FX業者のせいで30万円以上損
してませんか?スキャルピングで
本当におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

LINE FXのキャンペーンが凄すぎる!スプレッド、スワップも良くおすすめです

FXマイナススワップポイント比較(売りスワップ) | おすすめ3選2020年

2020年08月02日 17:02

売りでおすすめのFX口座



今回は、高金利通貨を売り建てしたい場合に、おすすめの投資方法と、マイナススワップが少なく、ショート口座としておすすめのFX業者を比較したうえで紹介します。



2020年は、新型コロナウィルスと、そこからの世界経済の後退見通しで株価や新興国通貨が大きく下げており、また、各国が軒並み利下げをしたことで、売りの方が利益をあげやすい環境になっております。



また、こういう相場が円高に傾きそうなときは、既に高金利通貨の買いポジションを持っている場合には、「売りも入れて両建てにすることで、為替リスクをヘッジする」といったこともできる場合があり、既に高金利通貨を持っていて、含み損が怖い場合にも売りは使えます



しかし、FXで売りポジションを持つ場合、マイナススワップポイントという問題があります。これは、高金利通貨を買った場合にスワップポイントが貰えるのと全く裏表の話で、逆に売りの場合には、マイナスでスワップポイントが発生する(=コストになる)というものです。



マイナススワップポイントは、決して馬鹿にならない金額で、例えば南アフリカランドを10万通貨売る場合、高い会社では1日600円のマイナススワップが発生します。これは、仮に1年間持てば、21万9,000円にもなります。なかなかとてつもない金額ですね。



そこで、今回は、このマイナススワップポイントを避けるための対策と、それでもマイナススワップポイントを発生させざるを得ない場合にどこで取引すればマイナススワップポイントが抑えられるかということを紹介したいと思います。



以下の順番で書いていきます。


マイナススワップポイントを回避するための対策

FX高金利通貨売りおすすめ業者2020年8月

FX高金利通貨マイナススワップ(売りスワップ)比較一覧表

通貨ペア別マイナススワップポイント(売りスワップ)比較ランキング

 米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 豪ドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 NZドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 南アフリカランド マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 トルコリラ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

 メキシコペソ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較



マイナススワップポイントを回避するための対策





まず、マイナススワップポイントを回避するための対策から説明します。結論から言うと、デイトレード等、一日のうちにトレードを完結させれば、マイナススワップは発生しません



これは、スワップポイントもマイナススワップポイントも、日をまたいだ時点(ロールオーバーと言われます)で発生するものであるため、そこをまたがないと発生しないためです(厳密に言えば、ロールオーバー対象となる早朝の時間帯なのですが、基本的には発生しないという認識で問題ないと思います)



そのため、一番簡単なマイナススワップポイント対策は、デイトレードやスキャルピング等短期トレードにすることです。



しかし、必ずしも1日の中でトレードを完結させられるわけではなく、数日単位で持ちたいときもあると思います。また、両建ての場合だと、数年単位で両建てを考えることもあり、そうした場合、マイナススワップポイントを回避することはできません。



そこで、次にマイナススワップポイントが少ないFX業者を紹介したいと思います。また、売りの場合、多くはそこまで長い期間を想定しないトレードであったり、あるいは両建てのように「最初のスプレッド分をいつまでに回収するか」というように、スプレッドも重要だと考えられるため、スプレッドについても記載しております。



FX高金利通貨売りおすすめ業者2020年8月





では、今月の高金利通貨売りでのおすすめFX業者を紹介したいと思います。下で見てもらうと分かるように、取引したい通貨ペアであったり、取引単位(万単位か千単位か等)によってもどこが良いかは変わってきますし、マイナススワップポイントは日々変動して、今日はここがトップであったものの、明日は違うところ、ということも往々にしてあります。



そのため、下であげた口座は、とりあえず持っておいて、使いたくなった時に使うというのがおすすめです。FXでは、口座開設手数料、口座維持手数料は無料で、口座開設をすること自体は特にデメリットはないので、とにかく色々な会社の口座を持つだけ持ってみて、その上で使い比べてみるのがおすすめです(例えば当サイト管理人は20社以上FX口座を持っており、中には最近全く使ってない口座もあります(笑))




トレイダーズ証券[みんなのFX]

買いスワップ=売りスワップで安心!

  • 全体的にマイナススワップがトップクラスに安い
  • スプレッドはほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • スプレッド提示率約99%と高い提示率
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定FX戦略レポートが貰える
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • マイナススワップはほとんどみんなのFXと同じ(一部違う通貨あり)
  • スプレッドはみんなのFXと同じでほとんど全ての通貨で業界最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXと用途を分けて使い分けしたい
  • 当サイト限定FX戦略レポートが貰える
  • DMMFX

    豪ドル、NZドル売りならここ!

  • 豪ドル、NZドルでマイナススワップポイントが少ない
  • 他の通貨も全体的にトップクラスで、売りに向いている
  • スプレッドはどの通貨も最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※1)。とにかく人気の口座
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 当サイトから申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックがもらえる


  • ※1 2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)
    ※2 ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)
    ※3 矢野経済研究所が実施した、主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステストによる



    みんなのFXのマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    みんなのFXといえば、高金利通貨の買いで使われることが多い会社ですが、最近はドルやトルコリラ、メキシコペソについては、売りスワップが最安値水準となっており、他の通貨のマイナススワップもトップクラスになっております。



    この背景には、みんなのFXは、買いスワップと売りスワップを同額で設定しているということがあり、かつ、最近そこまでスワップポイントが高くないこともあって、マイナススワップで見ると非常に安い水準となっております。



    また、ほぼ全ての通貨でスプレッドも業界最狭水準であり、1,000通貨取引も可能なため、みんなのFXがおすすめです。



    また、当サイトから口座開設をすると、「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    これは私が350万元本でそこまで無理をせず4か月で62万円稼いだ豪ドル/NZドルや、スワップ、為替差益の両方を狙えるズロチユーロという通貨ペアについて徹底的に解説したレポートであり、その通貨ペアがそもそもどういうものなのかから、私の投資戦略まで、徹底的に書いております。



    当サイトからしか貰えない完全オリジナルレポートなので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    Light FXは2018年10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。



    ここは、みんなのFXと会社が同じなので、取扱通貨ペア、スプレッド、取引単位は全てみんなのFXと同じで、スワップポイントも、ごく一部の「LIGHT FX限定キャンペーンをやっている通貨」を除けば基本的に同じという会社です。



    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、この2社は、

  • スプレッド・スプレッド提示率がトップクラスなので、短期トレードに向く

  • 豪ドル/NZドルや、ズロチユーロと言った通貨ペアで条件が良い

  • 上でも書いたように、売り口座としても使いやすい


  • というように、様々な用途で使える会社なので、どちらも持っておくことがおすすめです。



    例えば、「売りでの保有と、短期トレードを同じ口座でやっていたら、片方に巻き込まれて全部一気にロスカットされた」というリスクもあるように、口座を用途によって分けておくのは、リスク管理の面からも、自分の投資の収益性管理の面からも、非常に重要です。



    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。



    Light FXも、当サイトからの申し込み限定でみんなのFXのものとほぼ同じ内容のオリジナルレポートも貰うことができるので、このレポートに興味があって、みんなのFXの口座は既に持っている人などにもおすすめです。



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    DMM FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    DMM FXも、マイナススワップポイントはほぼ全ての通貨でトップレベルに安く、これまでも特に、豪ドルとNZドルについては、多くの時に最安値となっておりました。



    この会社は、スプレッドは全ての通貨でトップレベルに狭いことから人気が高く、DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※)となっております。

    ※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)



    また、DMM FXでは、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能で、何か困ったことがあったときにすぐ問い合わせられるということも、人気の秘訣となっております。



    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトからの申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックも貰えるので、DMM FXで口座開設を考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。



    口座開設は


    DMM FX
    button2.png


    からできます。



    セントラル短資FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    セントラル短資FXは、少し前までは売りだと一番おすすめの口座で、DMM FXやGMOクリック証券とトップ争いを繰り広げておりました。



    スプレッドについても、2018年4月にスプレッド縮小を行ってからどの通貨もトップレベルになり、また、セントラル短資FXは、スプレッド提示率(原則固定スプレッドで、実際にそのスプレッドが提示された期間の実績)も非常に高く、ドル円だと99%となっております。この辺りは、元々100年以上の歴史を持つ金融機関のグループらしい信頼性だと思います。



    最近は少しマイナススワップの条件が悪化しておりますが、この会社は元々こういう「相場が混乱した時」にはインターバンク市場の条件悪化を素直に反映する傾向のある会社なので、今後相場が落ち着いてきたらまたトップクラスに戻るのかなと期待しております。



    また、当サイト限定・期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このマニュアルはショートとは真逆で「高金利通貨への安全な投資」というテーマのものなのですが(笑)、それでも投資の基本を復習するには良いものだと思うので、この機会に是非もらってください!



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    GMOクリック証券のマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    GMOクリック証券も、どの通貨もマイナススワップがトップクラスでセントラル短資FX、DMM FXと争っており、これまで多くの時期で南アフリカランドやトルコリラのマイナススワップが最安値でした。



    また、スプレッドについても全ての通貨ペアでトップレベルで、その結果2012年以来8年連続でFX年間取引高国内1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位と、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)



    ただ、コロナショック後はどちらかといえば「プラススワップが有利な会社」にシフトチェンジしている感じもあり、最近は売り口座としての魅力は少し落ちているのかなという印象です。



    口座開設は


    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。



    くりっく365の売りスワップ(マイナススワップポイント)での評価





    くりっく365は、買いスワップ=売りスワップとなっており、そのため相対的にマイナススワップが低い時も多いです。



    ただし、ここのスワップポイントは実はかなり不安定で、びっくりするくらいスワップが高い(=マイナススワップが高くなる)こともある一方で、低い時もあるというように、なかなか安定しないという点で、少しおすすめしづらいかなと思います。



    また、スプレッドが変動スプレッドで、取引単位も万単位(新興国通貨は10万通貨単)という点もやりづらく、スワップ比較だけ見ると一見条件が良さそうに見えることもありますが、個人的には別の会社にしておいた方が良いかなと思ってます。



    FX高金利通貨マイナススワップ(売りスワップ)最新の比較一覧表2020年8月





    各社の執筆時点のマイナススワップの比較を一覧表にまとめましたので、ご覧ください。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソ取引単位
    みんなのFX-1-3-4-61-15-60
    LIGHT FX-1-3-4-61-15-71
    DMM FX-9-8-9-90なしなし
    外為オンライン(くりっく365)-14-1-1-62-117-60
    セントラル短資FX-80-50-15-160-41-170
    GMOクリック証券【FXネオ】-11-5-6-90-16-80
    マネーパートナーズ-26-21-17-110-18-130
    LINE FX-11-10-6-130-13なし
    FXプライムbyGMO-17-16-16-70-25-70
    IG証券-27-19-17-110-67-90
    アイネット証券-43-25-34-170-110-200
    外為オンライン(店頭)-36-30-35-150-135-200
    インヴァスト証券-35-56-55-120-65なし
    インヴァスト証券(シストレ24)-50-60-50-600なしなし
    ヒロセ通商-83-58-59-160-44-110
    JFX株式会社-83-58-59-160-44-110




    通貨ペア別マイナススワップポイント最新比較ランキング2020年8月





    また、次にスプレッドも含めて、通貨ペア別に、マイナススワップポイントを比較した表を見てみましょう。自分の取引したい通貨ペアのところを見てもらうと良いと思います。スプレッドについては、「変動」「平均」「※」等の記載がないものは全て原則固定スプレッドで、単位は銭です(FXプライムbyGMOは例外あり、1回の取引で50万通貨以下の場合)



    米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    みんなのFX-10.2
    LIGHT FX-10.2
    DMM FX-90.2
    GMOクリック証券【FXネオ】-110.2
    LINE FX-110.2
    外為オンライン(くりっく365)-14変動
    FXプライムbyGMO-170.3
    マネーパートナーズ-260.3
    IG証券-270.2
    サクソバンク証券-29変動
    インヴァスト証券(トライオート)-350.3
    外為オンライン(店頭)-361
    アイネット証券-430.7-1.0
    インヴァスト証券(シストレ24)-50変動
    セントラル短資FX-800.2
    ヒロセ通商-830.2
    JFX株式会社-830.2




    豪ドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-1変動(1銭程度)
    みんなのFX-30.4
    LIGHT FX-30.4
    GMOクリック証券【FXネオ】-50.7
    DMM FX-80.7
    LINE FX-100.4
    FXプライムbyGMO-160.9
    IG証券-190.7
    マネーパートナーズ-210.6
    アイネット証券-251.5-4.0
    外為オンライン(店頭)-303銭
    サクソバンク証券-34変動
    セントラル短資FX-500.5
    インヴァスト証券(トライオート)-560.6
    ヒロセ通商-580.7
    JFX株式会社-580.7
    インヴァスト証券(シストレ24)-60変動




    NZドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-1変動
    みんなのFX-41
    LIGHT FX-41
    GMOクリック証券【FXネオ】-61.2
    LINE FX-60.9
    DMM FX-91.2
    セントラル短資FX-152
    FXプライムbyGMO-161.6
    マネーパートナーズ-171.2
    IG証券-17変動
    サクソバンク証券-22変動
    アイネット証券-342.0-6.5
    外為オンライン(店頭)-356
    インヴァスト証券(シストレ24)-50変動
    インヴァスト証券(トライオート)-551.7
    ヒロセ通商-591
    JFX株式会社-591




    南アフリカランド マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    みんなのFX-610.9
    LIGHT FX-610.9
    外為オンライン(くりっく365)-62変動10万
    FXプライムbyGMO-700.9
    サクソバンク証券-87変動5万
    GMOクリック証券【FXネオ】-901
    DMM FX-901
    マネーパートナーズ-1101
    IG証券-110変動
    インヴァスト証券(トライオート)-1201.8
    LINE FX-1300.8
    外為オンライン(店頭)-15015
    セントラル短資FX-1600.9
    ヒロセ通商-1600.9
    JFX株式会社-1600.9
    アイネット証券-17015
    インヴァスト証券(シストレ24)-600変動




    トルコリラ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    LINE FX-131.5
    みんなのFX-151.7
    LIGHT FX-151.7
    GMOクリック証券【FXネオ】-161.7
    マネーパートナーズ-181.9
    FXプライムbyGMO-254.8
    セントラル短資FX-411.7
    ヒロセ通商-441.7
    JFX株式会社-441.7
    サクソバンク証券-51変動5000
    インヴァスト証券(トライオート)-655.5
    IG証券-67変動
    アイネット証券-1107
    外為オンライン(くりっく365)-117変動
    外為オンライン(店頭)-1356
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし




    メキシコペソ マイナススワップポイント(売り)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-60平均0.6410万
    みんなのFX-600.3
    FXプライムbyGMO-700.9
    LIGHT FX-710.3
    GMOクリック証券【FXネオ】-800.310万
    IG証券-90変動
    サクソバンク証券-91平均0.231万
    ヒロセ通商-1100.3
    JFX株式会社-1100.3
    マネーパートナーズ-1300.3
    セントラル短資FX-1700.2
    外為オンライン(店頭)-20061万
    アイネット証券-2007
    インヴァスト証券(トライオート)なしなしなし
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし
    LINE FXなしなしなし




    以上です。口座開設は、



    【全てのマイナススワップトップレベル+1,000通貨取引可能+当サイト限定レポートあり】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと合わせて持っておきたい+当サイト限定レポートあり】

    LIGHT FX
    button2.png



    【全てのマイナススワップトップレベル+当サイト限定キャンペーンあり】

    DMM FX
    button2.png



    【相場が落ち着いた時の最強口座+当サイト限定レポートあり】

    セントラル短資FX
    button2.png



    からできます。


    インヴァスト証券のAIマイメイトとは?本当に儲かるかも検証

    2020年08月02日 15:23

    インヴァスト証券のAIトレード マイメイトはじめます-min



    今回は、近く、実際に自動売買まで可能になる、インヴァスト証券の強化学習型AIマイメイトについて解説したいと思います。



    このマイメイトというのは、

  • 自分でAIを育て運用できるもの(現時点では売買シグナルのみで、今後は実際に自動で取引まで行うようになる予定のようです)

  • サービス開始以降プラスが維持されており、特にコロナ相場で圧勝した実績もある

  • 今からAIを育成しておけば、実際に取引環境ができた時には「育った」AIで運用できる&大量の事前ポイントも貰える


  • というもので、私も今からAI育成をはじめることにしました!



    このマイメイトは、以下のページから事前登録することができるので、興味がある人は是非どうぞ!今だと、事前登録で1万ポイントが貰えるキャンペーンもやっており、また、後述するように、このAIは「強化学習型AI」であり、はじめに「学習」をさせることが重要なので、もし興味があるなら、早めにやっておくことをおすすめします。



    MaiMate公式ページ
    468_60-min.jpg




    以下の順番で書いていきます。

  • そもそも強化学習型AIマイメイトとは何か?

  • AIマイメイトの「学習」とは?自己学習と育成も解説

  • コロナ相場でも圧勝!?マイメイトは儲かるのか?

  • 何故今マイメイトを始めるのか?

  • 私のマイメイトの設定を画像付きで公開!

  • 私のマイメイト育成記録 | 本当に儲かるのか?実績を公開




  • そもそも強化学習型AIマイメイトとは何か?





