をやる場合で書きますが、他のパターンでもやることは同じです)



    minsys11-min.png



    minsys12-min.png



    そこで自動売買で選びたい戦略を、「フォローする」を押してください。



    なお、ストラテジーの名前をクリックすれば、どういう戦略で、これまでどういう履歴をたどってきたかもわかるので、そこも確認することをおすすめします。



    そして、フォローすると、左下のフォローリストをクリックした先に先ほどの戦略が出るので、そこでセレクトを行います。



    minsys13-min.png



    minsys14-min.png



    セレクトを推すと、以下のように投資数量を決める画面が出るので、1万通貨であれば1lot、1,000通貨であれば0.1lotというように選びます。



    minsys15-min.png



    なお、推奨証拠金は、「1lotあたりの適正金額」で、ここはlot数を変更しても変わってこないので、0.1であればその10分の1、2であればその2倍というように、自分で計算する必要があります。



    そして、設定を押すと、自動売買スタートです!



    なお、この戦略をとめたい場合は、以下のように止めることも可能です。



    minsys16-min.png



    みんなのシストレの使い方は以上です。「フォロー→セレクト」というように、2段階踏む必要があるという点は若干特殊ですが、それ以外は自動売買系の中では普通の感じなのかなという印象です。



    なお、トレイダーズ証券の人気ディーラーの井口喜雄さんが、みんなのシストレについて説明しているセミナー動画もあるので、興味があればこちらもご覧ください。







    今回は以上です。今回紹介したみんなのシストレについては、当サイトから口座開設をすると、「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    このみんなのシストレで良い条件でリピート注文が可能で、私が一番得意な通貨ペアである、「豪ドル/NZドル」についてもかなり詳しく解説してます。



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は


    みんなのシストレ
    button2.png


    からできます。


    IG証券のノックアウトオプションとは?特徴(強み)と取引方法を解説

    2020年03月31日 23:52

    海外FXはもう不要!? ノックアウトオプションとは?-min



    最近、億トレーダーや専業トレーダーを中心に人気が広まっているIG証券のノックアウトオプションという投資商品をご存知でしょうか?



    このノックアウトオプションというのは、「為替や株価指数に投資して、利確・損切も自分のタイミングでできる」という点で、FXやCFDとも似ている金融商品なのですが、


  • FXやCFDと比べて資金効率が圧倒的に良い(ドル円1万通貨購入に最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウトオプションなら最低2,000円以下のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる※)

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、FXでいうスリッページ、窓開けの影響は一切なく、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%



  • というように、少額の資金で、大きな取引単位を持ちつつも、絶対に追証がなくオプション購入金額以上の損失にはならず、しかも金融庁認可の会社なので信頼性があり、税制上も有利という点が、最大の魅力と言えます。

    ※ ノックアウトレートまで20pipsの場合



    よく海外FX会社を使うメリットとして、


  • 高いレバレッジをかけられる

  • ゼロカットで追証がない


  • といったことがあげられますが、ノックアウトオプションであれば、FX以上に資金効率が良く、損失も購入オプション購入金額に限定されて追証がないという点でカバー可能であり、さらに海外FXのデメリットである

  • 出金できないなどのトラブルが多発している

  • 税務上不利


  • といった問題もIG証券が金融庁認可であるため存在せず、ノックアウトオプションを使うのであれば、わざわざ海外FXを使う理由が正直見当たらないというレベルで優れた商品です。



    こうした特徴から、特に億トレーダーや専業トレーダーの方を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウトオプションです。



    そして、このIG証券は、期間限定で非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、かなり簡単な条件で1.5万円までは貰えるキャッシュバックキャンペーンもやっております。



    このキャンペーンは、はっきり言って破格のキャンペーンで、先着150名まででいつ終わるかも分からないものなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。(このキャンペーンの詳細は、

    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン

    で詳しく書いてます)



    以下の順番で書いていきます。



    IG証券のノックアウトオプションとは何か?取引方法を画像付きで解説

    IG証券のノックアウトオプションの特徴(強み)

     資金効率がFXよりも良い

     リスク(損失額)がオプション料に限定され、追証がありえない

      ノックアウトオプション(IG証券)の取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある

     金融庁認可のIG証券運営のため、海外FXと違って信頼性があり税率も有利

    ノックアウトオプション(IG証券)よくある疑問

     ノックアウトオプション(IG証券)のスプレッド・スワップポイントは?

