FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【実績利回り27%】ズロチユーロサヤ取りのやり方と、私の実績【エントリー・利確のタイミングも解説】

FXスワップポイント比較最新ランキング7選 2019年(毎週更新)

2019年11月19日 15:28

スワップ1



何もしなくても年利10%以上のスワップポイント収入が貰える!?



FXで高金利通貨は昔から常に人気が高く、米ドル、豪ドル、NZドルといった先進国の中での高金利通貨だけではなく、新興国通貨である南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソ等も非常に人気となっております。



何故スワップポイントがこんなにFXトレーダーを魅了しているかというと、スワップポイントというのは、銀行預金で言うところの利息に相当するものであり、FXで高金利通貨をただ持っているだけで何もしなくても毎日貰うことができるためです。



そのため、スワップポイントによる収入は不労所得として人気が高く、高金利通貨をスワップ狙いで投資するのは、忙しい人向けのFX投資法と言われております。



しかし、このスワップポイントは、通貨やFX業者によってどのくらい貰えるかが、年間数万円、数十万円単位で異なってくるので、今回は、通貨別に、どこのFX会社がおすすめで、そこで持っていると年間どのくらいスワップポイントを貰えるのかということを説明していきます。



結論から言うと、スワップポイント投資をする場合、以下の会社がおすすめです。




セントラルミラートレーダー

メキシコペソならまずここ

  • 大人気の高金利通貨、メキシコペソのスワップポイントトップクラスで、スワップ利回り9%近く
  • スプレッドもトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定で5,000円キャッシュバック+特別レポートあり
  • アイネット証券

    高金利通貨自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ズロチユーロでおすすめ

  • ズロチ買い、ユーロ売りで為替リスクを抑えてスワップを貰う最近人気急上昇中の手法
  • EUR/PLNという通貨ペアの売りで、それができる
  • そのズロチユーロのスワップポイントが一番高い
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • トライオート_トルコリラ用

    トルコリラの新星!

  • トルコリラのスワップポイントが最近トップに躍り出て、今もずっとトップ
  • トライオートFXで全自動売買も対応
  • 1,000通貨単位でも取引可能
  • 期間限定でトルコリラ取引で、1万通貨あたり往復100円のキャッシュバックあり
  • 当サイト限定3,000円キャッシュバックあり
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    ドル円のスワップ投資ならここ!

  • 米ドル円スワップが安定してトップクラス
  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • 1万通貨でしか取引できないのが難点

  • ヒロセ通商

    南アフリカランドとNZドルでおすすめ

  • 南アフリカランドとNZドルのスワップポイントが安定してトップクラス
  • スプレッドもトップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイトからの申込限定で2,000円特別キャッシュバック




  • 以下の順番で書いていきます。


  • FXのスワップポイント金額や収益率の目安

  • スワップポイント投資でFX業者を比較する時の3つのポイント

  • FXスワップポイント投資おすすめ業者2019年11月(毎週更新)

  • FXスワップポイント比較の最新ランキング2019年11月(毎週更新)

  • FXスワップポイン比較ランキングの根拠




  • FXのスワップポイント金額や収益率の目安





    スワップポイントによる収益率がどのくらいかというとこについて、人気の高い高金利通貨を持っていることで貰えるスワップポイントの金額と収益率を書いていくと、例えば南アフリカランドなら1日150円貰えるので、年間54,750円(収益率7.9%)、トルコリラだと1日62円で22,630円(収益率11.9%)、メキシコペソだと1日130円で年間年間47,450円(収益率8.4%)と、非常に高い収益率となります。

    (※ 収益率は、スワップポイント年額÷執筆時現在のポジションの金額(レバレッジ1倍)で計算)



    もし、こうした新興国通貨ではなく、先進国通貨が良い場合にはもう少し収益率が落ちますが、例えばドル円だと、一番スワップポイントが高いところで1万通貨持っていれば、1日62円スワップポイントをもらうことができるので、年換算すると、年間22,630円(収益率2.1%)となります。



    FXでは、先進国通貨への長期投資ではレバレッジ3倍程度までと言われておりますが、仮にレバレッジ3倍で米ドル円の買いポジションを持つと、スワップ年換算利回り6.2%となります。これはかなり魅力的ですね。



    このように、スワップポイントというのは、何もしなくても毎日貰えるもので、その収益率もかなり高くなっているのですが、上のスワップ金額の例示でもわざわざ「一番高いところ」と書いたように、スワップポイントが高いFX業者もあれば、低いFX業者もあり、高いところと低いところの1単位でのスワップポイントの年間での差額は、以下のように数万円単位での差になります。



    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ
    ユーロ
    高い会社6223221606216058.9
    低い会社10-20-20020880
    差額524342160427258.9
    年額18,98015,69515,33058,40015,33026,28021,499




    FXでは、「何を取引するか」と同じくらい「どこのFX業者で取引するか」が重要だとはよく言われますが、これはスワップポイント投資であっても例外ではなく、FX業者が違えば、数万円、数十万円単位で損することもあります。



    そこで今回は、高金利通貨に長期投資する場合のおすすめのFX業者について、2019年11月時点の最新情報に基づいて、スワップポイントの比較も行って、どこが良いのか解説します。(毎週更新)



    今既にFXでスワップポイント投資をしている人でも、FX業者を間違えたせいで何万円も損していたというケースもよくあるので、今自分が使っているFX会社は実際どうなんだろう?という点も含めて、この記事を読んでもらえればと思います。



    スワップ投資でFX業者を比較する時の3つのポイント





    まず最初に、スワップポイントでFX業者を選ぶ場合、どのようなポイントで比較すればいいのかという点から説明します。結論から言うと、以下3つのポイントが重要です。

  • スワップポイントの高さ

  • 取引単位

  • 自動売買の有無



  • それぞれ何故重要なのか説明していきます。



    FX業者比較ポイント1 スワップポイントの高さ





    まず、1つ目のスワップポイントの高さは、上で書いた通りで、FX業者が違えば数万円、数十万円の違いになるため重要です。これについては、もう上でさんざん書いたので(笑)、それ以外の、2つについて、何故重要なのかを書いていきたいと思います。



    FX業者比較ポイント2 取引単位





    次に重要なのは、取引単位です。



    FXでは、例えば1万通貨単位取引の会社では、ドルを買うのに、1万ドル買う、2万ドル買うといった選択肢しかなく、1000ドル買うという選択肢はありません。それに対して、1,000通貨単位取引の会社であれば、1,000ドル買う、2,000ドル買うということも可能です。



    これは、例えば南アフリカランド(ここ数年7-9円程度)やメキシコペソ(ここ数年5-6.5円程度)などの少額の通貨であれば、1,000通貨単位取引が可能であれば、1万円なくても投資可能ということで、まずは少額から様子を見たいという場合に、非常に重要な要因となります。



    また、ある程度大きなポジションで取引するようになった後も、FXでは、はじめにポジションをこう持つと決めても、その後の値動きで、「もっと買いたい」「一部売りたい」等出てくることは、FXトレーダーなら誰でも経験したことがあるものです。



    その中で、例えば1万通貨持っているとして、1万通貨単位でしか取引できないとなると、一部売りたいと思ってもオールオアナッシングであったり、あるいは少しだけ買い足したいと思っても、今のポジションをいきなり2倍にしないといけないというようなことになりかねません。



    それに対して、ある程度細かく取引できる場合、そうしたときには「とりあえず半分だけ売る」「まずは1,000通貨だけ追加で買う」といったことも可能になります。



    スワップポイント狙いの長期投資の場合、そこまで頻繁に取引することは想定しない一方で、保有する期間を長くするのが前提なので、途中でポジションを一部修正するということが必要になることが多く出てきます。



    そのため、取引単位というのも、重要なポイントとなります。



    FX業者選びのポイント3 自動売買の有無





    これは、「自動売買は絶対にやりたくない」という人にとっては全く気にしなくていい論点なのですが、広い意味で「何もしなくても利益が出るのが良い」と思っている人にとっては、いざやりたくなった時にいつでも使えるように、とりあえず自動売買ができるFX業者の口座も持っておいた方がいいと思います。



    何故自動売買ができるところも持っておいた方がいいのかというと、自動売買は非常に大きな不労所得を生む可能性のある取引手法だからです。その理由をもう少し詳しく説明します。



    まず、FXで、相場が一番大きく動くのは、ニューヨーク時間(日本では夜中)だといわれております。これは、世界最大の経済大国であるアメリカで活発に行われる時間なので、ある意味当たり前のことです。



    しかし、このニューヨーク時間というのが、日本では夜中から明け方までの時間帯なので、日本人にとって、非常に取引しづらい時間帯となっております。



    そんな中で、自動売買を設定しておけば、あとは寝ていても、他の仕事やプライベートを楽しんでいても、何をしていようとも、自動的にどんな時間でも取引して利益をあげてくれます。この重要性について、数字を使って考えてみましょう。



    例えば1万通貨で50銭の値幅で取引する場合、1回5,000円の利確になり、これを見逃すというのは、実質的に5,000円損しているのと同じことであり、これが10回積み重なれば5万円、50回積み重なれば25万円・・・・・・となります。



    この金額は、ちょっとしたスワップポイントの違いよりもはるかに重要と言えるのは、なんとなく分かってもらえるかと思います。このように、日本のFXトレーダーにとって、一番取引しづらいニューヨーク時間も含めて、24時間自動で利益を積み重ねてくれるというのが、自動売買の重要な点です。



    もちろん、自動売買にも想定レンジより大きく値動きするとロスカットされる危険があるなど、デメリットもあるのですが、それでもより大きな不労所得を稼げる可能性もあるので、少しでも興味があれば、まず小さい金額からはじめてみるのも一つの手だと思います。



    以上のように、高金利通貨に長期投資する場合、「スワップポイントの高さ」「取引単位」「自動売買の有無」が重要です。



    では、こうしたことを踏まえたうえで、どこの会社がおすすめなのについて紹介したいと思います。



    FXスワップポイント投資おすすめ業者2019年11月(毎週更新)





    それでは、今月のスワップや自動売買の有無、さらには取引単位等を比較した上で、スワップ目的の長期投資に向いたFX業者を紹介していきたいと思います。



    スワップポイントは、上位の会社はあまり変わらない印象がありますが、それでも日々変動し、「今はこっちの会社の方が高くても、どこかのタイミングで逆転するかもしれない」というのはあるので、上位の会社で持っていない口座は、とりあえず開設するのをおすすめします。



    FX口座を持つこと自体は、一切手数料等もかからず、ただ口座を持っているだけではデメリットはありません。実際、管理人は20社以上FX口座を持っており、その中には使っていない口座もあります(笑



    また、見てもらえれば分かりますが、会社によって「この通貨では強いがこの通貨ではそうでもない」「自動売買ができるかどうか」という点が異なるので、そうした特長もあわせて確認してもらえればと思います。




    セントラルミラートレーダー

    メキシコペソならまずここ

  • 大人気の高金利通貨、メキシコペソのスワップポイントトップで、スワップ利回り9%近く
  • スプレッドもトップ
  • 千通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定で5,000円キャッシュバック+特別レポートあり
  • アイネット証券

    高金利通貨自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ズロチユーロでおすすめ

  • ズロチ買い、ユーロ売りで為替リスクを抑えてスワップを貰う最近人気急上昇中の手法
  • EUR/PLNという通貨ペアの売りで、それができる
  • そのズロチユーロのスワップポイントが一番高い
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • トライオート_トルコリラ用

    トルコリラの新星!

  • トルコリラのスワップポイントが最近トップに躍り出て、今やダントツトップ
  • トライオートFXで全自動売買も対応
  • 1,000通貨単位でも取引可能
  • 期間限定でトルコリラ取引で、1万通貨あたり往復100円のキャッシュバックあり
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    ドル円のスワップ投資ならここ!

  • 米ドル円スワップが安定してトップクラス
  • iサイクル注文で自動売買可能
  • 東京金融取引所運営のくりっく365のため信頼性が高い
  • 1万通貨でしか取引できないのが難点

  • ヒロセ通商

    南アフリカランドとNZドルでおすすめ

  • 南アフリカランドとNZドルのスワップポイントが安定してトップクラス
  • スプレッドもトップクラス
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイトからの申込限定で2,000円特別キャッシュバック




  • セントラル短資FX





    ここは、個人的には今高金利通貨の中で一番おすすめだと思っているメキシコペソについて、条件が一番良い会社です。



    メキシコペソという通貨は、


  • 政策金利7.5%と高金利

  • その割に失業率、債務残高、インフレ率といった新興国ではよくある問題がない

  • メキシコは世界最強の国であるアメリカの隣国であり、アメリカの成長に伴って成長が期待される

  • メキシコ自体も今後人口の増加が予想されており、経済成長も期待されている

  • メキシコは産油量世界6位、銀生産量世界2位等、世界有数の資源大国



  • というように、政策金利に比べて安定感のある、高金利通貨の中で優等生と言われる通貨です(詳しい見通しなどは、メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想で書いております)



    そのメキシコペソについて、セントラル短資FXは、

  • スワップポイントがトップクラス

  • メキシコペソも1,000通貨単位で取引可能で、メキシコペソが6円以内なので、6,000円でもレバレッジ1倍で投資可能

  • スプレッドもトップ(セントラル短資FXが原則固定0.2銭)


  • というように三拍子そろっております。



    そのため、メキシコペソに投資する場合、セントラル短資FXがまずおすすめです。



    また、セントラル短資FXには当サイトからの口座開設限定のキャンペーンもあり、期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです。



    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    アイネット証券





    アイネット証券は、ループイフダンという自動売買が手数料無料で使えて、かつ、高金利通貨のスワップが非常に高い点がおすすめです。



    下で一覧を見てもらうと分かりますが、スワップポイントについて、今週は、なんと全ての通貨でスワップポイントがトップとなっております。さすがにこれは初めて見たパターンですが(笑)、普段も3-4つくらいの通貨でトップ、それ以外もトップクラスというのがよくあります。



    そして、この高いスワップポイントを、手数料無料の自動売買(ループイフダン)で運用できます。



    ループイフダンというのは、はじめに通貨ペアと売買の方向と通貨量、値幅、最大本数を設定したら後は全部自動で売買してくれるという自動売買で、取引のイメージとしては以下のような感じです。



    loop.png



    このように、ループイフダンというのは、かなり簡単にできる自動売買で、初心者からも人気の高いものです。



    また、初心者でも簡単にできるという以外にも、

  • 自動売買なのに手数料無料スプレッドも最安値水準と、コストが安い

  • 高金利通貨のスワップポイントは、自動売買じゃないところを含めても最高レベル

  • 1,000通貨単位の取引も手数料無料でできる



  • といったことから、使い勝手が良く、実際に管理人も、今時点で400万円公開運用しております。

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧



    私の公開ポジションは、トルコリラとメキシコペソのループイフダンを除くと、豪ドル/NZドルという、あまりスワップが関係ないものが多いのですが(笑)、高金利通貨で自動売買したい場合にも、アイネット証券はおすすめです。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、もれなく3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    IG証券





    IG証券は、ズロチユーロサヤ取りという手法で投資する場合、スワップ目的で長期保有であれば一番おすすめの会社です。



    ズロチユーロサヤ取りというのは、

  • ズロチとユーロは非常に値動きが似ている(相関係数0.9以上)

  • ズロチは高金利

  • ユーロは低金利


  • という特徴を利用して、ズロチを買って、ユーロを売ることで、為替リスクを抑えてスワップを貰うという、最近初心者から上級者まで幅広く人気の手法です。



    この「ズロチ買い、ユーロ売り」というのは、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りでやってもいいのですが、それ以上にEUR/PLNという、「ユーロを売ってズロチを買う」という通貨ペアを売りにすれば、「ズロチを買ってユーロを売る」という状態になるので、このEUR/PLNという通貨ペアを売ることでも取引することでもできます。



    そして、このズロチ円買い・ユーロ円売りか、もしくはEUR/PLNでの売りの中でスワップポイントを比較すると、IG証券が一番条件が良く、また、EUR/PLNという通貨ペアでやることで、

  • 指値注文でエントリー・決済ができる(ズロチ円、ユーロ円に分けると、EUR/PLNがここに来た時に、みたいな指値の入れ方ができない)

  • 通貨ペアとしてもEUR/PLNという1通貨の分の証拠金だけでよい(ズロチ円とユーロ円に分けると、両方の証拠金が必要)ので、ロスカットされにくい


  • という特徴も出てくるので、その点でもおすすめです。



    また、IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で、さらにCFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円と、非常に簡単に1.5万円を貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着150名なので、なくなってたらすみません・・・・)



    口座開設は

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)



    IG証券 キャンペーンページ



    インヴァスト証券(トライオートFX)





