FX業者のせいで30万円以上損してませ
んか?FX歴11年の管理人が教える本当
におすすめのFX会社

【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

FX以上に高い資金効率+追証絶対なしの新商品、ノックアウト・オプションとは?先着150名限定で破格のキャンペーンも!

メキシコペソ投資は、スワップか自動売買どちらがいいのか?実際に運用して比較

【利回り21%】ズロチ・ユーロサヤ取り+自動売買の新設定を公開!

【利回り40%近く】ループイフダン豪ドル/NZドル VS コアレンジャー比較

【初心者向け】FX投資戦略マニュアル+5,000円プレゼント!セントラル短資FXとタイアップ!

【実績利回り27%】ズロチユーロサヤ取りのやり方と、私の実績【エントリー・利確のタイミングも解説】

マネーパートナーズ連続予約注文とは?自動売買との違い、設定方法を解説

2019年07月07日 00:08

連続予約注文とは何か?





自動売買のできるFX会社って、なんでこんなにスプレッドが広いの!?





自動売買は、何回も取引を繰り返すため、スプレッドの差は非常に大きな違いになります。例えば、スプレッドが1銭違えば、1回の取引で1万通貨あたり100円の違いが出てきて、毎日1回約定する設定であれば、年間36,500円もの違いになります。





そして、自動売買のスプレッドは、1銭どころか5銭とか6銭とかも平気であるので、年間何十万円単位で損することも往々にしてあります。





このように、自動売買でスプレッドは非常に重要なのですが、ほとんどのFX会社で自動売買だとスプレッドが何銭単位でかかるのが当たり前になっており、安い所はほとんどありません。では、あきらめて年間何十万円と手数料代わりに払い続けるしかないのでしょうか?





答えはNoで、そういう人におすすめな自動売買(厳密には半自動売買くらい)が、マネーパートナーズの連続予約注文です。





この連続予約注文は手数料無料でドル円スプレッド0.3銭原則固定、トルコリラ1.9銭、メキシコペソ0.5銭(しかも非常に約定力も強い)という、裁量トレードの会社の中でもトップクラスの水準であり、自動売買と比較すると、破格と言っても過言ではないレベルで安くなっております。





連続予約注文というと、「そもそもよく知らない」「何か難しそう」「とっつきにくい」「面倒くさそう」と思っている人もいると思いますが、このように破格の条件の自動売買は他になく、実際には全然難しかったりとっつきにくかったりするものではないので、是非この記事を読んで、連続予約注文について理解していってください。(ただし、面倒くさそう、というのは半分くらいは当たっており、その点についても後で詳しく書きます)





連続予約注文は、以下のような人には非常におすすめです。

  • とにかくスプレッド・手数料を安く自動売買がしたい(裁量も含めて業界最安値水準)

  • 100通貨単位で、非常に少額から取引したい

  • ループイフダンやトラッキングトレードより細かく設定をしたい

  • 若干手間がかかることを許容できる(操作自体は簡単なのですが、工数は普通の自動売買よりかかり、若干面倒です)






  • こういう人には非常におすすめで、この連続予約注文はマネーパートナーズに口座を持っていれば誰でも手数料無料で使うことができるので、興味があれば是非どうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)





    口座開設は



    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    今回の記事では、そもそも連続予約注文とは何か、トラリピやループイフダンとは何が違うのか、実際にどうやって注文するのかまで、徹底的に解説したいと思います。





    以下の順番で書いていきます。





    マネーパートナーズの連続予約注文とは何か?

    マネーパートナーズの連続予約注文は自動売買なのか?トラリピやループイフダンとの違い

    マネーパートナーズの連続予約注文のメリット

     メリット1 スプレッド、手数料が破格に安い

     メリット2 マネーパートナーズnanoなら100通貨単位で細かく取引できて初心者にもおすすめ

     メリット3 設定が自由にできる

    マネーパートナーズの連続予約注文のデメリット

     デメリット1 仕掛けるのに手間がかかる

     デメリット2 20回までしか取引を繰り返してくれない

    マネーパートナーズの連続予約注文の設定方法を画像付きで解説

    マネーパートナーズの連続予約注文の評判・口コミ





    マネーパートナーズの連続予約注文とは何か?







    連続予約注文というのは、マネーパートナーズで提供されている注文方法で、同じ新規注文、決済注文を、最大20回まで繰り返せるというものです。





    言葉で書くと難しいので、以下の図をご覧ください。





    nano_repeat_intro02_graph01.png





    このように、普通であれば

  • ①の買い注文+指値で利確注文を入れる

  • ①が決済されたら、②の指値注文+決済注文を入れる

  • ②が決済されたら、③の指値注文+決済注文を入れる


  • というように、何度も入れなおさなければいけないところを、はじめに①を入れる段階で、最大20回まで繰り返す設定にしておけば、

  • ①の連続予約注文を入れて、あとは放置


  • というだけで、①が決済されたら自動で②が、②が決済されたら自動で③が・・・というように、自動売買のように使うことができる注文です。





    マネーパートナーズの連続予約注文は自動売買なのか?トラリピやループイフダンとの違い







    比較





    実は、この連続予約注文、原理的にはトラリピやループイフダン等の自動売買と同じことをやっており、要はどれも「注文、決済注文、決済後の再注文」を自動で繰り返すという点で共通しております。





    ただし、全く同じというわけではなく、何が違うかというと、



  • 連続予約注文は1つ1つの注文を入れる必要があるのに対し、トラリピやループイフダンは、レンジでまとめて設定できる

  • 連続予約注文は、最大で20回までしか繰り返すことができない



  • という点が異なります。





    まずはじめの「1つ1つ注文を入れる必要がある」というのは、例えば今ドル円で100円から110円のレンジで、1円置きに買い・利幅1円を入れたいとして、

  • 連続予約注文であれば、110円の注文(利確111円)、109円の注文(利確110円)、108円の注文(利確109円)、・・・・100円の注文(利確101円)と、1つ1つの注文を入れる必要がある

  • トラリピやループイフダンであれば、「100~110円に1円間隔で」というように、ばくっと注文を入れられる(ループイフダンは、「ここから1円値幅で何本まで入れる」というようなものなので、厳密には違いますが、レンジで仕掛けるというイメージとして)