     ノックアウトオプション(IG証券)の取引単位は?

    ノックアウトオプション(IG証券)のデメリット・注意点

     エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値でエントリーができない

     ノックアウト価格の変更はできない

     FXと比べると、スプレッドが若干広い

     決済期限があり、1年以上の保有ができない

    ノックアウトオプション(IG証券)の攻略方法

    ノックアウトオプション(IG証券)の評判・レビュー

    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン

    ノックアウトオプション(IG証券)の参考動画



    IG証券のノックアウトオプションとは何か?取引方法を画像付きで説明





    まずは、ノックアウトオプションとは何かというと、IG証券が新しく出したオプション取引商品なのですが、FXやCFDのような自由度の高さや分かりやすさもあわせ持った金融商品です。



    取引の流れとしては、

  • 取引する銘柄(通貨でも、株価指数でも)

  • 上昇か下落か(ブルかベアか)

  • ノックアウト価格(FXでいうロスカットポイント)

  • ロット数(ドル円だと1lotが1万通貨)


  • を選んでエントリーして、後は自分のタイミングで利確、損切を行うというものです。



    こういうと少しイメージしづらいかもしれないので、実際の取引画面をご覧ください。



    KO1-min.png



    これはドル円のブル(上昇)というノックアウトオプションの購入画面で、10895というのが今のドル円の価格(108.95円ですが、オプションのため表示は10895となっています)、ノックアウト価格というのは、「ここまで下がったらオプション購入金額が0になる」というライン(今回だと108.8円)となっております。



    この時、オプション購入金額は、10895から10880までの下落幅15ポイントに加えて、ノックアウト保証料2ポイントで合計17ポイント、そしてノックアウトオプションは1ポイント100円なので、1,700円のオプション購入金額が必要になるということになります。



    なお、このノックアウト保証料は、10880になって、ノックアウトされた(=オプション購入金額が0になった)時にはじめて発生するもので、例えばその前の10881で損切すれば、14ポイント分で1,400円の損失で済みます。



    このノックアウト保証料は、あくまで「ノックアウトされた時にのみ費用となるもの」なので、実際にはノックアウト価格より前に逆指値を置いて、自分でロスカットするのが定石となります。



    ちなみにこのノックアウトオプションは、FXやCFDと同じように、購入後いつでも利確・損切することは可能で、例えば10900(109円)になった時に利確すれば、5ポイントで500円の利益になりますし、もっと伸ばして11000(110円)になった時に利確すれば105ポイントで1万500円の利益、逆に10890(108.9円)で損切すれば、5ポイントのマイナスで500円の損失となります。



    また、ノックアウトオプションには、上昇すると予想する場合はブルを買えばいいのですが、逆に下落すると予想する場合には、ベアというものがあり、これを買えば、FXで言う売りのような状態になります。



    なお、ノックアウトオプションの取引方法については、IG証券が公式に動画で解説もしているので、よかったらこちらもご覧ください。



    【IG証券ノックアウト・オプション取引方法、ノックアウト・オプションとは?】




    ここまでがざっとしたノックアウトオプションの特徴と取引方法なのですが、「じゃあFXと何が違うの?」と思われるかもしれないので、FXにないノックアウトオプションのメリットから説明します(もちろん、後で逆にデメリットも説明します)



    IG証券のノックアウトオプションの特徴(強み)





    ノックアウトオプションの強みは大きく4つあり、

  • 資金効率がFXよりも良い

  • 損失額がオプションに限定され、追証がありえない

  • IG証券のノックアウトオプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある

  • 金融庁認可のIG証券が運営のため、信頼性があり税率も有利


  • という点があります。



    ノックアウトオプションメリット-min



    ノックアウトオプション(IG証券)の特徴1 資金効率がFXよりも良い





    ノックアウトオプションの最大の特徴は、資金効率の良さにあるという人は非常に多いです。



    執筆時点でドル円が108.95円で、ノックアウト価格が108.8円のものがあったので、そこで必要となる資金、ノックアウトオプションのオプション購入金額と、FXで同じ取引をしたい場合の必要証拠金を比べると以下の通りです。



    ノックアウトオプションFX
    必要資金1,700円※44,220円
    10pips上がった時の利益1,000円1,000円
    20pips上がった時の利益2,000円2,000円