    マイメイトというのは、インヴァスト証券が提供する自分で育成するトレードAIで、今はまだ売買シグナルの表示だけですが、近くそのAIが実際に自動売買もしてくれるようになるものです。



    ここの最大の特徴は、「自分で育成できる」という点であり、はじめに

  • 取引する通貨ペア

  • 参考にするテクニカル指標

  • 参考にするニュース情報(マーケット状況、アナリストの相場予想、ネット上の感情表現、規制等の外的要因の中から選べる)

  • リスク回避、リターン重視、バランス重視のどれを重視するかを選ぶ


  • というように特性を選び、それ以降も週ごとにAIが自己学習を繰り返す&ユーザーがその週のトレードを「いいね」「ダメだね」について評価しそれを学習するということで、成長していくAIです。



    この「学習」についてもう少し詳細に解説します。



    AIマイメイトの「学習」とは?自己学習と育成も解説





    AIは、「利益を出す」「損失を少なくする」という目的を達成するために学習を行います。具体的には自分自身のトレードの損益以外にも、自身の分身を作って分身にも様々なトレードを行わせ、その中でどの成績が良く、どれが悪かったのかを分析しながら、何が良いトレードなのかを自己学習していきます。



    このAIの学習のメカニズムについては、以下のブロック崩しの動画を見て頂くと少しイメージしやすいかもしれません。







    このAIでは、はじめはやり方が全く分かっていなかったAIが、色々な成功・失敗を繰り返しながら、徐々に「どうやればブロックを効率的に崩せるか」を学習していき、最後には「端を崩してボールをブロックより上に出し、後は勝手に崩させる」などという裏技(?)まで発見してしまいました。



    マイメイトはこの「ブロック崩し」を「トレードで利益を獲得し、損失を抑える」という点に変えたようなもので、自分のトレードや、分身のトレードで「成功」「失敗」を繰り返すことで、「どうやったら成功するか」を学習していくものです。



    また、その「成功」「失敗」の一つの参考要素として、トレーダーからの「いいね」「ダメだね」もあり、そうやってAIを褒めたり叱ったりすることで、「自分だけのAI」を育てていくことができます。



    この「いいね」「ダメだね」は全部のトレードにしなければならないわけではなく、やらなくてもAIは自己学習してくれます。



    また、この評価だけを「成功」「失敗」の尺度にしているわけでもないので、一回で大きく変わることはないようですが(逆に一回でトレードロジックが変わると、これまでの長期学習が一回の評価で壊れてしまうリスクもあるので、意図的にそうは作らなかったようです)、ただ、長期的に一貫性を持って褒める、叱るをしていると、それを学習してAIが成長していく仕組みになっています。



    コロナ相場でも圧勝!?マイメイトは儲かるのか?





    「AIを育てる」というもの自体がそれなりに面白そうなものではありますが、ただ、多くのトレーダーにとって、最大の関心ごとは、「本当に儲かるのか?」ということだと思うので、その点について次に解説します。



    このマイメイトは、サービス開始以降、2020年5月まではどの通貨ペアもプラスの総合損益を出しているようです。



    mymate0-min.png
    マイメイト公式サイトより



    また、特にコロナ相場では非常に強かったようで、全AIエージェントの月間平均損益が+396pips、8割以上のAIエージェントがプラス収益で3月を終えた実績もあります。



    「ウォール街でも人間のトレーダーから、AIに置き換えが進んでおり、AIの方が実際に成績もよい」という話をよく聞くように、今やAIは人間よりトレード成績が良くなっておりますが、このマイメイトでもかなり良い成績が出ております。



    何故今マイメイトを始めるのか?





    私が今このマイメイトを始めることにした理由は大きく3つで、

  • AIのトレードがどんなものなのか知りたいという好奇心

  • もしAIが良いものであれば今後の取引実装で使いたいが、それまでに学習させておきたかった

  • 今はじめると1万ポイント貰える


  • というものがあります。



    まず1つめのAIのトレードを知りたいというのは、単純に好奇心ですが、ただ、これから人間からAIへの置き換えはある程度不可避な中で、どういう挙動をして、実際にどのくらい儲かるのかを知っておくのは重要だろうと思ったというのがあります。



    そして、次の「本番環境までに学習」というのは、上のブロック崩しの動画を見ても分かるように、学習型AIの場合、「学習期間」が非常に重要で、はじめてすぐはうまく行かないことが多いという点があります。



    なので、できるだけ早めにやっておいた方がいいかなと思って、今やることにしました(このマイメイト自体は結構前からやっていたようですが、仕組みを知ったのがつい最近だったので、今まで放置してました・・・・)



    最後のポイントが貰えるという点については、マイメイトでAIを作成し、口座開設予約できる段階で口座開設をすれば、10,000ポイントを貰えるというキャンペーンがあります。このマイメイトポイントを使えば、AIを追加したり、マークアップゼロモードにしてスプレッドを抑えたりと言ったことも可能になるようなので、いつかやるならじゃあ今やろう・・・・ということで始めました。



    以上のように、

  • AIのトレードがどんなものなのか知りたいという好奇心

  • もしAIが良いものであれば夏の取引実装で使いたいが、それまでに学習させておきたかった

  • 今はじめると1万ポイント貰える


  • という理由から、私もマイメイトをはじめてみることにしました!



    このマイメイトは、以下のページから事前登録することができるので、興味がある人は是非どうぞ!



    MaiMate公式ページ
    468_60-min.jpg



    私のマイメイトの設定を画像付きで公開!





    それでは、私の設定を公開しながら、具体的にどうやって登録するかを説明します。



    私の設定は、

  • 通貨ペア:ポンドドル

  • テクニカル指標:移動平均

  • 注目ニュース:ネット上の感情的表現

  • 教育方針:リターン重視

  • 名前:メカゆき


  • としました。



    まずMaiMate公式ページのリンク先で、エージェントを作るをクリックします。



    mymate1-min.png



    するとエージェント作成画面になり、まず通貨ペアを選びます。



    mymate2-min.png



    ポンドドルを選んだのは、ボラが大きくて利益獲得機会は多いながら、自分は苦手な通貨なので、じゃあAIにやってもらうか、くらいで選びました(笑



    次にテクニカル指標を選ぶところで、移動平均を選びました。



    mymate3-min.png



    移動平均かボリンジャーバンドで迷いましたが、移動平均線は多くの指標の基礎となる「最も基本的な指標」なので、これを選びました。なお、RSIを頭の選択肢から除いていたのは、RSIのようなオシレーター系指標はサブで使うべきものであって、メインで使うものではないという認識なので、選びませんでした。



    次のニュースは、ネット上の感情的表現にしました。



    mymate4-min.png



    これについては、

  • マーケットアナリストの相場予測は、正直そこまで信用してないので除外(アナリストの方すみません・・・・・)

  • 規制等の外的要因は、「金利や規制等」とあり、金利については今の相場環境では当面動かなさそうで、規制もそこまで大きな何かが出そうな気はしないので、除外


  • となり、マーケット状況か感情的表現で迷いましたが、マーケット状況は「売られすぎ、買われすぎなど現在の市況に関係した情報」ということで、これについてはある程度ネット上の感情表現でも出てくるかなと思ったので、ネット上の感情的表現を選びました。



    自分のトレードでも、「明らかに皆が絶望してる」という時に買ったり、「明らかに買ってる初心者が浮かれている」という時に売ったりすることもあり、意外とこういう情報は使えるので、これをベースにすればいいかなと思って選びました(相場の動きの源泉は人間の欲望と恐怖なので、実はこういう「一般トレーダーの悲喜こもごも」は重要です)



    そして教育方針は、リターン重視を選びました。



    mymate5-min.png



    これについては、ポンドドルのようにボラが大きい通貨を選んでおきながらリスク回避やバランスというのも違うかなと思うので、リターン重視にしました(逆にユーロドルとかであればバランス重視を、ドル円であればリスク回避を選んでいたような気はします)



    最後に名前をつけるところでは、なんとなく頭に浮かんだ名前にしました。



    mymate6-min.png



    なのでここに深い理由はありません(笑



    以上を設定すると、このように「エージェント誕生まで待て」という画面が出るので、これでしばらく待とうと思います!



    mymate7-min.png



    以上が私の設定と、そのやり方でした。そして、AIは翌日に誕生して、こんな感じになりました。



    mymate8-min.png



    ・・・・あんまりメカっぽくないですが、まあ気にしない方針でいきます。



    私のマイメイト育成記録 | 本当に儲かるのか?実績を公開





    はじめて2週目ですが、こんな感じにトレードして、利益を出してくれました。


    【1週目】
    mymate 0725-min



    【2週目】
    Mymate0801-min.png



    1週目は、ちゃんと利益を出してくれて、特に1日目は「ちゃんと伸びている中でホールドして、利益を伸ばす」という動きをしてくれたので、褒めました。



    2週目も、大きな陽線が続く中で損切→ドテンで入り、トレンドが継続している限りホールドしているという姿勢は評価できると考えて、褒めました(私自身がこういうトレード下手で、多分ある程度いけば利確してたと思うのでw)



    まだトレンドが継続しており、含み益も大きくなってきながら握り続けておりますが、これをどのタイミングで利確するのかは楽しみにまっています。



    今回は以上です。このマイメイトは、以下のページから事前登録することができるので、興味がある人は是非どうぞ!今だと、事前登録で1万ポイントが貰えるキャンペーンもやっており、また、このAIは「強化学習型AI」であり、はじめに「学習」をさせることが重要なので、もし興味があるなら、早めにやっておくことをおすすめします。



    MaiMate公式ページ
    468_60-min.jpg

    FXスワップポイント比較最新ランキング5選 2020年(毎週更新)

    2020年08月01日 16:54

    スワップ1



    FXで高金利通貨を買うと、何もしなくても年利10%以上のスワップポイント(金利)収入が貰える!?



    FXで高金利通貨は昔から常に人気が高く、米ドル、豪ドル、NZドルといった先進国の中での高金利通貨だけではなく、新興国通貨である南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ、さらにはポーランドズロチ等も非常に人気となっております。



    何故スワップポイントがこんなにFXトレーダーを魅了しているかというと、スワップポイントというのは、銀行預金で言うところの利息に相当するものであり、FXで高金利通貨をただ持っているだけで何もしなくても毎日貰うことができるためです。



    そのため、スワップポイントによる収入は不労所得として人気が高く、高金利通貨をスワップ狙いで投資するのは、忙しい人向けのFX投資法と言われております。



    しかし、このスワップポイントは、通貨やFX業者によってどのくらい貰えるかが、年間数万円、数十万円単位で異なってくるので、今回は、通貨別に、どこのFX会社がおすすめで、そこで持っていると年間どのくらいスワップポイントを貰えるのかということを説明していきます。



    結論から言うと、スワップポイント投資をする場合、以下の会社がおすすめです。




    アイネット証券

    高金利通貨自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • セントラルミラートレーダー

    メキシコペソの安定感を重視するなら

  • メキシコペソのスワップポイントトップクラスで安定
  • スプレッドも原則固定でトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定で5,000円キャッシュバック+特別レポートあり
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    高金利+自動売買で最近存在感アップ中!

  • メキシコペソスワップが安定してトップ
  • サイクル2取引、iサイクル2取引で自動売買可能
  • メキシコペソなら自動売買系でスプレッドNo1
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    バランスの良さ重視なら

  • スプレッドはどの通貨ペアもトップクラス
  • スワップも全体的に高水準で、キャンペーンがあればトップの時も
  • ズロチユーロについて1,000通貨単位で取引できる中でスワップが一番高い
  • 当サイトからの申込限定で非売品レポートが貰える




  • 以下の順番で書いていきます。


  • FXのスワップポイント金額や収益率の目安

  • スワップポイント投資でFX業者を比較する時の3つのポイント

  • FXスワップポイント投資おすすめ業者2020年8月(毎週更新)

  • FXスワップポイント比較の最新ランキング2020年8月(毎週更新)

  • FXスワップポイン比較ランキングの根拠




  • FXのスワップポイント金額や収益率の目安





    スワップポイントによる収益率がどのくらいかというとこについて、人気の高い高金利通貨を持っていることで貰えるスワップポイントの金額と収益率を書いていくと、例えば南アフリカランドなら1日70円貰えるので、年間25,500円(収益率4.1%)、メキシコペソだと1日100円で年間年間36,500円(収益率8%)と、非常に高い収益率となります。

    (※ 収益率は、スワップポイント年額÷執筆時現在のポジションの金額(レバレッジ1倍)で計算。)



    実は、少し前まではドル円で1日60円くらい貰えたように、先進国通貨でもスワップはそれなりに貰えたのですが、最近はコロナショックによる大幅金融緩和でドル、豪ドル、NZドルといったあたりのスワップポイントは、正直「おまけ」くらいまで落ちてきております・・・・・



    このように、スワップポイントというのは、何もしなくても毎日貰えるもので、高金利通貨であればその収益率もかなり高くなっているのですが、上のスワップ金額の例示でもわざわざ「一番高いところ」と書いたように、スワップポイントが高いFX業者もあれば、低いFX業者もあり、高いところと低いところの1単位でのスワップポイントの年間での差額は、以下のように数万円単位での差になります。



    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ
    ユーロ
    高い会社14567711710012.3
    低い会社-40-30-40-100-2030-17
    差額5435461771377029.3
    年額19,71012,77516,79064,60550,00525,55010,695




    FXでは、「何を取引するか」と同じくらい「どこのFX業者で取引するか」が重要だとはよく言われますが、これはスワップポイント投資であっても例外ではなく、FX業者が違えば、数万円、数十万円単位で損することもあります。



    そこで今回は、高金利通貨に長期投資する場合のおすすめのFX業者について、2020年8月時点の最新情報に基づいて、スワップポイントの比較も行って、どこが良いのか解説します。(毎週更新)



    今既にFXでスワップポイント投資をしている人でも、FX業者を間違えたせいで何万円も損していたというケースもよくあるので、今自分が使っているFX会社は実際どうなんだろう?という点も含めて、この記事を読んでもらえればと思います。



    スワップポイント投資でFX業者を比較する時の3つのポイント





    まず最初に、スワップポイントでFX業者を選ぶ場合、どのようなポイントで比較すればいいのかという点から説明します。結論から言うと、以下3つのポイントが重要です。

  • スワップポイントの高さ

  • 取引単位

  • 自動売買の有無



  • それぞれ何故重要なのか説明していきます。



    FX業者比較ポイント1 スワップポイントの高さ





    まず、1つ目のスワップポイントの高さは、上で書いた通りで、FX業者が違えば数万円、数十万円の違いになるため重要です。これについては、もう上でさんざん書いたので(笑)、それ以外の、2つについて、何故重要なのかを書いていきたいと思います。



    FX業者比較ポイント2 取引単位





    次に重要なのは、取引単位です。



    FXでは、例えば1万通貨単位取引の会社では、ドルを買うのに、1万ドル買う、2万ドル買うといった選択肢しかなく、1000ドル買うという選択肢はありません。それに対して、1,000通貨単位取引の会社であれば、1,000ドル買う、2,000ドル買うということも可能です。



    これは、例えば南アフリカランド(ここ数年7-9円程度)やメキシコペソ(ここ数年5-6.5円程度)などの少額の通貨であれば、1,000通貨単位取引が可能であれば、1万円なくても投資可能ということで、まずは少額から様子を見たいという場合に、非常に重要な要因となります。



    また、ある程度大きなポジションで取引するようになった後も、FXでは、はじめにポジションをこう持つと決めても、その後の値動きで、「もっと買いたい」「一部売りたい」等出てくることは、FXトレーダーなら誰でも経験したことがあるものです。



    その中で、例えば1万通貨持っているとして、1万通貨単位でしか取引できないとなると、一部売りたいと思ってもオールオアナッシングであったり、あるいは少しだけ買い足したいと思っても、今のポジションをいきなり2倍にしないといけないというようなことになりかねません。



    それに対して、ある程度細かく取引できる場合、そうしたときには「とりあえず半分だけ売る」「まずは1,000通貨だけ追加で買う」といったことも可能になります。



    スワップポイント狙いの長期投資の場合、そこまで頻繁に取引することは想定しない一方で、保有する期間を長くするのが前提なので、途中でポジションを一部修正するということが必要になることが多く出てきます。



    そのため、取引単位というのも、重要なポイントとなります。



    FX業者選びのポイント3 自動売買の有無





    これは、「自動売買は絶対にやりたくない」という人にとっては全く気にしなくていい論点なのですが、広い意味で「何もしなくても利益が出るのが良い」と思っている人にとっては、いざやりたくなった時にいつでも使えるように、とりあえず自動売買ができるFX業者の口座も持っておいた方がいいと思います。



    何故自動売買ができるところも持っておいた方がいいのかというと、自動売買は非常に大きな不労所得を生む可能性のある取引手法だからです。その理由をもう少し詳しく説明します。



    まず、FXで、相場が一番大きく動くのは、ニューヨーク時間(日本では夜中)だといわれております。これは、世界最大の経済大国であるアメリカで活発に行われる時間なので、ある意味当たり前のことです。



    しかし、このニューヨーク時間というのが、日本では夜中から明け方までの時間帯なので、日本人にとって、非常に取引しづらい時間帯となっております。



    そんな中で、自動売買を設定しておけば、あとは寝ていても、他の仕事やプライベートを楽しんでいても、何をしていようとも、自動的にどんな時間でも取引して利益をあげてくれます。この重要性について、数字を使って考えてみましょう。



    例えば1万通貨で50銭の値幅で取引する場合、1回5,000円の利確になり、これを見逃すというのは、実質的に5,000円損しているのと同じことであり、これが10回積み重なれば5万円、50回積み重なれば25万円・・・・・・となります。



    この金額は、ちょっとしたスワップポイントの違いよりもはるかに重要と言えるのは、なんとなく分かってもらえるかと思います。このように、日本のFXトレーダーにとって、一番取引しづらいニューヨーク時間も含めて、24時間自動で利益を積み重ねてくれるというのが、自動売買の重要な点です。



    もちろん、自動売買にも想定レンジより大きく値動きするとロスカットされる危険があるなど、デメリットもあるのですが、それでもより大きな不労所得を稼げる可能性もあるので、少しでも興味があれば、まず小さい金額からはじめてみるのも一つの手だと思います。



    以上のように、高金利通貨に長期投資する場合、「スワップポイントの高さ」「取引単位」「自動売買の有無」が重要です。



    では、こうしたことを踏まえたうえで、どこの会社がおすすめなのについて紹介したいと思います。



    FXスワップポイント投資おすすめ業者2020年8月(毎週更新)





    それでは、今月のスワップや自動売買の有無、さらには取引単位等を比較した上で、スワップ目的の長期投資に向いたFX業者を紹介していきたいと思います。



    スワップポイントは、上位の会社はあまり変わらない印象がありますが、それでも日々変動し、「今はこっちの会社の方が高くても、どこかのタイミングで逆転するかもしれない」というのはあるので、上位の会社で持っていない口座は、とりあえず開設するのをおすすめします。



    FX口座を持つこと自体は、一切手数料等もかからず、ただ口座を持っているだけではデメリットはありません。実際、管理人は20社以上FX口座を持っており、その中には使っていない口座もあります(笑



    また、見てもらえれば分かりますが、会社によって「この通貨では強いがこの通貨ではそうでもない」「自動売買ができるかどうか」という点が異なるので、そうした特長もあわせて確認してもらえればと思います。




    アイネット証券

    高金利通貨自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • セントラルミラートレーダー

    メキシコペソの安定感を重視するなら

  • メキシコペソのスワップポイントトップクラスで安定
  • スプレッドも原則固定でトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定で5,000円キャッシュバック+特別レポートあり
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    高金利+自動売買で最近存在感アップ中!