  • というように、連続予約注文の集合体がトラリピやループイフダンのような自動売買ということができます。





    また、もう一つの最大で20回までというのは、例えば109円での買い(110円利確)という注文は、最大20回まで繰り返してくれますが、21回目はやってくれず、もう一度入れなおす必要があります。





    これについては、正直「なんでそういう仕様にしたんだろう」という疑問が個人的にもありますが、実際そういう仕様なので、仕方ないと言えば仕方ありません。





    つまり、マネーパートナーズの連続予約注文は、自動売買と裁量トレードのちょうど真ん中くらいの、「半自動売買」とでも言うべき注文です。





    イメージとしては、普通の裁量トレードが「点」での取引、連続予約注文がその点を集めた「線」での取引、トラリピやループイフダン等はこの線を集めた「面」での取引という感じで思ってもらえれば大丈夫です。





    3つの比較






    以上が自動売買と連続予約注文の共通点と違いでした。このように、連続予約注文は自動売買とは少し違うものの、連続予約注文を何本か組み合わせることによって、自動売買に限りなく近い戦略をとることもできます。





    では、その上で、トラリピやループイフダン等の自動売買と比べて、連続予約注文のメリット、デメリットを具体的に解説していきます。





    マネーパートナーズの連続予約注文のメリット







    ガッツポーズ





    まずは、連続予約注文のメリットから説明していきます。大きく3つあり、

  • スプレッド、手数料が破格に安い

  • マネーパートナーズnanoなら100通貨単位で細かく取引できて初心者にもおすすめ

  • 設定が自由にできる(ループイフダンやiサイクル注文、トラッキングトレードとの比較)


  • といったことがあげられます。





    それぞれ見ていきましょう。





    メリット1 スプレッド、手数料が破格に安い







    まず、一番のメリットが、このスプレッド、手数料といった、取引コストが圧倒的に安いということです。





    主な自動売買とスプレッド、手数料を比較した表が、以下の通りです。





    ドル円豪ドル円トルコリラメキシコペソ
    連続予約注文0.30.61.90.5
    連続予約注文(nano)0.40.93.81
    トラリピ3581
    ループイフダン2477
    iサイクル注文※551010
    トラッキングトレード※4.34.6××


    ※iサイクル注文とトラッキングトレードは、手数料が往復で400円かかるので、1万通貨あたり4銭を手数料相当額としてスプレッドに含めております。





    連続予約注文は手数料無料、スプレッドも裁量でも業界最安値水準であるため、自動売買と比較して、圧倒的にコストが安く済みます





    なお、連続予約注文(nano)というのは、100通貨単位でできるマネーパートナーズnanoのスプレッドのことで、これについては次のメリットで詳しく説明します(100単位で細かく取引できる分、スプレッドは通常の1万通貨単位のものより若干広くなっておりますが、それでも他の自動売買と比べると非常に狭い水準と言えます)





    冒頭でも書いたように、自動売買だとスプレッドが1銭違えば年間数万円単位で利益が変わってきても全然おかしくないものなので、この違いは非常に重要です。





    メリット2 マネーパートナーズnanoなら100通貨単位で細かく取引できて初心者にもおすすめ







    マネーパートナーズnanoというのは、マネーパートナーズで提供されているサービスで、スプレッドやスワップポイントの条件が若干悪くなる代わりに、100通貨単位で取引できるというサービスです。





    このマネーパートナーズnanoでも連続予約注文を使うことができるので、つまり100通貨単位での半自動売買も可能ということになります。1,000通貨単位の会社はあっても、100通貨単位の自動売買の会社はないので、これは非常に大きなメリットだと思います。





    そのため、自動売買初心者で、まだ大きな金額を入れたくないという人や、広くレンジを取って取引したいが、資金量もそこまで多くない・・・・というような人には、非常におすすめです。





    メリット3 設定が自由にできる







    これは特にループイフダンやiサイクル注文、トラッキングトレードといった自動売買に比べるとメリットと言える点ですが、連続予約注文は「指値金額」「利確金額」「損切金額」を設定していくだけなので、例えば1円刻みで仕掛けるが、利確は2円幅とか、損切水準を注文によって同じにしても変えてもいいというように、自由に設定することができます。





    それに対して、ループイフダンやiサイクル注文、トラッキングトレードは、注文間隔と利幅は同じでないといけなかったり、「この金額になったらスタート」「ここより上にはついていかない」といった機能がない等、設定の自由度という点で、これらの注文方法よりは勝っております。





    これは、ある意味で注文を線でとらえているが故の強みでもあり、自動売買は面でとらえているため、どうしても自由度が下がりますが、連続予約注文はあくまで線での注文であり、それをどう組み合わせるかはトレーダーに任されているという点で、自由度が高くなりやすいというのはあります。





    以上が連続予約注文を他の自動売買と比べた時の強みでした。この連続予約注文はマネーパートナーズに口座を持っていれば誰でも手数料無料で使うことができるので、興味があれば是非どうぞ(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)





    口座開設は



    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    では、次に連続予約注文のデメリットについて説明します。





    マネーパートナーズの連続予約注文のデメリット







    がっかり





    連続予約注文のデメリットは、一言でいうと「手間がかかる」という点に集約され、具体的に、


  • 線で仕掛けるがゆえに、何本も仕掛けないといけない

  • 上限回数が20回と決まっているので、20回を超えたら入れなおさないといけない



  • という点があげられます。具体的に見ていきましょう。





    デメリット1 仕掛けるのに手間がかかる







    先ほど100-110円に1円刻みで仕掛けたい場合、11本分1つ1つ設定しないといけないということを書きましたが、まさにそれがこのデメリットです。





    1円刻みだとまだ11本なので、そこまでつらくもないですが、これが10銭刻みとかにしてしまうと、101本も仕掛けなければならず、ここまでやると、途中で気がめいってくるというのはあります(経験談)





    そのため、根気があるタイプの人でなければ、そこまで細かく仕掛けるのはなかなか難しいというのがデメリットとなってきます(もちろん、やってできないことはないのですが)