    ここは、トルコリラのスワップポイントが、最近トップに躍り出たところで、最近だと他を寄せ付けないレベルの圧倒的なスワップになっているので、今かなり注目している会社です。



    スプレッドは5.5銭と広い(みんなのFXやLIGHT FXは原則固定1.7銭)のですが、今はトルコリラ取引でキャンペーンをやっており、1万通貨あたり往復100円キャッシュバックされるので、キャッシュバックを合わせると実質的に4.5銭となっております。



    最近はどこもトルコリラのスワップポイントを下げているところですが、インヴァスト証券はかなりトルコリラのスワップポイントに気合を入れているようで、注目しております。



    また、トライオートFXの最大の特徴は、「自動売買セレクトでは、選ぶだけで全自動売買ができる」「自分で細かく設定することもできる」というように、自由度の高い自動売買が可能なことで、これも合わせて考えると、「トルコリラの自動売買運用について、最適なFX会社になるのではないか」という点で注目しております。



    今はトルコリラの自動売買はループイフダンで運用しており、そこでは20%以上の利回りを出しており、トルコリラの自動売買はかなりありだなと思っているのですが、もしトライオートFXのスワップポイントがこのままトップを維持できそうであれば、自動売買の自由度の高さもあって、こちらでも運用してみようかなと思っております。



    私も今後もう少し様子を見て、良さそうであれば自動売買設定を公開運用するかもしれないので、興味があれば、是非どうぞ。



    また、インヴァスト証券については、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、

    インヴァスト証券(トライオートFX)
    button2.png

    からできます。



    外為オンライン(くりっく365)





    外為オンライン(くりっく365)は、名前の通り外為オンラインのくりっく365口座です。くりっく365口座というのは、普通のFX会社は、そのFX会社が管理、運営している「店頭FX」なのですが、くりっく365は、東京金融取引所が監理・運営するFXで、公的機関である取引所が運営するため信頼性が高く、例えば倒産リスクがほぼない、スリッページ・約定拒否がない等のメリットがあります。(くりっく365についての詳しい話はくりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いております)



    そして、くりっく365はそうした「信頼性の高さ」だけではなく、高金利通貨についてスワップポイントが高いという点でも評価が高く、その中でも特に、米ドル円のスワップについてはトップ、他の通貨でもスワップポイントがトップレベルの水準となっております。



    また、南アフリカランドやトルコリラ、メキシコペソについても単独トップではないものの、それでもトップレベルの高水準となっており、その結果、くりっく365全体でFXの南アフリカランド取引のうち40%、メキシコペソ取引のう60%が行われております



    このように、長期投資に必要な「長期にわたってお金を預けていられる信頼性」「高いスワップポイント」という両方を兼ね揃えているため、くりっく365は長期投資に非常に向いています。ただし、一つ欠点としては、1万通貨単位でしか取引できないという点があり、細かい単位で取引したい場合は、別の会社がおすすめとなります(南アフリカランドやメキシコペソは10万通貨単位)



    なお、くりっく365をやっている会社間では、スプレッド、スワップ、取引単位はすべて同じで、その一方、手数料や取引ツールなどに違いがあります。



    では、くりっく365対応FX業者の中でどこがいいかについては、基本的に私がおすすめしているのは外為オンラインGMOクリック証券【くりっく365】 ですが、高金利通貨を長期的に取引する場合には、外為オンラインでの取引をよりおすすめします。



    その理由としては、外為オンラインについては、基本的に取引手数料は無料、ツールも使いやすく、スマホや携帯にも対応ということに加え、何よりくりっく365でiサイクル注文という自動売買ができる唯一の会社のがあります。



    このiサイクル注文と言うのは、年間500万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法で詳しく書いてあるのですが、要は「下がったら買う、上がったら売る(もしくは上がったら売る、下がったら買うの取引も可能)」というのを自動売買してくれるものです。



    そして、このiサイクル注文については、「値動きの激しい高金利通貨」との相性が特に良いと言われております。



    これは、iサイクル注文で買いを入れた場合、レンジ相場であれば、値動きが激しいため、基本的に上げ下げしており何度も約定して利益が出ることになります。また、その間でも日をまたいで買いポジションがあれば、スワップも当然もらえます。



    また、上がっている時も、一本調子にあがることはまずないので、その中で下がった時に買って利確できますし、iサイクル注文は「相場が上がっている時にはそれに追随できる」という特徴もあるので、その場合も利益を逃さず取引できます(詳しくはiサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)



    一方、下がったとしても、その時には買いポジションが増えて、スワップがどんどん溜まり、その後上がるときには、今までのスワップも累積しながら、ポジションとしても利確する・・・・・・という夢のような状態になります。



    このように、レンジ相場が多くて値動きの激しい高金利通貨とiサイクル注文という組み合わせを、信頼性、スプレッド、スワップ共にトップの条件でできるというのが、ここをおすすめした理由です。



    口座開設は


    外為オンライン(くりっく365)
    申込ボタン


    からできます。



    ヒロセ通商





    ここは、南アフリカランドとNZドルでおすすめのFX会社です。



    ヒロセ通商は、この2つの通貨については、スワップポイントが安定してトップで、スプレッドもトップクラス、取引単位も1,000通貨単位で取引できるというように、最も条件の良い会社となっております。



    そのため、南アフリカランドかNZドルに投資する場合はヒロセ通商がおすすめです。



    また、ヒロセ通商には、当サイトから口座開設を申し込み、1万通貨以上取引すると、当サイト限定で通常のキャッシュバックにプラスして2,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからするのがおすすめです。



    口座開設は


    ヒロセ通商
    button2.png


    からできます。



    みんなのFX





    みんなのFXは、豪ドル、トルコリラに投資するなら、まずここを持っておくべきというところです。



    ここは、豪ドルについて大体トップのスワップポイントで、また、ドルやトルコリラについてもトップクラスの水準にあります。



    また、1,000通貨単位での取引も可能なので、少額から投資したり、細かくポジションを増減させることもできます。



    高金利通貨は、スワップポイントが高いところで、安くなったら少しずつ買っていくというのが王道ですが、そうした取引方法にぴったりなのが、このみんなのFXです。



    また、他にも、ズロチ・ユーロサヤ取りという、為替リスクを抑えながら、年利9%近いスワップ利益を受け取る手法でも使えて、IG証券は1万通貨取引なのにたいして、ここは千通貨でも取引できるのがポイントです。



    さらに、みんなのFXでは、スワップポイントにかかる税金が、決済やスワップポイントを確定しない限り課税されないという特徴もあります。そのため、何年も長期投資する場合には、おすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FX





    Light FXは、昨年10月末にリリースされたばかりの新しいFX口座で、上でも紹介したみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているサービスです。



    Light FXのスワップは、運営会社がみんなのFXと同じだからなのか、スプレッド、スワップともにみんなのFXと同じで、取引単についてもみんなのFXと同様1,000通貨単位から取引可能です。



    「それならみんなのFXで良いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、それは全く違い、「どちらも持って、通貨や取引スタイルで使い分ける」というのがベストです。(通貨というのは、例えば豪ドルはみんなのFX、トルコリラはLight FXという感じで、取引スタイルというのは、長期スワップ運用はみんなのFX、短期トレードはLight FX等です)



    何故使い分けをすべきなのかというと、豪ドルもトルコリラもみんなのFXでやっていると、例えばトルコリラが今後何かの理由で急落した場合、豪ドルがそこまで落ちなくても、一つの口座である以上、まとめて全てロスカットされることになるためです。



    例えば、2018年8月にトルコリラが22円から15円まで急落するいわゆる「トルコショック」がありましたが、この時私の持っていたみんなのFXのポジションは、トルコリラにつられて南アフリカランドや、メキシコペソも一気にロスカットされてしまいました・・・・・(苦笑



    また、仮にトルコリラがなかったとしても、南アフリカランドは2018年のお盆に8円から7円まで一日で急落し、その後すぐ戻したというようなこともあり、その時に豪ドルはほとんど動いていなかったので、新興国通貨のポジションをまとめてしまうと、一つだけ急落した時につられてロスカットというリスクは、かなり大きいと考えられます。



    それに対して、もしみんなのFXとLight FXで通貨をわけていれば、こうした「一つの通貨が落ちた時にまとめてロスカットされる」といったリスクを下げる>ことができます。これは、かなり大きな安心材料になります。



    また、複数の通貨はやらず、例えばトルコリラオンリーでトレードしている人にとっても、、「短期からスイングのトレードはLiht FX、長期のポジションはみんなのFX」といったような使い分けも可能になります。



    これまでも「分けないとなあ」と思っておりましたが、とはいえ新興国の高金利通貨のスペックは、みんなのFXが良すぎたせいで分けられなかったのですが、これで安心して口座を使い分けることができるようになりました。



    Light FXは、口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、さらに当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    FXスワップポイント比較の最新ランキング2019年11月(毎週更新)





    最後に、上で紹介しなかった会社も含め、主要なFX業者のスワップ、自動売買の有無、取引単位について一覧表にまとめます。以下の表はすべて執筆時現在の情報で、単位はすべて円で、1万通貨あたりのスワップを表示し(南アフリカランドとメキシコペソのみ10万通貨)、その中で一番条件が良いところを赤くしております。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソズロチユーロ自動売買取引単位
    セントラル短資FX2610156020130なし×
    アイネット証券62232216062160なし
    IG証券4214141304512057×
    インヴァスト証券40557062なしなし
    外為オンライン(くりっく365)611619138589536.1
    ヒロセ通商201819150571300×
    みんなのFX5518221205512058.9×
    JFX株式会社201819150なしなしなし×
    LIGHT FX5518221515515158.9×
    GMOクリック証券【FXネオ】48181810044100なし×
    マネーパートナーズ20151411048110なし
    FXプライムbyGMO4011111505014034.4×
    DMM FX621919110なしなしなし×
    外為オンライン(店頭)355105055100なし
    インヴァスト証券(シストレ24)10-20-200なしなしなし
    フィリップ証券4811205042なしなし×




    口座開設は


    【メキシコペソでおすすめ+当サイト限定レポート+特別キャッシュバック5,000円】

    セントラル短資FX
    button2.png



    【スワップ最高レベル+手数料無料の自動売買+当サイト限定で3,000円のAmazonギフト券】

    アイネット証券
    button2.png



    【ズロチユーロでおすすめ+簡単に1.5万円もらえる先着150名限定の新規口座開設キャンペーン】

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    【米ドルスワップトップ+他の通貨ペアもトップクラス+自動売買可能】

    外為オンライン




    【トルコリラの自動売買で注目+当サイト限定3,000円キャッシュバックあり】
    インヴァスト証券(トライオートFX)
    button2.png



    【南アフリカランド、NZドルでおすすめ+当サイト限定キャッシュバック2,000円】

    ヒロセ通商
    button2.png



    【豪ドル、トルコリラでトップクラス+ズロチユーロでもおすすめ+特別キャッシュバック3,000円】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと合わせて持っておきたい+特別キャッシュバック3,000円】

    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。



    FXスワップポイント比較ランキングの根拠





    以下の優先順位でランク付けを行っております。

  • 今回の記事で取り上げた通貨ペアのうち、スワップポイントがトップの通貨の数

  • 自動売買の有無、取引単位等から、上記おすすめ業者で紹介したFX業者

  • 上記のポイントが同一である場合、当サイトからの口座開設の実績




  • 【関連記事】

    メキシコペソスワップポイント比較2019年 | おすすめ投資法とFX会社

    トルコリラスワップポイント生活は可能? | 必要資金、利回り・リスク2019年(毎週更新)

    FX会社比較の最新版2019年11月 | おすすめFX業者を総合力で比較

    2019年11月05日 23:41

    30manyen.png



    FX会社を変えただけで30万円も利益が増えた!?




    FXでは「どのように取引するか」と同じかそれ以上に「どこで取引するか」が大事だと言われますが、実際に会社の選び方によって何十万円と利益に差が出ることはありえます。



    そこで今回は、何故そこまで大きな差が出るのかということと、FX会社の選び方のポイントを説明し、最後にFX業者を比較して、おすすめのFX業者を紹介します。



    筆者は、FX暦11年、現在9年連続でFX収益黒字達成中で、現在も700万円以上を公開運用している現役トレーダーですが、実際に使ってみた感想や、周りの専業トレーダーの意見なども踏まえて、本当におすすめできるFX会社を説明します。



    下では10社紹介しておりますが、その中でも、特にここは絶対に持っておくべきという4社はこちらです。




  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • セントラルミラートレーダー

    メキシコペソ買いと短期トレードで最強

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • 最狭水準のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • アイネット証券

    自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 管理人の公開運用設定でも、利回り40%以上の戦略※もあり

  • ズロチユーロサヤ取り+ノックアウト・オプション

  • ズロチ買い、ユーロ売りで為替リスクを抑えてスワップを貰う最近人気急上昇中の手法
  • EUR/PLNという通貨ペアの売りでそれができて、スワップポイントが一番高い
  • ノックアウト・オプションという、この会社でしか扱いのない金融商品がとにかく凄い
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 脅威のスプレッド提示実績99%
  • 豪ドル/NZドルという、管理人おすすめの通貨ペアでスプレッド、スワップともに最高水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイト限定3,000円の特別キャッシュバック


  • ※ 設定と実績:【利回り約40%】ループイフダン豪ドル/NZドルの実績をブログで公開



    それでは、まず大前提として、何故FX会社選びが非常に重要なのか、その理由を説明します。



    FX会社の選び方によって利益額が違うのは何故?





    FXの利益の出し方は、大きく


  • 買った時より高く売る(あるいは売った時より高く買う)ことによる為替差益

  • 通貨ペア同士の金利差に相当するスワップをもらうことによる利益



  • に分けられますが、このどちらのやり方を選ぶにしても、FX業者によって、全く同じ取引をしても数万、数十万円単位で利益に差が出ることがあります。



    それは何故かというと、「取引コスト(=手数料+スプレッド)」も「スワップポイント」も業者によって大きく異なってくるためです。具体的に数字を使いながら見ていきましょう。



    まず取引コストについて、FXでは、取引手数料は今は大体無料なんですが、それ以外に「スプレッド」というものがあります。これは買う時と売る時の差のことで例えばドルは100円で買えて、99円で売れるということです。この場合、買った直後に売ると、1円分損になります(1万通貨なら1万円の差)



    今どき1円もスプレッドのあるところなんてありませんが(笑)わかりやすい例としてこの数字であげました。今どきはスプレッドは少ないところで0.1銭程度で、多いところで2銭とかです。



    では、ここで具体的な数字を使って考えてみましょう。例えば、スプレッドが1銭(0.01円)違うとどうなるでしょうか?



    この場合、1万通貨取引を行えば100円の差に、10万通貨取引を行えば1,000円の差になります。この時点で既に高いお昼ごはん1回分の差になっているのですが、これが年間累積していくとどうなるでしょうか?