  • メキシコペソスワップが安定してトップ
  • サイクル2取引、iサイクル2取引で自動売買可能
  • メキシコペソなら自動売買系でスプレッドNo1
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    バランスの良さ重視なら

  • スプレッドはどの通貨ペアもトップクラス
  • スワップも全体的に高水準で、キャンペーンがあればトップの時も
  • ズロチユーロについて1,000通貨単位で取引できる中でスワップが一番高い
  • 当サイトからの申込限定で非売品レポートが貰える




  • アイネット証券





    アイネット証券は、ループイフダンという自動売買が手数料無料で使えて、かつ、高金利通貨のスワップが非常に高い点がおすすめです。



    下で一覧を見てもらうと分かりますが、スワップポイントについて、基本的にトップクラスで、さらにこの高いスワップポイントを、手数料無料の自動売買(ループイフダン)で運用できます。



    ループイフダンというのは、はじめに通貨ペアと売買の方向と通貨量、値幅、最大本数を設定したら後は全部自動で売買してくれるという自動売買で、取引のイメージとしては以下のような感じです。



    loop.png



    このように、ループイフダンというのは、かなり簡単にできる自動売買で、初心者からも人気の高いものです。



    また、初心者でも簡単にできるという以外にも、

  • 自動売買なのに手数料無料スプレッドも最安値水準と、コストが安い

  • 高金利通貨のスワップポイントは、自動売買じゃないところを含めても最高レベル

  • 1,000通貨単位の取引も手数料無料でできる



  • といったことから、使い勝手が良く、実際に管理人も、今時点で400万円公開運用しております。

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧



    私の公開ポジションは、トルコリラとメキシコペソのループイフダンを除くと、豪ドル/NZドルという、あまりスワップが関係ないものが多いのですが(笑)、高金利通貨で自動売買したい場合にも、アイネット証券はおすすめです。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、もれなく3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    セントラル短資FX





    ここは、個人的には今高金利通貨の中で一番おすすめだと思っているメキシコペソについて、安定して条件が良いという点でおすすめの会社です。



    メキシコペソという通貨は、


  • 政策金利5%と高金利

  • その割に失業率、債務残高、インフレ率といった新興国ではよくある問題がない

  • メキシコは世界最強の国であるアメリカの隣国であり、アメリカの成長に伴って成長が期待される

  • メキシコ自体も今後人口の増加が予想されており、経済成長も期待されている

  • メキシコは産油量世界6位、銀生産量世界2位等、世界有数の資源大国



  • というように、政策金利に比べて安定感のある、高金利通貨の中で優等生と言われる通貨です。



    そのメキシコペソについて、セントラル短資FXは、

  • スワップポイントがトップクラス

  • メキシコペソも1,000通貨単位で取引可能で、メキシコペソが6円以内なので、6,000円でもレバレッジ1倍で投資可能

  • スプレッドもトップ(セントラル短資FXが原則固定0.2銭)


  • というように三拍子そろっております。



    スワップについては、ずっと安定してトップクラスの水準を維持しているという点で、安定感を重視する方にはおすすめです。



    また、セントラル短資FXには当サイトからの口座開設限定のキャンペーンもあり、期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです。



    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    外為オンライン(店頭FX)





    外為オンラインは、最近メキシコペソや南アフリカランド等の高金利通貨のスワップポイントに力を入れている会社で、特に最近だとメキシコペソについて、

  • スワップポイントはアイネット証券と同率トップを維持

  • スプレッドは自動売買系で一番良い

  • 1000通貨単位(ペソやランドは1万通貨単位)の取引も可能


  • と、自動売買系の中で一番条件が良くなっており、私も最近メキシコペソのポジションを追加する時は、ここでやることにした会社です。

    参考:メキシコペソを自動売買!サイクル2取引の設定と実績を公開します



    ここのサイクル2取引は、仕掛けるレート、利確レートも指定できるタイプのリピート系注文で、設定の自由度も高く、個人的にはメキシコペソの自動売買なら一番ここが良いと思っています。



    なお、この会社は口座開設の際に「コース」を選ぶ必要があるのですが、私のおすすめは、外為オンラインの「外為オンラインFX口座(くりっく365じゃない方)」で、L25mini口座で、実際にこのコースで今トレードを行っています。



    ただ、この外為オンラインのコースについては、既に口座を持っている人であれば、取引画面の「設定→コース追加」で簡単に追加できるので、「既に別のコースで持ってしまっている」という人でも大丈夫ですし、はじめの口座開設の段階ではそこまで気にしなくても大丈夫です。



    外為オンラインは、メキシコペソの自動売買をする上では、スプレッド、スワップポイント、取引単位どれをとってもおすすめで、口座開設手数料や口座維持手数料も無料なので、持っておいて損はないと思います。



    口座開設は

    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    LIGHT FX





    ここは、

  • スワップだけじゃなくて、取引コストも重視した上で、バランスで選びたい

  • ズロチユーロで、1,000通貨単位で取引したい

  • 不定期にあるスワップポイント増額キャンペーンでかなりお得になることが多い



  • という点で優秀な会社です。



    この会社は、スプレッドはほぼ全ての通貨で業界トップで、スワップポイントも「これが高い」というより、全体的にバランスよく高いというような会社です。



    また、この会社は定期的にスワップ増額キャンペーンもやっており、スプレッドは常にトップクラスなので、「今はこの通貨ペアなら圧倒的にLIGHT FXが強い」みたいな状況が定期的に生まれる、なかなか面白い会社です。



    また、LIGHT FXと当サイトはタイアップを開始し、当サイトからの口座開設限定で「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア(豪ドル/NZドルも含む)」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    FXプライムbyGMO





    FXプライムbyGMOは、最近南アランドやメキシコペソのスワップポイントにかなり力を入れている会社で、南アフリカランドはぶっちぎりトップ、メキシコペソでも2020年通算でスワップNo1の会社です。



    南アフリカランドは、「昔ながらの高金利通貨」という通貨で、メキシコペソは「最近人気が高まっている、高金利通貨の優等生」というような通貨で、スワップポイント投資家にとって馴染みの深い通貨ペアですが、その2通貨ペアについて非常に力を入れているのが、このFXプライムbyGMOです。



    また、この会社は、「セミナー動画」が抜群に良いことも有名で、全105本もの有料級のセミナー動画を、口座を持っていれば全て無料で見ることができます。



    セミナーの内容は、


  • ファンダメンタルズ面からの相場の解説(相場全体の解説から、松崎美子さんによる欧州情勢の解説まで)

  • テクニカル分析のやり方(移動平均線・ロウソク足・トレンドラインと言った超基本事項の解説から、一目均衡表、エリオット波動、チャートリーディング、GMMA、スパンモデル・スーパーボリンジャーまで色々とありました)

  • 実際の勝ち組トレーダーの方にトレードのやり方をインタビューする企画



  • まで、様々な内容があり、そのため、


  • FXを始めたばかりで、ファンダメンタルズ分析・テクニカル分析などの基本を知りたい

  • プロのコロナ後の相場見通しを知りたい

  • FXをやっているけどなかなか勝てなくて、勝っているトレーダーがどうしているか知りたい


  • といった人には非常におすすめです。



    また1,000通貨単位の取引も可能で、つまり、メキシコペソについて、1万円以内からの少額投資も可能ということなので、メキシコペソをはじめて取引するという人には、まずここがおすすめです。



    FXプライムbyGMOは、当サイト限定キャッシュバックとして、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。




    みんなのFX





    みんなのFXは、豪ドル、トルコリラに投資するなら、まずここを持っておくべきというところです。



    ここは、豪ドルについて大体トップのスワップポイントで、また、ドルやトルコリラについてもトップクラスの水準にあります。



    また、1,000通貨単位での取引も可能なので、少額から投資したり、細かくポジションを増減させることもできます。



    高金利通貨は、スワップポイントが高いところで、安くなったら少しずつ買っていくというのが王道ですが、そうした取引方法にぴったりなのが、このみんなのFXです。



    また、他にも、ズロチ・ユーロサヤ取りという、為替リスクを抑えながら、年利9%近いスワップ利益を受け取る手法でも使えて、IG証券は1万通貨取引なのにたいして、ここは千通貨でも取引できるのがポイントです。



    さらに、みんなのFXでは、スワップポイントにかかる税金が、決済やスワップポイントを確定しない限り課税されないという特徴もあります。そのため、何年も長期投資する場合には、おすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの口座開設限定で「あまり知られていないが、管理人がおすすめする通貨ペア(豪ドル/NZドルも含む)」について、管理人の知識やトレード戦略を徹底的に解説したオリジナルレポートを貰えるようになったので、興味がある方は是非そちらも入手してください!(LIGHT FXのものとほぼ同じですが、細部が異なります)



    このレポートは、完全に当サイトのオリジナルで、他では絶対に入手不可能&他ではあまり解説されていないような珍しい通貨ペアについて、自分のトレードも含めて徹底的に解説したものなので、是非どうぞ。



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    外為オンライン(くりっく365)





    上で紹介したのは外為オンラインの店頭FX口座ですが、外為オンラインはくりっく365口座としてもおすすめです。



    くりっく365口座というのは、普通のFX会社は、そのFX会社が管理、運営している「店頭FX」なのですが、くりっく365は、東京金融取引所が監理・運営するFXで、公的機関である取引所が運営するため信頼性が高く、例えば倒産リスクがほぼない、スリッページ・約定拒否がない等のメリットがあります。(くりっく365についての詳しい話はくりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いております)



    そして、くりっく365はそうした「信頼性の高さ」だけではなく、高金利通貨についてスワップポイントが高いという点でも評価が高く、その中でも特に、米ドル円のスワップについてはトップ、他の通貨でもスワップポイントがトップレベルの水準となっております。



    このように、長期投資に必要な「長期にわたってお金を預けていられる信頼性」「高いスワップポイント」という両方を兼ね揃えているため、くりっく365は長期投資に非常に向いています。ただし、一つ欠点としては、1万通貨単位でしか取引できないという点があり、細かい単位で取引したい場合は、別の会社がおすすめとなります(南アフリカランドやメキシコペソは10万通貨単位)



    なお、くりっく365をやっている会社間では、スプレッド、スワップ、取引単位はすべて同じで、その一方、手数料や取引ツールなどに違いがあります。



    では、くりっく365対応FX業者の中でどこがいいかについては、基本的に私がおすすめしているのは外為オンラインGMOクリック証券【くりっく365】 ですが、高金利通貨を長期的に取引する場合には、外為オンラインでの取引をよりおすすめします。



    その理由としては、外為オンラインについては、基本的に取引手数料は無料、ツールも使いやすく、スマホや携帯にも対応ということに加え、何よりくりっく365でサイクル2取引やiサイクル2取引という自動売買ができる唯一の会社のがあります。



    高いスワップポイントと自動売買という組み合わせを、信頼性、スプレッド、スワップ共にトップの条件でできるというのが、ここをおすすめした理由です。



    口座開設は


    外為オンライン(くりっく365)
    申込ボタン


    からできます。



    ヒロセ通商





    ここは、豪ドルとNZドルのスワップポイントが高いところです。



    ヒロセ通商は、この2つの通貨については、スワップポイントが安定してトップで、スプレッドもトップクラス、取引単位も1,000通貨単位で取引できるというように、最も条件の良い会社となっております。



    そのため、豪ドルかNZドルに投資する場合はヒロセ通商がおすすめです。



    また、ヒロセ通商には、当サイトから口座開設を申し込み、1万通貨以上取引すると、当サイト限定で通常のキャッシュバックにプラスして2,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからするのがおすすめです。



    口座開設は


    ヒロセ通商
    button2.png


    からできます。



    FXスワップポイント比較の最新ランキング2020年8月(毎週更新)





    最後に、上で紹介しなかった会社も含め、主要なFX業者のスワップ、自動売買の有無、取引単位について一覧表にまとめます。以下の表はすべて執筆時現在の情報で、単位はすべて円で、1万通貨あたりのスワップを表示し(南アフリカランドとメキシコペソのみ10万通貨)、その中で一番条件が良いところを赤くしております。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソズロチユーロ自動売買取引単位
    アイネット証券8547030100なし
    セントラル短資FX100010170なし×
    外為オンライン(店頭)1505035100なし
    LIGHT FX13461157112.3×
    外為オンライン(くりっく365)141162117602.4
    FXプライムbyGMO2117015705×
    みんなのFX13461156012.3×
    LINE FX8436013なしなし×
    ヒロセ通商2346014600×
    JFX株式会社234601460なし×
    IG証券-6-5-105032503×
    GMOクリック証券【FXネオ】823601350なし×
    インヴァスト証券521205なしなし
    マネーパートナーズ11210330なし
    DMM FX65660なしなしなし×
    インヴァスト証券(シストレ24)-40-30-400なしなしなし




    最近はコロナショックでどこの国も徹底して利下げをしおり、特に先進国通貨は、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドともにほぼゼロ金利に近いレベルまで落としていることから、金利という面での旨味がほとんどなくなったかなと見ております。



    コロナが落ち着いて来ればまた金利が戻っていく局面も出てくるとは思いますが、当面はこれらの通貨については、「スワップポイントはあくまでおまけ」くらいの気持ちで見ていた方がいいかもしれません。



    ただ、一方でメキシコペソやランド等は安定して高スワップを維持しており、また、トルコリラも一時大きく下がりましたが、最近は回復してきたことや、今はレート的にはどの通貨も史上最安値圏内にあるので、「スワップ投資」というものはまだまだ死んでいないなと思ってます。



    今回は以上です。



    口座開設は



    【スワップ最高レベル+手数料無料の自動売買+当サイト限定で3,000円のAmazonギフト券】

    アイネット証券
    button2.png



    【メキシコペソ買いでおすすめ+当サイト限定レポート+特別キャッシュバック5,000円】

    セントラル短資FX
    button2.png



    【今メキシコペソの自動売買で一番熱い】

    外為オンライン





    【スプレッドも含めた総合力でおすすめ+当サイト限定レポートあり】

    LIGHT FX
    button2.png



    【南アフリカランド、NZドルでおすすめ+当サイト限定キャッシュバック2,000円】

    ヒロセ通商
    button2.png


    【南アランド、メキシコペソ、セミナー動画でおすすめ+3,000円キャッシュバックあり】

    FXプライムbyGMO
    button2.png


    【豪ドル、トルコリラでトップクラス+ズロチユーロでもおすすめ+当サイト限定レポートあり】

    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    FXスワップポイント比較ランキングの根拠





    以下の優先順位でランク付けを行っております。

  • 今回の記事で取り上げた通貨ペアのうち、スワップポイントがトップの通貨の数

  • 自動売買の有無、取引単位等から、上記おすすめ業者で紹介したFX業者

  • 上記のポイントが同一である場合、当サイトからの口座開設の実績




  • 【関連記事】

    メキシコペソスワップポイント比較2020年 | おすすめ投資法とFX会社

    トルコリラスワップポイント生活は可能? | 必要資金、利回り・リスク2020年(毎週更新)

    何故GMOクリック証券はCFD国内シェア70%と圧倒的なのか?

    2020年07月30日 17:15

    GMOクリック証券の CFDを徹底解説! 価格調整や ロスカットルール についても解説-min



    今回は、証券CFDではなんと国内シェアの約72%※も占めており、私もCFD取引ではメイン口座の一つとして使っているGMOクリック証券のCFDについて、何故そこまで人気なのか、逆に短所はないのか、といったことについて解説したいと思います。

    ※GMOクリック証券調べ(2019年10月~2020年3月)



    GMOクリック証券のCFDは、日経平均やダウといった株価指数、金・原油・コーンといった商品CFD、米国VI等にも幅広く投資可能なので、そういった色々なものへの投資に興味がある方は是非ご覧ください。



    まず単刀直入に、GMOクリック証券の長所と短所について書くと、


    【長所】

  • 取扱い銘柄が豊富で割と何でも取引できる

  • 取引手数料無料、スプレッドもほとんど全てで業界トップで、コストが安い

  • 日経平均やダウに0.1単位で投資可能で少額投資可能(他の会社は1単位が多い)

  • マイナススワップ、金利コストのような保有コストがかからない(ただし、後述するように価格調整というものがあります)


  • 【短所】

  • 維持証拠金とロスカットルールに癖がある(ただし、実は回避策がある)

  • 価格調整という仕組みが分かりづらい(後で解説します)



  • というように、何でも取引できて、さらに基本的なスペックが非常に高いというのが最大の魅力と言えます。



    一方で、証拠金やロスカットルール、さらには価格調整というのが割と独特な仕組みで、これについて知らない人が戸惑うことも多いという点が短所としてあるので、この記事では、これらについても解説していこうと思います。



    なお、このGMOクリック証券については、今期間限定で、はじめて商品CFDと証券CFD取引を1回以上行った人に、2,000円プレゼントというキャンペーンをやっています。



    GMOクリック証券のCFDは取引単位も小さいので、「まずはお試し」という気持ちでの最小ロットのトレードも対象になり、それを合計たった2回の取引で2,000円くれるという非常にお得なもので、正直自分が対象外なのが悲しいレベルです(笑



    とはいえ、今まだ口座を持っていない人は当然対象になるので、興味があれば是非この機会にどうぞ。



    口座開設は

    GMOクリック証券(CFD)
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    以下の順番で書いていきます。



  • CFDとは何か?