    ※10/30 21:57時点
    ※上記は予想どおり上がった場合の利益シミュレーションです。予想が外れ下がった場合は、同じ金額の損失が発生します。



    このように、資金は1,700円と非常に少額から投資できる中で、もしドル円が10pips上がったら、FXでもノックアウトオプションでも1,000円の利益、20pips上がればどちらも2,000円の利益というように、非常に資金効率よく投資できるというのがノックアウトオプションの特徴です。



    ノックアウトオプション(IG証券)の特徴2 リスクがオプション料に限定され、追証がありえない





    ノックアウトオプションは、あくまでオプションの購入なので、オプション購入金額以上の損失はなく、上の例で言うと、1,700円以上の損失には何があってもなりません



    これは、

  • 週末に大きな事件があって、窓開けになった

  • 経済指標の発表などでレートが大きく飛んだ

  • リーマンショックやスイスショッククラスの大事件が起こった


  • といったこと全て一切関係なく、何が起ころうともオプション購入金額以上の損失は出ないということになります。



    FXでは、上で書いたような事態が起こり、きちんと損切注文が約定されないと、最悪追証になり借金を負うリスクもありますが(実際、スイスショックの時はこうした追証がかなり発生しました)、そうしたリスクを背負うことなく大きなロットで投資できるという点もノックアウトオプションの魅力です。



    ノックアウトオプション(IG証券)の特徴3 取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある





    ノックアウトオプションの取扱銘柄は非常に多く、

  • ドル円

  • ユーロ円

  • ユーロドル

  • ポンド円

  • ポンドドル

  • ユーロポンド


  • といった主要通貨だけでなく、

  • トルコリラやメキシコペソといった新興国通貨

  • それどころか、ブラジルレアルやユーロ/ズロチ等の、超マイナーどころの通貨ペア


  • まであります。



    さらに、ノックアウトオプションの対象は為替に限らず、例えば

  • 日経平均(日本225)

  • S&P500(米国500)

  • NYダウ(ウォール街株価指数)


  • といった株価指数や、

  • WTI原油

  • スポット金

  • NY天然ガス

  • シカゴ大豆


  • 等の商品も対象になっており、非常に幅広い資産に投資可能です。



    ノックアウトオプション(IG証券)の特徴4 金融庁認可のため、海外FXと違って信頼性があり税率も有利





    ノックアウトオプションは、金融庁認可のIG証券が運営しているため、

  • 全額信託保全が義務付けられている

  • 出金拒否等もありえない


  • というように信頼性がある他、

  • FXやCFD等、他の金融商品と損益通算ができる

  • 損失繰越しも可能

  • 税率も分離課税で20.315%


  • と税制上も有利になっております。



    ノックアウトオプション(IG証券)よくある疑問





    次に、ノックアウトオプションでよく疑問に思われるポイントについて解説していきます。



    ノックアウトオプション(IG証券)のスプレッド・スワップポイントは?





    ノックアウトオプションの執筆時点でのスプレッド、スワップポイントについては、主要な通貨ペアについては以下の通りです。なお、スプレッドは日本時間午前9時から翌日午前3時までは原則固定です。



    スプレッドスワップポイント(買い)スワップポイント(売り)
    ドル円0.668-93
    ユーロ円1.1-12-13
    ユーロドル0.6-10178
    ポンド円230-62
    ポンドドル1.5-7445
    豪ドル円1.324-42




    スワップポイントは、IG証券のFX口座と同じになっているようです。



    なお、最新情報や、他の通貨ペアについては、以下をご覧ください。

    スプレッド:ノックアウトオプション銘柄詳細情報

    スワップポイント:IG証券 スワップポイント



    ノックアウトオプション(IG証券)の取引単位は?