    1日1回、10万通貨で取引を行うというのでは、年間約240日取引可能な期間があるので、なんと1年で24万円もの差になります。



    そして、短期トレードでは基本的にレバレッジを高く設定し(=多くの通貨単位で行う)、かつ、何度の取引を行うため、実際にはこれ以上の差になる可能性も十分にあります。



    このように、たった1銭違うだけでも莫大な影響があるスプレッドですが、通貨ペアによっては10銭単位でスプレッドに差があることもざらであり、その場合スプレッドだけで何十万円と損することになります。



    また、仮に0.1銭の差でも、積もっていけば数万円、数十万円の差になっていくので、少しでもスプレッドの安いところを選ぶべきです。



    次に、スプレッドだけではなく、スワップの金額も、業者によって大きく異なります



    例えば、高金利通貨として人気の高い通貨ペアについていくつか例示すると、



    米ドル豪ドルNZドルランドリラペソズロチ
    ユーロ
    高い会社6926281518515159
    低い会社20-20-30025500
    差額4946581516010159
    年額17,88516,79021,17055,11521,90036,86521,535




    これを見てもらうと分かるように、大きな差が出てきます(南アフリカランドとメキシコペソは、1通貨10円以内と非常に少額で、10万通貨単位から取引できる会社が多いので、この2つだけ10万通貨単位で表現しました)



    このように、FX会社の選び方によって、為替差益を狙うにしても、スワップを狙った長期投資でも、どちらにしてもかなり大きく利益に差が出てきます。



    また、こうしたスプレッドやスワップ以外の大きな要素として、自動売買によって取引機会を逃さないということも考えられます。



    FXでは一瞬値が動いてすぐに戻すということはよくありますが、そこで例えば50銭ごとに自動で売買する設定を入れておけば、その間何をしていようとも5,000円の利益が入ってきて、これが年間10回あれば5万円、20回あれば10万円の利益の差になります。



    FXでは、一番値動きが激しいのはニューヨーク時間であり、それは日本では深夜から早朝というように、多くの人が寝ている時間なので、その間に値動きをしても、きちんと利益を上げてくれる、というのが自動売買の大きなメリットです。



    こうした自動売買についても、対応しているか、また対応していてもどういったものかというのも千差万別であり、そのため、FXでの業者選びというのは、色々な視点から検討する必要があります。



    FX会社の選び方について





    では、どのFX会社を選べばいいのかという、選び方について解説したいと思います。



    まず、「どんな取引の仕方でもベストな条件を提示してくれる会社」なんてものはありません



    会社によって、スプレッドが狭くて短期売買に強い会社もあれば、スワップが高い会社もあり、取引単位が非常に細かく決められる会社もあれば、自動売買に強い会社もあれば、ツールが使いやすい会社もあれば、サポートが手厚い会社もあるなど、色々な会社があります。



    また、取引ツールについても、「合う合わない」「見やすい見やすくない」は人によって好みが大きく異なる部分ですが、こういうちょっとした使いやすさによって、トレード成績は大きく変わってきます。



    なので、自分が「どういう点を重視したいのか」ということによって、本当に選ぶべき会社は異なってきます。



    当サイトでは、「この会社の強みは何か」というように、「どういう場合におすすめなのか」ということを書いていきます。なので、最後まで読んでいただいて、その中で「自分はこういう点を重視したい!」というような形で選んでもらえるといいのではないかと思っております。また、どこがあう、あわないは使ってみないと分からない部分が大きいので、色々な口座を開設した上で、使い比べてみるのがおすすめです(当サイトで紹介しているすべてのFX会社は、口座開設手数料は一切かからず、口座を持ってみるだけなら完全無料です)



    今回の記事では、50社以上の会社をすべて比較した上で、特におすすめの会社10社を紹介したいと思います。



    FXおすすめ業者比較2019年11月




    それでは、今月のおすすめ業者を紹介します。


    セントラルミラートレーダー

    メキシコペソ買いと短期トレードで最強

  • メキシコペソの取引で一番おすすめ
  • 最狭水準のスプレッドで、スキャルピングOKなため、短期トレードでもおすすめ
  • 1,000通貨単位取引も可能で、少額からも投資可能
  • 当サイト限定でFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック
  • アイネット証券

    自動売買でおすすめ

  • 自動売買手数料無料。スプレッドも自動売買の中で最安値水準
  • 高金利通貨のスワップポイントも最高水準
  • 1,000通貨単位でも手数料なしで自動売買可能
  • 管理人の公開運用設定でも、利回り40%以上の戦略もあり
  • 当サイト限定で3,000円分Amazonギフト券がもらえる!
  • ズロチユーロサヤ取りと、ノックアウト・オプションでおすすめ

  • ズロチ買い、ユーロ売りで為替リスクを抑えてスワップを貰う最近人気急上昇中の手法
  • EUR/PLNという通貨ペアの売りでそれができて、スワップポイントが一番高い
  • ノックアウト・オプションという、この会社でしか扱いのない金融商品がとにかく凄い
  • 先着150名限定で最大6万円、その内1.5万は割と簡単に手に入る破格のキャッシュバック
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    スプレッド業界最狭水準宣言

  • スプレッドはほとんど全ての通貨でトップレベル
  • 脅威のスプレッド提示実績99%
  • 豪ドル/NZドルという、管理人おすすめの通貨ペアでスプレッド、スワップともに最高水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりスプレッドはどの通貨も最狭水準
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨や短期・長期で使い分けたい
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • DMM FXは初心者向け

    DMM.com証券全体で国内FX口座数No1

  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位!(※)
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 当サイト限定で4,000円特別キャッシュバックがもらえる!
  • FXプライムbyGMO

    億トレーダーも認めた本当に使える口座

  • スプレッドは、トップクラスではない
  • にも関わらず、億トレーダーが実際に多く使っている
  • その理由は、完全約定と、スリッページのなさ
  • 1,000通貨単位でも取引可能!
  • 当サイト限定3,000円のキャッシュバック
  • 外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

    忙しいあなたにおすすめ

  • 800万円稼いだ戦略も!24時間全自動売買、iサイクル注文!
  • 満足度98%のセミナーで初心者にもおすすめ
  • 1,000通貨単位で取引可能!(店頭口座)
  • 現在50万口座達成キャンペーン実施中
  • 外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

    業界最狭水準スプレッドで自動売買を!

  • 自動売買で取引コスト圧倒的最安値
  • 自動売買である連続予約注文も手数料無料
  • スプレッドも業界最狭水準
  • 100通貨単位で取引可能!
  • はっちゅう君

    FXトレーダーから1番人気

  • FX年間取引高7年連続世界1位※2
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • 分かりやすく高機能なチャート
  • 株口座、CFD口座に瞬時に資金移動が可能!

  • ※  2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ (2019年1月口座数調査報告書)
    ※2 ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)



    セントラル短資FX





    セントラル短資FXは、短資会社(金融機関同士の短期の貸借の仲介をする会社)として100年以上の歴史を誇る信頼性の高さで人気の一方、ちょっと前までは「そこまで突出した強みもなく、安定志向の人向け」の会社だったのですが、最近は、



  • 最近人気のメキシコペソで一番おすすめ

  • 短期トレード向けの通貨ペアでスプレッド最狭レベル

  • スプレッド提示率も圧倒的に高く、スキャルピングもOK

  • ドル円、トルコリラ、南アフリカランドのマイナススワップが一番安く、スプレッドも狭く、売りで使いやすい




  • というように、スペックも非常に高くなりました。



    ここのメキシコペソ円は、


  • スワップポイントが一番高い

  • 1,000通貨取引可能なため1万円以内からの少額投資もできる

  • スプレッドも原則固定の会社の中で一番狭い



  • と三拍子そろっており、メキシコペソでは一番おすすめです。



    また、スキャルピング向けの通貨でスプレッドがトップクラスであり、かつ、スプレッド提示率が99%超と比較対象会社の中で高く、レートの信頼性という点で評価できる会社です。また、ドル円以外の通貨ペアについても、ほとんどの通貨ペアで99%台後半の提示率となっており、まさに「原則固定」の名に恥じぬスプレッドと言えます。



    さらに、当サイト限定・期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです(詳しくは【限定レポート】セントラル短資FXと当サイト限定レポートタイアップで書いております)



    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    アイネット証券





    アイネット証券は、ループイフダンという自動売買が使える点がおすすめです。



    ループイフダンというのは、はじめに通貨ペアと売買の方向と通貨量、値幅、最大本数を設定したら後は全部自動で売買してくれるという自動売買で、取引のイメージとしては以下のような感じです。



    loop.png



    このように、ループイフダンというのは、かなり簡単にできる自動売買で、初心者からも人気の高いものです。



    また、初心者でも簡単にできるという以外にも、


  • 自動売買なのに手数料無料スプレッドも最安値水準と、コストが安い

  • 高金利通貨のスワップポイントは、自動売買じゃないところを含めても最高レベル

  • 1,000通貨単位の取引も手数料無料でできる

  • 豪ドル/NZドル、トルコリラといった、自動売買でやりやすい通貨ペアの条件が良い



  • といったことから、使い勝手が良く、実際に管理人も、今時点で300万円以上公開運用しております。

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧



    私の公開ポジションは、

  • 豪ドル/NZドルのハイリスク・ハイリターン狙い:利回り40%目標で、現在40%ペース

  • 豪ドル/NZドルのローリスク・ローリターン狙い:利回り10%目標で、現在10%ペース

  • トルコリラ11.66円まで耐える戦略:利回り20%目標で、現在20%ペース


  • と順調に運用出来ており、おすすめです。



    また、当サイトから口座開設を行うと、当サイト限定で、もれなく3,000円のAmazonギフト券が貰えるタイアップもあるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    アイネット証券
    button2.png


    からできます。



    IG証券





    この会社は、ズロチユーロサヤ取りという、

  • ズロチとユーロの値動きは非常に良く似ている

  • ズロチは高金利

  • ユーロは低金利


  • ということで、ズロチを買って、ユーロを売ると、為替リスクを抑えながらスワップポイントを貰える手法をやる上で一番おすすめの会社です。



    この「ズロチ買い、ユーロ売り」というのは、ズロチ円の買い、ユーロ円の売りか、EUR/PLNという通貨ペアの売りでできるのですが、IG証券は、かなり珍しい通貨ペアであるEUR/PLNの取扱いがあり、しかもそのスワップも、ズロチ円・ユーロ売りの会社と比べても高いという会社です。


    ズロチ円の買い、ユーロ円の売りと比べて、「EUR/PLNの売り」だと、

  • 指値注文でのエントリー、決済ができるので、条件が良い(EUR/PLNが高い)ところに指値注文を入れて、あとは放置できる

  • ズロチ円買い、ユーロ円売りだと2つの通貨ペア分の証拠金が必要なのに対し、EUR/PLNでは1つ分で済むため、同じ資金でもロスカットされにくい


  • というメリットもあるので、ズロチユーロサヤ取りだと、今はここが一番おすすめです。

    関連記事:【実績利回り27%】ズロチ・ユーロサヤ取り運用実績



    また、IG証券は、ノックアウト・オプションという非常に面白い金融商品を世界で唯一取引可能な会社で、これが、スキャルピング等の短期トレードに最適であるという点も強みとしてあります。



    このノックアウト・オプションは、その名のとおりオプションのひとつなので、基本的にはFXとは違うものなのですが、

  • FXのように、為替の動きの上下で利益を取り、また、利確・損切のタイミングも自由であり、FXやCFDに近いイメージ、感覚で取引できる

  • FXと比べて資金効率が非常に良い(ドル円1万通貨購入に最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウト・オプションなら最低2,000円以下のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる)

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、FXでいうスリッページ、窓開けの影響は一切なく、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%


  • という特徴がある商品です。



    FXだと、大口で運用するためには、多額の資金が必要(例えば100万ドル運用するには、FXだと400万円以上必要)で、しかも相場が想定外に大きく動いてロスカットが間に合わなければ、とてつもない損失が出て、状況次第では追証というリスクもあります。



    それに対して、ノックアウト・オプションでは、100万ドル運用でも、オプション購入金額は20万円以内から可能で、リスクもそのオプション購入金額に限定され、絶対に追証がありえず、その点で、大口を短時間運用するスキャルピングにはぴったりの金融商品といえます。



    こうした特徴から、特に

  • 億トレーダーや専業トレーダーの方

  • リスクを抑えつつ、大口で運用したい人

  • 元々海外FXでハイレバレッジや、ゼロカットでトレードしていた人


  • を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウト・オプションで、そういう意味で、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買にも最適な金融商品です。



    IG証券については、今なら先着150名限定で、最大6万円ものキャッシュバックという破格の口座開設キャンペーンも行われており、その内5,000円は口座開設して、50万円以上入金して、30日以内に1回新規取引というように非常に簡単な達成条件で、さらにCFDで他社の口座を使っている人は、取引報告書送付で1万円と、非常に簡単に1.5万円を貰えるので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(先着150名なので、終わってたらすみません・・・・)



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください

    IG証券 キャンペーンページ



    みんなのFX





    2018年からスプレッド業界最狭水準宣言を行い、スプレッドを狭くしたのがみんなのFXです。



    下で比較表をお見せしますが、みんなのFXは、宣言どおり、現在ほとんどの通貨で業界最狭水準のスプレッドとなっております。



    スプレッドについては、提示率も非常に高く、ドル円について、99%以上の提示率を誇ります。「原則固定」と表記するために必要な提示率が95%で、多くの会社が96~98%台であることを考えると、99.6%という数値は非常に凄い数字であり、シンプルに狭いスプレッドを求める場合、みんなのFXがおすすめです。



    また、みんなのFXは、管理人が今イチオシの通貨ペアである豪ドル/NZドルという通貨ペアでスプレッド、スワップポイントの条件が一番良く、その点でもおすすめです。



    さらに、みんなのFXは、1,000通貨単位での取引も可能であり、少な目の金額から取引したいという場合にもおすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。


    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FX





    Light FXは10月末に新しくリリースされたFX口座で、みんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているFXです。



    ここは、みんなのFXとスプレッド、スワップ、1,000通貨単位で取引できることが全部同じで、つまり、スプレッドはみんなのFXと同様、ほとんどの通貨ペアで業界最狭水準となっており、スプレッド提示率も99%台と非常に高くなっております。



    「じゃあみんなのFXでいいのでは?」と思われるかもしれませんが、それは違い、両方持っておくことをおすすめします。その理由を説明します。



    まず、みんなのFXとLight FXは、様々な通貨ペアでスプレッドがトップレベルなだけではなく、南アフリカランド、トルコリラ、メキシコペソといった新興国の高金利通貨についてスワップもトップクラスという特徴があり、短期ポジションでも、長期のスワップ投資ポジションでも、どちらでも使いたい口座となっております。



    しかし、では1つの口座で、色々な高金利通貨や、短期トレードのポジションもまとめるとどうなるか、考えてみましょう。



    高金利通貨というのは、値動きのリスクが大きく、また、長期保有前提であれば基本的に「ロスカットされない」ことを前提に、スワップを多く貰えるように組むものですが、そこに短期トレードのポジションを混ぜてしまうと、どちらか片方が想定外に少し大きな損失が出た時に、まとめて全部ロスカットされてしまうという危険があります。



    そのため、こういう長期の高金利通貨のポジションと短期のポジションは分けた方がいいのですが、今回Light FXが出たことによって、例えばみんなのFXは高金利通貨用、Light FXは短期トレード用といったような使い分けが可能になります。



    こうすれば、高金利通貨のポジションがロスカットされても短期トレードには関係ありませんし、逆に短期トレードで損を出しても、高金利通貨のポジションがロスカットされることを心配する必要がなくなります。まさに、「卵は一つのカゴに盛るな」ですね。



    そのため、みんなのFXの口座を持つ場合、あわせてLight FXも持っておくのをおすすめします。口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、また、Light FXは、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設を考えられている方は、当サイトからの申し込みがお得です!



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    DMM FX





    ここは、どの通貨で取引するかまだ決まっていない人におすすめできる会社です。



    後で一覧で比較表をお見せますが、スプレッドについて、この会社は「どの通貨もバランスよくスプレッドが良い」という会社です。



    また、他にも、取引ツールという点でもおすすめです。PC版のチャートでは、米国の国債やダウ平均、金相場等と為替の影響を見比べたり、それだけでなく経済指標の発表時に、どういう事前予想で、結果がどう、その結果がどれくらい値動きをしたかというのが一目でわかるという機能や、あらかじめ設定したレートに到達したときにアラートを鳴らすシステム等、かゆいところに手が届くシステムとなっております。



    過去の指標発表時とその動きが分かれば、今後「どのような指標に注目するべきか」「その事前予想はどうか」等、市場の大きな流れが分かります。こうした「市場の流れ」は短期で取引する場合でも、「大きな流れ」に沿って取引するのがやはり勝率も高いため、非常に重要となります。



    また、取引通信簿という機能もあり、自分の取引はどの通貨でやって、その損益はどうなっているか等を一目でグラフにして見せてくれる機能もあり、自分のトレードを見直す上でも非常に有用です。



    このように、取引ツールが優れているのが一つの強みですが、もう一つの強みは、「サポート体制」です。



    この会社は、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能になっております。



    何かあった時にすぐに気軽に問い合わせができるというのも、この会社の強みとなっており、その結果、DMM.com証券全体で国内FX口座数第一位となっております。(2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書))



    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、4,000円の当サイト限定キャッシュバックが貰えるので、DMM FXで口座開設をすることを考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。



    口座開設は


    DMM FX
    button2.png


    からできます。



    FXプライムbyGMO





    FXプライムbyGMOは、かなり玄人好みの会社で、特にスキャルピングを中心にトレードする人から人気の会社です。



    スキャルピングについて、FXプライムbyGMOはスプレッドについては、原則固定でドル円0.6銭、ユーロ円0.9銭、ポンド円1.8銭、豪ドル円1.3銭、NZドル円2.0銭、南アフリカランド円3.0銭、ユーロドル0.6pipsと、他の会社と比べてあまり良い方ではありません。



    しかし、ここはトッププロのFXトレーダーも使っている口座で、その理由としては、約定力とサーバーの強さがよくあげられます。



    例えば、


  • 4年間で2億円以上の利益をあげたジジさん

  • FXで年間1億円超を稼いでいる近藤さん

  • 数億円単位のトレードを繰り返すイケポンさん



  • 等、実際に億単位で運用されている専業トレーダーの方が実際にFXプライムbyGMOで多額のトレードされており、その理由としては、


  • きちんと約定される

  • スリッページがない

  • サーバーが強く、安心感がある



  • といった、単純にスプレッドだけではない強みを評価してのものでした。

    関連記事:勝ち組は何故FXプライムbyGMOを選んだのか?