    デメリット2 20回までしか取引を繰り返してくれない







    これも先ほど書いたデメリットですが、連続予約注文は、何故か仕様で20回までが上限となっており、これを超えると、また仕掛けなおさないといけなくなります。





    この20回という回数制限については、正直相場の動きや、利確幅をどのくらいにするかによって全くレベル感が異なってくるところではありますが、ただ上限があるので、途中何度か「超えてないかな」みたいに確認する必要があり、もし切れていたら再度注文しなおさなければならないという点は、デメリットと言えます。





    以上をまとめると、連続予約注文は、「手間はかかるが、安くて少額取引もできて自由度も高い」というように、要は「手間」をどのくらい重視するかによって大きく好みがわかれるだろうものです。





    ただ、この「手間」については、実際に自分のやりたい設定を入れてみて、「あ、こんなものか」とか、「大変すぎてやってられない」とかやってみないと分からない部分でもあるかと思うので、興味があれば、まずは使ってみてもらえればいいと思います。(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)





    口座開設は



    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    マネーパートナーズの連続予約注文の設定方法を画像付きで解説







    解説





    では、この連続予約注文の使い方を画像付きで解説します。





    まずマネーパートナーズにログインして頂くとこういう画面になるので、ここで「ストリーミング」になっているところを、「連続予約注文」を選んでください。





    renzoku1.jpg





    すると、こういう画面が出てくると思います。





    renzoku3.jpg





    ここの入れ方としては、

    ①数量を入力(今回の画像ではnanoを使ってます)
    ②新規注文を入力(買いか売りか、指値はいくらか)
    ③決済注文を入力(利確、損切。損切は入れても入れなくてもOK)
    ④続けて注文を入力するを連打(20回連続予約するなら)20連打


    とやってもらえればOKです。





    注意点としては、新規注文は指値のみで、逆指値で入れることはできない仕様になっております(例えばドルが今108.5円として、買いだと108円より下は入れられるが、109円とか今より高い金額は入れられない)





    これを見ると、実は入力するもの自体は非常にシンプルかつ分かりやすく、「難しい」「とっつきにくい」ということは決してなく、ただ単純に「面倒なだけ」ということが分かってもらえると思います(笑





    マネーパートナーズの連続予約注文の評判・口コミ







    最後に、この連続予約注文についての口コミ、評判をいくつかピックアップします。






















    やはり使っている皆さん同じ意見なようで、「面倒だけどスペック的には最高レベル」という点に集約されるようです(笑





    ただ、この「手間」については、実際に自分のやりたい設定を入れてみて、「あ、こんなものか」とか、「大変すぎてやってられない」とかやってみないと分からない部分でもあるかと思うので、興味があれば、まずは使ってみてもらえればいいと思います。(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)





    口座開設は



    マネーパートナーズ
    application_orange_b_320_100.png



    からできます。





    Twitterでも、FXや資産運用についての有益な情報や、様々な通貨の見通し、重要イベントや経済指標の結果予想、経済政策へのコメント等をつぶやいておりますので、是非フォローしてください。







    この記事をツイッターで紹介する
     






    運営者情報・管理人プロフィール・免責事項・プライバシーポリシー

    2019年07月06日 16:14

    運営者情報



    運営者為替研究所
    管理人Yuki
    Twitterアカウント@kawaselab
    掲載情報

    外為オンライン 兵ブロガーの週間相場予想(毎週相場見通しを寄稿)

    【FXライター高城のFXで稼ぐ方法は勝者に訊け!】為替研究所Yukiさん 歴10年超の老舗ブロガー(全4回)

    マイナー通貨で年利40%! どの通貨ペアでどう投資しているのか? ハーバービジネスオンライン 2019/4/13

    週刊SPA 2019年4月16日号

    ¥enSPA 2019年7月13日 臨時増刊号

    URLhttp://kawase-fx-lab.com
    お問い合わせTwitterまたは左カラムのメールフォームより





    管理人プロフィール







    こんにちは。当サイトに来てくださりありがとうございます。管理人のYukiです。











    FX歴10年超のファンダメンタルズ派トレーダーで、主に短期から中期でのトレードを得意としており、自動売買やスワップポイントサヤ取り等も行っております。去年はトルコショックで-350万円飛ばされるも、最終的には2018年の利益は+165万円で黒字になり、9年連続黒字を達成することができました。





    ここに来るまでは紆余曲折があり、



  • 2008年に、友達にすすめられて何となく30万円でFXをはじめる

  • リーマンショックで一気にロスカット

  • その後懲りずにドル円を買っては下がり、買っては下がりとズルズルと沼にはまり、気が付けば100万円以上失い、一回FXをやめる

  • 2009年に嫌な上司の元に配属され、「こんな仕事やめてやる!!そのために仕事以外で何としてもお金を稼ぐ!!」と一念発起し、FX再開

  • 短期トレードを中心に、少しずつFXで勝てるようになったころに当サイト開設

  • 短期トレードに疲れてきて、スタイルをスイングトレード中心に変える(今もメインはスイング)

  • 最近は豪ドル/NZドルやトルコリラの自動売買、ズロチ・ユーロサヤ取り等、「ある程度放置できる投資」も実践中



  • という感じです。以下、詳しく書きます。





    FXをはじめたきっかけ







    投資イメージ 緑





    私はFXを2008年に始めました。その時は、サブプライムローン問題でドル円が120円くらいから100円前後まで落ちている時期で、投資をよくやっていた友人から「今は絶対ドルを買っておけばいい」「レバレッジもかけられるFXが良い」と言われたのがきっかけでした。





    当時漠然と「日本はいずれ財政的に厳しくなって、超円高の時代が来るのではないか」みたいに思っており、さらに100円を割るというのをそれまでも見たことがなかったので、「確かに今買えばいけるだろう」と思って、FXをはじめて、ドル円だけ買っておりました。




