FX業者のせいで30万円以上損してませんか?FXスキャルピングおすすめ業者2019年

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

トルコリラ見通し予想2019年 | 2018年急落の原因と今後の長期見通し

スワップポイントで選ぶFX業者ランキング2019年(毎週更新)

FXスキャルピングで口座凍結!?スキャルピング禁止の真偽と口座凍結対策

【利回り39%】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【為替リスクを抑えて利回り10%超】何故ズロチ・ユーロサヤ取りをはじめるなら今がおすすめなのか?

メキシコペソ見通し2019年 | メキシコ経済・為替今後の予想

【ドル円予想】2019年の相場見通しを、トレイダーズ証券井口喜雄氏に取材

為替リスクを抑えて収益率10%!?両建てにおすすめの高金利通貨は?

【当サイト限定】お得な特別口座開設キャンペーンの一覧まとめ

みらいチャートの精度と使い方をレビュー | 新機能の売買シグナル追加

2016年09月16日 19:47

未来予想






過去のビッグデータから自動で未来の為替を予想するツールが無料で使える!?





今回は、そんなツールを紹介したいと思います。





そのツールとはセントラル短資FXのみらいチャートで、これは上でも書いたように過去のビッグデータから自動で今後の為替の推移を予想してチャートに表示してくれるもので、さらに、売買シグナル(移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表等のテクニカル指標の結果から、売買の推奨を出す機能)が追加されました。





そこで、今回は改めてみらいチャートがどういうものなのかというのと、その使い方を説明します。





為替の今後の見通しを自動で予想する、みらいチャートとは?








みらいチャートとは、セントラル短資FXで口座を持っていれば誰でも使えるツールで、過去の値動きと今のチャートの形を比較して、その過去の値動きから想定される今後の見通しを第三近似まで表示してくれて、そのチャートについても「どの程度近似しているのか」というのを表示してくれるものです。





mirai chart2







また、2016/9/12に新機能として、売買シグナルが追加され、これによって、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表等、様々なテクニカル指標で、「この通貨ペアはこの時間足では買いなのか売りなのか」というのが、一覧形式で一目で分かるようになりました。





mirai6.png





自分でチャートを見るときに全ての指標をチャートに表示してしまうと、情報が多すぎてわけがわからなくなりますが(笑)、このみらいチャートを使えば、一覧で多くの指標について売買の判断が可能になります。






そして、その想定されるみらいのチャートから、今が買いなのか、売りなのか、あるいは中立なのかまで教えてくれます。






mirai4.png






このように、過去の推移から未来を自動的に予想するようなツールは、実はプロの為替ディーラーなら誰でも使っています






ただ、当たり前ですが、そこで使われているプログラムはプロにとって収益を稼ぎだすための最大の機密事項なので公開されておらず、一般の投資家は使うことができません。






それを無料で提供してくれるのが、みらいチャートなのです。





そこで、今回はこのみらいチャートの使い方について、このツールの精度と、具体的な使い方について説明したいと思います。






みらいチャートの予想の信頼性についてのレビュー








こういう「自動的に予想するツール」というと、信頼性はどうなの?と思われるかもしれませんが、私はこのみらいチャートは究極のテクニカル指標だと考えています。






というのも、テクニカル分析の本質は、「過去の値動きから将来の値動きを予想する」というものであり、それを考えるために移動平均、ローソク足なりボリンジャーバンドなりRSIなり、色々な切り口から「過去の動きからこう推移するはず」というのを予想するものです。






それに対し、みらいチャートは、そういった切り口の全てを勘案した上で、「過去の値動きからはこうなるはずだ」というのを実際のデータを用いて予想してくれるものなので、確実なデータに基づき、全ての切り口から見た、究極のテクニカルと言えるからです。






また、プロもこのようなツールを使って予想している以上、みらいチャートで上がると考えられる時は、プロの使うツールでも買いシグナルを出すはずで、その時点で買えば、プロの使う大きな資金の流れも読めるというメリットもあります。






さらに、追加された売買シグナル機能では、移動平均、ボリンジャーバンド、一目均衡表、MACD、ストキャスティクス、RSIという、ほとんどの人が使っているテクニカル指標について、一覧で「買いなのか売りなのか」ということを出してくれているので、これについては、「本来じっくり見ないと分からないものがぱっと分かるようになった」ということなので、普通にテクニカル分析をすることと比較して、プラスにこそなれマイナスになる要素はあまりないものといえます。