  • GMOクリック証券のCFDシェアは7割超!どういう会社なのか?

  • GMOクリック証券CFDの長所(強み)

  •   取扱い銘柄が豊富

      取引手数料無料、スプレッドもほぼ全てでトップ

      日経平均やダウの取引単位が0.1で、少額から投資可能

      マイナススワップや金利コストがない

  • GMOクリック証券CFDの短所(デメリット)

  •   証拠金やロスカットルールが独特

      価格調整という仕組みが分かりにくい

  • 結論:GMOクリック証券CFDは非常におすすめできる会社です




  • CFDとは何か?





    CFDというのは株価指数や商品(金・原油など)などにレバレッジをかけてトレードできるというもので、簡単に言えばFXの株価指数や商品版というようなものです。



    CFDであれば、株価指数に対してはレバレッジ10倍、商品CFDであればレバレッジ20倍までの取引が可能なので、ETFとかでよくある「ダブル(2倍の値動き)」や「トリプル(3倍の値動き)」以上の資金効率で運用することも可能で、少額から大きな利益を狙うことができます(ただし、もちろん逆行した場合は損失になるので、ハイリスク・ハイリターンなものです)



    ただ、CFDは別にレバレッジをかけなければいけないものでもなく、レバレッジ1倍とかで現物とほぼ変わらないような状態にすることも可能です。



    また、CFDの特徴としては、上がると思った時に買えるのはもちろん、下がると思ったら売りから入ることもできて、その点で、相場が上がる場合も、下がる場合も利益を狙うチャンスがあるという点もあります。



    このように、CFDとは、レバレッジや、売りから入れるなど、まさに「FXの株価指数や商品版」といった感じの金融商品であり、FXをやっている人がその延長線上でCFDもやっているというのはかなり多くあります(私自身もFX→CFDと範囲を広げた人でした)



    GMOクリック証券のCFDシェアは7割超!どういう会社なのか?





    GMOクリック証券は、証券CFDのシェアが国内の約72%、商品CFDで約65%と、圧倒的なシェアを誇ります(GMOクリック証券調べ(2019年10月~2020年3月))



    このGMOクリック証券という会社は、FXトレーダーにはおなじみの「FX取引高8年連続日本一(ファイナンス・マグネイト社調査 2012年~2019年)」の会社で、東証1部上場のGMOインターネットグループの子会社です。



    東証1部上場企業のグループ企業で、さらにFXでも圧倒的な知名度と人気を誇る会社なので、信頼性という点でも非常に強い会社です。



    ただ、GMOクリック証券のCFDはそういう「知名度」だけではなく、実際の取引口座としても非常にスペックが高いことで人気となっております。



    GMOクリック証券CFDの長所(強み)





    GMOクリック証券のCFDの強みとしては、大きく

  • 取扱い銘柄が豊富

  • 手数料無料でスプレッドも最狭水準

  • 取引単位が小さく少額からも投資可能

  • マイナススワップや金利コストがない(一部あるものもある)


  • という4点があります。



    まず、ぱっと分かりやすいように、日本国内でCFDの取扱いがある主要な会社の取引条件を一覧でご覧ください。



    取扱い銘柄取引手数料スプレッド取引単位
    (日経225)
    マイナススワップ、
    金利コスト
    配当
    GMOクリック証券株価指数、商品、個別株無料非常に狭い0.1なし※なし※
    IG証券株価指数、商品、個別株無料狭い1ありあり
    IG証券(ノックアウトオプション)株価指数、商品無料狭い1ありあり
    DMM CFD株価指数、商品無料狭い0.1ありなし
    くりっく株365株価指数147円~広め1ありあり


    ※:ETFや金、銀等発生するものもあります



    このように、単純なスペックとして非常に良いのが特徴です。以下、それぞれ具体的に解説します。



    【期間限定で非常にお得なキャンペーンも実施中!】

    GMOクリック証券CFD



    GMOクリック証券CFDは取扱い銘柄が豊富





    GMOクリック証券では、株価指数、金や原油、銀、天然ガス、コーンなどの商品CFD、米国VI(VIX連動)、さらにはAmazonやApple、テスラ等の個別株もあります。



    CFDでここまで取扱い銘柄が多い会社は非常に珍しく、この「何にでも投資できる」という点がまずGMOクリック証券の魅力です。



    GMOクリック証券CFDは取引手数料無料、スプレッドもほぼ全てでトップ





    GMOクリック証券のCFDは手数料が無料で、また、スプレッドもトップクラスです。



    日経225ダウ原油
    GMOクリック証券330.40.03
    IG証券7~302.4-9.80.30.06
    IG証券(ノックアウトオプション)7~302.4~9.80.32.8
    DMM CFD731.20.039
    くりっく株3657.89.7なしなし


    ※単位はpipsで、スプレッドの数値は調査時点のもの



    CFDの場合、FXのように原則固定スプレッドではなく、ある程度は変動しますが、GMOクリック証券のCFDについては、大体いつ見てもこの水準近辺で推移しており、非常にスプレッドが狭くなっております。



    GMOクリック証券CFDは日経平均やダウの取引単位が0.1で、少額から投資可能





    GMOクリック証券の魅力は、取引単位が小さく、少額からでも投資可能という点があります。



    IG証券やくりっく株365では日経225やダウについて1単位(日経はレート×100、ダウはレート×ドル円レート)で、大体200万円は超えているものですが、GMOクリック証券では、その10分の1から投資可能です。



    ダウや日経を1単位持つのは、金額そのものの大きさや、ボラティリティも考えると、実はかなり大きな単位なのですが(例えば日経が1000円下げれば10万円マイナスですが、何かショックがあった時には1日で1000円くらい下げることも全然ある)、それを10分の1単位で取引出来るという点は、かなり大きなメリットと言えます。



    GMOクリック証券CFDはマイナススワップや金利コストがない





    GMOクリック証券では、株価指数CFDやVI、原油等では、金利調整やマイナススワップが発生しません(ただし、金や銀、ETF株式CFDなどでは発生します)



    その分は価格調整である程度調整はされるのですが、「日々スワップでマイナスになる」ということがない点が見ていて気楽です(価格調整については後でもう少し詳しく説明します)



    また、価格調整は売り買い同額で、そこでサヤが抜かれていない分、普通に「売りも買いもどちらもマイナススワップ」みたいなところよりは最終的に得になります。



    このように、GMOクリック証券のCFDの強みとしては、大きく

  • 取扱い銘柄が豊富

  • 手数料無料でスプレッドも最狭水準

  • 取引単位が小さく少額からも投資可能

  • マイナススワップや金利コストがない(一部あるものもある)


  • という4点があります。



    GMOクリック証券CFDの短所(デメリット)





    では、逆にGMOクリック証券のCFDのデメリットについても解説したいと思います。大きく2つで、

  • 証拠金やロスカットルールが独特

  • 価格調整という仕組みが分かりにくい


  • という点があります。



    GMOクリック証券CFDは証拠金やロスカットルールが独特





    GMOクリック証券のCFDでは、ポジションを持った瞬間にロスカットレートが自動で設定されます。



    例えば、今試しにダウを売ってみると、こんな感じになりました。



    gmocfd1-min.jpg



    そして、このロスカットレートを変えたければ、証拠金を積み増す必要があります。



    gmocfd2-min.jpg



    gmocfd3-min.jpg




    この積み増す金額は、大体「元々のロスカットレートから、その変更後のロスカットレートまで行った時に増える含み損の金額」とほぼ一致しており、つまり実質的にこのロスカットレートを下げる分についてはレバレッジ1倍での証拠金になっているということで、ロスカットレートを下げる場合、レバレッジもその分かかりづらくなるということです。



    gmocfd4-min.jpg



    このように、ロスカットレートを下げるには拘束証拠金を増やさなければならないという独特な計算ルールがあります。



    また、さらにこれも独特な仕組みなのですが、今の証拠金からこの拘束証拠金額と含み損の金額を引いたものが取引余力(新規にポジションを建てられる資金)になるのですが、ここで注意が必要なのは、今の証拠金-拘束証拠金-含み損の「含み損」の部分で、ロスカットレートを下げていた場合、拘束証拠金の中に含み損が既に入っている以上、含み損がダブルカウントされて、取引余力が小さくなりやすい(時にマイナスになることも)ということがあります。



    これは言葉で説明するとややこしいので、図解するとこんな感じです。



    gmo shouko-min



    このように、含み損が2重にカウントされるので、取引余力が小さくなりやすく、時によってはマイナスになることもあります。



    取引余力がマイナスになっても今持っているポジションがロスカットされることはないのですが、それでも新規でポジションを建てられなくなると、せっかく下がっているのに買い増せない(あるいは上がっているのに売り増せない)ということになりかねません。



    ただ実は、これについては、「含み損が2重に計上される」ことが原因なので、

    含み損が大きいポジションを一旦損切→新規で同じポジションを持つ

    ということをすれば解消し、これをやると

  • ロスカットしたのと同じポジションを持ち直すので、実質的にはスプレッド分損しただけで変化がない

  • また含み損が実現損になったので、税金的にも利益をマイナスできて得


  • という点で、実はあまり問題はないのですが、ただ、なんとなく「一回ロスカットする」というのが精神的に嫌だという人にとっては、ここはデメリットかもしれません。



    ただ、実際のところ、上で書いたように経済実態としては変わらず、税務的にはむしろ有利なので、個人的にはあまり気にせずに「ポジション持ち直し」としてやってます。



    GMOクリック証券CFDは価格調整という仕組みが分かりにくい





    GMOクリック証券のCFDでは、株価指数や原油等について、「価格調整」という仕組みがあります。これについては、正直分からなくてもそこまで大きな問題にはならないかと思いますが、気になる人もいると思うので解説します。



    ただ、かなりややこしい話なので、読んでも分からなければ最後の結論部分以外は忘れてもらっても大丈夫です(笑



    この価格調整というのは先物の限月の乗換による価格差の調整で、例えば原油だと、執筆時点で2020/9限月は40.89、2020/10限月は41.15、2020/11限月は41.43となっており、限月が先のもの程レートが高くなっております。



    これは、限月が近い(=受け渡しが近い)ものほど金利や保管コストがかからずに済むことから発生するもので、この限月の乗換の際にレートが入れ替わることになります(株価指数だと配当等も影響します)



    そして、例えば原油の買いポジションを持っているとして、今この瞬間に、参照する原油のレートが9月限月から10月限月に切り替わる場合、切り替えただけで40.89→41.15ドルで0.26ドル程原油価格が上がることになりますが、実態としては原油価格そのものが上がるわけではないので、この0.26ドルの上昇を取り消すように含み益を減らすのが価格調整です。



    この価格調整について「価格調整期間をまたぐと含み損益が変わる」と思っている人も多いですが、実はこれは勘違いで、価格調整が起こったら、その分持っているポジションの含み損益も増減するので、結果としては価格調整の影響で含み損益は変わらないことになります。(例えば買いポジションを持っていて、価格調整でレートが上がっても、その増加分は含み益からマイナスされて、結果相殺される)



    ただし、価格調整で変わったレートも、例えば限月調整で上がった場合、次の期限が近づいてくるにつれて段々レートが下がって行くことから、結果として最終的には含み損益に反映される・・・・という、なかなかややこしいものだったりします(笑



    つまりまとめると、

  • 価格調整の発生する原因は先物の限月の違いによるレートの違い

  • 限月の違いでレートが違うのは、金利や保管コスト等の違い

  • 価格調整はその瞬間に含み損益は変わらないが、限月が近づくにつれてレートが落ちることで、最終的には損益に反映される


  • ということで、最終的には金利や保管コスト、配当等も結果的には反映されるのですが、ただ、GMOクリック証券では、価格調整が売りと買いで同額であり、そこでサヤ抜きされていないので、その点が「買いでも売りでもどちらでもマイナススワップがかかる」というような会社と比べると、結果として有利となります。



    以上のように、GMOクリック証券のCFDの欠点は、「ロスカットルールや価格調整など、独特の仕組みがあって、知らない人が面食らうことがある」という点が大きいかなと思います。



    結論:GMOクリック証券CFDは非常におすすめできる会社です





    以上のように、GMOクリック証券は、


    【長所】

  • 取扱い銘柄が豊富で割と何でも取引できる

  • 取引手数料無料、スプレッドもほとんど全てで業界トップで、コストが安い

  • 日経平均やダウに0.1単位で投資可能で少額投資可能(他の会社は1単位が多い)

  • マイナススワップ、金利コストのような保有コストがかからない(ただし、後述するように価格調整というものがあります)


  • 【短所】

  • 維持証拠金とロスカットルールに癖がある(ただし、実は回避策がある)

  • 価格調整という仕組みが分かりづらい(後で解説します)



  • というように、何でも取引できて、さらに基本的なスペックが非常に高いというのが最大の魅力で、一方で、証拠金やロスカットルール、さらには価格調整というのが分かりづらいというのが短所としてあります。



    ただ、こうした短所は、

  • 維持証拠金やロスカットルールは、自分で一旦ロスカットしてポジションを持ち直せば解消する

  • 価格調整については、仕組みとしてはややこしいが、結局は金利コストや保管コスト、配当等が総合的に反映されたもので、また売り買いが同額でそこで中抜きされていないので、結果として「売り買いどちらもマイナススワップ」というところよりは良い


  • という点で、十分カバー可能だと考えており、その点で十分おすすめできる会社だと考えております。



    このGMOクリック証券については、今期間限定で、はじめて商品CFDと証券CFD取引を1回以上行った人に、2,000円プレゼントというキャンペーンをやっていて、非常にお得なので、もしまだ口座を持っていない人はこの機会に是非どうぞ。



    GMOクリック証券のCFDは取引単位も小さいので、「まずはお試し」という気持ちでの最小ロットのトレードも対象になり、それを合計たった2回の取引で2,000円くれるという非常にお得なもので、正直自分が対象外なのが悲しいレベルです(笑



    とはいえ、今まだ口座を持っていない人は当然対象になるので、興味があれば是非この機会にどうぞ。



    口座開設は

    GMOクリック証券(CFD)
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。


    LINE FXの評判 | キャンペーンが凄い!スプレッド、スワップも良くおすすめ

    2020年07月23日 12:08

    LINE FXの キャンペーンが凄すぎる! 長所、短所も 含めて解説-min



    実は今LINE FXでとてつもなくお得な期間限定&先着限定キャンペーンをやっており、まだ口座を持っていない人にとっては絶対に貰った方が良いレベルなので、それを紹介したいと思います。



    LINE FXは今新規口座開設をすると、先着40,000人限定で、たった1取引で5,000円のキャッシュバックが貰えるという、凄まじいことになっています。



    linefx-min.png



    また、LINE FX自体もスプレッド、スワップポイントともにトップレベルに高く、また、10/3までのスプレッド縮小キャンペーンで、スプレッドが「トップレベル」から「トップ」になっているものも多くあるので、LINE FXの長所、短所含めて徹底的に解説したいと思います。



    このLINE FXのキャンペーン付の口座開設は、以下からできるので、まだ持っていない人はこの機会にぜひどうぞ。



    口座開設は


    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。


    以下の順番で書いていきます。



  • LINE FXとはどういう会社?

  • LINE FXの特徴 手数料、スプレッド、スワップポイント、取引単位

  • LINE FXの長所(強み)

  •   LINE FXは今期間限定でやっているキャンペーンが凄まじい

      LINE FXは取引手数料無料でスプレッドが業界最狭水準

      LINE FXはスワップポイントも高い

  • LINE FXの短所(デメリット)

  •   LINE FXはFXとしては歴史が浅い

      LINE FXは取引単位が1万通貨単位

      LINE FXは取扱い通貨ペア数が少ない(メキシコペソや豪ドル/NZドルがない)

  • LINE FXはこういう人におすすめです




  • LINE FXとはどういう会社?