    ノックアウトオプションの取引単位は、通貨ペアや銘柄によっても異なりますが、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、トルコリラ円等の、クロス円で人気がある通貨ペアは取引単位は1万通貨です。



    ノックアウトオプション(IG証券)のデメリット・注意点





    このように、ノックアウトオプションには、資金効率よく、リスクも限定した上で、色々な資産に、安心して投資できるというように、様々なメリットがあることを説明してきましたが、今度は逆にFXと比べた時の、ノックアウトオプションのデメリットや注意点についても解説していきたいと思います。



    ノックアウトオプションのデメリットは、以下の通りです。



    ノックアウトオプションデメリット-min



    エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値でエントリーができない





    FXであれば、「108円でドル円買い指値エントリー」とか、逆に「110円を上抜けたところで順張りで買いの逆指値エントリー」といったことができますが、ノックアウトオプションは、あくまで「今オプションを買うかどうか」なので、エントリーは全て成行注文となり、この点は、指値や逆指値でのエントリーを好む人にとってはデメリットと感じられるかもしれません。



    なお、決済については指値、逆指値の指定が可能なので、「ここまで伸びれば利確」「逆にここまで落ちれば損切」と言ったものは始めに入れておけば、あとはそのレートになった時に自動で決済はしてくれるので、その点は心配いりません。



    ノックアウト価格の変更はできない





    ノックアウトオプションでは、最初にノックアウト価格という、「ここまで下がったら強制ロスカット」というポイントを決めるのですが、このノックアウト価格は、一度決めると変更ができなくなります



    そのため、元々は108.8円で切るつもりだったけど、やっぱり108円まで・・・といったような取引はできません。



    ただし、これは逆に言うと、「ちゃんと損失を確定できる」ということで、FXでよくある、「損切ができずに損切ラインをズルズルと変えてしまい、気が付いたらとんでもない損失になる」という事態をシステム的に防ぐことができるということでもあるので、逆にメリットと言えるかもしれません。



    また、108.95円でブル(上昇)を買って、108.8円がノックアウトラインとして、自分で入れた逆指値の108.9円というのは変更可能で、ここから108.85円にも、108.81円にも変更することはできます(108.8円のノックアウトラインより下だと、入れても108.8円でノックアウトされるので意味はありません)



    FXと比べると、スプレッドが若干広い





    上でも書いたように、ノックアウトオプションのスプレッドは、ドル円が0.6銭、ユーロ円が1.1銭、ユーロドル0.6pipsと、今時のスプレッド最狭水準のFX会社であればドル円は0.2銭、ユーロ円は0.4銭、ユーロドルは0.2pipsくらいになっていることを考えると、若干広くなっております。



    ただし、このくらいの差であれば、正直よほど超短期のトレードでもない限りは誤差の範囲内で、上で書いたように、FXより圧倒的に資金効率が良く、また、損失もオプション購入金額に限定できるというように、攻守に優れた特性を持つ以上は必要なコストだと思います。



    決済期限があり、1年以上の保有ができない





    ノックアウトオプションは、オプション取引であるため、決済期限が最長1年となっております。自分で決済せず、またノックアウトレートに到達しなくても、1年経てば自動的に決済されるので、その点で長期投資の場合には注意が必要です。



    以上がノックアウトオプションのデメリットでした。もう一度メリットとデメリットをまとめます。



    ノックアウトオプションまとめ-min



    ノックアウトオプション(IG証券)の攻略方法





    ノックアウトオプションの最大の特徴は、ある程度大きな単位で取引して、かつ、リスクも限定できるということなので、

  • 大きく値動きしそう

  • 逆行してしまった時は大きく損するリスクもある


  • というような時におすすめです。



    私は、例えば以下のように、「大きく値動きしそうで、方向性はこちらだろうと思うけど、外したら危なそう」という時にノックアウトオプションでトレードすることが多いです。











    そして、こういう感じでターゲットレートに来た時に利確します。







    このように、「大きく動きそうだけど、こっちに動きそう」という時にリスクを限定してポジションを持つのがおすすめです。



    一方長期保有については、

  • 決済期限が1年

  • ノックアウト価格を変更できない


  • ということから、そこまで向かず、やはり短期トレードで攻めていくのがノックアウトオプションの攻略方法と言えそうです。



    このように、基本的には中上級者向けで、ボラティリティが大きい時に、短期でトレードするのにおすすめです。



    ただ、中上級者の方だけでなく、初心者の方にとっても「オプション料にリスクが限定されて追証がありえない」「損切が確実になされる」といった点はメリットなので、このように「リスク管理をしっかりできるところがいい」と思う方は、初心者の方でもおすすめです。