このように、みらいチャートは、ある種究極のテクニカル指標ということができると思います。





ただし、当たり前ですが,100%当たるわけではありません。それはどんなテクニカル指標を使おうが、どんなファンダメンタルズ情報を持っていようが、100%こうなる、ということは言えないのと同様、過去の推移から予想するみらいチャートでもはずすことはあります。





また、第一近似から第三近似まで、バラバラの予想をすることもあれば、売買シグナルが拮抗することもあります。そういう場合は、テクニカルで考えると「判断が難しい局面」といえます。






一方で、第一近似から第三近似までが似た値動きを予想した場合、短期間の予想ではかなりの精度があると思います(体感的には7、8割当たってる気がします)






なので、トレードの参考として非常に役に立つと思います。






みらいチャートの使い方






このみらいチャートは、セントラル短資FXで口座を持っている人ならだれでも使うことができます





FXダイレクトにログインすると、こういう画面が出ます。そこで、このみらいチャートを選んでください。






mirai cjart1







そこでみらいチャートを使うと、このような画面が出ます。






mirai chart2






このように、まずは第一近似から第三近似まで、どういう推移になるかということ、及び、下にどのくらい近似しているか、というkとを見ることができます。





そして、右の方に目をやると、このように、売買シグナルでどの程度シグナルが出ているか、という情報がランキングで見ることができます。





mirai4.png






なお、今は日足で見ていますが、これについては左の画面で時間足を変えれば、別の時間足でどうなるか、ということも見ることができます。





mirai8.png






mirai5.png





では、次に新機能として追加された売買シグナルについて、使い方を説明します。まず左上から売買シグナルを選んでください。






mirai3.png






このように、時間足を選べば、どのテクニカル指標では買いなのか、どの指標では売りなのか、というのが、一覧になっているので一目で分かります。





なお、この新機能の凄いところは、こうやって一目で分かるということだけではなく、さらに、このシグナルに従っていたらこれまで損益はどうなっていたか、ということまで分かることがあります。





例えば、USドルの移動平均線での取引について、クリックしてみましょう。





mirai6.png






すると、右側の画面が、このようになります。





mirai7.png





この下に出ているのが、このシグナルに従って売買した時の損益と、その累積損益で、赤ならプラス、青ならマイナスになっております。





このように、「ある通貨ペアについて、どのテクニカル指標はどの時間足で特に有効なのか」といったようなことを調べることもできます






このみらいチャートはセントラル短資に口座を持っていれば誰でも使えます(FXダイレクトプラス口座でのチャートなのですが、セントラル短資FXでは、3つの口座まとめて開設が可能なので、他の口座をメインで使う場合でも使えます)。




口座開設は




セントラル短資FX
FXダイレクトプラス






からできます。





【関連記事】

トルコリラ為替見通しと、スワップでのFXおすすめ業者2017年

南アフリカランド経済・為替の今後の見通しとおすすめFX業者2017年

FXスキャルピングおすすめ業者2017年 | 最新のFXスプレッド比較







もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

FXプライムbyGMO、当サイト限定口座開設キャッシュバックのお知らせ!

2016年09月07日 00:32

当サイトでも、その高い約定力から短期売買などでもおすすめしているFXプライムbyGMOに今口座開設を考えている方に朗報です。




当サイトから口座開設を申し込み、『選べる外貨』で3万通貨以上の新規取引を行うと当サイト限定・期間限定で通常のキャッシュバックにプラスして3,000円の限定キャッシュバックが追加されます!





このキャンペーンは期間限定キャンペーンなので、FXプライムbyGMOに口座開設を考えているなら、今当サイトから申し込むのが断然お得です!





口座開設は




FXプライムbyGMO
人気のFX取引!GMOグループのFX会社・FXプライムbyGMO






からできます。






【関連記事】

業者によって利益が数十万円違う!?スキャルピング業者選びの重要性とおすすめ業者2016年





このエントリーをはてなブックマークに追加

岡三オンライン証券に取材訪問(後編) | くりっく株365の魅力を紹介!