    その後しばらくドル円が上がり、当時は正直、「ドル買って売ればそれだけで勝てる」「FXって無茶苦茶簡単じゃないか?」と思っておりました。





    リーマンショック&その後のじり下げ相場で100万円以上損失を出す







    損失





    「2008年の120円→100円前後に落ちた時期にはじめた」「ドルを買ってれば大丈夫」と、ここまで言うと、オチは大体想像できると思いますが(笑)、ご想像の通りリーマンショックで一気にドカンとやられて、投資元本を一気に失いました





    ただ、2008年前半の成功体験が忘れられず、「100円を割れるとかさすがに落ちすぎなので、またお金入れて買えば絶対に勝てるはず」と思いながら、入金して買ってはロスカットされ、入金して買ってはロスカットされ・・・・というのを何回か繰り返しました。





    そうやって失敗を繰り返すと、さすがに自分も「これはまずいのでは」と思うようになり、また、気が付いたら損失額も100万円以上と、当時の自分にとってはかなりの大金になったことで、「FXって怖い」と思って一時FXから離れました。





    嫌な仕事から逃げたくてFXを再開。死ぬ気で勉強する







    勉強





    その後FXにまた戻ってくることになったのですが、そのきっかけは、仕事で嫌な上司の元に入り、「こんな仕事やっていられるか!」と思ったことでした。その時は、「FXでは確かに負けたけど、100万円を失うということは、逆に勝てば100万円くらい勝てるはずなので、こっちを頑張ろう」と考え、今度はテクニカルや、各通貨の特徴、各国の動向なども勉強してからトレードするようになりました。





    その後、スタイルとしては、


    短期トレード→
    大きなイベントの前にイベントの方向性を予想して、トレード(スイング)→
    自分の相場観と逆方向に相場が行き過ぎた時にスイングトレード(現在も基本はこれ)→
    上のやり方+自動売買やスワップ投資等も組み合わせる


    というように変遷してきております。





    まず、FXについてきちんと勉強した後、「ロングをメインにして負けたのだし、大きな流れとしては円高トレンドになっているのは間違いないので、ショートを中心に、短期トレードでやってみよう」と考えて、短期トレードをメインにするようになりました。





    それで少しずつ勝てるようになって、調子に乗って2010年にサイトを開設し、FXの手法などを細々と書いておりました(当時は今の「為替研究所」という名前ではなかったですが)





    そうやってトレードをしていると、2010年には年間でプラスの戦績となり、人生ではじめて確定申告をすることになりました。冒頭で9年連続黒字と書きましたが、この時から2018年まで、ギリギリの年も何回かはありましたが、幸運にも毎年黒字を維持することができております。





    はじめに黒字を出した2010年の確定申告に際しては、変な話、「税金を取られる」というより、「ようやく年間トータルでプラスが出て、しかも雑所得で確定申告が必要なレベルになった」というのがとてもうれしかったことを覚えております(笑





    とはいえ、短期トレードでは当たり前ですが勝つこともあれば負けることもあり、また、相場に張り付いてトレードし続けることに対して少しずつ疲れを感じ始めても来たり、仕事中も相場が気になる等、少しずつ別の問題も出てきました。(仕事は、その嫌な上司が退職したことで、楽しく仕事できるようになりました)





    「仮説トレード」というスタイル







    仮説検証





    そんな中で、2011年には震災が起こり、人生で初めて経験する大地震、TVで繰り返し放送される津波の映像、刻一刻と悪化していく原発事故の状況を見て、さらに相場を見ると何故か円高が激しく進行しており、正直心が折れかけた状態になりました。





    はじめはトレードなんてする気になれずに、ぼーっとニュースを見ていたのですが、その時協調介入の記事を見て、それにも関わらず相場がそこまで上がらなかったことから、儲けたいというより、「少しでもいいから、一緒に円高に立ち向かいたい」と思って久しぶりにドル円の買いを入れたところ、協調介入で大きく利益が出ました。





    その時は「何故か利益が出た」くらいの気持ちだったのですが、その後少しずつ精神が立ち直ってくると、「大事なのは状況を読んで仮説を立て、勝てそうな時だけ勝負するということではないか」と考えるようになり、大きなイベントの前に予想を立てて、それで勝てそうな時にエントリーするようになりました。





    このスタイルで一番大きく勝てたのは、2012年の総選挙の時で、「自民党がさすがに勝つだろう」「そうなると、マニフェストの通りインタゲが導入されて、今の環境では大幅な金融緩和に向かうだろう」と読んでドル円を買っていたことで大きく利益を出せたことでした。





    それまで2012年はトレードがそこまでうまくいっておらず、年間黒字化は厳しいかなあと思っていたのですが、そのトレードのおかげで何とか黒字になりました。





    このように基本的には「イベント前に仕込んで、うまくいけば利確、失敗すれば損切」というスタイルをしばらくやっておりました。





    色々な通貨の見通しを考えて、逆張りでエントリーするスイングトレードへ







    為替ボード





    こうやって何かイベントで、かつ、自分が予想で来て、チャート的にも勝てそうな時のみトレードをするということを続けていたのですが、これだと当然取引機会はかなり少ない状態になっておりました。そんな中で、サイトの読者さんから「豪ドルの見通しを教えて欲しい」という質問が来たのがきっかけで、サイトで相場の見通しも書くようになりました。





    そうやって相場を見ていると、「今の相場はいきすぎだろう」と思う時がちょくちょくあり、そういう時に逆張りでエントリーして、「いきすぎが解消」された時に利確、「いきすぎを正当化する材料が出てきた」時や、「何かよくわからないけど自分の想像を超えていきすぎが強まった」時に損切するというようなトレードもやるようになり、これが現在でもメインのスタイルです。





    順張りも試したことはあるのですが、そのやり方だと正直利確のタイミングがうまくつかめず、自分にはあまりあっていないと思ったので、基本的には日足レベルでの逆張りで入ることが多いと思います。





    2018年では、大きなトレードとしては、

  • 2月や3月にダウが落ちた時に買いエントリーで利益を出す

  • トルコショックで大幅なロスカット

  • その後のトルコリラの復活の時に買いで入って利益を出す

  • 10月や12月のダウの暴落でも買いで利益を出す


  • といったことがありましたが、トータルではプラスになりました。(2018年からTwitterを積極的に使うようになり、この辺りのトレードは先出しもかなりやっていたので、私のアカウントを見ていて下さる方なら、「そんなことやってたなあ」と懐かしく思っていただけるかと思いますw)