    このように、FXプライムbyGMOは、「実際に使ってみると非常に良さが分かり、トッププロも使っている」というタイプの口座なので、まだ持っていない人は、是非使ってみてください。



    FXプライムbyGMOは、当サイト限定キャッシュバックとして、当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されるので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    口座開設は


    FXプライムbyGMO
    button2.png


    からできます。



    外為オンライン





    ここはiサイクル注文という非常に便利な自動売買ができるため、忙しい人におすすめの会社です。



    iサイクル注文というのは、下がったら買い、上がったら売る(あるいは逆に上がったら売る、下がったら買い)というのを、相場に追随して自動的に取引してくれる注文方法です。



    この注文では、想定している値幅内で値動きがあると、24時間自動で売買して利益を上げてくれるため、「想定幅を大きくとって、値動きの大きい高金利通貨で上がったら利確、下がってもスワップをもらう」というのが基本となります(詳しくは800万円稼ぐ戦略も!?iサイクル注文でFX自動売買!iサイクル注文の使い方と設定方法をご覧ください)



    外為オンラインでは、店頭FXとくりっく365の二つの口座があり、どちらでもこのiサイクル注文が使えるのですが、それぞれの特徴を表にまとめると、このような感じです。


    店頭FX くりっく365
    スプレッド 狭くはない 南アフリカランド、トルコリラでトップクラス
    スワップ 若干高い トップレベルに高い
    取引単位
    iサイクル注文 できる できる




    まず店頭FXについては、千通貨単位でも取引できるというのが大きな強みになります。



    iサイクル注文の基本戦略である「想定幅を大きくとって」ということを実施するためには、取引単位が小さくないと必要資金額がかなり大きくなりますが、店頭FX口座では1,000通貨単位で取引ができるので、そういう点では店頭FXがおすすめとなります。



    一方で、くりっく365口座については、トルコリラ、南アフリカランドについてスプレッド、スワップともにトップレベルで、他の通貨についても、スワップがトップレベルとなっており、その結果、FX全体での南アフリカランド円、トルコリラ円の取引のうち、40%をくりっく365が占めるに至り、高金利通貨について、非常に人気の口座となっております。



    こうした「南アフリカランドやトルコリラで条件が良い」というのはくりっく365対応業者全てで条件は同じなのですが、その中で唯一iサイクル注文ができるというのが外為オンライン(くりっく365)の特徴です。(くりっく365と店頭FXの違いや、その中で業者間の違いについては、 くりっく365おすすめ業者2018年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較で書いてあるので、そちらもご覧ください)



    南アフリカランドやトルコリラは、まさに「値動きの大きい高金利通貨」という特徴に当てはまるもので、それを最高レベルの条件でiサイクル注文で取引できるというのは、大きなメリットです。



    その一方で、くりっく365では1万通貨単位(南アフリカランドは10万通貨単位)でしか取引ができないため、取引単位を小さくしたい場合には、店頭FXがおすすめです。



    そのため、取引単位を小さくしてiサイクル注文で取引したい場合は店頭FX、取引単位を大きくしてもiサイクル注文で取引したい場合や、南アフリカランドやトルコリラを取引したい場合は、くりっく365がおすすめとなります。



    また、それ以外にも、FXとは何かということから、今後の為替の見通しまで、幅広いセミナーを行っており、セミナーの満足度も98%と非常に評判が良く、こうしたセミナーを無料で受講することができる、というのも、この会社の魅力です。



    口座開設は、店頭FX、くりっく365ともに


    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    マネーパートナーズ





    ここは若干玄人向けのツールなのですが、連続予約注文という、「半自動売買」とでも言うべきものが、非常に便利で強力なもので、最近管理人も非常に気に入ってきているところです。



    この連続予約注文というのは、同じ新規注文、決済注文を、最大20回まで繰り返せるというものです。



    nano_repeat_intro02_graph01.png



    このように、普通であれば

  • ①の買い注文+指値で利確注文を入れる

  • ①が決済されたら、②の指値注文+決済注文を入れる

  • ②が決済されたら、③の指値注文+決済注文を入れる


  • というように、何度も入れなおさなければいけないところを、はじめに①を入れる段階で、最大20回まで繰り返す設定にしておけば、

  • ①の連続予約注文を入れて、あとは放置


  • というだけで、①が決済されたら自動で②が、②が決済されたら自動で③が・・・というように、自動売買のように使うことができる注文です。



    ループイフダンやiサイクル注文などの自動売買と比べると、

  • 一つ一つの注文が独立しているので自由度が高く設定できる

  • 手数料が無料で、ドル円0.3銭原則固定など、取引コストが裁量を含めてもトップレベル



  • というメリットがある一方で、


  • 一つ一つ注文を入れないといけないので、手間がかかる

  • また繰り返しの上限が20回という制約があるので、20回になったら再度入れなおさないといけず、これも手間がかかる




  • というように、コストが安い代わりに、手間がかかるというのが、一番の特徴です。



    そのため、


  • とにかくスプレッド・手数料を安く自動売買がしたい(裁量も含めて業界最安値水準)

  • 100通貨単位で、非常に少額から取引したい

  • ループイフダンやトラッキングトレードより細かく設定をしたい

  • 若干手間がかかることを許容できる(操作自体は簡単なのですが、工数は普通の自動売買よりかかり、若干面倒です)


  • という人には、とにかくおすすめできるところです。



    この連続予約注文のメリット・デメリットや、使い方については、以下の記事で詳しく書いているので、興味があればこちらも是非ご覧ください。

    マネーパートナーズ連続予約注文とは?自動売買との違い、設定方法を解説



    この連続予約注文は、マネーパートナーズの口座を持っていれば、誰でも手数料無料で使うことができるものなので、興味があれば是非どうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)



    口座開設は、


    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    GMOクリック証券





    GMOクリック証券は、2012年以来年7連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位というように、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)



    GMOクリック証券とDMM.com証券は「取引高世界一位」「国内口座数日本一位」をそれぞれ争っているライバル関係にあり、そのため、スペックはDMM.com証券のDMM FXとほとんど同じで、スプレッドは多くの通貨でほぼトップレベル、高いレベルの取引ツールと24時間のサポート体制といったことに強みを持っています。



    その中で、GMOクリック証券にあってDMM FXにない特徴としては、ここの口座だと、株やCFD、先物なども一つのアカウントですべて管理できることがあります



    これは何がいいかというと、例えば今は為替より株の方が上がるかが分かりやすいから、株の方に投資したい、という状況があるとして、他の会社ではそもそも株を扱っていなかったり、扱っていても別アカウントでログインすることが必要な場合がほとんどです。



    そのため、株口座にお金を入れるためには、一旦銀行口座に出金してもらってから株口座に入れる、などが必要で、手間がかかる上に、出金や振り替えに数日かかったりする場合がほとんどで、「やりたいと思ってから数日待たないといけない」といったことが起こります。そうなると、その間に株が既に値上がりしてしまえば、「あの時買えていたら利益が出たのになあ」ということになりかねません。



    それに対して、GMOクリック証券では同じアカウントの中での振替なので、即時に振り替えが可能なので、手間がかからず、また、「3日前から値上げした値段で買わないといけない」とか、そういうことはなくてすみます。



    一方で、サポート体制は、DMM FXと違いLINEに対応しておらず、電話かメールでしかできないということが、DMM FXにあってGMOクリック証券にない点と言えます。また、取引ツールについては、個人によって差がある部分で、「GMOクリック証券の方が好き」「DMM FXの方が好き」という人のどちらもおり、甲乙つけがたいと考えております。



    なので、取引ツールについては実際に使ってみて、使いやすいと思うところで取引をするのが良いと思います。



    口座開設は


     GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    FX業者スプレッドの最新比較2019年11月版





    最後に、スプレッドを表でまとめます。くりっく365以外は全て原則固定で、単位はユーロドル以外は銭で、ユーロ米ドルのみpipsです。



    会社名スキャル
    歓迎宣言
    ドル
    ユーロ
    ポンド
    豪ドル
    NZドル
    ランド
    トルコリラ円ユーロ
    米ドル
    セントラル短資FX0.20.40.90.520.91.70.3
    アイネット証券×23546772
    IG証券×0.20.510.7変動変動変動0.4
    IG証券0.61.121.334変動0.6
    みんなのFX×0.10.40.80.610.91.70.3
    LIGHT FX×0.10.40.80.610.91.70.3
    DMM FX×0.20.510.71.21×0.4
    FXプライムbyGMO0.60.91.81.323変動0.6
    外為オンライン(店頭)×123361561
    外為オンライン(くりっく365)×変動変動変動変動変動変動変動変動
    マネーパートナーズ×0.30.40.90.61.211.90.3
    GMOクリック証券【FXネオ】×0.20.510.71.211.70.4




    となります。



    FX業者スワップポイント・自動売買・取引単位の最新比較一覧2019年11月





    次に、スワップポイントと自動売買、取引単位でFX業者を比較します。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソズロチユーロ自動売買取引単位
    セントラル短資FX2910206025130なし×
    アイネット証券65261915070140なし
    IG証券5819281384212059×
    インヴァスト証券40557085なしなし
    外為オンライン(くりっく365)6915221225110948.3
    ヒロセ通商202021150481100×
    みんなのFX6523181205312055.9×
    JFX株式会社202021150なしなしなし×
    LIGHT FX6523181205312055.9×
    GMOクリック証券【FXネオ】64231711043120なし×
    マネーパートナーズ20161211048110なし
    FXプライムbyGMO5415101105212031.4×




    口座開設は


    【短期トレード+メキシコペソ買いでおすすめ、当サイト限定5,000円+レポート】

    セントラル短資FX
    button2.png



    【利回り40%超も出せる豪ドル/NZドルやトルコリラの自動売買でおすすめ+当サイト限定3,000円Amazonギフト券】

    アイネット証券
    button2.png



    ズロチユーロサヤ取り+ノックアウト・オプション+先着150名限定の超破格キャッシュバックでおすすめ

    IG証券
    application_orange_b_320_100.png



    【スプレッド業界最狭水準+豪ドル/NZドルでおすすめ+3,000円の特別キャッシュバック】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと同じスペックで、トレードスタイルや通貨ペアで使い分けたい+3,000円の特別キャッシュバック】

    LIGHT FX
    button2.png



    【サポートが充実しており、どの通貨の条件も良く、初心者の方におすすめ+4,000円の特別キャッシュバック】

    DMM FX
    button2.png



    【超上級者が認めるスキャルピングでの約定力++3,000円の特別キャッシュバック】

    FXプライムbyGMO
    button2.png



    【iサイクル注文という自動売買+くりっく365の高スワップでおすすめ】

    外為オンライン
    application_orange_b_320_100.png



    【連続予約注文という取引コスト最強の自動売買でおすすめ】

    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    【使いやすいツール+どの通貨ペアもトップレベルの条件でおすすめ】

    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。

    FXマイナススワップポイント比較(売りスワップ) | おすすめ5選2019年

    2019年11月04日 21:25

    売りでおすすめのFX口座



    今回は、高金利通貨を売り建てしたい場合に、おすすめの投資方法と、マイナススワップが少なく、ショート口座としておすすめのFX業者を比較したうえで紹介します。(2019年11月4日に最新のスワップポイントに基づいて情報を更新!)



    2019年は、

  • 米中対立(貿易戦争、ファーウェイ問題等)

  • ヨーロッパの景気減速

  • アメリカの景気減速

  • 世界的な利下げ見通し

  • 2018年末燻っている株安のリスク


  • 等、相場が円高に傾くことも多く、実際に1/2にはいきなり大幅に円高になり、最近も105円台まで円高が進み、また全体的に見れば去年より円高方向に進みましたが、こういう相場が円高に傾いたときは、「短期的に売る」、「買いポジションだけの時に売りも追加して、一旦両建てにする」といった対応ができると、利益をあげられる可能性が大きく上がります。



    しかし、高金利通貨を売りたい場合、マイナススワップポイントという問題があります。これは、高金利通貨を買った場合にスワップポイントが貰えるのと全く裏表の話で、逆に売りの場合には、マイナスでスワップポイントが発生する(=コストになる)というものです。



    マイナススワップポイントは、決して馬鹿にならない金額で、例えば南アフリカランドを10万通貨売る場合、高い会社では1日400円のマイナススワップが発生します。これは、仮に1年間持てば、14万6,000円にもなります。なかなかとてつもない金額ですね。



    そこで、今回は、このマイナススワップポイントを避けるための対策と、それでもマイナススワップポイントを発生させざるを得ない場合にどこで取引すればマイナススワップポイントが抑えられるかということを紹介したいと思います。



    以下の順番で書いていきます。


    マイナススワップポイントを回避するための対策

    FX高金利通貨売りおすすめ業者2019年11月

    FX高金利通貨マイナススワップ(売りスワップ)比較一覧表

    通貨ペア別マイナススワップポイント(売りスワップ)比較ランキング

     米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

     豪ドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

     NZドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

     南アフリカランド マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

     トルコリラ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較

     メキシコペソ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較



    マイナススワップポイントを回避するための対策





    まず、マイナススワップポイントを回避するための対策から説明します。結論から言うと、デイトレード等、一日のうちにトレードを完結させれば、マイナススワップは発生しません



    これは、スワップポイントもマイナススワップポイントも、日をまたいだ時点(ロールオーバーと言われます)で発生するものであるため、そこをまたがないと発生しないためです(厳密に言えば、ロールオーバー対象となる早朝の時間帯なのですが、基本的には発生しないという認識で問題ないと思います)



    そのため、一番簡単なマイナススワップポイント対策は、デイトレードやスキャルピング等短期トレードにすることです。



    しかし、必ずしも1日の中でトレードを完結させられるわけではなく、数日単位で持ちたいときもあると思います。また、両建ての場合だと、数年単位で両建てを考えることもあり、そうした場合、マイナススワップポイントを回避することはできません。



    そこで、次にマイナススワップポイントが少ないFX業者を紹介したいと思います。また、売りの場合、多くはそこまで長い期間を想定しないトレードであったり、あるいは両建てのように「最初のスプレッド分をいつまでに回収するか」というように、スプレッドも重要だと考えられるため、スプレッドについても記載しております。



    FX高金利通貨売りおすすめ業者2019年11月





    では、今月の高金利通貨売りでのおすすめFX業者を紹介したいと思います。下で見てもらうと分かるように、取引したい通貨ペアであったり、取引単位(万単位か千単位か等)によってもどこが良いかは変わってきますし、マイナススワップポイントは日々変動して、今日はここがトップであったものの、明日は違うところ、ということも往々にしてあります。



    そのため、下であげた口座は、とりあえず持っておいて、使いたくなった時に使うというのがおすすめです。FXでは、口座開設手数料、口座維持手数料は無料で、口座開設をすること自体は特にデメリットはないので、とにかく色々な会社の口座を持つだけ持ってみて、その上で使い比べてみるのがおすすめです(例えば当サイト管理人は20社以上FX口座を持っており、中には最近全く使ってない口座もあります(笑))






    セントラルミラートレーダー

    1,000通貨単位で売るならここ!

  • 米ドル、南アフリカランド、トルコリラでマイナススワップが安い
  • 多くの通貨のマイナススワップがトップレベルに少ない
  • 1,000通貨単位取引可能
  • スプレッドも去年大幅に改善されて今はトップレベル
  • スプレッド提示率は驚異の99%超
  • 当サイト限定FX投資戦略マニュアル+5,000円追加キャッシュバックがもらえる

  • DMMFX

    豪ドル、NZドル売りならここ!

  • 豪ドル、NZドルでマイナススワップポイントが少ない
  • 他の通貨も全体的にトップクラスで、売りに向いている
  • スプレッドはどの通貨も最狭水準!
  • DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※1)。とにかく人気の口座
  • LINEでも電話でもメールでも、24時間のサポート体制!
  • 当サイトから申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックがもらえる
  • はっちゅう君

    バランスよく安いのはここ!