2016年09月02日 22:49

前回に引き続き、今回も岡三オンライン証券でのインタビュー記事を書いていきたいと思います。前回は岡三オンライン証券のくりっく365について教えていただきましたが、今回はくりっく株365(日経225やNYダウ等の株価指数に投資可能な取引所CFD。詳細はくりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介をご覧ください)について、その魅力や、そのくりっく株365参加企業の中で岡三オンライン証券の強みについてお話を伺いました。




順番としては、このような感じで書いていきます。





  • くりっく株365ってどんなもの?その魅力を紹介

  • 岡三オンライン証券のくりっく株365口座は手数料、投資情報が魅力!
  •  
  • くりっく株365の今後の見通しと、岡三オンライン証券の方針






  • くりっく株365ってどんなもの?その魅力を紹介






    ―さて、くりっく株365は今後伸びる商品というお話でしたが、くりっく株365は確かに最近人気が増えていると私も感じておりました。やはり御社でも最近口座数が増えたりしているのでしょうか?





    ―鈴木様:くりっく株365については、まだ認知度はそこまで高くないと思っているのですが、最近右肩上がりで口座数も増えており、その伸びについては、くりっく365や店頭FXといった、他の商品に負けないくらいの勢いです。くりっく株365についてご存じなかった方でも、くりっく株365の説明をすると、「それは凄く良い商品ですね」と言って口座開設される方も多くいらっしゃいます





    ―そんなに伸びているんですね!皆様どういったところに魅力を感じられているのでしょうか?





    鈴木様:正直かなり魅力的な商品なので、色々な要素があると思うのですが、大きく

  • 初心者の方でも分かりやすく取引ができる

  • 配当相当額をもらえる

  • レバレッジをかけて少額から取引ができる

  • 祝日も含め、ほぼ24時間の取引ができる


  • といったところに魅力を感じていただくことが多いように思っております。





    ―なるほど。では、まず一番はじめの「初心者の方でも分かりやすく取引ができる」というところについて、詳しく教えていただけますでしょうか。





    鈴木様:海外の株価指数は円建てではなく外貨建てであったり、取引単位も分かりづらかったりして、「難しい」という印象を持つ方が多いのですが、くりっく株365については、非常に明快で、株価指数×100円単位で取引することになるため、例えば買いポジションであれば、日経225でもNYダウでも、株価指数が100ポイント上がれば1万円、200ポイント上がれば2万円利益になるというように、円建てで非常に分かりやすいという特徴があります。






    また、個別株の取引では、何千銘柄とある中から、「どの銘柄を選んだらいいのか」というのが難しいですが、くりっく株365では日経平均株価やNYダウのようになじみのある株価指数を取引します。また、くりっく株365で取引できる株価指数というのは、日本、アメリカ、ドイツ、イギリスのその国を代表するような企業の中から、様々な業種が入るように銘柄が選定されているので、そのような「その国を代表する会社に自動的に分散投資ができる」というのも魅力だと思っております。






    ―確かに、株式投資は分散投資が重要と言われますが、「どういう業種に分散すればいいか」「その中からどの企業を選べばいいか」等、とても難しいですよね。次の配当相当額については、数万円単位であるので重要だなあと思っておりましたが、やはりそこを重視される方が多いんですね。





    鈴木様:そうですね。実際に、当社のコールセンターに入るくりっく株365についてのお問い合わせでも、「NYダウの配当相当額はいくら位になりそうか?」等、配当相当額についての問い合わせが多くなっております。





    また、次の「少額から取引可能」という話とも絡んでくるのですが、NYダウは、1単位保有するのに証拠金が4万円程度(※1)なのですが、年間4万円程度(※2)の配当を受け取ることができて、アメリカの企業は配当月がばらばらなので、毎月のように配当相当額を受け取ることができます。





    日経225についても、1単位保有する証拠金が8万円程度(※3)に対して、配当相当額が3万円程度(※4)というように、配当はかなり魅力的だと思います。配当月については、日本企業は3月決算の会社が多く、3月と9月に権利確定をする銘柄が多いので、その時期に配当相当額が大きく伸びるという特徴があります。





    ※1 インタビュー時点で36,000円
    ※2 2015年であれば、43,619円になると金融取引所が算定しております(2016年6月上場のため、2015年の実績は存在しません)
    ※3 インタビュー時点で78,000円
    ※4 2015年実績で29,630円





    また、くりっく株365では、取引期限がなく、長期保有が可能(※ 筆者注:先物取引では、約3か月後に取引期限が来て、そこで自動的にポジションが決済されます)なので、配当目的で長期保有というようなことから、そうした取引をされる方も多くいらっしゃいます。





    ―配当は魅力的ですよね。最後の祝日も含め、ほぼ24時間の取引ができるというところについて、そこをうまく使った取引方法などがあれば教えてください。





    鈴木様:日本が祝日でも海外は平日で、その間に大きく動く、ということはよくあることです。また、特にNYダウなどでは、日本では夜から早朝にかけてのニューヨークの取引時間に動くことが多いので、そうした時にも取引することで取引チャンスを逃さないということができます。