    Twitterアカウント:@kawaselab




    自動売買やスワップポイントサヤ取り等、「不労所得」も増やすように奮闘中






    金の生る木





    2018年のトレードについて、ダウやトルコリラ等は、最後勝ったとはいえ一時的に大きく含み損が膨らんでハラハラする中、当時半分実験的にやっていたユーロ・ズロチのサヤ取りや、豪ドル/NZドルの自動売買等が利益を安定して出していたこともあって、そういう自動売買やスワップ投資等にも力を入れていこうと思うようになり、今に至ります。




    最近では、

  • 利回り40%近くのループイフダン豪ドル/NZドルの自動売買

  • 10%近くの安定したスワップ利回りのあるズロチ・ユーロサヤ取り

  • 利回りは5%くらいだが、為替の動きをほぼ完全に相殺しきれる同一通貨両建てサヤ取り手法

  • 利回り20%近くのトルコリラのループイフダン


  • 等、様々な手法をやっており、公開運用ポジションも700万円を超えております

    関連記事:【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧





    以上が私のこれまでの投資に関するプロフィールです。もし気に入っていただけたら、このサイトを定期的に見て頂いたり、あるいは、Twitterもやっておりますので、そちらもフォローして頂けると大変喜びます!

    Twitterアカウント:@kawaselab





    免責事項



    当サイトは情報提供を唯一の目的としたものであり、収益の保証、或いは、直接的に投資助言業務、投資勧誘等を行うものではありません。

    掲載している情報については、万全を期して調査を行っておりますが、その情報の完全性・正確性・有用性について保証するものではありません。

    投資方針や時期選択、税務判断等の最終決定は、リスク等を熟知した上、必要であれば専門家等とご相談されることも検討した上で、ご自身で判断されますようお願いいたします。

    当サイト掲載の情報の利用、あるいは取引により利用者に生じたいかなる損害についても管理人はそれに対し、一切の責任を負いかねますことをご了承願います。




    プライバシーポリシー



    当サイトは、よりよいサービスを提供するため、当サイトの利用者から、必要な範囲で個人情報を収集することがあります。収集する個人情報の範囲は、収集の目的を達成するために必要な限度を超えないものとし、また、収集にあたっては、適法かつ公正な手段により行います。当サイトを利用する際に、利用者自身に提供戴かない限り、個人を特定できる情報(利用者の氏名、住所、電話番号、メールアドレス)を収集することはありません。

    当サイトは、個人情報に関する法令およびその他の法令及び規範を遵守し、個人情報の保護に万全を尽くします。




    著作権について



    当サイトの著作権は全て為替研究所にあります。著作権者の書面による事前許可なく、当サイトの一部または全部をあらゆるデータ蓄積手段(紙媒体、 電子媒体、映像媒体、音声等)により、複製、流用、および転載、オークションなどでの転売をすることを禁じます。著作権侵害を行なった場合は、5 年以下の懲役または500 万円以下の罰金に処せられます。 (著作権法119 条)

    ただし、著作権法に定められる引用については、当サイトが出典であると明記すること及び該当記事へのリンクを貼ることによって、許可なく行っていただくことは可能です。




    リンクについて



    当サイトはトップページ・個別記事含め全てリンクフリーです。

    サイト名為替研究所
    URLhttp://kawase-fx-lab.com
    紹介文為替相場の見通しや、FXでのおすすめの投資手法について、
    何故そうなるのかということも含めて、詳しく解説します。





    億トレーダーの手法は!?勝ち組トレーダーの秘密をFXプライムbyGMOに取材!

    2019年07月01日 21:46

    fxprime.jpg





    今回は、FXプライムbyGMOに取材訪問させて頂きました。(写真の通り、めちゃくちゃおしゃれなオフィスでした)





    FXプライムbyGMOと言えば、

  • 高水準のスワップ金利、最近人気急上昇中のズロチ・ユーロサヤ取りができる

  • 勝ち組FXトレーダーからは、スキャルピング用の口座として人気が高い

  • 井戸端会議や充実したセミナー動画等、情報提供も凄い


  • ということから、初心者、スワップ派、スキャルピング取引をメインとしたトレーダーなど、幅広い層から人気が高いFX会社です。





    「FXプライムbyGMOがスキャルピングで人気が高い」と言うと、「あれ、あそこって、スプレッド結構広くなかったっけ?」と驚かれることも多いのですが、この会社、実は様々な億トレーダーの方々が実際にメインで使われているFX口座でもあり、何故そんな人々から人気が高いのか?といったことも含めて、FXプライムbyGMOの魅力を徹底的に取材してきました。





    前回の記事ではズロチ・ユーロサヤ取りについて質問させて頂いた内容を書きましたが、今回の記事では勝ち組トレーダーさんの実際のトレード手法の極意、FXプライムbyGMOがスキャルピングでの人気の秘訣、FXプライムbyGMOの口座を持っている方限定で見られる超重要セミナー動画等について書いていきたいと思います。

    関連記事:ズロチ・ユーロの今後の見通し、評判、人気をFXプライムbyGMOに直接取材!





    今回の取材には、営業推進部マーケティンググループ長を務めている佐々木様にお答えいただきました。





    sasakisama.png





    なお、今回紹介するFXプライムbyGMOについては、当サイトからの口座申込限定で3,000円の特別キャッシュバックもあるので、興味がある人は是非どうぞ。





    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    button2.png



    からできます。





    以下の順番で書きます。

  • そもそも勝ち組トレーダーってどんな人?

  • 勝ち組トレーダーはほぼ全員スキャルピングトレーダー!その極意は?

  • 勝ち組トレーダーになるためにはどうしたらいいか?上達したいトレーダーへのアドバイス

  • 何故勝ち組トレーダーはスキャルピングでFXプライムbyGMOをおすすめするのか

  • FXプライムbyGMOの会員限定で見られる「超重要セミナー動画」とは?






  • そもそも勝ち組トレーダーってどんな人?