  • 全体的にトップクラスで、売りに向いている
  • どの通貨ペアもスプレッド最狭水準!
  • FX年間取引高7年連続世界1位※2
  • 有力FXブロガーアンケートでも1位!
  • トレイダーズ証券[みんなのFX]

    NZドル、メキシコペソ売りならここ

  • NZドルとメキシコペソのマイナススワップが最安値水準
  • スプレッドも一番狭い
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック
  • トレイダーズ証券【LIGHT FX】

    みんなのFXと合わせて持っておきたい口座

  • スプレッド、スワップはみんなのFXと同じ
  • つまりNZドル売りで一番おすすめ
  • 1,000通貨単位で取引可能
  • みんなのFXとは取引通貨やスキャルピング・長期等、用途によって使い分けたい
  • 当サイトからの申込限定で3,000円特別キャッシュバック


  • ※1 2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)
    ※2 ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)



    セントラル短資FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    セントラル短資FXは、あとで一覧のスワップポイント比較を見ていただくと分かりますが、どの通貨もDMM FX、GMOクリック証券とマイナススワップポイントの少なさでトップを争うところで、米ドルは大体いつもトップ、トルコリラや南アフリカランドでもGMOクリック証券との一騎打ちでトップ争いという状態を維持しております。



    スプレッドについても、昔は正直条件が良くないことで逆に有名だったのですが、2018年4月にスプレッド縮小を行ってからどの通貨もトップレベルになり、また、セントラル短資FXは、スプレッド提示率(原則固定スプレッドで、実際にそのスプレッドが提示された期間の実績)も非常に高く、ドル円だと99%となっております。この辺りは、元々100年以上の歴史を持つ金融機関のグループらしい信頼性だと思います。



    また、セントラル短資FXにあってDMM FX、GMOクリック証券にない強みとして、セントラル短資FXは1,000通貨単位での取引も可能という点があります(他2社は1万通貨単位)



    そのため、売りで使いやすい口座として、まずはセントラル短資FXを紹介しました。



    また、当サイト限定・期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。



    このマニュアルはショートとは真逆で「高金利通貨への安全な投資」というテーマのものなのですが(笑)、それでも投資の基本を復習するには良いものだと思うので、この機会に是非もらってください!



    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。



    DMM FXのマイナススワップ(売りスワップ)評価





    DMM FXも、マイナススワップポイントはほぼ全ての通貨でトップレベルに安く、これまでも特に、豪ドルとNZドルについては、多くの時に最安値となっておりました。



    この会社は、スプレッドは全ての通貨でトップレベルに狭いことから人気が高く、DMM.com証券全体で国内FX口座数第1位(※)となっております。

    ※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)



    また、DMM FXでは、平日24時間カスタマーサポートに問い合わせが可能で、しかもその方法も、電話やメールだけでなく、LINEでの問い合わせも可能で、何か困ったことがあったときにすぐ問い合わせられるということも、人気の秘訣となっております。



    また、今当サイトから口座開設をして条件を満たすと、当サイトからの申し込み限定で4,000円の特別キャッシュバックも貰えるので、DMM FXで口座開設を考えているなら、当サイトから開設するのをおすすめします。



    口座開設は


    DMM FX
    button2.png


    からできます。



    GMOクリック証券のマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    GMOクリック証券も、どの通貨もマイナススワップがトップクラスでセントラル短資FX、DMM FXと争っており、これまで多くの時期で南アフリカランドやトルコリラのマイナススワップが最安値でした。



    また、スプレッドについても全ての通貨ペアでトップレベルで、その結果2012年以来7年連続でFX年間取引高世界1位となっており、また、FX攻略.comが実施して、当サイトもアンケートに答えたFXブロガーアンケートでも有名ブロガーが使っているメイン口座でも1位と、初心者から上級者まで、多くの人から選ばれております。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)



    正直、セントラル短資FX、DMM FX、GMOクリック証券の3社については、スプレッドは同レベルで、通貨ごとのマイナススワップの最安値も割ところころと変わるくらい接戦なので、3つとも持っておいて、その取引したい時に一番マイナススワップが安いところを選ぶというので良いと思います。



    口座開設は


    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。



    みんなのFXのマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    みんなのFXといえば、高金利通貨の買いで使われることが多い会社ですが、NZドルとメキシコペソについては、売りスワップが最安値水準となっております。



    この背景には、みんなのFXは、買いスワップと売りスワップを同額で設定しているということがあり、かつ、NZドルとメキシコペソについてはそこまでスワップポイントが高くないこともあって、マイナススワップで見ると非常に安い水準となっております。



    また、NZドル、メキシコペソのスプレッドも業界最狭水準であり、1,000通貨取引も可能なため、これらの通貨の売りであれば、みんなのFXがおすすめです。



    また、みんなのFXについては、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    LIGHT FXのマイナススワップ(売りスワップ)の評価





    Light FXは、昨年10月末にリリースされたばかりの新しいFX口座で、上でも紹介したみんなのFXと同じトレイダーズ証券が運営しているサービスです。



    Light FXは、運営会社がみんなのFXと同じなため、スプレッド、スワップともにみんなのFXと同じで、取引単位についてもみんなのFXと同様1,000通貨単位から取引可能で、そのため、NZドルとメキシコペソの売りではみんなのFXと並んでおすすめです。



    Light FXは、口座開設や口座維持手数料はもちろん無料で、さらに当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックももらえるので、口座開設は当サイトからがおすすめです。



    口座開設は、


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。



    FX高金利通貨マイナススワップ(売りスワップ)最新の比較一覧表2019年11月





    各社の執筆時点のマイナススワップの比較を一覧表にまとめましたので、ご覧ください。



    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソ取引単位
    セントラル短資FX-55-25-35-90-45-140
    DMM FX-62-20-13-120なしなし
    GMOクリック証券【FXネオ】-66-24-20-110-53-130
    みんなのFX-65-23-18-120-53-120
    LIGHT FX-65-23-18-120-53-120
    外為オンライン(くりっく365)-69-15-22-122-51-109
    マネーパートナーズ-94-31-26-200-53-130
    FXプライムbyGMO-84-30-25-210-82-220
    IG証券-69-28-36-143-83-120
    アイネット証券-72-38-35-230-87-290
    外為オンライン(店頭)-90-40-35-200-235-130
    インヴァスト証券-75-35-35-200-108なし
    サクソバンク証券-83-44-49-140-65-145
    インヴァスト証券(シストレ24)-130-70-60-600なしなし
    ヒロセ通商-130-75-76-250-78-160
    JFX株式会社-130-75-76-250なしなし
    フィリップ証券-79-30-40-220-122なし




    通貨ペア別マイナススワップポイント最新比較ランキング2019年11月





    また、次にスプレッドも含めて、通貨ペア別に、マイナススワップポイントを比較した表を見てみましょう。自分の取引したい通貨ペアのところを見てもらうと良いと思います。スプレッドについては、「変動」「平均」「※」等の記載がないものは全て原則固定スプレッドで、単位は銭です。



    米ドル(ドル円) マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    セントラル短資FX-550.2
    DMM FX-620.2
    みんなのFX-650.1
    LIGHT FX-650.1
    GMOクリック証券【FXネオ】-660.2
    外為オンライン(くりっく365)-69変動
    アイネット証券-720.7-1.0
    インヴァスト証券(トライオート)-750.3
    サクソバンク証券-83変動
    FXプライムbyGMO-840.6
    外為オンライン(店頭)-901
    マネーパートナーズ-940.3
    ヒロセ通商-1300.3
    JFX株式会社-1300.3
    インヴァスト証券(シストレ24)-130変動




    豪ドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-15変動(1銭程度)
    DMM FX-200.7
    みんなのFX-230.4
    LIGHT FX-230.4
    GMOクリック証券【FXネオ】-240.7
    セントラル短資FX-250.5
    FXプライムbyGMO-301.3
    マネーパートナーズ-310.6
    インヴァスト証券(トライオート)-350.6
    アイネット証券-381.5-4.0
    外為オンライン(店頭)-403銭
    サクソバンク証券-44変動
    インヴァスト証券(シストレ24)-70変動
    ヒロセ通商-750.7
    JFX株式会社-750.7




    NZドル マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    DMM FX-131.2
    みんなのFX-181
    LIGHT FX-181
    GMOクリック証券【FXネオ】-201.2
    外為オンライン(くりっく365)-22変動
    FXプライムbyGMO-252
    マネーパートナーズ-261.2
    セントラル短資FX-352
    外為オンライン(店頭)-356
    インヴァスト証券(トライオート)-351.7
    アイネット証券-352.0-6.5
    サクソバンク証券-49変動
    インヴァスト証券(シストレ24)-60変動
    ヒロセ通商-761
    JFX株式会社-761




    南アフリカランド マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    セントラル短資FX-900.9
    GMOクリック証券【FXネオ】-1101
    みんなのFX-1201.8
    LIGHT FX-1201.8
    DMM FX-1201
    外為オンライン(くりっく365)-122変動10万
    サクソバンク証券-140変動5万
    外為オンライン(店頭)-20015
    インヴァスト証券(トライオート)-2001.8
    マネーパートナーズ-2001
    FXプライムbyGMO-2103
    アイネット証券-23015
    ヒロセ通商-2501
    JFX株式会社-2501
    インヴァスト証券(シストレ24)-600変動




    トルコリラ マイナススワップポイント(売りスワップ)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    セントラル短資FX-451.7
    外為オンライン(くりっく365)-51変動
    みんなのFX-531.7
    LIGHT FX-531.7
    GMOクリック証券【FXネオ】-531.7
    マネーパートナーズ-531.9
    サクソバンク証券-65変動5000
    ヒロセ通商-78変動
    FXプライムbyGMO-824.8
    アイネット証券-877
    インヴァスト証券(トライオート)-1085.5
    外為オンライン(店頭)-2356
    JFX株式会社なしなしなし
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし




    メキシコペソ マイナススワップポイント(売り)比較





    会社マイナススワップスプレッド取引単位
    外為オンライン(くりっく365)-109平均0.6410万
    みんなのFX-1200.4
    LIGHT FX-1200.4
    外為オンライン(店頭)-13061万
    GMOクリック証券【FXネオ】-1300.310万
    マネーパートナーズ-1300.3
    セントラル短資FX-1400.3
    サクソバンク証券-145平均0.231万
    ヒロセ通商-1600.4
    FXプライムbyGMO-2201.9
    アイネット証券-2907
    JFX株式会社なしなしなし
    インヴァスト証券(トライオート)なしなしなし
    DMM FXなしなしなし
    インヴァスト証券(シストレ24)なしなしなし




    以上です。口座開設は、



    【全てのマイナススワップトップレベル+1,000通貨取引可能+当サイト限定キャンペーンあり】

    セントラル短資FX
    button2.png



    【全てのマイナススワップトップレベル+当サイト限定キャンペーンあり】

    DMM FX
    button2.png



    【全てのマイナススワップトップレベル】

    GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png



    【NZドル、メキシコペソでおすすめ+当サイト限定キャンペーンあり】

    みんなのFX
    button2.png



    【みんなのFXと合わせて持っておきたい+当サイト限定キャンペーンあり】

    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。


    IG証券のノックアウト・オプションとは?デメリットも含めて攻略ポイントを解説

    2019年11月02日 06:55

    海外FXはもう不要!? ノックアウトオプションとは?-min



    最近、億トレーダーや専業トレーダーを中心に人気が広まっているノックアウト・オプションという投資商品をご存知でしょうか?



    このノックアウト・オプションというのは、「為替や株価指数に投資して、利確・損切も自分のタイミングでできる」という点で、FXやCFDとも似ている金融商品なのですが、


  • FXやCFDと比べて資金効率が圧倒的に良い(ドル円1万通貨購入に最低限必要な証拠金が、FXなら44,200円に対し、ノックアウト・オプションなら最低2,000円以下のオプション購入金額で取引可能と、状況によってはFXの20分の1の資金量で取引できる※)

  • 損失額がオプション購入金額に限定されて、FXでいうスリッページ、窓開けの影響は一切なく、確実に追証等がない

  • 日本でトレードされているほとんどの通貨ペアを網羅した上で、さらに株価指数や金等も取引可能

  • 日本の金融庁より認可を受けており、FXやCFDとも損益通算可能で、税率も20.315%



  • というように、少額の資金で、大きな取引単位を持ちつつも、絶対に追証がなくオプション購入金額以上の損失にはならず、しかも金融庁認可の会社なので信頼性があり、税制上も有利という点が、最大の魅力と言えます。

    ※2019/10/30の21:57時時点。1ドル=108.95円



    よく海外FX会社を使うメリットとして、


  • 高いレバレッジをかけられる

  • ゼロカットで追証がない


  • といったことがあげられますが、ノックアウト・オプションであれば、FX以上に資金効率が良く、損失も購入オプション購入金額に限定されて追証がないという点でカバー可能であり、さらに海外FXのデメリットである

  • 出金できないなどのトラブルが多発している

  • 税務上不利


  • といった問題もIG証券が金融庁認可であるため存在せず、ノックアウト・オプションを使うのであれば、わざわざ海外FXを使う理由が正直見当たらないというレベルで優れた商品です。



    こうした特徴から、特に億トレーダーや専業トレーダーの方を中心にどんどん人気が高まっているのがノックアウト・オプションです。



    そして、このIG証券は、今非常にお得な口座開設キャンペーンをやっており、具体的には先着150名限定で、最大6万円、初回取引するだけでも5,000円ものキャッシュバックで、CFDを他社で取引している場合は取引報告書送付でさらに1万円貰える、はっきり言って破格のキャンペーンなので、興味がある方は是非この機会にどうぞ(このキャンペーンの詳細は、

    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン

    で詳しく書いてます)



    口座開設は、


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    以下の順番で書いていきます。



    IG証券のノックアウト・オプションとは何か?概要と使い方を画像付きで説明

    IG証券のノックアウト・オプションのメリット

     資金効率がFXよりも良い

     損失額がオプション購入額に限定され、追証がありえない

      IG証券のノックアウト・オプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある

     金融庁認可のIG証券運営のため、海外FXと違って信頼性があり税率も有利

    IG証券のノックアウト・オプションよくある疑問

     IG証券のノックアウト・オプションのスプレッド・スワップポイントは?

     ノックアウト・オプションの取引単位は?

    ノックアウト・オプションのデメリット・注意点

     エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値でエントリーができない

     ノックアウト価格の変更はできない

     FXと比べると、スプレッドが若干広い

     決済期限があり、1年以上の保有ができない

    IG証券のノックアウト・オプションの攻略の鍵

    IG証券のノックアウト・オプションの評判・レビュー

    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン



    IG証券のノックアウト・オプションとは何か?概要と使い方を画像付きで説明





    まずは、ノックアウト・オプションとは何かというと、IG証券が新しく出したオプション取引商品なのですが、FXやCFDのような自由度の高さや分かりやすさもあわせ持った金融商品です。



    取引の流れとしては、

  • 取引する銘柄(通貨でも、株価指数でも)

  • 上昇か下落か(ブルかベアか)

  • ノックアウト価格(FXでいうロスカットポイント)

  • ロット数(ドル円だと1lotが1万通貨)


  • を選んでエントリーして、後は自分のタイミングで利確、損切を行うというものです。



    こういうと少しイメージしづらいかもしれないので、実際の取引画面をご覧ください。



    KO1-min.png



    これはドル円のブル(上昇)というノックアウト・オプションの購入画面で、10895というのが今のドル円の価格(108.95円ですが、オプションのため表示は10895となっています)、ノックアウト価格というのは、「ここまで下がったらオプション購入金額が0になる」というライン(今回だと108.8円)となっております。



    この時、オプション購入金額は、10895から10880までの下落幅15ポイントに加えて、ノックアウト保証料2ポイントで合計17ポイント、そしてノックアウト・オプションは1ポイント100円なので、1,700円のオプション購入金額が必要になるということになります。



    なお、このノックアウト保証料は、10880になって、ノックアウトされた(=オプション購入金額が0になった)時にはじめて発生するもので、例えばその前の10881で損切すれば、14ポイント分で1,400円の損失で済みます。



    このノックアウト保証料は、あくまで「ノックアウトされた時にのみ費用となるもの」なので、実際にはノックアウト価格より前に逆指値を置いて、自分でロスカットするのが定石となります。



    ちなみにこのノックアウト・オプションは、FXやCFDと同じように、購入後いつでも利確・損切することは可能で、例えば10900(109円)になった時に利確すれば、5ポイントで500円の利益になりますし、もっと伸ばして11000(110円)になった時に利確すれば105ポイントで1万500円の利益、逆に10890(108.9円)で損切すれば、5ポイントのマイナスで500円の損失となります。



    また、ノックアウト・オプションには、上昇すると予想する場合はブルを買えばいいのですが、逆に下落すると予想する場合には、ベアというものがあり、これを買えば、FXで言う売りのような状態になります。



    ここまでがざっとしたノックアウト・オプションの特徴なのですが、「じゃあFXと何が違うの?」と思われるかもしれないので、FXにないノックアウト・オプションのメリットから説明します(もちろん、後で逆にデメリットも説明します)



    IG証券のノックアウト・オプションのメリット





    ノックアウト・オプションのメリットは大きく4つあり、

  • 資金効率がFXよりも良い

  • 損失額がオプションに限定され、追証がありえない

  • IG証券のノックアウト・オプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある

  • 金融庁認可のIG証券が運営のため、信頼性があり税率も有利


  • という点があります。



    ノックアウトオプションメリット-min



    資金効率がFXよりも良い





    ノックアウト・オプションの最大の特徴は、資金効率の良さにあるという人は非常に多いです。



    執筆時点でドル円が108.95円で、ノックアウト価格が108.8円のものがあったので、そこで必要となる資金、ノックアウト・オプションのオプション購入金額と、FXで同じ取引をしたい場合の必要証拠金を比べると以下の通りです。