    また、これは少し上級者向けなのですが、現物株などを買っている方が、祝日に相場が急変しても大丈夫なように、日経225を売り建てることでヘッジを入れるというような方もいらっしゃいます。この売り建てができるということもくりっく株365の魅力だと思っております。くりっく株365では、買うのも売るのも同じように証拠金の範囲内で取引ができるので、短期的に売りポジションを持つ場合にも使いやすいと考えております。





    岡三オンライン証券のくりっく株365口座は手数料、投資情報が魅力!







    ―ありがとうございました。では、次にくりっく株365参加企業の中で、御社の強みについて教えていただけますでしょうか。





    鈴木様:まずは手数料が安いということがあります。当社の手数料は片道162円(税込)というように、業界の安値水準となっております。当たり前ですが、手数料が高くなると、その分お客様の利益を圧迫してしまうので、ここにはこだわっています。





    また、くりっく365と同様、投資情報の提供にも力を入れており、ここでもやはり多面的かつ実践的な情報を提供できるようにしております。





    ―多面的というのは、前回お話しいただいた、「岡三証券グループとしてのグローバルな情報網と、現物株、先物、投資信託、FX等、各種取扱いがあることによる多面的な情報」というようなお話だと思いますが、「実践的」というのは、くりっく株365ではどういう感じでしょうか?





    鈴木様:くりっく株365では、当社の口座を持っていれば、「e-profit株365」というくりっく株365専用の情報ツールを使うことができ、そこでは「日経225について、過去のデータからから統計的に算定される今日の値動きの予想」「エントリーポイントから利確・損切までの具体的なストラテジー」「注目のイベント、ポイントになる価格帯、マーケットの関心事、相場の流れ」といった情報を配信しております。





    こうした投資情報の提供については、今後NYダウ等にも拡充していこうと考えており、今後も重視していきたいと思っております。





    くりっく株365の今後の見通しと、岡三オンライン証券の方針






    ―色々とお話しいただきありがとうございました。最後に、くりっく株365の今後の見通しと、その中で御社がどういう方針かということについて、教えていただけますでしょうか。





    鈴木様:くりっく株365は、知っていただければ「凄く良いね」と言っていただけるように、商品性については非常に素晴らしいと思っておりますが、まだまだ知名度がそこまで高くないと思っております。ここについて、例えば現物株や他の商品を取引している方にも知っていただくなど、まずは多くの方に知っていただく、というのが重要だと思っております。





    先ほど説明した以外にも、例えば、現物株では午後3時までしか取引できないのに対して、くりっく株365はほぼ24時間取引できるため、日中忙しい方でも仕事が終わった後に取引ができるといったように、おすすめできるポイントが色々とあると考えております。また、他にも、くりっく株365の口座数や取引量は今後も伸びると思うので、その中でいかに「お客様の声を“カタチ”にできるか」ということが重要だと思っております。





    詳細はまだお話しできないのですが、取引ツールについても、現在は取引所が提供している標準ツールを提供しておりますが、今後は当社オリジナルの取引ツールの開発を検討しております。





    ―完成を楽しみにしております!ありがとうございました。






    インタビュー記録は以上となります。まとめると、


    【くりっく株365の魅力】
  • 初心者の方でも分かりやすく取引ができる

  • 配当相当額をもらえる

  • レバレッジをかけて少額から取引ができる

  • 祝日も含め、ほぼ24時間の取引ができる




  • 【くりっく株365の中での岡三オンライン証券の強み】
  • 取引手数料が業界の安値水準

  • 多面的かつ具体的な投資情報



  • といった感じになります。




    この岡三オンライン証券に口座を開設するには




    岡三オンライン証券
    岡三オンライン証券




    からできます。






    【関連記事】

    岡三オンライン証券に取材訪問(前編) | くりっく365の魅力を紹介!

    くりっく365おすすめ業者2016年 | 店頭FXとの違い、会社間の違いを比較

    くりっく株365とは何か?特徴と、手数料等を比較しおすすめ業者を紹介

    4万円から取引可能で配当だけで年間4万円!?配当も貰えるくりっく株365のNYダウが今熱い!







    もしこの記事が参考になれば、下のボタンをクリックして、皆さんにシェアしていただけると幸いです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加