    -それでは、改めてよろしくお願いします。FXプライムbyGMOさんと言えば、最近「勝ち組トレーダーにインタビュー」という非常に面白い特集をやっておられましたが、そもそもこの企画での勝ち組トレーダーというのはどういう方だったのでしょうか?

    関連リンク:勝ち組FXトレーダー スペシャルインタビュー





    佐々木様「この企画は、当社で実際にトレードされて、一定期間で数千万円~億単位の利益を出されている方に、どのように取引されているのか、何故当社を選んでいただいたのか、など、トレードを取り巻く様々な話をうかがい、取り上げたスペシャル記事です。取材させていただいたトレーダーさんは、当社で確認できた「本物の勝ち組トレーダー」の方のみが対象となっております」





    -数千万円から億単位の利益が確認された人というのは凄いですね!ちなみに、勝ち組トレーダーの方って、性格的にはどのような方なのでしょうか・・・?





    佐々木様「私も取材に立ち会わせて頂いていますが、年代としては30~40代の方が多く、性格は落ち着きのある、「温厚な方」が多い印象です」





    -そうなんですね!そのクラスで稼がれている方は、どちらかというと若くて「イケイケドンドン」な方が多いのかなと勝手に思っておりました(笑





    佐々木様「当社が取材させて頂いた勝ち組トレーダーさんはそういう人より、むしろ冷静で謙虚な方が多く、多くの方が口を揃えておっしゃっていたのが、「大きく負けて退場させられないことが何より大事」「熱くなってトレードすると負ける」ということでした。私も話を伺っていて、取引をするうえでのルールを決めていたり、すべてが「自己責任」だと意識して、自身を見つめなおしたりできる方が、最終的には相場の世界で生き残れるのではないかと思いました」





    -なるほど。そういう方って、稼いだお金をどんな風に使われるのでしょうか?CISさんの本※では、億単位の交際費とかとてつもないことが書かれており、やっぱり勝ち組トレーダーの方だとそういうお金の使い方をされるものなのでしょうか・・・?

    ※230億円稼いだ伝説のトレーダーCISさんが書かれた、「一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学」のこと





    佐々木様「お金の使い方は人によって様々で、高級車を買った、という方もいらっしゃいましたが、頻繁に大きな買い物をするような方よりは、「子供に資産として残せるように家を買った」「勝った分は別の口座に移して貯金をしている」などとお話ししてくださった方が多いです。





    また、折々にお食事にお金を使ったり、というお話もありました。それでも何十万円とかではなく、1人数万円のお寿司だとか、「ちょっとした贅沢」を楽しんでいらっしゃるようです」





    -なんか勝ち組トレーダーの方にものすごく親近感がわきました(笑

    ちなみに、数千万円から億単位の利益を出すのに、元金は大体どのくらいから取引されているのでしょうか?





    佐々木様「最初は数十万円~数百万円から始めた、とおっしゃる方が多かったです。手法については、取材させて頂いた方のほとんどがスキャルピングをされている方で、保証金800万円~1,000万円くらいを使って、レバレッジをフル活用して小さい利幅を何度も取られる方が多いです」





    -800万~1,000万円元本で数千万円から億単位の利益ですか!?やっぱり親近感なくなりました・・・・(笑

    どういう手法でトレードされていたのか、極意を教えてください!





    勝ち組トレーダーはほぼ全員スキャルピングトレーダー!その極意は?







    佐々木様「勝ち組トレーダーの方のスキャルピング手法は、積み上げられた経験則によって差はあれど、かなり共通点が多く、話を伺っていて、やはり「最後には同じような到達点に行くのかな」と感じました。具体的には、以下の5つは、多くの方が共通でおっしゃっていました。


  • FXを始めたばかりの頃はは負けていた

  • そんな中でチャートを見続けた経験がある

  • チャートの中で、水平線、トレンドライン、プライスアクションなどを重視する

  • 経済指標の発表時間や、これまでの流れは意識する

  • 取り返しのつかないミスをしないため、ロスカットが早い




  • これらは、多くの方に共通しておりました」





    -ありがとうございます!それぞれ質問させて頂きます。





    勝ち組トレーダーの共通点1 初心者時代は負け続き!?2-3年間は負けていた







    -しょっぱなから意外なことでしたが、勝ち組トレーダーの方もはじめは負けていたんですね。





    佐々木様「そうですね。皆さん口を揃えて「はじめから勝っていたわけではない」とおっしゃっていました」





    -大体どのくらいから勝てるようになるものなのでしょうか?





    佐々木様「人によってまちまちでしたが、2-3年という答えが多かったです。これについては、最後の「取り返しがつかない負けをしない」という点とも絡むのかなと思っているのですが、はじめの内に負ける経験をすることが、「FXは負けることもある」「その上でどうしたら勝てるのか」という考えに至るために不可欠で、初めに負けて、勝つために必死で考えることが勝ち組トレーダーになるための最初のステップなのかもしれませんね」





    勝ち組トレーダーの共通点2 チャートを見続けた







    -ありがとうございます。そして、そんな風に勝てなかった時期にも、チャートを見続けた、というのが次の特徴ですね。





    佐々木様「そうですね。何人もの勝ち組トレーダーからお話を伺せていただいて、中には1日十数時間もチャートを見続けるような日を何年も続けたという方もいらっしゃいました。そうやって研究しているうちに、「ここまで行けば反発する」「こういう動きをすれば次はこう動く」というように、値動きの「クセ」が分かるようになり、それが分かるようになってからコンスタントに勝てるようになったという方がほとんどでした。





    やはり、相場というのは人間の心理が多分に反映されて動きます。ある状況では、以前の同じような状況と同じように反応する可能性の方が高く、そういった経験則を、チャートを見続けることによって積み重ね、動きの癖を掴むことが、FXで勝つために非常に重要な要素なのだと思います」





    勝ち組トレーダーの共通点3 水平線、トレンドライン、プライスアクションを重視する







    -チャートはやっぱり大事なんですね!ちなみに、チャートといっても、テクニカル指標は色々とありますが、皆様どういう指標を見られているのでしょうか?





