TPP参加が日経平均株価、為替に与える影響は?

2013年09月28日 19:11

先日友人と話していて、「TPPの交渉が最近色々報道されてるけど、あれって株価や為替に影響あるの?」という質問を受けて、面白い視点だなあと思ったので、ここで考察したいと思います。




・ そもそもTPPって何?





TPPは正式には環太平洋戦略的経済連携協定(Trans-Pacific Strategic Economic Partnership Agreement)というもので、要は「参加国の経済、貿易を自由にできるようにしましょう」というものです。





一般的には「関税をなくす」というのが有名なところですが、そこが一番インパクトとしても大きいです。




というのも、例えば日本では、お米について、非常に高い関税(778%!)をかけており、そうやって関税をかけて外国のお米を高くすることによって、日本産の米の方が外国産の米より安かったり、少なくとも高すぎない水準になることで、日本産の米が買われるようにしています。





それがなくなった場合どうなるかというと、外国産の米にかかっていた関税がなくなり、非常に安い価格で外国の米が入ってくるようになるため、消費者も安い方を選んで、日本の農家が衰退すると言われています。





ちなみに、TPPは別に関税だけではなく、例えば原産地規則、貿易救済措置、衛生植物検疫措置、貿易の技術的障害、知的財産・・・・などなどを含む、自由貿易協定のすべての主要な項目をカバーする包括的な協定となってます。




いずれにしても、イメージとしては「自由に輸出・輸入ができるので、自由競争が促進される」というもので大丈夫です。



ただし、「どの品目を対象とし、どの品目を対象外とするか」というような「部分的自由化」が現在の主流で、例えばアメリカは車などを対象外としたいとしており、日本は米などを対象外としたいと言っており、今後の交渉の中で、それらがどうなっていくか、ということについては、決まっておらず、誰もどうなるかは予想出来ていない状況です。




・ TPPの日経平均株価に与える影響は?






このTPP参加、日本経済への影響は色々な説があります。賛成論者は、「日本の輸出が増えることでメリットがある」、「参加しないとアメリカからの圧力で、例えばトヨタのリコールのような事態を起こされるので、もう参加するしかない」と言い、一方反対論者は「農業などに大打撃を与える」、「他にも衣類などの輸入が増えたりして結局輸入が増えてしまうので赤字になる」、あるいは「海外で作って日本に売っても関税がかからないなら、ますます企業の海外流出が増える」など、賛否両論あります。





これについては、正直なところ、「どの品目が対象でどの品目が対象外になるか」というのも関係しますし、また、実際のところ、「やってみないとわからない」面もあり、予想は極めて困難です。




ただし、日経平均株価については、割りと容易に方向性の想像はつきます。




それは、TPP参加は、高確率で株高要因になるだろうということです。




というのも、日経平均225に参加している企業は上場している中でも特に多く取引されている大企業なので、輸出企業が多く、TPP参加は少なくとも「輸出」という面に関しては、プラスに作用するだろうというのがある程度共通した見方だからです。



また、食品を扱う企業についても、実はTPPはメリットがあり、それは「材料の仕入れ値が安くなる」というものです。例えばカレーライスを作るのを考えてもらいたいのですが、カレーを作る人にとっては、米の値段が安くなるのはむしろ良いことですよね?なので、TPP参加で輸入が増えることは、個別企業にとってはメリットになるのです。




なので、TPPが多くの品目を対象とし、日本が参加するとなった場合、株高要因であり、一方逆に対象品目が相当程度限定されたり、あるいは日本の不参加が決定したりすると株安要因になります。




この日経平均株価に投資したい場合のやり方とおすすめ業者についてはCFDおすすめ業者2013~日経平均225スプレッド比較~で取引の仕方を含めて書いているので、こちらもご覧ください。






・ TPPの為替に与える影響は?