    LINE FXは、株式会社LINE証券が運営するFXサービスで、このLINE証券というのは、あの無料通話アプリで有名なLINEと、野村ホールディングスが手を組んで設立した証券会社です。



    この会社がFXサービスの提供をはじめたのは2020年に入ってからなのですが、親会社がLINEならではの分かりやすく使いやすいスマホアプリと、経済指標や相場変動時の通知機能で人気の会社です。



    また、野村ホールディングスとも提携しているだけあって、FXの基本的なスペックも決して低くなく、むしろ高い部類に入るような会社です。



    LINE FXの特徴 手数料、スプレッド、スワップポイント、取引単位





    LINE FXでは、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、ランド円、トルコリラ円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル、豪ドル/ドルの10通貨ペアの取引が可能で、そのスプレッド、スワップポイントは以下のようになっております。



    スプレッドスワップポイント売りスワップ
    ドル円0.213-16
    ユーロ円0.3-1913
    ポンド円0.63-9
    豪ドル円0.44-7
    NZドル円0.96-9
    ランド円0.87-14
    トルコリラ円1.531-38
    ユーロ/ドル0.3-0.270.24
    ポンド/ドル0.6-0.110.08
    豪ドル/ドル0.4-0.040.01


    数字は7/16時点のもの。なおスプレッドは原則固定で、単位はクロス円は銭でそれ以外はpips、スワップポイントは調査日時点の1日付与額です。



    このスプレッド、スワップポイントについては、後で詳しく比較しますが、どれもトップレベルであり、特にスプレッドについては、10/3までのキャンペーンで縮小していることもあり、「トップレベル」ではなく、本当に「トップ」になっている通貨も多くあります



    実はサービス開始直後はスプレッドもスワップポイントも「トップレベルではあるものの、トップのものはなく、あまり特徴がない会社なのかな」というのが正直な印象だったのですが、最近はスプレッド、スワップポイント共に相当力を入れてきている感じがあります。



    この辺りは、さすがに日本の金融業界の「雄」である野村ホールディングスが本気を出せば、そりゃ強くもなるか・・・・という感じで、スペックも非常に良くなりました。



    LINE FXの長所(強み)





    LINE FXの強みは、上でも軽く書いたように、

  • 今やっているキャンペーンがお得すぎる

  • スプレッドが普通にトップの物が多い

  • スワップポイントも良い


  • というように、シンプルなスペックの良さと、キャンペーンの凄まじさが武器と言えます。



    LINE FXは今期間限定でやっているキャンペーンが凄まじい





    LINE FXでは、LINE証券1周年記念として、今期間限定でLINE FX新規口座開設+1取引だけで5,000円キャッシュバックとかいう、凄まじいキャンペーンをやっています。



    linefx-min.png



    これは、例えばドル円のスプレッドは0.2銭なので、ポジションを持ってすぐ決済したら大体20円の損になりますが、たったそれだけで5,000円貰えるということで、はっきり言って破格のものです。



    このキャンペーンは8/31までの期間限定ですが、それ以外にも「先着40,000名」という縛りもあるので、まだ口座を持っていない人は今すぐ口座開設をするのがおすすめです(実際これと似たキャンペーンを以前にやっていた時は、期間終了を待たずにキャンペーンが終わりました)



    このキャンペーン付の口座開設は、以下からできるので、まだ持っていない人はこの機会にぜひどうぞ(もちろん口座開設や口座維持手数料は無料です)



    口座開設は


    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    LINE FXは取引手数料無料でスプレッドが業界最狭水準





    LINE FXは、取引手数料、口座開設手数料、口座維持手数料が無料で、取引コストはスプレッドとなりますが、このスプレッドが、トップレベルに狭くなっております。実際、FX他のFX会社とスプレッドを比較すると、以下のようになります。



    会社名ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円ユーロ
    米ドル
    ポンド
    米ドル
    LINE FX0.20.30.60.40.90.81.50.30.6
    みんなのFX0.20.40.80.610.91.60.30.7
    Light FX0.20.40.80.610.91.60.30.7
    セントラル短資FX0.20.40.90.50.90.91.70.30.8
    アイネット証券235467723
    DMM FX0.20.510.71.21×0.41
    外為オンライン(店頭)1233615613
    外為オンライン(くりっく365)変動変動変動変動変動変動変動変動変動
    マネーパートナーズ0.30.40.90.61.211.90.30.8
    JFX株式会社0.20.510.710.91.60.40.8
    ヒロセ通商0.20.510.710.91.60.40.8
    岡三オンライン証券(ラージ)平均0.51平均0.92平均2.27平均1.26×××1.23×
    IG証券0.20.510.7変動変動変動0.41
    IG証券(ノックアウト・オプション)0.61.121.334変動0.61.5


    ※スプレッドは原則固定で、単位はクロス円は銭、それ以外はpips



    このように、スプレッドもトップとなり、取引コストで選ぶならLINE FXと言える状態になりました。



    LINE FXはスワップポイントも高い





    LINE FXはスワップポイントについてもトップクラスで、スワップ投資で人気の通貨について比較すると以下のようになります。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラ
    LINE FX13467031
    アイネット証券10337030
    FXプライムbyGMO5117020
    セントラル短資FX1000105
    Light FX10326130
    外為オンライン(くりっく365)18236950
    外為オンライン(店頭)5005045
    IG証券-4-674052
    みんなのFX10326130
    ヒロセ通商2336025
    JFX株式会社2336025
    GMOクリック証券【FXネオ】10336028
    インヴァスト証券(トライオート)4112020
    マネーパートナーズ2011010
    DMM FX92360なし
    インヴァスト証券(シストレ24)-40-35-400なし




    このように、トップのものもちらほらあり、それ以外でもトップレベルは維持しているというように、スワップポイントも高い会社です。



    LINE FXの短所(デメリット)





    では、逆にLINE FXの短所(デメリット)としてどういう点があるのかを次に説明します。



    大きく3つで、

  • FX会社としての歴史が浅い

  • 取引単位が1万通貨

  • 取扱い通貨ペア数が少ない


  • ということがあります。



    LINE FXはFXとしては歴史が浅い





    まず1つめの短所としては、FX会社としての歴史が浅く、例えば「相場急変時にどこまで対応できるか」とか、「約定力がどうか」といった点が未知数な面はあります。



    また、サービス開始当初はスプレッド、スワップポイントも「悪くはないが、トップではない」という状態で、「いまいちどういう層を狙ってるのか分からない商品設計だな」と思うこともありました。



    ただ、最近は上でも書いたようにスプレッド、スワップポイントを大きく改善してきたことや、また、運営会社の出資元があの野村ホールディングスであることを考えると、こうした点はどんどん改善されていくものと思われます。



    LINE FXは取引単位が1万通貨単位





    LINE FXの弱点の一つが、「比較的初心者向けにアピールしながら、取引単位が1万通貨」という点があります。



    今時は多くのFX会社が1,000通貨取引が可能な中で、1万通貨しかできないというのは弱点ではあるかなと思います。



    ただし、ある程度短期トレードであれば、逆に1万通貨くらいは持たないと利益も出ないですし、FXの醍醐味であるレバレッジを考えれば、10万円もあればどの通貨もトレードはできるので、スプレッドの狭さを活かして短期トレードをする場合には特に問題にはならないかなと思います。



    LINE FXは取扱い通貨ペア数が少ない(メキシコペソや豪ドル/NZドルがない)





    LINE FXの取扱い通貨ペア数は10通貨ペアで、ドルやユーロ、ポンド等、主要な通貨ペアは抑えられているものの、例えば高金利通貨で人気のメキシコペソや、個人的に一押しの最強レンジ通貨豪ドル/NZドルは取引できません



    ・・・・この点は、こうした通貨ペアをトレードしない人にとっては何の問題もないでしょうが、個人的にはお気に入りの通貨ペアが入っていないということでマイナスポイントでした(笑



    LINE FXの口コミ・評判 LINE FXはこういう人におすすめです





    以上がLINE FXの強み、弱みでした。



    もう一度まとめると、

    【強み】

  • 今の期間限定キャンペーンが凄まじくお得(あっさり5,000円貰える)

  • スプレッドがトップクラスというかトップのものが多い

  • スワップポイントもトップクラス


  • 【弱み】

  • FX会社としての歴史が浅い

  • 取引単位が1万通貨

  • 取扱い通貨ペア数が少ない


  • という感じで、どちらかといえば、ドルやユーロ、ポンドなどを短期でトレードするのに向いている口座だと言えます。



    実際に使っている人の口コミを見ても、スキャルピングで評価している人や、使いやすさを評価している人が多かったです。















    LINE FXについては、上でも書いたように、今1取引で5,000円が貰えるというとてつもないキャンペーンをやっているので、まずは気軽にこれを貰うために軽く使ってみるといいのではないかと思います。



    このLINE FXのキャンペーンは、先着40,000名と人数限定なので、口座開設は今すぐがおすすめです。キャンペーン付の口座開設は以下からできるので、まだ持っていない人はこの機会にぜひどうぞ。



    口座開設は


    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    FXおすすめ会社10選 | スプレッド、スワップポイント、自動売買比較2020年

    2020年07月20日 14:52

    30manyen.png



    FX会社をおすすめの会社に変えただけで30万円も利益が増えた!?




    FXでは「どのように取引するか」と同じかそれ以上に「どこで取引するか」が大事だと言われますが、実際に会社の選び方によって何十万円と利益に差が出ることはありえます。



    そこで今回は、何故そこまで大きな差が出るのかということと、FX会社の選び方のポイントを説明し、最後にFX業者を比較して、おすすめのFX業者を紹介します。



    筆者は、FX暦11年、現在9年連続でFX収益黒字達成中で、現在も700万円以上を公開運用している現役トレーダーですが、実際に使ってみた感想や、周りの専業トレーダーの意見なども踏まえて、本当におすすめできるFX会社を説明します。



    下では10社紹介しておりますが、その中でも、特にここは絶対に持っておくべきという4社はこちらです。






    セントラルミラートレーダー

    メキシコペソ買いと短期トレードで最強

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • 最狭水準のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • アイネット証券

    自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 管理人の公開運用設定でも、利回り40%以上の戦略もあり
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ノックアウト・オプション+ズロチユーロサヤ取り

  • ノックアウト・オプションという、この会社でしか扱いのない金融商品がとにかく凄い
  • ズロチユーロサヤ取りという最近人気の手法をするのに一番おすすめ
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • LINE証券

    超お得なキャンペーン+高いスペックでおすすめ

  • 期間限定、先着40,000人限定で1取引で5,000円キャッシュバック!
  • スプレッドは業界トップレベル
  • 10/3までスプレッド縮小キャンペーン実施中
  • スワップポイントも高めの水準
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 豪ドル/NZドル、ズロチユーロという管理人おすすめの通貨ペアで条件トップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定3,000円の特別キャッシュバック
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりスプレッドはどの通貨も最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック




  • それでは、まず大前提として、何故FX会社選びが非常に重要なのか、その理由を説明します。



    FX会社の選び方によって利益額が違うのは何故?





    FXの利益の出し方は、大きく


  • 買った時より高く売る(あるいは売った時より高く買う)ことによる為替差益

  • 通貨ペア同士の金利差に相当するスワップをもらうことによる利益



  • に分けられますが、このどちらのやり方を選ぶにしても、FX業者によって、全く同じ取引をしても数万、数十万円単位で利益に差が出ることがあります。



    それは何故かというと、「取引コスト(=手数料+スプレッド)」も「スワップポイント」も業者によって大きく異なってくるためです。具体的に数字を使いながら見ていきましょう。



    まず取引コストについて、FXでは、取引手数料は今は大体無料なんですが、それ以外に「スプレッド」というものがあります。これは買う時と売る時の差のことで例えばドルは100円で買えて、99円で売れるということです。この場合、買った直後に売ると、1円分損になります(1万通貨なら1万円の差)



    今どき1円もスプレッドのあるところなんてありませんが(笑)わかりやすい例としてこの数字であげました。今どきはスプレッドは少ないところで0.1銭程度で、多いところで2銭とかです。



    では、ここで具体的な数字を使って考えてみましょう。例えば、スプレッドが1銭(0.01円)違うとどうなるでしょうか?



    この場合、1万通貨取引を行えば100円の差に、10万通貨取引を行えば1,000円の差になります。この時点で既に高いお昼ごはん1回分の差になっているのですが、これが年間累積していくとどうなるでしょうか?



    1日1回、10万通貨で取引を行うというのでは、年間約240日取引可能な期間があるので、なんと1年で24万円もの差になります。



    そして、短期トレードでは基本的にレバレッジを高く設定し(=多くの通貨単位で行う)、かつ、何度の取引を行うため、実際にはこれ以上の差になる可能性も十分にあります。



    このように、たった1銭違うだけでも莫大な影響があるスプレッドですが、通貨ペアによっては10銭単位でスプレッドに差があることもざらであり、その場合スプレッドだけで何十万円と損することになります。



    また、仮に0.1銭の差でも、積もっていけば数万円、数十万円の差になっていくので、少しでもスプレッドの安いところを選ぶべきです。



    次に、スプレッドだけではなく、スワップの金額も、業者によって大きく異なります



    例えば、高金利通貨として人気の高い通貨ペアについていくつか例示すると、



    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ
    ユーロ
    高い会社6626231604412061.9
    低い会社10-30-10010700
    差額565633160345061.9
    年額20,44020,44012,04558,40012,41018,25022,594




    これを見てもらうと分かるように、大きな差が出てきます(南アフリカランドとメキシコペソは、1通貨10円以内と非常に少額で、10万通貨単位から取引できる会社が多いので、この2つだけ10万通貨単位で表現しました)



    このように、FX会社の選び方によって、為替差益を狙うにしても、スワップを狙った長期投資でも、どちらにしてもかなり大きく利益に差が出てきます。



    また、こうしたスプレッドやスワップ以外の大きな要素として、自動売買によって取引機会を逃さないということも考えられます。



    FXでは一瞬値が動いてすぐに戻すということはよくありますが、そこで例えば50銭ごとに自動で売買する設定を入れておけば、その間何をしていようとも5,000円の利益が入ってきて、これが年間10回あれば5万円、20回あれば10万円の利益の差になります。



    FXでは、一番値動きが激しいのはニューヨーク時間であり、それは日本では深夜から早朝というように、多くの人が寝ている時間なので、その間に値動きをしても、きちんと利益を上げてくれる、というのが自動売買の大きなメリットです。



    こうした自動売買についても、対応しているか、また対応していてもどういったものかというのも千差万別であり、そのため、FXでの業者選びというのは、色々な視点から検討する必要があります。



    FX会社の選び方について





    では、どのFX会社を選べばいいのかという、選び方について解説したいと思います。



    まず、「どんな取引の仕方でもベストな条件を提示してくれる会社」なんてものはありません



    会社によって、スプレッドが狭くて短期売買に強い会社もあれば、スワップが高い会社もあり、取引単位が非常に細かく決められる会社もあれば、自動売買に強い会社もあれば、ツールが使いやすい会社もあれば、サポートが手厚い会社もあるなど、色々な会社があります。



    また、取引ツールについても、「合う合わない」「見やすい見やすくない」は人によって好みが大きく異なる部分ですが、こういうちょっとした使いやすさによって、トレード成績は大きく変わってきます。



    なので、自分が「どういう点を重視したいのか」ということによって、本当に選ぶべき会社は異なってきます。



    当サイトでは、「この会社の強みは何か」というように、「どういう場合におすすめなのか」ということを書いていきます。なので、最後まで読んでいただいて、その中で「自分はこういう点を重視したい!」というような形で選んでもらえるといいのではないかと思っております。また、どこがあう、あわないは使ってみないと分からない部分が大きいので、色々な口座を開設した上で、使い比べてみるのがおすすめです(当サイトで紹介しているすべてのFX会社は、口座開設手数料は一切かからず、口座を持ってみるだけなら完全無料です)



    今回の記事では、50社以上の会社をすべて比較した上で、特におすすめの会社10社を紹介したいと思います。



    FXおすすめ業者比較2020年7月




    それでは、今月のおすすめ業者を紹介します。




    セントラルミラートレーダー

    メキシコペソ買いと短期トレードで最強

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • 最狭水準のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • アイネット証券

    自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 管理人の公開運用設定でも、利回り40%以上の戦略もあり
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ノックアウト・オプション+ズロチユーロサヤ取り

  • ノックアウト・オプションという、この会社でしか扱いのない金融商品がとにかく凄い
  • ズロチユーロサヤ取りという最近人気の手法をするのに一番おすすめ
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • LINE証券

    超お得なキャンペーン+高いスペックでおすすめ

  • 期間限定、先着40,000人限定で1取引で5,000円キャッシュバック!
  • スプレッドは業界トップレベル
  • 10/3までスプレッド縮小キャンペーン実施中
  • スワップポイントも高めの水準
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 豪ドル/NZドル、ズロチユーロという管理人おすすめの通貨ペアで条件トップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定3,000円の特別キャッシュバック
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりスプレッドはどの通貨も最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • DMM FXは初心者向け

    DMM.com証券全体で国内FX口座数No1

  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位!(※)
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 当サイト限定で4,000円特別キャッシュバックがもらえる!
  • FXプライムbyGMO

    億トレーダーも認めた本当に使える口座

  • スプレッドは、トップクラスではない
  • にも関わらず、億トレーダーが実際に多く使っている
  • その理由は、完全約定
  • 1,000通貨単位でも取引可能!
  • 当サイト限定3,000円のキャッシュバック
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    忙しいあなたにおすすめ

  • 800万円稼いだ戦略も!24時間全自動売買、iサイクル注文!
  • 満足度98%のセミナーで初心者にもおすすめ
  • 1,000通貨単位で取引可能!(店頭口座)
  • 現在50万口座達成キャンペーン実施中
  • 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

    業界最狭水準スプレッドで自動売買を!

  • 自動売買で取引コスト圧倒的最安値
  • 自動売買である連続予約注文も手数料無料
  • スプレッドも業界最狭水準
  • 100通貨単位で取引可能!