    ノックアウト・オプションFX
    必要資金1,700円※44,220円
    10pips上がった時の利益1,000円1,000円
    20pips上がった時の利益2,000円2,000円


    ※10/30 21:57時点
    ※上記は予想どおり上がった場合の利益シミュレーションです。予想が外れ下がった場合は、同じ金額の損失が発生します。



    このように、資金は1,700円と非常に少額から投資できる中で、もしドル円が10pips上がったら、FXでもノックアウト・オプションでも1,000円の利益、20pips上がればどちらも2,000円の利益というように、非常に資金効率よく投資できるというのがノックアウト・オプションの特徴です。



    損失額がオプション購入額に限定され、追証がありえない





    ノックアウト・オプションは、あくまでオプションの購入なので、オプション購入金額以上の損失はなく、上の例で言うと、1,700円以上の損失には何があってもなりません



    これは、

  • 週末に大きな事件があって、窓開けになった

  • 経済指標の発表などでレートが大きく飛んだ

  • リーマンショックやスイスショッククラスの大事件が起こった


  • といったこと全て一切関係なく、何が起ころうともオプション購入金額以上の損失は出ないということになります。



    FXでは、上で書いたような事態が起こり、きちんと損切注文が約定されないと、最悪追証になり借金を負うリスクもありますが(実際、スイスショックの時はこうした追証がかなり発生しました)、そうしたリスクを背負うことなく大きなロットで投資できるという点もノックアウト・オプションの魅力です。



    IG証券のノックアウト・オプションの取扱銘柄はFXだけでなく、株価指数や商品もある





    ノックアウト・オプションの取扱銘柄は非常に多く、

  • ドル円

  • ユーロ円

  • ユーロドル

  • ポンド円

  • ポンドドル

  • ユーロポンド


  • といった主要通貨だけでなく、

  • トルコリラやメキシコペソといった新興国通貨

  • それどころか、ブラジルレアルやユーロ/ズロチ等の、超マイナーどころの通貨ペア


  • まであります。



    さらに、ノックアウト・オプションの対象は為替に限らず、例えば

  • 日経平均(日本225)

  • S&P500(米国500)

  • NYダウ(ウォール街株価指数)


  • といった株価指数や、

  • WTI原油

  • スポット金

  • NY天然ガス

  • シカゴ大豆


  • 等の商品も対象になっており、非常に幅広い資産に投資可能です。



    金融庁認可のIG証券運営のため、海外FXと違って信頼性があり税率も有利





    ノックアウト・オプションは、金融庁認可のIG証券が運営しているため、

  • 全額信託保全が義務付けられている

  • 出金拒否等もありえない


  • というように信頼性がある他、

  • FXやCFD等、他の金融商品と損益通算ができる

  • 損失繰越しも可能

  • 税率も分離課税で20.315%


  • と税制上も有利になっております。



    IG証券のノックアウト・オプションよくある疑問





    次に、ノックアウト・オプションでよく疑問に思われるポイントについて解説していきます。



    IG証券のノックアウト・オプションのスプレッド・スワップポイントは?





    ノックアウト・オプションの執筆時点でのスプレッド、スワップポイントについては、主要な通貨ペアについては以下の通りです。なお、スプレッドは日本時間午前9時から翌日午前3時までは原則固定です。



    スプレッドスワップポイント(買い)スワップポイント(売り)
    ドル円0.668-93
    ユーロ円1.1-12-13
    ユーロドル0.6-10178
    ポンド円230-62
    ポンドドル1.5-7445
    豪ドル円1.324-42




    スワップポイントは、IG証券のFX口座と同じになっているようです。



    なお、最新情報や、他の通貨ペアについては、以下をご覧ください。

    スプレッド:ノックアウト・オプション銘柄詳細情報

    スワップポイント:IG証券 スワップポイント



    ノックアウト・オプションの取引単位は?





    ノックアウト・オプションの取引単位は、通貨ペアや銘柄によっても異なりますが、ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、トルコリラ円等の、クロス円で人気がある通貨ペアは取引単位は1万通貨です。



    ノックアウト・オプションのデメリット・注意点





    このように、ノックアウト・オプションには、資金効率よく、リスクも限定した上で、色々な資産に、安心して投資できるというように、様々なメリットがあることを説明してきましたが、今度は逆にFXと比べた時の、ノックアウト・オプションのデメリットや注意点についても解説していきたいと思います。



    ノックアウト・オプションのデメリットは、以下の通りです。



    ノックアウトオプションデメリット-min



    エントリーは成行注文のみで、指値・逆指値でエントリーができない





    FXであれば、「108円でドル円買い指値エントリー」とか、逆に「110円を上抜けたところで順張りで買いの逆指値エントリー」といったことができますが、ノックアウト・オプションは、あくまで「今オプションを買うかどうか」なので、エントリーは全て成行注文となり、この点は、指値や逆指値でのエントリーを好む人にとってはデメリットと感じられるかもしれません。



    なお、決済については指値、逆指値の指定が可能なので、「ここまで伸びれば利確」「逆にここまで落ちれば損切」と言ったものは始めに入れておけば、あとはそのレートになった時に自動で決済はしてくれるので、その点は心配いりません。



    ノックアウト価格の変更はできない





    ノックアウト・オプションでは、最初にノックアウト価格という、「ここまで下がったら強制ロスカット」というポイントを決めるのですが、このノックアウト価格は、一度決めると変更ができなくなります



    そのため、元々は108.8円で切るつもりだったけど、やっぱり108円まで・・・といったような取引はできません。



    ただし、これは逆に言うと、「ちゃんと損失を確定できる」ということで、FXでよくある、「損切ができずに損切ラインをズルズルと変えてしまい、気が付いたらとんでもない損失になる」という事態をシステム的に防ぐことができるということでもあるので、逆にメリットと言えるかもしれません。



    また、108.95円でブル(上昇)を買って、108.8円がノックアウトラインとして、自分で入れた逆指値の108.9円というのは変更可能で、ここから108.85円にも、108.81円にも変更することはできます(108.8円のノックアウトラインより下だと、入れても108.8円でノックアウトされるので意味はありません)



    FXと比べると、スプレッドが若干広い





    上でも書いたように、ノックアウト・オプションのスプレッドは、ドル円が0.6銭、ユーロ円が1.1銭、ユーロドル0.6pipsと、今時のスプレッド最狭水準のFX会社であればドル円は0.2銭、ユーロ円は0.4銭、ユーロドルは0.2pipsくらいになっていることを考えると、若干広くなっております。



    ただし、このくらいの差であれば、正直よほど超短期のトレードでもない限りは誤差の範囲内で、上で書いたように、FXより圧倒的に資金効率が良く、また、損失もオプション購入金額に限定できるというように、攻守に優れた特性を持つ以上は必要なコストだと思います。



    決済期限があり、1年以上の保有ができない





    ノックアウト・オプションは、オプション取引であるため、決済期限が最長1年となっております。自分で決済せず、またノックアウトレートに到達しなくても、1年経てば自動的に決済されるので、その点で長期投資の場合には注意が必要です。



    以上がノックアウト・オプションのデメリットでした。もう一度メリットとデメリットをまとめます。



    ノックアウトオプションまとめ-min



    IG証券のノックアウト・オプションの攻略の鍵





    ノックアウト・オプションの最大の特徴は、ある程度大きな単位で取引して、かつ、リスクも限定したいという人におすすめのものなので、基本的にはFXやCFDの中上級者以上が、大きくロットを建てるための金融商品だと思います。



    また、スプレッドが若干広いことから、数銭を狙った秒スキャよりは、10銭以上を狙ったスキャルピングやデイトレード、数日程度のスイングくらいの時間帯で見ておくと良いと思います。



    この場合、日足チャートは方向性を掴むために把握して、実際のトレードは5分足か15分足くらいでエントリー、エグジットを決めて(このくらいの値幅を狙う場合、1分足だと短すぎる印象です)、逆方向にいけば、ノックアウト価格に達する前に自分で損切を入れることも重要になります。



    一方長期保有については、

  • 決済期限が1年

  • ノックアウト価格を変更できない


  • ということから、そこまで向かず、やはり短期トレードで攻めていくのがノックアウト・オプションの攻略のカギと言えそうです。



    このように、基本的には短い時間軸で大きくロットを張りたい中上級者の方におすすめの金融商品だと思います。



    ただ、中上級者の方だけでなく、初心者の方にとっても「オプション購入額にリスクが限定されて追証がありえない」「損切が確実になされる」といった点はメリットなので、このように「リスク管理をしっかりできるところがいい」と思う方は、初心者の方でもおすすめです。



    ノックアウトレベルの設定によりますが、必要となる資金(オプション購入金額)も1万円以内から始められるので、まずはノックアウト・オプションを体験してみたいという方は、今だと先着150名限定で、最大6万円のキャッシュバックキャンペーンもあり、少なくとも1回取引するだけで5,000円のキャッシュバックは貰えるという破格のキャンペーンもあるので、是非この機会にどうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    IG証券のノックアウト・オプションの評判・レビュー





    実際にノックアウト・オプションを使っている人の声を見ると、やはり

  • 資金効率の良さ

  • オプション購入額にリスクが限定されるところ


  • が特に高く評価されているようで、そういう声が多かったです。















    IG証券の最大6万円キャッシュバックキャンペーン





    IG証券では今先着150名限定で、新規口座開設+50万円以上入金+取引で、最大6万円キャッシュバックという、凄まじくお得なキャンペーンをやっているので、それについても紹介します。



    このキャンペーンは、新規口座開設者限定で、IG証券 キャンペーンページから申し込みをするものなのですが、

  • FX取引(最大5万円のキャッシュバック)

  • FX以外の取引(最大6万円のキャッシュバック)


  • の2つがあり、どちらか1つを選ばなければいけません。



    その中で、FX取引を選ぶと、以下のように、口座開設30日以内に初回取引を行うだけで5,000円のキャッシュバックは貰えて、さらに取引ロット数次第で最大5万円までキャッシュバックがもらえます。



    IG campaign FX-min



    一方で、FX以外(株価指数や商品)であれば、口座開設申込後30日以内に初回取引を実施で5,000円、さらに他社取引報告書の提出で1万円と、1万5,000円は簡単に貰うことができて、その上で取引量によって、最大6万円のキャッシュバックが貰えます。



    IG campaign FX igai-min



    どちらがおすすめかというと、個人的には他社でCFDをやっていたら、1万5,000円は簡単に貰えて、さらに値動きも大きく、短期トレードで他にあまり良い会社もない株価指数を取引するために、FX以外のキャンペーンに申し込んだ方がいいかなとは思いますが、FXをメインでやってきた方などは、FXを選んでも十分お得だと思います。



    もちろん、キャンペーンでFXに申し込んでも株価指数や商品などの取引はできますし、FX以外に申し込んでもFX取引もできるので、その点はご安心ください(あくまで、キャンペーンとしてどちらに応募するか、というだけの話です)



    このキャンペーンは、キャンペーン規則を見ると先着150名までなので、興味があれば是非お早めにどうぞ(もう終わっていたらすみません・・・・)



    以上がIG証券のノックアウト・オプションについての解説でした。このように、かなり面白い金融商品で、これがあればもうハイレバレッジやゼロカット自慢の海外FX会社もいらないのではないかと思えるレベルのもので、キャンペーンもすさまじいものなので、興味があれば是非どうぞ。



    口座開設は


    IG証券
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。



    また、口座開設の申込をして、さらにキャンペーンにも申し込む必要があり、そのキャンペーンページは以下のリンクから飛んで、FXかFX以外か選んで申し込みを行ってください(FX以外の方が他社乗換で+1万円があるので、もしCFD等を他社でやっている方はそちらの方がおすすめです。キャンペーンにFX以外で申し込んでも、もちろんFX取引はできます)

    IG証券 キャンペーンページ

    FX会社ドル円スプレッド最新比較一覧 | スプレッド競争を制したのはどこか?

    2019年10月20日 11:08

    スプレッド競争サムネ



    先週は、様々な会社で「ドル円スプレッド縮小競争」が起こり、主なところでは、

  • 10月15日(火)には、GMOクリック証券、DMM FX、YJFX、外為ドットコム等が、相次いでドル円スプレッドを原則固定0.2銭に

  • 10月16日(水)には、みんなのFX、LIGHT FXがドル円原則固定0.1銭に

  • 10月17日(木)には、セントラル短資FXがドル円0.2銭原則固定に


  • 等がありました。



    これまで何年もドル円スプレッドは、1万通貨以下等の小さい単位を除けば、原則固定0.3銭までというのが暗黙の了解のような状態であったのが、一気にスプレッド競争が勃発し、ついに行くところまで行ったか・・・・という印象でした。



    しかし、このようにスプレッド競争があると、「じゃあ結局今だと、どこが一番いいんだろう?」という疑問が出てきたので、週末にまとめて調べて、一覧にしてみました!



    FX会社ドル円スプレッド最新比較一覧(0.2銭、0.1銭への引き下げ後)





    ドル円スプレッドの一覧は、以下の通りです。なお、以下はSBIFXトレードの下段を除き、全て原則固定で、単位は銭です。



    会社名変更後変更前取引単位
    みんなのFX0.10.3
    LIGHT FX0.10.3
    ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)0.10.2
    セントラル短資FX0.20.3
    DMM FX0.20.3
    GMOクリック証券【FXネオ】0.20.3
    YJFX!0.20.3
    外為どっとコム0.20.3
    SBIFXトレード0.2
    0.27~7.8
    0.2
    0.27~7.8
    1
    マネーパートナーズ0.30.3
    JFX株式会社0.30.3
    ヒロセ通商0.30.3
    FXプライムbyGMO0.60.6
    外為オンライン(店頭)11


    ※SBIFXトレードは、上段は1,000通貨まで、下段は1,001通貨~100万通貨までのスプレッド



    このように、ドル円スプレッド原則固定0.1銭としているのは、


  • みんなのFX

  • LIGHT FX

  • ゴールデンウェイジャパン



  • の3社がありました。



    みんなのFXとLIGHT FXはどちらもトレイダーズ証券が運営しているFX口座で、高金利通貨のスワップポイントや、豪ドル/NZドルの裁量トレード等で、管理人もよく使っているFX会社です。



    もう一つのゴールデンウェイジャパンというのは、この名前だとあまり聞きなれないかもしれませんが、ここは元々「FXTF(FXトレードフィナンシャル)」というMT4を使えることで人気のFX会社で、最近社名変更したところです。



    この3社の内、みんなのFXとLIGHT FXはスペック的に全く同じなので、この2社とゴールデンウェイジャパンをドル円スプレッド以外の条件で比べると、



    【みんなのFX、LIGHT FXの方が優れている点】
  • スワップポイントが高い(60円VS25円)

  • マイナススワップポイントも安い(-60円VS-110円)

  • トルコリラ、ズロチユーロ、豪ドル/NZドル等、他にも条件がトップクラスに良い通貨がある

  • (もしまだ口座を持っていなければ)当サイトからの口座開設限定で3,000円の特別キャッシュバックがある




  • 【ゴールデンウェイジャパンの方が優れている点】
  • MT4が使える

  • ユーロドルのスプレッドが良い(0.2pips VS 0.3pips)




  • というように、

  • 色々なトレードをしたい人や、スワップポイントも重視する人はみんなのFX、LIGHT FX

  • 業界最狭水準のスプレッドでMT4を使いたい人はゴールデンウェイジャパン


  • という感じです。



    スプレッドは、狭ければ狭いほどトレーダーにとっては有利で、特に大きな単位で取引したり、何度もトレードする場合には、わずかな差が積もりに積もって数万円、数十万円の利益の差になることもあります。



    ただ単に使うFX会社が違うだけで、利益が数万円、数十万円違ってくるのも馬鹿らしい話なので、できるだけスプレッドが狭い会社を使うのをおすすめします。



    なので、今回ドル円スプレッドが0.1銭原則固定になった3社の口座をもし持っていなければ、この機会に是非どうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料で、口座開設自体も5分くらいでできます)



    口座開設は、



    【スワップ投資や豪ドル/NZドル等でも使える+当サイト限定3,000円】
    みんなのFX
    button2.png


    LIGHT FX
    button2.png



    【ユーロドルも最狭スプレッド+MT4が使える】
    ゴールデンウェイジャパン(FXTF MT4)
    application_orange_b_320_100.png

    からできます。



    スプレッド縮小競争でみんなのFXドル円スプレッドが0.1銭に!背景を緊急取材

    2019年10月19日 11:19

    スプレッド競争



    先日、色々な会社がドル円スプレッド原則固定0.2銭になっていたことをお伝えしましたが、そこからさらに大変なことが起こりました。



    なんと、トレイダーズ証券が運営しているみんなのFXとLIGHT FXで、ドル円0.1銭原則固定という、とんでもないスプレッドが出てきました。



    minna press-min
    出典:みんなのFX プレスリリース



    このプレスによると、スプレッドは11/29(金)までは0.1銭、それ以降は0.2銭になります。



    これまで5年以上、FX業界では「ドル円スプレッドは0.3銭原則固定まで」というような、ある意味暗黙の了解でもありそうな状況だったのが、ここ数日で一気に流れが変わっております。



    そこで、何故こんなことになっているのか、今後どうなるのかということを、以前より面識のあった、トレイダーズ証券の現役ディーラーである井口喜雄様(Twitter:@yoshi_igu)に直接質問させて頂いたところ、色々と教えて頂けたので、今回はそれについて書きたいと思っております。



    iguchisama-min.png
    取材にお答え頂いたトレイダーズ証券の現役ディーラー、井口喜雄様



    以下の順番で書いていきます。

  • 現役ディーラーに直接質問!何故今FX会社のスプレッド競争が広がっているのか?