さて、今度は為替に与える影響はどうでしょうか?実は、これについては、正直わからないというのが正解だと思っています。





というのも、先程も述べたように、TPPは経済にとって良いのか悪いのかについてはわかりませんし、さらに日本経済に好影響だとして、それが「円買い」になる時もあれば、「円売り」になる時もあり、2段階で予想が困難だからです。





円高になるという説としては「貿易の輸出>輸入になり、貿易黒字要因だから円高になる」というのや、「TPPに参加しないとなると、安倍政権の指導力について疑問が出て、結果アベノミクスによる円安効果が減じられる」というものがある一方、円安になるものとしては「貿易の輸出<輸入となり、貿易赤字要因だから円安になる」というのや、「参加しない場合アメリカから圧力をかけられ、円高にさせられるから、TPP参加はそうした円高要因を消す」というのや、「株高になるから円安になる(筆者はこれを信じていませんが。円安だから株高はあっても、株高だから円安というのは、因果関係を取り違えています)」などがあります。






ただし、これだけのイベントが為替市場に何の影響も及ぼさないというのは考えづらいので、いずれにしてもどちらかの円高なり、円安なり、どちらかの動きはあるでしょう。





つまり、為替については、今後の動向やその時の市場の反応を見てどうなるかを分析し、それで次似たような事が起こった時にはその方向に投資しましょうというのが、私の意見です。






このニュースの結果どういう風に為替が反応したかというのや、そもそもそういったニュースをどうやっていち早く手に入れるか、ということについては、無料で為替ニュースを集める方法を紹介しますで書いておりますので、こちらも参照ください。






また、こうしたファンダメンタルズ的な要因について、プロがどのように投資しているのかを知りたければ、有料ですが宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)のようなセミナーで体系的に学ぶのも一つの手だと思います。セミナーは相場が20~30万円のところが、42,800円なので、価格的にも安く、そこで相場の世界で30年以上いきてきたプロの授業を受けられます。






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

東京オリンピックの株価、為替に与える影響

2013年09月08日 17:17

今回は本日決定した、東京オリンピックが株価や為替に与える影響を考察します。






東京オリンピックが株価に与える影響




まず株価ですが、これはほぼ間違いなく株高の方向に進むでしょう。





これは実体経済的な影響に加え、いわゆるご祝儀相場というような、期待感から来る投資の活発化も起きると考えられるので、ほぼ間違いありません。




なお、東京都の試算では経済効果は3兆円と、GDPの0.5%程度と控えめなものですが、これは「直接的な投資にかかる効果」にすぎず、例えば波及して起こるインフラの整備や、スポーツ用品の売上、さらには観光地としての日本の価値向上にともなう効果などは含まれておらず、実体経済への影響はもっと大きいという考えが主流です。





東京都が何故少なめの試算を出したかというと、オリンピックのテーマが「エコ(あまりお金をかけずに開催できる)」であること、及び、財政負担を懸念する声に配慮したものと考えられています。というのも、直接的なインフラ整備=東京都のお金でやる公共事業なので、税金がかかるというのを懸念する声もあるためです。





東京オリンピックが為替に与える影響





一方、為替については、円安になる可能性が高いと考えています。




これは、大規模公共事業等が必要になる→実質的に金融緩和のような状態になるということに加え、海外投資家の動向としても、日本にポジティブ・サプライズがあれば円売り、ネガティブサプライズがあれば円買いという行動を取る傾向が強く、例えば東日本大震災の直後に大幅な円高(つまり円買)があったことを思い出してもらえればわかると思います。





そして、株価にしても、為替にしても、こういう実体経済の影響を伴ったものは長期にわたってプラスの影響を与えます。





ですから、これを期に投資を始めてみるのもいいかもしれません。






投資を始める場合、まずは宮﨑正のSDS(スーパーディーリングスクール)のようなちゃんとした有料セミナーで、しっかり習うというのも一つの手だと思います。




また、そういうのはやらずにいきなり投資したいというのであれば、私のブログで無料で


日経平均に投資したいなら、
CFDおすすめ業者2013~日経平均225スプレッド比較~


ドル円、ユーロ円、ポンド円、豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円などの主要通貨でFXをやりたいなら
FX会社の選び方~デイトレードおすすめランキング2013年9月~



が関連記事となりますので、そちらもご覧ください。






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。






ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

MT4、EAを使って24時間自動売買する方法とおすすめ業者

2013年09月06日 17:47

色々他のサイトで「このEAが良い」とか「いやこっちのEAの方がいい」という記事はあれど、実は一番重要な、MT4のEAで24時間自動売買したければどうすればいいのか?ということが書かれていないので、今回それを取り上げてみました。




そもそもの土台となる、24時間自動売買状態にするために必要なやり方を紹介し、EAについては各自で実際に取引して検証下さいということで、どのEAがいいかについては言及しませんので、悪しからずご了承下さい。





・ MT4のEAで24時間自動売買はできるの?