  • ※  2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ (2019年1月口座数調査報告書)
    ※2 ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)



    セントラル短資FX





    セントラル短資FXは、短資会社(金融機関同士の短期の貸借の仲介をする会社)として100年以上の歴史を誇る信頼性の高さで人気の一方、ちょっと前までは「そこまで突出した強みもなく、安定志向の人向け」の会社だったのですが、最近は、



  • 最近人気のメキシコペソで一番おすすめ

  • 短期トレード向けの通貨ペアでスプレッド最狭レベル

  • スプレッド提示率も圧倒的に高く、スキャルピングもOK

  • ドル円、トルコリラ、南アフリカランドのマイナススワップが一番安く、スプレッドも狭く、売りで使いやすい




  • というように、スペックも非常に高くなりました。



    ここのメキシコペソ円は、


  • スワップポイントがトップクラスに高い

  • 1,000通貨取引可能なため1万円以内からの少額投資もできる

  • スプレッドも原則固定の会社の中で一番狭い



  • と三拍子そろっており、メキシコペソでは一番おすすめです。



    また、スキャルピング向けの通貨でスプレッドがトップクラスであり、かつ、スプレッド提示率が99%超と比較対象会社の中で高く、レートの信頼性という点で評価できる会社です。また、ドル円以外の通貨ペアについても、ほとんどの通貨ペアで99%台後半の提示率となっており、まさに「原則固定」の名に恥じぬスプレッドと言えます。



    さらに、当サイト限定・期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)



    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    アイネット証券





    アイネット証券は、ループイフダンという自動売買が使える点がおすすめです。



    ループイフダンというのは、はじめに通貨ペアと売買の方向と通貨量、値幅、最大本数を設定したら後は全部自動で売買してくれるという自動売買で、取引のイメージとしては以下のような感じです。



    loop.png



    このように、ループイフダンというのは、かなり簡単にできる自動売買で、初心者からも人気の高いものです。



    また、初心者でも簡単にできるという以外にも、


  • 自動売買なのに手数料無料スプレッドも最安値水準と、コストが安い

  • 高金利通貨のスワップポイントは、自動売買じゃないところを含めても最高レベル

  • 1,000通貨単位の取引も手数料無料でできる

  • 豪ドル/NZドル、トルコリラといった、自動売買でやりやすい通貨ペアの条件が良い



  • といったことから、使い勝手が良く、実際に管理人も、今時点で300万円以上公開運用しております。

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧



    私の公開ポジションは、

  • 豪ドル/NZドルのハイリスク・ハイリターン狙い:利回り40%目標で、現在40%ペース

  • 豪ドル/NZドルのローリスク・ローリターン狙い:利回り10%目標で、現在10%ペース

  • トルコリラ11.66円まで耐える戦略:利回り20%目標で、現在20%ペース


  • と順調に運用出来ており、おすすめです。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、もれなく3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    IG証券





    IG証券は、ノックアウト・オプションという非常に面白い金融商品を取引可能な会社で、これが、スキャルピング等の短期トレードに最適であるという点も強みとしてあります。



    このノックアウト・オプションは、その名のとおりオプションのひとつなので、基本的にはFXとは違うものなのですが、

  • FXのように、為替の動きの上下で利益を取り、また、利確・損切のタイミングも自由であり、FXやCFDに近いイメージ、感覚で取引できる

  • FXと比べて資金効率が非常に良い(ドル円1万通貨購入に最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウト・オプションなら最低2,000円以下のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる)

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、FXでいうスリッページ、窓開けの影響は一切なく、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%


  • という特徴がある商品です。



    FXだと、大口で運用するためには、多額の資金が必要(例えば100万ドル運用するには、FXだと400万円以上必要)で、しかも相場が想定外に大きく動いてロスカットが間に合わなければ、とてつもない損失が出て、状況次第では追証というリスクもあります。



    それに対して、ノックアウト・オプションでは、100万ドル運用でも、オプション購入金額は20万円以内から可能で、リスクもそのオプション購入金額に限定され、絶対に追証がありえず、その点で、大口を短時間運用するスキャルピングにはぴったりの金融商品といえます。



    こうした特徴から、特に

  • 億トレーダーや専業トレーダーの方

  • リスクを抑えつつ、大口で運用したい人

  • 元々海外FXでハイレバレッジや、ゼロカットでトレードしていた人


  • を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウト・オプションで、そういう意味で、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買にも最適な金融商品です。



    この会社は、他にもズロチユーロサヤ取りという、

  • ズロチとユーロの値動きは非常に良く似ている

  • ズロチは高金利

  • ユーロは低金利


  • ということで、ズロチを買って、ユーロを売ると、為替リスクを抑えながらスワップポイントを貰える手法をやる上で一番おすすめの会社でもあります。



    この「ズロチ買い、ユーロ売り」というのは、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りか、EUR/PLNという通貨ペアの売りでできるのですが、IG証券は、かなり珍しい通貨ペアであるEUR/PLNの取扱いがあり、しかもそのスワップも、ズロチ円・ユーロ売りの会社と比べても高いという会社です。



    ズロチ円の買い、ユーロ円の売りと比べて、「EUR/PLNの売り」だと、

  • 指値注文でのエントリー、決済ができるので、条件が良い(EUR/PLNが高い)ところに指値注文を入れて、あとは放置できる

  • ズロチ円買い、ユーロ円売りだと2つの通貨ペア分の証拠金が必要なのに対し、EUR/PLNでは1つ分で済むため、同じ資金でもロスカットされにくい


  • というメリットもあるので、ズロチユーロサヤ取りだと、今はここが一番おすすめです。

    関連記事:【実績利回り27%】ズロチ・ユーロサヤ取り運用実績



    IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で、さらにCFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円と、非常に簡単に1.5万円を貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着150名なので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください

    IG証券 キャンペーンページ



    LINE FX





    LINE FXは、株式会社LINE証券が運営するFXサービスで、このLINE証券というのは、あの無料通話アプリで有名なLINEと、野村ホールディングスが手を組んで設立した証券会社です。



    この会社がFXサービスの提供をはじめたのは2020年に入ってからなのですが、親会社がLINEならではの分かりやすく使いやすいスマホアプリと、経済指標や相場変動時の通知機能で人気の会社です。



    また、野村ホールディングスとも提携しているだけあって、FXの基本的なスペックも相当高く、スプレッド、スワップポイントもトップレベルの水準にあります。特にスプレッドについては、10/3まで縮小キャンペーンをやっているため、単独トップのものも多くある状態です。



    さらにLINE FXは今新規口座開設をすると、先着40,000人限定で、たった1取引で5,000円のキャッシュバックが貰えるという、凄まじいことをやっており、この点で、まだ口座を持っていない人は、今急いで持った方が良いといえます。実際に、前回同じようなキャンペーンがあった時は、期間終了を待たずに人数オーバーで終わりました



    linefx-min.png



    このLINE FXのキャンペーン付の口座開設は、以下からできるので、まだ持っていない人はこの機会にぜひどうぞ。



    口座開設は


    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。



    みんなのFX





    2018年からスプレッド業界最狭水準宣言を行い、スプレッドを狭くしたのがみんなのFXです。



    下で比較表をお見せしますが、みんなのFXは、宣言どおり、現在ほとんどの通貨で業界最狭水準のスプレッドとなっております。



    スプレッドについては、提示率も非常に高く、ドル円について、99%以上の提示率を誇ります。「原則固定」と表記するために必要な提示率が95%で、多くの会社が96~98%台であることを考えると、99.6%という数値は非常に凄い数字であり、シンプルに狭いスプレッドを求める場合、みんなのFXがおすすめです。



    また、みんなのFXは、管理人が今イチオシの通貨ペアである豪ドル/NZドルという通貨ペアでスプレッド、スワップポイントの条件が一番良く、その点でもおすすめです。



    さらに、みんなのFXは、1,000通貨単位での取引も可能であり、少な目の金額から取引したいという場合にもおすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。


    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FX





    Light FXは10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。



    ここは、みんなのFXとスプレッド、スワップ、1,000通貨単位で取引できることが全部同じで、つまり、スプレッドはみんなのFXと同様、ほとんどの通貨ペアで業界最狭水準となっており、スプレッド提示率も99%台と非常に高くなっております。



    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、それは違い、両方持っておくことをおすすめします。その理由を説明します。



    まず、みんなのFXとLight FXは、様々な通貨ペアでスプレッドがトップレベルなだけではなく、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソといった新興国の高金利通貨についてスワップもトップクラスという特徴があり、短期ポジションでも、長期のスワップ投資ポジションでも、どちらでも使いたい口座となっております。



    しかし、では1つの口座で、色々な高金利通貨や、短期トレードのポジションもまとめるとどうなるか、考えてみましょう。



    高金利通貨というのは、値動きのリスクが大きく、また、長期保有前提であれば基本的に「ロスカットされない」ことを前提に、スワップを多く貰えるように組むものですが、そこに短期トレードのポジションを混ぜてしまうと、どちらか片方が想定外に少し大きな損失が出た時に、まとめて全部ロスカットされてしまうという危険があります。



    そのため、こういう長期の高金利通貨のポジションと短期のポジションは分けた方がいいのですが、今回Light FXが出たことによって、例えばみんなのFXは高金利通貨用、Light FXは短期トレード用といったような使い分けが可能になります。



    こうすれば、高金利通貨のポジションがロスカットされても短期トレードには関係ありませんし、逆に短期トレードで損を出しても、高金利通貨のポジションがロスカットされることを心配する必要がなくなります。まさに、「卵は一つのカゴに盛るな」ですね。



    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、また、Light FXは、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設を考えられている方は、当サイトからの申し込みがお得です!



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    DMM FX





    ここは、どの通貨で取引するかまだ決まっていない人におすすめできる会社です。



    後で一覧で比較表をお見せますが、スプレッドについて、この会社は「どの通貨もバランスよくスプレッドが良い」という会社です。



    また、他にも、取引ツールという点でもおすすめです。PC版のチャートでは、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく経済指標の発表時に、どういう事前予想で、結果がどう、その結果がどれくらい値動きをしたかというのが一目でわかるという機能や、あらかじめ設定したレートに到達したときにアラートを鳴らすシステム等、かゆいところに手が届くシステムとなっております。



    過去の指標発表時とその動きが分かれば、今後「どのような指標に注目するべきか」「その事前予想はどうか」等、市場の大きな流れが分かります。こうした「市場の流れ」は短期で取引する場合でも、「大きな流れ」に沿って取引するのがやはり勝率も高いため、非常に重要となります。



    また、取引通信簿という機能もあり、自分の取引はどの通貨でやって、その損益はどうなっているか等を一目でグラフにして見せてくれる機能もあり、自分のトレードを見直す上でも非常に有用です。



    このように、取引ツールが優れているのが一つの強みですが、もう一つの強みは、「サポート体制」です。



    この会社は、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能になっております。



    何かあった時にすぐに気軽に問い合わせができるというのも、この会社の強みとなっており、その結果、DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位となっております。(2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書))



    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、4,000円の当サイト限定キャッシュバックが貰えるので、DMM FXで口座開設をすることを考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。



    口座開設は


    DMM FX
    button2.png


    からできます。



    FXプライムbyGMO





    FXプライムbyGMOは、かなり玄人好みの会社で、特にスキャルピングを中心にトレードする人から人気の会社です。



    スキャルピングについて、FXプライムbyGMOはスプレッドについては、ぱっと見で比べると、他の会社と比べてあまり良い方ではありません。



    しかし、ここはトッププロのFXトレーダーも使っている口座で、その理由としては、約定力とサーバーの強さがよくあげられます。



    例えば、


  • 4年間で2億円以上の利益をあげたジジさん

  • FXで年間1億円超を稼いでいる近藤さん

  • 数億円単位のトレードを繰り返すイケポンさん



  • 等、実際に億単位で運用されている専業トレーダーの方が実際にFXプライムbyGMOで多額のトレードされており、その理由としては、


  • きちんと約定される

  • サーバーが強く、安心感がある



  • といった、単純にスプレッドだけではない強みを評価してのものでした。

    関連記事:勝ち組は何故FXプライムbyGMOを選んだのか?



    このように、FXプライムbyGMOは、「実際に使ってみると非常に良さが分かり、トッププロも使っている」というタイプの口座なので、まだ持っていない人は、是非使ってみてください。



    FXプライムbyGMOは、当サイト限定キャッシュバックとして、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。



    外為オンライン





    ここはiサイクル注文という非常に便利な自動売買ができるため、忙しい人におすすめの会社です。



    iサイクル注文というのは、下がったら買い、上がったら売る(あるいは逆に上がったら売る、下がったら買い)というのを、相場に追随して自動的に取引してくれる注文方法です。



    この注文では、想定している値幅内で値動きがあると、24時間自動で売買して利益を上げてくれるため、「想定幅を大きくとって、値動きの大きい高金利通貨で上がったら利確、下がってもスワップをもらう」というのが基本となります(詳しくは800万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)



    外為オンラインでは、店頭FXとくりっく365の二つの口座があり、どちらでもこのiサイクル注文が使えるのですが、それぞれの特徴を表にまとめると、このような感じです。


    店頭FX くりっく365
    スプレッド 狭くはない 南アフリカランド、トルコリラでトップクラス
    スワップ 若干高い トップレベルに高い
    取引単位
    iサイクル注文 できる できる




    まず店頭FXについては、千通貨単位でも取引できるというのが大きな強みになります。



    iサイクル注文の基本戦略である「想定幅を大きくとって」ということを実施するためには、取引単位が小さくないと必要資金額がかなり大きくなりますが、店頭FX口座では1,000通貨単位で取引ができるので、そういう点では店頭FXがおすすめとなります。



    一方で、くりっく365口座については、公的機関である東京金融取引所運営で信頼背が高く、また高金利通貨についてスワップポイントも高いことから、特に長期投資派の人から人気の口座となっております。



    ただし、くりっく365では1万通貨単位(南アフリカランドは10万通貨単位)でしか取引ができないため、取引単位を小さくしたい場合には、店頭FXがおすすめです。



    そのため、取引単位を小さくしてiサイクル注文で取引したい場合は店頭FX、取引単位を大きくしてもiサイクル注文で取引したい場合や、南アフリカランドやトルコリラを取引したい場合は、くりっく365がおすすめとなります。



    また、それ以外にも、FXとは何かということから、今後の為替の見通しまで、幅広いセミナーを行っており、セミナーの満足度も98%と非常に評判が良く、こうしたセミナーを無料で受講することができる、というのも、この会社の魅力です。



    口座開設は、店頭FX、くりっく365ともに


    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    マネーパートナーズ





    ここは若干玄人向けのツールなのですが、連続予約注文という、「半自動売買」とでも言うべきものが、非常に便利で強力なもので、最近管理人も非常に気に入ってきているところです。



    この連続予約注文というのは、同じ新規注文、決済注文を、最大20回まで繰り返せるというものです。



    nano_repeat_intro02_graph01.png



    このように、普通であれば

  • ①の買い注文+指値で利確注文を入れる

  • ①が決済されたら、②の指値注文+決済注文を入れる

  • ②が決済されたら、③の指値注文+決済注文を入れる


  • というように、何度も入れなおさなければいけないところを、はじめに①を入れる段階で、最大20回まで繰り返す設定にしておけば、

  • ①の連続予約注文を入れて、あとは放置


  • というだけで、①が決済されたら自動で②が、②が決済されたら自動で③が・・・というように、自動売買のように使うことができる注文です。



    ループイフダンやiサイクル注文などの自動売買と比べると、

  • 一つ一つの注文が独立しているので自由度が高く設定できる

  • 手数料が無料で、ドル円0.3銭原則固定など、取引コストが裁量を含めてもトップレベル



  • というメリットがある一方で、


  • 一つ一つ注文を入れないといけないので、手間がかかる

  • また繰り返しの上限が20回という制約があるので、20回になったら再度入れなおさないといけず、これも手間がかかる




  • というように、コストが安い代わりに、手間がかかるというのが、一番の特徴です。



    そのため、


  • とにかくスプレッド・手数料を安く自動売買がしたい(裁量も含めて業界最安値水準)

  • 100通貨単位で、非常に少額から取引したい

  • ループイフダンやトラッキングトレードより細かく設定をしたい

  • 若干手間がかかることを許容できる(操作自体は簡単なのですが、工数は普通の自動売買よりかかり、若干面倒です)


  • という人には、とにかくおすすめできるところです。



    この連続予約注文のメリット・デメリットや、使い方については、以下の記事で詳しく書いているので、興味があればこちらも是非ご覧ください。

    マネーパートナーズ連続予約注文とは?自動売買との違い、設定方法を解説



    この連続予約注文は、マネーパートナーズの口座を持っていれば、誰でも手数料無料で使うことができるものなので、興味があれば是非どうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)



    口座開設は、


    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    FX業者スプレッドの最新比較2020年7月版





    最後に、スプレッドを表でまとめます。くりっく365以外は全て原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロ米ドルのみpipsです(FXプライムbyGMOは例外あり、1回の取引で50万通貨以下の場合)



    会社名スキャル
    歓迎宣言
    ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円メキシコペソ
    ユーロ
    米ドル
    セントラル短資FX0.20.40.90.50.90.91.70.30.3
    アイネット証券×235467772
    IG証券×0.20.510.7変動変動変動変動0.4
    IG証券0.61.121.334変動変動0.6
    LINE FX×0.20.30.60.40.90.81.5×0.3
    みんなのFX×0.20.40.80.610.91.60.30.3
    LIGHT FX×0.20.40.80.610.91.60.30.3
    DMM FX×0.20.510.71.21××0.4
    FXプライムbyGMO0.30.61.10.91.60.94.80.90.6
    外為オンライン(店頭)×1233615611
    外為オンライン(くりっく365)×変動変動変動変動変動変動変動変動変動
    マネーパートナーズ×0.30.40.90.61.211.90.30.3




    となります。



    FX業者スワップポイント・自動売買・取引単位の最新比較一覧2020年7月





    次に、スワップポイントと自動売買、取引単位でFX業者を比較します。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソズロチユーロ自動売買取引単位
    アイネット証券15537020100なし
    FXプライムbyGMO3007023701×
    セントラル短資FX100010570なし×
    外為オンライン(店頭)15515015100なし
    LIGHT FX8446135.17113.6×
    外為オンライン(くりっく365)1423623559-1.9
    みんなのFX84461286013.6×
    IG証券-9-8-105021508×
    ヒロセ通商2346021600×
    JFX株式会社234602160なし×
    GMOクリック証券【FXネオ】823601950なし×
    インヴァスト証券5212020なしなし
    マネーパートナーズ101201030なし
    DMM FX65560なしなしなし×
    インヴァスト証券(シストレ24)-40-30-400なしなしなし