    ノックアウトレベルの設定によりますが、必要となる資金(オプション購入金額)も1万円以内から始められるので、まずはノックアウトオプションを体験してみたいという方は、今だと期間限定・先着150名限定で、最大6万円のキャッシュバックキャンペーンもあり、少なくとも1回取引するだけで5,000円のキャッシュバックは貰えるという破格のキャンペーンもあるので、是非この機会にどうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    ノックアウトオプション(IG証券)のの評判・レビュー





    実際にノックアウトオプションを使っている人の声を見ると、やはり

  • 資金効率の良さ

  • オプション料にリスクが限定されるところ


  • が特に高く評価されているようで、そういう声が多かったです。



















    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン





    IG証券では今期間限定・先着150名限定で、新規口座開設+50万円以上入金+取引で、最大6万円キャッシュバックという、凄まじくお得なキャンペーンをやっているので、それについても紹介します。



    このキャンペーンは、新規口座開設者限定で、IG証券 キャンペーンページから申し込みをするものなのですが、

  • FX取引(最大5万円のキャッシュバック)

  • FX以外の取引(最大6万円のキャッシュバック)


  • の2つがあり、どちらか1つを選ばなければいけません。



    その中で、FX取引を選ぶと、以下のように、口座開設30日以内に初回取引を行うだけで5,000円のキャッシュバックは貰えて、さらに取引ロット数次第で最大5万円までキャッシュバックがもらえます。



    IG campaign FX-min



    一方で、FX以外(株価指数や商品)であれば、口座開設申込後30日以内に初回取引を実施で5,000円、さらに他社取引報告書の提出で1万円と、1万5,000円は簡単に貰うことができて、その上で取引量によって、最大6万円のキャッシュバックが貰えます。



    IG campaign FX igai-min



    どちらがおすすめかというと、個人的には他社でCFDをやっていたら、1万5,000円は簡単に貰えて、さらに値動きも大きく、短期トレードで他にあまり良い会社もない株価指数を取引するために、FX以外のキャンペーンに申し込んだ方がいいかなとは思いますが、FXをメインでやってきた方などは、FXを選んでも十分お得だと思います。



    もちろん、キャンペーンでFXに申し込んでも株価指数や商品などの取引はできますし、FX以外に申し込んでもFX取引もできるので、その点はご安心ください(あくまで、キャンペーンとしてどちらに応募するか、というだけの話です)



    このキャンペーンは、キャンペーン規則を見ると先着150名までなので、興味があれば是非お早めにどうぞ(もう終わっていたらすみません・・・・)



    以上がIG証券のノックアウトオプションについての解説でした。このように、かなり面白い金融商品で、これがあればもうハイレバレッジやゼロカット自慢の海外FX会社もいらないのではないかと思えるレベルのもので、キャンペーンもすさまじいものなので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)

    IG証券 キャンペーンページ



    ノックアウトオプション(IG証券)の参考動画





    ノックアウトオプションを動画で見たい場合には、以下の動画が参考になるかと思います。



    IG証券ノックアウト・オプション取引方法、ノックアウト・オプションとは?







    FXで億トレーダーが使っている手法を公開します!(IG証券ノックアウト・オプション)



    Forex.comにノックアウトオプション登場!IG証券とどっちが良いか比較

    2020年02月16日 20:00

    ノックアウトオプション IG証券 VS Forexcom 徹底比較 (1)-min



    今回は、Forex.comにノックアウトオプションが登場したので、「元祖ノックアウトオプション」ともいえるIG証券のノックアウトオプションと、どちらが良いのかを比較したいと思います。



    ノックアウトオプションと言えば、

  • FXやCFDとかなり近いイメージで取引できる(FXのように、為替の動きの上下で利益を取り、また、利確・損切のタイミングも自由)

  • FXやCFDと比べて資金効率が非常に良い

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、確実に追証等がない

  • 日本の金融庁より認可を受けており、信頼性が高く、また税率も20.315%


  • ということで非常に人気が高まっている金融商品です。

    関連記事: IG証券のノックアウトオプションとは?デメリットも含めて攻略ポイントを解説



    このノックアウトオプション、少し前まではIG証券でのみ提供されているサービスだったのですが、なんと、先日Forex.comでも提供されるようになりました!



    forex ko option-min

    出典:>FOREX.com公式サイト



    そこで、今回はForex.comのノックアウトオプションと、IG証券のノックアウトオプションを比較して、どちらが良いかを解説したいと思います。



    結論から言うと、スプレッドが良く、また取扱銘柄も圧倒的に多いIG証券の方がおすすめですが、1,000通貨単位での取引をしたい人は、Forex.comも持っておくと良いと思います。