  • みんなのFX、LIGHT FXはドル円スプレッド0.1銭原則固定に!それで商売は成り立つのか?

  • みんなのFX、LIGHT FXの今後の方針




  • 現役ディーラーに直接質問!何故今FX会社のスプレッド競争が広がっているのか?





    -井口さん、ご無沙汰しております。今回みんなのFX、LIGHT FXでドル円スプレッドが原則固定0.1銭にという、とてつもないものを見たのですが、まずこれ、本当ですか?



    井口様「もちろん本当です(笑)



    当社では、10月16日から11月29日までの間、9時~24時限定で、ドル円スプレッドを0.1銭に縮小し、それ以降も通常スプレッドを0.2銭に縮小することを決定し、リリースしました。



    トレード画面を見て頂いても、既に反映されているかと思います」



    -確かに0.1銭になってますね・・・・



    【みんなのFXレート一覧】
    minna spread-min



    【LIGHT FXレート一覧】
    light spread-min



    この急なスプレッド縮小は、一体何故行われたのでしょうか?



    井口様「最近、楽天FXさんがドル円原則固定0.2銭にされたことを皮切りに、多くのFX会社でドル円スプレッドが0.2銭になりました。



    そうした流れの中で、当社もドル円のスプレッドを縮小することを決めたのですが、「どうせやるなら、他社と横並びに0.2銭にするのではなく、攻めて0.1銭にしよう」として、今回期間限定ですが、0.1銭原則固定とさせて頂きました」



    -本当に攻めましたね・・・(笑

    ちなみに、最近多くのFX会社でスプレッドを0.2銭にしたという点について、私もびっくりしていたのですが、何故今このタイミングで急にスプレッド競争が起こったのでしょうか・・・?



    ここ数年は他の通貨ペアのスプレッドで競争することはあっても、ドル円については「0.3銭原則固定まで」みたいな不文律でもあるのかと思っていたのが、今急に動き始めたので、正直「嬉しさ8割、戸惑い2割」みたいな状態になっており、裏事情がかなり気になってます。



    井口様「おそらく、FX業界全体として、ある種「閉塞感」のようなものがあり、関係者の間では皆どこかで「何か変化が欲しい」という思いがあって、それが今回一気に噴き出たのではないかと思っております。



    為替相場のボラティリティが下がり、FXも以前ほどの盛り上がりはなく、一番人気の通貨ペアであるドル円のスプレッドも「0.3銭原則固定まで」という暗黙の了解があり、FX関係者として、「何か変化が欲しい」という気持ちがありました。



    そういう中で、ある種の不文律となっていたドル円スプレッドを縮小した会社が出たことで、皆ここぞとばかりに乗っていって、FX業界全体を盛り上げていこうとしているのではないかと思います。



    実際、当社が他社と横並びではなく、あえてドル円0.1銭という攻めたスプレッドにしたのも、そういう「FX業界全体を盛り上げたい」という思いがあったのも事実です(笑)」



    -なるほど、FX業界の関係者の間でも、「変化したい」みたいな思いがずっとあったんですね!ただ、期間限定と言っても、10月16日から11月29日までと、約1か月半もの間、原則固定0.1銭にするのは相当な覚悟が必要ですよね・・・・



    井口様「そうですね。ただ、当社は昨年より「スプレッド業界最狭水準宣言」をしている以上、そこで負けるわけにはいかず、だったら覚悟を持って、0.1銭にしていこうと考えて、今回そうさせて頂きました」



    みんなのFX、LIGHT FXはドル円スプレッド0.1銭原則固定に!それで商売は成り立つのか?





    -まさに「業界最狭水準宣言」通りですね。ただ、ここまでスプレッドを狭めて、御社的には大丈夫なのでしょうか・・・・?



    井口様「正直に言うと、0.1銭というのは、我々としてもギリギリまで攻めてみた感じです(笑



    さすがに0.1銭で全ての時間帯をカバーするのは難しいので、11月29日までの期間限定で、時間帯も午前9時から24時までと、3大市場が開いて流動性のある時間帯に絞らせて頂くなどはしておりますが、ただ、それでも本当にギリギリまで攻めてみたというのが正直なところです」



    -やっぱり「出血覚悟の大サービス」みたいな感じなんですね(笑

    この原則固定スプレッドですが、継続的に提示できそうな感じなのでしょうか?



    井口様「そうですね。さすがに経済指標や要人発言等で為替が大きく動いた時は難しいとは思いますが、当社は元々ドル円のスプレッドの提示率99.91%、約定率も99.9%以上というように、高い配信実績もあります。この0.1銭原則固定というのも、やると決めた以上は、できるだけ守れるように、最大限努力します!」



    みんなのFX、LIGHT FXの今後の方針





    -非常に頼もしい言葉です!最後に、御社は今後、どのような方針で運営される予定でしょうか?



    井口様「当社としては、「トレーダーファースト」で、多くのトレーダーにできるだけ勝ちやすい環境を今後も提供していきたいと考えております。



    そのためには、

  • 今回のドル円スプレッドの縮小のように、スプレッド業界最狭水準の死守

  • 高金利通貨の高いスワップポイントの維持

  • 最近も通貨ペアとして豪ドル/NZドル、ポーランドズロチ、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネを追加したように、「お客様のトレードしたい通貨ペア」を積極的に採用する


  • といったことをしていきたいと思っております。



    また、情報配信でも、今年からトルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、中国人民元に特化した為替ニュースの独占配信をする等、力を入れており、こうした努力が功を奏して、当社の預かり資産高は、直近1年半の間で3倍以上にもなっております。



    このように、今後もFXトレーダーの方にできるだけ勝ちやすい環境を提供していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いします!」



    -ありがとうございました!



    以上が今回のドル円スプレッド0.1銭について、緊急取材させて頂いた内容でした。



    みんなのFX、LIGHT FXは、どちらもトレイダーズ証券が運営しているFX口座なので、スプレッド、スワップポイント等の取引条件は全て同じで、

  • ドル円スプレッド0.1銭原則固定をはじめ、ほとんどの通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準

  • トルコリラや最近追加されたポーランドズロチ等の高金利通貨のスワップポイントも高い

  • 1,000通貨単位から、手数料無料で取引できるので、少額からも投資可能

  • 高金利通貨専用のニュースを独占配信している


  • 等、非常に条件の良い会社なので、まだ口座を持っていない方は、この機会に是非どうぞ。



    また、このようにスプレッドもスワップポイントも条件が良く、「短期トレードでも、長期トレードでも使いたい」となることが多い一方で、同じ口座で短期トレードと長期トレードを混ぜてやると、どちらか一方が含み損を抱えると、まとめて一気に全部ロスカットされるリスクもあるので、口座は両方持っておいて、

  • 短期トレードはみんなのFX

  • 高金利通貨はLIGHT FX


  • 等、用途によって使い分けることをおすすめします。



    なお、当サイトから口座開設すると、3,000円の限定キャッシュバックも貰えるので、口座開設する場合当サイトからがおすすめです(もちろん口座開設、口座維持手数料は一切無料です)



    口座開設は


    みんなのFX
    button2.png


    LIGHT FX
    button2.png


    からできます。


    【速報】GMOクリック証券、ドル円スプレッドが原則固定0.2銭に

    2019年10月15日 19:58

    gmo samune-min



    GMOクリック証券から、驚くべきリリースがありました。



    なんと、本日10月15日の17時から、ドル円のスプレッドが原則固定0.2銭になりました!



    gmo release-min
    出典:GMOクリック証券プレスリリース



    実際に今取引画面を見ると、確かにスプレッドが0.2銭になっておりました。



    gmo spread-min



    これまでは、SBIFXトレードや、マネックスFXで、1万通貨以下の小さい取引単位ならドル円スプレッド0.2銭とか0.27銭といったものもありましたが、それ以上の単位の通常スプレッドだと、ここ数年0.3銭原則固定までというのが「暗黙の了解」のような状態だったのですが、そんな中でFX取引高世界1位※のGMOクリック証券が0.2銭にしてくるとは、かなりぶっこんで来たなという印象です。

    ※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)



    GMOクリック証券は、大口の取引でも約定力が強く、またドル円のマイナススプレッドについてもトップクラスに安く済む会社なので、これからドル円で短期トレードや、売りのスイングをする場合には、ファーストチョイスになってくると考えられます。



    このドル円スプレッド原則固定0.2銭というのは、期間限定とかではなく、通常スプレッドがそうなるようなので、まだ口座を持っていない人はこの機会に是非どうぞ。



    口座開設は、


     GMOクリック証券【FXネオ】
    application_orange_b_320_100.png


    からできます。





    みんなのFXに10月7日から4通貨ペア追加!特徴とおすすめ通貨ペアは?

    2019年10月06日 09:13

    みんなのFXに通貨ペア追加! 特徴とおすすめを解説-min



    みんなのFXでは、10/7(月)より、

  • ポーランドズロチ円

  • スウェーデンクローナ円

  • ノルウェークローネ円

  • 豪ドル/NZドル


  • の4通貨ペアが追加されます。



    minna add-min



    今回はこの4通貨ペアについて解説していきます。




    みんなのFXのズロチ、スウェーデンクローナ、ノルウェークローネ、豪ドル/NZドルのスプレッドやスワップは?





    それぞれの通貨ペアのスプレッド、スワップポイント、取引単位は、以下のようになっております。


    通貨ペア取引単位スプレッド買いスワップ売りスワップ
    ポーランドズロチ円10002.812-12
    スウェーデンクローナ円10001.9-33
    ノルウェークローネ円10001.93-3
    豪ドル/NZドル10001.9-1010




    スプレッドはまだ公開されておりませんが、みんなのFXのスプレッドは基本的に業界最狭水準のものばかりで、このタイミングでスプレッドが悪いものを出してくるとも思えないので、おそらくトップクラスのスプレッド水準であろうと思われます。

    【10/6追記】
    今朝MasaT様に教えて頂いたのですが、アプリを更新すると、スプレッドが見れるようで、私も更新して見たらスプレッドが分かったので追記しました!




    どのスプレッドも業界トップクラスで、特にズロチの2.8銭、豪ドル/NZドルの1.9pipsは感動的なレベルです(笑



    これらの通貨ペアについて、それぞれの簡単な特徴と、個人的なおすすめ度を説明したいと思います。



    結論から言うと、

  • 豪ドル/NZドルとポーランドズロチはかなりおすすめ

  • スウェーデンクローナ、ノルウェークローネはそこまでおすすめできない

  • ただし、ノルウェークローネの買い、スウェーデンクローナの売りのサヤ取りパターンはもしかしたらありかもしれない


  • という感じです。



    なお、みんなのFXについては、当サイト限定で3,000円の追加キャッシュバックがあり、もし興味があればこちらから口座開設して頂くのがお得です(もちろん口座開設や口座維持手数料等は一切無料です)



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    以下の順番で書きます。


  • ポーランドズロチについて

  • スウェーデンクローナについて

  • ノルウェークローネについて

  • 豪ドル/NZドルについて




  • ポーランドズロチについて





    ポーランドズロチは、当サイトでもこれまで「ズロチ・ユーロサヤ取り」「EUR/PLNの半自動売買」等で度々取り上げてきたように、何よりユーロとの連動性が非常に高く、その上で高金利通貨であるというのが最大の特徴です。



    この値動きの類似性については、別記事で詳しく解説しているのでその部分を引用すると、



    ユーロとズロチの通貨ペアなのですが、この2つの通貨ペアは、基本的には非常に似たような動きをします。



    【直近5年間チャート】
    eur vs pln 0922 5year-min



    【直近3年間チャート】
    EUR vs pln 0922 3year-min



    【直近1年間チャート】
    eur vs pln0922-min



    このように、非常に似たような動きをします。そのため、EUR/PLNという通貨ペアは、非常にレンジ相場になりやすい通貨ペアです。



    【EUR/PLN 直近5年超チャート】
    EUR PLN 0922-min



    このように、EUR/PLNは、直近5年間で3.98から4.5の間と、たったの15%の値動きしかしておりません。ちなみに、同じ時期にドル円は100円から125円まで25%、ユーロ円は110円から150円まで36%、豪ドル円は72円から102円まで41%値動きしております。



    これは、ポーランドという国もヨーロッパの一部で、輸出の8割くらいをEU向けにしているというように、ポーランドがEU経済の影響を非常に受けやすいためにそうなっております。

    何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?



    こうした特徴から、高金利のズロチ円を買って、マイナス金利のユーロ円を売れば、為替リスクを抑えてスワップの差額を貰えるということで、初心者から上級者まで、幅広い人から人気の手法がズロチ・ユーロサヤ取りです。



    また、ポーランドという国自体も、

  • 世界的に利下げ競争が広がっている中、金利は据え置きの見通し

  • 経済も好調であり、2019年第2四半期ではGDP成長予想を上方修正

  • 失業率、インフレ、政府債務残高といった問題もない


  • というように、安定感のある国でもあり、その点でも「ズロチを買ってユーロを売る」というのは有効な手法と言えます。



    ちなみに、ポーランドズロチとユーロは、大体価格の比率が1:4.3くらいなので、買う比率はズロチ4.3:ユーロ1くらいが良いと考えられます。



    そして、このポーランドズロチについて、みんなのFXのスワップポイントは非常に条件が良いもので、他にズロチの取り扱いがある会社と比較すると以下の通りです。



    ズロチ買いスワップユーロ売りスワップ1日想定スワップ
    みんなのFX12051
    FXプライムbyGMO8-331
    くりっく36531527
    ヒロセ通商0-2.5-2.5


    ※ 1日想定スワップは、ズロチ4.3万通貨買い、ユーロ1万通貨売りで持ったと想定。


    みんなのFXのズロチ円については、これから取り扱い開始ということで、いつまでこの水準が続くのかは分かりませんが、今時点で見ると、圧倒的に良い条件であるということが分かってもらえると思います。



    そのため、ズロチユーロサヤ取りを今後やってみたかったり、ポジションを一部乗り換えを考えたいという場合には、かなりおすすめです。



    みんなのFXについては、当サイト限定で3,000円の追加キャッシュバックがあり、もし興味があればこちらから口座開設して頂くのがお得です(もちろん口座開設や口座維持手数料等は一切無料です)



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。



    スウェーデンクローナについて





    スウェーデンクローナは、名前の通りスウェーデンの通貨なのですが、この国は、

  • 不動産登記でブロックチェーン技術を使う

  • キャッシュレス先進国で、中央銀行も電子通貨発行を検討している

  • 超福祉国家


  • というように、様々な点で先進的な取り組みを行っている国です。



    また、現在政策金利はマイナス金利なのですが、中銀も来年はじめに追加利上げを予定している等、世界的に金融緩和が進行する中で、利上げを検討しているというのも特徴としてあげられます。



    ただし、チャートで見ると、最近は右肩下がり、クロスユーロで見ても右肩上がり(スウェーデンクローナ安)というように、為替の動きとしては、そこまで魅力的とは言い難いです。



    【スウェーデンクローナ円 月足チャート】
    SEK chart1005-min



    【ユーロ/スウェーデンクローナ 月足チャート】
    EURSEK chart1005-min



    このように、ポーランドズロチと違ってそこまでユーロとの相関性も高くなく、スワップポイントも高くないので、今時点ではそこまで魅力的には感じておりません。



    ノルウェークローネについて





    ノルウェークローネも名前の通りノルウェーの通貨なのですが、ノルウェーは石油や天然ガスが主要な輸出品という資源国です。



    最近は資源価格が低迷しておりますが、その中でも経済は好調で、

  • 政策金利は利上げフェイズにあり、現在1.5%だが、まだ利上げ見通し

  • 政府予算はGDPの7.3%もの黒字


  • という特徴があります。



    ただし、ノルウェークローネについても、最近は右肩下がりのトレンドで、対ユーロでも下落しております。



    【ノルウェークローネ円 月足チャート】
    nok chart1005-min



    【ユーロ/ノルウェークローネ 月足チャート】
    EURNOK chart1005-min



    また、スワップポイントが3円ということは、365日で1,095円、現在ノルウェークローネが12円前後であることを考えると、スワップ利回りはレバレッジ1倍で0.9%と、スワップポイント狙いで買うにしても、今時点では少し魅力が薄いかなという印象です。