    口座開設は


    【短期トレード+メキシコペソ買いでおすすめ、当サイト限定5,000円+レポート】

    セントラル短資FX
    button2.png



    【利回り40%超も出せる豪ドル/NZドルやトルコリラの自動売買でおすすめ+当サイト限定3,000円Amazonギフト券】

    アイネット証券
    button2.png



    ズロチユーロサヤ取り+ノックアウト・オプション+先着150名限定の超破格キャッシュバックでおすすめ

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    【高いスペック+期間限定の破格のキャッシュバックでおすすめ】

    LINE証券
    application_orange_b_320_100.png



    【スプレッド業界最狭水準+豪ドル/NZドルでおすすめ+3,000円の特別キャッシュバック】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと同じスペックで、トレードスタイルや通貨ペアで使い分けたい+3,000円の特別キャッシュバック】

    LIGHT FX
    button2.png



    【サポートが充実しており、どの通貨の条件も良く、初心者の方におすすめ+4,000円の特別キャッシュバック】

    DMM FX
    button2.png



    【超上級者が認めるスキャルピングでの約定力++3,000円の特別キャッシュバック】

    FXプライムbyGMO
    button2.png



    【iサイクル注文という自動売買+くりっく365の高スワップでおすすめ】

    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png



    【連続予約注文という取引コスト最強の自動売買でおすすめ】

    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    【使いやすいツール+どの通貨ペアもトップレベルの条件でおすすめ】

    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    投資初心者にはIG証券の口座が絶対におすすめな理由

    2020年07月13日 20:12

    IG証券口座を絶対に 持っておくべき理由-min



    コロナショックで相場が大きく動いたことや、最近徐々に株価も新興国通貨も金も上がっていっていることから、投資への関心を持つ人が増えており、例えば定額給付金10万円の使い道として、投資と答えた人が13%もおり、「教養・教育」の10%、「税金」の8%を上回って、全体の中で5位になったという記事もあります。

    給付金10万円使途、13%が「投資」 株価回復に一役? 暴落後ネット口座開設急増



    そんな中で、「投資を始めたいけど、どこの口座を使えばいいか分からない」という人も多いようなので、今回は、私が「絶対に持っておくべき」と思っているIG証券について紹介したいと思います。



    結論から言うと、以下の理由から、投資をする人はとにかくIG証券の口座を持った方がいいと思っています。

  • 取扱い銘柄がとにかく豊富で、「IG証券になければ諦めた方がいい」というレベルだから

  • 少額の資金からでも効率よく投資できるから

  • その上でリスクも抑えた取引も可能だから




  • なお、このIG証券は、現在とてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格のものです。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着なので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。

  • IG証券はどういう会社か?

  • 投資初心者にIG証券口座がおすすめな理由1 銘柄がとにかく豊富

  • 投資初心者にIG証券口座がおすすめな理由2 少額からでも投資可能

  • 投資初心者にIG証券口座がおすすめな理由3 リスクを抑えた取引方法もある




  • IG証券はどういう会社か?





    IG証券はイギリスのロンドンに本拠地を抱えるIGグループの日本拠点で、17,000以上の銘柄を取引できることで人気の会社です。



    IGグループはロンドン証券取引所に上場し、FTSE250(日経平均のイギリス版のようなもの)にも採用されており、CFDの収益ベースで世界No1という、かなりしっかりした会社です。



    日本でも金融庁の認可を受けており、最近ではテレビCMも放映されていました。







    こうしたことから、日本でも人気がどんどん高まっており、例えば今年の2月から3月にかけては、口座開設申込数が一か月で2倍になったというように、今非常にホットな会社で、そして個人的にも「絶対に持っておくべき」と思っていたりします。



    それでは、何故そこまで人気で、また個人的にもおすすめできると思っているのかの理由を書いていきます。



    投資初心者にIG証券口座がおすすめな理由1 銘柄がとにかく豊富





    IG証券では17,000以上の銘柄の取扱いがあると書きましたが、FX(外貨)、CFD(株価指数、金や原油などの商品、個別銘柄)まで、ジャンルも幅広くあり、正直「ここになければない」と言ってもいいレベルの品ぞろえの良さです。



    例えば2020年に入ってから話題になったものとして、

  • コロナショックで日経平均やダウが急落した

  • 原油価格も急落し、一時価格がマイナスになった

  • 金価格がコロナショックで下がった後高値を更新し続けている

  • インターネット会議のZoomやアビガンの富士フィルム、レムデシビルのギリアド、ワクチンのモデルナ等、「コロナ銘柄」と呼ばれる会社の株価上昇


  • 等がありましたが、この全部をIG証券なら取引出来ます



    株式銘柄については、こうした「今熱い」ものだけでなく、トヨタやアップル、マイクロソフト等の人気企業ももちろんあれば、また、珍しいところではヨーロッパやシンガポール、中国企業などにも投資できます



    為替でも、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドルといった人気通貨はもちろん(これは大体どこのFX会社でも取引出来ますが)、それ以外にもトルコリラやメキシコペソといった金利で人気の通貨、ポーランドズロチやロシアルーブルといったほとんどの会社で取扱いのないマイナー通貨や、果てはブラジルレアルやイスラエルシュケルといった他では見たこともないような通貨まで取り扱いがあります。



    普通の証券会社やFX会社では、「日本株はあるけど、原油や金は投資信託しか取り扱いがない」とか、「米国株や中国株は扱っていない」とか、「為替は取引できるけど、株はやってない」とかありますが、IG証券であれば、1つ持っていれば、ほぼ何でも取引することができます



    これは「今話題になっているもの」にいつでも投資できるということでもありますし、また、仮に取引しないにしても、色々な通貨、商品、株価の動きを見ることで、今の相場の状況を掴む上で非常に役立ちます。



    投資初心者のうちは、まず「特徴的な動きをしているものを色々と見て、どういう時にどういうことが起こるのかを理解する」というのが大事ですが、IG証券であれば、ほぼ何でも取り扱っているので、ここで見ていれば今話題になっているものがどういう値動きをしているのかを肌で感じて経験値にすることができます



    このように、「とにかく銘柄が豊富で、ここ1つで完結させることもできる」というのが、まず第一にIG証券をおすすめできる理由です。



    投資初心者にIG証券口座がおすすめな理由2 少額からでも投資可能





    IG証券ではFXやCFDでレバレッジ取引が可能であったり、あるいはノックアウトオプションというオプション取引では、少額からでも効率よく資金運用ができます。



    このFXやCFDのレバレッジ取引については、為替や株価指数、金等はもちろん、個別の株式銘柄(例えば富士フィルムとかZoomとか)にもレバレッジをかけて投資ができるので、少額の資金からでも取引ができます。



    前者の為替や株価指数・商品にレバレッジをかけられるのは、これはFX会社やCFD会社であればほぼどこでもできることですが、後者の個別株式、それも海外の株式にまでレバレッジをかけられるのは割と珍しい特徴だったりします。



    また、もう一つのノックアウトオプションについては、これは国内では他にForex.comくらいしかやっているところがない金融商品ですが、少額の資金からでも効率よく投資できて、それでいてリスクもオプション料に限定され、絶対にそれ以上の損失が出ないという画期的なものです。(詳しく書くと非常に長くなりますが、別記事で詳しく書いています)

    参考;IG証券のノックアウトオプションとは?特徴(強み)と取引方法を解説



    Forex.com社では為替についてしかノックアウトオプションでの取引ができませんが、IG証券では株価指数や金・原油といった商品まで幅広くトレードすることができ、また、取引コストもIG証券の方が安いので、その点からもIG証券がおすすめです。

    参考:Forex.comにノックアウトオプション登場!IG証券とどっちが良いか比較



    このように、レバレッジ取引であったり、ノックアウトオプションであったりと、少額からでも効率よく投資できる仕組みがある点もおすすめできるポイントです。



    投資初心者にIG証券口座がおすすめな理由3 リスクを抑えた取引方法もある





    「FXやCFDでのレバレッジ取引」というと、「危ない」「大損する」というイメージがある人もいるかもしれませんが、IG証券では、このリスク管理も非常にしっかりとした仕組みがあり、それが「ノースリッページ注文」です。



    ノースリッページ注文というのは、「ここまで落ちたら絶対にロスカットする」というのをあらかじめ指定しておけば、その価格で絶対にロスカットできるという注文です。



    これを書くと、「ロスカットってそういうものでは?」と思われるかもしれませんが、実はロスカット注文というのは普通は「その額で絶対にできる」ものではなく、例えば週末の相場が空いていない期間での急落があったり、あるいは一瞬でとてつもなく暴落したとかがあれば、当初想定していたロスカットポイントよりさらに低い位置でロスカットされて、結果追証になるということもあるものだったりします。



    それに対して、このノースリッページ注文では、ロスカットされた時に一定の保証料(そんなに高くはなく、ドル円1万通貨で100円程度)は取られるものの、それ以上の損失には絶対にならないという注文方法です。



    このように、レバレッジ取引で利益獲得を目指しながらも、しっかりとリスク管理もできます。



    また、もう一つ「資金効率が良い金融商品」として紹介したノックアウトオプションについては、上で書いたようにそもそも「オプション料以上の損失が絶対に発生しない」ものであり、「想定外に損失が膨らんだ」というようなことがまずありえない仕組みになっています。



    このように、「少額で効率よく運用する」という攻めの姿勢を持ちながら、ノースリッページ注文やノックアウトオプションでリスク管理し、守りもできるというように、攻守のどちらにも優れている点が、IG証券の魅力です。



    以上のように、

  • 取扱い銘柄がとにかく豊富で、何でも揃うと言っても良いレベル

  • 少額の資金からでも効率よく投資できて、「攻めの投資」ができる

  • 一方でノースリッページ注文やノックアウトオプションで「守り」もしっかりしている


  • という点で、IG証券は、とにかくまず持っておくべき口座だと思っております。



    なお、このIG証券は、現在とてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格のものです。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着なので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    外為オンラインのサイクル2取引の設定方法 | iサイクル2取引よりおすすめ

    2020年07月08日 21:54

    メキシコペソでおすすめ! サイクル2取引の設定方法-min



    以前「外為オンラインのサイクル2取引は設定の自由度が高い」「また、外為オンラインのメキシコペソのスペックを考えると、サイクル2取引が実はメキシコペソでは最強かも」と書き、今後公開運用ポジションにも追加することとしております。

    メキシコペソで新しく超おすすめFX会社を発見!来週公開運用に追加予定



    ただ、「サイクル2注文ってどんなもの?」と思っている人も多いと思うので、今回はこのサイクル2取引について、より詳細に設定方法の解説をしたいと思います。また、iサイクル2取引との違いについても説明し、何故サイクル2取引の方がおすすめなのかについて解説します。



    結論から言うと、

  • サイクル2取引は自分で注文ターゲットレート、利食いレートをあらかじめ設定して、そこに来た時に自動でエントリーや決済をしてくれるリピート系注文

  • ターゲットレートや利食いレートを細かく自分で設定することもできれば、逆に想定値幅や使いたい資金の額から自動で設定することもできる

  • 他の自動売買で言うと、トラリピと似ている

  • iサイクル2取引は、レンジが変わった時について行く&自分でターゲットレートや利食いレートを細かく設定できない点で、個人的にはサイクル2取引の方がおすすめ


  • と考えております。



    外為オンラインのサイクル2取引は、メキシコペソのリピート系注文の中では圧倒的に条件が良く、個人的には「ここが最強じゃないか」と思っているところなので、興味があれば是非どうぞ。



    私もメキシコペソについて、

  • 今週末に設定公開

  • 来週7/13(月)の22時より実際に運用開始


  • ということを予定しており、もし私と同じタイミングで同じ設定ではじめれば、ほぼこの公開ポジションと同じような成績を出すことができます(もちろん、設定やタイミングはご自身で書いていただいても構いません。また、もし私の設定を参考にする場合も、投資は自己責任でお願いします)



    今から口座開設すれば、この開始タイミングにはギリギリ間に合う可能性があり、また仮に間に合わなくても、数日のずれであればほぼ誤差の範囲かと思いますので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は


    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。

  • 外為オンラインのサイクル2取引とは何か?

  • 外為オンラインのサイクル2取引の設定方法を画像付きで分かりやすく解説

  • 外為オンラインサイクル2注文、色々な疑問を解決

  • 外為オンラインのiサイクル2取引とサイクル2取引の違い




  • 外為オンラインのサイクル2取引とは何か?





    サイクル2取引というのは、外為オンラインで取引できるリピート系注文で、以下のように、「下がったら買い、上がったら売り」を繰り返すものです。



    【サイクル2取引イメージ】
    cycle-tab02-01-min.png



    このサイクル2取引では、色々と細かく設定することもできるのですが、逆に「そこまで細かく設定したいわけではない」という人であれば、

  • 取引したい通貨ペア

  • 想定値幅or参考にする期間(その期間の変動を想定値幅としてくれる)

  • 買いか売りか

  • いくらくらいの金額で取引したいか(証拠金の範囲内で設定)


  • というだけで簡単に設定もできます



    以下、具体的に取引画面を使いながら見ていきましょう。なお、今回はダミーの設定を実際に入れてみることもあって、デモ取引口座でやらせて頂きますので、その点はご了承ください(基本的に操作方法は同じです。また、もちろん実際に公開運用する時はリアル口座を使います)



    外為オンラインのサイクル2取引の設定方法を画像付きで分かりやすく解説





    まず、新規注文でサイクル2取引をクリックしてください。



    cycle1-min.png



    すると以下のような画面になるので、

  • 取引したい通貨ペア

  • 想定値幅or参考にする期間(その期間の変動を想定値幅としてくれる)

  • 買いか売りか

  • いくらくらいの金額で取引したいか(証拠金の範囲内で設定)


  • を設定してください。



    cycle2-min.png



    この参考期間については、例えば1年に変えると想定変動幅が広くなります。



    cycle3-min.png



    そして、これでテンプレート表示をクリックすると、以下のように、数量やターゲットレート、利食いレートを設定できる画面にいきます。



    cycle4-min.png



    このターゲットレートに来た時にエントリーして、利食いレートに来たら利確する注文を繰り返すという感じです。



    ここで注文を押すと、以下のように確定されます。


    cycle5-min.png



    ちなみにもしこのサイクル2注文を停止したい場合や、今の状況を確認したい場合は、以下のように表示→iサイクル2/サイクル2取引稼働状況照会を選んでください。



    cycle6-min.png



    すると、以下のような画面が出るので、停止したいものを選んでください。



    cycle7-min.png



    そして、停止を押すと、サイクル2注文が止まります。



    cycle8-min.png



    なお、今既に持っているポジションについてはこれで停止しても決済はされないので、もし決済したい場合は手動で決済し、逆に持ち続けたい場合は特に何もしなくても良いです。



    以上がサイクル2注文の使い方でした。次に、この設定画面を見て、おそらく疑問をに思うこと(というか私が思って問い合わせしたこと)について書いていきたいと思います。



    外為オンラインサイクル2注文、色々な疑問を解決





    私はこのサイクル2取引で以下の点を疑問に思って問い合わせたので、それぞれ解説していきます。



  • サイクル2取引の想定値幅は結局何の意味があるのか?

  • サイクル2取引の対象資産の意味は?

  • サイクル2取引は逆指値設定ができるか?

  • サイクル2取引に損切はあるのか?

  • サイクル2取引の注文本数の増減はできるのか?




  • サイクル2取引の想定値幅は結局何の意味があるのか?





    サイクル2取引の想定値幅は、「これくらいのレンジでトレードしたい」ということを設定するもので、半年であれば過去半年の値動きから、1年であれば過去1年の値動きから、「このくらいのレンジを想定しておくべき」ということを決めてくれるものです。



    ただ、その一方で実は、サイクル2注文の「仕掛け」と「利確」については、テンプレート表示の画面で、注文ターゲットレートと利食いレートとして自由に設定もできます



    では、その上で「想定値幅は何の意味があるのか」というのが私がまず思った疑問でした。



    例えば1年間の1,105pipsと書いてあっても、一番下の買いを例えば100pips下までに集めるとか、本数を減らすとかもできるので、最後結局1,105pipsと関係なくなることもあります。



    そこでこれについてサポートデスクに問い合わせたところ、「一番最初に注文ターゲットレートの一番下を計算する目安であり、初期設定のままで注文する場合は、それ以上細かく決めなくていいように設定したもの」とのことで、逆にその後自分で設定を変える限り、あまり意味はないようです。



    ただし、この注文ターゲットレートと利食いレートの「箱の数」は想定変動幅と対象資産から自動で計算され、これを減らすことはできても増やすことはできないということなので、細かく設定したい人にとっては、「箱の数が足りなければ調整する」というくらいでOKのようです(実は、後で詳しく書きますが、対象資産についても同様です)



    念のため、「1,105pips下がったらロスカットされるとか、そういうのはないですか?」とも聞いたのですが、それについても「ないです」との回答でした。



    サイクル2取引の対象資産の意味は?





    サイクル2取引の対象資産は、基本的には「いくらくらいの資金を使ってのトレードのつもりか」ということを意味するもので、例えば300万あっても、そのうち100万分でポジションを取りたい、とかそういうイメージのものです。



    この対象資産についても想定変動幅と同様で、「想定値幅と対象資産から、箱の数と初期での注文ターゲットレートの値幅を決めるためのもの」に過ぎないということでした。



    ここについても念のために「対象資産以上の含み損になったら強制ロスカットとかないですよね?」と確認したところ、「ないです」との回答だったので、やはり細かく設定したい人にとっては、「箱の数を決める要素の一つ」くらいの考えで良いようです。



    サイクル2取引は逆指値はできるか?