    佐々木様「実は、テクニカル指標については共通して「これを絶対見る」というようなものはなく、「あまり重視されていない」という方もいらっしゃいました





    ある方は、「MACDはずっと見ていたから、背景としてないと落ち着かない」という理由で表示しているとおっしゃっていましたが、その方もMACDを絶対的な指標として意識しているわけではないそうです。」





    -テクニカル指標で絶対これという共通点はないんですね!では、どういう点を重視されているのでしょうか?





    佐々木様「多くの方が共通して重要視していたのが、高値・安値・節目の水平線、トレンドライン、プライスアクションの3つでした。テクニカル指標については表示される方もされない方もいらっしゃいましたが、この3つについては、口々に「意識してます」とおっしゃっていましたので、勝ち組になるための第一歩としておさえておくべきポイントかもしれませんね」





    -高値・安値・節目の水平線、トレンドライン、プライスアクションの3つですか。チャート分析の基本中の基本ですが、やはりこの基本を極めた人が勝つんですね!





    勝ち組トレーダーの共通点4 経済指標の発表時間や、これまでの結果など、ファンダメンタルズも考慮する







    -次に、ファンダメンタルズは考慮されるのでしょうか?





    佐々木様「指標がいつ、どんなものが発表されるかということや、これまでの結果、現在の市場のテーマなどは皆さん意識されているようでした。知らずに取引をして、急変動に巻き込まれたりしたら、思わぬ損失を招いてしまいますから、そういった不測の事態を防ぐためだとおっしゃっている方もいました。そういう点で、ファンダメンタルズ要因も考慮されているのではないかと思います」





    -なるほど!ちなみに、勝ち組の方は、どのようなニュースを見ているとか、共通点はありましたでしょうか・・・?





    佐々木様「FX会社の配信するニュースや、あとはTwitter等で情報収集されている方が多いようです。。





    当社も豊富な情報提供を行っており、松崎美子さんの動画による為替市場見通しなどは大変好評をいただいているコンテンツです。それらのFX会社配信のニュースを見て市場のテーマを確認したりという努力はされてらっしゃいますし、スキャルピング取引を行う上では、情報スピードが速いTwitterで情報収集することで、チャンスを逃さず取引をされているようです。」





    -FX会社のニュース+Twitterですね!これまた「特別なことはせず、基本を大事にする」という感じですね。





    勝ち組トレーダーの共通点5 取り返しのつかないミスをしないため、ロスカットが早い







    -では、勝ち組トレーダーの方の、利確・損切の特徴について教えて頂けないでしょうか。





    佐々木様「これはほぼ全員に共通していたのですが、とにかく「利大・損小」の原則をきちんと守り、ロスカットが非常に速いという点があります。また、スキャルピングなので利確も速く、「2銭取れたらお赤飯」とおっしゃっておられた方もおりました(笑)」





    -「2銭取れたらお赤飯」は利幅の感覚が非常に分かりやすい良い言葉ですね(笑

    そして、利大損小なんですね!それで勝率はどのくらいなのでしょうか?





    佐々木様「勝率については、五分五分よりちょっと上、というくらいの方もいて、必ずしも勝率が高いわけではなく、利大損小を遵守しながら、何度もトレードすることで利益を積み重ねていき、最終的には勝っていらっしゃいます。もちろん勝率が高い方もいらっしゃいますよ。」





    -勝ち組の方でも、勝率は5分5分より少し上、くらいの方もいらっしゃるんですね!





    佐々木様「結局相場に100%というのはないので、どれだけ上手いトレーダーの方でも、全勝というわけではありません。そのため、勝ち組トレーダーの方が口を揃えておっしゃっていたのが、「負け方が大事」「負けを減らす」ということでした。





    FXでは、よく「これまでずっと稼いでいたのに、一回の負けで退場」という方がいらっしゃいますが、その逆で、「傷口が広がらないうちに素早く損切りをして、致命傷を避ける」というのを勝ち組の方は意識されておりました。





    「FXは負けることもある」「負けても退場にならないようにする」ということを何より大事にされる方が、勝ち組トレーダーになれるのかもしれません。





    勝ち組トレーダーになるためにはどうしたらいいか?上達したいトレーダーへのアドバイス







    -ありがとうございます!それでは、そういう勝ち組トレーダーさんの勝ち方を踏まえて、一般のトレーダーが上達するには、何から始めたらよいのでしょうか?





    佐々木様「

  • チャートを見ることを習慣にして値動きの癖を掴む

  • ニュースや指標の発表時間等は抑える

  • 致命傷にならないよう、損切りをきっちり行う


  • ということが大事なのかなと思います。





    まずチャートについては、人によっては「1日中ずっとチャートを見続ける日を何年か続けた」というような方もいらっしゃり、それはさすがに兼業の方には難しいと思いますが、例えば「この時間からこの時間までは、毎日必ずチャートを見る」というような時間を作るのはいいかもしれません。それが一日30分でも1時間でも、習慣に出来れば少しずつ身につく、ということは兼業の勝ち組トレーダーの方がおっしゃっていました。





    時間帯によって為替の動きの癖は微妙に違うので、勝ち組トレーダーの方にも、そうやって「毎日決まった時間にチャートを見る」という習慣を今でも続けられている方がいます。こういった習慣づけは、兼業の方が始める第一歩なのではないでしょうか。」





    -チャートを見続ける、ですね!そして、次にニュースや指標発表など、ファンダメンタルズ要因も抑えておくべき、ということでしょうか。





    佐々木様「そうですね。相場の大きな方向性を決めるのは、やはりファンダメンタルズ要因が大きいですし、また、指標の発表時間には、大きく相場が動くこともあります。なので、いつ何が発表されるのかを事前に確認しておくことや、今市場は何に注目していて、それがどうなりそうなのか、ということについては、抑えておく必要があると思います」





    -私もファンダメンタルズ派なので、非常に分かります(笑

    最後、「致命傷にならないよう、損切りをきっちり行う」というのについて、もう少し説明を頂けますでしょうか。





    佐々木様「勝ち組トレーダーの方も、はじめの2-3年間は勝てなかったという方がほとんどです。ただ、負けるたびに損失を、肌身をもって感じることで、「こういう負け方をしては退場してしまうかもしれない」という嗅覚を養っていくのではないでしょうか。





    相場に100%というのはありえず、どれだけ上達しても「負ける」ことからは逃げられません。ならば、負けたときに損失を極力減らして、次のトレードに備える、どうして負けたのかをその経験から学び、すこしずつ負けを減らす、そのたゆまぬ努力の結果、勝ちが積みあがって収益があがるようになっていくのだと思います。」





    -ありがとうございます!