MT4のEAは、MT4が起動している時であれば、自動で取引をしてくれます。つまり、逆に言うと、PCをつけていない時間帯は取引してくれないということです。




なので、そもそも24時間自動売買をして欲しければ、PCを1日中つけっぱなしにして、MT4を起動した上で、回線もそこにつなぎ続けていないといけないということです。




これは一般的な人にとっては難しいことだと思います。というのも、24時間つけっぱなしだと当然PCにもダメージがありますし(休みなく稼働し続けるわけですから)、電気代もかかりますし、音も出るので嫌がる人も多いのではないでしょうか。





また、相場急変時には当然処理が重くなりますが、それに耐えうるだけのPCスペックや回線の強さがないといわゆるスリッページが発生してしまい、そこで例えば1万通貨で20pipsずれると、それだけで2000円の損になります。そして、それくらいのスリッページなら雇用統計とかでも頻繁に起こることなので、毎月それ以上の損失を出すリスクがあります。





つまり、普通にやる分には、MT4でEAを使って24時間自動売買することは、実質的にかなり困難だし、損を出すリスクも高井と言えます。




・ その上でMT4のEAで24時間自動売買する方法は?






普通に自分の家でPCを置いて24時間自動売買するのは難しいということを說明しました。では、どうすればできるようになるでしょうか?




答えは簡単で、自宅以外で24時間稼働しているPCをレンタルするということです。





とはいえ、こういうサービスを自分で一から調べて、そこでMT4を入れて、その上でEAを設定するというのは、PCの上級者ならともかく、普通の人には難しいです。





ですが、FX業者の中にはこのサービスを他の業者と提携して、MT4口座を開設すればそうしたサービスを口座ページから申し込んで、簡単にできるようにしてくれる会社があります。






それはどこでしょうか?





・ MT4で自動売買する際のおすすめ業者は?








それは、楽天証券です。





ここはVPSサービスという、24時間稼働してくれるリモートPCをつけてくれるサービスをやっているため、自宅のPCを24時間つけていなくてもずっと自動で売買ができます。なので、EAさえいれておけば、あとは勝手に全てトレードしてくれるという状態になります。





また、ここの会社の場合、他にトレーダーにとって気になるポイントである、取引通貨単位、スプレッド、スキャルピングの可否などの点でも、問題がないどころか、むしろおすすめできる会社です。




まず、取引通貨単位については、1,000通貨からの取引も可能なので、少額で24時間稼働させてEAを色々と試してみる、ということができます。。





また、スプレッドもMT4口座の中では非常に狭い部類です。ここはNDDシステムという、簡単にいえばインターバンク直結レートを使用するので「固定スプレッド」とかではなく、また、普通にトレードするところよりは若干高くなりますが、MT4での業者の中ではトップクラスの狭さです(MT4の口座ではどこもスプレッドが高くなります)





また、スキャルピングEAを使いたい場合でも、公式ページで「スキャルピングEA歓迎」と書いてある、数少ない業者でもあります。普通の会社ではスキャルピングはサーバーに負荷がかかるので嫌われるのですが、ここではむしろそれを歓迎している、という点も、トレーダーにとっては大きなポイントだと思います。




口座開設は、



楽天証券

MT4 468x60




からできます。





【関連商品】

毎月安定した副収入を得るための「安心」「安全」資産運用型FX【NexusFX】~ネクサスFX~






【管理人発行の無料メルマガのお知らせ】

このブログで紹介している手法に加え、メルマガのみでお教えする投資方法や、相場の格言などについて解説したメールマガジンを無料で発行しております。

メルマガ購読・解除
 





よろしければご登録下さい。




ただいまブログランキングに参加しております。もしこの記事が参考になれば、下のバナーをクリックして、応援していただけると大変うれしいです。



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ 





トップに戻る

FXおすすめ業者に戻る