    そのため、ノルウェークローネについても、今時点ではそこまでおすすめはしづらいと思っております。



    ただし、1つだけトレードのアイディアはあり、ノルウェークローネとスウェーデンクローナは、かなり似たような動きをして、NOK/SEKという通貨ペアで見ると、かなりレンジ相場になっているという点はあります。



    【ノルウェークローネ/スウェーデンクローナ 月足チャート】
    nokske chart1005-min



    今だとノルウェークローネ円はスワップがプラス、スウェーデンクローナ円の売りスワップがプラスであることを考えると、ノルウェークローネ円を買って、スウェーデンクローナ円を売るという、サヤ取りができる可能性はあるのかなと思っております。



    これについては、面白そうであればもう少し研究してみようと思っております。



    豪ドル/NZドルについて





    これは、豪ドル円の買い、NZドル円の売りという通貨ペアで、個人的には最強のレンジ通貨ペアだと思っております。



    豪ドル/NZドルについては色々なところで布教しておりますが(笑)、他の記事から引用すると、


    豪ドルとNZドルは、

  • どちらもオセアニア諸国の通貨

  • どちらも中国経済の影響を大きく受ける

  • どちらも高金利通貨であり、リスクオンで買われ、リスクオフで売られる

  • どちらも緩やかに長期間経済成長が続いている

  • どちらも公的債務残高が少なく、財政リスクが低い


  • というように、特徴が非常に似ているため、為替もほぼ同じような動きをします。実際に、直近3年間の豪ドルとNZドルの値動きを比較してみましょう。



    AUD and NZD1209



    このように、ほぼ同じような動きをします。その結果、豪ドルを買って、NZドルを売るという豪ドル/NZドルという通貨ペアは、非常に長い期間で見てもレンジ相場になりやすいです。



    豪ドル/NZドルの過去45年間のチャートを見てみましょう。



    【豪ドル/NZドル 過去45年チャート】
    aud nzd historical

    (出典:ニュージーランド準備銀行(中銀)の日時データより管理人作成)



    これを見ると分かるように、豪ドル/NZドルはかなりの期間レンジ相場になっております。



    なお、一瞬1.8近くまで上がっている時は、1985年3月にNZドルが固定相場制から変動相場制に移行する直前の混乱期で、その後の直近30年で見ると、もっとおとなしいレンジ相場になっております。



    AUD NZD 30year



    このレンジ相場になりやすさは、他の通貨ペアと比べても圧倒的であり、他に自動売買で人気の高いドル円、豪ドル円、NZドル/ドルと直近30年間の値動き幅を比べると、以下の通りです。



    豪ドル/NZドルドル/円豪ドル/円NZドル/ドル
    高値1.464160.32107.840.88414
    安値1.00675.2954.920.391
    差異0.45885.0352.920.49314
    差異率45.5%112.94%96.36%126.12%




    このように、豪ドル/NZドルは、長期でレンジ相場になりやすいという特徴があります。

    【設定公開】ループイフダン豪ドル/NZドルの低リスク長期向け設定検証【5年分バックテスト】



    このように、長期でレンジ通貨になっており、また、その理由も「同じような経済構造のオセアニア国家だから」というように明確で、レンジトレードする場合に最適な通貨です。



    今は自動売買のループイフダンで運用しているのがメインなのですが、値幅を広くする場合は裁量トレードでIFDone注文をすれば十分間に合うことや、スプレッドやスワップの条件も裁量口座であるみんなのFXの方が自動売買口座よりは良いであろうことを考えると、豪ドル/NZドルで裁量トレードをする場合には、最有力候補となると考えられます。



    今現在も豪ドル/NZドルの裁量口座はいくつかあるのですが、条件は以下のように正直どこも良いとは言えず、むしろ自動売買であるループイフダン口座が一番良いのではないかというような状態なので、みんなのFXにはかなり期待しております。



    スプレッドスプレッド手数料買いスワップ売りスワップスワップ合計自動売買取引単位
    ループイフダン6無料1-11-10
    トライオートFX9.8無料0-21-21
    iサイクル注文104200-20-20
    トラッキングトレード7.14001-11-10
    マネーパートナーズ6無料-353.5-31.5
    セントラル短資FX6無料-5644-12×
    ヒロセ通商1.9無料-54-13-67×
    サクソバンク証券変動無料-40-9-49×




    以上が月曜日から追加される4通貨についての簡単な解説でした。



    このように、個人的には、

  • ズロチ・ユーロサヤ取り口座の新しい最有力候補

  • 豪ドル/NZドルの裁量トレードの最有力候補


  • という点で注目しており、それにプラスして、ノルウェークローネ円とスウェーデンクローナ円のサヤ取りという、新しい手法もありうるのか・・・?というような感じで見ております。



    とりあえず、ズロチと豪ドル/NZドルについては、個人的には自信をもっておすすめできるものなので、興味があれば是非やってみてください。



    みんなのFXについては、当サイト限定で3,000円の追加キャッシュバックがあり、もし興味があればこちらから口座開設して頂くのがお得です(もちろん口座開設や口座維持手数料等は一切無料です)



    口座開設は、


    みんなのFX
    button2.png


    からできます。

    【トルコリラ、メキシコペソ、ランド派必見】みんなのFX、LIGHT FXで独占ニュース配信

    2019年04月11日 22:11

    【トルコリラ、メキシコペソ、ランド】 みんなのFX、LIGHT FXで独占ニュース配信





    トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド、人民元といった高金利通貨に投資している人に朗報です。





    今月の4/15より、みんなのFX、LIGHT FXで、高金利通貨に特化した為替ニュースの独占配信が開始されます!

    関連ページ:高金利通貨に特化した為替ニュースの独占配信について





    毎週月曜日には各通貨ペアの「今週のポイント」、火曜日から金曜日には「今日のポイント」、また4通貨の為替レートに変動があった場合や突発的なニュースが発生した場合にもいち早く情報を配信いたします。 ということで、高金利通貨に投資する場合、必見の情報源となりそうです。





    これらの情報は、トレイダーズ証券(みんなのFX、LIGHT FXの運営会社)と情報ベンダーのDZHフィナンシャルリサーチ社の独占配信契約であり、みんなのFXかLIGHT FXで口座を持っている人限定の情報となっておりますので、もしまだ口座を持っていない人がいれば、この機会に是非どうぞ。(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)





    みんなのFXとLIGHT FXは、どちらでもこの情報を見ることができて、また、この2つの口座は、どちらもスプレッド、スワップポイント、取引単位と言った条件は全て同じなのですが、できれば両方の口座を持っておくことをおすすめします。




    というのも、この2つは、


  • スプレッドが非常に狭く、約定力も強いので、短期トレードで使いやすい

  • 高金利通貨についてのスワップポイントが高く、未決済ポジションのスワップに課税されないという点もあるので、長期投資でも使いやすい

  • 高金利通貨の中でも、南アランド、トルコリラ、メキシコペソ、人民元の他にも豪ドルなども条件が良く、様々な通貨ペアで使いやすい



  • というように、色々な用途で使える口座、ただ、例えば短期ポジションと長期ポジションを一つの口座でやってしまうと、何かのポジションが大きく含み損を抱えると、全部のポジションが一気にロスカットされるリスクもあるというように、できる限り用途別に分散させた方がいいからです。





    そのため、トップの条件で同じスペックの口座が2つあるのであれば、どちらも持っておいて、用途によって使い分けるのがおすすめで、口座を持つこと自体には手数料も一切かからず、特にデメリットもないので、2つとも持っておくことをおすすめします。





    また、みんなのFX、Light FXの両方とも、当サイトからの申し込み限定で、通常のキャッシュバックに加えて、3,000円の特別キャッシュバックも貰うことができるので、口座開設をしたい場合、当サイトから申し込みするとお得です。





    口座開設は、



    みんなのFX
    button2.png





    LIGHT FX
    button2.png



    からできます。






    セントラル短資FXのスワップ、トルコリラと南アランドで売り買い同額に!理由も取材

    2019年04月03日 14:40

    【サヤ取り、ショート派に超朗報!】




    本日もスワップポイント比較を作ろうとデータを集めていて、凄いことに気が付きました





    普段、売りスワップやスプレッドの比較表を作り、売りでのおすすめFX会社を検討すると、大体いつもは


  • ドル円:セントラル短資FX

  • 豪ドル、NZドル:DMM FX

  • 南アフリカランド、トルコリラ:GMOクリック証券

  • メキシコペソ:くりっく365



  • となります。(2019年になってから、ここのトップが動いたこともないんじゃないかというレベルでいつもは変動せず)





    そういう環境だったのですが、今週のスワップポイントを比較してみると、とてつもないことが起こっておりました。売りスワップの比較表を見てみましょう。




    会社名米ドル豪ドルNZドル南アフリカランドトルコリラメキシコペソ取引単位
    セントラル短資FX-61-45-42-80-85-150
    DMM FX-66-28-28-120なしなし
    GMOクリック証券【FXネオ】-75-34-44-100-89なし
    外為オンライン(くりっく365)-87-45-43-137-130-130
    FXプライムbyGMO-100-40-35-250-100-220
    みんなのFX-80-51-30-150-120-150
    LIGHT FX-80-51-30-150-120-150
    SBIFXトレード-82-35-39-120-103なし1
    アイネット証券-89-47-55-230-140-300
    外為オンライン(店頭)-100-45-55-250-160-140
    インヴァスト証券-81-42-47-170-117なし
    サクソバンク証券-102-60-75-150-151-264
    インヴァスト証券(シストレ24)-115-70-90-400なしなし
    ヒロセ通商-130-105-98-650-207-380
    JFX株式会社-130-105-98-650なしなし
    フィリップ証券-72-49-45-150-140なし






    なんと、これまで南アフリカランドとトルコリラで不動のトップであったGMOクリック証券を抜いて、セントラル短資FXがマイナススワップ最安値となっておりました!





    セントラル短資FXは、元々


  • ドル円のマイナススワップポイントは安定して最安値

  • 1,000通貨単位で取引可能(GMOクリック証券、DMM FX、くりっく365ではできない)

  • スプレッドも原則固定でドル円は0.3銭、ランドは0.9銭、トルコリラも1.7銭と、業界最狭



  • というように、売りのFX会社としてかなり良いところだったのですが、マイナススワップまで最安値になってしまい、いよいよ売りのFX会社として、セントラル短資FXが一強体制を築くのか!?という状態になっております。





    また、スワップポイントの一覧を見ていると、あることに気が付きました。南アフリカランドとトルコリラのスワップポイントの推移を見てみましょう。





    【南アフリカランド】
    central zar





    【トルコリラ】
    centrarl try





    なんと、先週の途中から、買いスワップと売りスワップが同額となっておりました!





    買いスワップと売りスワップが同額だと、「スワップが良い会社はプラスは良い、マイナスは悪いで安定」「スワップが悪い会社はプラスは悪い、マイナスは良いで安定」となりやすいですが、セントラル短資FXは、メキシコペソについてはスワップが良い一方で、トルコリラや南アフリカランドのスワップは最近は低い方であったので、トルコリラと南アフリカランドについては、マイナススワップが安い方で安定するのではないかと期待しております。





    【4/3追記】
    このスワップポイントが同額で、マイナススワップが安くなったことについて、セントラル短資FXに直接取材したので、そこでのご回答も記載させて頂きます。





    セントラル短資FXのトルコリラ、南アフリカランドのスワップが売り買い同額となった理由を直接取材してみました







    -お世話になっております。先日御社のスワップポイントを見ていたところ、南アフリカランドとトルコリラについて、買いと売りのスワップポイントが同額になっており、売りスワップとして見ると、非常に低い水準となっていることに気づきました。これについて、どういう経緯で実施されたのか教えて頂けないでしょうか?





    ご担当者様「お問い合わせありがとうございます。当社では、昨年より、お客さまの取引スタイルに応じた多種多様な取引機能や取引条件など、より良いサービスの提供を目指して様々な改善を行い、例えば、スプレッドを業界最狭水準にまで改善、スピード注文、条件の良いメキシコペソ/円等をご提供してきました。





    今回の高金利通貨における買い/売りスワップの一本値での提供開始も、現在の市場環境下で、お客さまの利便性を向上させるべく検討を重ねた結果、一本値でご提供することとしました。」





    -なるほど。今回の改定では、一本値にしたことによって、高金利通貨の買いスワップを高くしたというより、逆に売りスワップが安くなったという印象ですが、何故あえて「高金利通貨の売りスワップを安くする」という方向を選ばれたのでしょうか?





    ご担当者様「そうですね。今回の改定では、ご認識のように、売りスワップを低くしたというのが、大きな特徴です。





    こうさせて頂いた背景には、FXは売りから入ることができるのも魅力のひとつであり、それは高金利通貨でも例外ではないと考えていることがあります。





    相場は上がるだけでなく、下がるときもあり、そういった局面で売りポジションを持ちたい場合でも、気兼ねなく取引していただけるよう、売りスワップを低くしました」





    -なるほど!当サイトでも、特にトルコリラ等は、両建ても推奨しているので、凄くそのお気持ちが分かります!今回売りのマイナススワップが安くなりましたが、このように安い条件は今後も続けられるのでしょうか?





    ご担当者様「そうですね。スワップポイントは相場の状況やカバー先からのレートによって変動することはありますが、当社としては、「売りで取引されるお客さまにも良い条件で取引いただきたい」と考えているので、これからも良い水準を提供できるよう努力し、また、一本値をご提供するという方針も、極力維持したいと考えています。





    ただ、市場を取り巻く環境が変化した場合は、それが難しくなる可能性も否定できないことはご理解いただければと思います。」





    -ありがとうございます。最後にユーザーの皆様に向けて、一言お願いいたします。





    ご担当者様「当社はかねてより中長期投資だけでなく、短期売買のお客さまのニーズにも幅広く応えようと努めています。具体的には、主要通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準にまで引き下げ、各取引チャネルにおいて「スピード注文」機能を導入し、利便性を大幅に向上しました。また、新規通貨ペアの追加にも鋭意取組んでいます。





    当社は、多くのメディア様から「老舗」と言っていただけることが多いですが、こうした「老舗」の信頼に加えて、先進性とスピード感も追求しているセントラル短資FXに、引き続きご期待いただければと思います。」





    -お忙しい中ありがとうございました!





    以上が今回の件について取材させて頂いた内容でした。





    そういえば、以前セントラル短資FXの取材に伺った時に、市場業務部長の水町淳彦様が、




    実は、その部分(高金利通貨のマイナススワップポイント)は意識的に低くしようとしており、他社の動向も見ながら、他社よりも安いレートを出せるようにしております。





    FXの高金利通貨というと、どうしても「買いでスワップポイントを貰う」という意識になりやすいですが、相場はずっと上を向いているものではなく、下がっている時も多くあり、売りを入れるべき場面もあります。





    当社は、「買いで入るのだけが投資ではない」と考えており、売りで入るお客様にも良い条件を提示しなければいけないと考えているので、マイナススワップポイントについては、他社と比べても競争力のある金額にしようと努力しております」


    「当社はスキャルピングやデイトレにおすすめです」 | セントラル短資FXに取材



    ともおっしゃっておられましたが、今回の改定も、こうした方向性を改めて強化したというもののようです。





    いずれにしても、トルコリラや南アフリカランドでショートを入れたり、あるいは両建てでスワップポイントのサヤ取りを目指す場合には、


  • スプレッドが原則固定で業界最狭

  • マイナススワップポイントも最安値レベル

  • 1,000通貨単位での取引も可能




  • ということで、セントラル短資FXがファーストチョイスとなってきており、今後にも期待です。





    なお、セントラル短資FXには当サイトからの口座開設限定のキャンペーンもあり、3月までの期間限定で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバックをもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。





    このFX投資戦略マニュアルでは、「何故貯金だけだと危険なのか」ということについて、「日本が破綻するというのは、実際のところどこまで本当なのか?」ということも含めて分かりやすく解説し、その解決策として、初心者でもやりやすい、長期で堅実に投資する方法を紹介したものです。





    FXをまだやったことないという人や、初心者で、「FXで安全に長期投資ってどうやればいいんだろう?」という人、さらには「投機」ではなく「長期投資」をしたい人には、是非読んでほしい内容です。





    口座開設は


    セントラル短資FX
    button2.png


    からできます。