    何故勝ち組トレーダーはスキャルピングでFXプライムbyGMOをおすすめするのか







    -ちなみに、今回取材された勝ち組トレーダーの方々は、御社で数千万円から億単位の利益を出しているということで、御社をメインにトレードされているのだと思いますが、御社は何故そういった方から支持されているのでしょうか・・・?





    佐々木様「それについては、今回の取材の目的の一つで、我々自身も何故当社を使っていただいているのか、ということを知りたかったので色々とお話を伺わせて頂きました。




    そこで得た答えは、

  • 完全約定の約定力

  • スピード注文機能がスキャルピングに特化しており、処理も速い


  • といったところを評価して頂いているようでした。」





    -御社の約定力が高いのは有名ですが、勝ち組の方だとそこを重視されるんですね。





    佐々木様「そうですね。特にスキャルピングだと、スリッページや約定拒否で思った通りの取引ができず、大きな損失を出す危険性があります。その点、当社は2019年3月に株式会社矢野経済研究所が実施した「主要FX会社の約定率・スリッページ発生率調査」において、重要指標発表時でも調査対象FX会社6社中“唯一”「約定率100%、スリッページなし(=“完全約定”※)」のFX会社となりました。頻繁に取引をする勝ち組の方は、その違いを実感されているのだと感じています。

    ※ 約定率100%、スリッページ発生率0%のことを言います
    本調査結果は約定拒否・スリッページが発生しないことを保証するものではありません





    ある勝ち組の方は、「スプレッドは数字で見れるけど、実際にそこの会社で勝てるかどうかは自分で使ってみないと分からないし、カタログスペックが良くても「この会社では勝てない」と思うところもある」「FXプライムbyGMOだと、スプレッドは確かに他社より広い(ドル円0.6銭)が、そのくらいの差であればスリッページしないとか約定がちゃんとされることの方がはるかに重要」とおっしゃっておられました。





    当社は、フラッシュ・クラッシュの時もきちんと約定できたというように、約定力には非常に自信があり、また、これまでもそこに強くこだわってサービスを提供してきたので、そういう点を評価して頂いたのは、非常に嬉しかったですね」





    -フラッシュ・クラッシュの時も約定できたのは凄いですね!そしてもう一つが、スピード注文機能ですか。





    佐々木様「そうですね。こうした機能は他社さんでも対応しているところは多いですが、当社の場合、「処理が速くサクサク取引できる」「連打も可能」ですので、その点を高く評価いただくことも多かったです。





    -その辺は実際に使ってみないと分からない部分ですね。





    佐々木様「そうですね。当社は、スプレッドだけで比べられると、他社と比べてよい条件とは言えませんが、アプリやハイスピード注文を実際に使ってみて頂けると、数千万円から億単位で稼がれる勝ち組トレーダーさんにも気に入っていただけているので、まずは一度使ってみて欲しいと思います。





    当社は、1,000通貨単位の取引も可能であったり、また、口座を持つと色々なセミナー動画や、会員限定のニュースなども見られるので、まずは少額からでも使ってみて頂ければと考えております」





    -そうですね!





    なお、FXプライムbyGMOに口座開設する場合、当サイトからの口座申込限定で3,000円の特別キャッシュバックもあるので、興味があれば是非どうぞ!





    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    button2.png



    からできます。






    FXプライムbyGMOの会員限定で見られる「超重要セミナー動画」とは?







    -色々と教えて頂きありがとうございました。最後に、「あまり知られていないが、御社のこれは非常に魅力的」というものが何かありましたら教えて頂けないでしょうか。





    佐々木様「本日お話しさせて頂いた、勝ち組トレーダーさんのトレード手法については、会員限定ページから無料でセミナー動画を見ることができます。





    fx prime semi





    これは当社のお客様コンサルタントである小杉が、勝ち組の方から実際に伺ったお話から、トレード手法の共通点や勝てるようになるためのポイントを噛み砕いて解説したもので、これをご覧になった勝ち組トレーダーの方からも「これを見て、ちゃんとこの通り実践出来たら勝てるようになる」とお墨付きを頂いたものです。





    また、他にも多くの有名トレーダーさんやアナリストの方のセミナー動画も無料で配信しているので、是非ご覧になっていただければと思います」





    -勝ち組の方お墨付きの動画ですか!それは必見ですね!本日はお忙しい中お時間いただきありがとうございました!





    以上がFXプライムbyGMOで取材させて頂いた内容でした。





    お話を伺っていて、勝ち組トレーダーさんも、「奇抜なことをしている」ということはなく、むしろ「基本を極めた」という印象で、やはりチャートやニュースを見て、地道に研究するのが大事なのだなと思い、私ももっと精進したいなと思いました。





    なお、今回紹介したFXプライムbyGMOについては、当サイトからの口座申込限定で3,000円の特別キャッシュバックもあり、これについては私のズロチ・ユーロサヤ取りをやれば自動的に条件を満たせるもので、スキャルピングでもすぐに達成できるものなので、興味がある人は是非どうぞ。





    口座開設は、



    FXプライムbyGMO
    button2.png



    からできます。





    【関連記事】

    ズロチ・ユーロの今後の見通し、評判、人気をFXプライムbyGMOに直接取材!

    【資産運用おすすめ】10万円から投資可能!Yukiの実績公開ポジション一覧

    FXスキャルピングおすすめ業者比較2019年 | スプレッド以外で重要な点は?





    Twitterでも為替相場の情報や私の見通し、運用実績などを公開しておりますので、よろしければ是非フォローをお願いします。









    この記事をツイッターで紹介する
     



    関連記事