    【Forex.comとIG証券のノックアウトオプション、スペック簡易比較】
    IG証券Forex.com
    取扱銘柄各種通貨、株価指数、金等各種通貨
    手数料無料無料
    ドル円スプレッド(銭)0.60.9
    ユーロ円スプレッド(銭)1.11.4
    ポンド円スプレッド(銭)22.5
    ユーロドルスプレッド(pips)0.60.9
    ポンドドルスプレッド(pips)1.51.7
    取引単位1万通貨千通貨




    このように、基本的にIG証券の方がスペックが良いのですが、取引単位についてはForex.comは1,000通貨単位取引も可能という点が強みとなっております。



    そのため、メインの口座としてはIG証券の方がおすすめですが、細かく取引したい人はForex.comも一緒に持っておくことをおすすめします。



    なお、IG証券では、現在期間限定で簡単に1.5万円もらえる非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、初回取引するだけでも5,000円ものキャッシュバックで、CFDを他社で取引している場合は取引報告書送付でさらに1万円貰える、はっきり言って破格のキャンペーンなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ。



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    >FOREX.com
    >application_orange_b_320_100.png



    からできます。



    以下の順番で書いていきます。

  • そもそもノックアウトオプションって何?概要を解説

  • Forex.comにノックアウトオプション登場

  • Forex.comのノックアウトオプションの取扱銘柄、手数料、スプレッド

  • IG証券のノックアウトオプションの取扱銘柄、手数料、スプレッド

  • ノックアウトオプションはIG証券かForex.comどっちがおすすめか比較




  • そもそもノックアウトオプションって何?概要を解説





    ノックアウトオプションは、その名のとおりオプション取引のひとつなので、FXとは違う金融商品なのですが、

  • FXやCFDにかなり近いイメージで取引できる(FXのように、為替の動きの上下で利益を取り、また、利確・損切のタイミングも自由)

  • FXやCFDと比べて資金効率が圧倒的に良い(FXではドル円1万通貨購入に際して最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウトオプションなら例えばノックアウトレベルを20pipsに設定した場合、2,000円のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、信頼性が高く、また税率も20.315%



  • という特徴があります。



    このように、少額から取引もできて、さらにリスクも予め限定して取引ができるということから、ノックアウトオプションは中上級者を中心に人気が高まっており、特に「ハイレバレッジ」「ゼロカット」等を目当てに海外FXで取引していたトレーダーがノックアウトオプションに移ってくるということも増えております。



    Forex.comにノックアウトオプション登場





    このノックアウトオプション、元々はIG証券でしか取引できないものでしたが、かなり人気が高まってきた影響か、最近Forex.comでもリリースされました。



    このForex.comという会社、あまり聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、日本の金融庁にも認可されているちゃんとした会社で、日本でも10年以上FXサービスを提供しており、昔はゴルゴ13をイメージキャラクターにしてた会社です(FX歴が長い人ならゴルゴの広告画像を見た記憶がある人も多いと思います)



    そこで、次にForex.comのノックアウトオプションのスペックを確認して、それをIG証券と比較することで、どちらが良いかを比べたいと思います。



    Forex.comのノックアウトオプションの取扱銘柄、手数料、スプレッド





    Forex.comのノックアウトオプションは、手数料無料で、取引コストはスプレッドのみとなっております。



    forex cost-min



    そして、取扱銘柄は、26通貨ペアあり、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、ユーロドル、ポンドドルといった人気通貨ペアはもちろんのこと、シンガポールドル、ノルウェークローナ、ユーロ/トルコリラ等、様々な通貨ペアの取引ができます。ただし、取扱があるのは通貨のみで、株価指数や金などの取引はできません。



    なお通貨ペアのスプレッドと取引単位は、主なところを上げると以下のようになっております。



    スプレッド(クロス円は銭、それ以外はpips)取引単位
    ドル円0.9千通貨
    ユーロ円1.4千通貨
    ポンド円2.5千通貨
    ユーロドル0.9千通貨
    ポンドドル1.7千通貨