    上で注文ターゲットを自由に設定できると書きましたが、1点注意が必要なのは、これは逆指値エントリーはできないということです。



    つまり、買いであれば今のレートより低く、売りであれば今のレートより高くというように、今より有利なレートしか設定できません。



    これについては、個人的には自動売買では逆指値エントリーはそんなにいらないと思っているので(もし必要なら今多めに買えばいいだけでは?と思っている)、正直あまり気にしていませんが、ただ逆指値も考えている人は、注意が必要です。



    サイクル2取引に損切はあるのか?





    サイクル2取引のロスカットについては、「通常のFXでのロスカットルールはあるものの、この注文だけで損切設定を入れたりとかはない」ということでした。



    もちろん自分の持っているポジションについて個別に損切注文を入れることはできるようですが、サイクル2取引で「一括でロスカット」みたいなものはないようです(逆に言えば勝手にロスカットされることもない)



    サイクル2取引の注文本数の増減はできるのか?





    注文ターゲットレートと利食いレートの本数(箱の数)については、増やしたい場合は上で書いたように想定変動幅を広く、対象資産を多くすることで対応するようです。



    一方で、減らす場合はチェックマークを外せばよいだけとのことで、減らすのは簡単なようです。



    以上がサイクル2注文の特徴でした。



    要するに、細かく設定したい人にとっては一番最後の画面の「数量」「ターゲットレート」「利食いレート」をどうするかということで、逆にそうでない人にとっては、上で書いたように「想定変動幅」「買いか売りか」「対象資産」で自動的にそれに見合った設定ができるというように、気軽にやりたい人も、細かくやりたい人も、どちらにも対応できる注文方法ということです。



    個人的には、この「ターゲットレート」と「利食いレート」を自由に設定できるというのはかなり魅力的であると考ええおり、例えばループイフダンであればターゲットレートと利食いレートはB25なら「ターゲットレートは25銭間隔、利幅も25銭間隔」というように、固定されてしまっておりますが、サイクル2注文であればそういうしがらみなく、自由に設定できます。



    以上がサイクル2注文についての説明でした。最後に、同じく外為オンラインが提供しているiサイクル2取引との違いを解説したいと思います。



    外為オンラインのiサイクル2取引とサイクル2取引の違い





    iサイクル2取引も同じように外為オンラインの提供している自動売買なのですが、

  • 値動きのレンジが変わった場合iサイクル2取引ではついて行くが、サイクル2取引ではついていかない

  • 設定の自由度はサイクル2取引の方がかなり高い


  • という点があり、個人的にはサイクル2取引の方が良いと思っております。



    まず、レンジが変わった場合についていく点については、外為オンラインの公式サイトにかなり分かりやすい比較表があったので、それを貼りたいと思います。



    【iサイクル2取引とサイクル2取引の違い】
    icycle vs cycle-min



    このように、レンジの変化についていくか行かないかが違います。



    個人的には、勝手について行かれると、一度上がってから下がった時に「下の方で買いが足りない」「思っていたより早くロスカットされた」等のリスクが出てきて、上がってから下がった時に色々と手作業でやらないといけず面倒なので、レンジ固定のサイクル2取引の方が良いと思っています(実を言うと、同じように勝手についていくタイプのループイフダンでは、それが原因で若干苦労してます)



    また、設定の自由度についても、iサイクル2取引では、以下のように注文ターゲットと利食いレートは固定されており、自分でいじれないという点も注意が必要です。



    【iサイクル2取引の注文画面】
    cycle9-min.png



    こうした点からも、個人的には自由度が高く、当初想定したレンジの中でだけトレードしてくれるサイクル2注文の方が良いと思っております。



    以上がサイクル2注文についての説明でした。



    外為オンラインのサイクル2取引は、メキシコペソのリピート系注文の中では圧倒的に条件が良く、個人的には「ここが最強じゃないか」と思っているところなので、興味があれば是非どうぞ。

    参考:メキシコペソで新しく超おすすめFX会社を発見!来週公開運用に追加予定


    私もメキシコペソについて、

  • 今週末に設定公開

  • 来週7/13(月)の22時より実際に運用開始


  • ということを予定しており、もし私と同じタイミングで同じ設定ではじめれば、ほぼこの公開ポジションと同じような成績を出すことができます(もちろん、設定やタイミングはご自身で書いていただいても構いません。また、もし私の設定を参考にする場合も、投資は自己責任でお願いします)



    今から口座開設すれば、この開始タイミングには間に合う可能性があり、また仮に間に合わなくても、数日のずれであればほぼ誤差の範囲かと思いますので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は


    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    【新事実】FXプライムbyGMOのスワップポイントに動きあり!

    2020年06月20日 23:40

    FXプライムbyGMO スワップポイントに 動きあり!?-min



    私は毎週スワップポイントを各社比較して、「今どこが条件が良いのか」というのを見るようにしているのですが、そこで調べていてあることに気が付きました。



    FXプライムbyGMOのメキシコペソと南アフリカランドの買いと売りのスワップポイントが同じになってる!



    【南アフリカランド スワップポイント】
    prime zar-min



    【メキシコペソ スワップポイント】
    prime mxn-min



    FXプライムbyGMOといえば、南アフリカランドについて、

  • スプレッドが最狭

  • 元々約定力には非常に定評がある

  • スワップポイントも高い


  • ということから、買い方向での短期トレードで一番おすすめの会社だったのですが、今回の変更で、売りでも買いでも両方で使いやすい会社になりました。

    (南アフリカランドの短期トレード戦略については、

    実は南アフリカランドは短期トレード向け通貨であるという話

    で詳しく解説してますが、ランドは実はかなり短期トレード向けの通貨ペアです)



    また、今回メキシコペソも売り買いのスワップが同じになったことで、メキシコペソの売りでも使いやすい口座となりました。



    こうした新興国通貨は、いわゆる「リスクオフ」と呼ばれる、世界経済への見通しが悪化した場合や、コロナの第二波等が意識されやすい展開だと下がりやすい通貨で、状況次第では買いよりも売りの方がやりやすいということも多いですが、今回の改定は、「売り」でも入りやすくなったという点で、非常にありがたいものです。



    FXプライムbyGMOというと、

  • 約定力の強さから、億トレーダーが実際に多く使っている口座

  • 超有名講師たちによる有料級のセミナーを、口座を持っているだけで105本無料で見ることができる

  • 1,000通貨単位でも取引可能


  • ということから、FX初心者の方はセミナーを見たり、少額から投資をしてみるように、中上級者の方には、やはりセミナーと、あとは約定力の強さを実際に感じてもらうという点からおすすめの会社だったのですが、今回の改定で、高金利通貨の売りでも使いやすいという特徴もできたことで、さらに使いやすくなりました。(セミナーについては、

    【完全無料】FXプライムbyGMOのセミナー動画が凄かった

    で私のおすすめ動画も含めて詳しく解説してます)



    FXプライムbyGMOには、当サイトからの口座開設申込+3万通貨の取引をすると、限定タイアップとして3,000円のキャッシュバックも貰うことができるので、口座開設は当サイトからして頂くと大変お得です(3万通貨取引なので、例えばドル円だと、買ってすぐ売ればスプレッド分の90円くらいで貰える計算になるので、大変お得です!)



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。



    【配当相当額あり】IG証券の個別株式のテーマ別銘柄(米国株、中国株)

    2020年05月18日 21:03

    IG証券の個別株式の テーマ別おすすめ銘柄-min



    以前「何故IG証券は最近人気が爆発的に高まっているのか」について取材した中で、「約12,000銘柄の個別銘柄もCFD取引が可能で、それが人気の要因の一つである」というお答えを頂きました。



    関連記事:IG証券の人気が爆発して口座開設に時間がかかる!?噂の真相を直撃取材



    私自身は個別銘柄に対してはあまり投資せず、「どういうのが良いのかなあ」と思っていたのですが、最近になって、IG証券の公式サイトで、テーマ別に色々な銘柄が紹介されていることに気づきました。



    ig thema-min
    リンク:株式CFDテーマ別投資



    そこで、今回はこれを見ながら、どういう銘柄があるのかというのを見ていきたいと思います。



    なお、IG証券は、

  • 米国株や中国株等も含めて、12,000銘柄以上の取引ができる

  • CFDなので、レバレッジ5倍までかけて取引したり、売りから入ることもできる

  • CFDではあるが、配当相当額を貰うこともできる


  • という点で、個別株式に投資をする上でも持っているとかなり便利な口座なので、もしまだ口座を持っていない人は、是非どうぞ。



    IG証券は今期間限定でとてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンがあります。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着順&今少し口座開設に時間がかかるようなので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。


    IG証券テーマ別個別銘柄1 巣ごもり需要

    IG証券テーマ別個別銘柄2 テレワーク

    IG証券テーマ別個別銘柄3 5G

    IG証券テーマ別個別銘柄4 モバイル決済・キャッシュレス

    IG証券テーマ別個別銘柄5 新型コロナ治療薬関連企業

    IG証券テーマ別個別銘柄6 急成長&人気中国株

    IG証券の個別株式投資(米国株・中国株)の魅力とは?



    IG証券テーマ別個別銘柄1 巣ごもり需要





    IG証券であげられていたテーマの一つ目が、新型コロナの関係で非常に需要が高まっている「巣ごもり需要銘柄」です。



    具体的には、

  • ゲーム銘柄の任天堂、スクエニ

  • 動画銘柄のNetflix、東映アニメーション

  • ECのアマゾン

  • 宅配のドミノピザ、UBER


  • 等があがっております。



    個人的には、こうした銘柄が今後否応なく経済再開せざるをえない中で、どこまで需要を伸ばせるのかなという疑問もありますが、再ロックダウン等があった時には、再び大きく注目が集まる可能性も高いかなと見ております。



    IG証券テーマ別個別銘柄2 テレワーク





    これも新型コロナ関係で大きく需要が高まったテーマです。



    具体的には、

  • ZOOM、ブイキューブといったオンライン会議銘柄

  • Slack、サイボウズといったビジネスツール銘柄

  • 天下のマイクロソフト(Teamsというオンラインコミュニケーションツールもあり)

  • PC周辺機器のエレコム

  • セキュリティ系のトレンドマイクロ、フォーティーネット


  • 等があげられております。



    個人的には、テレワークの流れは、コロナ後も強まると考えており、というのも、雇用者側としてもテレワークは「オフィスや交通費の削減」、労働者側としても「通勤しないで済む」というように、一定のメリットが存在し、今後もテレワークの流れは続くと考えているためです。



    また、今回のコロナショックで「固定費こそがリスク」というのが経営層に刻み込まれ、今後オフィスなどの固定費はできるだけ下げたいと考える企業が増えてくると考えられるので、そうした点でも今後テレワークが進む可能性は高いと見ております。



    もちろん、「労務管理が難しい」とか、「やはり対面でないといけない」といった意見がありますが、テレワークで上手く行っているところはしっかりと機能しており、上で書いたように雇用者側にも労働者側にも一定のメリットがある以上、全部の企業が採用するとは全く思いませんが、今後テレワークという選択肢はどんどん増えていく可能性が高いと見ております。



    なので、こうした銘柄については、今後もしっかりチェックしていきたいと思っております。



    ★☆★期間限定で最大6万円の超破格のキャッシュバックあり! ★☆★





    IG証券テーマ別個別銘柄3 5G





    3つ目のテーマは、ついに日本でも始まった5Gの関連銘柄です。5Gというのは、通信速度・同意接続が大幅に増加した次世代型モバイル通信システムで、今の4G(LTE)に比べて10倍以上の速度になるものです。



    この5Gが進むことで、データ通信可能な容量が爆発的に増え、IoTでできることが大幅に増えたり、VR・ARの利用可能性が高まったり、それらを産業単位で利用することで、例えば遠隔医療であったり、自動運転サポート等を支えるインフラともなることが期待されております。



    日本でも携帯各社が5Gのサービスを開始しており、まだ普及率は今時点ではそこまで高くないですが、今後これが今のLTEレベルで普及して来れば、上で書いたように色々なことの土台となります。



    5G銘柄としては、

  • ベライゾン、AT&Tといった5Gを提供している通信会社

  • 村田製作所、NVIDIA、ザイリンクス、マーベル・テクノロジーといった電子部品・半導体メーカー

  • 電子計測器のアンリツ(携帯電話や基地局の開発・保守などで使われる計測器で世界的にも高シェアを持っている日本企業)


  • 等があげられております。



    個人的には、通信会社そのものよりは、電子部品、計測器と言った、「モノ」側の方が今後実需の伸びが期待できると考えておりますが、この辺りの機器の需要は5Gに限った話ではないので、会社のセグメント売上や事業計画、シェア等も見ながら、きちんと個別に見ていく必要があるかなと思っております。



    IG証券テーマ別個別銘柄4 モバイル決済・キャッシュレス





    最近大きく導入が進んでおり、私自身もヘビーユーザーとなっているモバイル決済・キャッシュレス銘柄が4つ目のテーマ銘柄です。



    この銘柄には、

  • アルファベット(要はGoogle。Google payがある。2015年にHD会社として設立された)

  • アップル(Apple Payがある)

  • Paypayのソフトバンク、メルペイのメルカリ、au PayのKDDI

  • VISA(クレジットカード)

  • フリートコア・テクノロジーズ(アメリカの決済サービス)、スクエア(お店で見かける小さいクレジットカード決済端末の会社)といった決済サービスの会社


  • といった企業が含まれております。



    個人的には、VISAや決済サービスはともかくとして、それ以外の会社はどちらかといえば本業が別にあって、その中の一部でキャッシュレスを提供しているという印象で、キャッシュレス系をイメージして投資するなら、後半のカード会社や決済サービスの方がイメージとして近いかなと思っております。



    IG証券テーマ別個別銘柄5 新型コロナ治療関連企業





    こちらは今世界的に一番熱いテーマである、新型コロナ治療薬関連企業です。



    具体的には、

  • アビガンの富士フイルムホールディングス

  • レムデシビルのギリアド社

  • 先日ワクチン報道のあったモデルナ社

  • 他にもワクチンや治療薬、抗体検査等を作っているロシュ(スイス)、武田薬品、タカラバイオ、サノフィ(フランス)、塩野義


  • 等々、様々な会社があげられております。



    新型コロナ治療については、今世界で一番注目されている分野であり、レムデシビルの有効性の報道があった直後にはギリアドが、ワクチン報道があった直後にはモデルナ社の株が急激に上がったように、大きなチャンスでもあります。



    どの企業のワクチン・治療薬が成功するかというのは、さすがに予想のしようがないので、ある程度分散することを前提にはするものの、今の時代の流れでは一番ホットな業界だと思われます。



    IG証券テーマ別個別銘柄6 急成長&人気中国企業





    コロナウィルスで中国には逆風が吹いておりますが、アメリカと覇権を争っており、分散投資の一つとしてはかなり面白いかなと思っているのが中国株で、この中国株がテーマ別銘柄の6つめであがっておりました。



    今後の世界の構図として、米中が覇権をめぐって対立関係を強めるのはほぼ間違いない中で、米国に全部を入れるのではなく、中国にも一部振り分けておくというのは、選択肢としてかなりありではないかと個人的にも思っております。



    また、IG証券の場合はCFD取引なので、「中国への逆風」を利用して売りで入るという選択肢も可能で、そういう意味で、この銘柄には注目する価値があると思っております。



    具体的な銘柄としては、

  • バイドゥ(検索)

  • アリババ(Eコマース)

  • テンセント(インターネットサービス)


  • といった日本人の間でも有名な企業から、

  • Meituan Dianping(美団点評)(レストラン口コミ・宿泊予約等)

  • Qutoutiao(趣头条)(ニュースアプリ

  • China Literature (閲文集団)(電子書籍の中国最大手)


  • といった、中国の人たちの生活に密接にかかわっているところまで、色々な銘柄が取引出来ます。



    中国は、良くも悪くも今後も注目を集める国であると考えられるので、こうした銘柄もチェックしておき、状況次第で買いや売りを入れていくのはかなり面白いかなと思います。



    IG証券の個別株式投資の魅力とは?





    IG証券は、日本株・米国株・中国株など合わせて12,000銘柄以上の個別銘柄を取引可能で、もちろんFXや株価指数、金・原油等の商品にも投資可能というように、正直「IG証券で取扱いがなければ、諦めた方がいいのでは」というレベルで品ぞろえの多い会社です。



    これらについては、一度口座開設をすれば、FXもCFDも個別銘柄も、まとめて全部取引できるようになるので、とりあえずここを持っておけばほとんど何でも取引できるという状態になります。



    FX、株価指数、商品などでは、

  • やはり品ぞろえが半端じゃなく多く、ほぼ何でも取引できる

  • ノックアウトオプションという、リスクを抑えて資金効率も大きくあげられる取引方法ができる

  • スプレッド等のコストも最安値クラ


  • というように、トレードする上で間違いのない会社と言えます。

    ※ノックアウトオプションについては、

    IG証券のノックアウトオプションとは?特徴(強み)と取引方法を解説

    で詳しく解説してます。



    また、株式の個別銘柄としては、

  • CFDなので、レバレッジ5倍までかけて取引したり、売りから入ることもできる

  • CFDではあるが、配当相当額を貰うこともできる


  • という点が他の会社と比べて魅力となるポイントです。



    特に外国株についても、売りからも入れるというのはかなり珍しいサービスで、「ほぼ全ての銘柄で、やりたいことがかなり自由にできる」という会社なので、まだ口座を持っていない人は、是非この機会にどうぞ。



    IG証券は今期間限定でとてつもないキャンペーンもやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンもやってます。



    6万円全部を貰うのはそれなりに取引数も必要でなかなか難しいですが、その内1.5万円までについては、

  • 50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引で5,000円

  • CFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円


  • と、簡単に1.5万円までは貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着順&今少し口座開設に時間がかかるようなので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。