    このように、FXと比べると、「資金効率の良さ」「損失が限定される」という点でメリットがある一方で、少しスプレッドが広いというのがデメリットです。



    この辺りは資金効率やリスク限定のメリットをどのくらい大きいと考えるかや、また、狙う利幅(50pipsを狙うトレードで1pipsのスプレッドの差は誤差の範囲な一方、3pipsを狙うトレードで1pipsのスプレッドの差はかなりクリティカル)によって判断が分かれるところだと思いますが、「メリットがある分、コストが高い」という点で、自然なことではあるかなと思っております。



    IG証券のノックアウトオプションの取扱銘柄、手数料、スプレッド





    それでは、次に元祖ノックアウトオプションのIG証券のスペックを見てみましょう。



    IG証券のノックアウトオプションも手数料は無料で取引コストとしてスプレッドがありますが、こちらはForex.comと比べると、少し狭くなっております。



    スプレッド取引単位
    ドル円0.61万通貨
    ユーロ円1.12万通貨
    ポンド円23万通貨
    ユーロドル0.64万通貨
    ポンドドル1.55万通貨




    イメージとしては、

    通常のFXのスプレッド>IG証券のノックアウトオプション>Forex.comのノックアウトオプション>海外FXのスプレッド

    という感じです。



    また、個人的に思うIG証券の最大のメリットは、取扱銘柄が通貨ペアだけでなく、日経平均やダウ等の株価指数、金等の商品もトレードできるという点にあります。



    実は私がノックアウトオプションを使うのは、通貨より株価指数の方が多く、その理由は

  • 株価指数の方が値動きが激しく、スプレッドの差が気になりづらい

  • 値動きが激しい分逆行した時のリスクもあり、その点リスクを限定できるノックアウトオプションはありがたい


  • といった感じです。



    このように、様々な銘柄に低コストで投資できる一方、ただ、Forex.comと比べた時に、取引単位が1万通貨単位でしかできないという点がデメリットとなっております。



    ノックアウトオプションはIG証券かForex.comどっちがおすすめか比較





    以上がForex.comとIG証券のノックアウトオプションの特徴ですが、では、どちらの方がおすすめなのか、最後に比較したいと思います。個人的には、冒頭にも書いたように、基本的にはIG証券の方がおすすめ、ただ、1,000通貨取引をしたい時用にForex.comも持っていると良いと考えております。



    スペックを並べて比べてみましょう。



    【Forex.comとIG証券のノックアウトオプション、スペック簡易比較】
    IG証券Forex.com
    取扱銘柄各種通貨、株価指数、金等各種通貨
    手数料無料無料
    ドル円スプレッド(銭)0.60.9
    ユーロ円スプレッド(銭)1.11.4
    ポンド円スプレッド(銭)22.5
    ユーロドルスプレッド(pips)0.60.9
    ポンドドルスプレッド(pips)1.51.7
    取引単位1万通貨千通貨




    このように、
  • 取引銘柄とスプレッドはIG証券が有利

  • 1000通貨取引ができる点はForex.comが有利


  • という感じです。



    ではこのどちらを重視するかについては、個人的には

  • ノックアウトオプションは通貨よりむしろ株価指数でこそ輝く商品だと思っている

  • 短期トレードで重要なスプレッドでIG証券の方が優れている

  • 取引単位については、ノックアウトオプションだと1万通貨でも少額から投資できるので、あまりデメリットとして大きくない(例えばノックアウトレベルを20pipsに設定した場合、1万通貨でも2,000円のオプション購入金額で取引可能)


  • という点で、基本的にはIG証券の方が良いかなと思っております。



    ただ、取引スタイルでナンピンやピラミッディング等を好み、「取引単位を細かく設定できた方が良い」という人や、あるいは「やっぱり1万通貨だと値動きに対しての損益の動きが激しすぎる」という人にとっては、1,000通貨単位でトレードできるForex.comが良いと思います。



    この辺りは正直個人の好みやトレードスタイルによる部分だとは思いますが、自分としてはメインはIG証券、1,000通貨取引をしたい時ようにForex.comも持っておくという形で考えております。



    以上がIG証券とForex.comのノックアウトオプションの比較でした。



    なお、IG証券では、現在期間限定で簡単に1.5万円もらえる非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、初回取引するだけでも5,000円ものキャッシュバックで、CFDを他社で取引している場合は取引報告書送付でさらに1万円貰える、はっきり言って破格のキャンペーンなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ。



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    >FOREX.com
    >application_orange_b_320_100.png



    からできます。